CoCoSiA(ココシア)

帰国子女な人の7個の特徴と、彼ら彼女らが普段の生活で困っている7個のこと


皆さんの周りに帰国子女の方っているでしょうか?

外見は日本人でも英語やドイツ語がペラペラでなんだかカッコいいってイメージがありますよね。

性格も明るいからすぐに人気者になるし、羨ましいって思った人も多いのではないでしょうか?また、友達になるとさらに楽しい経験をさせてもらいますよね。

大勢でのパーティなども数多く呼ばれることになるし珍しい来客などもいて有名人がくることだって出てきます。

こういった人たちの実態を知りたいって思ったことはないでしょうか?

外国で暮らすことってとても大変なことだと思います。

日本語は通じない場所で幼少期などを過ごすことは普通であればとても不安なことですよね?

言葉も覚えなければいけませんし、友達を作るのも大変そうに感じます。

食べるものだってその土地の味に慣れなければ生活していけません。

彼らはどのようにしてそういった状況を乗り越えてきたのかということも気になります。

そして、日本へ戻ってきたときのことも気になることの一つになります。

彼らは当然に日本の文化などは忘れていたり過ごしたことのない人たちですから、こちらの生活に慣れるのも大変なはずです。

言葉にしてもわからない部分があったりコミュニケーションの面でも大変なことが出てくるのではないでしょうか?

英語や色々な国の言葉を話せても日本人の場合はそれらの言葉を理解出来る子供たちも少ないでしょうし、日本での生活に馴染むまでには彼らなりの苦労もたくさん出てくると思います。

そういったことを私たちも理解すると帰国子女との付き合いや考え方というのもまた違ってくるかもしれませんよね。

そこで今回のテーマになりますが、帰国子女とはどのような特徴を持っているかになります。

実際に自分の周りにいた人は理解することができますが、そういった機会がなかった人にとっては謎の人たちにも感じられますよね。

また、帰国子女たちの普段からの生活で困っているということも出てきます。

彼らと出会った場合でも、こんな事を知っておけば楽しい関係が作れるというきっかけにも成り得ます。

私たちの中でも帰国子女に対する認識はまだまだ低いところもあり、色々な面で問題なども出てきます。

そのようなことにならないようにするには帰国子女たちがどのようなものなのかを知ってみることも大切ですよね。

それでは初めに、帰国子女たちの特徴ということについて見ていきたいと思います。

彼らの意外な一面などもわかって、自分も友達になりたいと思うかもしれませんよ。

️帰国子女の7個の特徴

長い期間外国で暮らすことが多い帰国子女ですが色々な面で私たちとは違った考えや習慣があります。

あちらでの生活が長くなってくればそれは当然のことですが、私たちからすれば見慣れないものでもあり不思議に感じてしまうかもしれません。

最近は帰国子女という人も多くなり、自分の周りでも増えてきたという人もいますよね?出会いの場は大学であったり職場であったりと色々ですが、最初は付き合うのに対して抵抗感が出てしまう方もいます。

長い期間を外国で暮らすと習慣的なものが身体に染みついてしまい日本に戻ってもそれが中々抜けないようです。

そうした生活の違いから敬遠してしまう人もいますが、それは人生経験の中で考えればかなり勿体無いことをしていると感じます。

彼らの国際的な考えや感受性といったものは日本では絶対に経験することができない貴重なものとなり、自分の成長の上ではとても役立つものばかりです。

そう考えていくとちょっと知り合いになってみたいと思いませんか?

自分の知り合いにでも帰国子女の人がいれば仲良くなってみたいと思いますよね?

それにはまず、帰国子女の特徴も自分で理解することが大切になってきます。

相手のことを理解していれば驚くような経験でも楽しい時間として過ごすことができるからです。

それでは帰国子女がどのような特徴があるのかを一つづつ見ていくことにしましょう!

とっさの英語の発音が良い


最初の特徴としては言葉のことになってきます。

帰国子女の多くは英語に関しては普通に話すことができますよね。

暮らしていく環境で必要に迫られて覚えたものは忘れるということはありません。

ですからとっさに出る英語がネイティブのためにわからないという場合があるのです。

もちろん早すぎて聞き取れないということも出てきますよね。

彼らの中では普通に話しているだけでも私たちにとってはネイティブの英語は理解することが難しくなります。

また、自分たちが話す英語も帰国子女には理解できない部分も出てきますよね。

日本で覚える英会話はあちらの人にとってあまり意味の通じないということが言われています。

とっさに出てくる英語も私たちと帰国子女では全く違った言葉に聞こえてしまい、戸惑ってしまうこともあるかもしれませんね。

ネガティブ思考で考えると話が通じないから仲良くはなれないという人も出てきますが、プラス思考でいけばネイティブな発音を覚えるチャンスでもあります。

英語はまさに世界中で使える言葉としても自分のものにしたいと考えている人も多くなっています。

帰国子女との関係が親密になれば言葉を習うということも出来ますし、彼らはそういったことを喜んで引き受けてくれる性格でもあります。

英語が話せるようになれば旅行でも困ることはありませんし、仕事を見つけたり転職するときも便利です。