AB型の人といえば、変わっていると思われることが多い気がしますね。

何を考えているのかあんまりよくわからないという評価もよく聞きます。

そんなAB型の女子が、好きな人にとる態度、脈ありのサインというのは一体どういうものなのでしょうか。

いくつかの特徴をご紹介していきます。

AB型女子の性格

そもそも血液型占いというのは、根拠がないという話もよく聞かれますね。

血液型と性格の関係が存在するという、科学的な根拠はありません。

それでも血液型占いを信じる人というのは多いですし、『A型の人は神経質できっちりしている』、『B型の人は大雑把に感じる』などの定説が存在します。

ただ、これは単なる思い込みだという説が濃厚で、血液型によって性格を分類するということは、日本や韓国、台湾などの一部の地域だけなのです。

世界的にはそもそも血液型に対しての関心自体がなくて、自分の血液型を知らないと言う人すら多いと言われています。

『AB型だからお前はやっぱり変わっているんだな』などと言って相手を不愉快にさせたり不安にさせたりする言動は、ハラスメントのひとつです。

ブラッドタイプ・ハラスメント、通称ブラハラという名前が付けられて社会問題として取り上げられるようにもなりました。

ある採用試験の応募用紙に血液型の記入欄を設けた企業が、労働局から指導されたというケースもありました。

血液型は職務能力や適性とは全く関係ないと厚生労働省が呼びかけています。

例えばA型の人が几帳面だという思い込みがあるので、A型の人が几帳面に行動するところばかりが目について、「やっぱりA型の人は几帳面なんだなぁ」と思ってしまうのです。

これは心理学で言うと『確証バイアス』という現象です。

自分が思っていることを裏付ける情報のみを見てしまい、そうでない部分は軽視したり排除してしまったりするために目につかなくなって、A型は几帳面という証拠だけが自分の中に積み重ねられていくのです。

