男と女では、体つきはもちろん、思考方法もまったく違っています。

ある場面では女性の方が感情的になりやすく、またある場面では男性の方が頑固になります。

性別が違っているからこそ揉めることもあれば、上手く関係が合わさることもあるのです。

そんな男女のそれぞれの良いところと悪いところをご紹介していきます。

男女それぞれの良いところ・悪いところ25選

あなたは自分が男(女)に生まれて良かったと思いますか?

時々、「生まれ変わったら女になりたい」や、「男に生まれたかった~」などと、自分の性別を嘆く人がいます。

冗談でそう言う人もいれば、性同一性障害のように深刻な悩みを抱えている人もいます。

自分とは異なる性別を求める人は、思考や言動が本来の性別とは反対に近いことが多いです。

また、自分にはない力や考え方に憧れを抱く場合もいます。

そうなる理由は幼い頃の家庭環境や、人間関係などが大きく影響していますが、今とは違う性別になりたいと強く望んだ結果、手術をして性別を入れ変えようとする人もいます。

そうした生き方はその人自身の自由ですし、現代では悪いことと定義されているわけでもありません。

しかしそれほどまでに、男女の性別の差は大きく、また絶対的なものなのでしょう。

そんな男女にはどのような良いところや悪いところがあるのでしょうか?以下に詳しく見ていきましょう。

1、男は力が強い


男性は女性に比べると力が強いです。

女性でも本格的に鍛えている人はある程度力が強くなれますが、それでもやはり男性の本気の力には劣ります。

男性が女性よりも力が強いのは、筋肉量に差があるからだと言われています。

一般的に女性の筋肉量は体重の30%だとされていますが、男性の場合には筋肉量は体重の45%だとされています。

男性と女性との二の腕部分を見比べると、その差はよく分かると思います。

男性の場合は二の腕が細くても筋肉の筋がうっすらと浮いて見えますが、女性で二の腕が細い人は筋肉の筋はそこまで見えません。

肉付きがよければ余計にふっくらとしていますので、一見して女性の方が筋肉質な体つきには見えないでしょう。

筋肉の付き方や量にももちろん個人差はあります。

しかし健康的な男女の肉体を比べると、明らかに男性の方が女性よりもがっしりとしていて、力強いつくりをしています。

そのため、一般的には男性の方が女性よりも力が強いのです。

2、女はしなやかさがある

男性の方が女性よりも力強いのが一般的ですが、一方で女性の方が男性よりもしなやかさがあると言われています。

女性は男性よりも筋肉量が少ない分、脂肪が多いです。

その脂肪は子どもを産むために必要なものですので、筋肉よりも脂肪が多くつく体のつくりになっているのです。

ですから、女性はどうしても男性よりも太りやすい体質をしていますが、筋肉よりも脂肪の量が多い分、硬さではなく柔らかさが勝っています。

よく「しなやかな体」と例えることがありますが、この言葉で例えられるのはほとんどが女性です。

男性がしなやかだと例えられるのは、体操選手のように極端に柔らかい体つきをしている場合くらいでしょう。

一方で女性の場合には、多くが当たり前にこのしなやかさを生まれながらにして持っています。

胸元から腰にかけてのくびれや、ふっくらとして大きめのお尻の弾力は柔らかで、男性にはないものでしょう。

だからこそ、男性は女性のしなやかでふっくらとした柔らかい肌の感触を好むことが多いのです。

3、女は会話が得意


女性は会話をしている時、驚くほどに頭の回転が速くなっています。

快活におしゃべりをしながら、頭の中ではほぼ無意識に次から次へと話したいことの内容が浮かび上がってきます。

仕事や勉強など、苦手なことや嫌いなことをする時には頭の回転がそこまで活発にならなくても、おしゃべりのように自分が楽しめることに関しては、男性以上に会話を弾ませたり、盛り上げたりすることが得意です。

