CoCoSiA(ココシア)

男と女の間でケンカや意見の違いにな...(続き4)

家庭のあり方

男性は仕事をし女性は家庭を守るものと昔はそんな風に言われていたように思います。

現在では女性も仕事をもち男性と変わらない活躍ができる場も増えてきました。

男性も家事や子育てを手つだうべきであると考える女性も多いかと思います。

男性は仕事で疲れて帰ってきたのだから家ではゆっくりしたい休日は自分の為に使いたい。

と独身時代の考え方がなかなか抜けない人もいるかもしれません。

女性にしてみれば自分も仕事で疲れていても帰ってきたら家事をこなし子供の世話もしていきます。

そこで不満がでるかもしれませんね。

たまの休日家族の為に使うべき!と夫に対して要求することもあるのではないでしょうか。

どこまでお互いが譲渡できるかが大切かもしれません。

計画をたてる時

男性は計画を立てる時いかに便宜性があるか。

を重点におく傾向があります。

反面女性は事細やかにいろんなことを考える事ができるのでもっと詳しく計画を立てることができます。

例えば一緒に旅行に行くことになった場合。

男性は交通手段や観光に便利なホテルを探して予約すうことはできます。

反面女性は食事はあの店で、観光はここに行きたい。

などと詳しく計画することも得意とします。

そこで男性にどう思うか聞いたところで気のない返事が返ってくるとまた不満に思ってしまうかもしれませんね。

しかし男性は行き当たりばったりなところもあるのでそこを追及してしまうとケンカになるかもしれません。

もちろん女性のように事細かに計画を立ててくれる男性もいるので絶対ではありませんが男性にはそういった傾向があるという事です(^^;

男と女は脳の作りが違う!何が違うかはっきりさせよう

さて、ここまでいろんな例をあげてみました。

男性と女性の行動、考え方の違いについて少しでもなるほどと思い当たるところはあったでしょうか?

冒頭にも書きましたが男性と女性では脳の作りに違いがあります。

脳には右脳と左脳があるのですが男性と女性では使用する部位に違いがあるのです。

その当たろを詳しくみていきましょう。

男性は空間認識、女性は直感・分析能力

女性は右脳と左脳が精密に連携しています。

なので目の前でおこる変化や感情などにも柔軟に対応することができます。

反対に男性は右脳と左脳を連携ではなく前後に使っているの空間を即座に認識し判断することを得意とします。

車の運転が男性の方がうまいのはこのためとも言えますね。

男性は複雑な問題解決、女性は様々なことを解決

男性は二つの事を同時にするのが苦手です。

反対に女性は複数の事を同時に行ったり
考えて足りうすることができます。

問題が起きたとき、男性は目の前の問題だけを解決するべく案を練ります。

女性は複数の問題が起きたときでもいろんな策を練って解決すことができるといえると思います。

男性は論理的、女性は感情的

男性は物事を論理的にとらえます。

ほとんどの事に目的をもっています。

会話ひとつにしても目的があってそれに対しての解決がいるおであれば解決策を考えようとします。

反対に女性は感情が豊かです。

コミュニケーションによって関係性を保とうとするので表情を読み取る力おあるとされています。

なので男性の考え方に不快感を抱けばそれを表現します。

そこは男性としては何を怒っているのかわかない部分になるかもしれません。

男性は解説策、女性は共感を

また男性は物事を論理だてて解説する事があります。

女性にしてみれば冷たくうつるかもしれません。

ただ共感してくれるだけでいいのにまるでお説教された。