社会人ともなれば、職場では当たり前に敬語を使います。

しかし、あなたの使っている敬語は、果たして本当に正しい日本語なのでしょうか?

敬語が曖昧な新社会人は少なくありませんが、社会人歴が長くなるほど間違った敬語を使っていると恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

とくに最近目立つのが、「させていただく」という日本語の間違った使い方です。

あなた自身、職場で間違った「させていただく」の使い方をしていないか、この機会にチェックしてみましょう!

「させていただく」について

職場では、頻繁に「させていただく」という敬語を耳にする機会があると思います。

上司や取引先と話をしている時に、「そのようにさせていただきます」「予定を変更させていただきます」など、相手の意志や許可を確認しながら用いられることの多い謙譲語です。

自分一人だけで物事を決めたり、作業を進めたりする場合には用いる言葉ではありませんが、仕事は一人だけでするものではないので、自然とこの「させていただく」という言葉を使う機会も、耳にする機会も多いのでしょう。

間違って使われやすい「させていただく」

「させていただく」という言葉は、言葉の響きがとても丁寧に感じられるので、敬語で話す時にはついつい頻繁に使ってしまうことがあります。

本来ならば相手の許可や確認が必要のないことでも、丁寧な敬語を付け足したいという無意識の感情から、不要な謙譲語として「させていただく」と言ってしまうことがあります。

また、「させていただく」という言葉は謙譲語ですが、一つの文章の中で謙譲語を重ねて使ってしまうと二重敬語になり、日本語としては間違った文法になってしまいます。

例えばありがちな間違いでは、「拝見させていただきました」という言葉がありますが、この「拝見」は「見る」の謙譲語です。

また、「させていただく」も謙譲語ですので、一見丁寧に思えるこの文章は、日本語としては間違っているのです。

このように、普段当たり前に使っている言葉でも、実は日本語としては間違っているものが少なくはないのです。

あなたの「させていただく」は間違いかも?

自分の敬語の言い回しや、他人の敬語の言い回しを、「なんだかくどいなぁ」と感じたことはありませんか?

敬語と聞くと一見とても丁寧な文章の言い回しを想像する人も多いですが、実際にはそこまでくどくどした話し方になることはありません。

もしくどいと感じる場合には、その日本語は文法が間違っている可能性が高いです。

例えばあなたが、先日上司と話した仕事の内容について、予定の調節をしたいと上司に申し出るとします。

その際によく使われる敬語としては、次のようなものが多いです。

「先日お話させていただきました仕事の内容についてなのですが、少し予定を調節させていただきたいと考えておりますが、いかがでしょうか?」口にするだけで舌を噛んでしまいそうな敬語ですよね。

これを丁寧な敬語だと考えている人も多いですが、実際にはもっと言葉をスッキリさせることが出来ます。

無駄な敬語を省くと、次のような言葉になります。

「先日お話した仕事の内容についてですが、少し予定を調節させていただきたいと考えております。」一つの文章の中で二重敬語にならないように、「させていただく」という言葉を使うのは一度だけにします。

また、わざわざ「いかがでしょうか?」と確認するまでもなく、予定の調節をしたいと申し出れば、上司から次のアクションが返ってきますので、必要以上に言葉を繋げる必要はありません。

何より後者の言い回しの方が、上司もこちらの言いたいことを理解しやすいでしょう。

このようにちょっとした言葉遣いから間違っている人は多いですが、あなたはどうですか?

自信を持って正しく「させていただく」を使えていると言えるでしょうか?

もし間違っているかもしれないと不安に思う人は、記事の続きを参考にしてみて下さい。

「させていただく」の意味

そもそも、「させていただく」とはどのような意味として用いるのでしょうか?

