皆さんの周りに帰国子女の方っているでしょうか?

外見は日本人でも英語やドイツ語がペラペラでなんだかカッコいいってイメージがありますよね。

性格も明るいからすぐに人気者になるし、羨ましいって思った人も多いのではないでしょうか?また、友達になるとさらに楽しい経験をさせてもらいますよね。

大勢でのパーティなども数多く呼ばれることになるし珍しい来客などもいて有名人がくることだって出てきます。

こういった人たちの実態を知りたいって思ったことはないでしょうか?

外国で暮らすことってとても大変なことだと思います。

日本語は通じない場所で幼少期などを過ごすことは普通であればとても不安なことですよね?

言葉も覚えなければいけませんし、友達を作るのも大変そうに感じます。

食べるものだってその土地の味に慣れなければ生活していけません。

彼らはどのようにしてそういった状況を乗り越えてきたのかということも気になります。

そして、日本へ戻ってきたときのことも気になることの一つになります。

彼らは当然に日本の文化などは忘れていたり過ごしたことのない人たちですから、こちらの生活に慣れるのも大変なはずです。

言葉にしてもわからない部分があったりコミュニケーションの面でも大変なことが出てくるのではないでしょうか?

英語や色々な国の言葉を話せても日本人の場合はそれらの言葉を理解出来る子供たちも少ないでしょうし、日本での生活に馴染むまでには彼らなりの苦労もたくさん出てくると思います。

そういったことを私たちも理解すると帰国子女との付き合いや考え方というのもまた違ってくるかもしれませんよね。

そこで今回のテーマになりますが、帰国子女とはどのような特徴を持っているかになります。

実際に自分の周りにいた人は理解することができますが、そういった機会がなかった人にとっては謎の人たちにも感じられますよね。

また、帰国子女たちの普段からの生活で困っているということも出てきます。

彼らと出会った場合でも、こんな事を知っておけば楽しい関係が作れるというきっかけにも成り得ます。

私たちの中でも帰国子女に対する認識はまだまだ低いところもあり、色々な面で問題なども出てきます。

そのようなことにならないようにするには帰国子女たちがどのようなものなのかを知ってみることも大切ですよね。

それでは初めに、帰国子女たちの特徴ということについて見ていきたいと思います。

彼らの意外な一面などもわかって、自分も友達になりたいと思うかもしれませんよ。

️帰国子女の7個の特徴

長い期間外国で暮らすことが多い帰国子女ですが色々な面で私たちとは違った考えや習慣があります。

あちらでの生活が長くなってくればそれは当然のことですが、私たちからすれば見慣れないものでもあり不思議に感じてしまうかもしれません。

最近は帰国子女という人も多くなり、自分の周りでも増えてきたという人もいますよね?出会いの場は大学であったり職場であったりと色々ですが、最初は付き合うのに対して抵抗感が出てしまう方もいます。

長い期間を外国で暮らすと習慣的なものが身体に染みついてしまい日本に戻ってもそれが中々抜けないようです。

そうした生活の違いから敬遠してしまう人もいますが、それは人生経験の中で考えればかなり勿体無いことをしていると感じます。

彼らの国際的な考えや感受性といったものは日本では絶対に経験することができない貴重なものとなり、自分の成長の上ではとても役立つものばかりです。

そう考えていくとちょっと知り合いになってみたいと思いませんか?

自分の知り合いにでも帰国子女の人がいれば仲良くなってみたいと思いますよね?

それにはまず、帰国子女の特徴も自分で理解することが大切になってきます。

相手のことを理解していれば驚くような経験でも楽しい時間として過ごすことができるからです。

それでは帰国子女がどのような特徴があるのかを一つづつ見ていくことにしましょう!

