大好きな彼女のわがままっていくらでも聞いてあげたいっていうのは男のホンネ?

それともタテマエ?

ま、どっちでもいいとして、中には無条件に本気で可愛いと思えるわがままだってあるはずです。

今回はその可愛いと思えるわがままを調べて12個にまとめてみました。

たぶん、同じわがままでも、それを言う女性のタイプで可愛さが違ったり、受け取る彼氏の好みで全然可愛いと思えなかったりもしますね。

今回は、一般的にはこういう彼女のわがままって可愛いぞというのを集めてみました!

彼女のわがままがかわいい〜♡

こんな風な気持ちになれる彼女のわがままをいくつ知っているでしょうか、男性諸君?

もともと男と女は考え方も価値観もずいぶん違う生き物です。

その片方が自分のやりたいことをやろうとする、つまりわがままをすれば争いになるのは必然。

ということは、逆にそのわがままを許容できるのであれば、その2種類の生物の関係はうまくいくわけです。

もちろん、ここで男性諸君に問うているのは、無理してまで許すわがままではありません。

無意識に許せるわがままです。

そして、単なる許容範囲のわがままというものでもなく、「かわいい~♡」と思えてしまうわがまま、叶えてやりたいわがまま、なんども言わしたいわがまま、そんなところです。

そんなわがままがいくつあるかが、みなさんの関係がどれだけ長く続くかに影響します。

さて、どうでしょう。

女性諸君はどんなわがままをいつもしていますでしょうか。

むかつくわがままと可愛いわがままの違い

可愛いわがままがあれば、むかつくわがままもあります。

人の「わがまま」ですから、本来許せないものの方が多いのではないでしょうか。

その違いを説明しろと言われても、少々難しいものがあります。

冒頭で述べたように、同じわがままでも、発する女性と受け取る男性のタイプで可愛く思えたり思えなかったりするのではないでしょうか。

しかしながら、同じく冒頭で「一般的に可愛いと思えるわがままを紹介する」と言いましたので、その逆の一般的に可愛いと思えないわがままを挙げろと言われれば、これではないでしょうか。

「思いやりのないわがまま」。

「わがままにそもそも”思いやり”なんている?」と思われたことでしょう。

しかし、まさにそこがポイントなのです。

自分の事しか考えていないから「我が儘(まま=そのまま、その通り)」なのです。

そこに思いやりなんて必要ないはずです。

しかし、だからこそ、ちょっとでも他人のことを気遣っている要素があり、それが感じられれば、そのわがままを「許してやってもいいかな~」と思えるのが人情なんですね。

本当に自分の事しか考えていないわがままをされると、それがどんなに美女であっても、キュートな子であっても、その考え方にむかつきます。

逆に無理むっちゃ言ってるようで、それでいて男の立場もちょっとは考慮してくれているなら、「しゃあねーなー」と、そのわがままを聞いたろかという気持ちになれます。

しかし、これも「許せるわがまま」に過ぎません。

無条件で「可愛い~♡」と思えるわがままとはどんなものかと言うと、「彼氏にだからできるわがまま」であると言えます。

彼氏だからしてくれる、彼氏じゃなきゃ言えないわがまま。

そのわがままの内側には「彼氏のこと好きすぎ~♡」という気持ちがしっかり収まっています。

それが解るからこそ、彼氏は彼女のそのわがままを「可愛い~♡」と思えるわけです。

彼女のわがままが可愛いと思う瞬間12個

では、彼女の可愛いと思えるわがままをご紹介します。

色々あり、人によって特別なものもあるとは思いますが、ここでは一般的な13個をご紹介。

男子諸君にとっては「あるある」なやつになってます。

一方女性諸君はどれか一つ今度使ってみてください。

1、何かに集中しているとき

会社でやり残してしまった仕事や閉め切り間近の案件をとにかくやり終えるため、または彼氏に食べさせる手料理や、編み物などのお手製プレゼントを作ったりしている時の一生懸命な姿にキュンとしてしまいます。

本来、女性は気が多いタイプというか、一度にいろんなことができる能力を持っており、例えば、アイロンをかけながらテレビを見て、スマホのハンズフリートークで電話する。

なんてことが可能です。

逆に男と言う生き物は1つの事に対する集中力はすごいのですが、それ以外の物や事が目や耳に入らなくなってしまいがちです。

夫婦や同居しているカップルの間でこんなことありませんか?

