人は誰でもわがままなところがあります。

お互いの性格を知り尽くしている彼女や彼氏でも、時々相手がわがままだなと思うときがありますよね。

また彼女はわがままだとわかっていて付き合っているあなた。

一口にわがままといってもその言葉や行動は、時々の状況や相手との関係によって見え方が違ってきます。

あなたのまわりの人のどんな言動にわがままを感じますか?

今回はそんなわがままな人の特徴と、付き合い方をご紹介していきます。

ついつい人にしてしまうわがまま行動


自分ではわがままを言っているとは思っていなかったけど、後で友人からあの行動は少しやりすぎじゃないないかなとわがままだったことを指摘されたりすることがあります。

無意識についついでてしまうわがままとはどんな行動でしょう。

意外と多い日常のわがままな行動とは、やはり自分を中心に考えてしまう時にでるのでしょう。

可愛いわがままは愛らしい

わがままにも限度があるという一方で、「あの人のわがままつい許せるんだよな」とていう会話を結構聞きますよね。

この程度のわがままだったら許せるちょっと可愛げなわがままとはどんなものなのでしょうか。

例えば、彼女と一緒に旅行にいったときに、二人の記念にお揃いのアクセサリーを買ってとおねだりされても、それほど金額の高くないものを選んだりすると愛らしいと思えたりします。

彼女の可愛いと思えるわがままについて詳細はこちら >

わがまま過ぎる人も居る

一方でとてもわがまますぎて、誰が見ても許せないようなわがままな行動をとる人もいます。

例えば仲間とバーベキューすることに、それぞれ手分けして準備を分担する。

みんなが汗をかいているのに一人どこふく風と協力しないでただ見ているだけ。

しばらくして料理ができあがると率先して食べまくるなんてわがままの典型でしょうか。

「おまえなにも手伝っていないじゃないか」とつっこまれてもなんにも感じない。

皆で協力してやることに対してなんにも協力しないなんて、いくらわがままな人でもちょっと行き過ぎる行為です。

デートで彼女のために超人気レストランを何ヶ月も前にやっとの思いで予約したのに、当日になってやっぱ違うものを食べたいとか言うのも酷いわがままでしょう。

何人かのグループには必ず一人ぐらいこういうわがままな人がいますよね。

わがままな人の7個の特徴

わがままとは自己主張の表れのひとつです。

でも自己主張していることだけがわがままと言ってしまっていいのでしょうか。

いろいろな状況でのわがままな人の特徴を見てみましょう。

1、自己主張が強い

自己主張が強いとわがままに見られることが多いですね。

自分のしたいこと、持ちたいブランド、あなたへの要求など自分の主張をいつも言い続ける人は、わがままな言動と人には見られていきます。

例えば、友人とランチをする時、「今日は中華麺類が食べたい」と誰かが言ったとします。

他の数人が賛同するが、一人はイタリアンが食べたいといい始め、一緒にいる友達は何も言い出しません。

こういう時はほとんどの場合、多数決で多い方にしようとなるでしょう。

ですが、自己主張が強くわがままな人は、多数決など取らずに自分の意見を貫き通そうとします。

いつも自分の食べたいものやしたいことを主張して、他の人の意見は聞き入れないようでは周りからはわがままな人だと思われてしまいます。

もちろん自分の意見を言うことは悪いことではありません。

ですが、自分のことばかりで、周りの人の気持ちを考えないのがわがままな人の特徴でしょう。

2、自分が正しいと勘違いする


まわりの人たちから見ると少し違うなあと思っているのに、自分だけが正しいと思って行動する人がいます。

客観的な正解があるはずもないのに、自分の意見が絶対正しいと思い込んでいるわがままな人もいます。

例えば仲間と休日に車でドライブに行った時、いち早く目的地に着きたいをとの思いで高速道路を使って行こうとします。

でも友達の一人は「あの高速道路は休日午前中は渋滞が酷いから下道を行った方がいい」と主張します。

車が多い休日は多分高速道路だろうが、下道だろうが到着時間はそれほど変わらないはずです。

まわりの友達は「どっちでもいいし、結果は運みたいなもの」と思っているのですが、その人は過去の経験から、自分の考え方は正しいと思い込んで自分の意見を通そうとするのです。