とっさの英語の発音が良い


最初の特徴としては言葉のことになってきます。

帰国子女の多くは英語に関しては普通に話すことができますよね。

暮らしていく環境で必要に迫られて覚えたものは忘れるということはありません。

ですからとっさに出る英語がネイティブのためにわからないという場合があるのです。

もちろん早すぎて聞き取れないということも出てきますよね。

彼らの中では普通に話しているだけでも私たちにとってはネイティブの英語は理解することが難しくなります。

また、自分たちが話す英語も帰国子女には理解できない部分も出てきますよね。

日本で覚える英会話はあちらの人にとってあまり意味の通じないということが言われています。

とっさに出てくる英語も私たちと帰国子女では全く違った言葉に聞こえてしまい、戸惑ってしまうこともあるかもしれませんね。

ネガティブ思考で考えると話が通じないから仲良くはなれないという人も出てきますが、プラス思考でいけばネイティブな発音を覚えるチャンスでもあります。

英語はまさに世界中で使える言葉としても自分のものにしたいと考えている人も多くなっています。

帰国子女との関係が親密になれば言葉を習うということも出来ますし、彼らはそういったことを喜んで引き受けてくれる性格でもあります。

英語が話せるようになれば旅行でも困ることはありませんし、仕事を見つけたり転職するときも便利です。

このように考えていくと帰国子女との出会いというのは自分にとってもチャンスかもしれませんよ。

表現力が豊か

帰国子女の場合、外国での暮らしに慣れているために表現力がとても豊かになります。

日本人はどちらかと言えば大人しいですよね。

話すときも身振り手振りは控えめですしそれほど自分を相手にアピールするということはありませんが、帰国子女の場合は違ってきますよね。

表情も豊かですし笑うときも本当に楽しそうに笑います。

嬉しい場合などは相手を抱きしめるなどして自分の気持ちを身体でも伝えてきますし国際的なものが身についているのです。

これからの時代はある程度自分を見せるということも必要になってきますよね。

将来的に自分が活躍できる場所は日本に限ったことではありません。

世界中を視野に入れていくことも大切になってきますので彼らの行動などはかなり勉強にもなるはずです。

日本人の良い点は相手への気遣いやさりげない思いやりなどがありますが、残念なことに外国人にはそういったことはほとんど理解出来ません。

さらに言えば日本人が何を考えているのかわからないという人もたくさんいます。

国際社会のことを考えていくと帰国子女のこういった表現力は見習うべきものでもあり、自分でも積極的に取り入れていきたいものではないでしょうか?

表現力の乏しい人は外国では相手にされませんし今後の将来を考えていった場合には帰国子女たちの行動はきちんと観察していくことが望ましいと感じます。

フレンドリーで明るい

帰国子女の特徴でもある明るさは羨ましいと思った人も多いのではないでしょうか?誰にでもフレンドリーな態度で接しますし話をしていても楽しいですよね。

彼らの場合は他の国で友人などを作るために自分から積極的になるということを自然に意識してきました。

そういったことは変えられるものではありませんし、大人しい性格の人が多い日本人にとっては憧れの対象にもなってきます。

逆に、あまりにもフレンドリーすぎて苦手という方も出てきますよね。

彼らの場合は控え目ということを考えませんので人付き合いが苦手な人は敬遠してしまうタイプかもしれません。

ただし、自分の周りに友人などが少ないといった場合には帰国子女たちのこういった明るさを自分の中に取り入れていくことも大切になってきます。

仲間が大勢いるということはそれだけでも楽しい毎日を過ごせるはずですし、なにか困ったことが起きても誰かしらの救いの手があります。

自分を変えたいという風に思っていた人は帰国子女たちのこのような明るさを見習っていくことも必要ですし、明るい性格になることは自分にとっても幸せのチャンスを多く作るきっかけになります。

