あなたは今仕事をしていますか?

仕事をしているならフルタイムでしょうか。

それともパートタイム?またこれから結婚を考えている独身女性の人でも仕事についている人が多いのではないでしょうか。

あなたの旦那さんや彼氏は仕事をしている奥さんや彼女に対してどんな考えをもっているか聞いたことはありますか?

今は女性も働く事が多い世の中ですよね。

でも専業主婦になりたいと思った事はありませんか?結婚を機に家庭に入る。

子供が産まれたことをきっかけに家庭に入りたいと考える女性だって少なくないと思います。

でももしかしたら旦那さんや彼氏は奥さん彼女仕事を続けるだろうと思っているかもしれませんよ。

二人で仕事をしていれば収入だって2倍ですから。

そこに大きなギャップがあるとしたらやみくもに伝えたのでは反対されるかもしれません。

ここでは女性が家庭に入る。

専業主婦になりたい気持ち、考えがある時どのタイミングでどう伝えればいいのかをまとめてみたいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

️専業主婦になりたい!どうやって伝える?

専業主婦になりたい!と思った時どうやって伝えますか?

ストレートにぶつける?それともさりげなく相手の考えを確認してみる?

男性はあまり複雑に物事を考えていない場合がありますので当然仕事をするだろうと思い込んでいるような相手にはストレート過ぎる伝え方ではケンカにもなりかねませんからね。

しかしストレートにぶつけて見ないことには相手がわからないタイプの人もいますよね。
どうやって伝えていけば話がスムーズに進める事ができるのかイメージしてみましょう。

結婚後は専業主婦になりたい女性は多い


よほどキャリアウーマンでバリバリ仕事をしている女性や仕事が好きな女性でなければ専業主婦になりたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