相手に対して気を遣ったり、遠慮したりしながら行動を起こすときに用いる言葉なのです。

自分が何かをしようと思った時に、それをしてもいいかと相手に確認したり、許可を得たりするときに用います。

相手を敬う謙譲語

「させていただく」という言葉は、相手を敬う謙譲語です。

謙譲語とは敬語の一種で、「ある動作や状態の主体を、相対的に下位にあるものとして示す単語や語法」のことです。

言い換えると、自分を相手よりも下の立場において話す時に用いる言葉遣いのことです。

年下が年上の人に話しかける際や、部下が上司に話しかける際など、自分よりも目上の立場の人に話しをする時には謙譲語で話をするのが一般的です。

また、会社で働いていると、取引先の会社の人と話をすることがありますが、その場合にも謙譲語で話をしておくと無難でしょう。

明らかに会社同士で立場が異なる場合には、上の立場にある会社の人が謙譲語で話すことはあまりありませんが、それでも社会人であれば咄嗟に謙譲語で話せることが当たり前とされています。

自分の行為や行動をへりくだって使う

謙譲語は、自分の行為や行動に対してへりくだって使います。

何でもない時には「仕事をする」「電話をする」と表現することも、相手を立てて自分がへりくだる場合には「仕事をさせていただく」「電話をさせていただく」と言葉を言い換えます。

そうすることで相手には、自分がへりくだっているのだということが伝わります。

相手が気難しい年上や、上司である場合には、謙譲語で話すことで同時に相手の立場を上げることになりますので、不快に感じることはまずないでしょう。

とはいえ、二重敬語や丁寧過ぎる回りくどい言い回しをしてしまうと、「もっとハッキリ言え」と叱咤されてしまう可能性もあります。

申し訳ない気持ちが込められている

謙譲語には、相手を立てて自分がへりくだる表現の他に、暗に申し訳ないという気持ちが込められていますので、それを受け取る側が不快に思うことはそうありません。

自分が何か行動する際に、「させていただきます」という言葉は相手に対して「申し訳ないけれどやらせてもらってもいいですか」と言った意味合いを感じさせますので、言われた相手は「自分を気遣ってもらっている」と感じて、間違っても「えらそうだな」「感じが悪い」と思われることはないでしょう。

とはいえ、相手によってはそのへりくだった言い方を気に入らないと受け取る人もいます。

例えば自分が相手に対してへりくだることのない人で、また相手を自分と同程度の立場に見ている人にとっては、相手が自分に対して謙譲語を使うことで、「わざとらしく距離を取られている」と感じることがあります。

そのような場合には気分を害することがありますが、相手の受け取り方がどうであれ、目上の人や立場が上の人に対して謙譲語を使うこと自体は正しいことです。

相手の許しのもとにあるとき

謙譲語は、相手の許しのもとにあるときに用います。

また、これから相手の許可や許しを求めようとするときにも用います。

例えば上司に仕事の内容を確認して欲しいときには、これから確認してもらえるか許可を取るという意味で、「仕事の内容を確認させていただきたいのですが、ご都合はよろしいでしょうか?」と尋ねます。

また、体調不良で仕事を早退したいときに、上司に早退をしてもいいか確認を取る意味で、「体調が悪いので早退させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」と使うこともあります。

このように、相手の許しを求める場合や、また許しを得た状態で用いる謙譲語です。

相手の好意や恩恵を受けるとき


「させていただく」という言葉は、相手の許しを求める、または許しがある状態の際に用いる言葉です。

そしてまた、相手の好意や恩恵を受けるときに用いる言葉でもあります。

例えば先に挙げたように、上司に仕事の内容を確認してもらう際に、予め上司がそれを許可していた場合には、「上司に仕事の確認をしてもらうことに対する感謝の気持ち」から「仕事の内容を確認させていただきます」と言葉を用いることがあります。

また、体調不良で早退する際にも、早退を許可されたことに対する感謝の気持ちから、「早退させていただきます」と謙譲語を用います。

相手に対して好意や恩恵を示す際の「させていただく」という言葉は、「厚かましくて本当に申し訳ないけれど、あなたが許可をしてくださったので有難く〇〇をさせていただきます」という感謝の気持ちが多く含まれています。

