女性の人で、しょっちゅう自分の事を好きか聞いてくる人っていますよね。

中にはあまりにしつこく聞いてくるので嫌になってしまい、別れてしまったり、喧嘩してしまう人もいますよね。

なぜそんなに聞いてくるのでしょうか。

今回はそんな「私のこと好き?」と聞いてくる女性について説明します。

私の事好き?はあり?それともなし?

人によりさまざまですが、私の事を好き?と聞いてくる女性を可愛いと思う人もいれば、引いてしまう人もいます。

自分があまり好きと感情を出さない人の場合は、好き?と聞かれると困ってしまい、答えるのが元々苦手なために、嫌になってしまいます。

好きだから一緒にいるという考えの人もいますし、付き合っていることは好きだからだと考えている人もいます。

そのような人は、好き?と聞かれるのはなしになります。

逆に、好き?と聞かれると嬉しい人もいます。

そのような人は、自分も比較的に相手に自分を好きかよく聞きます。

自分に自信があまりなく、相手に好きと常に言ってもらわないと不安になってしまうのです。

そんな人は、逆に自分が好き?か聞かれると嬉しくなり、安心したりする人もいるのです。

人により好みが違うので、その相手によってありかなしか違ってきます。

私の事好き?に対する意見


男女問わず、自分を好きか聞いてくる人がいます。

聞く側も聞かれる側も、男女で意見が違ったりします。

また、その二人の関係によっても受け取りかたや感じかたが違います。

恋人同士や夫婦、友達に恋愛感情を持っているけどまだ付き合っていない二人などで違います。

付き合う前

まず、付き合う前の二人について説明します。

友達関係の男女や、恋愛感情を持っている二人は、聞かれる側の捉え方が違います。

友達関係の二人は、突然私の事すき?と聞かれると、聞かれた側は動揺したり、どうゆう意味なのかわからず焦ってしまいます。

聞かれた事が突然過て、急に意識し出したりする場合もあります。

もちろん、そのまま恋愛感情を抱き始める人もいます。

逆に、今まで恋愛感情を持たずに気楽に遊んだり話したり出来てたのに、急に聞かれた事が気になり、気まずくなってしまい距離を置いてしまう人もいます。

これは、聞かれた側の人の性格にもよりますが、私の事すき?と聞いた人の性格や人柄が大きく左右します。

明るく普段から冗談でもじゃれ合ってきたり、気軽に接してくる人ならば相手が距離を置くことも少ないです。

しかし、普段からあまり積極的ではなく、物静かなイメージや真面目な人の場合はすぐに、聞かれた側の人は自分に好意があると思いやすく、自分が好意を持ってないと距離を置いてしまいます。

