二重人格やぶっ飛んでるなど、ただでさえ良いイメージを聞かないAB型ですが、女性となるとさらにややこしい印象をもたれてしまいがち。

良いイメージも天才肌など特異なイメージが先行しているようです。

しかし、一見して二重人格やぶっ飛んでいるような言動にも理由がちゃんとあります。

こちらの記事ではAB型女性の恋愛における特徴やの基本的な性格や特技についてご紹介しますので、なんとなくのイメージから理解に変わるはずです。

AB型女性の恋愛について解析しよう

AB型が他の血液型と比べて未知の存在かのように扱われるのは、単に日本人の中で一番人口が少ないからといえるでしょう。

ただ、幼少期から「AB型とはこういうもの」と刷り込まれている部分もあるので、自らを特殊な人間と自覚し、わりと周囲に流されずに生きている人が多いのもたしかです。

その認識は性格や恋愛傾向の随所で見ることができます。

まずはAB型女性の基本的な性格をチェック

恋愛の特徴を見る前にまずはAB型女性の基本的な性格をチェックしていきます。

もちろん血液型が医学的に性格や脳の構造に大きな影響を及ぼすとは証明されていないので、あくまで日本の中で育った結果の後天的な影響による性格がほとんどであることは前述しておきます。

とはいえ「この血液型はこんな性格」と言われる機会の多い日本では、育っていく間に自己暗示のように、ある程度性格の特徴を血液型で分けられていくことはあるでしょう。

傾向としてご紹介していきます。

【AB型女性の性格については、こちらの記事もチェック!】

プライドが高い

天才肌とも言われやすいAB型だから調子に乗っているんでしょ、と思うかもしれませんが、そういった人はごく少数です。

本人はプライドを持っていなくてもそう見えてしまう理由があります。

多くの人は皆と同じ言動や服装に身を包むことで安心するものです。

一方、AB型は血液型の会話などにおいて常々「変わってる」「二重人格だ」などと言われながら育っているので、人と違うことが先天的なものであると思っています。

実際には血液型に関わらず人は千差万別ですが、人と違うことが当たり前のAB型にとって、周囲と意見やセンスと合わなくても恐怖がありません。

また、血液型を伝えた瞬間から生じる「この人のことを理解するのは難しそう」という目に見えない壁をつくられることにも慣れっ子なので、自分のことを理解して欲しいという欲求を表に出さないようになっていきます。

そんなわけで、一人で我が道を突き進むことがAB型には多く、とくに同調性を重視する女性集団の中では浮くので「高飛車」「プライド高そう」「生意気」といった言葉をぶつけられるようになります。

しかし、AB型女性からすると他者と合わせすぎることは個を失うことと同義なため、両者は平行線のままか離れていきます。

芸術的センスがある

芸術というものは人と違ったことをしないと生まれないので、そこに踏み込むハードルが低いAB型は芸術的センスを発揮しやすい性格といえます。

子供の頃から皆が太陽を赤で描くところを目に見えたままの白や黄色で描いたり、あるいは突拍子もない色で描いたりします。

年齢的にそれぞれ好きな音楽を見つけ始める時期が来ると、大多数がJ-POPで誰が好きかを話している中で同年代に話し相手のいないようなものを聞き漁ったりもします。

これは人と違ったことがしたいというよりは、たまたま良いと思ったものがJ-POPではなかったというだけのことです。

そのようにして自分で良いと思ったまま何でも受け入れた結果、他人より少しだけ早くさまざまな種類のものを知っていきます。

実際に芸術的センスがあるかは別として、こうした他者とは異なるセンスを持っていることが芸術的センスを持つと言われることにつながります。

恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋というと可愛い感じがしますが、AB型が恥ずかしがるのは根が深いものがあります。

いかに我が道を来た人生であっても、それは周囲の批判に苛まれてきたものばかり。

自分に絶対的な自信を持ち合わせているわけでもないので、いつも批判されるたびに「間違っていたかな」「おかしいかな」と迷いながら、自分が納得する落としどころを見つけて生き延びてきたわけです。