結果がどうあれ絶対的正解が見えない事に対して、自分が正しいと思いこみ勘違いしての言動はやっぱりわがままとなるでしょう。

3、自分の都合を優先させる

仕事場や学校で送別会や歓迎会が全員参加して催されるときがあります。

集合時間にお店に全員が集まるのは当たり前でしょう。

決まった時間だから出席者は仕事もなんとか切り上げて会場に向かうのです。

そんな時必ず一人ぐらい、「ちょっと仕事が残っているから先に行ってて後から追っかける」と言って席に残る人がいたりします。

会が始まってもなかなか来ないので、メールしても「仕事がもう少しで」と返信が来るだけです。

他の人たちは自分の都合を犠牲にしても集まっているのに、その人は自分の都合を優先させていると思われてしまうのです。

その人に直接「仕事なんか切り上げて早く来い」と言いたい人も多いでしょう。

しかし、本人は自分は都合があって忙しいから遅れていくことに何の罪悪感を持っていません。

これが他の人にはわがままと映るのです。

グループや組織、もしかして家庭でも、自分のことを優先して他の人に迷惑をかけていることがわからないわがままは人がいるのです。

急なドタキャンを悪いと思っていない

ドタキャンは時と場合によっては止むを得ないときもあります。

でもドタキャンもその理由によっては相手も納得してくれます。

例えば急に自分や家族の体調が悪くなってしまったときや、仕事で大事なお客さんの都合でどうしても予定を急に変更しなければならないときなど。

それでもドタキャンをしたあなたは、相手に対してお詫びをするし申し訳ないと自分が迷惑かけたと言うでしょう。

ところがわがままな人はドタキャンを悪いと思っていません。

自分の都合が優先なので、相手の気持ちを考えることができないのです。

ドタキャンする人について詳細はこちら >

4、相手にいろいろ要求する

自分の主張をするのではなく、相手に要求することがわがままとなっていることがあります。

要求の多くは自分ができないことや、自分ではやれないことを要求することが多いようです。

有名な高額なブランドの腕時計が欲しい。

ポルシェみたいな外車でデートしてみたい。

彼女は他の人が持っているのを見ると自分も欲しくなり、誰かに(あなたに)要求してきます。

物である場合はまだ働いて何とかなるかもしれませんが、到底無理ということを要求してくることもあるでしょう。

例えば、「イチローとまではいわないけど、もっとスポーツで人に勝るものもっていないの?」とか、「テレビに出てる漫才師とはいわないけど、ギャグとか一芸とかやって笑わしてくれないと面白くない」「もっとセンスのいい着こなしできないの」といった、彼女は自分の欲求を満たしたいだけの要求をとめどなくしてきます。

自分のことはさておいて、相手にないものをねだり要求をすることは、単純にわがままということだけでなく、もしかすると相手を酷く傷つけているかもしれません。

現実にできそうなこと、可能性のありそうなことを相手に要求するのではあれば、ちょっと頑張ってみようと思うことでしょう。

しかしあれもこれものないものねだりばっかりでは、わがままだけしか映らないのです。

求めるだけで自分からは返さない

相手に対して要求するだけして、自分からは相手になにも与えていないことがわがままな彼女や彼氏にはありがちです。

自分でできることもあるはずなのに自分からは何もしません。

要求したことが叶って自分が満足できたら、次は自分から相手になにかを与えてもいいはずです。

ところが自分からはなにも返そうという気持ちがないのです。

一方通行の要求こそがわがままといわれる理由でしょう。

また自分の要求はやたら言うのに、相手の望むことを聞かないでことを進める人もいます。

5、態度に出やすい


わがままな人は、自分の要求が叶わなかったり、周りの人の違う意見が通って自分の意見が阻まれたとき態度にでて、不機嫌になりやすいです。

あなたの恋人も自分の言い分があなたに聞き入れてもらえないと不機嫌になったり、口をきかなくなったりしませんか?