奥さんが家事をしながら、テレビを見ている旦那に今日あったことを話しています。

旦那はうんうんと一見聞いていくれているのように見えるのですが、実はテレビに気を取られ、というかテレビにしか視線も耳も向けられておらず、奥さんの話など一個も覚えていない。

「ねぇ、ちょっと聞いてるの?」と奥さんに責められてやっと耳は奥さんの声を拾うのですが、今度はテレビ番組の内容が入ってこない。

しかし、奥さんは旦那にあれこれ話しながらもテレビの内容まで覚えていた。

みたいなことです。

このように、いつもは良い意味で色々周りに気を配れる女性が、わき目もふらず一心不乱に何かに集中している時は、その人を可愛いと思える瞬間ではないでしょうか。

2、突然「会いたい」と言ってくるとき


遠距離恋愛でもう1か月以上会っていなくても、昨日デートしたばかりだとしても、突然彼女が「会いたい」と言ってくるときは可愛すぎてしかたありません。

遠距離恋愛中の彼女が急になんだか寂しい気持ちになったとして、その寂しさを紛らすため、近くの友人と遊ぼうと思ったが、やはり、彼氏であるこの「俺を必要としている」、もしくは毎日のように会っているのに、「毎日会わないと気がすまない」ばりに求めてくるその彼女の心情を思うと、「うおぉぉ、可愛いぜー!」ってならない男はいないはずです。

3、2人きりになるとキスしようとしてくる

全くしょうがない彼女ですね。

人は誰でも、好きな人と常に肌を密着させていると、精神的に安心感が得られます。

だからといって人前でベタベタイチャイチャするのはあまりよろしくない。

という訳で、デート中は手を繋ぐ程度で歩くわけですが、ひとたび人が周りにいなくなると、さらなる安らぎを求めてか、キスをおねだり。

もしくは溜まっていた気持ちを爆発させてか、キスをしてきてくれます。

この気持ち、その所作に、彼氏たちは「可愛い!!!」と心の中で叫んでいます。

「おいおい、しょうがねーな」と口で言いながらね。

実は、この時、つまり二人きりになった瞬間、「キスしたい」と思っているのは彼女だけではありません。

彼氏の方が強く、モーレツに思っています。

だから、女性諸君はほっといても彼氏の方からキスをしてきてくれますので、相手の顔だけ見て待っているだけでもいいでしょう。

一部奥手な男子とかは初デートの時など、いつまでたっても動かない場合もありますが、男なら全員心の中では「キスしたい…」と思っています。

そう思っているからこそ、彼女の方からキスしようとしてきてくれると、男はたまらんわけです。

4、先に寝たら怒る

「就寝」という行為は、死ぬわけじゃないんですが、今生きている世界からフェイドアウトするわけで、なんでも一緒にやりたい、同じ時間を共有していたいという気持ちが強い彼女にとって、先に彼氏に寝られると、「私ともっと一緒に居たくないの?」と残念な気持ちになってしまうのでしょう。

昼間お互い忙しくて夜しか会えなかったのにも関わらずという状況などでは特に先に脱落されるのを嫌がります。

そこで、静かに眠らせてくれる彼女もいれば、揺り動かして起こしてくる彼女もいますが、とにかくこの時のネコのような「かまってアピール」がたまらなく可愛く思えます。

また、同じ布団に入っていなくても、例えばLINEなどで、夜寝る前にメールのやり取りをしている時も同じです。

先にそのトークから退出されると、非常に悲しい思いをするようです。

その彼女の気持ちを知ってか知らいでか、男は「もうねるわ」とだけ打って、その後、プンプンマークのスタンプを彼女が送ってくるのを確認してから「可愛いな、まったく…」と落ちていくのでしょう。

5、記念日などのイベントの日に会えないと不機嫌になる

「付き合い始めた日」「クリスマスイブ」「バレンタインデイ」「ホワイトデイ」その他、そのカップルにとって「特別な意味がある日」、こういった記念日やイベントの日は彼氏と二人で過ごしたいものです。

