人間には色々な顔のタイプがあります。

人によっては他人の顔を羨み、もっとこうなりたい。

あの人のようになりたいなどと思う事もあるかもしれません。

顔のパーツは基本的に変える事が出来ません。

人によっては、整形などという力技に出る方もいる事でしょう。

ですがほとんどの人は、そこまでする事が出来ません。

女性であれば、お化粧などによって印象を変える事が出来る場合もありますが、全く違う顔になる事はなかなか出来ないものです。

どんな顔に、人気が集まるかはその時々によって違います。

10年前と今では『可愛い』『かっこいい』と言われる人の姿にも違いがあるものです。

だからこそ、大事なのはその時々の人気のポイントをシッカリと押さえておく事なのでしょう。

最近人気の顔に『猫顔』と言うものがあります。

ですが、猫顔の基準を知らない人からすると何処がどうなっていると猫顔になるのかがわからない部分もあるでしょう。

そこで今回は、猫顔の定義についてご紹介させていただきます。

猫顔のパーツの特徴

それではここからは、猫顔のパーツの特徴について、ご紹介させて頂きます。

『猫顔って最近よく聞くけど、どんな顔なのかな?』と疑問に感じている方は、是非その定義を知って見て下さい。

また、自分の顔が猫顔なのかどうかを知らたい方も様々な定義を知る事によって、その基準を自分たち比べる事が出来るようになるでしょう。

その結果、今人気の猫顔だったと言う事もあるでしょう。

是非楽しみながらご覧ください。

丸顔である


猫顔の基本は丸顔です。

丸顔だからこそ、猫特有の可愛らしさをイメージする事が出来るでしょう。

また、丸顔は童顔を連想させる効果があり、それによってより一層猫をイメージさせる事が出来るのでしょう。

顔の形には色々な物があります。

四角い顔の人も居れば三角形の方もいる事でしょう。

それぞれ個性であり、丸顔=可愛いと言うものではありません。

ですが『猫顔』を目指すのであれば、丸顔であるに越したことは無いでしょう。

顔の形を変える事は、なかなか出来るものではありません。

もし丸顔の人はそれだけ猫顔になる事が出来るポテンシャルを秘めていると言う事にもなります。

その才能を生かす為にも、より猫に似せたメイクを心掛けてみてはいかがでしょうか。

顔が小さい

猫は、基本的に顔が小さいものです。

しなやかな体に小さな顔がついております。

だからこそ、狭い隙間にも入る事が出来るのです。

その為、顔が丸顔の人も大きさによっては猫らしいイメージになる事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

