CoCoSiA(ココシア)

無愛想な人の特徴と直し方


愛想のいい人、無愛想な人、世の中にはいろいろなタイプと性格の人がいますけど、皆さんは”愛想”の点ではどちらのタイプですか?

女性は愛想がよい方がいい、と言われることも多く、他人から「無愛想だよね」「あの無愛想な態度がムカつく」とか言われるとけっこうショックかもしれません。

女性に限らず男性でも、無愛想な人というと、一般的にはあまりいいイメージはありませんね。

でも、自分では別にそんなつもりはないのに、「無愛想だ」と文句を言われると「なんで!?」ってイヤになるし、逆に愛想のいい人が周りからちやほやされていたり、世渡り上手にしているのを見ると、「あんな風にできていいな~」って思ったり、もしくは「あんなにヘラヘラして!」とどこかイラっとすることもあるかもしれません。

しかし、一見ちょっと無愛想な人がすごく優しい一面を見せたりすると、ギャップ萌えというヤツでかなり異性からモテるということもあります。

だから、無愛想だと全部悪いということでもないのかもしれませんよね。

しかし、そもそも無愛想というのはどうゆう人のことを言うのでしょうか??

そして、そうゆう態度になってしまう心理とは!?

今回は、そんなじぶんの無愛想さで悩んでいる人も、あるいは無愛想な人を理解したい人も必見な、無愛想な態度の人の特徴や心理、そしてもうちょっと人当たりよくなるための改善点について、ご紹介していきたいと思います♪

この記事の目次

無愛想は嫌われる?好かれる?

みなさんは、愛想のいい人と無愛想な人、どちらが好きですか?

多分、多くの人は「愛想のいい人」を答えると思います。

”無愛想”というと、ちょっと怖くて、とっつきにくいイメージがあるからです。

それに、だれかから無愛想な態度をされるとイラっとしたり、傷ついたりすることもあります。

だから、無愛想な人って第一印象が悪いし、嫌われやすいかもしれません。

でも、一見無愛想な人なんだけど、その人の中身や性格を知っていくうちに、本当はすごく優しかったり、魅力的なところがたくさんあって、すごく好きになったということもあるはず。

なので、無愛想な人がみんな嫌われるかというと、そうでもないでしょう。

ただ、やっぱり人づきあいをしていく中で、愛想のいい人の方が得をしていると思える場面もいろいろとあると思います。

女性であれば、愛想のいい子はモテるし、逆に無愛想な子は誤解されやすいということもあります。

男性でもそうかもしれませんね。

でも、本当に人に嫌な印象を与えたくて不愛想にしている人というのはそんなに多くはないのかもしれません。

本当は、もっと人にいい印象を与えたいのに、どうしてか他人から”無愛想”って見られてしまうので、悩んでいる方もいるかもしれません。

もちろん、中には外見も性格も不愛想な人っていますけどね。

そうゆう人は、あまり他人から好かれにくいかもしれませんが、でもそうゆう人にもそのような態度をとる理由がちゃんとあるのかもしれませんね。

まあ、でも愛想がいいと言われる方が人生はラクだし、お得に生きやすいでしょう。

ということで、愛想が悪い人の特徴、その心理、さらに改善方法について調べていきたいと思います♪

無愛想って何?

無愛想な人
わたしたちはよく、他人のことを観察して「あの人無愛想だよね」などと評価することがあります。

でも、そもそも「無愛想」って何なのでしょうか?

どうゆうことをいうのでしょうか??

まずはそこから調べてみましょう。

意味

「無愛想」とは、「愛想がないこと」です。

そのままですね。

そして、「そっけないこと」、「つっけんどんなこと」やそのさまを表します。

そして、ここで「ぶあいそう」という言葉には、二つの漢字があることに気づきます。

先ほどからこのページで使っている「無愛想」という漢字は、「愛想」が「無い」と書きます。

しかし、もう一つ「不愛想」という漢字もあるのです。

この二つってどう違うのでしょうか?

そもそも、「愛想」というのは、「人当たりのいい態度」とか「好感を持たれるような人に対する対応の仕方」を意味しています。

それで、人から好感を持たれるような言葉遣いをしたり、表情だったり、態度を示す人を「愛想がいい」というのです。

では、その愛想が「無い」ということは、どうゆうことかというと、そのままのとおり、人当たりがいいような表情や態度が”ない”、ということなのです。

「無」というのは、存在しないという意味です。

なので、結局そっけない態度とかつっけんどんな態度になるわけですね。

では、「不愛想」も同じなのかというと、ちょっと違うようなのです。

辞書で調べると、「ぶあいそう」という意味としてはどちらも同じなのですが、「不」という漢字は、それを「しない」という否定を表す言葉なのです。

「無い(存在しない)」のと「しない(否定)」とでは、違いますよね。

もちろん、「無愛想」も「不愛想」も同じく、ぶっきらぼうでそっけない態度を示すこと、という意味では同じなのですが、そもそも愛想が”ない”人と、愛想のある態度は”取らない”人というのは、その人の意識の点でちょっと違うのです。

もともと愛想が無い人は、自分の態度に自覚がないけど、不愛想な人はあえて自分の態度をそのようにしているのかもしれませんね。