デートで待ち合わせに遅れてきたりすると、その日中機嫌が悪く、なにを言っても反応しないなんてことも。

わがままが強い人ほど態度に出やすいと思いのかもしれません。

露骨な態度をとる人について詳細はこちら >

思い通りの答えじゃないと納得出来ない

わがままな人が、なにかの質問したり、あなたに行動をゆだねたりした時、あなたからの答えが期待どおりでなかったら、納得できずに理由を聞いてきたりします。

自分ではこういう答えを期待しているのに、そこから外れた答えだと納得できないのです。

これもわがままの一つですね。

例えば、人気のロードショー映画をデートで観たあと、彼女が印象に残った好きなシーンを話してくれたとしまする

でもあなたはそれほど感動していないので、むしろしらけた感じで応答してしまいます。

すると、彼女は自分の思いがあなたと共通でないことに不満が生まれ、「絶対あのシーンがこの映画の最高の場面よ」と、だんだんエスカレートしてきたりします。

ついには言い争いからケンカになってしまうことも。

このように、自分の思い通りの答えを期待し、その答えが返ってこないと納得できないのです。

それは人それぞれ考え方があると思えばいいことですが、わがままな人二はその考えはないのかもしれません。

6、自己愛が強い

自己愛が強い人をナルシストと呼びます。

自己愛が強い人はわがままの典型とされ、世の中すべてが自分中心に回っていると思い込んでいて、自分の意見が全てで他の人の意見を聞き入れようとしません。

自分を愛することで、自分のことばかり気にするあまり周りが見えなくなっているのかもしれません。

自分がよければ全てOKと思っているのです。

しかし、わがままな言動ばかりで仲間が離れていってしまうというケースも多いでしょう。

自己愛が強い人について詳細はこちら >

常に自分の世界で生きている

自己愛の強い人は常に自分の世界で生きていて、自分中心しか見えてない場合があります。

学校や会社で仲間と仕事や遊ぶときも自分のことを優先します。

何かの理由で事がうまく進まなかったり、失敗をしたとしても原因は、自分以外の他の人のせいにすることもあるでしょう。

自分はここまで努力した、こんなに頑張ったのに周りが認めてくれない、上司が認めてくれないと自分以外に責任があるといつも言い続けます。

自分の世界から外へ抜け出すことができないと、わがままな人になってしまいます。

7、損得勘定で物事を考える

自分が損をしてまで行動することに抵抗があるという人や、自分では意識していないけど計算して行動してしまう人も、わがままなパターンのひとつでしょう。

わがままな人は、自分がどれだけ得をするかを考えて行動しているという人が多いです。

それは世界は自分中心で回っていると思い込んでいるからでしょう。

損得勘定で動く人について詳細はこちら >

『義理人情』という言葉が存在しない

人からなにかしてもらったら、自分からなにかお返しをするとか、自分がしてもらったから今度は自分が他の人になにかしてあげようと思うのが人を大切にできる人です。

例えば、友人からプレゼントや旅行のお土産をもらったりしたら、今度は相手に贈ることが一般的でしょう。

昔お世話になった人が今助けを求めてきたら、できる限りで応援することが義理というものでしょう。

隣人がちょっと困っていたり、足りないものを求めてきたらなにか応えてあげるのが人情というものです。

でもわがままな人は、相手が困っていたりしても、過去の恩義を忘れてなにもしません。

わがままな人は義理とか人情といった思考回路がないのかもしれません。

わがままな人との付き合い方

これまで見てきた通り、わがままな人は自分の主張を曲げずに押し通し、主張が聞き入れられないと態度に出て不機嫌になったりします。

自分のことしか見えない、自分の損得勘定で行動するそういったわがまま人とはいったいどのように付き合っていけばよいのでしょう?

わがままな人の言動を他の人が嗜めたり非難したりしても、言動を変えることはありません。

わがままな人といつも反発しながら付き合うには限界があります。

では、わがままな行動が出た時、わがままな人と折り合いをつけながらうまく付き合っていく方法を考えてみましょう。

一旦、受け入れる

わがままな行動がでた時、あなたがその行動に対して不満気な態度で反応をしたりこちらも言い分を通したいとして反論したりすると、対立するだけで後味がわるくなるばかりです。

