今の日本では、様々な服装の方が居ます。

昔は、若い人達は同じような髪型で、同じような服装をしていました。

それが『流行』となり、同じで居ることに安心したのです。

ですが、月日は流れ若者の服装は多様化しました。

多くのタイプの服装が登場し、皆んな思い思いのファッションを、楽しめるようになったのです。

それにより、他人に合わせる事なく自分の好みに合わせることが出来るようになり、より自由にファッションを楽しむ事が出来るようになりました。

しかしながら、ファッションが多様化したせいで様々なルールが曖昧になりました。

これとこれを合わせたらダメだと言うルールがあったとしても、人が変わればそれがオシャレだと言われるようになるかもしれません。

それだけルールがあってないようなものになったのです。

そのせいで、ファッションが自己責任になりつつあります。

勿論、基本的なルールは変わらない部分もあります。

ですが、それさえも超越してしまう事だって可能なのです。

だからこそ、とんでもなくダサい服装になってしまう可能性も十分考えられます。

自分では、最高にオシャレをしたつもりでも、他人から見れば可笑しな服装になっている事も。

そのせいで、影で笑われているなんて事もあるでしょう。

そうならないように、自分の服装を客観的に見る事も大切です。

そこで今回は『その服ってダサい』と思われてしまうポイントをご紹介させて頂きます。

もしかして私の格好ってダサい!?

今の時代、ファッションは多様化しています。

その為、どんな服装をしても大概の場合が許されてしまう事でしょう。

ですが、それでも常識という物があります。

ファッションの基本をおさえる事が出来ていないと、可笑しな服装になってしまうでしょうを
自分ではとびきりのオシャレをしたと思っていても、じつはトンチンカンな服装をしている場合も多々あります。