それは彼氏も当然そう思っています。

しかし、急な用事で約束を守れなかったりすることもあります。

学生ならまだしも、会社づとめしている人ならよくあることでしょう。

世の中は「クリスマス」や「バレンタイン」といったカップル達を大きなマーケット考えるイベント日を盛り上げてきたにもかかわらず、そのイベントを成功させるために多くのカップルを犠牲にしてきました。

どういうことかと言うと、例えばの話、運よく2人が時間を合わせられ、クリスマスイブにレストランで食事をしたとします。

料理もおいしくそのカップルは大満足で腕を組んでイブの街にまた繰り出します。

しかし、その日のその絶品のディナーを作ったシェフは、その日自分の彼女を一人部屋に残したまま、夜遅くまで数十組のカップルたちに幸せの味がする料理を作り、閉店後も翌日のクリスマス当日の予約客のために彼女の待つ部屋には帰らず、下準備をするのでした・・・。

こんな感じの矛盾が、カップルのためにイベント日には至るところで起きています。

彼女は世の中のこんな矛盾をわかっていても、いざ自分達の記念日に彼氏に仕事が入ったりすると、不機嫌極極まりなく、彼氏が悪いわけではないと思いながらも、彼氏と、その会社を丸ごと恨むかの様に口もきいてくれなくなったりします。

そんな彼女には重ねて申し訳ないのですが、自分の思いどおりにいかなくなってふくれている彼女を見て、男は胸を躍らしています。

キューン♡としちゃうのです。

6、メッセージの返信が遅いと不機嫌になる

先に寝られる、記念日に会えない、そういったことで不機嫌になるのと一緒で、メールなどの返信が遅いと、同じ時間を共有できていない、こっちの気持ちを大事にしてくれていない、と感じてしまうようです。

そして、これもまた不機嫌な彼女さんには申し訳ないのですが、男は彼女の不機嫌な感情の裏には「俺に甘えたい」「俺と一緒にいたい」という心理があるのだと解釈して、その気持ちが可愛いくてしょうがないと思っています。

ですが、他にも色々とやることがあって、四六時中スマホとにらめっこしているわけにはいきません。

もちろん、「女はヒマ・男は忙しい」というわけではなく、たまたま着信に気づかないこともあります。

彼氏はすぐ「ごめんごめん」「m(__)m」と返信するのを忘れずに。

7、言葉で愛を表現してと頼む

でました。

皆さん「どれくらい私のこと好き?」「すごい(好き)ってどれぐらい?」といった類いの質問をよくされたことでしょう。

しかし、この取り調べ、付き合い初めは毎日行われ、3ヶ月目からは2週間に1回、半年過ぎると喧嘩の後に仲直りの合言葉のように行われるようになります。

このように、この手の彼女のわがままは、彼女の彼氏を「好き」という気持ちの変化ではなく、二人の関係が深くなればなるほど、だんだんと減っていくものなんですが、付き合い初めはその「恋」に不安もあり、彼氏に自分に対する愛を何らかの形で表現して貰わないと我慢できないのです。

その彼女の質問に答えられなかったところで別れなければいけないわけではないのだし、なんて返せばいいか正直男性陣は困ります。

それにしても、「この恋がいつまで続くか不安…」なんて考えている彼女って可愛いですよね。

どんだけ彼女のことを好きかうまく言えないけど「一生大切にするする~!」と思っちゃいませんか?その時だけでも…。

まあしかし、その恋がいつまで続くかはさておき、聞いてくるロマンチックな乙女の気持ちを満足させるような殺し文句、一個ぐらいは考えておいてあげてもいいのではないでしょうか?

8、〇〇食べたいな〜と言ってくる


デートしたいんです。

「この映画見たいな~」でも「パンダの赤ちゃん見に行きたいな~」でもいいんです。

とにかく、大好きな彼氏と出かけたいんです。

出かけるにはきっかけや目的が必要です。

という間接的な目的もあれば、直接的には本当にその○○を彼氏と食べたくて、デートのおねだりをしている場合ももちろんあります。

そして、デートの目的にするものは色々とあるとは言いましたが、食べ物となると、女子には女子なりのこだわりがあって、インスタ映えするもの、低カロリーなもの、女性向けファッション誌で紹介されていたものなど、男にとったらどうでもいいことばかりです。

だからなのか、ものによっては女友達だけで食べにいきたいものもあります。

そこを、「〇〇食べたいな〜」と彼氏に言ってくるということは、「彼氏と食べた~い」と言っているのです。

「彼氏とじゃなきゃダメ~」と。

ん~、可愛い!