もちろん中には恥ずかしがり屋で、人前で話をしたがらない女性もいますが、同性同士や仲の良い友達とおしゃべりをする時には、やはり話のタネは尽きないでしょう。

女性は相手の様子から、時には自分を下げて相手をおだてたり、良い気分にさせたりすることが男性よりも上手です。

男性でキャバクラやスナックにはまる人がいますが、そうした場所では男性をその気にさせるのが巧みな女性が多いです。

だからこそ、男性もキャバクラやスナックに行けば気分良くなれるため、つい通ってしまうのでしょう。

また、会社で接待をするのは女性の役になっているところも多いですが、それも性差別ではなく、単純に女性の方が話をするのが上手いからという理由もあります。

4、男は空間認識が優れている

空間認識は空間認識能力という言葉で表されることが多いです。

この空間認識能力とは、自分の周りにあるあらゆる物体との距離や大きさ、位置や感覚などの情報を素早く読み取って動くことの出来る能力をいいます。

例えば自分が歩いている時に、後ろから追い越そうとする人や正面から向かってくる人との距離を瞬時に感知して、ぶつからないように避けて歩くことが当たり前に出来る人は、空間認識能力に優れていると言えるでしょう。

そしてこの空間認識は、女性よりも男性の方が優れていると言われています。

男性は遥か古代、外へ狩りに出かけて獲物を捕り、家で待つ家族を守るという生き方をしてきました。

そのため、外へ出た時には獲物を瞬時に察知する能力が必要になりましたし、また外敵から狙われないように常に周囲に気を配らなければなりませんでした。

現在では生活スタイルが大きく変化していますが、やはり外へ働きに出て家庭を守るという基本的なところは昔のままです。

そのため、家で帰りを待つ女性に比べると空間認識能力に優れていると言われているのです。

現代では女性も働きに外へ出る時代ですが、それでもやはり男性よりは空間認識が苦手だと言われています。

5、男はネチネチしていない

男性は女性よりもさっぱりして後腐れがあまりない性格だと言われています。

一方で、女性は時に陰湿だとか、「ネチネチしている」だとか言われることがあります。

時々男性でねちっこい性格をしている人に対して、「ネチネチと女みたいなやつだな」といった発言をすることがありますが、その発言自体が「女性はネチネチしている」と決めつけた発言でしょう。

女性がネチネチとしてしまうのは、自分が受けた苦痛やストレスといった嫌な出来事を、いつまでも記憶に留めているからだと言われています。

いつまでも頭に残っているからこそ、どんなに過去の出来事であっても、喧嘩をした時などには記憶の引き出しからそれが引っ張り出されてきます。

その結果既に過去の話をまた引き合いに出すことがあるため、男性からすれば「とっくに過ぎた話をいつまでもネチネチと・・・」と思えてしまうのです。

一方で男性の場合には、過ぎたことはさっぱりと忘れてどんどん次に進んでいく人が多いため、女性ほどネチネチしていないとされています。

6、女はオシャレを楽しめる

男性も女性も、オシャレが好きな人はとことんオシャレを楽しみます。

その上で、一般的に男性よりも女性の方がよりオシャレを楽しむと言われています。

その理由は男性と女性とで、重視する部分が違うという点が挙げられます。

例えば男性にとって最重要なことは、会社で働いてお金を稼ぐことでしょう。

そして昇進を目指したり、家庭を守ったりすることをまずは最優先に考える人が多いため、オシャレは二の次という人も決して少なくはありません。

一方の女性は、最近では男性に頼らずバリバリと働くキャリアウーマンも多いですが、それでも女性としての嗜みや、ファッションなどで自分磨きをして、良い相手を見つけることを目的としている人も多いです。

一概にそれが全ての理由だとは言えませんが、そうした生活を送る上で何を重要視しているかという考え方の違いから、男性よりも女性の方がオシャレを楽しんでいる人が多いと言われています。