告白されるのを恐れたり、もし告白された場合に断るのも申し訳なかったり、今までの関係が崩れるのを恐れるためです。

次に、お互いに恋愛感情を持っている二人の場合は、私の事をすき?と聞かれると嬉しくなり、素直にすきと答える人が多いです。

中には、恥ずかしがりやで「別に」と断りはしますが内心嬉しくて顔がにやけてる人もいます。

お互いに恋愛感情を持っているのに、なかなか友人から抜け出せない場合や、今の関係が居心地よくて恋人同士にはなれない二人もいます。

友人のまま、お互いに意識し合って、好意を持っている関係は毎日が楽しくて仕方ないものです。

些細なことでも相手の自分への気持ちを、言葉ではなく行動や仕草で再確認出来たりします。

恋人同士ではないために、束縛や面倒なことも少ないためにこのままの関係が居心地よくなってしまいます。

そのために、私の事をすき?と聞かれて今の関係が崩れるのを嫌がる人は「別に」と答えてはぐらかしたりして、それはそれで楽しんでいたりします。

今以上の関係を望んでいる場合は、「すき」とすぐに答えてくれることが多いです。

あり派

説明した通り、私の事すき?と聞いてくる人が気さくな明るい人ならばさほど好意があるなしに関わらず聞かれた側も嫌な気持ちにはなりにくいです。

さらに、友達以上恋人未満の二人でも、今以上の関係を望んでいる場合は私の事すき?と聞かれても全く嫌な気持ちにはなりません。

それどころか、嬉しくなり、急速に二人の関係がより近くなる場合もあります。

私の事すき?と聞かれてもあり派の人は、言う側の人柄やキャラクター、二人の関係をより深く望んでる人になります。

聞かれたらドキドキする


誰でも、人から私の事すき?と聞かれるとドキドキします。

たとえ今までの好意を持っていない人からでも、「もしかしたら自分のこと好きなのかな」とか「自分にどう思われてるか気になるのかな」と考えてしまいますよね。

聞かれるまでは誰でも嬉しく、ドキドキしますが、答えたり、それ以上の関係になることを考えるとドキドキから目覚めて、冷静に考える人もいます。

もちろん、仕事上の上司と部下や、学校の先輩と後輩の関係などで、常に怒られたりしている人から、私の事すき?と聞かれてもドキドキはしません。

「怒ったり、指摘ばかりしているから嫌いだよね」、「でも嫌いにならないで」と言う相手の心を感じ取れるために、恋愛感情のすきか嫌いかで聞いているのではないことは誰でもわかります。

あくまで、仲のいい男女間でのドキドキです。

好きだったらそのまま「好きだよ」って告白できる

なかなか、友達以上恋人未満の関係から抜け出せない二人の場合は、タイミングが掴みにくかったり、どのように告白していいかわからない場合もあります。

もちろん、今のままの関係が居心地よくて今以上を望まない二人は別ですが、恋人になりたい二人の場合、どちらかが冗談でも私の事すき?と聞く事で、告白のきっかけが出来て、付き合う場合も多いです。

相手にその気があれば、すぐに「すきだよ」と答えてくれて、「じゃあお付き合いしよう」とすんなりいく場合があります。

もちろん、女子からすれば、男ならしっかり告白してと思いますが、いい加減しびれをきらした女子から、告白するタイミングをプレゼントされる場合が意外にも多いのです。

好きじゃなくても意識しちゃうかも

今まで好意がなかったけど、私の事すき?と聞かれて、急に意識しちゃう人も多くいます。

もちろん、説明した通り、好意がないために聞かれたことによって距離を置いてしまう人もいます。

しかし、大半の人は、私の事すき?と聞かれると意識し出して好意を持ち始めるパターンが多いのです。

初めは、「なんでそんな事聞くのかな」とか「突然何を言い出すんだ」と不思議に思ってしまいますが、少し考えれば「自分に好意があるかを聞いているのでは」とわかるはずです。

