男と女では、体つきはもちろん、思考方法もまったく違っています。

ある場面では女性の方が感情的になりやすく、またある場面では男性の方が頑固になります。

性別が違っているからこそ揉めることもあれば、上手く関係が合わさることもあるのです。

そんな男女のそれぞれの良いところと悪いところをご紹介していきます。

男女それぞれの良いところ・悪いところ25選

あなたは自分が男(女)に生まれて良かったと思いますか?

時々、「生まれ変わったら女になりたい」や、「男に生まれたかった~」などと、自分の性別を嘆く人がいます。

冗談でそう言う人もいれば、性同一性障害のように深刻な悩みを抱えている人もいます。

自分とは異なる性別を求める人は、思考や言動が本来の性別とは反対に近いことが多いです。

また、自分にはない力や考え方に憧れを抱く場合もいます。

そうなる理由は幼い頃の家庭環境や、人間関係などが大きく影響していますが、今とは違う性別になりたいと強く望んだ結果、手術をして性別を入れ変えようとする人もいます。

そうした生き方はその人自身の自由ですし、現代では悪いことと定義されているわけでもありません。

しかしそれほどまでに、男女の性別の差は大きく、また絶対的なものなのでしょう。

そんな男女にはどのような良いところや悪いところがあるのでしょうか?以下に詳しく見ていきましょう。

1、男は力が強い


男性は女性に比べると力が強いです。

女性でも本格的に鍛えている人はある程度力が強くなれますが、それでもやはり男性の本気の力には劣ります。

男性が女性よりも力が強いのは、筋肉量に差があるからだと言われています。

一般的に女性の筋肉量は体重の30%だとされていますが、男性の場合には筋肉量は体重の45%だとされています。

男性と女性との二の腕部分を見比べると、その差はよく分かると思います。

男性の場合は二の腕が細くても筋肉の筋がうっすらと浮いて見えますが、女性で二の腕が細い人は筋肉の筋はそこまで見えません。

肉付きがよければ余計にふっくらとしていますので、一見して女性の方が筋肉質な体つきには見えないでしょう。

筋肉の付き方や量にももちろん個人差はあります。

しかし健康的な男女の肉体を比べると、明らかに男性の方が女性よりもがっしりとしていて、力強いつくりをしています。

そのため、一般的には男性の方が女性よりも力が強いのです。

2、女はしなやかさがある

男性の方が女性よりも力強いのが一般的ですが、一方で女性の方が男性よりもしなやかさがあると言われています。

女性は男性よりも筋肉量が少ない分、脂肪が多いです。

その脂肪は子どもを産むために必要なものですので、筋肉よりも脂肪が多くつく体のつくりになっているのです。

ですから、女性はどうしても男性よりも太りやすい体質をしていますが、筋肉よりも脂肪の量が多い分、硬さではなく柔らかさが勝っています。

よく「しなやかな体」と例えることがありますが、この言葉で例えられるのはほとんどが女性です。

男性がしなやかだと例えられるのは、体操選手のように極端に柔らかい体つきをしている場合くらいでしょう。

一方で女性の場合には、多くが当たり前にこのしなやかさを生まれながらにして持っています。

胸元から腰にかけてのくびれや、ふっくらとして大きめのお尻の弾力は柔らかで、男性にはないものでしょう。

だからこそ、男性は女性のしなやかでふっくらとした柔らかい肌の感触を好むことが多いのです。

3、女は会話が得意


女性は会話をしている時、驚くほどに頭の回転が速くなっています。

快活におしゃべりをしながら、頭の中ではほぼ無意識に次から次へと話したいことの内容が浮かび上がってきます。

仕事や勉強など、苦手なことや嫌いなことをする時には頭の回転がそこまで活発にならなくても、おしゃべりのように自分が楽しめることに関しては、男性以上に会話を弾ませたり、盛り上げたりすることが得意です。