また、実際に女性の方が、ファッションだけでなくメイクや髪型もたくさん弄れるため、磨きがいの多さからも女性の方がより楽しんでいるとする説もあります。

7、男の友情は一生

男性の友情は一生続くと言われています。

それは例えどちらかに、もしくはお互いに彼女が出来たとしても、変わりなく続いていくものです。

男性は自分の中で恋愛と友情をまったく切り離して考えているため、「友達は友達、恋人は恋人」とどちらのことも大切な気持ちに変化はありません。

また、例え一時は恋人にのめり込んだとしても、落ち着いたらきちんと友達との関係も大切にしますし、それは結婚して家庭を持ってからも同じです。

そして男性によっては、どんなに好きな相手が出来たとしても、友達よりも恋人を優先させることなどなく、むしろいつでも友達との関係を最優先させるという人もいます。

男性にとって女性は良いパートナーではありますが、お互いの気持ちを心から理解し合えるのは同じ男性だけだと考えている人もいます。

そのような男性の場合には、男同士の友情をいつまでも尊重して大事にすることが多いのです。

8、女の友情は恋愛で壊れる

男性の友情はいつまでも続くと言われていますが、一方で女性の友情は恋愛によって壊れやすいと言われています。

女性は男性よりも感情的な生き物ですので、友達に彼氏がいたとしても、自分が好きになってしまったら、友達への気遣いよりも男性への気持ちの方が強くなってしまうことがあります。

そうなってしまうと友達がいない隙に友達の彼氏にアプローチをしてしまい、その結果友情が壊れてしまうということが意外に少なくはないのです。

他人のものが欲しくなるという感情は、男にも女にもあります。

とくに女性の場合は、本能的に良い遺伝子を残そうとしてパートナーを選びますが、すでに他人のものになっている男性を見ると、「他の女性に選ばれるほどに良い男なのか」と無意識に感じます。

それゆえに相手の男性を優秀な遺伝子なのだと本能が判断して、欲しくなってしまうとする説があります。

また、男性は子種を残すだけですので、それさえしてしまえば男同士の友情には一切ヒビが入ることはありませんが、女性の場合には子どもを産んで育てるという一大使命を背負っています。

