CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

人生設計で考えておいたほうが良い15個のこと


「人生設計を考える」。

結構、真面目で硬いテーマだと思われていますか?

いえいえ、とんでもない、人生なんていうのはあっという間、気が付いたらもう30、40、という事はざらなのです。

そうなった時に思う通りに人生が運んでなかったら、これは大変ですよね。

そこで今回はこれから人生という大荒波の中を航海していこうとする若き人達のための人生設計につて考えていきたいと思います。

人生設計とは

それではまず「人生設計」とは一体何?という素朴な疑問から入っていきましょう。

ここをしっかりイメージしておかないと、これからのお話は右の耳から左の耳への聞き流しになってしまいますからね。

将来の具体的な計画を立てること

人生設計とは自分の今後の将来の事について具体的な計画を立てていく事を意味します。

もし今あなたが高校を卒業した時ならば恐らく18歳くらいでしょう。

その時点を起点としてこれから起こっていってもらわなければ困る事、起こしたい事、夢や希望などを織り交ぜた要するに人生プラン、とでもいうべきものを計画してプラン化していく作業、という事になるのです。

人生の転機になるようなことを計画すること

人生の転機になるようなことを計画する男性
人生設計を計画するという事は、あなたの人生にとって、重要な転機になるであう事を予想してピックアップしていき大体において何歳くらいでそれが実現するのか。

それを紙に書くなりパソコンにかき上げていく作業の事をいいます。

人生における重要な転機。

例えば結婚ですね。

結婚はパートナーと一緒に新しい家庭を持って夫婦となり、二人一緒になって新生活に入っていくための重要な儀式です。

結婚は人生設計には外せないでしょう。

就職もあなたのこれからの人生を大きく左右する重大な出来事です。

どのような会社に入るかで人生の大勢が決まる(本当はそんなことはないのですが)かもしれません。

就職もはずせない人生計画の一つです

このようにあなたの人生において大きな転機、いわゆるターニングポイントですね。

そのような重大な転機となるようなタイミングを、予め計画しておく事が人生設計の一つといえるのです。

人生をデザイン、プランすること

人生をデザイン、プランすることもあなたにとっての重要な人生設計となります。

将来の夢、希望、やりたい事などなど。

ただ単に結婚したり就職したりするのではなく、どんな相手が希望なのか、結婚したらどんな家庭にしたいのか、会社に入ったらどんな仕事をしたいのか、など、将来に必ずや夢や希望を膨らませているはずです。

これらの夢や希望を自分の人生にどのようにデザインし、どのように実現するようプラン化するか。

全てはあなたの努力次第という事になってきます。

人生は正しい努力を行えば、必ずや自分の思い描いた通りのプランに近づくはずです。

どうぞ、具体的な夢や希望をデザイン化してあなたの人生を実り多き、良き人生にするよう頑張りましょう。

人生設計で考えておいたほうがいい15個のこと

では実際の人生設計において考えておいたほうがいい事を15個、ご紹介していきましょう。

どうせ立てるなら、人生設計というものは必達したいものです。

そのための知恵とちょっとした工夫を考えていきましょう。

1.何をやりたいか

何をやりたいか人生設計する男性
人生設計で考えておいたほうがいいことの最初の1つ目は「何をやりたいか」です。

これは人生設計に限らずあらゆる目標設定において、一番最初に手をつけておかなければならないテーマです。

自分自身が一体、何をやりたいと思っているのか。

これを具体的に抽出していない事には、何も始まらないのです。

具体的に考えておく

あなたのこれからの人生、恐らくまだ真剣に考えていない方が多いかも分かりません。

あるいは幼少時から親から強制的にやらされているある分野の事を宿命的にやらなければならない人もいる事でしょう。

どちらにしても人間が人間らしく生きていくためには何らかの「これを一生の仕事と思ってやりたい!」と思えるような、具体的な目標を設定しておかなければなりません。

結果というものはしかるべく目標があって初めて伴ってくるものです。

人間はこの世に生をうけて生まれてきたからには、事の大きい小さいは別にして何らかの目標を遂行し、達成していかなければならないのです。

それが人間に与えられた使命なのです。

よって、人生設計を立てる段階においてまず真っ先にやってもらい事は「何をやりたいか」という事を具体的に決めていくことなのです。

ページトップ