つまり、批判とともに生きてはきましたが、批判されたいわけではないということです。

できることなら批判されず穏やかにしていたいのが本音。

だからこそ、周囲には自分が人と違うことはあまり知られたくないですし、それを血液型ひとつで「あぁAB型だもんね」とまとめられてしまうのも気分が悪くなります。

このような意識があるために生じる、本当に信頼できる人だとわかるまであまり踏み込まれたくないという姿勢が恥ずかしがり屋に見えるのでしょう。

臆病で慎重

ちょっと可哀想なところでもあるのですが、先述した通りAB型は血液型を伝えただけで周囲から壁をつくられる存在です。

とくに女性の場合は「女子」だったころから血液型談義に花を咲かせますから、露骨に影響を受けています。

こうなると、女性ばかりでまとまらなければならない団体行動に抵抗感が生じ、AB型女性はいつも自分の言動が人と違っていないか、浮いていないかを気にし始めて臆病になっていくのです。

しかし、血液型に関係なく完全なる満場一致の賛同など存在しません。

そのため、不安はいつも付きまとい、自己表現が下手になっていきます。

言葉選びも慎重になるのは無理のないことです。

とはいえ、これらは人間関係に限った話です。

AB型は非効率なことが大嫌いなので、利害が生じることになると判断が早い傾向があります。

判断材料のかき集めが素早く、ウダウダ悩まず決断します。

周囲が追い付けずに文句を言っても関係ありません。

優先度は周囲の同意ではなく機を逃さないことに切り替わるからです。

ここが臆病で慎重なのにプライドが高いと言われる理由といえます。

友達は狭く深く

子供のうちは共通の話題が無いことはハブられるという短絡的な結果を招きやすいもの。

血液型だけでも少数派な上、あまりセンスが合う人も周りにいないので苦労します。

集団生活を乗り切るために笑われ担当になったり話を合わせたりと頑張るのですが、人付き合いそのものに疲弊することも多いです。

大人になれば職場で自然に共通の話題が生じるのでなんとかなります。

また、陰口が嫌いで「悪いところは本人に言うべき」と考える傾向があり、ズバズバ言って周囲に引かれることもあります。

年をとるにつれ、そこまで興味のない相手に言わなくてもいいか、と折り合いをつけるようになると落ち着きます。

AB型は大人数に気を遣わなければいけない場を好まないため、本当に信頼できて数か月や数年会わなくても当たり前のように遊びに行ける数人の友達を大切にします。

facebookなどの友達の数には全然興味が無いのでSNS映えなどとも無縁です。

理想が高い

恋愛における異性への理想の代表「高身長、高収入、高学歴」と比較して考えるとAB型女性の理想は決して高いわけではありません。

イケメンという定義も独自の基準を持っています。

仕事についてもバリキャリになりたいとか、国家資格を取りたいというわけでもありません。

AB型にとっての理想は定時で帰れることだったり、1日がスケジュール通りに進行することだったりします。

理想が高いというよりは、独特なこだわりがあるという方が適切かもしれません。

AB型女性の恋愛の特徴14個

ここからは恋愛に特化してご紹介していきます。

AB型女性の恋愛傾向でよく取り上げられることは「情熱的だが冷めやすい」「理想が高い」「自分からは想いを伝えない」などがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