もちろん中には恥ずかしがり屋で、人前で話をしたがらない女性もいますが、同性同士や仲の良い友達とおしゃべりをする時には、やはり話のタネは尽きないでしょう。

女性は相手の様子から、時には自分を下げて相手をおだてたり、良い気分にさせたりすることが男性よりも上手です。

男性でキャバクラやスナックにはまる人がいますが、そうした場所では男性をその気にさせるのが巧みな女性が多いです。

だからこそ、男性もキャバクラやスナックに行けば気分良くなれるため、つい通ってしまうのでしょう。

また、会社で接待をするのは女性の役になっているところも多いですが、それも性差別ではなく、単純に女性の方が話をするのが上手いからという理由もあります。

4、男は空間認識が優れている

空間認識は空間認識能力という言葉で表されることが多いです。

この空間認識能力とは、自分の周りにあるあらゆる物体との距離や大きさ、位置や感覚などの情報を素早く読み取って動くことの出来る能力をいいます。

例えば自分が歩いている時に、後ろから追い越そうとする人や正面から向かってくる人との距離を瞬時に感知して、ぶつからないように避けて歩くことが当たり前に出来る人は、空間認識能力に優れていると言えるでしょう。

そしてこの空間認識は、女性よりも男性の方が優れていると言われています。

男性は遥か古代、外へ狩りに出かけて獲物を捕り、家で待つ家族を守るという生き方をしてきました。

そのため、外へ出た時には獲物を瞬時に察知する能力が必要になりましたし、また外敵から狙われないように常に周囲に気を配らなければなりませんでした。

現在では生活スタイルが大きく変化していますが、やはり外へ働きに出て家庭を守るという基本的なところは昔のままです。

そのため、家で帰りを待つ女性に比べると空間認識能力に優れていると言われているのです。

現代では女性も働きに外へ出る時代ですが、それでもやはり男性よりは空間認識が苦手だと言われています。

5、男はネチネチしていない

男性は女性よりもさっぱりして後腐れがあまりない性格だと言われています。

一方で、女性は時に陰湿だとか、「ネチネチしている」だとか言われることがあります。

時々男性でねちっこい性格をしている人に対して、「ネチネチと女みたいなやつだな」といった発言をすることがありますが、その発言自体が「女性はネチネチしている」と決めつけた発言でしょう。

女性がネチネチとしてしまうのは、自分が受けた苦痛やストレスといった嫌な出来事を、いつまでも記憶に留めているからだと言われています。

いつまでも頭に残っているからこそ、どんなに過去の出来事であっても、喧嘩をした時などには記憶の引き出しからそれが引っ張り出されてきます。

その結果既に過去の話をまた引き合いに出すことがあるため、男性からすれば「とっくに過ぎた話をいつまでもネチネチと・・・」と思えてしまうのです。

一方で男性の場合には、過ぎたことはさっぱりと忘れてどんどん次に進んでいく人が多いため、女性ほどネチネチしていないとされています。

6、女はオシャレを楽しめる

男性も女性も、オシャレが好きな人はとことんオシャレを楽しみます。

その上で、一般的に男性よりも女性の方がよりオシャレを楽しむと言われています。

その理由は男性と女性とで、重視する部分が違うという点が挙げられます。

例えば男性にとって最重要なことは、会社で働いてお金を稼ぐことでしょう。

そして昇進を目指したり、家庭を守ったりすることをまずは最優先に考える人が多いため、オシャレは二の次という人も決して少なくはありません。

一方の女性は、最近では男性に頼らずバリバリと働くキャリアウーマンも多いですが、それでも女性としての嗜みや、ファッションなどで自分磨きをして、良い相手を見つけることを目的としている人も多いです。

一概にそれが全ての理由だとは言えませんが、そうした生活を送る上で何を重要視しているかという考え方の違いから、男性よりも女性の方がオシャレを楽しんでいる人が多いと言われています。

また、実際に女性の方が、ファッションだけでなくメイクや髪型もたくさん弄れるため、磨きがいの多さからも女性の方がより楽しんでいるとする説もあります。

7、男の友情は一生

男性の友情は一生続くと言われています。

それは例えどちらかに、もしくはお互いに彼女が出来たとしても、変わりなく続いていくものです。

男性は自分の中で恋愛と友情をまったく切り離して考えているため、「友達は友達、恋人は恋人」とどちらのことも大切な気持ちに変化はありません。

また、例え一時は恋人にのめり込んだとしても、落ち着いたらきちんと友達との関係も大切にしますし、それは結婚して家庭を持ってからも同じです。

そして男性によっては、どんなに好きな相手が出来たとしても、友達よりも恋人を優先させることなどなく、むしろいつでも友達との関係を最優先させるという人もいます。

男性にとって女性は良いパートナーではありますが、お互いの気持ちを心から理解し合えるのは同じ男性だけだと考えている人もいます。

そのような男性の場合には、男同士の友情をいつまでも尊重して大事にすることが多いのです。

8、女の友情は恋愛で壊れる

男性の友情はいつまでも続くと言われていますが、一方で女性の友情は恋愛によって壊れやすいと言われています。

女性は男性よりも感情的な生き物ですので、友達に彼氏がいたとしても、自分が好きになってしまったら、友達への気遣いよりも男性への気持ちの方が強くなってしまうことがあります。

