最近、インターネット上のフリマアプリで色々とものをやり取りするので、何かを送る事は非常に増えてきました。

もちろんフリマアプリを使わなくても、知り合いの人に何か送る時は、何かしら宅急便を使うなり郵便配達を使うようなことになります。

確かに、簡単に送れた方が良いのは一理ありますが、その点で言うと1番手軽なのは大きさの制限があるのは言うまでもありませんが、それを除いても普通の82円切手を貼ってから出す郵便配達です。

ただ、その普通郵便の大きな欠点を追跡番号がないことです。

ですので、送ったのに届かないと言うアクシデントがあったときに何も対処ができないことがあるんですよね。

そうなると宅急便が良いのではと思いますが、宅急便の場合は基本的に1番安い送料でも60センチサイズで907円(ヤマト運輸参照)ぐらいはかかります。

ですので、追跡番号はあっても今度は料金的に高いところが出てくるのです。

そんな手軽さ、価格の安さ、なおかつ追跡番号がある良い所取りをしているのが、レターパックなのです。

今回はレターパック追跡の方法について紹介していきます。

レターパックの追跡サービス

先ほどもあげたように、レターパックが追跡サービスがあるのが大きな特徴です。

やはり、大体これぐらい着くだろうなと思っていたのに予想外に着かなかった時、どこにその郵便物があるのかないのか分かると非常に便利です。

調べ方も大変簡単です。

基本的にインターネットと追跡番号があればすぐに調べることができます。

確かに、若干普通郵便よりかは高くはなりますが全国一律で、同じ料金で追跡番号のある郵便物を送れると言うのは大変便利です。

レターパックで追跡する方法

レターパックで追跡する方法も非常に簡単です。

確かに人によっては慣れるまでは少々時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば本当に手軽に追跡することができます。

では、レターパックで追跡する方法について見ていきましょう。

お問い合わせ番号の確認

まず、基本的にお問い合わせ番号の確認が必要です。

やはり問い合わせ番号の確認がないことには追跡ができないので、このお問い合わせ番号確認しましょう。

ただ、簡単にわかることですので、そこまで難しくありません。

伝票に記載がある

そのお問い合わせ番号はどこにあるのかですが伝票に記載番号があります。

ですので、伝票見たらすぐにお問い合わせ番号の確認ができるのです。

ですので、もし何か送ったら、控えの伝票を大事に持っておきましょう。

いろいろな伝票がありますが、基本的に「はがす」とか「はがして差出し」と書かれているところの上のほうに書かれている4桁の番号が3つ並んでいるものが伝票のお問い合わせ番号です。

ただ、1部分はレターパックライトでは下のほうに問い合わせ番号が書かれていることがあります。

問い合わせ番号は、基本的に4桁の番号が3つある状態になります。

もしどうしても分かりにくかったら、詳しい事は「レターパック追跡番号」と検索し、そこの画像見ていくとどのようなものかが一目瞭然でわかります。

HPでお問い合わせ番号を入力

そして、その追跡番号がわかれば、その番号をもとに追跡を始めます。

ホームページで、レターパック、追跡検索するとそのような番号の入力画面があります。

もちろん、スマホでも簡単に確認できますよ。

そこに番号入力して検索していくと、どこに何今その郵便物がどこにあるかがわかるようになります。

追跡番号に関しては、個別に追跡をすることができますし、たくさんのレターパックを出したのであれば連番で出している可能性が高いですので、初めの問い合わせ番号を入力してから、何通出したかを数字を入力することで、たくさんの郵便物の問い合わせができます。

ですので、たくさんの郵便物のありかを知りたい時にも便利です。

ただ、この連番の検索に関しては、1回の検索につき100通まで連続した番号での検索ができるようになっています。

ですので、101通目からは別に検索をするようにしましょう。

追跡スタートを押す

そして、その番号の検索が終われば、すぐに追跡スタートを押すことで結果が出てきます。

著者の場合は、出しているものがなかったので適当に入力してから追跡のボタンをしたら、「お問い合わせの番号が見つかりません。問い合わせ番号ご確認の上、お近くの取引店までお問い合わせください。」と出てきました。

