皆さんは「働いたら負け!」という言葉をご存知ですか?

この言葉が吐かれたのは、世間で「ニート」という言葉が問題として騒がれだした2004年の事です。

すでに10年以上の時間が経ちましたが、未だに「ニート」問題は解決の糸口が見えていません。

更に、当時の若者ニートが無職のまま高齢化して問題は一層深刻化しています。

世間で騒がれてから既に随分時間が経っていますので言葉は聞いたことがあっても、出典についてはご存知でない人も多いでしょう。

本稿では、もはや1つの歴史になった感のある名言(?)「働いたら負け」を発した人の紹介と、その後どうなったかについてご紹介いたしましょう。

「働いたら負け!」と名言を残したのは普通のニート

「働いたら負け!」の出元は、CMや有名ドラマや映画ではありません。

どこにでも居るような普通の若者が発した言葉です。

コピーライターや脚本家、作家が練った言葉ではなく、普通の若者の言葉がTVインタビューで放映されて、その言葉のインパクトと能天気そうな映像の組み合わせでワーッとネット上で広まったのです。

2004年当時「ニート」が真新しい社会問題としてネット流行語大賞候補に選ばれるほど注目されていた事もあって、2chやその他のブログでアスキーアートやインタビュー画像が紹介されて大きな反響を呼ぶことになりました。

「ニート」の定義

「ニート」の意味はみなさんもご存知だと思いますが、正確な定義は次のようになります。

年齢:15歳~34歳まで
状態:学校に通っておらず、家事もしておらず、職業訓練も仕事もしていない者

35歳を越えたらニートとは呼ばれず、ただの無職と呼ばれる存在になります。

ちなみに似た意味で使われる「ひきこもり」は社会的参加をしない状態が6ヶ月以上続いている者です。

「ニート」といわれたら、仕事にも学校にいっていない若者といった認識で間違いはありません。

「働いたら負け!」が世の中に出回った!

「働いたら負け!」が具体的にどういう経緯(いきさつ)で世の中に出回ることになったのか詳しく見てみましょう。

「とくダネ!」で放送

事件は2004年、とある午前中9時頃に起きました。

TV番組名は「とくダネ!」。

フジテレビ系列で朝9時台から放送されているニュースバラエティ番組です。

(ズラ疑惑で有名なキャスターの名物番組です。)

当時、政府の発表で、若い世代に「ニート」が急増している、実に63万人に及ぶというデータが公表されたことを受けて「それは大変だ!」ということでインタビュアが街に繰り出した訳です。