しかし、もしかすると、男に車出させよう、おごらせようという恐ろしい下心があるのかもしれません。

しかし、そんな悪知恵を本当に好きになった男に使う女はいないはず。

男性陣は、彼女が、単にただ飯食いたいだけの理由であなたに「〇〇食べたいな〜」と言ってきているかどうなのか、見抜く能力は必要でしょう。

おっと、話が結構逸れました。

純粋に彼氏と食べたいものを食べに行きたいというわがままは、可愛い限りです。

そこには、自分の好きな食べ物に対して、彼氏にも共感してもらいたいというわがままがあるかもしれません。

その「なんとかして彼氏と同じ時間を過ごして同じものを食べて同じ気持ちになりた~い」という心理、2回目からは彼氏の方から「このまえの○○、また食べに行きて~な~」と言ってあげましょう。

9、くっつきたがる

キスしてくるの項にあるように、好きな人と体が触れあっていると安心感があります。

今の日本社会ではどこまでが許される範囲かわかりませんが、道路でも、ショッピングセンターでも、手を繋ぐだけではもの足りず、二人三脚ばりに体をひっつけあって歩調を合わして歩くカップルも多くいます。

おそらく彼らはそれでも飽きたらず、エレベーターやカラオケルーム、個室の居酒屋では唇同士をも重ね合わせていることでしょう。

さて、ここではそういうラブラブカップルのあるあるを言いたい訳ではありません。

とにかく、女子は好きな彼氏にくっつきたがります。

女のピッタリ攻撃は男にはかなりのダメージを与えることができ、付き合う前などに、コンパなどで隣の女性からタッチされると大概の男は落ちるはずです。

また少し話が脱線しかけていますが、この「くっつきたがるわがままの」ポイントはここからです。

好きな男に効果的なこの「おさわり」、逆は文字通り逆効果です。

つまり、好きでもない男子に女子は触られるのはアウトなわけです。

それを考えると、「俺にベタベタしてくる彼女は、本当に俺のことが好きなんだな」と確信できるわけです。

しっかりそう思わしてくれる彼女のそのわがまま行為は「可愛い」としか言いようがなくないですか?

10、ささいな可愛いわがまま

「○○が食べたいな~」だとか「○○に行ってみたいな~」などと同じ類のちょっとしたわがままのことです。

すなわち、自分の好きなものや趣味に対して彼氏にも共感を持ってもらい、一緒に同じ時間を過ごして同じ事して、同じ幸せな気分になりたいという、願望が込められています。

逆に、男はこの程度のわがままは、あまり持ち合わせません。

食べたいものは一人で食べに行ったり、行きたいところへ行くなら愛車一台とで十分、みたいな感じのところがありますので、自分の好みを彼女に押し売りするようなことはないでしょう。