これがきちんとしたところを入力すれば、商品種別、最新年月日、最新状態などなど、いろいろな情報が出てくることになり、今出した郵便物がどこにあるかがわかるようになります。

レターパック追跡のメリット・デメリット

こんなふうに、色々とメリットのあるレターパックの追跡ですが、もちろんメリットばかりではありません。

デメリットもあります。

ただ、このデメリットを知った上で利用すると、納得のいく量の仕方ができるようになりますので、メリットデメリットともにどちらも押さえておきましょう。

レターパック追跡のメリット

レターパックの追跡のメリットは色々とありますが、レターパック自身にもメリットはたくさんあります。

後にも触れますが、基本的に全国一律の料金です。

ですので、全国どこへでも送ってもそれは同じです。

宅急便は大きさや重さの関係しますが、何より距離も関係しますので遠距離のところに送るとそれだけどうしても多くの料金が発生します。

レターパックであれば全国一律でも同じと言うことで大変送料面ではお得です。

こんなふうにメリットがたくさんのレターパックですが、まずはレターパックの追跡のメリットについて見ていきましょう。

いつ届くかわかって便利

レターパックの追跡ができる事は大体どれぐらいに届くのかが見当がつきます。

ですので、もしスマホフリマアプリで何かを出品している人であれば、落札した人にいつ送った商品が届くのかの目安が分かるので非常に便利です。

また、買う側のしてもどれぐらい届くのかが分かるので、いつまでにその商品がいるのかというのを逆算した上で頼むことができるので大変便利です。

確かに事前に準備しておけばいいのかもしれないけれど、急にそのような商品が必要になるのはよくあることですので、そのような時にレターパックで送ってもらうことにより、いつ届くのかがわかりますね。

だからこそ急な注文でも、大体のめどをつけることができます。

フリマアプリをする人ばかりではなく、後に大きさの事についても触れますが、A4サイズ位に収まるものを送るのであれば、親戚に何か送る時にも大変便利です。

ですので、小さなものを送りたいけれどしっかりと送る機会を知りたいのであれば、このようなレターパックの活用が良いでしょう。

スマホで簡単に見れる


最近は、格安スマホも出てきたのでスマホを持っている人の方が大多数です。

ともすれば若い世代の方は、パソコンを持っていなくて、スマホ持っている人も多いようですね。

ですので、スマホで簡単に見れる事は、多くの人にとってメリットがあります。

基本的に、著者の家のパソコンを持っていますが、やはりパソコンで電源を立ち上げて、パスワードを入れ、ブラウザを開くこともできるにはできますが、やはりパソコンの前に座る作業が必要であるため、疲れているときは非常に億劫に感じるものです。

でも、パソコンではなくスマホであれば、たとえパスワードを入れてブラウザを開くと言う過程は同じではあっても、スマホ片手に(行儀の良しあしは別として)横になっている状態でも簡単に見ることができる点では、パソコンの前で色々と検索するより楽でハードルが下がります。