性格に基づいた行動や周囲に与える印象がポイントになってくるので、上記でご紹介した基本的な性格を念頭に置いて読み進めてみましょう。

クールでモテるため恋愛経験が豊富


独断も多く女子の集団に混ざらないAB型女性は異性にクールな印象を与えます。

ファッションも量産型ではないため一定のファンを獲得し、恋愛に発展するために経験豊富な女性も多いでしょう。

来る者拒まず去るもの追わずなところもあるので、告白されればなんとなく付き合ってみたりもします。

考え方の根本に、多くの異性と付き合ってみないことには誰が良いのかわからない、というものがあります。

とはいえ、自分からガツガツ乗り換えて行くことはしません。

孤独にも慣れているのでいつでも彼氏がいないと寂しくなるわけでもないからです。

ガッツかない雰囲気が男性の攻略欲を掻き立てるためモテます。

また、顔自体は美人でなくても流行のファッションや髪形、メイクは追わずに自分の魅力を引きだせるものをわかっているので雰囲気美人が多いのも特徴です。

イケメン好き

恋愛においてとにかく経験を積んでおきたい内はイケメンを選ぶ傾向があります。

「どうせならイケメンの方がいい」くらいのものです。

ただ、AB型女性は恋愛と結婚において選ぶ相手は全く違うので、あくまで若い内に遊ぶ相手としてイケメン好きなだけです。

また、イケメンの基準は他人より厳しい、あるいはこだわりの基準を持っています。

単に顔が整っているとかスタイルが良いだけでは好きになりません。

食事などのマナーがしっかりしているか、清潔感があるか、考え方がスマートかどうかなど複数の基準を満たしてイケメンとします。

そのため、ただ顔が良いだけの人との関係は数か月と持ちません。

イケメンであることは恋人にする上での条件でこそあれ、イケメンなら大概のことは許せるというほどではないからです。

むしろ顔が整っていなくても他が基準を満たしていればAB型女性にとってはイケメンに見えます。

彼氏に貢いでしまうことも

他者から全般的に認められることの少ないAB型女性は絶対的な愛情を注いでくれる相手を見つけると尽くしてしまうことがあります。

嘘や悪意はわりと見破れる方ですが、巧みな相手にはコロっと騙され貢いぐこともしばしば。

それでもあまり長期化はせず、自分の自由な時間やお金が減ってきたのを感じると即座に縁を切ります。

一人の時間が好きなのも影響して、引きこもりがちな傾向もあるAB型女性は料理も好きだったりします。

お付き合い当初は手料理を振舞ったりもしますが、彼が家に居座るようになって毎回の食材費が倍になってくるとイライラし始めることもあるでしょう。

このように、金銭的あるいは労力の負荷が曖昧なことはそれなりに長期間貢ぎますが、気づいた瞬間から嫌いになるまでの加速度は他者を圧倒します。

貢ぐけれども期間は短いのがAB型女性の特徴です。

相手に心を開くまでに時間がかかる


来る者拒まずなので恋人になれるかどうかのハードルはかなり低いですが、恋人だからといって心を開いたりはしないのがAB型女性です。

結婚までいく相手ならさすがに心を開くとしても、単に「今の」恋人であるだけではAB型女性の心を開くのは至難の技です。

また、来る者拒まずといっても恋人になる前の段階からパーソナルスペースを無視してガンガン来る人は拒絶します。

心をこじ開けようとしてくる人は迷惑なだけで、無礼な奴だと認識するからです。

AB型女性と付き合い、ゆくゆくは結婚したいと考えるなら、AB型女性から開示するまで待つのが得策です。

しかし大体の場合は男性が待ちきれず、ミステリアスなまま関係が終了します。

しかし当人はミステリアスな雰囲気のまま別の男性を惹きつけるので困らず、結局誰かに心を開くのはまた先の話になります。

愛情表現が苦手

人に対して好意を伝えることは、好きな映画や食べ物など人以外の物に対しても「好き」と声に出せているかが重要になってきます。

これができないと人に対する好意を言葉にする方が難易度が高いのでうまくできません。

AB型女性は自分が好きだと思うものを周囲からは受け入れられなかった経験が多いので自然と「好き」という感情を外へ向かって表現する癖がついていないことがあります。

また、自分から愛情を伝えてお付き合いに漕ぎ着けるといよりは言い寄られたら受けるというスタイルが基本なので愛情表現の訓練ができていません。