日本ではテレビなどで血液型占いなど、血液型によって人間の性格が違うという情報が広まった結果、世界的にもかなり珍しく血液型性格分類が行われているのです。

血液型占いには根拠がないと言われている昨今でも、やはり血液型によって性格が違うという考えは未だに根深いものです。

血液型によって性格が異なり恋愛傾向も違うという考え方もやはり多いものなのですね。

AB型の人は日本の人口全体の約10%しか存在しません。

この時点でAB型の人と出会った時に大体の人は「珍しい人だ」という印象を受けます。

なので、なにかちょっと他の人とは変わった言動をしているのを見かけたときに「AB型の人はやっぱり変わっているな」と確証バイアスで感じてしまうのですね。

AB型の人は性格が悪いという意見もあります。

そもそもサンプルが少ないので、何を考えているのかわからない、把握しにくいという印象を持たれることが多いのです。

AB型の人は相手の言うことを先読みして対応することが多くて天才的だという意見もあります。

プライドが高く繊細だというのもよく言われる言葉です。

特にAB型の女性はロマンティストな人が多くて、よくぼんやりして妄想に浸っていることも多いと言われます。

恋愛をしている時にはその恋愛にのめり込むと常に好きな人のことばかりを考えて、ぼんやりしてしまうことが多いようです。

そのせいで周りからは「今この人は恋愛中なのだな」と丸わかりだということもあるようですね。

性格はロマンティストのイメージからすると意外にドライで、一人でいる時間もとても大切に考えている人です。

「常に好きな人に会いたい」「いつでも一緒にいたい」というよりも、「今日は1人になりたいのでデートをしたくない」と思ってしまうこともあります。

彼氏が寂しがり屋で常に一緒にいたいという考え方の人の時は、それが面倒になってお付き合い自体が向いていないと考えてしまい、別れてしまうということすらあります。

自分が相手を好きな量と相手が自分を好きな量が同じぐらいでバランスがうまく取れている状態でないとうまくいかないようです。

相手の気持ちの方が大きい場合、重たく感じてグイグイ来られている感じがしてしまい、面倒くさくなってしまうのです。

女性側が相手を好きな気持ちが大きいケースの方が、恋愛はうまくいくようです。

相手にグイグイ来られると逃げたくなりますが、相手がひいた場合には気になって追いかけたくなってしまうという部分もあるようですよ。

1.プライドが高い


AB型の女性は基本的にプライドが高いと言われています。

自己評価が高くて、自分のことが大好きなのです。

A型とB型の二つの特徴があるために、他の人に比べて様々な特徴を併せ持っていて、「優れている」と言う評価をされることも多いです。

そのためか、プライドが高くなってしまうのです。

AB型の数自体が少ないので、「自分は珍しい」という深層心理が関係しているのかもしれません。

特に長女の場合はさらに完璧主義でプライドが高く、完璧な自分を目指して影で努力している部分もあります。

誰とでも仲良くできるのですが、実はそれは表面的であって、なかなか自分の内面を見せないというところもあります。

これも、プライドが高いという部分の表れかもしれません。

2.気分屋である

AB型が変わっていると言われることが多いのは、AB型の人は気分屋な人が多いからだという説があります。

AB型の人は、大体の人が他の人から干渉されることを嫌う傾向が多いのです。

A型の人が持つ神経質な面と、B型の人が持つマイペースな面の両方があるAB型。

この両面を持つという特徴があるために、神経質で他の人からの干渉が気になってしまい、自分のペースで行動したいというところがあるので、他の人から見ると自由に気分屋に振る舞っているように見えてしまうということなのです。

3.秘密主義

秘密主義であると言われることも多い。

AB型の人。

周りの人のことはよく見ていて、観察眼も優れているのでよく理解しているのですが、自分自身のことはあまり理解していないと言うことが多いようです。

自分がやっていることや言っていることに対して、周りの人がどういう風に思うかということをあまり気にしません。

だからこそ先ほどの項目にあるように「気分屋」と言われることも多いわけです。

そして、周りの人から変なことをしているように思われていても、自分のことを顧みず、「自分がやっていることは別におかしくない」と思っています。

自分一人で行動することも好きなので、一人で自由に振る舞って好きなように、周りから見ると変わっていると思われるようなことでも気にせずにしてしまうのです。

そういった行動は周りからは誤解されがちということは理解できるのですが、「別に誤解されていても構わない」「誤解を解くために何かをする必要はない」という考え方をしてしまいます。

こうした行動から、自分の考えていることや行動していることを他の人に話すということがほとんどないことになってしまい、人付き合いが浅くなりがちなのです。

他の人からは「自分のことを話さない人だ」「何を考えているのかよくわからない人」という評価を受けてしまい、秘密主義ということになるわけです。

4.引っ込み思案


マイペースに振る舞っているように見えて、自分の中では一定のルールがあります。

周りの人にどう思われようとも気にしない反面、本当の自分を他の人に見せることが苦手で、自分が気になる相手に対しては、自分がどう思われているか、相手がどう反応するかなどが気になってしまい、気になるあまりに引っ込み思案になってしまうこともしばしばです。

臆病で怖がりなところもあります。

こうした引っ込み思案な部分が災いして、なかなか恋愛が進展しないというところもあるのです。

自分の本心を相手にさらけ出すということに抵抗感があります。

自分の気持ちを人に説明するということがそもそも苦手なところがあり、心を開くのには他の人よりは時間がかかる傾向があります。

優柔不断という部分もあり、自分の気持ちをうまく出せないので、何か新しいことを始めたいと思ったときや、お店に入ってたくさんのメニューから何か一つを選ぶときなど、決断するのに時間がかかることがあります。

そんな時でも、自分の気持ちを他の人に話すことが苦手なために、気軽に他の人に相談することもできないのです。

かといって、高いプライドが邪魔をして失敗して他の人に失敗した恥ずかしい自分の姿を見せるということも嫌なので、失敗してしまうくらいならそうした状況に行かなければいいという考え方をしてしまいます。

失敗しないために新しいことを始めるのを諦めたり、何か新しいメニューを選ぶよりも他の人を選んだメニューに後追いして「私も同じもので」と答えたりしてしまうわけです。

決断力がないということで、引っ込み思案な性格になっていきがちです。

5.ロマンチック

マイペースで一人の時間が大好きなAB型。

一人の時間を楽しむことをとても好んでいるので、他の人と一緒に過ごす時にも時間を無駄にしていると感じてしまう部分もあります。

一緒に楽しめるような状態であればもちろんそんなことは思わないのですが、趣味が合わない人、センスが合わない人、ノリが合わない人など、一緒にいることで自分にメリットがない人とダラダラと一緒にいると、時間を浪費していると感じ耐えられなくなります。