【フレンドリーな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

パーティー好き


彼らは本当にパーティーというものが大好きですよね。

週末になると色々なことを考えてたくさんの友人を招いたり、どこかのパーティーへ行ったりとかなり行動的でもあります。

これも日本ではあまり見られない文化ですが、外国は人との繋がりを大事にしていきます。

日本でもそういった考えはありますが外国ほどではありませんよね。

外国に住めばご近所同士でパーティーを開くという光景も当たり前になり、どこかにお呼ばれすることも日常的なものになっています。

このような文化というのも今後は大事になってくるかもしれませんよね。

外国へいって働きたいという人がこれからがますます増えてくる時代となり、このような帰国子女たちから習うものも多くなっていくものだと考えます。

とにかく帰国子女たちは人脈や周りとの関係を大事にしていきますから、自分でも見習いたい部分というのが出てきてもおかしくありません。

良いと思うことはどんどん真似るようにして自分の感覚も国際的なものへ変えていくのも自分磨きの意味で考えてみてもとても良いことであると言えます。

ハッキリとした物言い

帰国子女の特徴ですが物言いに関してはとてもハッキリとしています。

日本人の多くは曖昧な言い方をしてきますよね。

そのような文化は外国にはありませんので、最初はキツイと感じるかもしれません。

ですが、こういった言い方に慣れてしまうと逆に日本人の言い方に違和感を感じる場合も出てきます。

相手に対して微妙な言い方や曖昧な物言いは受け取り方によっては誤解を招くきっかけでもありますよね?

そうしたものは人との対立を生み出してもおかしくありません。

外国人のようなハッキリすぎる物言いも賛成ではありませんが、ある程度は見習うべきところは出てくると思います。

帰国子女と知り合いになると自分もいつの間にかハッキリとした意見に変わってくることが多くなり、消極的な人にとっては良い変化でもあり自分にとっての成長を期待することもできますよね。

言い方を変えることはとても難しいことの一つになります。

自分の性格も関係してきますしやろうと思って出来るものでもありません。

ですが、帰国子女という普段からハッキリと物事を言う人と知り合いになれば自分もそうなることが多くなります。

このような変化は日本人同士ではあまり考えられないことでもあるので、自分にとっては良い成長でもあり帰国子女と仲良くするメリットであるとも考えます。

グローバルな視点

帰国子女たちの行動や言動というのはなぜなのかを考えていった場合、彼らの視点は日本という国ではなく世界へ向けられていることがわかります。

彼らは生活スタイルも考え方というのも世界レベルで通用する環境で育ってきていますので日本にいても当然その視点で見ていることがわかります。

仕事を選ぶにしても世界を考えたことを考えているでしょうし、私たちが習うべき考えをたくさん持っているのです。

日本から出たことのない人はどうしても視野が狭くなり、世界に目を向けることが出来ませんよね。

さらに言葉の障害もあり英語が話せないとすればますます日本という国に執着してしまいます。

これからはそういった時代でもなく、世界を視野に入れたことも考える必要性が出てきます。

こういった点から考えていくと帰国子女たちとの交流は私たちの知らない考え方を聞くことが出来る大切な時間になってくると言えますよね。

海外での生活やグローバルな視点で物事を考える人とは出会いたくともあまり出会えないというのが現状です。

自分の周りに帰国子女がいるのであれば、せっかくのチャンスを逃す手はありませんよね。

彼らの考えなどを聞ける良い機会になりますので仲良くなれるようにしていきましょう。

空気を読んだり察したりするのが苦手

ここまでは帰国子女たちの素晴らしいとも言える特徴でしたが、最後だけは少し違ってきます。

外国という国で暮らせば自分をアピールすることなどが大切になりジェスチャーなど表情も豊かになりますよね。

周りがそういった人に囲まれていますので日本にくるととにかく空気が読めないという結果になってきます。

日本人の場合は何か言ってはいけない雰囲気などを察知するのが上手になりますが、帰国子女はその雰囲気を読むことが出来ません。

これも長期にわたって経験していかなければ身につかないものであり、私たちが日本で暮らしてきたからこそ身についたものであると言っていいでしょう。

帰国子女の場合はそのような経験などはありませんので、微妙な空気を読むことが出来ません。

時にはそのタイミングで言ってはいけないような発言も出てしまうこともあるでしょうし、そのことを伝えたとしても理解は出来ないと思います。

ここまでは帰国子女の特徴についてお話ししてきましたが、このような方にも困っていることが出てきます。

次からは彼らが日本にきて困ることについて見ていきましょう。

️帰国子女が生活で困っていること

帰国子女は考え方や普段の行動も私たちとは少し違ってきますよね。

そういった彼らも実は困ることがあるのです。

行動的でもあり情熱的でもある彼らが日本にきて困ることはどのようなことなのでしょう?

