バブル崩壊後、今の世の中は景気が悪化してしまって、過労で鬱病になってしまって自殺する人や、毎日休みもなく長時間働き過ぎて、過労死する人も多いですね。

学校や職場でのイジメなども、色んな対応策を考えて実行するものも、なかなか減らず、どんどん悪質で凄惨なイジメになってしまっている気がします。

人身事故で電車が止まったと言う情報を聞く度、「また誰か自殺したのか…」と思ってしまうことも多々あります。

そんな住みにくい世の中でも、どんなに辛い境遇に置かれても、決して死を選ぶようなことのないように、雑草の如く、踏まれても踏まれても生い茂るくらい、耐えるためにメンタルを強化してみませんか?

嫌なことを嫌だと言えること、出来ないことは出来ないと断わる勇気、そういうことが出来るようにならなければ、現代社会に通用する人間にはなれないことを、死にたいと思う前にそれに気付いて下さい。

メンタルが強くなれば、どんな世の中でも生きて行けるようになります。

また、今回この記事ではメンタルを強化するだけではなく、ストレスを溜めないように回避策などもご紹介したいと思います。

どうぞ記事を読んで頂いて、あなたも快適ライフを送って下さい。

️耐える力を養っていくこと

どんな世の中でも生きて行くためには、先ずは耐える力を養っていくことが必要です。

とは言え、耐えると言うことは、言葉では簡単そうに思えますが、そんなに容易く出来ることではありませんよね。

耐えると言うことは、その辛い時間との戦いでもあるのです。

耐えがたいような苦しみは、通常過ごす時間より、とても長く感じてしまうものです。

「一体、いつまで我慢しなければならないのだろう?」と、途中でくじけそうになってしまうこともいっぱいあるでしょう。

それでも、どんな辛さにも耐えれるように、多少のことではめげないメンタルの強い人になれれば、きっとあなたには明るい未来が開けます。

幾度もの困難に立ち向かい乗り越えることが出来た時、あなたはメンタルの強い人になって、どんなに辛いことでも耐え抜く力を養うことが出来るのです。

これから、あなたの耐える力を養うために、この記事をじっくり読んで下さいね。

人生は我慢だらけ


誰の人生でも、何も我慢することなく楽に送れるような人生などありません。

人生なんてものは、誰の人生でも同じく我慢だらけなんです。

「隣の芝生は青く見える」なんてよく聞く、ことわざがあるように、他人の人生は何の苦もなく幸せで楽しそうに見えるものですよね。

でも、その人なりに見えない苦労があって、本当に苦労をしている人ほど、苦労することに耐えられる我慢強さがあるので、多少困難なことがあっても、いつも平然として笑顔を絶やさずにいられるのです。

それが当たり前のことだと思えるようになれば、あなたもちょっとやそっとじゃめげない忍耐力が身について、どんなことも我慢出来るようになるので、快適な人生を送れます。

私の親戚の叔母は、大金持ちの家に生まれましたが、子供の頃に悪い人に家を乗っ取られてしまって、ずっと苦労ばかりしている人ですが、叔母自身は苦労を苦にもせず、天真爛漫な人でいつも笑顔を絶やさない人です。

我慢我慢の日々で苦労して来た人って、本当に強くなれるのですね。

ストレスが溜まっていく一方

ストレスと言うものは、お金とは違ってためてはいけないものですよね。

ストレスを溜め過ぎてしまうと、体調を壊してしまったり、身体の病気だけではなく、心の病気にもなり得るのです。

ですから、そのストレスを溜め込まずに、上手く吐き出せるようにしなければなりません。

そうは言っても、我慢強い人ほど、知らず知らずのうちに、ストレスが溜まってしまって、気付くと精神的にも肉体的にもボロボロになってしまうこともあるので、そのさじ加減が上手く出来なければ、身体を壊してしまっては元も子もないのです。