ここは一旦わがままな人の言動を受け入れてみてはいかがでしょう。

彼女が夜中に電話して、これからどうしても会いたいと言ってきます。

友達と飲んで少し酔っている様子。

仕事で疲れているあなたは「今日はもう遅いから」と無碍に断ってみたいところですが、一旦「わかったよ。俺も会いたいから明日会おうね?」と応えましょう。

一旦受け入れ、肯定的な言い方をすれば彼女は納得してくれるはずです。

他にも、彼女があなたに欲しいものねだったとします。

その時あなたは、「今すぐは無理だけど、ビジネスを成功させて必ず君にそれをプレゼントするよ」とポジティブに受け入れてあげましょう。

相手はその一言がうれしくて、その場での次のわがままをだすことはなくなるでしょう。

とりあえず全てのことを一旦受け入れてみることが大事です。

相手の表情などを冷静に観察する

仕事であなたが疲れていることを彼女も知っているのに、夜中に急に呼び出されて、会いに行くとしても、不満な態度を見せることなく、彼女と向き合ってみましょう。

彼女はどんな態度であなたに接するか観察してみてください。

いつもと同じ表情でしょうか?

それともいつもあなたを見つめる目より暖かい目をしてますか?

会いに来てくれて当然と言った表情なのか、急な呼び出しに申し訳なさそうな言葉がでるか観察してみましょう。

欲しいブランドをあなたにおねだりしたとき、あなたはまたわがままが始まったといった態度を出さずに彼女が本気でブランド品を欲しがっているのか、あなたの反応を待っているのとかの表情を観察してみましょう。

言動に隠れている意味を探る

あなたを急に呼び出したりした理由は何か?彼女の心の底にある意味を探ることをしてみましょう。

ただ時間が空いたから思いつきで会いたかったのかもしれないし、どうしてもあなたと会ってなにか話がしたかったのかもしれません。

「今日はごめんね」「ありがとう」と感謝されるのか、「わたしに会いたかったのよね」とさも当然のごとき言葉を発するのか、あなたへの言葉で彼女の気持ちがを読み取ってみましょう。