それ故に女同士の友情よりも自分の家庭を優先させようと本能が働き、友情よりも恋愛を優先させるのだとも言われています。

だからこそ、友達同士で同じ異性を好きになってしまった時には、どうしてもその友情は壊れやすいのです。

9、男は生活面でだらしない

男性は生活面でだらしない人が多いと言われています。

もちろん男性によっては私生活もきっちりとしている人もいますが、全体の割合としては生活面が女性よりも男性の方がややだらしないと言えるでしょう。

男性は遥か昔、外で獲物を狩る生活をしていました。

そして獲物を狩ったら家へ持ち帰り、家では女性が料理をしたり、家のことをやっていたりしたとされています。

つまり男性の仕事は獲物の獲得であり、家のことは女性に任せていたのです。

現代では女性も外へ働きに出かける時代になっていますが、それでも基本的には男性が外へ働きに出て、女性は家を守るという形がそのまま残っています。

そのため、男性にとって重要なのは外で仕事をするということであり、家のことをあれこれとするのは二の次という考え方があります。

だからこそ家では気を抜いて、女性から見ればだらしない生活になっていることが少なくはないのです。

家庭を持っている人で、家のことは妻に任せているという人はそれでも良いでしょう。

しかし、一人身で家の中はぐちゃぐちゃで生活は適当な男性の場合、女性からは引かれてしまうこともあります。

10、女はレディースデイ等の特典がある

女性の場合、あちこちのお店でレディースデイという特典がついていることが多いです。

その理由は、男性よりも女性の方が買い物に出る機会が増えることで、店の売り上げが上がり、市場経済が回りやすいからとされています。

女性は普段家庭を守っていることが多いですが、男性が稼いできたお金をやり繰りしたり、お財布の紐を握っていたりすることも多いです。

そのため家庭によっては、男性よりも女性の方がお金を持っていることになります。

また一人身の女性でも、オシャレが好きだったり買い物が好きだったりする人は、男性よりも頻繁に外で買い物をする機会が多いでしょう。

そんな女性の懐具合を把握しているお店が多いため、あちこちのお店では女性が買い物に来てくれるようにと、レディースデイなどの特典がついているのです。

女性にとっては安く遊んだり買い物が出来たりするのでラッキーでしょう。

11、男はどんな店でも1人で行き易い

男性は比較的、どんな店でも1人だけで行きやすいです。

ファーストフードや喫茶店はもちろん、牛丼屋やラーメン屋、居酒屋や焼肉店まで、どこでも平気で1人だけで行けてしまいます。

男性は女性のように誰かとつるむことを必要としておらず、自分で好きな時に好きな場所へ赴くことを好みます。

また、子どもや学生の頃からそうして単独行動に慣れているため、大人になってからも抵抗なくいろんなお店へ1人きりで出かけられるのです。

一方の女性は、集団行動を好みます。

女子学生を見ていればよく分かると思いますが、常に同性の友人と一緒に行動していますよね。

授業の移動も、トイレも、昼食も、何をするにも誰かと一緒につるんでいます。

そのため、1人だけで出かけるのは不安に感じやすく、また店に入るのも恥ずかしがる傾向が強いです。

ファーストフードやカフェであればまだしも、居酒屋や焼肉店へ1人で行ける女性がいるとすれば、かなりさばさばとした性格の人である可能性が高いでしょう。

12、男の一人暮らしは安全

男性の一人暮らしは女性にくらべるととても安全です。

何故なら性的な部分で襲われる可能性が極めて低く、また泥棒や強盗も、力の強い男性の家へはわざわざ入ろうとしないからです。

もちろんこの限りではありませんが、女性の一人暮らしに比べればとても安全性が高いため、住む場所もセキュリティーが甘いところでも比較的平気で住むことが出来ます。

13、女は陰口を言う

男性はさっぱりとした性格をしている人が多く、いつまでも過去のことをネチネチと引きずるようなことはあまりありません。

そのため、苛立つことがあってもそれは一時のものに過ぎないことが多いです。

一方の女性は男性に比べると粘着質な性格をしている傾向にあります。

自分が不快に感じたことをいつまでも覚えているため、事あるごとにその話を持ち出したり、表立っては言わないものの陰口を言ったりすることが少なくありません。

本人に言わず陰で悪口を言うのは、表面上は良好な関係を保っておきたいという打算的な考え方からきていることが多いです。

また、悪く思われたくないという自分可愛さも関係していることでしょう。

14、男はマザコンになり易い

男性は女性よりもマザコンになりやすい傾向が見られます。

女性でもいつまで経っても実家離れが出来ない人がいますが、それは実家の居心地の良さや、なにくれとなく面倒を見てくれるからというところから来ていることが多いです。

一方で男性は、女性以上に精神的な部分でいつまでも母親を求めていることがあります。

本人は無自覚でも、彼女や妻を何かと自分の母親と比較したり、あるいはハッキリと「母さんならこうする」とマザコンっぷりを表わしたりする人もいるでしょう。