「ちょっと最近ストレスが溜まって来たな…」と、自分自身がストレス信号を見逃さないように、定期的に上手にストレスを解消するように心がけましょう。

自分なりのストレス発散法を見つけておくのもいいでしょう。

例えば、私はストレスが溜まった時は、カラオケに行って思い切り大きな声で歌って発散したり、ドライブに行って、途中で美味しい物を食べたり、綺麗な景色を眺めて癒されることで、ストレスを発散しています。

耐える力を持つことで切り抜ける

どんな逆境にも強く耐え抜いて生きて行けるように、忍耐力をつけて切り抜けましょう。

ちょっとしたことで、いちいちクヨクヨと考えてしまったり、落ち込んでしまっていたら、長い人生を生き抜くことは出来ませんからね。

忍耐力を身に付けるためには、多少困難なことがあっても、逃げ出さずに我慢して立ち向かって下さい。

小さな問題を避けてしまっていては、大きな問題を乗り越える力など、身に付くワケがありませんから、先ずは小さな問題ごとでも、決して逃げることなく耐えられるようにして行きましょう。

メンタルを安定させて保っていく

耐える力を持つために必要なことは、メンタルを安定させて、それを保って行かなければなりません。

長い時間耐えるためには、不安もいっぱいあることでしょうから、気分が良い時はメンタルも強くても、ちょっとしたことでメンタルが弱くなってしまったら、頑張って耐えて来たことも全て投げ出してしまうことになり兼ねません。

耐えなければならないことは、時間との戦いでもあるので、途中でメンタル崩壊して投げ出すなんてことのないように、しっかりとメンタルを安定させて保っていくことが大切です。

これから、その耐えるための方法について、具体的に解説したいと思います。

️耐えるための17個のメンタルの保ち方


辛い世の中を耐えて生き抜くためには、その辛さを耐えられるように、メンタルを強くすることや、ストレス溜め込まないようにしなければなりません。

では、どのようにすれば、忍耐力やメンタルを強くすることが出来るのでしょうか?

そこで、ここからは、耐えるための17個のメンタルの保ち方について、具体例を上げながら書こうと思いますので、ぜひ、参考になさって試してみて下さい。

深く考えすぎない

何か気になることがある度に、深く考え込んでしまって、挙句の果てに体調悪くなって寝込んでしまう始末。

そんなになるまで、深く考えていいことありますか?

深く考えなければならないことも沢山あるとは思いますが、どうでもいいことまで深く考え込んでしまう人は、心も身体も病んでしまいます。

ある程度考えてみても埒明かないことや、大して重要ではないことなどは、思い切って頭の中から切り捨ててみましょう。

なるべく楽しいことを考えるようにして、趣味などに没頭したり、ゲームをやったり、ドラマや映画を観て、気持ちを切り替えるようにしてみるといいかも知れませんね。

そういう優先順位のようなものを付けたり、気分転換することが上手く出来るようになると、メンタルも安定させて保てるようになりますよ。

悩む時間を持たない

悩む時間があると言うことは、それだけ暇な時間があると言うことです。

忙しい人は、悩んでいる暇もありませんから、悩んでいる時間が長く感じると言うことは、それだけ悩める時間を持て余していると言うことなのです。

「今日はとても忙しくて、あっという間に夜になってしまった。

」なんて言うことがありませんか?

ですから、悩む時間に耐えるのが辛いと思った時は、敢えて他のことに取り組んでみては如何でしょうか?

悩んでいる時間がないくらい忙しくなれば、そのうち悩んでいたことすら忘れてしまうかも知れませんよ。

出来れば、その忙しいスケジュールを気の合うお友達と一緒に過ごしてみると、より一層、悩むことがバカバカしく思えて、悩みも解消されることでしょう。

愚痴吐き会をする

いつも同じ相手にばかり愚痴を吐いてしまうと、段々その相手があなたがストレスの対象人物になってしまうことがあります。

愚痴を吐くことは悪いことではありませんが、何度も何度も毎日のように愚痴を聞かされていると、相手にはあなたの愚痴がストレスになってしまって、やがてあなたの愚痴を別の人に吐き出すようになってしまって、愚痴は伝染するように広がってしまうこともあります。

私もそういう一人で、いつも愚痴ばかり言う友人がいて、暇だった時は愚痴を聞いても良かったけれど、こちらが忙しい時に愚痴を聞かされると、さすがに負担に思ってしまいました。

そうならないように、愚痴がある同士で集まって、「愚痴吐き会」をしてみては如何でしょうか?