その事に自分だけが気が付いていない事もあり得るのです。

そのまま過ごせば、周りの人から笑われてしまう可能性も。

そうならない為には自分を客観的に見る事も大切なポイントでしょう。

ダサい服装を平気でしないようにする為には、常に自分自身が意識して生活せねばなりません。

そこで、今回はありがちなダサい服装をご紹介させて頂きます。

今まで貴方がオシャレだと思ってやって来た事も間違って居るかもしれません。

オシャレとは程遠い残念さん!ダサい服の8個の特徴


オシャレとはなんなのか。

その定義はとても曖昧で難しいものかもしれません自分では最先端のオシャレだと思って居ても、周りから見れば全くオシャレではないという事もあるでしょう。

まだ、その考え方は年代にやるちざいもあります。

今の時代の当たり前がどの年代にも通じるとは限りません。

年代や性別が違えば、基本となる考え方も全く異なります。

そのせいで『ダサい』と思われる事も十分あり得るのです。

その為、貴方がダサいと思った服装も実は最先端なものなのかもしれません。

その為、何がダサいかどうかは、本人の価値観によるものも多々ある事でしょう。

ですが、ある程度の基準を満たすことによって、ダサいと言われる事を回避する事ができます。

自分の服装に自信がある方は、自分の思った道を突き進むのも良いでしょう。

ですが、少しでも不安がある方は是非一度押さえておきたいルールを覚えておいて下さい。

そうする事によって、笑われてしまう事を避ける事が出来るかもしれません。

好きなものばっかりつけている

どんなに好きなものでも、余りにも多くなってしまうと鬱陶しくなる物です。

例えそれが、オシャレな物だとしても幾つもあれば、ダサくなる事もあるのです。

その為、数には気をつけなければなりません。

それは、アイテムなどに限らず柄もまた同じ事です。

テイストを合わせることは大切な事ですが、何でもかんでもボーダーにしたりレヲパード柄にしてしまってはくどくなり、ダサさの強調のような姿になってしまう事でしょう。

特に、レヲパード柄などのアニマル柄はワンポイントとして使用するにはオシャレなアイテムですが、チョイスによってはおばさんの様な姿になってしまう事もあり得ます。

だからこそ、使う量や場所などは考えなければなりません。

流行の柄だと言われ、その柄を取り入れれば良いと思って居る方は既にダサくなっている場合も多々あります。

お気を付けください。

自分にあうサイズを着てない

洋服には必ずサイズがあります。

その為、そのサイズをキチンと確認し自分に合った物を着ていないと、似合うものも似合わなくなってしまうでしょう。

だからこそ、洋服を着る際はサイズをしっかりと確認して下さい。

また、洋服のデザインによってもサイズは異なります。

例え、普段の洋服がMサイズだとしても大きく着る事が流行りのデザインなのであればLサイズを着るべきなのです。

その為『ぴったりサイズ』の基準は、その時々によって変わる場合があります。

今の流行りの着方をしていなければダサイと言われても仕方がない部分もあるのかもしれません。

流行りを知るためには、普段から世間の変化に敏感でなければなりません。

どんな服が流行し、どんなカラーが今年の色なのか。

何となく世間を見たり、テレビを見て居るだけでその年の流行りを知る事が出来る様になるでしょう。

難しく考える必要はありません。

楽しみながら、様々なファッションを学んで見ては如何でしょうか。

なるべく着回しが効く服ばかり着ている


洋服を買うにもお金がかかります。

だからこそ、節約の為にも洋服の数を制限する事もあるかもしれません。

最近では『断捨離』という言葉も流行し、荷物を少なくする人が増えて着ています。

必要最低限の荷物を持って暮らす、ミニマリストなんて言葉もあります。

ですが、オシャレの観点から考えれば洋服の数が少ない事はオシャレとは言えません。

さまざまな服を、その時の時代に合わせて着回す事が、オシャレと言える人々なのです。

洋服の数を制限するという事は、それだけ着まわしのきく洋服を買う事になります。

無難で着回しの効く服は、個性がなくまさに『普通』な雰囲気になります。

それを使ってもオシャレにする事も出来ますが、それにはかなりのセンスが必要となります。

多くの人がそれを見真似するのには難しい部分もあるでしょう。

だからこそ、洋服の種類が少ないとオシャレに見えなくなってしまう場合も多々あるのです。

そのため、オシャレに見せたいのであれば洋服の数をある程度確保しておくことも大切なことなのでは無いでしょうか。

安っぽい服を買う

洋服は値段によって価値が決まるわけではありません。

その為、ブランド物を着ているからといっておしゃれといえるわけではなく結局は見た目がすべてです。

どんなに安い服だとしても、見た目がオシャレであればそれでいいのです。

ですが、最近では多くのプチプラと呼ばれるような洋服が流行りとなっています。

『プチプラ』とは、プチプライスの略語です。

プライスが小さいとは、すなち安いということを示しています。

プチプラをオシャレに取り入れることによって、最新の流行を気軽に着ることができるようになりました。

そのお陰で、格段にオシャレになった人もいるでしょう。

その一方で、安い服をそのまま安く見えるような形で合わせてしまうことによって安っぽい仕上がりになてしまう人もいます。

値段通りのファッションになってしまうと、おしゃれとは言えない仕上がりになってしまうことでしょう。

だからこそ、私たちはその洋服の持つセンスをしっかりと見極める必要があるのです。

ファッションにお金をかけずとも、オシャレに楽しむことができます。