そして何より1番大きいのは、ダラダラしながら検索したいとかそのような怠惰なことではなく(笑)、たとえ外出先でも簡単に見れる点です。

やはり、現代人は忙しいですので、家でパソコンする時間より外でぢ、スマホを見る時間の方が長いでしょう。

ですので、やはりスマホで色々と調べ事ができるというのは多くの人にとってメリットがあるのです。

予定を立てやすい

大体、どれぐらいで届くのかというのがわかれば、予定を立てやすいところがあります。

商品を送る人でもあっても、どれぐらい着くのかがわかれば、それを逆算して送ることもできます。

そして受け取る側も、いつまでに使いたいのかというのを逆算し、発注をするのはどれぐらいが良いのかなどの予定を立てることができるようになります。

ですので、予定が立てれるのは普通の82円切手を貼って送る郵便とは明らかに違うところがあります。

やはり、フリマアプリをよく使っている人であれば、そのような予定は大変大切です。

ともすれば、出品する人であれば評価に関係するようなこともあるからです。

基本的に日本人はきっちりとしている人が多いですよね。

ですので、そのようなところも日本人向けといえるかもしれませんね。

レターパック追跡のデメリット

いろいろとレターパックのメリットは出てきましたが、残念ながらメリットばかりではありません。

物事にはメリットもあれば必ずデメリットもあります。

では、デメリットにはどのような点があるのでしょうか?

デメリットを押さえていれば、どのような活用していけばいいのかというのがしっかりとわかるようになりますので、やはり便利なサービスでもそのようなところを知っておくことは大切です。

手間がかかる

やはりレターパックで何かを送る時はポストで出すことができるという事は非常に便利です。

ただその一方で、レターパックは専用の梱包が必要です。

その梱包するものは、コンビニなどで手に入ります。

ですのでまずはそのレターパックを送る専用のものをコンビニで買うのが少々手間であるところは否めません。

最近、住宅購入などの興味があり、そのような家の検索をしますが、コンビニと言うと全国津々浦々どこにでもあるイメージがありますが、中にはそのコンビニはなかなかないところもあるのです。

やはり、中には都心とか、地方都市の市内に家を買えればそれが1番だけれどどうしても予算的にそのようなところは難しく、そのような市街地から離れたところに家を買うケースも多いです。

ですので、そのような人にとっては、コンビニでそのようなものを買うことは、車がない人にとってはかなり手間なのです。

ですので、そのような手間がデメリットなのではないのでしょうか?

確かにいざとなればネットでそのようなレターパックを買う事はできるにはできますが、いずれにせよポストに出すことができなければ、郵便局やコンビニで受け付けてもらうことになります。

ですので、人によっては手間がかかるように感じられる人もいるでしょう。

お問い合わせ番号がないと検索できない

基本的に、お問い合わせ番号がないと追跡は不可能です。

ですので紛失してしまうと、基本的に問い合わせはできなくなります。

ただ、このようなレターパックの追跡番号の問い合わせ番号が罹れた伝票を紛失した場合のケースを見てみると送る側と受け取る側で、色々と方法があります。

まず受け取り方の紛失の場合はそこまで深刻に考える必要はありません。

基本的に、そのようなお問い合わせ番号が書かれている伝票は送る方が持っています。

ですので、送った側の方にもう一度確認するとすぐに追跡番号がわかるでしょう。

ですので、もし教えてもらったにも拘らずそのメモを紛失してしまった場合でも比較的簡単に解決するケースが多いです。

ただ、送る側が紛失してしまった場合は、基本的に打つ手なしです。

基本的に受取手の方が荷物を受け取るまで待つような結論になるしかないようです。

ただ、基本的にレターパックは99.9%はきちんと受け取り手のもとに届くと言われています。

ですので、基本的にそれを信じて待つと言うのが対策になるようです。

送る側が紛失した場合は受け取る側の方に言うのにかなり勇気がいるかもしれません。

もしフリマアプリを使っているとなると、もしかしたら評価に影響するかもしれません。

ですが、やはり送り先の番号聞かれたときに答えようがないので、やはり正直に打ち明けておいた方が良いのだとか。

ですので、フリマアプリを使った時などはそのような対処するようにしましょう。

レターパックとは


では、そもそも色々とレターパックの事について見てきましたが、レターパックとはどのようなサービスなのでしょうか?

