CoCoSiA(ココシア)

スカートめくりを男子小学生がやる理由


スカートめくりは男子小学生にとって、『秘密の園』をのぞき見するようなスリルとワクワク感があります。

男子にとって、女子のスカートの中は、見えるようで見えない『秘密の園』であり、期待感と意外性を秘めていて胸をワクワクさせる『秘密の扉』と言えます。

男子にとってスカートめくりは、いつも一緒に遊んでいる女子を異性として意識し始める『儀式』と言えます。

スカートの中の『秘密の園』は予想外の『ビックリ箱』のような感動と驚きを『プレゼント』してくれます。

男子小学生にとっては、スカートの中は想像力をかき立てる『未知なる世界』です。

まさにスカートの中は、『未知との遭遇』を体験させてくれる世界なのです。

人の成長過程を考えると、生まれた当初の赤ちゃんは食べることと眠ること泣くことで母親とコミュニケーションをとって育っていきます。

幼児となり言葉を覚えるようになると親とのコミュニケーションが次第に密になり家族の一員として成長を続けます。

小学生になると、クラスメイトや友達との集団の中での人間関係をつくり始めます。

学校生活を中心とした友達関係を通した人間関係の中で、男子や女子の区別なく遊ぶ経験を通して人間関係が広がっていきます。

男子や女子の『性』を意識しない友達関係から、男子は次第に女子の存在を『自分とは違う性』をもった存在として感じるようになります。

マンガ雑誌や友達からの『性』に関するコトバに興味を抱き始めるようになります。

友達やマンガ雑誌などから『性』に関する情報を見聞きするに従い『本当はどうなっているんだろう』という好奇心が芽生えてきます。

これをキッカケにして『自分の目で確かめたい』衝動が『スカートめくり』行動として表われてくるのです。

男子は昨日まで一緒に遊んでいた女子を『異性』の存在として『観る』ようになる『通過ポイント』の心境が『スカートめくり』の行動として表われると言えます。

男子が『男』として成長していく『通過ポイント』として、成長過程の『一行動』がスカートめくりなのです。

スカートめくりをすることで、女子が反応する言動や周りの人の反応を男子は感じながら、集団での人間関係から社会の一員として性を意識した人間関係づくりへと広がっていくのです。

スカートめくり』は、男子がひとりの人間としての成長過程としての行動と言えます。

️昔懐かしいスカートめくり

今の時代、男子のスカートめくりの場面を見ることは殆んどなくなり、スカートめくりは昔懐かしいものになってしまったと言えます。

日本全体を包み込んでいる閉塞感は、年齢を問わず人々の心を『閉じる』状況に追い込んでいます。

このため、学校生活を中心とした子供たちの世界に『いじめ』が蔓延し、大人の世界と同じように『疑心暗鬼』に包まれていて、小学生の子供たちも心の開放感を失っています。

ひと昔前であれば、女子が男子からスカートめくりをされても『笑って』見過ごせたことが、今の時代は『セクハラ』として受けとめられてしまいます。

スカートめくりをした男子は、『非』の行動として、先生や周りの大人たちから責められることになります。

日本全体を包み込んでいる閉塞感は、人々の心から『余裕』を奪い取ってしまっているのです。

『スカートめくり』は、人々の心に余裕を持てた時代には、小学生の『戯れ』の一場面として映っていたものでした。

しかし今の時代、スカートめくりは、遊びの一場面として、大人の目には映らないのです。

世の中の閉塞感は、大人の世界に『過敏反応』を蔓延させていますので、スカートめくりは、『許されない』セクハラ行動になってしまったのです。

このため、スカートめくりは昔懐かしい場面となってしまったと言えます。

スカートめくりを昔懐かしいと感じることは、今の世の中が人間同士の関係を『疑心暗鬼』で観る風潮が蔓延していることを物語っていると言えます。

スカートめくりとは


男子のスカートめくりは、今まで一緒に遊んでいた女子が友達の存在から『性』が違う『女の子』の存在になったことを『確かめる』行動と言えます。

『性』の情報が溢れている雑誌や大人の世界を垣間見る小学生男子にとって、自分の目で確かめたい衝動に駆られてスカートめくりをし、『秘密の園』をのぞき見するのです。

男子にとって女の子のスカートの中は、『秘密が詰まった世界』として映るのです。

スカートめくりは、男子が『男』として成長していく過程の『一場面』なのです。

スカートめくりをされた女の子にとって、自分が男子と異なる『性』であることを気づかせてくれる場面でもあります。

女の子にとっては、今まで一緒に遊んでいた男子友達から『女』として見られ始めたことに気づく場面でもあります。

女子のスカートをめくるイタズラ

男子が女子のスカートをめくりたい感情になることは、単に友達と遊ぶ感覚に、『性』感覚が加わった感情の表れと言えます。

女子のスカートをめくることで、今まで単なる友達としての存在でしかなかった女子が、『女の子』となり、男子にとっては『異性』の存在として男子の好奇心の対象になってきたことを物語っています。

今までの遊び友達の女子が『異性』の存在になることで、男子の性への目覚めのキッカケとなって、好奇心をクスグル対象になったのです。

異性の存在となった女の子が『秘めている』面を知ろうとする好奇心がスカートめくりの行動となって表われ、『自分の目』で確かめているのです。

大人の目から見ると男子の行動は、スカートをめくるイタズラとして映るのです。

イタズラは、好奇心を満たす行為と言えます。

しかし、スカートめくりをされた繊細な心をもつ女の子にとっては、心を傷つけられるショックな出来事になることもあります。

女の子にとって、スカートめくりは、イタズラでは済まされない出来事になることがあります。

ですから、『イタズラ』という表現は、スカートをめくる男子の視点に立った表現になります。

男子の中で流行していた


性に目覚めた男子小学生が抱く『もっと知りたい』という感情がスカートめくりの行動に走らせているのです。