すると、自分も自然に相手を気になり出して気付くと好きになってしまってる事がよくあります。

なし派

では、今度はなし派の人について説明します。

あり派でも説明しましたが、今のままの関係が居心地よかった場合や、今の関係が崩れるのを恐れるために聞かれるのがなしの人がいます。

さらに、全く興味がなく答えること自体無理な人もいます。

好きじゃないときの回答に困る

全く興味がなく答えること自体無理な人は、ストレートに「きらい」と言ってしまう人もいますが、大抵の人は回答に困ってしまいます。

「別に」とはぐらかしたり、話題を変えたり、答えなくていいように逆に「いきなりどうしたの?」と質問返ししたりします。

相手の反応を見て、これは自分に好意があるのかないのかを見極めて回答を探します。

もちろん、そのままはぐらかして答えず逃げる人も多くいます。

好きじゃないけど、相手を傷付けたくない場合や、自分の気持ちがわからない場合もあります。

そのような人は、その場では回答せずに聞いてきた人の反応や行動、仕草で回答の仕方を変えます。

すぐに回答が得られない場合は、あまり期待しないようにしましょう。

何度も同じ事を聞いてしまうと、相手は困ってしまい距離を置いてしまいます。

聞かれた方は恥ずかしい

自分にあまり自信がない人や、すきと言われることや言うことになれていない人は、自分の気持ち以前に、聞かれたことが恥ずかしくて仕方ありません。

そのため、答えることも出来ず、不自然に距離を置いたりします。

しかし、このような恋愛にいまいち不馴れな人の場合は、好意がないから距離を置いてしうのではなく、恥ずかしい思いをしたくないから距離を置いてしまう場合もあります。

少ししたら、突然相手の方から逆に告白してくることもあります。

もちろん、人前で言われたら誰でも恥ずかしいものですが、中には恥ずかしさあまりにテンパってしまう人もいるので、あまり恥ずかしがりやな相手の場合は聞くタイミングや場所なども考えてあげなければいけません。

恋人でもないのに軽い子に思える

男女問わず、軽い人は誰にでも「すき」だの「可愛い」だの「かっこいい」「タイプ」だの言ってしまうイメージです。

相手が真面目な人の場合は、「恋人でもないのに聞いてきて軽い子だ」とか「誰にでも言ってるんだな」と思う人もいます。

とくに、普段から異性の友達が多い人や、恋愛経験が多い人、恋人と別れたばかりの人などの場合は、真剣にとらえられず軽い子と思われがちです。

見た目も関係してしまいます。

露出が多い服装、派手な服装の場合なども軽く思われてイメージまでも一気に下がってしまうので注意しましょう。

付き合った後

付き合った後の場合はまた違う意見が出てきます。

お互いに両想いなので、気持ちを伝え合うことは大切で、必要なことですし、嬉しいことです。

しかし、人によりめんどくさがりな性格だったり、恋人同士と言う事実が全てでわざわざ口に出したくないと考える人や、言い過ぎることで言葉の価値が下がると考える人もいます。