今一度レターパックのサービスについて振り返っていきましょう。

コンビニや郵便局で取り扱いがある

基本的にコンビニや郵便局で取り扱いがあります。

ですので、先ほど田舎にコンビニがないとかなり不便だと言う話をしましたが、基本的にのどかなところでもコンビニはあることが多いですし、郵便局も大体全国にあります。

ですので、基本的に都心部の人だけの利用しかできないわけではないのでその点は非常に便利です。

ただ、レターパックに関しては買えるコンビニと買えないコンビニがありますので、事前にお住まいの近くにあるコンビニが何かを確認しておきましょう。

基本的にレターパックを買うことができるコンビニは、ローソン、サークルK・サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートです。

著者としてはちょっとセブンイレブンがないのが意外でしたね。

また、購入に関してだけ言うと、レターパックは自体が郵便局のオンラインショップで買うことができます。

ポストに出すサイズで、近くにポストがあるのであれば、特に郵便局やコンビニに行かずに完結することができます。

全国一律料金で嬉しい

先ほども触れたように基本的に全国一律料金です。

先ほども出たように、基本的に重さ大きさの他にも通宅配便の料金に反映するのですが、全国一律ですので、特に送ると言うシチュエーション時に大変お得です。

基本的に、一律510円か360円です。

必ず対面で配達してほしい時はレターパックプラスを頼むようにし、郵便受けに配達する程度で良いのであれば、レターパックライトで送るようにすると良いでしょう。

また、著者も色々とインターネットで物を買うことがありますが、ネットショップを見ているとたいていは北海道沖縄は別料金であったり、その他にも離島だとまた追加で料金が発生するケースもよく目にします。

ですので、そのような離島などの遠隔地に住んでいる人にとっては、このレターパックのありがたみをひしひしと感じるのではないのでしょうか?

ポストに投函で簡単

基本的に、レターパックを出すときにわざわざ郵便局に行って出す必要はありません。

ともすればとポストに投函すればよいのです。

ポストが遠い可能性もあるので皆が皆にとって便利なわけでもないのかもしれませんが、ポストも基本的にいろいろなところに設置されています。

ですので、特に郵便局に行く必要もなくポストに投函するだけで送るのは大変便利ですね。

レターパックで送れるもの

では、レターパックで送れるものは何でしょうか?