それが相手に伝われば、受け取る側も快く許可をしてくれることでしょう。

「させていただく」は許可がないと使えない

「させていただく」という謙譲語は、基本的には相手の許可がなければ使うことができません。

また、これから許可をもらいたいときにも使うことがありますが、その場合にもある程度許可をもらえる見込みがある上で「させていただく」という言葉を用います。

例えば「ご案内させていただきます」や「御社の商品を検討しますので、資料を拝見させていただけますか?」など、相手と自分とがこの後行動に移すことを前提としている場合にも用いられることが多いです。

また、目上の立場の人から何かすすめがあった場合などにも「お言葉に甘えさせていただきます」などと感謝の気持ちを表しながら使うことがあります。

勝手な行動で「させていただく」は失礼

「させていただく」という言葉は、自分が行動することについて相手に許可を取ったり、または許可をもらったりした上で用いる言葉です。

しかし、近年では相手の許可に関係なく、自分が決定した意志を伝えるために「させていただく」という言葉を用いる人が増えています。

例えば「来年度の予算を決定させていただきます」や「会社を辞めさせていただきます」また「この春に無事に卒業させていただきました」など、ことあるごとに「させていただきました」という言葉を用いることがありますが、これらは全て本来の使い方とは間違っています。

「来年度の予算を決定させていただきました」という言葉の場合、言っている本人は自分が決定したことをへりくだった表現をするために「させていただいた」という言葉を使っているのかもしれません。

しかし、自分で決めたことを敢えてそのような表現で他の人に伝えることは、受け取り手によっては慇懃無礼に感じてしまうことがあります。

また、「会社を辞めさせていただきます」という言葉も同じく、相手の許可など何の関係もなく、あくまでも自分の意志で決定したことを伝えていますので、会社側にとっては嫌味に受け取れてしまうこともあるでしょう。

時々ドラマなどで妻が夫に「実家に帰らせていただきます」と発言している場面がありますが、これも嫌味の意味で「させていただく」という言葉を使っています。

さらには、「この春に無事に卒業させていただきました」という言葉も、言っている本人は「おかげさまで」という言葉と同じようなニュアンスで言っていることが多いですが、卒業したこと自体は相手の許可も何も必要のないことですので、わざわざそんな言い回しをする必要はないのです。

そのため、この3例の場合は、それぞれに「来年度の予算が決定いたしました」「会社を辞めます」「この春無事に卒業しました」というシンプルな言い回しが本来の正しい言葉遣いです。

このように、最近では自分の勝手な行動に対してもやたらと「させていただく」という言い回しをする人が増えていますが、本来の正しい言葉遣いではありませんので注意が必要です。

「させていただく」を使うときのポイント


「させていただく」という言葉を使うときには、どのようなポイントに注意して使えば良いのでしょうか?

時間をかけて文章で書く時には正しく用いることができる言葉遣いでも、実際に口から出るときには余計な敬語がついてしまったり、二重敬語などのくどい言い回しになってしまったりすることも少なくありません。

言っている本人はそれだけ相手を気遣って話しているつもりかもしれませんが、受け取る側によっては印象が悪くなってしまうこともあります。

そのため、「させていただく」という言葉を用いるときには、しっかりとポイントを押さえて使っていきましょう。

状況を踏まえて使う

「させていただく」という言葉は、原則として自分以外の相手がいて、その相手に対して用いる言葉です。

さらに、相手の許可を得るためや、許可を得た上で用いる言葉でもありますので、そうした状況を踏まえた上で使うようにしましょう。

例えば自分の仕事の量が多くて誰かに助けてもらいたい時に、手が空いている人がいれば、その人にお願いをして仕事を手伝ってもらおうとします。

その際に、「仕事を手伝っていただけますか?」と相手の許しを請う形で「させていただく」という言葉を使うのは状況に合っていると言えるでしょう。

相手の意思を考えて使う

「させていただく」という言葉は、あくまでも自分以外の相手がいるからこそ使える言葉です。

相手がいるということは、当然その言葉を用いる時には、相手の意思を考えた上で使うようにしなければなりません。

自分勝手に決めたことや行動したことに対して、「させていただきました」という言葉を用いることは、相手に対する嫌味になってしまいますし、言われた側も慇懃無礼に感じられて、気分を害してしまいかねません。