あまり気持ちを口に出したくない人もいたり、苦手な人もいます。

ここからは、恋人同士のあり派となし派について詳しく説明します。

あり派

付き合った当初は、お互いに気持ちを伝え合うのが楽しみでもあります。

ラブラブな為に、何度も何度も「すき」や「愛してる」と言い合えます。

わかっていても、自分を好きか知りたくて、さらに詳しくどこが好きか知りたくもなります。

相手に褒められたり、喜ばれることが最優先で物事を考えたり、自然と行動したりします。

そのため、多くの場合、付き合った後ならば私の事すき?と聞かれても嫌な気持ちにはあまりならず、相手も自然と「すきだよ」と言ってしまうことが多いです。

気持ちの再確認としてあり

付き合えたのだから、お互いに「すき」なのはわかりきっていますし、当たり前ですが、気持ちの再確認としてもお互いに気持ちを知りたくなります。

付き合った当初は、説明した通り何度も何度も確認し合います。

付き合って少し時がたった場合、自分のことをちゃんとまだ好きでいてくれているか不安になり再確認するためにも聞いてしまいます。

時が経つと当たり前ですが、お互いの色々な面が見え始めて、突然冷めてしまったり、受け入れられない面が見えてしまったりします。

そのために、不安になりやすく再確認してしまうのです。

長く時が経つと、一緒にいるのが当たり前になり、お互いにあまり愛情表現を必要としなくなり、私の事すき?と聞かなくなります。

信頼関係も築けた証拠でもあります。

しかし、長く付き合っているとマンネリ化しやすく、新鮮味もなくなってしまいます。

そんなときに、自然と「私の事すき?」と聞かれると聞かれた相手からすると気持ちが温かくなり、初心に戻れたりします。

マンネリ化打開策としてもおすすめです。

気にかけてくれてる

長く付き合っている場合に、マンネリ化打開策としてや初心に戻るおまじないのような言葉ですが、まだまだ魔法は続きます。

それは、こんなにもお互いに長く付き合っているのに、まだ自分の気持ちを気にかけてくれているのかと思われる場合もあります。

長い年月が経つと、全然お互いに構ってあげれなくなったり、お互いに落ち着いてしまって、他のことに夢中になったりします。

それが自然でもあるのですが、そんな時に気持ちを再確認されると、忘れかけていた気持ちを思い出せたり、自分自身と相手の事を考え直したりします。

どんな時でも気にかけてくれる人がいると心強く、安心できます。

長く付き合っているのに何度も何度も聞かれるとめんどくさくなってしまいますが、たまには言われたいと思う人も多いようです。

かわいい

付き合っている期間に関係なく、自分に好かれているか、嫌いになられてないか気にしている人を可愛いと思う人も多くいます。

元々甘えん坊で嫉妬深い人の場合は、意外に何度聞いても理解されているために、めんどくさがらずにしっかりとその都度答えてもらえたりします。

また、普段から弱さを見せずに強く立派な人の場合も、突然不安な気持ちを見せたりすると、男性からすると自分にしか見せない一面を見せてくれたとか、なんだかんだ言っても自分を必要としてくれていると思いやすく、可愛いと思う人が多いです。

男性は、基本的に頼られたり、助けを求められたりすると嬉しく、自分が必要とされていると認識するといつもより男らしくなれたりするのです。

自立したしっかり者の女性でも、弱い面を彼には無理をせずに、たまには見せてみるのがいいかもしれません。

今よりも、彼から愛情をもらえる場合もあるかもしれません。

なし派

付き合った事が全てで、あまり愛情表現をしない人もたくさんいます。

付き合う前は、愛情表現をたくさんしてくれていた場合でも、日がたつごとに少なくなり、私の事すき?と聞いても無視されてしまったり、適当に返事を返してしまう人もいます。

元々、自分の気持ちを相手に伝えるのが得意ではない人や、嫌いな人に多く見られます。

「付き合っていると言う事実以外に何を望むの?」と思っていたり、今さら「好きか嫌いかなんて関係ない」と思う人もいます。

相手からすると、「自分のことはどうでもいいんだ」とか「どうせ自分のことはめんどくさいって思ってる」と思ってしまいますよね。

しかし、現実は好きで仕方ないもの場合もあるのです。

よく、破局理由にも相手が愛情表現してくれないと言う理由が上位にあります。

付き合ってから構ってくれなくなったなども似た理由です。

しかし、このような理由が原因で破局してしまった場合、多くの男性は別れた後に彼女の気持ちや大切さに気付き、未練が残り追っかけてくる場合が多いのです。

自分の行動や態度を、別れて考え直し、反省するからです。

しかし、女性からすると「今さら遅い」と思ってしまうのが定番です。

また、付き合っていた頃のように「どうせ口だけ」とか「すぐにまた前みたいに愛情表現しなくなる」と、経験から思ってしまい、結果気付くのが遅すぎて二度と実れない恋愛になってしまうパターンがとても多いのです。

女性は男性と違って、恋愛には驚くほどさっぱりしていて、一度気持ちが冷めるとなかなか再熱しにくいので注意しましょう。

重い

私の事すき?と聞かれるのがなし派の男性からすると、その理由の一番は「気持ちが重すぎる」になります。

日本人の女性は、日本人の男性より恋愛に対してロマンチストで、理想や欲望が強いです。

そのために、恋愛をすると愛されていると常に感じていたくなり、何度も聞いてしまうのです。

さらに、「自分はこんなにあなたを思っている」とか「愛してる」と言う言葉を自分からたくさん伝えてきます。

日本人の女性に多く、理想が高くもあり強くもあるからです。

そのために、相手に自分が言われたい言葉を自分から言って相手にも同じように返してもらいたいのです。

これは人によりますが、男性からするととても重く、縛られているようにも感じやすく、疲れてしまったり、息苦しく感じてしまいます。

日本人の男性は、基本的に女性を自分で守り自分が指揮をとりたいと思う人が多く、女性には家庭を守り、陰ながら自分を支えてもらいたいと言う潜在意識を持っている人が多いと言われています。

