CoCoSiA(ココシア)

男らしい人の10個の特徴。たくまし...(続き5)

その分、優雅に振舞うことができます。

動きにガサツさがなく、言葉も優しくできます。

時間に余裕を持たせるためには、一日のスケジュールを知ることが大事です。

詰めるところは詰めて、ゆったりするところはゆったりする。

「後でやればいいや」という考えは後で必ず時間が詰まってきます。

そうならないように、時間を把握してメリハリ付けて一日を過ごしましょう。

ファッションに気を使う

男らしいファッション…。

そうイメージすると、人によって想像するスタイルが違ってくるでしょう。

男らしいファッションとは少なくても「チャラくない」服装のはずです。

でも、ヤンキー系でもありません。

簡単に言えば、その人に合った服装と言えます。

「その合った服装っていうのが分からないから苦労してるんです」とお悩みの方もいると思いますが、もっと簡単にいえば「無難な服装」です。

失礼のない服装をすればよいのです。

気を付けたいのはサイズ感です。

ピッチリしすぎず、ダボダボしすぎないのが良いです。

「失礼のない服装」はどこで買えば良いのか分からない人は、お店の店員さんに選んでもらうのも手ですよ。

どこの店か悩む人は「紳士服の〇〇」など、スーツを売っているようなお店でカジュアルめの売り場で選んでもらうとバッチリです。

清潔でいる

清潔でいるのは、服装よりも、体型よりも大事な事です。

男らしくっても臭いのはダメです。

これはもうモテるとかモテないとかの問題以前です。

頭皮からプーンと臭っていたり、汗のにおいがしていたり、口が臭かったり、服から生乾きの匂いがしていたり…。

どれもこれも、本人がどんなに男気があって親切で優しくても不潔であると、その良い人間性が半分になってしまいます。

せっかくの努力が無にならないように、清潔だけは心がけておいてくださいね。

見て見ぬふりはしない

男らしい人は、困っている人や悲しんでいる人を見て見ぬふりはしません。

人だけじゃなくて、ケガをしている猫や犬などを見れば必ず助ける人と言えます。

男らしい人は、情が厚い人なのです。

過去の漫画などをみてもヒーローは必ず男らしくて、情にもろい人物像が多いです。

そういう点でもイメージを裏切らないためにも、男らしくいたい人は思いやりのある人間を心がけておくといいですね。

男らしさを身に付ける際の注意点

自分が思う理想像が万人受けするかと思いきや、いつの間にか総スカンを食らっている時もあります。

最悪なのは、みんなが白い目でみているのにそのことに全く気付いていない自分がいるということです。

今回お伝えしている「男らしさ」を勘違いしてしまうと、甚だ迷惑だったりもしますし、間違いなく嫌われてしまうでしょう。

ここは勘違いして男らしさを身に着けてしまわないように、ここでそうではないということを学んでおきまよう。

オラオラ系は男らしさじゃない

オラオラ系の男性は女性にとって、国民にとって脅威でしかありません。

オラオラ系のファッションで身を包んでいる人は、自分が男らしさにかける部分があるからオラオラ系のファッションや行動でなんとか補おうとしているのでしょう。

それは周りに自分が「男らしくない」とアピールしているにすぎません。

したがって男らしさとは無縁の位置になってしまいます。

でも、オラオラ系のファッションをしている人でも、中身は良い人なのかもしれません。

もしかしたらとても優しくて、紳士的なのかもしれません。

でも、そう見てくれるのはほんの一握りです。

「誰も分かってくれなくてもいい、人間を外見でみるな」という人は、自分事しか考えていない人です。

オラオラ系は高校で卒業にしましょう。

そして皆が安心できる清潔感のある身なりをしましょう。

無愛想にしない

男は無口な方がいい。

という誤ったイメージは捨ててください。