わがままか真心の発言か見極める

「どうしてこんな急に会いたいなんて珍しいじゃない?」と、ちょっと相手の気持ちを確かめる問いかけもいいでしょう。

単にわがままであったなら、「あなたも会いたかったでしょ?」と自分勝手な理由で相手のせいにする言葉も出るかもしれません。

でも本当にあなたに会いたいのであれば、余計な言い訳はしないかもしれません。

笑顔で対応する

相手のわがままにはいつも翻弄されていては、文句の一つもいいたくなりますよね。

でもここはひとつ大人の対応で笑顔を見せて冷静に対応しましょう。

笑顔を見せると相手は気を許すものです。

あなたは彼女の行為がわがままだと思わず笑って許してあげるのです。

きっと彼女も自分でわがままなことをしたな少し思い返しているかもしれません。

上手な笑顔の作り方について詳細はこちら >

落ち着いて冷静さを保つ事が大事

無理なわがままにもあなたは笑顔を絶やさず冷静に対応しましょう。

あまり軽く見てもいけません。

わがままを気まぐれで話しているように見えても、本当は本気で思いこんでいることもあります。

真剣に相手の気持ちをどんなに無茶苦茶な要望でもしっかりと聞いてあげましょう。

冷静さを保つ方法について詳細はこちら >

素直に褒める

わがままな人の主張は他の人たちの意見と異なることがあります。

また周りの人たちに迷惑がかかるかもしれないけれど、自分のやりたいことを主張したりします。

こういうとき主張を否定してはいけません。

わがままな主張ではあるのですが、それも一理あると素直に褒めてあげることが必要です。

自分の主張を認めてもらえることは誰しも気持ちが和らぐはずです。

上手に褒めるテクニックについて詳細はこちら >

褒めてもらおうと良い方向に傾く

自分の意見を認めてもらうと、人は相手と意見が合うと感じ心を開いて話をするようになります。

そしてさらにもっと自分の意見を褒めてもらおうとしてきます。

さらに自分の主張を強く言ってくるか、他の人の意見にも耳を傾けてくることもあります。

どちらにしても自分がもっと認めてもらいたいとの気持ちがお互いの距離を近づけていくはずです。

相手に期待しない・利用しない

わがままな人に対してはその人に大きな期待を持ったり、その人を利用して自分に都合よく事を運ぼうなどと思ってはいけません。

自分の言葉が認めてもらえればいいとするわがままな人は、周りの人のことは視界に入っていません。

人のためにとか、意見が合うから今後関係を良くしようなどどと考えていないのです。

従ってわがままな人を利用するようなことで、なにか関係性を持っていこうとすると決してうまくいきません。

期待しないことのメリットについて詳細はこちら >

余計に面倒な事に陥る

期待をしたり、利用するしたりすると面倒なことになります。

期待されていると相手が理解したら、わがままな人はあなたとの関係性をどうしようとか考えるより、もっと言いたいことを主張してきます。

また利用されているとわかった時わがままな人は、まわりの意見を聞かず自分が利用されたことの損害をまわりの人たちに言いまくり、あなたは事実と異なることまで周囲に伝わり悪評が自然と広がってしまいます。

決して深入りしてはいけません。

わがままな人に対して怒らない

わがままな人は自分の主張をするとき普通の感情で言ってます。

特別にな力を入れている訳でない状態で、自分の主張や欲求を発信してきます。

この状況で君の主張はわがまますぎると非難してもなにも変わりません。

そしてあなたはそんなわがままな人を叱ったり怒ったりしても、相手は折れたりしません。

お互い怒った状態ならケンカして、あとで仲直りもできるかもしれませんが、相手が怒っていないのにこちらが興奮して怒りの拳を振り上げても意味がありません。

相手に飲まれない様にする

あなたは感情的にならず冷静に応対して相手のペースに嵌らないようにしましょう。

相手はわがままをエスカレートして、次々に言葉を発してくるまたは行動をとってくるかもしれません。

でもそれらの行為は、相手がわがままな性格からいつも通りの言動であることを忘れてはいけません。

あなたにとって理解できないわがままな言動でも、決して相手の流れに乗ってはいけません。

冷静に対応しましょう。

依存されるとされ続ける

あなたはわがままな人を助けるまたはその意見をいつも聞いていると相手はあなたをずっとあてにするでしょう。

自分の言動を認めてくれる人をわがままな人はいつも探しており、一度見つけるとずっとその人に頼ってくるものです。

あなたは対立するのではなく、でもわがままな言動をいつも受け入れてしまうのではなく対応していくことが大切です。

つまり自分の意見をいつもぶれることなく持ち、相手の気持ちを理解しながら対応していくことです。

意見を聞くことは相手が絶えず依存してくることになることを覚えておきましょう。

あなたから近づかない

わがままな人にはあなたは積極的に近づかないことが大切です。

あなたからのかかわりは相手を意識させてしまいます。

わがままな人は自分に都合がよく考えているものです。

あなたが近づいていくとあなたにはわがままなことを言っていい、聞き入れてくれると思い込むでしょう。

他の人がわがままな人の意見を聞き入れてくれないところにあなたが、近づいていくとまさに飛んで火にいる夏の虫状態になってしまうことでしょう。

いつもまずはあなたに意見を言ってきたり、同意を求めてくるようになってしまいます。

もし離れられるようならちょっと距離を置いてみましょう。

ただいつも離れているのも得策ではありません。

その分あなたを意識させてしまっては意味がありませんから。

必要以上に関わらない事が良策

わがままな人と付き合うには、近からず、遠からずの関係が得策ではないでしょうか。

どんなに美人でも頭がきれる人でも、わがままな性格はまた別物と理解してよさそうです。

わがままは理屈ではなくその人がもっているそのものです。

本人は気付いていないわがままな言動をあなたが察知また知ることになったら、必要以上に関わらないことにしてはどうでしょう。

その人があなたに近寄ってきても、少し引いてみてもいいでしょう。

わがままな主張とした時、反論や口撃するのは得策ではありません。

どんなに腹に据えかねるような態度をとったにしても強く反応することなく、過ごすことが肝要です。

距離を保ちつつ真摯な態度で愛を持って接すれば、上手に付き合っていける

わがままはあなたの受け止め方によって変わってきます。

感情に任せるのではなく、わがままな言葉に投げやりになったりせず、真摯な態度で接することが大事です。

冷静にあなたが対応すれば、彼女とも、わがままな人ともきっと上手に付き合っていけるはずです。

真摯な態度について詳細はこちら >