ですが、それをするためには、自分自身のセンスをしっかりと磨いていかなければなりません。

そのためにも、普段から多くのファッションを目にし、自分の中でどんなファッションが流行っているのかを理解できるようにしておきましょう。

無名の激安ジーンズを着ている

ジーンズは値段の出やすいアイテムです。

最近では、プチプラと呼ばれる安く洋服を購入することが出来るお店も多く登場してきました。

だからこそ、昔に比べて気軽にファッションアイテムを購入することができるようになりました。

ですが、安い物を買い集める時には見た目も十分にこだわりましょう。

ただ安いアイテムは見た目も安い場合があります。

そんなアイテムを大量に購入したからと言って、オシャレになることはできないでしょう。

安いアイテムをいかに安く見えないように使うかが大事なポイントなのです。

ジーパンの場合は、ものによってはシルエットが美しくない物が多々あります。

お尻が大きく見えてしまったり、下がって見えたりするでしょう。

また、足の形などもデザインによって見て目が大きく変化するポイントです。

だからこそ、購入する際にはきちんと試着をして、実際の見た目を確認してから購入することをお勧めします。

また、長さを調整することができるかどうかも大きなポイントです。

プチプラと呼ばれるコスパの高いお店の中には、丈を詰めることができないものも多くあります。

ですが、永井所帯のまま履くことはあまりオシャレとは言えません。

自分のサイズに合わせることをお勧めします。

ジーパンは着る人を選ばず、気軽にオシャレになることができるアイテムです。

ですが、その一方でシンプルなデザインだからこそ、そのアイテムのもっているポテンシャルがとても重要になってくるのです。

ジーパンを購入する際は、その点も十分理解して値段だけではなくデザインも意識して購入しましょう。

靴下が白

これは、男性に多くみられるダサいポイントです。

どんなに決めている服装をしていても足元からチラリと見える靴下が真っ白だと、途端にダサいと感じるようになってしまいます。

特にスーツなどの場合は、そのダサさが際立つことでしょう。

ですが、白の靴下イコールダサいとは言えません。

白い靴下の方がオシャレに見える場合もあり、あえて目立たせる為に白を着ているということもあるでしょう。

その基準もまた、時代によって大きく変化しているポイントの一つです。

だからこそ、私たちは時代の変化を意識しておく必要があるのです。

最近では白い靴下を履き、その上におじさんのようなサンダルを履くファッションが流行しました。

若い人たちが見ればオシャレなそのファッションも、それ以外の人々が見ればダサく見てることもあります。

どれが正しくて、どれが間違ているのかは人によって異なる部分も多々あるのです。

奇抜はファッションをしたいのであれば、その基本をしっかりと理解してから行うことをおすすめします。

高度なファッションを再現する中で、曖昧な雰囲気のまま実践してしまうと、ダサい仕上がりになってしまうことも十分考えられるでしょう。

5年以上前に購入した服を着用している

ファッション業界は、常にぐるぐると回っています。

十数年前以上に流行したアイテムがまた時を超えて流行する場合もあります。

その為、年配の方からすれば懐かしいファッションを若い方々が最先端ファッションとして楽しんでいる場合も多々あります。

物持ちがいい人の中には、昔の洋服をきちんと保管している人もいるかもしれません。

時代が戻ってきたことによって、その大事にしまってきた服を着るチャンスがやってくることもあるでしょう。

ですが、そこに大きな落とし穴があるのです。

同じように見えるデザインだったとしても、そこには微妙な差がある場合があります。

その微妙な差が、ダサいファッションにつながていくのです。

昔と今とでは、微妙に違う部分があります。

そこを無視してしまう事によって、最先端ファッションではなく昔のままの服装と思われてしまうのです。

それはとてもダサいことでありまさに『残念』な仕上がりとなってしまいます。

まだ着れる洋服を処分することに、抵抗を感じる人もいるかもしれません。

ですが、昔の服を大事に保管しておいたとしても、それを着ることによってダサく見えてしまうのであれば意味がありません。

全てを保存しておけば、家が物であふれてしまうでしょう。

だからこそ、流行が終わったファッションは素直に処分してしまいましょう。

くたびれた服

どんなに気に入っている洋服も、オシャレなデザインもその洋服がクタクタになってしまえば寿命です。

そのことに気が付かず、何年も何年も着続けていれば『ダサい』と言われてしまうこともあるでしょう。

物を大切にすることは素晴らしことです。

だからこそ、洋服もどんどん無駄にするのではなくきちんと厳選して買うべきです。

そうすることによって、無駄な出費を抑え本当に必要なものだけを手元に置いておく事が出来るでしょう。

ですが、その一方洋服の枚数が少ないことによって、ほかの人と比べると着る機会が多くなることも多々あるでしょう。

そうなれば、洋服の寿命も早くなります。

あなたがまだ着れると思っているその服も、実はすでに寿命を迎えている場合も多々あります。

どんなに、元が高い洋服だったとしてもくたびれてぼろぼろになっている服はオシャレな服とは言えないでしょう。

そうなったものは、速やかに処分して新しい物を購入してください。

高い洋服を購入しなければならないということはありません。

例えプチプラと呼ばれる安い服であったとしても、きれいな洋服を着ることを心がけましょう。

