CoCoSiA(ココシア)

猫顔な人の5個の特徴!芸能人で言うとこの人達!


人間には色々な顔のタイプがあります。

人によっては他人の顔を羨み、もっとこうなりたい。

あの人のようになりたいなどと思う事もあるかもしれません。

顔のパーツは基本的に変える事が出来ません。

人によっては、整形などという力技に出る方もいる事でしょう。

ですがほとんどの人は、そこまでする事が出来ません。

女性であれば、お化粧などによって印象を変える事が出来る場合もありますが、全く違う顔になる事はなかなか出来ないものです。

どんな顔に、人気が集まるかはその時々によって違います。

10年前と今では『可愛い』『かっこいい』と言われる人の姿にも違いがあるものです。

だからこそ、大事なのはその時々の人気のポイントをシッカリと押さえておく事なのでしょう。

最近人気の顔に『猫顔』と言うものがあります。

ですが、猫顔の基準を知らない人からすると何処がどうなっていると猫顔になるのかがわからない部分もあるでしょう。

そこで今回は、猫顔の定義についてご紹介させていただきます。

猫顔のパーツの特徴

それではここからは、猫顔のパーツの特徴について、ご紹介させて頂きます。

『猫顔って最近よく聞くけど、どんな顔なのかな?』と疑問に感じている方は、是非その定義を知って見て下さい。

また、自分の顔が猫顔なのかどうかを知らたい方も様々な定義を知る事によって、その基準を自分たち比べる事が出来るようになるでしょう。

その結果、今人気の猫顔だったと言う事もあるでしょう。

是非楽しみながらご覧ください。

丸顔である


猫顔の基本は丸顔です。

丸顔だからこそ、猫特有の可愛らしさをイメージする事が出来るでしょう。

また、丸顔は童顔を連想させる効果があり、それによってより一層猫をイメージさせる事が出来るのでしょう。

顔の形には色々な物があります。

四角い顔の人も居れば三角形の方もいる事でしょう。

それぞれ個性であり、丸顔=可愛いと言うものではありません。

ですが『猫顔』を目指すのであれば、丸顔であるに越したことは無いでしょう。

顔の形を変える事は、なかなか出来るものではありません。

もし丸顔の人はそれだけ猫顔になる事が出来るポテンシャルを秘めていると言う事にもなります。

その才能を生かす為にも、より猫に似せたメイクを心掛けてみてはいかがでしょうか。

顔が小さい

猫は、基本的に顔が小さいものです。

しなやかな体に小さな顔がついております。

だからこそ、狭い隙間にも入る事が出来るのです。

その為、顔が丸顔の人も大きさによっては猫らしいイメージになる事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

顔の形同様、顔の大きさを変えることは至難の技です。

お化粧によってイメージを変えることは出来るかもしれませんが、見違えるように変化させる事は不可能でしょう。

顔の小ささは『可愛い』『綺麗』などと賞賛される為の大きなポイントとなる事でしょう。

顏が小さい事はそれだけで大きなメリットとなるのです。

だからこそ、もし自分の顏が小さいと自覚があるのであれば堂々とその長所をアピールして行きましょう。

また、自覚が無い方も人から褒められる事があるのであれば、それは是非とも自信に変えて欲しいポイントの一つです。

誰もが憧れる顏の小ささは、もって生まれたものであり誰もが手にする事が出来る物ではありません。

そんな素晴らしいポイントを使わない手は無いのです。

せっかくある武器を無駄にする事無く、それを自分の長所として使っていきましょう。

額が狭い

これは、意外と知らない方も多い特徴ですが猫の額はとても狭いのです。

その狭さは、ことわざとして使われるほどです。

その為昔の人ほど、猫の額=狭いという印象を持っているものです。

ひとにやっては、額の狭さに対してコンプレックスを感じている人もいるかもしれません。