CoCoSiA(ココシア)

カップルデートで行く場所を決めるための6個の基準。これを知らないと微妙な気持ちになる!


雑誌でカップルのデートスポットが特集されるように、デートに行く場所は多くのカップルにとって悩みの種です。

しかし、雑誌の取材の多くは平日の空いている時に行っているので、いざ行ってみると混雑してイルミネーションどころではなかったり、プチセレブ向けの店で結局お金のことでソワソワしてしまったりなど、行ったら行ったで微妙な気持ちになることもありますね。

今回は、カップルデートで行く場所を決めるための基準を5つご紹介します。

これがわかっていればデート場所選びでの失敗が減るでしょう。

後半ではおすすめスポットとその利点も記載しますので参考にしてみてくださいね。

カップルデートの場所決めで困らないためには…

まず最初に困るのは初デートの場所。

そんなに気取りすぎてもいないけどあまりに地味なところではどうかなと思ってしまうものです。

その後付き合いが長くなると出てくる悩みが、大概行き尽くしたと思ってしまうことでしょうか。

世の中にはデートスポットが溢れていますが、歴代の恋人と行ってみて微妙だった経験などからどんどん選択肢が狭まってしまいます。

カップルのどちらかがリサーチ力に長けた情報通なら困ることも少ないでしょうが、一方だけに負担をかけるのもまた良くありませんし、お互いが話題を提供し合えるのがベストです。

困らないためにはどうしたらいいのでしょうか。

「次どこ行く?」の微妙な時間…


「次どこ行こうか…」と考えている内に週末が迫ってきて、とりあえずおうちデートになってしまい、「昼過ぎに出かけるか、場所探そう」なんて言っている間に出かけるのが面倒くさくなって夕方になり、そのまま夜になり、日曜になり、映画を見ている間に週末が終了した、という経験をしたことないでしょうか。

付き合いが長いカップルあるあるです。

そこまででなくても、お互いそんなに話題を持っていない状態で次のデート場所を決める時間は結構な間何も決まらず、適当にデート特集の記事をひっぱりだしてきてなんとなく出かけてみる、ということも多くあります。

なんとなくで行っているので、これといって目的もないので出先で手持無沙汰になることもしばしばです。

この微妙な時間をどうにかしたいのなら、二人でデートする場所を決める基準を考えてみるのがおすすめです。

カップルデートで行く場所を決めるための6個の基準

では、カップルデートで行く場所を決めるための6個の基準を見ていきましょう。

一般的なことから、二人の会話の中でしかわからない基準もあります。

大切なのはお互いを思いやることと理解し合うことです。

以下で具体的なことを記載しますが、この2つを抑えておけば大きな失敗はしなくなります。

女性のヒールに気を遣う

時には行き当たりばったりのデートも楽しいものですが、履いている靴には注意してあげましょう。

とくに女性はヒール、ぺたんこパンプス、スニーカー、ブーツなどたくさんの靴を履き分けているので、男性の基準だけでデート場所を選ぶと女性は嫌な思いをします。

もし最初から公園デートをする予定だったのに女性がピンヒールを履いてきたというなら、それは女性がお馬鹿さんすぎるので怒ってもいいです。

しかし、とくに予定を決めていなかったデートで、女性がヒールを履いているのに芝生の公園に行こうと言い出す男性に対して、女性はその無神経さにイラッとします。

逆も然りで、男性が良い革靴を履いていて女性が楽な靴を履いている際、女性から公園や坂道の多いルートを誘ったりすると男性から気遣いのできない女だと思われてしまいます。

靴だけでなく服装についても同じです。

どんなデートをするか最初に決めていない時は相手がどんな服装でくるかわからないので、お互いをよく見てデートに行く場所を検討するようにしましょう。

疲れない場所

体力にめちゃくちゃ自信のあるアクティブな二人であれば全然気にしなくてもいいのですが、多くのカップルはそうではないはずです。

日頃の仕事疲れなども気づかぬうちに溜まっているので、思い描くよりもいくらか楽なデートをするのがおすすめです。

疲れるデートスポットというのはさまざまなタイプがあります。

まず考えられるのは露骨に体力の消耗が激しいボルダリングやスポーツゲーム系のアトラクション、ボーリングなどです。

これらは着てくる服なども考えなければならないので、数日か数週間前から計画し、週末に向けて体力温存の準備ができるようにしてから行くべきです。

次に考えられるのは混雑による疲れ。

人混みを抜けていくだけでも精神的に疲れますし、行列に長時間並ぶのは覚悟しないで挑戦するとかなり疲れます。

店に入れるころには帰りたくなっていることでしょう。

中にはピンヒールで並んでいる強者女子もいますが、足の裏は悲鳴をあげていること間違いなしです。

精神的な疲労でいうと、分不相応な高級レストランもやめておいた方がいいです。

本人同士は最初こそドキドキして楽しいかもしれませんが、だんだんと周囲の目が気になってくるので最後は疲れてしまいます。

飽きないところ

二人の性格や年齢にもよりますが、年の差カップルで一方が自然の良さをわかっていても、一方が若々しい場や刺激的な場を好む場合、公園などは外的な刺激が少ないので癒しを理解できるかが鍵になってきます。

それでも行く場合は会話が命になってくるのでトーク力が試されてしまいます。

初デートで遊園地を選ぶ人が多いのはこのためです。

アトラクションを巡っていればそんなに会話がなくても間を持たせることができるし飽きもこないからです。

女子目線で言えばショッピングモールなども飽きないですが、男性の場合は並んでいるものが全て同じに見えてくる人も多いので買い物好きかどうかを考えてから行く方がいいでしょう。