ですので、彼女の方の気持ちに上記のような、「好きな人と共有・共感したい」という願望が無い場合は、男にとっては本当に単なるわがままになってしまいます。

最初に説明した「むかつくわがまま」の部類に入ってくると思います。

おなじセリフ「〇〇したいな~」の中に「~(あなたと♡)~」という気持ちが込められているかいないかで「むかつく」か「可愛い」かに分かれます。

ささいなわがままですので、一日に数回されると思いますが、男としては、後者の「可愛いわがまま」でないと聞くのが疲れてきます。

コミュニケーションになるわがまま

「ささいな可愛いわがまま」すなわち「彼氏と〇〇したい」というわがままは、彼氏とのコミュニケーションになります。

「〇〇食べたいな~」というだけで、「〇〇って何?」という彼氏の聞きかえしから会話が始まります。

そして「そうか、じゃあ〇〇食べに行ってみるか」とデートのきっかけになります。

デートではもちろん、彼氏とずっと同じ時間を過ごすことができます。

デート中、会話が無くなってしまったら、「今度は△△しに行きたいね~」と切り出してみたらいいでしょう。

「お前△△できんの?」って彼氏が食いついてくるでしょう。

そして、「んじゃ、今度は△△な」と次のデートも決まりです。

こんな感じで彼女のわがままは二人のコミュニケーションのネタとなります。

そこで大切なのはやはり彼氏が「キュン♡」とするような「あなたと〇〇したい」という彼女の気持ちです。

11、重い荷物を持って欲しいとおねだりするとき

男は彼女から男として頼りにされたいと思っています。

男が女よりかろうじて勝っている点は、「体力」「筋力」といった身体的能力になります。

知能では女性に勝てないかもしれませんが、その身体的能力という点では是非とも男を頼ってほしいものです。

そこで、彼女が重い荷物を持ってと頼んで来ることは何にも迷惑ではありません。

男として「頼られて~る➚」と、テンションが上がります。

ただこれ、本来なら、彼女が重い荷物を持っているのなら、おねだりされなくてもスッと持ってあげるのが彼氏の仕事ではあります。

しかし、昨今、女性も相当強くなりました。

逆に男は弱くなっています。

男としての自信を失っていきつつある男は、そこで敢えて手伝わず、「俺を頼ってきてくれ!」と心の中で祈るわけです。

そして、そこへ彼女が重い荷物を持ってほしいとお願いしてくるからこそ、「よっしゃー!」と彼女の可愛い半泣き顔と男の自信を手に入れられるわけです。

ま、だから女性陣にお願いですが、体力や筋力は、なんなら彼女ごと荷物も持ってあげられる力を持っているのに、精神性が弱体化してしまったこの男たちに対して、「男なんだからテメーが持てよ」と荷物を投げつけるのではなく、「ねぇ、コレおもーい。

もってぇ(泣)」とおねだりしてあげてください。

12、デートの終盤に「帰りたくない」と言う

空前絶後の殺し文句ですな。

これ、帰らなきゃいけないのはわかってて言っています。

だって、女は帰って化粧もおとさにゃならんし、寝不足は美容の敵、明日の仕事の為にもできるだけ早く就寝しなければなりません。

本当にどっか連れていってもらいたいわけではありません。

これは、いうなれば誉め言葉です。

「今日あなたと一緒に居られて最高!」「今日のあなたのエスコート100点満点!」「あなたは今後もずっと一緒に居るべき存在」「あなた最高!」という、全ての種目で金メダルをとったあなたを称賛する為のありとあらゆる言葉を1つにまとめて言い表すと、これになります。

これを言われると、男は「どんだけ俺のモチベーションを上げてくれるんやこのコは!!!」とモーレツに感動してしまいます。

ただ、この殺し文句、超ド級レベルだけに、「口先だけでも」効果は絶大です。

言い換えれば、嘘でも言ってくれると男は嬉しすぎて、「いつか、同じ場所に帰れるようになりたい!」と思うことでしょう。

こんなわがままは許せない!

ここまで、可愛いと思う彼女のわがままを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ちょっとここで、可愛いと思うわがままの反対、「ムカつくわがまま」「許せないわがまま」も紹介したいと思います。

男は彼女のどんなわがままを許せないのでしょう?

お金に関するわがまま

例えば、先程の「○○食べたいな~」という、可愛い部類に入るわがままを、次のように言い換えます。

「○○おごって~♥️」

どうでしょう?一応ハートマークも入れて可愛くしてみましたが、なんかムカつきません?

前者は説明した通り、「彼氏と食べに行きたい」と言っています。

後者は「自分が食べたいものを彼氏に金を出させて食べよう」としています。

前者ももしかしたら「食事代は彼氏もち前提で」言っているかもしれませんし、結果的に彼氏がカッコつけて支払ってくれるかもしれません。

しかし、わがままのポイントが「お金を出せ」ではなく、「彼氏と食べたい」というところなのです。

だから、前者のわがままは可愛く思えるし、結果的に彼氏がお金は出すでしょう。

後者のように、自分の為に彼氏にお金を使わせたい、自分はお金を出したくない、というわがままはたとえ美人に言われても腹が立ちます。

「おごって欲しい」「買って欲しい」といったお金がかかることへの直接的なわがままは、あえていうなら、言い方だけでも変えた方がよいですね。

わがままを言う彼女と言わない彼女どっちがいい?