「ちょっと喋ってみて!」と言われる

帰国子女が自分の周りにいればやはり英語やドイツ語・フランス語といった言葉を生で聞いてみたいですよね。

外国ではどのような発音をするのか興味を持つのも当たり前のような気がしますが、彼らにとってはそれが困ることの一つになってきます。

ここで疑問になりますが、特に言葉を話すのに困るようなことはあるのか?という風に考えますよね?その理由になりますが、何かを話したとしても英語がわからなければ理解できませんよね?

ネイティブな英語で話されてもきちんと聞き取れるのであれば問題はありませんが、その英語力があれば何か喋ってというような事は言いませんよね。

大抵の場合は英語がわからない人が言ってくるために話をしても通じないということになります。

何かを話したとしても「今はなんて言ったの?意味は?」などと返答がくればちょっとムッとしちゃいますよね?

聞き取れないし意味も理解出来ないのであれば話しても無意味だと感じてしまうのも仕方ありません。

発音を教えて欲しいなどポジティブなものであれば喜んで付き合ってくれるでしょうが、単に何か喋ってと言われるのは困ってしまいますし、彼らもそう言われるのは好ましく思っていません。

英語の授業で浮く

帰国子女が高校や大学に入ったとすると英語などの授業でも困ることが出てきます。

それは先生も聞き取れない発音なので困るそうです。

なんとなくわかりますよね。

英語を教える先生も日本だけで習った人であればネイティブな英語はよく聞き取れないというのが現実です。

結果的に帰国子女の人たちは日本人にも聞き取れるように話さなければいけなくなりますが、発音をわかりやすくするのってかなり難しいですよね?

現地の発音で覚えてしまったものは日本にきても簡単に直せるものではありませんので困ってしまうそうです。

彼らとしては当たり前のことが全く通じない言葉になると戸惑ってしまうのも理解出来ますし、そういった苦労もあるのだということがわかります。

帰国子女でも日本にいた期間が長い人は発音も多少は控え目にすることができるようですが、幼い時期から当たり前のように話していた帰国子女はそういったことも出来ないので英語の授業は苦手という方も多くなっています。

外国人の応対を全部任される

日本人の場合は英語に対する苦手意識というものが強いですよね?

街で何かを聞かれてもどうしていいのかわからなくなりますし、そういったことは社会に出ても同じと言えます。

帰国子女が困ることに外国人の応対というものが出てきます。

会社関係であれば世界的なものを視野に入れた企業が今ではたくさんあります。

帰国子女がそのような企業に入社した場合、取引先の相手や会合などで来客する人物が外国人であれば全ての応対を任されるという問題が出てきてしまいます。

会社としては一番語学力の高い人物を応対に当てるという意識かもしれませんが彼らにとってみればいい迷惑ですよね。

仕事の内容などもきちんと把握しなければいけませんし、その人についてのこともある程度知っておかなければいけません。

そういった人物が多ければ多い程、彼らの仕事は増えていく一方ですので身体的にもキツイですよね。

語学力が高く、国際的な感覚を持っている帰国子女ならではの悩みというのもこういった形で出てきてしまうようです。

麺をすすれない

日本人の好きなものを考えると麺類はほとんどの方が好んで食べますよね。

幼いころから食べ親しんだものですので私たちにはわからないものになりますが、帰国子女は麺類が苦手なのです。

ラーメンを食べるときですが皆さんは食べるときに麺をすすって食べることに抵抗がありますか?