男性にとっての母親とはそれだけ大きな存在ですが、母親とまったく同じことを彼女や妻に求めるのはお門違いですし、マザコンだと罵られても仕方がないでしょう。

15、女は共感性が高い

女性は男性に比べると、共感性が高いとされています。

それは、女性が感情豊かで、また想像力も男性以上にあるからだとする理由が挙げられます。

男性は友人に何か遭った時に、「大変だなぁ」と労う態度を表わしますが、心の底では当人のように辛い気持ちを理解出来ているわけではありません。

一方の女性は、友人に何か遭った時、無意識に「自分だったら」と立場を置き換えて想像します。

そのため男性よりも友人に対して感情移入がしやすく、その結果共感性が高くなるのです。

女性は会話の中でよく、「分かるよ~」と口にしますよね。

それも共感性の高さ故に、相手の気持ちになって理解しようとしたことで気持ちが分かると口に出していることが多いのです。

16、女は精神的成熟が早い

女性は男性に比べると、精神的な成熟が早いと言われています。

精神的な成熟に限らず、子どもの頃や学生の頃には、まず男の子よりも女の子の方が早く身長が伸び、成長することが多いです。

それに伴って精神的にも成長していきますが、単純に体の成長以外でも、女性の方が早く精神的に成熟するのには他の要因もあります。

男性は良くも悪くも理屈っぽく、頭で物事を考えることが多いです。

一方の女性は、理屈で考えるよりも心で感じることの方が多いです。

いわゆる「感性」なのですが、女性はこの感性が男性よりも鋭いため、あらゆる物事を心で素直に受け止めることが出来ます。

そのため男性以上に感情的になりやすいですが、さまざまなことを常に鋭い感性で察知していますので、精神的な成熟が早いのだとされています。

17、男は子供っぽい

女性は成長すると大人の女性として振舞うことが多いですが、男性の場合は、いくつになっても少年の心を忘れない人が多いです。

普段は理屈で物事を考えて行動していますが、時々少年の頃の気持ちが顔を出すことがあります。

そのため年齢に関係なく大声ではしゃいだり、バカをしたりと、女性からすれば子どもっぽい言動をすることがあります。

ともあれ、そんな時に子どもっぽくなる男性を可愛いと思う女性もいれば、精神的に子どもだと嫌悪する女性もいます。

はしゃぐ時にはしゃげるのは良いことですが、それもTPOを弁えないと「いい年をして子どもでもあるまいに」と言われてしまいます。

18、男は低所得・低学歴だとバカにされる

女性が容姿や家柄で判断されることが多いとすれば、男性の場合には所得や学歴で判断されることが多いです。

先にも挙げたように、女性は本能的に優秀な男性の遺伝子をこの世に残したいと考えています。

そのため、自然と男性の収入や学歴を気にしてしまう傾向があります。

もちろん女性の全員がそうだというわけではありませんが、現実として男性が女性に見定められる際に重要視されるのはこの2点なのです。

女性によっては男性を学歴や収入でしか判断しないこともありますので、低所得な男性や低学歴な男性は、そうした女性から見れば最初から対象外として弾かれてしまいます。

また、収入や学歴を気にしない女性であっても、女性の両親が気にする場合には、結婚するのが困難な道のりになることも少なくありません。

19、女はコミュニケーション力が高い

女性は男性よりも感性が鋭いです。

相手の気持ちや求めている言葉などを察する能力も高いため、男性以上に話術やコミュニケーション能力が高いと言われています。

実際に、水商売のように女性が会話で男性を気持ちよくさせる職業が多いのは、それだけたくさんの女性が高いコミュニケーション能力を持っているでしょう。

そしてまた、男性もそんな女性の話術にはまってしまう人が多いからこそ、そうした職業にいつまでも需要があるのでしょう。

男性の中には、女性のおしゃべりに辟易してしまっている人もいるかもしれません。

しかしそれだけ女性は話題にも豊富で、人と話すことが得意だという表れでもあるのです。

20、女は男の下に見られる

現代では男女平等の社会が進んできています。

しかし、まだまだ女性は何かと男性の下に見られることが多いです。

それは神話や物語の中で、そして会社での立場においても、あらゆる場面で見られます。

最近の若い男性の中には、女性を完全に男性と同等に考えている人もいるでしょう。

しかし年齢が上の男性ほど、昔からの考え方で無意識に女性を男性よりも下の立場に見ている人はまだまだたくさんいます。

そうした男性では、何かあると「女のくせに」と発言したり、セクハラやパワハラをしたり、自分の都合の良いように女性を使おうとするため、女性からは酷く嫌がられます。

21、女は優しくして貰える

女性は男性よりも下に見られることが多いですが、反面社会的に守ってもらえることが多く、また男性からも優しくしてもらえることが多いです。

女性は男性よりも非力だからと力を使う作業も免除されやすく、何かと気を遣われることも多いです。

とくに女性を下に見ている男性ほど、女性を「自分よりも劣っている」と考えているため、食事に行けば当たり前に自分がお金を出し、無理はさせないなど、実は女性にとっては都合の良いこともあるのです。