既婚女性であれば出産を機にそう考える人も多いのではないかと思います。

もちろん仕事に生きがいを感じる女性もいるでしょから仕事と家庭の両立を実行している人もいます。

でも一度は専業主婦になってみたいという願望みたいなものは誰でもあるように思います。

独身女性であれば結婚を機に会社をやめて家庭に入りたいと思う人の方が多いかもしれませんね。

結婚に憧れがあれば家で旦那さんの為に料理を勉強しておいしいごはんを作ってなんて思う事も?また独身時代に仕事をしてきた分結婚したら少し家庭に入ってゆっくりしたい。

今までできなかった趣味など自分の時間を作ってみたいなんて思うかもしれませんね。

あなたは専業主婦にどんなイメージをもっていますか?何故そう思うのかも考えておいた方がいいかもしれませんね。

家事や子育てに専念したい

結婚後仕事を続けて家事と仕事の両立、また子供が生まれた後も毎日目まぐるしく家事に育児仕事にとフル回転している女性もいるのではないでしょうか。

家庭に入って家事や子育てに専念したいと思う気持ちは女性なら芽生えると思います。

せめて子供が小さいうちは家にいて子育てに専念したいと思いますよね。

朝ばたばたと保育所へ預け仕事が終わったらお迎え。

返ったら家事なんて一日あっと言う間に過ぎて行きます。

こんな事でいいのかしら?
なんて思う事はないですか。

家事や育児に専念したいと思う気持ちがあるのは女性として母として素直な気持ちだと思います。

もう仕事を辞めたい


仕事がきつい、しんどい。

いっそやめて専業主婦になりたいと思う事もあるかもしれません。

会社などではまだ女性の地位もそんなに確立されておらず辛い思いをすることあるかもしれません。

また家庭と仕事の両立に限界を感じ仕事をやめたいと思うことだってあるかもしれません。

子育てをしているとこれでいいのかしらと思う事も多いかもしれません。

社会で仕事することに喜び満足感を得る女性と家庭に入る方が向いていると感じる女性に分かれるのかもしれません。

あなたが仕事をやめたいと思う理由はなんでしょうか。

ただ単にやめたいと思うだけでは専業主婦になった時にまた違和感を感じてしまうかもしれません。

仕事をやめたいと思う気持ちはなぜなのかは一度考えてみてもいいかもしれませんね。

️専業主婦になりたい人がまず考えたいこと

では専業主婦になりたいと思う人が考える事、また考えないといけないであろう項目を上げてみました。

専業主婦になりたい。

でも今まで仕事をしてきた人が仕事をやめて家庭に入ると言うことは多少なりとも環境が変わる事になりますね。

今で知らなかった世界が専業主婦にはあるかもしれませんよ。

また収入面が大きく変わってきますね。

今まで二人の収入があったものが相手の収入だけになる事でお金の事もしっかり考えていかなければいけない事はあります。

勢いだけで仕事をやめるのではなく少し冷静に項目別に注目してみましょう。

それくらいの事理解していると思う人もいればそんな事考えないといけないの?と驚く人もいるかもしれませんね。

少し詳しく掘り下げてみましょう。

旦那さんの収入は?

今もし共働きだった場合。

これが奥さんの収入が無くなった場合。

旦那さんの給料だけでも現状の生活が維持できるかどうかを考える必要があります。

旦那さんの収入はいくらあるでしょうか?

少しランクを落とした生活をするとしても十分やっていけるだけの旦那さんの給料はありますか?

貯金も出来なくなる、今抱えているローンがあるのであれば支払いはやっていけるのか?
そんな事も考える必要があります。

シビアな問題ですがそこをしっかり計算していかないと旦那さんに伝える時も納得してもらえない可能性もありますね。

またこれから結婚を控えている独身の女性であれば将来旦那さんになる人の給料は把握しておきましょう。

二人でこの先の生活をどうしていくのか。

子供が生まれた場合は?年齢によって昇給があるのかも大事なポイントになると思います。

そこは遠慮することなく核にしておきましょう。

夫の小遣いが減るなんて事を伝えてしまうとたちまち反対されてしまうなんてこともああるかも(-_-;)生活していくうえでお金は大事な事です。

仕事をしていたけれども生活自体は夫の収入だけでやりくりできていた人はなんの問題もないのですが二人の収入の見合った生活をしていたのであればたちまち生活は一遍してしまうようでは困りますね。

専業主婦の生活に満足できるか?