街角でニートっぽい若者を捕まえてはインタビューしている中で、この伝説のニート君があらわれました。

ひょろっとした小柄で坊主頭のTシャツジーンズ姿の男性は、当時24歳。

深刻な社会問題を調べているハズなのに、本人は全く危機感なく幸せそうな笑顔です。

ニートであるのか尋ねると、恥じらう事もなく笑顔で認めます。

そして、運命の瞬間がきました。

「いつまでこの生活を続ける気なんですか?」という質問に対して、一瞬考えたのち、軽い口調で「働いたら負けかなと思ってるんで」と答えたのです。

このインタビュー映像をうけてスタジオは大受け、このやり取りを見ていた視聴者が馬鹿受けをしてネットに拡散することになったのです。

「働いたら負け!」はニートの名言


「働いたら負け!」は創られた言葉ではなく、当時社会問題となりつつあった当のニートの飾らない心情の自然な吐露(とろ)だったのです。

当時働いている大人世代にとっては、生活する為に働くのは当然の事でした。

もし職がなくなったら生活できなくなる、それこそ人生の一大事!という認識が当たり前でした。

若い世代が60万人以上も学校にも行かず、働こうともしないデータを見て首を傾げる識者が多かったのです。

そこへ持ってきて、ニートの代表的な意見かどうかは分かりませんが、ニート本人の口から、能天気に「働いたら負け!」という言葉が吐かれる映像が出たのです。

世代間ギャップを痛感したことでしょう。

「働いたら負け!」の意味の誤解について

「働いたら負け!」
この言葉を大人がきくと、次のように解釈することが多いようです。

「特に学歴も技能もない状態で、普通に働いたら手取り15万円も貰えない。それよりも働かずに「生活保護」を受けたほうがいい。」

ですが、この言葉をはいたニート自身の感覚はそうでは無かったようです。

「生活保護を受けるなんてとんでもない。そんな惨めな境遇はごめん。親のスネをかじっていられるんだから、こんな買い手市場に慌てて就職するなんて馬鹿なことはしたくないだけ。そのうち何とかなるさ。(若者特有のポジティブ思考)」

ニートがこの言葉を吐いた背景について

ニートのこの若者は馬鹿っぽく見えますが、それ程馬鹿な訳でもありません。

彼らは親世代が馬車馬のように働いて、それでも生活が決して楽ではない様子を見ています。

世間では大企業は最高業績を更新するなどと景気の良いニュースが出ますが、庶民にはちっとも利益が回ってきていないように見えます。

会社の命令で無理をして働きすぎて身体を壊してしまったり、不幸にして若いうちに亡くなってしまう例も見ています。

会社のためにと頑張ってきたのに突然リストラで解雇されてしまったり、会社自体が倒産して路頭に迷ってしまったりなんて様子も当然見聞きしています。

そして、多くは親のスネをかじることで、働かなくてもある程度の生活レベルは維持できる状態にあるのです。

「今の世の中、普通の条件で働きに出るのは全く割に合わない!」

と判断するのは、当人にとってはそれなりに理にかなっているのです。

その証拠がニート63万人というデータだったのです。

あの伝説のニートは今?!

ともあれ、当時は当時です。

今は景気も働く人への処遇もかなり良くなっています。

・現在新卒の学生は空前の売り手市場となっています。

・有効求人倍率は、全国47都道府県すべてで1倍を越えています。

・電通の新人女性社員の過労死事件などを受けて、社員の待遇改善も声高に叫ばれて改善の機運が高まりつつあります。

あの伝説のニートは今どうしているのでしょう?

消息を追ってみますと、確かな情報はたった1つですが見つかりました。

2011年にニコ動に登場

2011年1月にニコ生動画に本人が登場してインタビューに答えたのです。

ハンドルネームD-chanという人が「【働いたら負け】ニート君がニコ生やります」という題目で、生放送をしました。

当時の状況や近況について、コメントに答える形で2時間半に渡って生放送を行いました。

動画にでてきた人物の顔付きとインタビュー当時の写真を見比べて、ほぼ間違いなく本人と特定されています。

違いは、当時ラフなTシャツだったけれどニコ生では背広を着ている点、当時は坊主頭でしたが、ニコ生では髪を生やしてフサフサだった点ぐらいです。

顔も歯並びも、そして幸せそうな表情も変わりありません。

放送は、2011年1月22日、土曜日の夜です。

当時のテレビ取材の状況のくだりでは、あの「働いたら負け!」は実は何処かからのパクリだったことを明かしました。

2011年当時、あのインタビューから6年経過して30歳、まだ就活中とのことです。

かなりの就活数をこなしているいるとのことですが、希望年収はボーナスを別にして500万円を譲らずとのことです。

本人も無理なのは良く分かっているというのですから、「働いたら負け!」を未だ実践中と見ることも出来ます。

就活中とも噂が

そして現在2017年は、ニコ生インタビューから更に6年たってもう36歳です。

最初に紹介しましたが、ニートには15歳~34歳までという年齢制限がありますので、あの伝説のニートは就職していようと、居まいともはやニートではありません。

確かな続報が確認できない状態ですが、2011年当時の条件を通し続けているのであれば、未だ就活中の可能性は十分にあります。

一説では某空港会社に就職しているのでは?と颯爽としたパイロット服姿の男性がネットにあがっていますが、残念ながら他人の空似とのことです。

(まあ、もし本人であったとしても、勤め先に迷惑が係ってしまいますから決して認めないでしょうけれど。)

「働いたら負け!」は間違い?!世の中そんなに甘くない話し


「働いたら負け!」は確かに当時、一世を風靡しました。

大人からは総スカン・呆れられる事が多かったわけですが、同じような境遇にあった若者達から大きな共感を呼びました。

ですが「働いたら負け!」は本当に良い事なのでしょうか?