ダサい!!と思われる人の特徴

オシャレは個人の自由です。

どんなアイテムをどんな風に合わせようと、自分がそれでいいと強く思っているのであればそれでいいのです。

昔の日本は、流行に偏りがあり皆がみんな同じような服装をして同じような髪型をしているなんてこともありました。

ですが、最近は違います。

みんな思い思いの服装を楽しむことが出来るようになり、ファッションジャンルも多様化しつつあります。

ファッションが多様化したことにより、『ダサい』と言われる内容もまた多様化しました。

だからこそ、自分の服装を客観的に見ることが出来ずとてもダサい服装をしていたとしても気が付くことが出来ない場合も多々あるのです。

『ダサい』と言われる基準は人によって様々です。

ですが、ファッションが多様化しているとは言え大多数の人からみれば『ダサい』服装は自分でどんなにいいと思っていても。

結局ダサいのです。

その為、恥ずかしい服装にならないようにする為にも多くの人が持つ基準のようなものを理解しておく事も大事なポイントとなるでしょう。

全てが派手

派手なデザインやカラーなどは、一つ使用することによってファッションのポイントとして使用することが出来るようになるでしょう。

だからこそ、オシャレな人の中にはあえて牙tな物をチョイスする場合もあります。

ですが、それもやりすぎてしまってはダサい服装になってしまいます。

なんでもかんでも派手な服装にしてしまうと、結果的にすべてが派手になってしまいます。

それはオシャレでも何でもなく、単なる派手な人でしょう。

その派手さも、狙ってしているのであればいいですが、結果敵にダサくなってしまっているのであればそれは『ダサい』といわれてしまっても仕方のない物なのかもしれません。

派手なアイテムを使用する為には、高いファッションセンスが必要となります。

そこに自身がある人は、是非挑戦してみることもいいでしょう。

ですが、そうでもない場合にはまずは1つからファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。

同じ服をずっと着ている

どんなにお気に入りの洋服も、おしゃれなデザインもいつもいつも来ていてはオシャレとは言われなくなってしまいます。

その人といえばその服というイメージがついてしまうことも。

また、同じものばかり着ていては、洋服が痛んでしまいます。

そのため、おしゃれなのかどうかという事以前に、みすぼらしい姿になってしまう事もあり得るのです。

最近では、流行のデザインを比較的安い値段で購入することが出来るプチプラと呼ばれるお店も多く登場しています。

そのため、わざわざぼろぼろの服装をする必要はまったくないのです。

まず必要な事は清潔感です。

もともとはオシャレなでデザインもぼろぼろでは意味がありません。

清潔感のある服装をしてこそ、オシャレかどうかがわかって来るのでしょう。

同じブランドばかり

誰しも『好み』というものがあります。

それは人間に対してだけではなく、ファッションに対しても同じことが言えるでしょう。

お店には多くの洋服が販売されていますが、その中でもあなたが気に入る物は限られています。

人によっては、ブランドで買い物をすることだってあるでしょう。

自分が好きなブランドでテイストを合わせることによって、チグハグにならない服装を作ることが出来るようになります。

ですが、一方で明らかにブランドがどこのものかが分かる服装を合わせてしまうと、途端にダサくなく可能性もあります。

その為、あまりにもわかりやすいブランドの場合には多様することはお勧め出来ません。

どこか一ポイントとして使用しましょう。

似合わない服を着ている

似合う・似合わないを知ることは、自分自身がいかに客観的に物事を判断することが出来るかというポイントにかかわってきます。

その為、洋服を着替えた際にはまずはきちんと全身を鏡で見てみましょう。

自分のイメージと出来上がりに差がないかどうかを、きちんと確認するのです。

そうすることによって、明らかにおかしい服装を避けることができるでしょう。

また、洋服を購入する際も出来るだけ試着をすることをお勧めします。

一見かわいいデザインも自分自身が着ることによって似合わないと感じることもあるでしょう。

デザインが良くても、色が似合わないなんてこともあり得ます。

また、同じ表記のサイズだとしても物によって違いもあり、実際に着てみたら小さかったなんてこともあるかもしれません。

そうならない為にも、まずはきちんと試着をし似合うかかどうかの確認をしましょう。

人によって、似あうかどうかは違います。

例え流行しているデザインだったとしてもあなたには似合わないことだってあり得るのです。

後から後悔しないためにも、試着をおすすめします。

下着のラインがミエミエ

これは、ダサいか同課の問題ではなくどちらかというと身だしなみの問題です。

洋服のデザインやカラーによっては、下着が見えやすいものもあります。

そのため、女性のか方々は実際に来た時に下着のデザインが見えないかどうかをしっかりと確認しておいてください。

自分では大丈夫だと思っていても、実際にはしっかり見えてしまっている場合もあります。

特に、白い色の物や薄手の生地の場合にはその危険性が特に高くなります。

その状態で外出すれば自分自身が恥ずかしい思いをするのです。

だからこそ、洋服を選ぶ際には下着のラインを気にしましょう。

下着のラインというと、どうしても女性が中心となります。

ですが、男性の場合も襟元から下着がはみ出せば、途端にダサくなります。

かがんだ時に、お尻が半分出てしまえば周りの人から白い目で見られることも。