日本人の歴史や日本人の家庭環境が大きく影響していると言われています。

しかし、時代は変わるもので、今は女性が社会で活躍する時代でもあり、女性が強くなってきているのも事実です。

そのため、たとえ恋愛上でも女性にぐいぐいアピールされたり、誘導尋問のように気持ちや言葉を操られるのが耐えられなくなる男性が多いのです。

女性の嫉妬深いところや、独占力が男性からすると重た過ぎてしまうようです。

うざい

男性が女性を重たく思ってしまうことはよくあり、比較的一度女性に重いと伝えると女性は冷静になり落ち着く場合が多いのです。

嫌われたくないからです。

しかし、それでも落ち着くどころか反撃してきたり、今まで以上に暴走してしまうと男性はもうお手上げで、「重い」ではなく、「うざい」に気持ちが変わってしまいます。

こうなってしまうと、立場は逆転で女性が諦めるしかなくなってしまいます。

最悪男性は別れを考えている場合もあります。

もし、別れを回避出来たとしても、女性はもう自分の理想や欲望を男性には安易に伝えられず、我慢するか相手から言ってくれるのを待つしかなくなってしまいます。

男性は、あまり干渉されるのを嫌がるために、女性は「うざい」と思われない程度に相手の様子や性格を理解した上で、自分の満足行く恋愛をする必要があるのです。

万が一、「うざい」と思われてしまった場合は、しっかりと自分の気持ちや不安に思った気持ちを説明して、謝ってみましょう。

せっかく大好きな彼と付き合えたのに台無しになってしまっては何も残りません。

返事に困る

付き合っているのに、「好き」と言わなければならないこと自体理解できない男性もいます。

返事に困ってしまうのです。

なぜ困ってしまうかというと、「一度好きと言ったのになんでまた言うのか」「何度も同じ質問で答えがわからない」と思ってしまうためです。

男性は女性よりも、比較的恋愛にはさっぱりしている人が多いのです。

男性は恋愛が一番ではなく、仕事や社会性が第一だからです。

もちろん、女性にも恋愛より仕事の人もいれば、仕事より恋愛の男性もいます。

しかし、男性は仕事あっての恋愛なのです。

そのために、仕事中は仕事に集中して取り組みたいために恋愛の事は忘れている人が多いのです。

しかし、女性は恋愛すると世界が変わり、オシャレにも力が入り仕事も今まで以上に楽しくこなしたりします。

仕事より恋愛の女性が多いのです。

仕事中も、気付くと彼の事を考えていたり、メールや電話を暇さえあればしてしまうのもそのためです。

仕事に熱心に取り組んでいて、彼女の事が頭から離れている際に「私の事すき?」と聞かれても答えに困ってしまうのも当たり前ですね。

女性側も、男性の立場になって少し考えて見ることが大切です。

好きじゃないと付き合ってない

「重い」や「うざい」と思われる場合に説明した通り、「好きじゃないと付き合ってない」と思う男性が多い事を覚えておきましょう。

このタイプの男性は、付き合う事を目標にしていたり、付き合う事が最高の愛情と考えている場合があるのです。

そのために、付き合う前はたくさん愛情表現をしてくれたり、優しい言葉や頼りがいのある行動をしてくれたりするのです。

自分の最大のアピールを付き合う前に全て出しきってしまう男性もいます。

このような男性は、付き合ってからは最低限幸せに楽しく、二人で一緒にいれればいいと思っている場合もあるため、「それなのになぜ愛情表現を付き合っているのにそんなにしなければならないのか」と逆に女性に対して不信感を持ってしまう場合があります。

もちろん、相手に不信感を持ってしまっているので相手も自分に不信感持っていると思うのがこのようなタイプには多いです。

「俺の気持ちをそんなに疑ってるの?」と逆に質問される場合もよくあります。

このようなタイプの男性には、あまり愛情表現を強要するのはおすすめしません。

怒り出して喧嘩になるパターンも多く、「重い」や「うざい」と思われる前に振られてしまう場合があるからです。

自分の考えを強く持っていて、なかなか曲げない男性が多いので、男性からしたら「自分の気持ちを疑う女性ならば自分には不向きだし、女性自身も求めている男性像とは自分は違うから他の人を見つければ」と言う結論を出されてしまうかもしれません。

自分の恋愛スタンスを曲げずに、相手に言い切りそれでも相手が一緒にいてくれるような女性でないとこのようなタイプの男性は難しいかもしれません。

付き合っている時に「私の事好き?」は避けるべき!