「働いたら負け!」の問題点について解説しましょう。

親に迷惑をかける

いつまでも働かない子供がいると、親に迷惑が掛かります。

親にとっては自分の子供ですから不肖の息子、娘であっても簡単に見放すことはできません。

親が元気で財力がある間は、金銭面・住居面・食事面など面倒をみてくれることが多いでしょう。

子供の不運な境遇を慮って、表向きはそれほどきついことを言わないかもしれません。

ですが、子供の面倒を見ることは結構大きな負担です。

親もどんどん年を取っていきます。

会社で現役でばりばり稼げる時間はせいぜいが30年位のものです。

多くは家のローンなどを払いきって、その後は退職金で残りの余生を送ろうと生活設計を建てていたりします。

そんな場合、20歳を過ぎてもずっと親の扶養に入っている子供がいたら正直辛いのです。

更に年が経過すれば親が要介護状態になるかもしれません。

そうなったらもはや親子共倒れです。

事実、長年引きこもり状態の息子が、高齢になった親になじられて殺傷事件に及んだり、あるいはその逆など悲惨な事件が年に数件は必ず報道されています。

長くニート状態であることは、親にとっては大変な負担になるのだといことを認識しましょう。

兄弟・姉妹・親戚に迷惑がかかる

あなたがもしニート状態で生活に困窮してしまった場合、兄弟・姉妹そして親戚にまで迷惑を掛ける事になります。

ご両親が他界済みだったり、あなたを扶助する能力がない場合は、兄弟姉妹がいる場合は兄弟姉妹に、もし兄弟姉妹もいない場合は、親戚が、あなたを扶助する義務を負うことになるのです。

兄弟姉妹とは疎遠だから、とか親戚づきあいがほとんどないから「生活保護」を申請したい!といっても普通は審査が通りません。

まずは頼れる親族が扶助すべし!と法律で決められているのです。

血縁は近しい間柄だけに、頭を下げて援助をお願いするのは結構つらいものがありますよね。

もし生活費の支援を頭を下げてお願いして回らなければならなくなったら、あなたの自尊心はずたずたです。

避けたいですよね。

どんどん年を取って雇用市場での価値が下がる

くだんのニート君自身の発言の主旨でもある「安売りはしたくない」は一理ありますが、あなたはどんどん年を取っていくことも忘れてはなりません。

雇用市場においては、よほどのスキルや経験がある即戦力でない限り、中途採用よりも新卒採用を重視します。

新卒採用であれば、もちろん学歴も大事ですがより若い人材を欲しがります。

年齢が低ければ人件費を総合的に抑えられることと、若いほど柔軟で自社に必要な技能・スキルを吸収して役立つ人材に育てられる可能性が高いと考えているからです。

まだ売り手市場になっていないから、と就職を見合わせ続けていると、刻一刻とあなたの人材としての商品価値は下がってしまうのです。

まるで、結婚相手をより好みしてしまって30歳を越えてしまった女性みたいですよね。

それに、結婚の場合は失敗するとバツ1やバツ2とペナルティがついてしまいますが、就職の場合は、たとえ就職に失敗してしまったとしても、何も仕事をしていないよりも職歴があったほうが商品価値としてはプラスの評価になります。

就職条件を選り好みし過ぎて見送り続けるのは得策ではありません。

無職のまま長く過ごすことは、就活においてはデメリットしかありません。

ことある事に周りから働けと言われる

あなたの周囲は仕事をしている人が多いでしょう。

あなたがお世話になっている人は、収入がある人ですから、当然たいへんな思いをしてお金を稼いでるのです。

そのお金の一部を、あなたに提供してくれているのです。

あなたが仕事をせずに他になにかをしている訳でもない様子を見たら「いい加減働きなさい!」と言いたくなるのは当然のことでしょう。

あなたが働かずにニート状態で居続ける限り、ことある事に「働け!」と小言を頂くことになります。

(もし言われないとすれば余程両親が裕福なのでしょう。)