愚痴も聞くばかりではストレスになってしまうので、皆んなで愚痴を吐けばお互い様ですからね。

思い切って、そんな提案を友達にしてみませんか?

楽観的に構える

物事を深く考えることも必要な時もありますが、あまりに何でも深く考え込んでしまうのも良くありません。

時には、楽観的に構える態勢も必要なこともあります。

それは、決してチャラい人間になりなさいと言うことではありません(笑)

最初は楽観的に構えていれば、深く考えなければならないことも上手く振り分けることが出来ますが、最初から何でも深く考え込んでしまう人ほど、臆病になってしまって、なかなか行動に移すことが出来ず、悩んでいるばかりで何も前に進めなくなってしまいますからね。

適度に楽観的になって、開き直ることも必要なのではないでしょうか。

【楽観的な考え方については、こちらの記事もチェック!】

耐える口癖を身につける

「あーもう無理!」なんて言葉を、口癖のように言ってしまう人がいますが、そういう人を見ていると、どんな簡単なことでもその言葉で片付けてしまって、それ以上努力をしようとせず、すぐ投げ出してしまいます。

そんなネガティブな言葉を口癖にしてしまうのは、勿体ないことです。

どうせなら、ポジティブな言葉を口癖にした方がいいと思いますよ。

「きっと私なら出来る!」「私だったら、もっと頑張れるはず!」「努力は必ず報われる!」「頑張れ私!頑張れ今日も!」って、最後の言葉は西野カナの歌の歌詞のようになってしまいましたが、自分への励ましの言葉を口癖にしてみて下さい。

誰に応援されるよりも、あなた自身の励ましの言葉が、あなたにとって、一番耐えることを頑張り抜く勇気を与えてくれるのです。

なんとかなる

「なんとかなるさ!」って、辛いことがあった時も、いつもそう思っていれば、本当になんとかなってしまうものです。

要は、頭の中がいっぱいいっぱいになってしまっていると、それほど大したことではなくても、何も手につかなくなってしまうくらい、悩み込んでしまうこともあるので、いつも心に余裕が持てるようにしておかなければ、行き詰まって行動を取れなくなってしまうのです。

ですから、「なんとかなるさ!」って言うくらいに思っていれば、いつでも冷静に行動が出来るので、あまり考え込まないように、心を軽くしておきましょう。

その時はその時

予め、「こんな時は、どうすればいいんだろう?」なんて、いつも最悪の状態ばかり考えていると、生きるのが面倒臭くなったり、辛くなってしまうので、細かいことは考え過ぎないように、「その時はその時で何とかすればいいさ!」って思いましょう。

その方が、いざと言う時のために、力をためておけますし、はったりを利かせて上手く行くこともありますからね。

どうしようどうしようって、余計な心配ばかりして怖気づいてしまっていると、心が疲れてしまって、何も出来なくなってしまいますよ。

心構えや準備は必要ですが、あまり不安なことばかり考え過ぎて、気疲れしないようにしましょうね。

まあいっか

何か失敗してしまった時でも、そこで立ち止まって、クヨクヨしていてはいけません。

「まあいっか。」ってくらいに、考え込まずに、失敗を恐れず前に進んで下さい。

但し、あまりにも何でも軽く流してしまい過ぎないように、考えて前に進めない時は、「まあいっか。

次は頑張ろう!」って、次は同じ失敗を繰り返さないようにしなければなりません。

「まあいっか。」ばかりでも、前に進むことは出来ませんからね。

そのさじ加減がなかなか難しいところですが、とにかく、考え悩んで前に進めない時は、そう思うように心がけて下さい。

死にゃあしない

ほんの些細なことでも、「もうダメだ…これで私の人生は終わった…」なんて、まるで口癖のように大袈裟に言っている人がよくいますよね。

そんなことで死んじゃうくらいの人だったら、この記事が読めるような年齢になるまでに、とっくに死んでますよ。

そんな時、「人間なんて、ちょっとやそっとのことじゃしにゃあしない!」って、言われたことはありませんか?