そうなってしまうと友達がいない隙に友達の彼氏にアプローチをしてしまい、その結果友情が壊れてしまうということが意外に少なくはないのです。

他人のものが欲しくなるという感情は、男にも女にもあります。

とくに女性の場合は、本能的に良い遺伝子を残そうとしてパートナーを選びますが、すでに他人のものになっている男性を見ると、「他の女性に選ばれるほどに良い男なのか」と無意識に感じます。

それゆえに相手の男性を優秀な遺伝子なのだと本能が判断して、欲しくなってしまうとする説があります。

また、男性は子種を残すだけですので、それさえしてしまえば男同士の友情には一切ヒビが入ることはありませんが、女性の場合には子どもを産んで育てるという一大使命を背負っています。

それ故に女同士の友情よりも自分の家庭を優先させようと本能が働き、友情よりも恋愛を優先させるのだとも言われています。

だからこそ、友達同士で同じ異性を好きになってしまった時には、どうしてもその友情は壊れやすいのです。

9、男は生活面でだらしない

男性は生活面でだらしない人が多いと言われています。

もちろん男性によっては私生活もきっちりとしている人もいますが、全体の割合としては生活面が女性よりも男性の方がややだらしないと言えるでしょう。

男性は遥か昔、外で獲物を狩る生活をしていました。

そして獲物を狩ったら家へ持ち帰り、家では女性が料理をしたり、家のことをやっていたりしたとされています。

つまり男性の仕事は獲物の獲得であり、家のことは女性に任せていたのです。

現代では女性も外へ働きに出かける時代になっていますが、それでも基本的には男性が外へ働きに出て、女性は家を守るという形がそのまま残っています。

そのため、男性にとって重要なのは外で仕事をするということであり、家のことをあれこれとするのは二の次という考え方があります。

だからこそ家では気を抜いて、女性から見ればだらしない生活になっていることが少なくはないのです。

家庭を持っている人で、家のことは妻に任せているという人はそれでも良いでしょう。

しかし、一人身で家の中はぐちゃぐちゃで生活は適当な男性の場合、女性からは引かれてしまうこともあります。

10、女はレディースデイ等の特典がある

女性の場合、あちこちのお店でレディースデイという特典がついていることが多いです。

その理由は、男性よりも女性の方が買い物に出る機会が増えることで、店の売り上げが上がり、市場経済が回りやすいからとされています。

女性は普段家庭を守っていることが多いですが、男性が稼いできたお金をやり繰りしたり、お財布の紐を握っていたりすることも多いです。

そのため家庭によっては、男性よりも女性の方がお金を持っていることになります。

また一人身の女性でも、オシャレが好きだったり買い物が好きだったりする人は、男性よりも頻繁に外で買い物をする機会が多いでしょう。

そんな女性の懐具合を把握しているお店が多いため、あちこちのお店では女性が買い物に来てくれるようにと、レディースデイなどの特典がついているのです。

女性にとっては安く遊んだり買い物が出来たりするのでラッキーでしょう。

11、男はどんな店でも1人で行き易い

男性は比較的、どんな店でも1人だけで行きやすいです。

ファーストフードや喫茶店はもちろん、牛丼屋やラーメン屋、居酒屋や焼肉店まで、どこでも平気で1人だけで行けてしまいます。

男性は女性のように誰かとつるむことを必要としておらず、自分で好きな時に好きな場所へ赴くことを好みます。

また、子どもや学生の頃からそうして単独行動に慣れているため、大人になってからも抵抗なくいろんなお店へ1人きりで出かけられるのです。

一方の女性は、集団行動を好みます。

女子学生を見ていればよく分かると思いますが、常に同性の友人と一緒に行動していますよね。

授業の移動も、トイレも、昼食も、何をするにも誰かと一緒につるんでいます。

そのため、1人だけで出かけるのは不安に感じやすく、また店に入るのも恥ずかしがる傾向が強いです。

ファーストフードやカフェであればまだしも、居酒屋や焼肉店へ1人で行ける女性がいるとすれば、かなりさばさばとした性格の人である可能性が高いでしょう。