もしあながたずっと仕事をしてきたとしたら、しばらくはゆっくりとした生活に満足できると思います。

しかし本当にこの先家庭で過ごす事に満足できるでしょうか?仕事をしている時には長期休暇が欲しい。

家庭で自分の時間も持ちたいと思っているかもしれません。

しかしその休暇が終わる事なく続くとなるとどうでしょうか?専業主婦も一日忙しいものです。

家にいるのだからとそうじをこまめにすることが当たり前だなんて言われてしまうかもしれません。

意外と専業主婦の方が複雑な人間関係に巻き込まれるなんて事があるかもしれません。

今まで時間に追われる生活をしてきたのであれば生活は一遍しますよね。

子供がいるのであれば子供に関係するかかわりも増えるかもしれません。

自分だけの時間はもしかしたらないのかもしれません。

専業主婦のイメージがいいイメージしかもっていなかったとしたらこんなはずではなかったなて思ってしまうかも知れません。

それは困りものです。

一日の時間をどう使っていくのかその生活に自分が満足できるのかをイメージしてみましょう。

家にこもりきりもストレスが溜まる

今までは朝決まった時間に起きてまるで戦争のような朝を過していたのはないでしょうか。

たまの休日には休みの実感が沸きリフレッツシュに時間を費やす事ができていたかもしれませんね。

しかし専業主婦になると朝旦那さんや子供がでかけた後は一人です。

買い物に行きますか?それもすぐ終わってしまうかもしれません。

友人とランチ?それも毎日は出来ないし友人が仕事をしているのであればそれも難しいですよね。

家で過して気が付けば夕方になってたなんてことになるかも。

あんなに忙しくしていた時には考えらえれないほどの自由な時間ができる事になります。

そこにストレスを感じる事はないでしょうか?そんな時どう過していくか考えておきましょう。

今まで時間に追われる生活をしていた人は何もない時間をどうすごしていくのか考えておかないとストレスが溜まる事になりかねません。

居場所を作る必要がある

居場所を作る事を考えましょう。

家だけではそのうちストレスが溜まって着てしまう可能性が高くなってしまいます。

自分だけの居場所。

それは近くの喫茶店でも図書館でもどこでも大丈夫ですよ。

リラックスできる場所を作る事を考えてみてくださいね。

専業主婦だからといって自宅で家事ばかりいていないといけないわけではありません。

自分の生活の中に自分の居場所を作ってみましょう。

自宅が落ち着くという人は自分の家の中でも構いません。

自分がそこにいてまたいる必要がる場所を考えてみましょう。

仕事をしていた時とは違う忙しさがまっているかもしれません。

そんな時はふと力を抜いて過せる自分だけの居場所があるのとないのとでは大きく違うと思いますよ(@^^)/~~~

2人の貯金はどれくらいか?

これから結婚を控えている人は相手と自分の貯金がどれくらいあるのか確認してみましょう。

結婚後夫の給料だけで生活していくにせよもしもの場合の貯蓄がどれくらいあるのかにより安心できます。

結婚した後は現実に生活していかなければいけません。

よくお金が貯まったら結婚しようなんてセリフ耳にしたことはありませんか?

貯金のあるなしよにり将来の不安なども大きく変わってくるのではないでしょうか。

もしあまり貯金がないのであれば将来結婚に向けて二人で貯金をしていくなどしてみてはいかがでしょうか。

結婚後家庭に入るのであれば夫の給料で生活していくことになります。

将来何があるのかわかりません。

もしかしてマイホームの購入も考えるかもしれませんようね。

未来の支出を書きだしてみるのもいいかもしれませんね。

具体的にどれくらいの金額がいつ必要になってくるのか分かりやすくなりますよ。

自分の家事スキル

家庭に入ると言う事はそうじや洗濯、食事の用意など意外と目まぐるしくやらなければならない事があります。

あなたの家事のスキルはどれくらいですか?

まったく家事は苦手という人であれば家庭に入る事で苦痛を覚えてしまうかもしれません。

夫からしてみればいつも家にいるのだからそれくらいやってよなんて言われてしまう事もあるかも。

もちろん仕事をしていても家事をしなくてはいけませんが多少お互い様の部分があるので手伝ってもらう事だってあるでしょうし多少部屋が片ついていなかったとしても仕事をしているからと言えるかもしれませんね。

自分は家事をする事になんの苦痛もない人であれば問題ないかもしれません。

自分自身の家事のスキルはどれくらいなのか一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

今後の支出の見直し

将来の支出を見てみましょう。

何歳くらいにどんなイベントがあってどれくらい支出がいるのか書き出してみると分かりりやすくなります。

結婚、出産、子供の養育費やマイカー、またはマイホームなど将来について見直してみましょう。

またすでに結婚している人もこの先どんな事が予測されてその時どれくらいの支出が予測されるのか見直してみると専業主婦として生活していくためには今後の生活をどうすればいいのかがよく分かるようになります。

もし夫に将来の事を聞かれた時にもしっかりと伝える事で説得できるかもしれませんね。

ただ思い付きだけで専業主婦になろうとしているわけではないことを表現することが大切になってくるのかもしれません。

今後の人生プランをどうしたいか?

今後の人生プランも考えてみましょう。

この先どんな事を予測するべきか考えてみる必要があります。

夫とともに考えてみるのもひとつですがまずは自分の考える人生プランを立ててみましょう。

まだ子供が小さいのであれば今後の教育プランも考える必要がありますし自分達の老後につていもプランを立ててみる必要もあります。

そうすることで今後の将来の為に今どうしていくべきかも分かりやすくなりますね。

自分達の事だけではありませんね。

次に親の介護などにつてもあげてみます。

親の介護などは大丈夫?