死ぬことの怖さに比べたら、そんなことくらいで死ぬワケないのですから、「こんなことでしにゃあしないから大丈夫!」って思えるようになるといいですね。

そうすれば、死ぬよりマシだと思って、ちょっとのことでクヨクヨしなくなりますよ。

心の中で悪口を言う

我慢することで忍耐力を付けるのだと、前に書いてましたけど、嫌な奴だと思う人が周りにいたら、いつも我慢ばかりしていると心が病んでしまうこともあります。

そこまで我慢することは、逆に危険なことなので、我慢強くていい人になるより、心の中で悪口を言うくらいはいいじゃないですか。

他人に悪口を吹聴するワケではありませんし、心の中で嫌いな人をボロクソ言ってスッキリさせて下さいね。

但し、独り言みたいにブツブツ文句を言っていると、怪しい人だと思われてしまうので、ご注意下さい。

ネットで体験談を読む

自分だけでは解決出来ないことがある時は、ネットで同じような体験談を読むといいでしょう。

同じような悩みを解決した体験談を読むことだけでも、「自分にも出来るはず!」と、心強くなりますよね。

悩んでるのはあなただけじゃない、皆んな同じような悩みを乗り越えて来たのです。

弱気になってしまった時には、そんな成功例を読めば、きっと勇気づけられて自分にも出来ると思えるようになりますよ。

友達に相談する

誰かに相談することで、解決出来ることもありますよ。

友達に聞いてもらうだけでも、一人で抱え込んで考えるよりは、別の対策が分かるかも知れませんよね。

若い頃、私も凄く悩んでいたことがあって、「このままじゃ、病気になってしまいそう…」って、どうしても誰かに聞いて欲しいと思った時、一番の親友に思い切って話してみたんです。

そうしたら、友達が言葉を言い間違えてしまって、そのまま気付かず深刻そうに話してくれていたので、笑ってしまいそうなのをずっと堪えて聞いていたけど、最後に、「さっき、〇〇のことを△△って言ってたよね?」って言ったら、二人で吹き出して爆笑しました。

あんなに悩んでいたのに、その笑いで悩みも一気に吹き飛ばしてしまいました。

と言うことで、友達に相談をすることで、悩み自体は解決しなくても、気分転換や気持ちを切り替える切っ掛けにもなるかも知れませんよ。

思い切ってやめる・逃げる

悩んでも悩んでも、どうしても解決しなくて、「このままでは心が病んでしまいそう…」と言うところまで追い詰められてしまったら、発作的に自殺をしてしまうこともあります。

そこまで追い詰められてしまう前に、どこかで吹っ切ることも必要です。

我慢することは、忍耐力を付けることが出来ると書きましたが、死んでしまうほど悩んでしまったら、我慢しない方がいいこともあります。

ずっと頑張って耐えて来たことを、途中で投げ出したり、逃げるようなことをしたくないと、意地を張ってしまって、心と身体を壊してしまったら、逆に何のために我慢して来たのか、そこまで頑張った意味がなくなってしまいます。

時には、思い切ってやめることも、そこから逃げ出すことも必要なのです。

それは、強く生き抜くためだと思って、決して逃げたことを恥じることなどありません。

休日はしっかり休む

休日まで仕事を持ち帰ってやってしまったら、あなたの身体はいつ休めるのでしょう?
身体あってこそ、良い仕事が出来るのですから、身体を壊してしまえば、仕事も出来なくなってしまいますよ。

「病は気から」と言う、ことわざがあるでしょう。

その逆もまた真なりで、身体を壊して入院なんてことになってしまったら、心もどんどん悪い方へ悪い方へ考えてしまうようになって、やがて鬱病になってしまうことになり兼ねません。