例えば「来月の予定を決めさせていただきました」とこちらが言ったことに対して、相手に何の相談もしていなかった場合には、「『させていただいた』も何も、自分で全部勝手に決めたんじゃないか」と相手には不快に思えてしまうことでしょう。

このように、「させていただく」という言葉を用いる場合には、必ず相手の意思を考えてから使うようにしましょう。

許しを請う場合や、許しを得たことに対する感謝の気持ちとして用いるのは問題ありませんが、そうでない場合には用いらないようにした方が無難でしょう。

多用しない

最近ではテレビや自分の周囲で何かと「させていただく」という言葉を耳にする機会が増えましたよね。

「この前新婚旅行でハワイに行かせていただきまして~」や、「早めに時間が空いたので、夕食をとらせていただきました」など、やたらと語尾に「させていただく」をつけて話す人が増えました。

「させていただく」という言葉は、自分の立場をへりくだって話す言葉ですので、謙虚さや控えめさが感じられて、好んで多用する人がいます。

しかし、言葉自体はへりくだったものでも、その使い方が間違っていると日本語としてはおかしなものになってしまいます。

またそれを指摘する人がいなければ、自分で間違いに気づかないままで多用し続けてしまうでしょう。

「させていただく」という言葉は、これまでにもご説明してきたように、あくまでも相手に許可を求める場合や、許可を受けたことに対する感謝の気持ちから用いるべき言葉です。

相手がおらず、自分で決めたことや行動したことに対して「させていただく」を多用するのは大きな間違いなのです。

同じ文章の中で何度も使わない

「させていただく」という言葉は、その響きだけでも口にすると長い言葉ですよね。

ただでさえ長く感じられるその言葉を、時々同じ文章の中で何度も多用する人がいます。

例えば、「先日ご依頼させていただきましたお仕事の件ですが、お見積りをさせていただいてもよろしいでしょうか?」といった言葉を何気なく使う人がいると思います。

一見丁寧な言い回しですので、受け取る側も違和感を抱かない人はいるかもしれません。

しかし、日本語をしっかりと学んでいる人や、言葉遣いに厳しい人が聞くと、言い回しの間違いに気づいて指摘をする場合があるでしょう。

「させていただく」という言葉は、少なくとも一つの文章の中で何度も使う言葉ではありません。

具体的な理由は以下でご説明をしますが、日本語の使い方としては間違っていますので、同じ文章内で多用するは止めましょう。

また、言葉の間違いとしてだけでなく、一つの文章内で何度も同じ言葉を用いると、それだけでくどくなってしまいます。

本来相手に伝えたい重要な部分が伝わらなくなってしまいますので、そうした点からも言葉を重複させるのは止めましょう。

二重敬語に気をつける

一つの文章の中で、尊敬語と謙譲語を組み合わせて使う分には問題ありませんが、謙譲語同士が重なってしまうと二重敬語になってしまいます。

二重敬語は日本語の使い方としては、間違っていますので、二重敬語にならないように言い回しには気をつけなければなりません。

先に例を挙げたような「先日ご依頼させていただきましたお仕事の件ですが、お見積りをさせていただいてもよろしいでしょうか?」という言葉の場合、「させていただく」という謙譲語が重複してしまっていますので、言葉を正す必要があります。