「働け!」と言われて気分が良い訳がありません。

「俺だってただ遊んでるわけじゃない。いろいろ働きグチを探しているんだ。働きたいのは山々だけど、なかなか働けないんだ!」

言い返したいと思っても、お金の面倒を見てもらっている手前強く言い返すこともできません。

これではストレス溜まりまくりです。

仕事をしないで好きに時間を過ごせてもちっとも幸せじゃありません。

お金を自由に使えない

自分でお金を稼いでいないと、お金を自由に使えません。

親にお金をもらって生活しているとしましょう。

食費や生活費のお金をお願いすることは心理的にそれほど難しくはないでしょう。

ですが、自分の趣味のアイテムや、テレビやネットで見つけて「あ、これ欲しい!」と思った商品やサービスがあったとしても中々その為のお金を無心することは出来ません。

もし自分に稼ぎがあるならば、ちょっと無理めでもローンを組んで「エイやっ」と買ってしまうこともできるでしょうが、無職の場合は、多くの場合我慢しなければなりません。

どうしても欲しい時はウソの理由をついてお金を無心することなるのでしょう。

けれど、相当後ろめたい思いをすることになってしまいます。

幸せな生活とは程遠いですよね。

お金の心配がいつでも頭の中にある

もちろん働いている人でもお金の心配はついて回ります。

ですが、働いていない人の場合のお金の心配はより深刻です。

働いている人の場合は、収入と支出を両方をある程度コントロールすることが出来ます。

もしどうしても支出が増えるとなれば、少し無理をして仕事を増やして収入を増やすこともある程度は可能です。

ですが、無職の人の場合は収入をコントロールすることが出来ません。

無職の人の収入は親や援助してくれる人にお願いしてお金を頂く方法のみです。

生活保護の場合もきっちり決められた金額以上には増えることはありません。

支出がどうしても増えてしまう場合は、また、恥を忍んで頭を下げて重ねてお願いするぐらいしか方法がありません。

これでは自分に誇りを持てなくなってしまいます。

自分が惨めだなと自覚しながら生きていく事ほど残酷なことはそうはありません。

自分でコントロールできる収入源をもつこと、自活することは一個の人間として誇りをもって生きていく為にとても重要なことなのです。

生きている実感がわかない

上の節とも関係しますが、無職のままでいると、生きている実感がわきません。

もちろん、日がな一日テレビにネットになんだかんだで時間を潰して生きていくことはできます。

ですが数年たった後にそういう日々を振り返ってみて下さい。

なんの感慨も思い出も残ってはいないでしょう。

能動的に社会に参画していないからなのです。

人間はネットの画面越しに人や社会で関わり合うよりも、実際にリアルに人と関わり合うことで本当に生きている実感を得ることができるようにできているのです。

お金のやり取りを含まないプラベートの関係も大切ですが、お金のやり取りを前提としたビジネスの関係でこそ得られる実感・やりがいと言うものも確かにあるのです。

ビジネスの関係になると、真剣さが違ってくるのです。

人生や社会との関わりがマジなものに変わるのです。

人間には五感があります。
(第六感があると言う人もおりますが…)

ネットの画面越しに使うのは視覚と聴覚ぐらいなものです。

しかも小さな四角い画面越しのやり取りに過ぎません。

「そんな事はない、ネットのほうが情報量が圧倒的に多い!、いろんな人達とも沢山繋がれる!」

そういう意見も分かります。

実際に体感してみないと違いが実感できないかもしれません。

ものは試し、リアルで仕事をしてみることをオススメします。

社会的信用がもてない

仕事をしていない人は、社会的信用がつきません。

ここで言う「社会的信用」は、曖昧な意味ではなく至極具体的な意味で延べています。

一般的に社会的信用がないというと、例えば親族の結婚式に呼ばれた時に、家族に無職ニートで高年齢が居るとバツが悪いというような、風習・習慣的な社会的信用の無さをイメージするかもしれません。

