CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

キスの相性が良い人かを見極める5個のポイント


大好きな恋人なのに、どうしてもキスの相性が良くないと段々その不満が勝ってきて昔の恋人を思い出してしまう、ということもありますよね。

逆に、キスの相性がよければ他のことが合わなくても目を瞑れたりもします。

今回は、キスの相性が合うとはどんなことなのか、合わないキスとは何なのかをご紹介します。

キスが上手な人の特徴についても記載しますので、ちょっと良いなと気になっている人のキスが上手いかどうかの参考にしてみましょう。

キスに相性なんてあるの?!

あります!もし、そんなもの無いという方は最初から最高の相性の人との関係が続いているか、まだ出会っていないだけです。

キスは動物の中で人間くらいしかしない愛情表現ですが、そこには本能的な理由があります。

遺伝子が自分と遠いと相手の体臭が良い匂いに感じて惹かれる、というのを聞いたことがある人も多いと思いますが、キスについても似た部分があります。

軽いキスならまだしも、ディープなものになると唾液の交換が伴い、それによってDNAを感じ取ったり、免疫力などを判断していると言われているのです。

思春期にお父さんの臭いが嫌だという女子が多いのと同じように、遺伝子が近いほど生物学的に男女としての拒否反応が出ます。

キスにおいても相性が合わなければ遺伝子的に近い、相手の免疫力が低いなどで、本能的にパートナーに向かないと判断している可能性があるのです。

ただ、悲しいことに単に相手のキスがヘタクソということもあるので、キスが合うか合わないかだけでは遺伝子的な判断によるものなのか自分ではわかりません。

キスの相性が良い人かを見極める5個のポイント


見極めポイントといってもキスの相性は実際してみないことにはわかりません。

してみた上で、ぴったり合う、または何か違和感があるというとき、その理由は下記に記載する項目のどれかによるものかもしれないのでチェックしてみましょう。

まだキスするような間柄ではない相手のことが気になる人は、記事の後半にキスが上手い人の特徴を記載しています。

とはいえ、見極めポイントを押さえておけば腑に落ちる項目が多いので一緒に見ていきましょう。

タイミングが合うかどうか

タイミングと一言でいってもさまざまなものがあります。

まずキスしたいタイミングが合うかどうかです。

これが合わないと作業的な行為になってしまい盛り上がりません。

ムードなども含め、キスしたい雰囲気にお互いがなれるかどうかが最初の見極めポイントです。

次に唇が触れるまでのタイミングがあります。

お互いキスしたい気持ちになっていると意思疎通ができていても、雰囲気によってはじゃれ合いなどもあるので即座にキスしないことがあるからです。

そして、いざキスをしてからも、その後は呼吸が合うかどうか、終わり際が同じかどうか、唇を離した後にもう1アクションあるかなど、見極めるべきタイミングは複数あります。

これらの全てが合っていてこそ心地いいキスができ、どれかが違うだけで総合して良いキスだったとは思えないものです。

盛り上がるポイントが同じかどうか

長いキスが続けられることが前提ですが、その中にちゃんと盛り上がるポイントがあるかどうか、それが同じかどうかも重要です。

何をもって盛り上がりとするかですが、最初にただ唇を合わせるだけの軽いキスに始まり、ディープなものに移るまでや、身体を引き寄せるなど個人の趣向によって色々あります。

これが同じかどうかも大切です。

どちらかがあまりに早く盛り上がってしまうとガツガツした印象で、時には引いてしまうことがあります。

遅すぎても寂しさが出てくるのでよくありません。

盛り上がるポイントはその日の気分によっても変化が激しいですが、平均的に合うのであれば問題ありません。

しかし、合わないことの方が多いなら相性が良いとはいえません。

キスに限らず、デート中などもよくわからないところでテンションが上がったりする相手だと感性が違いすぎるので、キスにおいても同様に合わないかもしれません。

気持ちがいいかどうか

歯がぶつかったり単調だったり乱暴だったりと、そのような気持ちよくないキスをされたら、もう一度キスしたいとは思えませんよね。

そのため、キスしたときに気持ちいいかどうかはとても大切なことです。

先ほど挙げたような歯やテクニック以外にも気持ちいいというもポイントがいくつかあります。

まずは唇の感触です。

男性の少しかさついた唇が色っぽくて好き、という女性もいるかもしれませんが、ガサガサした唇同士だと痛い上に、ひどいときは切れて血が滲んだりします。

ディープなキスなら舌そのものの形状、滑らかさにも合う合わないがあります。

ただ、その時に言えるのは、そんなことを感じさせるほどキスが下手ということが要因としては大きいです。

ただ、これは一概に相手が下手とも言えず、こちらにもリードする技量がないわけですからどっちもどっちです。

受け身でいたいなら上手な人を選ぶ方が満足できるでしょう。

そして、精神的な気持ちよさも関係します。

キスするような雰囲気でもないのに無理矢理されたキスで気持ちよくなれるとしたら、よっぽど相手がテクニシャンです。

多くの場合はそうはなれません。

視線や間合い、雰囲気づくりなども深く関係しているのです。

ページトップ