自分達が歳を取るということは親も歳を取ると言う事です。

今はまだ元気でいるけれどもいずれは親の介護が必要になる時がくるかもしれません。

親が介護状態になった時に自分達がやる必要があることはどういう事なのかも考えていかなければいけませんね。

親が介護状態になった時お金もかかってくる事もあるでしょう。

自分達の生活にも影響してくる事も増えてくるかも知れません。

現状だけではなく先の事、親の事も考えておいた方がいざという時に慌てなくて済むかもしれません。

夫の両親、自分の両親ともに出来るなら親の老後について話ておいてもいいかもしれませね。

親側も年老いたら子供に面倒見てもらうつもりだったなんて事があるかも。

反対に自分達の事は自分達で出来るだけの貯蓄があるから大丈夫と言われるかもしれません。

なんともでデリケートな話題ですがそれとなく確認することも必要かもしれませんね。

️専業主婦になりたいと伝えるタイミング

いざパートナーに専業主婦になりたいと伝えるタイミングについてみていきましょう。

今までの項目を読んでそれでも専業主婦になりたいと気持ちが固まったのであるならばパートナーにいつ伝えるかです。

男性は話をまったく聞いていないのに返事をしたりまた考え事をしているような時に伝えてもさらっと流されたりまた後になって聞いていないなどと言われてしまう事があるかもしれません。

夫が仕事で帰って来て疲れているような時には伝えるのは控えましょう。

機嫌悪い態度を取られたりいてケンカにもなりかねませんから(-_-;)
タイミングは大切です。

男性それぞれベストと思われるタイミングは違うと思うんでで相手がしっかり話を聞く姿勢になっている時いいかもしれません。

諸々の状況を考えて大丈夫そうなとき

個人個人タイプによって大丈夫な状況は違いがあるかもしれませんからね。

自分がこのタイミングと思う時があると思います。

そのタイミングを見計らいましょう。

何も悪い事を言っているわけではありません。

しかし相手が聞く姿勢でない時は切り出す事をやめておきましょう。

先にものべましたが聞いてなかったとか本気じゃないと思ったなんて思わぬ答えが後から返ってくる事もあるかもしれませんからね(”◇”)ゞ

冷静に話をしましょう。

そこからケンカになってしまったのでは次この話題を出す事が難しくなってしまう事もあるかもしれませんから。

しかしこのタイミングならと思う時に切り出すのもいいと思います。

改めてかかしこまった話をしだすと何事かと相手も身が得舞えてしまうかもしれませんからね。

先ほどのポイントで大きな問題がないならOK

いろいろ項目を上げてみました。

ここまでで大きな問題がないのであればパートナーも反対することはないのではないかと思います。

ここからもう少し相手に伝えるタイミングについて詳しくみていってみましょう。

パートナーが忙しくないとき

男性が二つの事を同時にすることが苦手とされています。

テレビを見ている時でさえ集中しているのであれば話題をふるのは控えた方がいいと思います。

また何か作業をしている。

仕事が忙しく立て込んでいると聞かされている時なども控えた方がベストだと思います。

男性は興味のある話であれば真剣に聞いてくれるのですがあまり興味がわかないと勝手な判断をした時には聞いているフリをしている場合があります。

男性が何かをしている時、何かに集中している時には話題をふることはやめておきましょう。

仕事の節目のとき

年度末や仕事の節目の時はもしかしたらパートナーの頭の中は仕事の事でいっぱいになっているかもしれません。

男性からすれば仕事を中心とした生活が当たり前になっている人も多いでしょう。

女性が仕事をやめて専業主婦になると言い出した時には仕事人として仕事の責任などにつても問う事があるかもしれません。

しかも仕事をしてきた人が仕事をやめて家庭に入るというイメージもつきにくいかもしれません。

なるべくは仕事の節目の時は避けた方が無難ではないかと思います・

年齢の節目のとき

20代から30代へまた40代50代へなどの年齢の節目の時にも話題を避けた方がいいかもしれません。

なぜなら男性は専業主婦は楽だなどと思っている場合あります。

まったくけしからんことなのですがちょうど年齢の節目を迎える時にこの話題をふってしまうと身体がしんどくなったんかなどとまたけしからん事を言われてしまうかもしれません(”◇”)ゞ