正しくは、「先日ご依頼しましたお仕事の件ですが、お見積りをさせていただけますでしょうか?」となります。

こちらの方が二重敬語にはなっていませんし、また言葉の響きもスッキリとしているため、相手にも内容が伝わりやすいです。

「拝見させていただきました」など

すでに例としてご紹介しましたが、もっともよく間違われて用いられる二重敬語に、「拝見させていただきました」という言葉があります。

この言葉は、本当にあちこちで頻繁に見かけます。

メールなど、仕事のやり取りでよく見かけるこの言葉を、自分でもうっかり使ってしまっていたという身に覚えのある人はいると思います。

それほど間違えられてしまいやすいのは、「拝見」という言葉と「させていただく」という言葉が、どちらも謙譲語であると知らない人が多いためです。

「させていただく」はいかにもへりくだった言い回しなので、謙譲語であると知っている人も多いでしょう。

しかし、「拝見」という言葉は日常で当たり前に使われ過ぎていて、あらためて謙譲語であると意識していない人も少なくはありません。

そのため、無意識の内に二重敬語を使ってしまっていることが多いのです。

正しくは「拝見しました」

「拝見させていただきました」という言葉が間違っているとすれば、正しい言い回しはなんでしょうか?正しくは、「拝見しました」です。

シンプル過ぎて、あまり相手に対する気遣いが感じられないと思うかもしれませんが、日本語としてはこの言い回しが最も正確なのです。

会社など、ビジネスの場においては、「拝見いたしました」と言うことの方が多いですが、こちらも本来は二重敬語になりますので、日本語としては間違っています。

しかし、「拝見させていただきました」よりは違和感を覚えさせることはありませんし、また相手が不快に感じることもありませんので、相手に対してより丁寧な印象を与えたい場合には、あえて「拝見いたしました」と発言することも少なくはありません。

質問系で使う

「させていただく」という言葉は、本来は相手に対して許しを請う場合に用います。

許しを得たことに対する感謝の言葉として用いることもありますが、基本的には許可を得るために用いる言葉ですので、「させていただく」という言葉を用いるときには、質問系で用いるようにしましょう。

「~させていただけないでしょうか」

「させていただく」を質問系で用いる場合には、「~させていただけないでしょうか」といった言い回しが一般的です。

例えば有名人のサイン会に行ったときに、「握手していただけないでしょうか?」と尋ねて相手の意思を確認することがあります。

また、資料を上司に確認してもらいたい時には、「資料を確認していただけますでしょうか?」とお願いすることがあるでしょう。

このように、相手に対してお願いごとや許可を得たいときに質問系で用いるのが正しい使い方と言えるでしょう。

「させていただく」を言い換える

「させていただく」という言葉は、使い方によっては相手に不快感を与えたり、誤解を与えてしまったりすることがあります。

また、言葉の使い方が間違っていた場合に、それに気付けずにビジネスなど公の場で恥を掻いてしまうことがあるかもしれません。

そのため、もし「させていただく」と似たような意味合いで異なる言い回しの方法があるのなら、そちらを用いた方が無難な場合もあるでしょう。

「させていただく」を他の言い回しにすると、どのような言い方になるのでしょうか?

「~致しました」

「~致しました」という言葉は謙譲語ですので、もし同じ文章内で「拝見」などの謙譲語がある場合には二重敬語になってしまう場合があります。

そのため、「~致しました」という言葉を用いる場合には、同時に謙譲語が混ざらないように注意しましょう。

とはいえ、「致しました」という言葉自体が、こちらがへりくだった言い方になりますので、同じ文章内に謙譲語が混ざる可能性は低くありません。

万一混ざってしまった場合には、日本語としては間違った使い方になってしまいますが、それで相手が不快に感じたり、違和感を抱いたりすることがなければ使える場合もあります。

「~しました」

「させていただく」「~いたしました」という言葉が謙譲語なのに対して、「~しました」という言葉は丁寧語ですので、同じ文章内で謙譲語と被ってしまった時にも問題なく用いることができます。

