CoCoSiA(ココシア)

専業主婦になりたい人必見!彼氏・旦那さんへの正しい伝え方とそのタイミング


あなたは今仕事をしていますか?

仕事をしているならフルタイムでしょうか。

それともパートタイム?またこれから結婚を考えている独身女性の人でも仕事についている人が多いのではないでしょうか。

あなたの旦那さんや彼氏は仕事をしている奥さんや彼女に対してどんな考えをもっているか聞いたことはありますか?

今は女性も働く事が多い世の中ですよね。

でも専業主婦になりたいと思った事はありませんか?結婚を機に家庭に入る。

子供が産まれたことをきっかけに家庭に入りたいと考える女性だって少なくないと思います。

でももしかしたら旦那さんや彼氏は奥さん彼女仕事を続けるだろうと思っているかもしれませんよ。

二人で仕事をしていれば収入だって2倍ですから。

そこに大きなギャップがあるとしたらやみくもに伝えたのでは反対されるかもしれません。

ここでは女性が家庭に入る。

専業主婦になりたい気持ち、考えがある時どのタイミングでどう伝えればいいのかをまとめてみたいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

️専業主婦になりたい!どうやって伝える?

専業主婦になりたい!と思った時どうやって伝えますか?

ストレートにぶつける?それともさりげなく相手の考えを確認してみる?

男性はあまり複雑に物事を考えていない場合がありますので当然仕事をするだろうと思い込んでいるような相手にはストレート過ぎる伝え方ではケンカにもなりかねませんからね。

しかしストレートにぶつけて見ないことには相手がわからないタイプの人もいますよね。
どうやって伝えていけば話がスムーズに進める事ができるのかイメージしてみましょう。

結婚後は専業主婦になりたい女性は多い


よほどキャリアウーマンでバリバリ仕事をしている女性や仕事が好きな女性でなければ専業主婦になりたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

既婚女性であれば出産を機にそう考える人も多いのではないかと思います。

もちろん仕事に生きがいを感じる女性もいるでしょから仕事と家庭の両立を実行している人もいます。

でも一度は専業主婦になってみたいという願望みたいなものは誰でもあるように思います。

独身女性であれば結婚を機に会社をやめて家庭に入りたいと思う人の方が多いかもしれませんね。

結婚に憧れがあれば家で旦那さんの為に料理を勉強しておいしいごはんを作ってなんて思う事も?また独身時代に仕事をしてきた分結婚したら少し家庭に入ってゆっくりしたい。

今までできなかった趣味など自分の時間を作ってみたいなんて思うかもしれませんね。

あなたは専業主婦にどんなイメージをもっていますか?何故そう思うのかも考えておいた方がいいかもしれませんね。

家事や子育てに専念したい

結婚後仕事を続けて家事と仕事の両立、また子供が生まれた後も毎日目まぐるしく家事に育児仕事にとフル回転している女性もいるのではないでしょうか。

家庭に入って家事や子育てに専念したいと思う気持ちは女性なら芽生えると思います。

せめて子供が小さいうちは家にいて子育てに専念したいと思いますよね。

朝ばたばたと保育所へ預け仕事が終わったらお迎え。

返ったら家事なんて一日あっと言う間に過ぎて行きます。

こんな事でいいのかしら?
なんて思う事はないですか。

家事や育児に専念したいと思う気持ちがあるのは女性として母として素直な気持ちだと思います。

もう仕事を辞めたい


仕事がきつい、しんどい。

いっそやめて専業主婦になりたいと思う事もあるかもしれません。

会社などではまだ女性の地位もそんなに確立されておらず辛い思いをすることあるかもしれません。

また家庭と仕事の両立に限界を感じ仕事をやめたいと思うことだってあるかもしれません。

子育てをしているとこれでいいのかしらと思う事も多いかもしれません。

社会で仕事することに喜び満足感を得る女性と家庭に入る方が向いていると感じる女性に分かれるのかもしれません。

あなたが仕事をやめたいと思う理由はなんでしょうか。

ただ単にやめたいと思うだけでは専業主婦になった時にまた違和感を感じてしまうかもしれません。

仕事をやめたいと思う気持ちはなぜなのかは一度考えてみてもいいかもしれませんね。

️専業主婦になりたい人がまず考えたいこと

では専業主婦になりたいと思う人が考える事、また考えないといけないであろう項目を上げてみました。