時間を浪費するよりは、相手に「付き合いの悪い人だ」と思われたとしても、一人になって自分の自由な時間を思い切り楽しむことを優先します。

そうして、一人になった時には純粋な子供の頃から変わらない自分自身に戻ります。

AB乙女チックな、美しい景色やお洒落な街並みなどロマンチックな雰囲気が大好きです。

AB恋愛面でも乙女心が優先されることが多いので、ロマンティストだと思われることもとても多いようです。

一度心を許した相手には情熱的になる部分もありますが、ロマンチシズムの一端であるとも言えます。

6.比較されるのが嫌い

プライドが高い部分も手伝って、他の人と比較されることが嫌いです。

自分のことが好きですし、自分のしていることを他の人にどう思われようとも気にしないタイプなので、自分の好きなように過ごしますが、その半面、「あなたはあの人と違ってとても自由だよね」というように他の人と比較して評価されることが嫌いです。

縛られているような感覚を持ってしまいますし、マイペースな自分の言動を他の人にとやかく言われたくありません。

AB型女子が好きな人にとる5個の態度

こんな性格を持っているAB型の女性が、好きな人にとる態度というのはどのようなものがあるのでしょうか。

5個の特徴を取り上げてご紹介していきます。

1.あまのじゃく

自分の内面をさらけ出すことができないAB型の女性。

好きな人の前で女の子らしい乙女な自分を見せることがうまくできません。

そうした部分を見せることが恥ずかしいと考えてしまいますし、本音を見せることに抵抗感があります。

好きな人から優しい言葉をかけられて本音では嬉しいと思っていても、素直に嬉しいということができず、照れ隠しもあって役に冷たい態度をとってしまうこともあります。

自分が相手のことを好きだと言う事実が、相手にバレることが恥ずかしくて仕方がないのです。

せっかく好きな人から「映画を見に行こう」と誘われても、嬉しくて恥ずかしいあまりに「その日は都合が悪い」「その映画はあんまり好きじゃない」などと心にもないことを言って断ってしまうことさえあります。

そんなあまのじゃくな部分があるのです。

【あまのじゃくな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

甘えたいけどクールに見せる

自分の心を簡単にさらけ出すことができないので、周りから見ていると一見クールなように見えます。

シャイでデリケートなので本当は甘えたいのですが、傷つくことや恥ずかしいこと、自分から積極的な行動をとることが苦手です。

こうした面も、恋愛に対して興味が薄くクールなように見えてしまうのですが、本当は臆病になっているだけだったりするのです。

自分の事をペラペラ相手に話すこともできませんし、他の人のことを気にすることも少ないです。

あまり会話をしないで誰かと一緒にいるときでもひとりの世界に浸っていることもあります。

クールに見せたくてそうした振る舞いをしているわけではなくて、本音が出せないためにそう見えてしまうという部分が強いようです。

信頼している人に対しては本当は甘えたいので、二人きりになった時には急に甘えてくるという部分もあるかもしれません。

素っ気ない態度を見せながら目で追う

AB型の人は素直ではない面があります。

秘密主義で自分の考えていることを他の人に話さないので、そっけないと思われることも多いでしょう。

好きな人に対してもそっけない態度をとってしまい、相手に冷たい態度を取られたと感じさせてしまうこともあります。

本当は甘えることが好きなので、思いっきり甘えたいのにも関わらず、自分の気持ちをうまく相手に伝えることができないので、結果的にクールでそっけない態度を見せてしまいます。

そんな態度をとっていながらも、相手が見ていないところではずっと好きな人のことを目で追っていることもがあるので、そっけない態度をとっているのに誰かのことを目で追っている場合には、その人のことが好きだと言うサインかもしれません。

恥ずかしがり屋さんな部分もあるので、好きな人の前に立つと引っ込み思案が発動してうまく話せなくなるということも多いようです。

冷たい態度を取られたと思っても、実は彼女の顔をよく見ると照れていて恥ずかしいので目が合わせられないだけということもあるかもしれませんよ。

2.意外な態度を見せる

普段ab型の人によく見られるような行動ではなく、意外な態度を見せる場合には、その女性はその相手のことが好きなのかもしれません。

冷たくてそっけない態度をとっていても、実は好きな人のことはひそかにチェックしています。

チェックをしていながらもそれがばれないように細心の注意を払っているので、結果的にクールに見えてしまいますが、実は女友だちからすると「あの人のことが好きなのだな」とまるわかりになってしまうほど『意外』な態度をとっていることがあるのです。

興味のない素振りをしたことを挽回

普段は他の人の行動にあまり関心を持ちませんが、好きな人に対してはとても関心を持っています。

好きな人に話しかけられても、先ほど紹介したようにあまのじゃくな部分が出てしまって、内面ではとても喜んでいてもクールな反応してしまいます。

普段なら相手に誤解されても構わないと思ってしまうのですが、さすがに好きな人に対しては、「こんなことを繰り返していたら嫌われてしまうのではないか」と、心配になってきてしまいます。