例えば「拝見させていただきました」という言葉が二重敬語になっているのなら、「拝見しました」と言い換えることができます。

また、「お願いさせて頂いた件でお話させていただきたいのですが」など、おかしな二重敬語になっている場合にも、「お願いしました件でお話させていただきたいのですが」と、正しい日本語と自然な言い回しに言い換えることができます。

「~しました」という言葉は、どんな場面や相手に対しても用いることができる言葉ですので、言い回しもたくさんあってとても便利に用いることができます。

「~と思います」

「~させていただく」という言い方は、自分をへりくだった言い方ですので、上下関係にこだわる人にとっては耳に聞き心地の良い言葉かもしれません。

しかし一方で、常に相手と対等に話をしたい人や、言葉遣いに厳しい人にとっては、不快に感じることもあります。

そんな相手に対して「させていただく」といった言葉を用いる場合には、「~と思います」と言い換えると良いでしょう。

例えば「自分の意見を話させていただきます」というところを、「自分の意見をお伝えしたいと思います」と言い換えると、言葉の響きがスマートで、かつ自分の意思や希望を分かりやすく相手に伝えることができます。

「~を行います」

「~させていただきます」という言葉は、「~を行います」という言葉にも言い換えることができます。

公の場において自分の意見を発表するときや、グループでディスカッションを行う時などには、一対多数になりますので、そこまで自分をへりくだった言い方をする必要はないでしょう。

例えば「意見を発表させていただきます」という言葉であれば、「意見発表を行います」のシンプルな一言だけで聞き手には言いたいことが伝わりますので、このような言い回しもおすすめです。

ビジネスで正しく使いたい敬語

ビジネスの場においては、正しい敬語が使えないと恥を掻いてしまいます。

とくに生まれも育ちも日本人であれば、社会人ともなれば敬語が使えて当たり前と思われます。

新社会人でおかしな敬語を使っている内は指摘してくれる先輩や上司も、社会人になって数年もすれば誰も間違いを指摘してはくれなくなるでしょう。

そうなると恥を掻いたままビジネスの場で過ごしていくことになりますので、自分のためにも敬語は正しく使えるようになっておきましょう。

敬語は覚えなければ正しく使えない

敬語は覚えなければ正しく使うことはできません。

あやふやな覚え方をしていては、その内間違った使い方をしてしまうでしょう。

今から正しい日本語について勉強し直すのは、「自分がきちんと正しく日本語を使えていない」と認めることですので、中々勇気がいることです。

また、今更勉強し直すのは面倒くさいと感じる人もいるでしょう。

しかし、人から聞く敬語やネットで見る敬語が、必ずしも正しいものとは限りません。

適当に調べて謝った敬語を覚えてしまわないように、きちんと教材で勉強をして、正しい使い方を覚えるべきでしょう。

無意識のうちに間違った敬語を使ってませんか?

あなたは自分で、絶対に正しい敬語が使えていると自信がありますか?

敬語にも場面や前後の言葉によってさまざまな使い方がありますので、どんなに自分が正しいと思っていても、実際には間違った使い方をしてしまっていることがあるかもしれません。

それどころか、日本語や言葉遣いのスペシャリストでもない限り、誰でも一度や二度は敬語の使い方を間違えてしまうことがあるでしょう。

しかし、社会人になればやはり正しい日本語は扱える必要がありますので、誤った使い方をしてしまわないように、日頃から言葉遣いには注意しましょう。

「させていただく」の正しい使い方をマスターしよう

「させていただく」の間違った使い方、そして正しい使い方が理解できたでしょうか?

一番気をつけたいのは、最近増えている一方的な「させていただきました」という言葉遣いです。

「させていただく」という言葉自体が、相手の許しを請うためのものであるということを忘れずに、常に相手の気持ちや意志を考えた上で丁寧に正しい言葉遣いができるように心がけましょう。