アツアツですから冷ます意味でもすすって食べるということが一般的ですが、帰国子女はそもそも麺をすすることができません。

彼らなりに挑戦してみてもむせてしまって出来ないようです。

ですから友人などにラーメンなど誘われると困ってしまうという方が多く、麺類が中心の店などは苦手なようです。

漢字が書けない

帰国子女の場合は漢字が書けないという悩みがあります。

漢字は日本人でも難しいと思うときがありますよね。

多くの期間を外国で過ごしてきた帰国子女にとっては読むことも難しいと言われています。

特に幼少時から外国で育ってきた帰国子女は簡単な漢字しか習う環境しかないために高校や大学で使われるようなものは知らない場合が多くなり苦労するようです。

英語のテストで満点を取れない

意外なことと思われますが帰国子女は英語のテストなどでは満点をとることは難しいとされています。

その理由の一つに日本独自の文法があり、それを理解することが困難になってくるためです。

英語が母国語である国で育った場合には特に文法というものは考えません。

帰国子女もそういった文法というものには馴染みがないために日本の文法自体がわからないということになります。

この原因となっているのが日本での英語の教え方になります。

日本の場合は英語をルールから教えますよね。

ですが、帰国子女たちは英語を実践から直接に学んでいくことになります。

日本の英語の試験ではこのルールに則った設問が普通になってきますので、帰国子女には理解できない部分が多くでてきます。

そのために英語の読み書きは出来ても試験では満点をとれないという方が多くなってくるのです。

日本人の喋り方と合わない

帰国子女の悩みの一つに喋り方という問題が出てきます。

日本人の場合は相手に話をする時もある程度の言葉を選びながら話をしますよね?

それは相手の機嫌などを感じ取ったりと外国人には理解できないことまで考えて話をしていきます。

一方の帰国子女ですが英語自体が曖昧な話し方をしないためにどうしてもキツイ言い方に取られてしまいます。

本人にすれば普通に話をしているつもりでも日本人からすると、かなりキツメの言葉を言われていると感じてしまいます。

日本語は言葉の中に曖昧さを残すような言い回しをする事が出来ますが、英語ではそのような言葉もありませんし相手も意味がわからないので実用的ではないと考えます。

この言葉の考え方の違いは帰国子女に限らず、日本へ留学にくる外国人のほとんどが難しい問題として捉えています。

日本語は独特の話し方や言い回しがあるので外国に住んでいた期間が長い帰国子女たちには、相手を見ながら話すという意味が理解出来ないようでもあり直接的な言葉で話してしまうためにキツイと思われるのでしょう。

このように帰国子女ならではの困っていることも数多く存在することがわかりましたよね。

外国で育つということは文化や言葉の問題が色々と出てきますので、彼らと接するような機会があればこれらのことに注意してみるのも必要かもしれません。

それでは少し帰国子女という言葉についてもお話ししたいと思います。

帰国子女という言葉は知っていてもなんのことかわからない人もいますよね。

その辺りの事について見ていくことにしましょう。

️帰国子女ってなんのこと?

まず帰国子女という言葉ですが、長期間海外で暮らしてきた人で日本へ帰ってきた人たちを指します。

親の都合などで日本から離れなくてはいけない場合には、一家で海外へ滞在する場合があります。

そのような理由で日本から離れた子供たちは多くの期間を他の国で過ごすことになります。

アメリカはもちろんですがドイツやフランスなど世界各国にいくために帰国子女は色々な言葉を覚えることが多くなり英語を始め、ドイツ語やフランス語まで話せる人も多くなります。

そして、親の仕事が再び日本へ戻る時になった場合には子供たちも日本へ住むことになります。

このようにして日本へ帰国した子供たちが帰国子女と呼ばれているのです。

私たちの感覚で言うと、親がどこかの県へ転勤になった場合に引っ越しをする家族が出てきますよね?