自分自身を制御不能になってしまったら、そこから這い上がる前に最悪な結果になり得るのです。

少し前に電通の元女性社員の方が、過労から自殺をしたと言うニュースで騒がれていましたが、どんなに会社が悪くても、死んでしまうほど働いてしまうことは、あなたにとって何もメリットはありません。

死ぬほど働くより、そんな過労するブラック企業は思い切って辞めましょう。

恋人や配偶者に励ましてもらう

もしも、あなたに恋人や配偶者がいるのであれば、時には甘えてみて下さい。

愛する人の励ましの言葉は、誰の言葉よりも、何よりも効く特効薬になって、あなたの思い詰めた凍えるように冷たくなってしまった心を、温めて癒してくれることでしょう。

大好きな人と一緒にいるだけも、不安な気持ちが解消されることもありますよね。

きっと、あなたの心の支えになって、一人では乗り越えられなかったことも、二人で一緒に乗り越えられますよ。

スキンシップはストレス軽減に効果あり

恋人や配偶者の肌に触れ合うだけで、ストレスを軽減する効果があると言います。

前にも書きましたが、愛する人とスキンシップをすることは、不安な気持ちも解消されて、ストレスを軽減することが出来るのです。

人の肌の温度を感じることは、実は身体の中に大きな変化をもたらすのです。

それは、オキシトシンと言って、オキシトシンは肌を優しく撫でられたり、施術を受けて安心することで分泌されるものです。

オキシトシンの効果について、アメリカで行われた研究では、人に触れた時、人の皮膚温が高くなったそうです。

触れられることで温度が高くなると言うことは、心も温かくなると言うことだそうですよ。

試練だと考える

苦しいことがあった時、辛いことがあった時は、それは自分に与えられた試練なのだと考えるようにしましょう。

よく言われている、「神は乗り越えられる試練しか与えない」と言う言葉があるでしょう。

あなたが今、試練にぶち当たってしまって、もう限界だと思ってしまった時に、どうかその言葉を思い出して下さい。

あなたなら乗り越えられる試練だから、あなたに与えられたのだと思えば、きっと、どんなに辛くて苦しい試練でも、力強く乗り越えることが出来るはずです。

あなたには、既にその試練を乗り越えるための力が備わっているのですから、自信を持って前に進んで行きましょう。

これを乗り越えたら成長できる

次々と辛い試練があなたの前に立ちふさがってしまった時、「これを乗り越えたら成長出来る!」と、前向きな期待をして下さい。

辛くなったら、それを願うことで、どんな逆境でも乗り越えることが出来ます。

いくつもの苦難を乗り越えて行くうちに、必ずあなたは多くの経験を活かせるように成長出来るはずです。

それまでの弱い自分に勝つことで、あなたは強い自分に生まれ変わることが出来るのです。

そして、そうやって強さを身に付ければ、向かうところ敵なしの強靭な人に成長出来ることでしょう。

そうなれば、どんなに険しい道でも、乗り越えることが出来ますよね。

ノートに感情をぶちまける

愚痴を書くノートを作ってみると言うのも、試してみては如何ですか?

ちょっとの呪いのデスノートみたいで、誰かに見られたら恥ずかしいかも知れませんが、そこは注意しておけば大丈夫です。

スマホのメモなどでも良いかも知れませんが、手書きで書いた方が、絵なんかも自由に描けますし、憎いアイツを豚にしてやったり、藁人形に絵を描いたり、思い切りやりたい放題に感情をぶちまけてスッキリさせましょう。

本当にやってしまったら危ない人になってしまうので、ノートだったら、思い切り悪口を書いてもいいでしょう?