また、全然違う理由で愛情表現しないこともあります。

仕事の忙しさやプライベートの問題を片づけることに時間を割きたいというものです。

好きと伝えることで必要以上に相手が一緒にいる時間を求めてくるのが面倒くさいという打算も見え隠れします。

そして、好きと伝えたが最後、相手が安心して浮気に走るかもしれないと思うために、あえて言わないという女性もいるでしょう。

すぐ寂しがる

孤独には慣れていますが、いつも一人でいたいわけではないので定期的に寂しくなります。

ただAB型は一人が好きと先入観をもたれていることもあるし、自身も一人の時間が大切だったりするので言動で寂しいと示すのが苦手です。

あるいは、豊富な恋愛経験の中で一度は「寂しい、会いたい」と口に出してしまい相手がしつこいくらい会いにきた、連絡が尋常ではなかったなど苦い思い出もあったりします。

構ってちゃんと思われるのは大嫌いな上、そこまで構って欲しいわけでもないのでしつこいのは勘弁してくれと思います。

それらの理由から寂しさを示すことは我慢しつつも、寂しさは人並に感じているはずです。

AB型女性がややこしいとされる部分は、この寂しいと感じる時間が一瞬だけということです。

恋人に会えない寂しさは人並に感じるのに、それを解消する術を独自に持っているのですぐ別のことで紛らわすことができます。

そして、寂しそうな表情や声色を気にして恋人がいざ駆けつけた時にはあっけらかんとしているものです。

彼よりも自分の時間を大切にする

自分が好きになって告白した相手であれば将来も共にしたいくらいなので、とても大切にします。

自分から告白した相手でなくても結婚につながる関係まで進んでいれば、家庭を守るという概念はちゃんと持ち合わせているため、長い付き合いに必要な二人の会話や価値観の認識を進める時間は重要視します。

一方で、別れる可能性も存分にある恋人という段階では、AB型女性にとって何より大切なのは自分の時間です。

将来を約束し合ったわけでもないので、恋人といるための時間が過多になり自分の将来へ時間を投資できないことは無意味だと考えています。

自立心が高いこともあって、恋人に全力を傾けてもし別れでもしたら自分へのダメージが深刻になることをよく理解しています。

また、恋に一喜一憂して仕事やプライベートを疎かにして立ち行かなくなった人の話も耳にしているので、ますます恋には力を傾けなくなっていくのです。

干渉されることを嫌う

よく恋人と長続きさせるためのコツとして「妥協し合うこと」が提示されますがAB型女性にとってこれほど無価値なアドバイスはありません。

「合わないなら別れればいいじゃん」と思ってしまいます。

これはモテるから次があるとかではなく、合わない人と妥協し合ってまで続けていく関係に何の意味があるのかサッパリわからないだけです。

恋人という関係において適当な言葉かどうかはさておき「効率が悪い」と考えます。

法的拘束力が無い関係である以上、付き合うも別れるも本人同士の自由なのでAB型女性はその自由に基づいて行動すれば良いという認識です。

そんな認識のため彼から「少しは俺の意見に合わせてくれよ」なんて言われると急速に萎えます。

AB型女性が理想とするのは、妥協し合う関係ではなく違いを認め合う関係です。

AB型女性は恋人であろうとも、自分に合わせてほしいとも思っていないし、相手に合わせる必要もなく、互いが独立した個人であることを望んでいます。

やきもち焼き

互いが自由にやれば良いとは思っていても、それは時間やお金の使い方、価値観による部分であって浮気を許しているわけではありません。

そもそも信頼できる相手でなければ関係の長続きしないAB型女性は、浮気という完全なる不義理について許容できるはずがないのです。

男の浮気は「甲斐性」と思う人も一定数いるでしょうが、体の関係もある浮気は恋人に病気を持ち込むリスクを急激に高めます。

これは精神のみならず身体へも傷をつけることになるため不義理以外の何物でもありません。

AB型女性にとって、そのような不義理をはたらく者は信頼できない人に降格します。

自分でも相手の浮気が許せないことをよくわかっているので、その芽は早めに摘み取りたいと考えています。

職場にいる女性などになんでもかんでもやきもちを焼く面倒なタイプとは違いますが、人の悪意や下心には敏感なので彼の周囲にいる女性陣の心理に怪しいものがあれば、やきもちを焼くでしょう。