また反対に男性が節目を迎える時は逆にこれから頑張っていこうと目標をたてているかもしれません。

勝手な思い込みで意見されてしまうのは心外ですよね。

あくまでも予測ですができれば少し誕生日が過ぎた頃に話を切り出した方がいいのかもしれませんね。

友人が仕事を辞めたとき

友人が仕事をやめた事で自分も仕事をやめたいから専業主婦になると言い出したの?

なんて思われる事があるかも。

全く関係ないと説明したところで言えば言うほど弁解のように聞こえてしまうなんてことも。

全く失礼な話なんですけどね。

男性は少し決めつけてかかるような所もあるかもしれません。

あまりにもタイミングが合いすぎるとそんな状況にもなりかねませんのでご注意くださいね。

話題があることで切り出しやすくなる

話題をふってみましょう。

話題になることで切り出しやすくなるかもしれません。

いきなりかしこまって話だすと相手も構えてしまうかもしれません。

専業主婦についての話題を軽くふってみましょう。

それ以外の事でもいいですね、何か二人で話ている時の方がスムーズに話が弾むかもしれません。

一人前の大人として成長できているとき

自分が成長していると感じる時はありますか?

自分自身が大人としての自覚をもち今後生活していく事についてしっかりとイメージをもち成長していると感じられるのであればしっかりと相手に伝えてみましょう。

自分自身の考えを相手に伝える事ができるのではないかと思いますよ。

母親になれるかどうか

仕事をしていたのであれば家事と育児の両立で子供がいる人ならば小さいうちは保育所に預けたりしていたと思います。

もしかしたらもっと大きい子供さんがいる人もいるでしょう。

家庭に入ると言うことが子供と過す時間は増えますよね。

今までは週末の休日に子供と遊んだり接する時間があったであろうと思います。

仕事をしている時は社会人としていろんな仕事を任されそれなりの責任もある中で働いていたところ今度は母親として占める割合、つまり時間が増える事になります。

またこれから結婚される人はいずれ子供ができ母親になる事も多いと思います。

その時母親になれるかどうか考えてみましょう。

長時間子供と過す事で今まで見えていなかった事も見えるようになり、子供と接する時間が増える事で喜びを感じるのであれば何の問題もありません。

しかし昼間に公園にいって他の子供達と遊ばせたり他のお母さんとの交際も密にならざるを得ないかもしれません。

今までの世界と子供と過す時間では大きな違いがある事を想像してみてもいいかもしれません。

子供にとってみれば母親が家にいてくれることはとてもいい事です。

ただあなた自身が母親になる事によってそう感じるか、ストレスを感じてしまう事もあるかもしれません。

社会から取り残されたような気持ちになってしまう可能性もあります。

そんな時でも母親であることに抵抗を感じないのであれば大丈夫ですね。

️専業主婦になりたいときの伝え方

では専業主婦になりたい。

とパートナーに伝えてみましょう。

どのような切り出し方がいいでしょうか。

ストレートにただ専業主婦になりたいんだけどと伝えてみますか?相手のり核ションが想像できるでしょうか?5項目伝える時に参考にしてみて欲しい項目を上げています。

パートナーからすんなり「いいよ」と答えが返ってくる人であれば何の問題もないのですが「なぜ?」と驚かれるであろうと予測できる人参考にしてみてくださいね。

専業主婦になりたい理由を明確にする

理由を明確にしましょう。

ただの思い付きだけではないと言う事をしっかり説明する必要があります。

何故そう思ってそう考えたのか。

自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。

恐らく収入面での心配が大きな問題ととらえる人が多いのではないかと思います。

専業主婦になることで2人にどんなメリットがあるかを伝える

専業主婦になる事でのメリットを伝えましょう。