興味のなさそうな素振りをしてしまって、自分が本当は思っていることとは全く正反対の返事や態度をとってしまった時には、それを挽回しようとすることがあるのです。

簡単なアピールを繰り返す

そっけない態度をとってしまったことを挽回するために、簡単なアピールを繰り返すことがあります。

例えば、あまり用もないのに世間話をあえてして、天気の会話など簡単な会話をずっと繰り返して距離感を縮めて行こうとすることがあります。

会えない時には、短いメールなどを何度も送ることもあります。

とても些細な行動ではありますが、AB型の女性本人にとっては、かなり無理をして重大な決断をした上で起こしているアピールなのです。

好きな人にメールをするときにも、挽回をしようという気持ちばかりが先走って、結果的に支離滅裂な文章を送ってしまうこともあります。

それが相手にとっては、「やっぱり変わった人だな」と思うわけになってしまうこともあるのです。

さっきそっけない態度を取ったばかりなのに急に会話をしてくる、あまり内容の無いたくさんのメールを送ってくる、というような時は、もしかしたら彼女が冷たい態度をとってしまったことを後悔して、挽回しようと思ってアピールをしているのかもしれないのです。

3.少しずつ情報収集

普段は他の人に対しての興味があまりなさそうに見えるab型の女性ですが、好きな人に対しては興味津々になります。

先ほどもあげたように密かに好きな人の言動をチェックしています。

少しずつ好きな人のことを知ろうとして情報収集をしていることもあるのです。

質問が増える

趣味を共有するために相手の趣味を聞き出そうとしたり、昨日は何をしていたのかと質問してきたりというように、質問が増えるということは、少なくともその相手に対して興味が出てきたということです。

普段他の人に対して興味がなさそうにab型の人がさab型の人がそのような態度をとるということは、これも意外な態度をとっているということになりますね。

質問が増えたからといって必ずしも恋愛に発展するとは限りませんが、少なくとも相手に対して他の人に対するよりも興味が出てきていて、その人のことを知りたいと考えているということなのです。

4.慎重に誘う

AB型の女性は、誰かのことを好きになってもすぐに行動に移すことはあまりありません。

まず少しずつ情報収集を始めるところからスタートしますし、積極的に自分から行動を起こすことがないのです。

プライドが高く、自分から行動することができませんし、優柔不断なために何か決断したり行動を起こしたりすることが苦手なのです。

話しかけることが少しずつ多くなる程度で相手にとってみれば、好かれているサインとは受け取りにくいかもしれません。

心を開くのにはとても時間がかかるので、好きだと思ったからすぐにデートに誘うというようなこともありません。

本当に少しずつ心を開いてくので、AB型の女性に心を開かせるのはなかなか一筋縄ではいかないのです。

でもそのぶん、とことん自分をさらけ出してくれます。

一定の距離を保ちながら

自分をさらけ出さないので、好きな人に対しても一定の距離感を保っています。

結果的に、いわゆる「好き避け」のような行動をしてしまいます。

好きなのに冷たい態度をとってしまい、その後に後悔して小さなアピールを繰り返します。

こうして一定の距離を保ちながらも、本人としては徐々に近づこうと努力をしているのです。

臆病なので一気に距離感を詰めることはできません。

積極的に行きたいという気持ちはあるので、距離を保ちつつも一生懸命好きな人のことを誘おうとします。

5.自分のことを話してくる

普段は他の人に対して自分のことを話さないAB型の女性は、好きになった人に対しては自分のことをさらけ出そうとします。

本当の自分をさらけ出して理解してもらえるような人を求めているので、自分の味方や同志を探すような感覚で、恋愛の相手も慎重に選ぶのです。

ひとたびこの人だと思ったらとても大事にしますし、相手が望んでいることやしたいと思っていることなどを自分も一緒に大事にしようと考えます。

相手の希望を汲み取って叶えてあげようとするので、常に相手のことばかり考えてしまい、いわゆる「ぞっこん」な状態になってしまうのです。

こうしたところはB型の性格に近いとも言えるでしょう。

自分の味方である自分の大事な人に対しては、自分の事も知ってほしいと考えますし、味方なので裏切られるという感覚はなくなっています。

だからこそ今まで話さないようにしていた本当の自分、自分の内面というものを話すようになるのです。

AB型女子の脈ありサイン

このような態度をとってしまうAB型の女性が近くにいるという場合、他にもこのようなサインが見えていたら、もしかしたらその人はあなたのことが好きだということなのかもしれませんよ。