その為、男女問わず身だしなみに気を付けることはとても大切な事でしょう。

小物が安っぽい

最近では、どんなアイテムを比較的安価で購入することが出来るようになりました。

洋服同様、お金をかける事無くオシャレなアイテムを使用する事が出来るようなったのです。

ですが、その際もアイテムを選ぶ際には『高見え』を意識しなければなりません。

例えば、300円で販売されているものが300円見えるのであれば意味がありません。

それが1000円にも2000円にも見えることによってそのアイテムがオシャレに見えるかどうかが変わって来るのでしょう。

安っぽい小物を使用してしまうと、ファッション全体を安い印象に変えてしまうことでしょ。

だからこそ、アイテムをチョイスする際は価格だけではなく、見た目にもこだわりましょう。

また、小物選びは年代も重要なポイントです。

10代であれば可愛いデザインも、30代使用することによってダサい印象になる原因になることもあるでしょう。

だからこそ、自分を客観的に見て、自分はどんな服装をしているのかを冷静に判断することも必要です。

おしゃれな人の真似ができていない

オシャレを意識している人の中には、モデルさんなどを参考にして自分自身のファッションを選ぼうと考えることもあるかもしれません。

たにんを参考にすることはとても良いことです。

どんなものが最近流行しているのかというきっかけを知ることが出来るからです。

ですが、その際には出来るだけ忠実に再現するようにしましょう。

モデルさんなどの服装を参考にする際、いいとこどりをしようとする人がいます。

しかし、それをしてしまうと全体のバランスがおかしなことになってしまう可能性もあるでしょう。

また、自分とモデルさんとの体系の違いを意識することを忘れてはいけません。

どんなにオシャレな服装も、着る人が違えばイメージは変わることでしょう。

その為、自分が思い描くファッションに結果的になっていない場合もあります。

そのことに気が付くことが出来なければ、ダサい服装になってしまう場合も多々あります。

おしゃれな人から学ぼう!オシャレポイントとは?

オシャレは、一日にしてならずです。

いきなり明日からオシャレな服装をしようと思ったとしても出来る物ではありません。

最初はおかしなファッションになってしまうこともあるでしょう。

まずは、基本を覚えるためにも多くの知識を身に着けることが必要です。

オシャレの場合は、ほかの勉強のように机にかじりついて行必要はありません。

たくさんのメディアをとおして、今の流行りに意識を向けるだけでもオシャレを身に着けることは出来ます。

また、だれか好きなモデルさんなどをみつけその人の真似をしてみることもお勧めです。

最初は、モデルさんと自分の違いに愕然とすることもあるでしょう。

ですが、そこにめげず真似をしてくことによって自分に似合う物を選ぶ力を身に着けることが出来るようになります。

さらには、見ているだけで今の流行りをどのように合わせる事がお勧めかを知ることが出来るようにもなります。

『勉強しよう』と思って始めると、続かないことも楽しみながら行うことが出来れば無理ない状態で楽しむことが出来るでしょう。

その為にも、まずは多くの物事に興味を持ち自分の中に吸収していくことが大切なポイントでしょう。

ファッションは、本来楽しみながらするものです。

自分の服装に自信を持つ為にも多くの情報の中から自分に似合うものを選ぶ力を身に着けていきましょう。

そうすることが出来るようになれば、たとえどんなファッションが流行ったとしても自分に似合うものを選ぶことが出来るようになるでしょう。

ダサい服とはおさらば!オシャレファッションを着こなそう(まとめ)

今の時代、オシャレには様々な定義があります。

年代やジャンルによってもその価値観は違います。

そのため、あなたが物凄くダサいと感じる服装であったとしても、見る人が見れば物凄くオシャレな場合もあります。

そのため、一概にこれはダメという定義を示すことが出来ません。

ですが、その中でも大多数の人が支持している考え方というものがあります。

その基準からずれてしまえば、例えそれが物凄いオシャレで奇抜な服装だとしても『ダサい』の一言で片付けられてしまうことでしょう。

そうならない為にも、まずは自分でどんな服装をしたいのか。

どんな仕上がりが正解なのかをしっかりと頭の中でイメージしておきましょう。

そうする事により、イメージから大きくそれる事はありません。

その後、出来上がったファッションを客観的に見てみてください。

自分の思っているイメージがきちんと再現することが出来ているでしょうか。

それを再現することが出来ているかどうかによっても、ダサいと言われるかどうかは変わってきます。

自分のイメージだけに固執するのではなく、しっかりと出来上がりを確認しましょう。

ファッションは個人の自由です。

どんな服装をしたとしても、他人に迷惑をかけないものであるならばとやかく言われる筋合いはないでしょう。

ですが、その中でも多くの人からダサいといわれてしまうファッションはあまりいいものだとは言えません。

どんなに他人から笑われても、自分はこのファッションが好きなんだという強い気持ちがあるのであれば、仕方のない部分もありますがそれ以外の場合は、出来るだけ番人受けするスタイルを考えることも大切な事でしょう。

『ダサい』と言われてうれしい人はいません。

他人から批判されないようにする為にも、是時自分のファッションを、もう一度しっかりと振り返ってみてはいかがでしょうか。

【おしゃれな服のコーディネートポイントは、こちらの記事もチェック!】