簡単に言えばそのようなことであり、それが日本国内であるか海外であるかの違いです。

日本でも沖縄から青森にいけば、大人は言葉の違いにビックリしてしまいますが、子供の場合は順応性が高いためか言葉の弊害というものはあまりないように感じます。

帰国子女についても幼少期などの幼い時期であれば日本から海外へ行っても十分に言葉に対応出来ますし色々な文化も吸収することができます。

大人になってからでは考えや言葉も出来上がってしまうので完全に理解していくことは難しくなりますが子供の柔らかい思考であれば、どのような土地へ行っても対応できることの証明でもありますよね。

次の事は帰国子女という言葉の疑問になります。

最初にこの言葉を見たときには同じような感じた方も多いはずです。

️そもそもなんで帰国子”女”なの?

帰国子女という言葉を見るとイメージとしては女子限定のように思ったことはありませんか?

大学などでも帰国子女というと女性などが取り上げられるケースが多い為に、女性のことだと誤解をしていた人もいると思います。

帰国子女は、女限定ではない!

このように帰国子女に対する認識はまだまだ低いのではないかと考えますが、皆さんの場合はどうでしょうか?

きちんと帰国した男女のことを指しているとご存知でしたか?

なんとなく言葉だけのイメージで女性を連想してしまい、男性は別の言い方があると思っていた方もいると思います。

「だったら帰国男女と言えばいい!」このように感じる方もいるかもしれませんよね。

言葉としても見て意味がわかりますし、認識もしやすいかもしれませんが帰国子女の「子」の部分は男の子を示しているのです。

その理由とされるものに男の子を指す言葉には私たちも普段から使っている言葉があります。

自分の子供を指す場合男の子は「息子」と言いますよね。

女の子の場合は「娘」になります。

ここでは男の子は「子」という字が使われ、女の子は「女」という字が使われることになります。

また、「王子」と「王女」ここでも「子と女」という字が男女を指す言葉として表されていますよね。

このようなことから帰国子女の場合も「子を男の子」「女は女の子」を指す言葉として使われることになったと言われています。

️帰国子女も良いことばかりではない?

今回は帰国子女ということについてお話ししてきましたが、今まで思ってたイメージとは違うと感じた方もいるのではないでしょうか?

なんだか華やかな世界で自分たちとは住む世界が違うような誤解も招く帰国子女たちですが、特に自分で望んで外国へ行ったわけではありませんよね。

親の海外転勤などの理由があり、それは日本に住む子供たちも一緒になります。

その引っ越し先が国内か国外かの違いだけで本質的なことに変わりは出てきません。

そして、海外で過ごす期間が長ければ日本の文化なども忘れてしまうことも出てきます。

引っ越し時期が幼少期であれば、外国での暮らしが身についてしまい日本での暮らし方も忘れてしまうのも仕方のないことになります。

なんだかカッコいい呼び方をされていますが本人達は帰国子女という環境にあったせいで日本で苦労するということも確認できたと思います。

こういった面を知ると帰国子女に対する考えも変わってきますよね。

金持ちのお嬢様的なイメージから日本へ戻ってきて彼らなりに頑張っているのだという認識にもなってきたと思います。

これからの時代ですが私たち日本人に必要な事として世界へ目を向けた行動というものがとても大切になってきます。

考え方や言動も日本人だけではなく世界の人との交流という大きな目線で見ることが大事な時代に突入していきます。

帰国子女はそういった意味では身近に存在する良いお手本でもあります。

外国での暮らしが長い為に考え方も文化も世界でも通用するものになっています。

帰国子女という方に少し抵抗感を持っていた人も、少し考え方を変えてみることも必要ですよね?彼らからは多くのことを学ぶことができます。

それは学校などでは決して教わることのないリアルな世界観です。

これからは国内だけではなく自分の視野をもっと広げていかなくてはいけない時代にもなってきます。

帰国子女と仲良くなるということはその為にも必要になるはずです。

彼らへの意識が少しでも変わってきたら、あなたも帰国子女と良い関係を作り出してみてはいかがでしょう。

その行動が自分の将来にも大きく関わってくるきっかけにもなり、より良い未来へと導いてくれるかもしれません。