とはいえ基本的には合わなければ別れれば良いという考えは変わらないので、彼がその女性の下心を楽しんでいる気配があったり、浮気にまで及んでしまえば、彼の気の多さが生来のものであると判断してサヨナラを告げます。

冷めたら一気にバッサリ切る

多くの恋人たちは別れの気配が近づくとそれとなく示したり解消に努めようとするものですが、AB型女性はお伝えしている通り「合わなければ別れればいい」のでバッサリ切ります。

メンヘラではないので、むやみやたらと別れをチラつかせるとか、急なテンションだけで決めてしまうといものではありません。

AB型は感情的でロマンチックな恋に憧れを持ちつつ、冷静に、一緒にいることで互いにメリットがあるかどうかを判断しています。

このまま付き合いを続けたところで進展がない、老いてなお共にいられる相手ではない場合、別れを先延ばしにするだけではないかと考え、それなら時間を無駄にする前に別れを切り出そうとします。

これは根本的な性格や価値観の違い、今更変えるには遅すぎるマナーの有無、生活リズムの差など結婚できるかという基準によるものです。

情熱で恋をし、理性で別れるという典型的な例です。

その分「好きだけど別れる」という理由は意味がわかりません。

相手からその理由で別れを切り出されたら徹底的に本当の理由を知りたがります。

感情の起伏が激しいので相手は気を遣う

AB型女性は普段外向きの顔ばかりしているので、ある程度心を許した相手にはありのままの感情で振舞いたいという欲求があります。

また、親にすら本心をさらけ出さないこともあるほど自己を抑制しているAB型女性は愛情に対して子供っぽい欲望を持っていることも大いに考えられます。

それを見せたということは彼を信頼している証ですが、AB型女性の表面的なクールさに惚れてしまった男性からすると受け止めきれないでしょう。

個を大事にする反面、個だけでは寂しくなってしまうのは血液型に限らないことではありますが、AB型女性は完全にプライベートの場において自制することがないため表面化する頻度が高く、男性は振り回されるハメになります。

しかし、AB型女性は振り回されて欲しいと思っているわけではないので、これもまた難しいところです。

次の項目で説明します。

相手にストレートさを求める

感情の起伏や考え方をストレートに伝えるAB型は相手にもそうであって欲しいと考えています。

恋人が自分を愛しているがゆえに気を遣ってくれたとしても、我慢は続くものではないと理解しているので、それが蓄積しない内に嫌なものは嫌だと言ってもらいたいのです。

たとえばデート当日に彼の体調が芳しくなく、それでも彼女が楽しみにしていたからと彼が頑張って待ち合わせに来たとします。

多くの女性はその彼の完璧な演技によって楽しくデートをするかもしれません。

しかし、日頃から人の微妙な表情や顔色を察してリスク回避しているAB型女性を騙すのは並大抵のことではなく、一瞬の辛そうな表情ですぐにバレます。

AB型女性は、だったら最初から延期しようと伝えるべきだと考えます。

我慢してデートしたところで結局早々に帰ることになるからです。

そして、一度デートを中止しただけで関係が壊れるとでも思っているなら、自分のことを全く信用していないんだなと判断し、ますます心を開かなくなるでしょう。

恋人が自分のために何かを我慢する優しさは、優しさとして理解できません。

優しさというより嫌われることへの怯えのように映ります。

不倫や浮気は大嫌い

テレビなどで連日報じられる芸能人の不倫や浮気のニュースを見るとAB型女性は「当人同士の問題だから放っておけばいいのにね」と言ったりするので浮気や不倫に寛容にも見えますがそれは大間違いです。

「私なら許さないけどね」というカッコ書きのある台詞だからです。

あくまで人様の恋愛には興味が無いだけで、自分がされたらどんな事情があろうと許しません。

恋人の浮気や不倫はどんな言い訳があったとしても、二人の恋愛に終わりを告げられたと判断します。

それまでの二人の歴史や持っていた愛情などは即座にすっ飛んでいき、信頼できる人間というカテゴリから外れてしまうのです。

恋人ならバッサリ切り捨てられておしまいですが、夫婦の場合は離婚という選択をしないことがあります。

これは許しているからではなく、自分や子供の生活のために夫を一生コキ使うと決意をした場合です。

その場合はもう愛情ではなく利害の問題なので、夫の介護などが持ち上がれば切り捨てます。

あるいは、いきなり離婚するとその後の生活について立て直す時間がないので、冷静に慰謝料がとれる証拠固めや弁護士探しなどの下準備をするために結論を先延ばすこともあるでしょう。