もし、彼女にするなら、わがままを言う女性と言わない女性とどっちがいいでしょうか?

もちろん、わがままは言わない人に越したことはないとは思いますが、上記のような「可愛い」と思えるわがままはやっちゃってもらった方がいいと思いませんか?

そもそも、それらはすでにわがままじゃなくなっており、男をアゲる魔法の言葉みたいなものになっている気がします。

男性はわがまま言わない彼女がいい!

「昭和か!」と突っ込まれそうですが、そうなんです。

男は今も昔もわがまま言わずについてきてくれる女性が一番いいのです。

逆に言えば男の方がわがまま言いたいのです。

しかし、わがまま男子なんて、このご時世、男に何の魅力も感じないでしょう。

もっと女性のわがままを許容できる懐をもった男にならなくてはなりません。

【わがままを言わない彼女については、こちらの記事もチェック!】

でも可愛いわがままならOK!

だから、女性たちにはお手数ですが、男に対して可愛いわがままを連発してやってください。

それで男の気持ちを虜にし、男には「俺って彼女のわがまま許せる心の広い男だな」と勘違いさせてやってください。

女性は引かれない程度に可愛くわがままを言おう

先程も言いましたが、基本的に男は自分のわがままを通したい生き物で、それに文句言わずについてきてくれる女性が好みです。

なんとも男尊女卑の根強いことか。

しかしながら、彼氏が欲しい、彼氏をもっと虜にしたいと思っている女性は、好きな相手に引かれない程度のわがままを言うことが大事です。

「引かれないわがまま」ってどんなわがままかというと、ここまで紹介してきたような「可愛いわがまま」であったり「ムカつかないわがまま」であるわけですが、簡単にいうと、「直ぐ取り下げることのできるわがまま」です。

「それはちょっと無理だよ」と言われた時に、「そっかわかった」と遺憾ではあると思いますが、諦める。

これは、相手の男性を立てた上で、恥をかかせない為でもあります。

つまりそれが、最初の方で説明したような「思いやりのあるわがまま」になると思います。

彼氏が絶対食べられない料理を、自分が食べたいからといって無理やり連れていってもらうだとか、絶対に押し通すわがままはやめましょう。

どうしてもやりたくて仕方ないのに、彼氏が付き合ってくれないなら、一人でやればわがままではありません。

どうしても「彼氏と」やりたいのであり、そして、それに絶対に付き合ってくれない彼氏なら、そんな男と付き合う必要あるでしょうか?

まあ、破局までいくのは話が飛び過ぎましたが、とにかく、恋を長続きさせるには「可愛いわがまま」です。

可愛く言うのがポイント♡

女の武器は「涙」と「愛嬌」。

どうしてもわがまま聞いてもらいたくて「泣く」のもアリですが、それだとどうしてもホントに自分のやりたいことしか考えていない自分勝手な女と思われます。

やっぱり、「愛嬌」たっぷりに言うことで、わがままの自分勝手さも少し和らぎます。

具体的に言えば、「無理にとは言わないけど、言うこと聞いてくれたらチョーウレシイんですけどー」っという気持ちで可愛くわがまま言ってみてください。

まとめ

「可愛い」って形容しないと「わがまま」って言葉はそれだけではネガティブなイメージのある単語です。

しかし、今回はそのわがままも「可愛い」ものであれば、彼氏との建設的なコミュニケーションの材料にもなるし、彼氏を誉め、勇気づけ、喜ばせられるツールにもなるし、彼氏との愛を深められる魔法の言葉にもなるという、「わがままの可能性」が掘り出せたと思います。

「結局、女のわがままは、男の為?」とは思わないでください。

おそらく、女に比べ男の方がわがままな生き物だと思います。

そのわがままな野郎どもと実直なわがままでガチンコ勝負しては、決着もつきませんし、男女の関係は距離が遠のくばかりです。

そこを、女性の力、魅力によって男の懐に飛び込み、男には自分が女を「我が物」としているように思わせておき、女は男を「我がまま」に操っていただきたいと思うばかりです。