もちろん、色々と送れるものはあります。

ですが何なんでもかんでも送ることができるわけではありません。

ですので、事前にレターパックで送れるものについて確認しておき、何を送ったらダメなのかということを確認しておきましょう。

大きさはA4サイズまで

基本的にレターパックの大きさは、A4サイズのものまでです。

具体的な数値で表すと、340mmと248mmまでです。

ですので、確かに全国一律料金なのは嬉しいですが、大きさはどのようなものでも良いと言うわけではありません。

例えば、薄手の洋服であったり、CDを送ると言うときにはレターパックは大変ぴったりです。

ですので小さいものを送るときにはレターパックを検討すると良いでしょう。

重さは4kgまで

ただ、A4サイズであると言う大きさの制限もありますが、重さにも制限があります。

基本的に重量は4キロ以内のものです。

ただ中には、そのような小さいものでも、重いものがあり、本当に送ってもいいのかと悩むものがありますよね。

重さ的にも微妙なものというのは結構あります。

ただ注意点としては、重さ4キログラム以下であれば大丈夫ではあるものの、リチウム電池があるような場合だと、少々着くのに時間がかかるといいます。

それはなぜなのかと言うと、基本的にこのリチウム電池を航空機に持ち込むの制限されているからです。

基本的に爆発すると大変なものと言うことで危険物扱いをされているのですね。

沖縄など、飛行機や船に乗らないといけないようなところであれば、船で送ると言う選択肢になることから、基本的に着くのに時間がかかると言われています。

信書も送れる

先ほども触れたように信書も送ることができ、文章送ることもできます。

中には文章とは言っても、契約書であったり、非常に重要な文章であるものもありますよね。

そのような時に、このレターパックを使うと大変便利です。

追跡番号があるので、受け取ったか受け取ってないかというのがしっかりとわかるようになっています。

ですので、そのような重要な書類を送る時にもレターパックはもってこいですね。

具体的にこの信書と言うのはなにかというと、手紙等はもちろんですが、請求書、許可証、証明書、ダイレクトメールなどです。

信書扱いされないものは、新聞や雑誌などの書籍、カタログ、小切手、プリペイドカード、クレジットカード等です。

もし信書が送れるという事で、そのようなものをレターパックで送ろうと検討しているのであれば、今一度「信書」とは何かということを確認しておきましょう。

現金は入れられない

重要な書類をで送ることもできますし、A4以内であればレターパックを使うことができます。

ただ注意点としては、現金を入れることができません。

ただ、ちょっと不思議に思う人思いませんか?

レターパックは、画像で見てもらうとわかるように透明なものではないので、何を入れているかよくわからないはずです。

でもなぜ現金が入れられないのかと不思議に思いますよね。

それは、紛失したときに補填があるかどうかと言うのが大きな違いです。

基本的に、レターパックに現金入れて送って、それが紛失しても補填の対象にはなりません。

ですので、このような現金は現金書留などのきちんと現金を送っても良い方法で送ったほうが1番無難です。

そして、大方バレないと言われてはいますが、もしレターパックに現金が入れてあることがわかると、差出人、受取人ともに郵便局に呼ばれて開封の立ち会いを求められると言うようなこともあるようです。

もし、仮に現金を送るのにレターパックを指定してきた場合は詐欺などの可能性が高いです。

お子さんの名前やお孫さんの名前を名乗ってそのような要求をしてきたときはオレオレ詐欺の可能性が高いです。

やはり、現金は入れられないと約束はしっかりと守ったほうが無難ですね。

レターパックの種類

では次にレターパックの種類を見ていきましょう。

レターパックには2種類あります。

ですので、この2種類の特徴や目的によって使い方を分けていきましょう。

レターパックプラス

基本的に、対面で渡してもらえる方がレターパックプラスです。

ですので、対面で渡してもらい受け取りにサインをしてもらうことで、受け取ったと言うのかしっかりと証明されるものです。

ですので、荷物を受け取ったか受け取ってないかと言うので揉めそうなときにはこのレターパックプラスを使うと良いでしょう。

こちらであれば、受領印をもらうことができますので、もし先方が受け取っていないといっても、サインを見れば受け取ったことが証明ができるので、後々揉め事がなくて良いです。

料金は510円

レターパックプラスの料金は510円です。

普通の郵便でも、ともすればこれぐらいであることもありますが、1番魅力的な店は全国一律でこの値段だということです。

確かに近くに送ると言うことであれば、ともすればそれくらいの料金で宅急便で送ってもらうこともできるかもしれません。

ただ遠方に送る時、このレターパックプラスの全国一律の良さを実感できるのです。

ですので、A4サイズのもので尚且つ4キロ以内のものであれば、このレターパックプラスを使うことで、しっかりと受け取りまで見届けてくれる郵便サービスになります。

閉じられれば厚みのあるものでもOK

A4サイズで、4キロ以内という制限があれば、厚さのことについて気になるかもしれませんが、基本的に閉じられるくらいの厚みならどれくらいの厚みでも問題ありません。

ですので、薄手の服を2枚ぐらい入れることももしかしたらできるかもしれませんね。

(ただその服の状態や、ものによって違いますので一概には言えませんが…。

)
ですので、色々レターパックについて調べていた時に、A4サイズ4キロ以内と言う制限を守っているけれど、尚且つ非常に厚みのあるレターパックプラスの郵便物をみました。

若干ポストに入るのかと言うような心配をしてしまいましたが、何がともあれこれを送ること自体は何ら問題はないと言うことで、どうにかしてA4サイズに収められたら問題ないようです。