いかがでしたか?

付き合ってる時に「私の事すき?」は相手に依ってではありますが、あまり聞きすぎない方が良い可能性が高いですね。

もちろん付き合う前は、全力投球で恋愛を楽しんで下さい。

幸せな恋愛人生にするために、繰り返しになりますが簡単におさらいしましょう。

重く感じる

付き合っているのに、何度も気持ちの確認されると男性からすると重たいと感じる可能性があること。

束縛しているみたい

常に「私の事すき?」と尋ねてばかりいると、男性からすると「私は常にあなたをすき」「私がいることを忘れないで」と常に自分の存在をアピールされてる気持ちになり、窮屈に感じて気持ちが縛られている、拘束されている気持ちになること。

信用されていない

男性の気持ちを疑っているかのように、聞いてくる事は、男性からすると自分の気持ちまでも疑っていると思われやすいこと。

嫌いになりそう

「重い」「うざい」「きらい」と負の気持ちに男性からするとなりやすい言葉のこと。

言わされている感が無理

毎回「私の事すき」と聞かれると、男性からしたら答えに困り「すき」と言わざる得ない状況にされてしまい、疲れたりめんどくさくなってしまいやすいこと。

まわりくどい

ストレートに「すき」と言って欲しいならはっきりと言って欲しいと男性からしたら思うこと。

女性のまわりくどい誘導尋問が苦手だったり、めんどくさいと思いやすいこと。

しつこい感じ

付き合っているからには「すき」以外何物でもない気持ちがあるのに、しつこく何度も聞いてきて、めんどくさいし疲れるし場合によっては付きまとわれている感覚に男性からするとなりやすいこと。

不愉快

「すき」という気持ちを伝えているのに、何度も聞いてきて、自分の気持ちを疑ってるのかと思い、男性からすると自分の気持ちを否定されていると思いやすく不愉快に思いやすいこと。

価値観の違いを感じる

男性と女性の恋愛に対する優先順位や、愛情表現の仕方に理解が出来なくて、価値観の違いを感じて、男性からすると「重い」「うざい」「きらい」と気持ちがなりやすいこと。

「私の事好き?」の返事でわかる彼の本音

聞かれた側の返事の仕方も色々あります。

彼の答え方で、彼の本音もわかったりします。

もちろん彼の日頃の態度や、彼女に対しての接し方にもよりますが、答え方によって本音を知るヒントをお話します。

「好きだよ」

一番一般的な答え方であり、聞いた彼女からすると一番聞きたい返事でもあります。

もちろん、本気で彼女を愛していて大切に思っていると「好きだよ」と言ってくれます。

しかし、男性の中には女性独特のめんどくささやしつこさにうんざりしていたり、彼女の気持ちが重たく本音は別れたい場合などにも「好きだよ」と言ってしまう場合があります。

これは、「好きだよ」とさえ言っておけばしばらくは干渉しないで大人しくしているだろうとか、その場しのぎでとりあえず言っておけばいいと軽く思われてしまっている場合もあります。