もちろん、そういうバツの悪さもありますが事はずっと深刻です。

たとえばネットで買い物を簡単にする為に、クレジットカードを作りたいと思ったとしましょう。

ですが、いい年をして無職の人の場合、最近はほとんど何処のクレジットカード会社で審査が通りません。

最近のスマホは本体価格が上がっています。

携帯3大キャリアともに本体価格を安くするために2年かけて通話料を割引することで本体割賦販売(分割ローン)で最新機種への乗り換えキャンペーンを提供しています。

無職状態のアナタの名義で、最新機種に変えようとすると機種変更は実質ローン契約ですので審査が通らない可能性が高いのです。

どうしても機種変更したければ親や親族の名義で携帯契約をしてもらうという面倒が必要になります。

無職のままでいる人は、日常生活レベルで不便を感じるレベルで社会的信用が持てないのです。

結婚もできない

無職のままでいる人は、結婚することも相当に難しくなります。

リアルの世界での出会いが少ないことも原因のひとつですが、最大の原因は安定した収入がないことです。

もちろん、親から大きな遺産を相続してニート状態のまま悠々自適な生活をしている場合もありますが、それは例外中の例外です。

多くは自分で働いていない人は安定した収入がない人です。

これでは結婚する相手が見つかるはずがありません。

もし結婚したいな?と思うような素敵な異性を近くで見掛けたとしても、告白されても相手には迷惑にしかなりません。

結婚はあなたが避けているビジネスの世界よりも、実はずっとシビアな世界なのです。

「えっ結婚なんてしたくない?」

もちろん結婚するしないはあなたの自由です。

ですが、あなたが結婚しないことは、あなたの親や親族も当然心を痛める事柄です。

更には、深刻な社会問題でもあります。

あなたのように結婚しない適齢期人口が増えると少子化に拍車が掛かる事になります。

人口ピラミッドが崩壊してしまえば社会保障制度が維持できなくなってしまいます。

大きな問題なのです。

生活保護の枠も減ってる

もしあなたの親や親族があなたを扶養する能力がなくなっても、そしてあなたが働きたくても働けなくなってしまっても、「その時は生活保護があるさっ!?」

世の中はそんなに甘くはありません。

もちろん生活保護制度をはじめとする社会保障制度は大切なセーフティ装置です。

最後の最後、どうしようもなくなってしまった人を社会全体でしっかり受け止めることは今後も続けていかなければなりません。

ですが行政も無い袖は振れません。

生活保護をはじめとする社会保障制度に掛かる総額は、現在もの凄いスピードで増えています。

高度経済成長期の頃は、高齢者の数は少なく、生活保護が必要となる世帯の総数も少なかったため、手厚い社会保障を手当することが出来たのですが、現在は実に23%が65歳以上の高齢者です。

4人か5人集まれば1人は高齢者なのです。

高齢者を中心に消費税増税を充てる等、政府が政策を掲げていますが、それでは若い世代の困窮が救えないということで、割り振りを変えることにもなりました。

もはや働くことが難しい高齢者に対してすらサポートを減らして医療負担の比率もあげようとしているのです。

無理をすれば働けるはずなのに働かない世代を手厚くサポートしてくれると思わないほうが良いでしょう。

国や行政の総意を一言で表すなら
「働けるヤツはとっとと働け!」
なのです。

この方針に逆らっても無駄です。

「働いたら負け!」のニートも働こうと頑張っている

それが証拠に、あの「働いたら負け!」で一斉を風靡した伝説のニート(もはや36歳ですのでただの中年無職ですが)も、ちょっと無理めな条件「年収500万円(ボーナス別)」ではありますが、就活を一生懸命続けているのです。