自殺に追い込まれるくらいなら、このくらいのことは許されますよね。

我慢の中でも自分を大切にする

我慢してばかりだと、どんどん自分を追い詰めてしまうことになり兼ねません。

前にも書きましたが、我慢をすることで忍耐力を養うことは出来ますが、我慢し過ぎて逃げ場を失ってしまうと、心も身体も崩壊してしまうこともあるのです。

そこまで我慢しても、何も良いことはありませんから、我慢をしている自分を大切にして、たまには自分へのご褒美をあげて下さいね。

例えば、女性であれば、エステに行って綺麗にしてあげたり、ちょっと高級のバッグを買ってあげたり、心をリフレッシュ出来るようにしてあげて下さい。

そうすることで、ストレスもなく我慢することが出来るのであれば、そのくらいの贅沢は、たまにはいいじゃないですか。

得られるものを考える

「これを乗り越えれば、私はどんなことでも耐えられる人間になれる。」と、我慢したり、困難を乗り越えた時に、何か得られるものを考えるといいでしょう。

その目標のようなものに向かって、自分の意志を強く保てることが出来るのです。

ちょっと厳しい状況になりつつある時も、それを考えることで、その目標を見失うことなく、頑張って得ることが出来ることでしょう。

私の場合、どんなに辛いことがあっても、笑って乗り越えるくらいの強さが欲しい。

それさえ出来れば、生きて行くことが楽になって、楽しい人生を送ることが出来るようになると思うからです。

悩みのない人生なんてないかも知れませんが、悩みながらも前向きな姿勢を崩さず、絶対に出来ると言う自信があれば、ちょっとくらいの悩みでクヨクヨすることはなくなりますからね。

悪いことの後には良いことが来る

「人生楽ありゃ苦もあるさ♪」って、水戸黄門の歌でも歌っている通り、人生なんて良いことばかり続くものじゃないし、その逆に悪いことばかり続くことも有り得ません。

長い人生、誰しもがどこかで壁にぶち当たってしまうのです。

自分だけが例外だと思っていませんか?
では、あなたは今まで悪いことしかなかったり、良いことしかなったと思いますか?

辛いことばかりの中でも、楽しかった思い出が一つくらいはあったでしょう?
生きていればこそ、嫌なこともあるけど、幸せを感じることも出来るのです。

悪いことの後には、必ず良いことが来るのです。

どん底を見たら、後は這い上がるだけで、それは迷信などではなく現実なのです。

周囲の評判が上がると考える

きっと苦難を乗り越えて成長したあなたは、「あの人はとても強い人で、どんな困難なことでも、あの人なら乗り越えられる。困ったことがあったら、あの人に相談すれば必ず力になって解決してくれる。」と、周りの人達の評判も上がって、信頼を築けることでしょう。

頑張っている自分を、必ず誰かが評価してくれるのです。

あなたの頑張って来たことは、あなただけでなく、これから同じ壁を乗り越えようとしている人達を救うことも出来るのです。

あなたがネットで調べた体験談のように、あなたも自分の経験から成功へ導けるように、同じ苦しみを乗り越える術を与えてあげましょう。

そうすれば、周囲からの評判が上がることでしょうね。

頑張った自分を高く評価してもらうことも、自分へのご褒美ではありませんか?
そう考えることで、あなたも今苦しんでいることも、乗り越えられるのではないでしょうか。

️耐えることはあなたの成長につながる

このように、努力は必ず報わる時が来ると言うことを、この記事を読んでお分かり頂けましたでしょうか。

我慢しても何も良いことがないと思っていたあなたも、我慢することは誰のためでもなく、自分のためであり、その我慢を耐え抜くことで、あなたは大きく成長することが出来るのです。

忍耐力が付けば、多少の困難は楽に乗り越えられるのです。

初めは息切れしながら登っていた山も、毎日毎日、頑張って登っていれば、楽に登れるようになるように、我慢の日々は決して損をすることはありません。

こんな辛い世の中ではありますが、これからもっと最悪な状況になってしまう可能性だってあるのです。

東日本大震災の時も、東北は壊滅状態でしたけれど、東北の人達はそれでも前に進んで、前よりもっと強く生きているのです。

今、あなたが苦しいと思っている何十倍、何百倍の辛さを乗り越えて、東北の人達は一日も早く復興するために頑張ってます。

これから、あなたにどんなに辛いことがあっても、この記事を思い出して頑張って下さい。

きっと、あなたはもっと偉大な人に成長することが出来ます。

あなたの成長にお役立て出来ますように。