ですので、調べてみるとゆうパックの最小サイズより一回り小さい箱に何とかするから送ることもできなくは無いようです。

ただ、コンビニでそれをやると店員さんに怒られるとか^^;。

とにかく、郵便局でその技を使うと良いのだそうです。

詳しくは、レターパックプラスで検索してみるとその事について出てきますので、詳しい方法は確認してみましょう。

速達ルートで配送される

基本的にはい速達ルートで配達されることになります。

ですので、早く送りたい時にも大変便利なのです。

基本的にフリマアプリなどを使っていると、なるべく早く送ってもらう方が評価にも影響しますのでそちらの方が良いに越したことありません。

また色々とネットショップを使っていると、配送の速さと言うのもそのショップの評価対象になっています。

ですので、速達ルートで配送されるのは大変ありがたいことですね。

受け取る側も、頼んでなるべく早めに来ると言うのはありがたいことです。

全国一律510円でこのような速達ルートで送ってもらえるのは大変うれしいですね。

レターパックライト

レターパックライトは、レターパックプラスと違うところは、基本的にポストへの投函をオーケーとしているところです。

ですので、一度ポストインしてしまえばもう配達完了です。

対面受け取りも確かに良いのですが、なかなかタイミングが合わずなかなか受け取れないようなこともあるのですよね。

受け取る側の人が、忙しくてなかなか家におらず対面で受け取るのは少々難しい時でもレターパックライトななら、ポストに投函されているので時間があるときにポストを確認したらよいという点で、受け取る側も気楽なところがあります。

また詳しく調べてみると、利用できるオプションは色々とあります。

郵便局留めができますので、もし自宅で受け取りたくない時は、郵便局留めにすることができるようです。

また、追跡をすることもできますので、ポストに投函と言うサービスであるものの、届いたかどうかというのを調べることができるのは非常にメリットが大きいですね。

ただコンビニ受け取りにしたいとか、着払いにしたいとなると、そのようなサービスの利用は不可能です。

それなら他のサービスを使ったほうが良いようです。

料金は350円

またレターパックプラスと大きく違うところ料金設定です。

料金は350円です。

ですので、対面でなくてもいいと言うことであれば、全国一律350円で送ってもらうことができます。

こちらも遠方で送ると言う時に、ちょっとしたものを350円で送ってもらえると言うことで大変便利ですよね。

このレターパックライトの使い方としてはパンフレットの発送等、そこまで重要ではないもので送ると言うのも1つの手のようです。

厚みは3cmまで

レターパックプラスは、特に厚みは関係ありませんでした。

ですので、ともすればパンパンな状態があっても、専用の梱包が締まればレターパックプラスで送ることができます。

ただレターパックライトであれば、厚みの制限もあります。

厚みの制限は3センチまでです。

ですので、ちょっとしたCDや、書籍などを送る時であれば、レターパックライトでも十分に対応できますね。

ただ、衣類等となると少々難しくなるかもしれません。

運送は準速達

またレターパックプラスと違うところは、レターパックプラスは速達扱いですが、レターパックライトの場合は、準速達扱いです。

ですので、急いで届けたいときにはそうそう向かないところがあります。

逆にそこまで急ぎではないけれど、ちょっとしたものを送りたいのであればレターパックライトは非常にぴったりです。

当日配送されない場合がある

そのような感じですので、基本的にきちんと時間に間に合うように出したにもかかわらず当日に配送されない可能性があることを視野に入れておいた方が無難です。

そのような点からも、急ぎのものをレターパックライトで送るのは不向きなところがあります。

レターパックの追跡でもっと便利に!

普通の郵送でも、送る事は確かにできます。

だけど、もし、なかなか届かない時に追跡ができないがために何もできない事態になります。

ですので、追跡をして、郵便物がどこにあるのかをはっきりとさせたい時はむしろレターパックを活用しましょう。

ちょっとしたものを送りたい時にレターパックはぴったりです。

また、重要な書類を送りたい、そのために追跡番号が必要という時にレターパックはぴったりです。

レターパックプラスとレターパックライト、料金体制が違いなど様々理解した上で使うと非常に便利に使えるでしょう。