「すき」と言う言葉の深さや重さを軽く見ている男性に傾向があります。

彼女の事ももちろん、真剣に向き合ってなかったり、どうでもいいと思っている場合が多いのです。

見極めかたは、彼女にしかわからないことでもあります。

もちろん、彼が友達などに彼女を軽くあしらっている姿や発言をしている場合は、最悪友達伝いに事実を知ってしまう可能性もあります。

しかし、一緒にいればなんとなく、自分のことに冷めてきている彼に気付くと思います。

自分との約束を平気で破って友達優先になっていたり、電話やメールの返信が遅くなってきたり、態度が冷たくなったりするとなんとなくわかりますよね。

不安な場合は、彼に一度本音をしっかりと聞いて修復できる場合は、早めに話し合ってみるのがおすすめです。

「当たり前だろ」

意外にも、一番安心できる返事でもあります。

ちゃんと答えてくれているし、言葉を変えると「好きにきまってるだろ」と解釈できます。

しかし、だからと言って「すき」と言われるまで聞きすぎたり、しつこく迫ってしまうと「当たり前だろ」とも言ってくれなくなってしまうかもしれません。

無視されたり、しつこい女だなと思われてしまうので気を付けましょう。

「やめろよ~」

恥ずかしさや、彼女のしつこさに嫌いになりそうな場合に、嫌いになる前に男性側からのある意味ストップサインです。

彼女の事を嫌いになりたくなかったり、うざいとかめんどくさい彼女にしたくない場合もあります。

このような場合は、彼の答えの通りに「ごめんね」と素直に言える女性になりましょう。

男性側からすると、彼女を思ってのストップサインです。

彼の気遣いだと思って今後もしつこく聞いたり、聞く頻度を減らしましょう。

彼の愛情表現を他の仕草や態度、言葉で探してみましょう。

このような男性は、必ず違った形で現してくれています。

「は?」

彼女の「私の事すき?」の質問に本音はうんざりしていて、怒りまで感じてしまっている場合に「は?」のような、威圧的な答えが返ってきてしまう場合があります。

付き合っているからには「すき」と言うことと思っている男性に多い場合があります。

自分の考えや意見に自信があるために、じぶんの気持ちを疑っていると思いやすく、怒りの感情が現れてしまうのです。

このような男性の場合は、なかなか彼自身の性格を変えることは難しいために、強要したり、しつこくすることは避ける方が無難です。

「何いってんの?」

このタイプの男性は、自分が答えるのではなく、逆に彼女自身に質問の意味を考えさせるような頭脳派タイプの男性に多くみられます。

何を言っても理屈っぽい意見だったりします。

このような男性に対しては、押し問答になってしまう場合が多いです。

無視

答えるどころか、質問自体を耳に入れないタイプです。

しつこく聞くと、怒る場合があるので繰り返し聞かないで、自分がなぜ聞いているのかをしっかりと説明してみましょう。

付き合う前と付き合った後の気持ちの変化

男女問わず、付き合うと気持ちに変化が現れます。

楽しい→落ち着く

常に彼といると楽しくて、一緒にずっといたいと言う気持ちは、付き合うと落ち着くから一緒にずっといたいと言う気持ちに変わります。

好き→愛

付き合う前は、「恋している」と言う表現が適していて、付き合うと「愛している」と言う表現が適してきます。

一緒にいることで相手を深く知り、愛情が深くなるためです。

一緒にいたい!→一緒にいなくても安心

好きだから常に一緒にいたいと思っていた気持ちは、付き合うと信頼関係が生まれて、たとえ一緒にいなくても愛し合っていると思えるようになり、気持ち自体に自信が生まれます。

気持ちをうまく読み取って!

男性と女性は、価値観も違うし、感受性も違います。

そのために、女性の欲望を強要すると男性の気持ちは付いてこれず、怒りや拒絶感が生まれてしまう場合があることを忘れないで、男性の気持ちをうまく読み取りましょう。

わたしのこと好き?は危険度マックス!(まとめ)

女性は、男性に比べて我慢強く、しつこい特徴があります。

女性からしたら、普通のことでも男性にとってみると耐えられなかったり、お手上げ状態に気持ちがなってしまう場合があります。

「私の事すき?」はその象徴でもあり、人によっては愛情表現が一番苦手な人もいます。

女性ばかりが我慢する事はないですが、男性からすると、付き合ってること自体が最大の愛情と思っている人もいることを忘れずに幸せな恋愛を楽しんで下さい。