22、男は理論的に考えられる

女性は感性の鋭さから、何かと感情的になることが少なくありません。

また、予想外の出来事に陥った時にはパニックになりやすいです。

一方で男性の場合には、理屈で物事を考えることが多いです。

仮に予想外の出来事に見舞われたとしても、直ぐに頭の中で考えをまとめ、冷静な判断を下すことが女性よりも得意です。

そのため、男性は女性よりも理論的に物事を考えられるのだとされています。

23、女は感情的になり易い

先にも挙げたように、女性は鋭い感性を持っています。

それ故に直情的で、また感情的になりやすい性質をしています。

カッとなることがあればヒステリックになってしまいますし、悲しいことがあれば我慢出来ずにしくしくと涙を流してしまうこともあります。

女性は男性よりもそうした喜怒哀楽の感情が豊かです。

それは良い時もあれば悪い時もあります。

とくに場の空気を読まずに自分勝手に感情的に振舞った時には、周囲からの反応は冷ややかなものになるでしょう。

24、女はおしゃべりでストレス発散出来る

女性はおしゃべりが好きな生き物です。

話すことで自分の感情を解き放っているため、良いストレス発散になっています。

時々喫茶店やレストランで、女性同士で何時間もおしゃべりをしている光景を目にすることがあると思います。

傍から見れば「よくあれだけおしゃべり出来るよな」「うるさいなぁ」と思えてしまうかもしれません。

しかし当の女性たちにとっては、そうやっておしゃべりをすることで自分たちのストレスを発散しているのです。

大きなお金を使うでもなく、話すだけでストレス発散になるのなら、女性にとっては良いことでしょう。

25、男はマウンティングをしない

女性は何かとマウンティングをします。

周りの人よりも自分の方が幸せでいたい、または幸せなアピールをしたいがために、相手よりも上になろうとすることが少なくありません。

それは自分の収入や恋人の有無、夫の社会的地位などさまざまなところで見られます。

それは時に見難い争いに見えることもあるでしょう。

一方で男性は、そうしたマウンティングをあまりすることがありません。

競争心の強い男性では見られることがありますが、それ以外の男性では「他人は他人、自分は自分」という考え方をしている人が多いため、女性のように相手の上になろうとすることがあまりないのです。

【マウンティングについては、こちらの記事もチェック!】

「男(女)って良いな」と思ったことありませんか

自分とは反対の性別に対して、羨望の感情を抱いたことがある人は多いでしょう。

自分にはないものだからこそ、反対の性別に対して羨ましいと思うことがあったり、性別を変わりたいと願ったりすることがあるのでしょう。

しかし医術の力を借りなければ、性別を変えることなど不可能な話です。

不可能だからこそ、より反対の性別に対して「いいなぁ」という感情が生まれるのかもしれませんね。

隣の芝は青く見えるもの

「隣の芝は青く見える」ということわざがあります。

これは、自分にないものを持っている人や、自分とは違う立場だからこそ相手のものが良く見えたり、欲しくなったりすることを意味しています。

同じ芝でも、自分の庭の芝よりも隣の家の芝の方が何だかよく見えてしまうのは、現状に自分が満足していないからかもしれません。

自分が今とても幸せで充実していると感じていないからこそ、他人の人生や性別が自分よりも良いものに思えてしまうのです。

もしそんな自分の考えを変えたいと思うのなら、今の自分に満足しなければなりません。

つまり、今の自分の性別に満足して、幸せだと自分で感じることで、異なる性別への憧れの感情はなくなるのです。

良いところもあれば悪いところもある

男性でも女性でも、それぞれに良いところもあれば悪いところもあります。

むしろ、片方のみ優れている部分しかなかったら、きっともう片方の性別は自分の性別を嫌いになってしまうでしょうし、それこそ性転換を試みる人で溢れかえってしまうでしょう。

お互いに良い面も悪い面も持っているからこそ、互いに異なる性別同士で最終的にはくっつくことが出来るのです。

羨ましく思うより自分の性別を楽しもう

あなたがもしも男性なら、守ってもらえる立場の女性を羨ましく思えるかもしれません。

また、あなたがもしも女性なら、下に見られることのない男性を羨ましく思えるかもしれません。

しかし、性別とは持って生まれたもので、ほとんどの人は自分が産まれたままの性別で人生を送り、一生を終えます。

その一生を長く感じるか、それとも短く感じるのかは人それぞれですが、せっかく持って生まれたものなのですから、異なる性別を羨むよりも、自分の性別を思い切り楽しみましょう。

男性でも女性でも、自分が「男で(女で)良かった」と思うことをたくさんしましょう。

そうして自分の性別を充実して楽しんでいれば、異なる性別に対する羨望の感情など、いつしかなくなってしまうでしょう。