相手の細かな言動もじっくり観察している

面倒事が起こるのが嫌いで気に入った人には尽くすのが好きなAB型女性は人の細かな言動を察して行動するのが得意です。

それが得意なのは、普段から相手の表情や声色をよく観察しているので普段と少し違うかを見極められるからです。

また、子供の頃に「自分は他者とは少し違うのかもしれない」と感じ出したあたりから、他者と自分どう違うのかを意識していることも関係しています。

差を確認するために人間観察をする癖がついているのです。

恋人になればAB型女性に接する時間が多くなるので、さまざまな分析データが揃うことになり、細かな嘘や隠し事はすぐバレるようになるでしょう。

AB型女性はこんな男性に弱い

性格や恋愛傾向がわかったので、なんとなくどんな男性に弱いかも見えてきたかもしれませんが、改めて確認してみましょう。

AB型女性に良かれと思ってしたことがそのまま好かれるかお節介と取られるかの線引きが非常に難しいので、要注意です。

頼りがいがある年上男性

AB型女性は包容力のある男性を好む傾向があります。

年上といっても2,3個上くらいではとくに関係がありません。

年上男性を好むのは、年齢がある程度上で社会経験があれば、他者の考えを受け入れる精神的余裕が出てくるからです。

また精神年齢は女性の方が成長が早いともいいますし、他者を自己と混同しないAB型は精神的な成長が早いのでなおさらつり合いのとれる年上男性を選びます。

なんでもわかってくれる器が大きい人

女性の考えを知ったかぶりして先回りするような押し付けタイプは大嫌いですが、話を聞いてくれてとりあえずは受け入れてくれるくらい心の余裕がある人を好みます。

AB型女性の考えと男性の考えが全く異なったとしても「そういう考え方もあるか」と言えるかどうかがポイントです。

AB型女性が「わかってくれる」と思うのは、違いを認め合うことだからです。

愛情表現をしっかりしてくれる人

ストレートな言動を求めることは愛情についても同じです。

AB型女性は人の表情や仕草の機微に敏感に反応しますが、それで察するばかりでは愛情を存分に感じることはできません。

男性はあまり頻繁に「好き」とは言わないものですが、たまには言ってあげないとAB型女性は不安を覚えます。

これは考えが他者とは合わないことを多く感じているAB型女性らしい不安で、自分の気持ちが相手と同じとは限らないことを知っているからこそ、十分でない愛情表現では「自分が都合よく思い込んでいるだけかもしれない」と思ってしまうからです。

自然体な人

ストレートさにも通じるものがありますが、自分の感情や考えにそって行動する自然体な人であることはAB型女性が結婚相手を選ぶ際に最も重視することかもしれません。

互いの相性が良いかどうかは、どちらかが合わせられるか否かではなく、自然に振舞っている者同士が気楽でいられることを指します。

刹那的、快楽主義というわけではなく、相手に嫌われるかもしれないという怯えのないこと、過度な気遣いをしない関係性があり、考え方を共有したり発展させていけるような関係こそAB型女性の理想形です。

まとめ

AB型女性は性格や恋愛傾向から、率直で忌憚のない意見を持つ人を選びます。

そのため、一般的な理想の男性像である「優しい・気遣いができる」「趣味が合う」「高収入」「たくさん会える」などを武器にしても全く太刀打ちできません。

自分にしかない個性や目標、性格をさらけ出し、本来の自分にならない限りAB型女性が心を開くことはないと知ることが大切です。

それで相性が良ければ長い付き合いがしやすいので自分を飾りたてるのを止めてから挑みましょう。