世の中、徐々にですが景気は戻ってきています。

繰り返しになりますが、全47都道府県すべてで有効求人倍率が1%を越えています。

大都市圏で、特に勤務経験もスキルもなくできるアルバイトは時給1000円を超える募集が目白押しです。

病気をしているですとか、障害を追っている等特段の事情がないのであれば、
「どうせどこにも採用されない!」
「給料が悪いので仕事をしない!」
という言い訳が通用しない世の中になっています。

就活をするのが難しいのであれば、まずはアルバイトから働きましょう。

「働いたら負け!」と思っている人へ

ここまで無職ニートであることのデメリットばかりを説明してきました。

脅しすぎてしまったかもしれませんね。

ごめんなさい。

「働くことの良さがどうも良く分からない」そう思う方に向けて働くことの良さについても1章を設けて説明いたしましょう。

色んな人と繋がれる

まず働くことで、色んな人と繋がることができます。

「人とリアルで繋がるなんて煩わしい。」

現在はそう思っている人もいるかもしれません。

ですが、人間はDNAレベルで本来社会的動物なのです。

人の中で生活することで元気になるのです。

それに人間は人間に一番興味を持つように出来ています。

人とリアルで会う環境にいることで、人間は好奇心が自然に満たされて精神が安定するように出来ているのです。

これは理屈抜きです。

学校でも人間関係は経験してきたでしょうが、就職した場合でもバイト先でも経験することになる人間関係は全く違ったものです。

様々な人と知り合うことができます。

人間関係の広さと深さは学生の頃とは比較にはなりません。

一番は実際に体験してみる事です。

働くことで生きる意味が見つかる

多くの元ニートが語っています。

ニートを卒業した時に、しみじみ喜びを感じたと語っています。

・働いて最初にお給料を頂いた時
・そのお給料をお世話になった家族に見せた時
・そのお給料で自分で決めたものを買った時

「自分で働いて、その対価としてお金を頂いて、それを自分で使う」

働いている人にとっては日常的で当然のことです。

ですが、今までニート無職だった人にとっては生きている実感を心の奥底から味わうことができる瞬間なのです。

「あぁ、働いて本当に良かったな」
多くの人はそう思うのです。

一歩進んで、結婚して子供が生まれて働いたお金で扶養する立場になると、更にもう一段深く人生の生きる喜びを感じられるようになります。

期待しながらその時を目指して頑張ってくださいね。

自分がやりたいことを見つけると楽しい

もちろん仕事でなくても、自分がやりたい事に取り組むことはできるのですが、仕事の中で自分のやりたいことを見つけると、楽しさもまた一潮です。

仕事の中で自分のやりたいことを見つけられれば、仕事の成果に対して適切なフィードバックが掛かります。

うまく出来ればより多くのフィードバック、評価が得られてお金も頂く事ができるのです。

もちろん仕事ですから、何でも自分の思い通りという訳には行きません。

クライアントがいますので、仕事の目標はより明確に限定されます。

納期や予算も完了基準も決められます。

これらは仕事を進める上でのプレッシャーになるわけですが、お陰で実現可能性が高まります。

障害が明確になることでやりがいも増します。

モチベーション高く、そしてクライアントという熱心なギャラリーつきで自分のやりたい事に取り組むことができるのです。

仕事の中で自分のやりたい事を見つける方法はオススメなのです。

「働いたら負け!」という考えは捨てよう

「働いたら負け!」という言葉から様々にお話しを展開して参りました。

いかがでしたでしょう?

「働いたら負け!」という言葉が流行った当時のやむを得ない状況にはじまって、伝説のニートのその後の消息、それから働かないことのデメリットと、ニート状態から脱して働く立場に復帰した時に感じられる喜びについて説明いたしました。

もしご家族に現在進行形の「ニート」がいる場合、彼らの心情を慮りつつも、是非社会復帰できるよう促してあげてください。

もしあなたが現在「ニート」状態なら、簡単なバイトからでもいいのです。

思い切って社会に出てみましょう。

【今のうちに知っておきたいニートの末路は、こちらの記事もチェック!】