具体的にいくつかご紹介していきましょう。

1.話題に同調してくる

何か会話をしている時に、話題に同調してくるというのはひとつのサインです。

AB型女性は普段はあまり他の人に対して興味を示すことがありません。

しかしながら好きな人に対しては、その人のことが何でも知りたいと考えてしまうのです。

その人の趣味、好きなもの、興味のあることなど、少しずつ情報収集をして調べています。

例えばバスケットボールが好きだと聞いたら、バスケットボールについてよく調べるようになります。

好きなチームのことを調べて、そのチームの選手の名前や次の試合などについても調べ、予定が合うようならその試合を見に行ったりすることもあるでしょう。

調べて話を合わせる努力をする

AB型女性は、好きな人に対して話を合わせたいと考えます。

出来る限り話を合わせる努力をするのです。

一緒に会話をしている時にバスケットボールの話になった時にでも、「この前の試合の展開はすごかったね」というような感じで自分も一緒に話をしようとします。

話を広げようとしたり、一緒に次の試合を見に行こうと誘ったり、そうした行動の裏には実は元からバスケットボールが好きだったのではなくて話を合わせようと一生懸命努力をした成果である可能性があります。

2.恋愛について熱く語ってくる

普段はあまり恋愛について興味がなさそうに見えるAB型女性ですが、好きな男性に対しては恋愛について語ってしまう傾向があります。

「どんな恋愛が理想なの?」「好きな人はどんなタイプ?」などと質問をして相手の傾向を情報収集したり、逆に自分の好きなタイプを話したり、付き合ったらどんなことがしたいかなどを話したりします。

やたらと恋愛の話になるなと感じたら、それは彼女があなたのことを好きだというサインなのかもしれません。

相手の理想を聞き出して自分をその理想に近づけようという努力もします。

ショートカットが好きだと言われたら髪をバッサリ切ってしまったり、ミニスカートが似合っている人が好きだと聞いたら、今まではパンツスタイルだったのに急にミニスカートを買ってみたり。

周りから見ればまるわかりの非常にストレートな好意を示してしまう部分もあるのです。

そしてまた一度好きになった人に対してはその人をとても大事にしたがるので、こうした努力も厭わずに行動に移します。

遠回しにアピールも

メガネをかけている人に対して、「私、メガネをかけてる男性って好きなんだよね」と言ったり、「おれ、犬が大好きなんだ」という男性に「私も犬が大好き」とか「犬が好きな男性ってこんなの人にも優しそうですごくいいよね」と言ったりなど、遠回しに自分の理想があなたであることを伝えてアピールすることもあります。

3.自分にだけ優しい

あまり他の人に興味を示さない、一見クールなAB型の女性が、特定の人にだけ優しいということは、その人に対してとても好意を持っているということになります。

例えば、みんなで居酒屋に行って、自分にだけ「次の飲み物は何にする?」と聞いてくれるというようなことがあるかもしれません。

他の人のことはあまり興味がないので気にしていないのですが、好きな人のことは常によく見ているので、その人のことだけが目に入るような状態になっています。

そのために、好きな人の飲み物はもう残りが少ないということにもよく気がつくというわけなのです。

尽したい気持ちが前面に

一度好きになるととことん尽くすタイプが多いAB型の女性。

自分がしてあげられることは何でもしてあげたいと考えるので、飲み物が少なくなれば次のおかわりを。

タバコを吸うのなら灰皿を手元に引き寄せ、嫌いな食べ物が出てきたらその皿は遠ざけるというように、一生懸命尽くそうとします。

4.褒めてくる

好きな人に対してはぞっこんに惚れ込んでしまうAB型女性は、好きな人のいいところがとてもよく見えるようになります。

素敵だと思った部分はストレートに褒めます。

「そのジャケットおしゃれだね」「そんなこと言ってくれるなんて優しいね」というような感じでやたらと褒めてくるなら、それもあなたのことが好きだというサインかもしれません。

簡単に人のことを好きになったり心を許したりしないだけに、好きになるということは自分の理想どおりの人が現れたからどうしようもなく好きになってしまうということでもあります。

こうなると歯止めも効かないので、普段のクールな状態からはかけ離れた意外な行動をとってしまいがちになるのです。

良いところばかりが見えてやたらと褒めまくるというのも意外な行動のひとつです。

ルックスが良い人に弱い

内面ももちろん大事ですが、外見が良い人にも弱いです。

自分なりの美的センスがあるので、ルックスが整っている人というのに興味を惹かれることが多いのです。

もちろんルックスだけを見ているわけではありませんが、ルックスが良い人には興味を示し勝ちです。