CoCoSiA(ココシア)

男らしい人の10個の特徴。たくましさや紳士さを身に着けよう!

男らしい」と聞いて、あなたは何を想像しますか。

人それぞれに思う「男らしさ」は違いますが、男性が知りたい「男らしさ」とは女性からモテる男らしさではないでしょうか。

男らしさを追求をすることは、あなた自身を磨くことと同じことです。

ここでは、男らしさとは何なのか、男らしい人の特徴を紹介していくので、自分が今まで考えていた男らしさと比べてみてください。

きっと違った世界が見えてきますよ。

男らしい人はモテる!

男らしい人は間違いなくモテます。

昨今、男らしい男が減ってきたと言われていますが、まさにその通りだと思います。

男性が乙女化してきて、女性たちは辟易としてきてます。

草食系男子などと呼ばれてしまうくらいです。

見た目はそうなのかもしれませんが、そんな男子の中でさえきっと眠っている「男らしさ」はあるはずです。

それにしてもなぜ、男らしい人はモテるのでしょうか。

簡単に言えば、女性に持っていないものを持っているからです。

人は、自分に持っていないものを誰かが持っていると「ステキ」と思うものです。

女性にはない筋肉、女性にはない力、女性にはない性的魅力などなど。

もちろん体ばかりではありません。

男性にしか出来ない、似合わない立ち振る舞いなどもありますよね。

女性はいつも男性に、男性にしかできないものや男性にしかないものを求めていますよ。

男らしい男性が理想の女性は多い

男女平等と叫ばれる時代であっても、やはり男性は女らしい女性が好きだし、女性は男らしい男性に魅力を感じる人が多きでしょう。

これは人類が誕生してから800万年、この現代になっても男らしい男性がモテるのですから、モテたいと思っているのなら男らしい男性になる方がいいでしょう。

逞しくて、力強くて、凛々しくて。

なんだかんだ言っても女性はベタな「男らしさ」に弱いものなのです。

でも、そのベタな感じも女性と男性では概念が少し違うので、ここでしっかり勉強していってくださいね。

男らしい人の10個の特徴

男らしさにもいろいろありますが、誰にでも分かりやすい男らしさをお伝えしますね。

それもたった10個です。

ここでは精神面の事が多いです。

男らしさとは見た目もあるかもしれませんが、本当に大事なのは心の男らしさなのです。

だって、体のつくりは人それぞれですからね。

そこに男性らしさを求められても困る人もいるでしょう。

だからまずは心の中の「男」を鍛えてあげましょう。

1、自己犠牲の精神が強い

自己犠牲とは…男性同士の間でいえば、「俺はいいから、お前は先にいけ!」と言ったところです。

相手が女性なら、薄着をしている女性に自分の上着を貸してあげたり、傘をさす時も自分は少し濡れちゃうけど女性には濡れないようにしてあげる、歩道を歩くときは女性は内側を歩かせるなど。

いつ何時危険がきても女性には危険な目に合わせないようにしてあげることが、男らしい自己犠牲の精神と言えるでしょう。

他にも女性といる時ばかりではなく、あえて自分が嫌な役をかって仲間や部下を助ける自己犠牲も女性から見れば「男らしい」と感じる部分でもあります。

女性はそんな姿をみると男らしいと思えると同時に、母性が出てきて「さっきは大丈夫だった?」とか声をかけたくなるものなのです。

多分、声を掛けないまでも心の中で必ず「すごいな」と思っているはずです。

それだけ女性は自己犠牲をする男性に弱いのです。

2、決断力がある


男らしさの代表格でもある「決断力」これは絶対に外せません。

昔から戦場ではリーダーの、その場の解決策と決断力が求められてきました。

それは現代でも変わらないのですが、モテるという視点で考えると、女性は何故、決断力のある男性を求めるのでしょうか。

それは女性からの問いに男性が迷っていると、女性は自分への愛が少ないのかなと認識してしまう場合があるからかもしれません。

例えばデートの最初で行き先を決める時など「今日はどこに行こうか?」と女性が聞いたとします。

その時に男性が「う~ん、どこにしようか」と答えたとすると、女性は、”私とのデートに興味がないのかな?”と思ってしまうのです。

決断力というよりは「打てば響く」と言ったような感じで、すぐに答えが欲しいものなのです。

そしてその決断力(すぐに帰ってくる返事)が自分の意見と一致していると、さらに男らしさが増すようですよ。