デメリットばかりが予測されがちですがメリットもたくさんあるはずです。

2人にとってのメリットを明確にしてみましょう。

男性は漠然とした伝えかたよりもストレートに伝えた方がイメージがわきやすいかもしれません。

デメリットを上回るメリットがある事をパートナーに伝えましょう。

その為には自分の中でしっかり整理してから伝えてくださいね。

具体的な例をあげて伝えるといいと思います。

美味しいご飯など家事ができる姿を見せてから伝える

これから結婚する人が家事がしっかり出来る姿を見せてもいいですね。

結婚して家庭に入った時においしいご飯が作れる、他の家事もしっかりこなす事ができる姿を見せてみましょう。

男性は家庭的な女性には好意的です。

外で仕事をバリバリするのも素敵なのですが、自分が仕事から帰って来たときに暖かいご飯が出来ていて部屋もいつも綺麗になっていたらうれしいと思いますよ。

これから結婚するという人はそんな姿を見せておいてから自分は結婚したら家庭に入ろうと思うと伝えると相手もすんなりとイメージがわいて受け入れやすくなるかもしれませんね。

今後の人生設計について語り合う

今後の人生設計について語っってみましょう。

先ほどこれから先考えられる支出を上げてみる項目がありましたね。

将来の事を二人で語りあってみる時にもこの事を伝えてみましょう。

ただの思い付きではないと、いい機会だと思います。

お互い仕事をしていてなかなか話す時間もなかったのであれば将来今後の人生設計についてゆっくり話をするのも大切な事です。

これから結婚される人であれば尚更将来の人生設計について語ってみましょう。

しかし男性は細かい事を言われてしまうことを嫌うかもしれません。

自分だけの収入で生活するとなると責任感だけが重くのしかかるようなイメージを沸かしてしまうと結婚に対して尻込みさせてしまう事にもなりかねないので伝え方にも少し注意が必要かもしれません。

無駄遣いや過度な贅沢をしないことを約束する

パートナーだけの収入になるという事は今までの収入が減ると言う事ですね。

生活自体を少し見直す必要があるかもしれません。

決して無駄遣いや贅沢はしない事を約束してみましょう。

そんな事?と思うような事でも相手は心配してしまうもしれませんよ。

️専業主婦になりたいなら伝え方が一番大事

いかがでしたか。

結婚しても仕事をしていた人。

またこれから結婚する人も専業主婦に対するしっかりとしたイメージはできたでしょうか?

やはりパートナーに伝える時にはどう伝えるかが一番大事だと思います。

ただの思い付きではない。

仕事がしんどいから言っているのではないと言うことをしっかりと伝えないとパートナーも不安になってしまうかもしれません。

収入が減ると言うことは夫や彼氏にとってマイナスなことがおきるのではないか?と思わせない事が一番大事です。

身勝手なようですが男性に課せられる責任感が重くなると感じる男性は多いかもしれません。

もしかしたら家庭に入る事を望んでいる男性だっていますから一概には言えないのですが。

マイナスなことだけではない事を伝える為にはと項目を上げてみました。

伝えるタイミングや伝え方などパートナーのタイプによっていろいろ変え見てもいいと思います。

将来の事も見直した。

今後の家計もしっかり考えた。

その上で専業主婦としてやっていきたいと思う強い気持ちが固まったのであれば自分の気持ちを素直に伝えましょう。

もしかしたら思わぬ反応にケンカになりかねない事もあるかもしれませんがそこは冷静に(^^;

家計を握っているのが奥さんや彼女になるのであれば男性はお金のことなどは結構疎い人が多いかと思います。

自分のお小遣いが減らされるのではないか?そんな事だけを心配しているなんて事もあるかも。

伝え方さえ間違えなければ大丈夫です。

これから先長い人生を共にするパートナーと今一度将来の事を二人で考えるいい機会にもなると思いますよ。

是非参考にしてみてくださればうれしく思います。