顔の形同様、顔の大きさを変えることは至難の技です。

お化粧によってイメージを変えることは出来るかもしれませんが、見違えるように変化させる事は不可能でしょう。

顔の小ささは『可愛い』『綺麗』などと賞賛される為の大きなポイントとなる事でしょう。

顏が小さい事はそれだけで大きなメリットとなるのです。

だからこそ、もし自分の顏が小さいと自覚があるのであれば堂々とその長所をアピールして行きましょう。

また、自覚が無い方も人から褒められる事があるのであれば、それは是非とも自信に変えて欲しいポイントの一つです。

誰もが憧れる顏の小ささは、もって生まれたものであり誰もが手にする事が出来る物ではありません。

そんな素晴らしいポイントを使わない手は無いのです。

せっかくある武器を無駄にする事無く、それを自分の長所として使っていきましょう。

額が狭い

これは、意外と知らない方も多い特徴ですが猫の額はとても狭いのです。

その狭さは、ことわざとして使われるほどです。

その為昔の人ほど、猫の額=狭いという印象を持っているものです。

ひとにやっては、額の狭さに対してコンプレックスを感じている人もいるかもしれません。

ですが、それも猫顔のポイントの1つだと考える事が出来ればさほど嫌だと感じる事が無くなるのでは無いでしょうか。

何がチャームポイントになるかは分かりません。

あなたが嫌だと感じているポイントも、他人から見れば可愛いと思える場合もあるかもしれません。

また、額が狭いと言う事はそれだけ顏が小さく見えるかもしれないという利点もあります。

余白が少なければ少ない程、中にある顏のパーツがより強調され、可愛さアップに繋がるでしょう。

額の狭さは、意外と他人は気が付かないものです。

その為、わざとらしく隠すよりは、自然とその姿を見せる事の方が、他人からの視線を外す事が出来るでしょう。

何事も、悪い部分に目を向けるのではなく、良い部分に目を向けるようにしてください。

そうする事によって、より良い部分を強調する事が出来るようになる事でしょう。

自分の長所が分からないという方は、他人からの評価を素直に受け入れてみましょう。

例えそれがお世辞だったとしても、褒めて貰った部分を伸ばそうと努力するだけでも人間としての魅力をアップする事に繋がるはずです。

目が二重で大きい


猫に限らず、動物の目は基本的に大きく丸いのが特徴的です。

動物ではあまり二重という概念が無いかもしれませんが、それは皮膚が毛で覆われているからなのかもしれません。

人間の場合は、髪の毛以外の毛はあまりなくそのせいでよりハッキリと皮膚の質感を感じる事が出来ます。

その為、二重かどうかが強調されるのでしょう。

二重だからと言って、全ての人が可愛いわけではありません。

例え一重であったとしても魅力的な姿の人は沢山います。

ですが、今の世界ではどうしても二重の方が可愛いというイメージが強くあります。

だからこそ、多くの人は二重を希望するのかもしれません。

猫顔の人の特徴の中には二重と言うものも良く聞かれます。

ですが、それは目が大きいという事であり、二重が必ずしも絶対条件ではありません。

イメージにとらわれすぎると、自分の可能性を減らしてしまう事にもなりかねません。

大きな目は魅力的ですがそれがなければダメだと言うことでは無いので、あくまでも1つのポイントとして、ご理解下さい。

黒目がちのつり目

赤ちゃんや動物が可愛いと言われる理由の1つに、黒目がちな目があります。

黒くクリクリとした瞳を見る事によって、多くの人が可愛いと感じる表情を作る事が出来るのでしょう。

人間の場合、赤ちゃんと大人の瞳の大きさはそう変わるものではありません。

ですが、他のパーツが小さいので目の白目が見えにくくなり、黒目がちに見えるようになるのです。

まるで汚れを知らない純粋なその瞳は、私達の心を癒してくれる事でしょう。

大人になっても黒目大きく見える人は居ます。

それは、元々の瞳の大きさが大きいのです。

お金をかければ、どんな顔も理想的な顔に近づける事が出来るようになります。

美容整形の技術は年々進み、全くの別人になる事だって出来るのです。

ですが、そんな技術が進んだ今でも唯一変える事が出来ない部分があります。

それは瞳です。

瞼などをいじる事は出来ても、瞳そのものの大きさを変える事は出来ません。

だからこそ、瞳が大きいのは素晴らしいメリットです。

瞳が大きいのは勿論、黒目が大きければ大きいほど、より猫に近づいた顔に見えます。

可愛いと言う印象を与える事が出来るでしょう。

また、瞳が大きい事と同時に猫顔になる為には大事なポイントがあります。

それは、ツリ目がちと言う事でしょう。

つり目とはその名の通り、目がつり上がってる事を指します。

あまりにもつり上がってる目は、素敵だとは言えないかもしれません。

瞳も実際よりは小さく見えてしまうかもしれません。

ですが、多少のつり目は猫顔に近付くポイントとなります。

猫は、大きな瞳だけでは無くつり目である事によってよりクールな印象を与える事が出来ます。

人間に媚びるだけでは無く、自由な時間を愛し気ままな生活を楽しむ猫にピッタリのイメージになる事でしょう。

だからこそ、猫顔をイメージするのであれ大きな瞳とつり目が大きなポイントとなる事でしょう。

三日月型の眉毛

眉毛の形は人によって様々です。

太さも濃さも個人差があります。

ですが、顔のパーツの中で、眉毛ほど自在に変える事が出来る場所はありません。

眉毛は、髪の毛と同じように毛で出来て居ます。

だからこそ、例え切ってしまったとしてもまた同じように生えてくるのです。

だからこそ、もし自分の眉毛の形が気に入らないと言うのであれば、剃ってしまうのも1つの手かもしれません。

剃った事によって眉毛は無くなります。

その部分を、書いたり塗ったりすれば良いのです。

そうする事によって、自分のお気に入りの眉毛になる事が出来るでしょう。

眉毛には、洋服のように流行りがあります。

その為、その時代に合わせた形を作る事が大切なのです。

もし、猫をイメージするのであれば、三日月型にする事が大切です。

三日月型とは、その名の通り三日月のような型をしている眉の事を指します。

柔らかい印象を与える場合が多く『モテ眉』としても最近注目されている眉毛の1つです。

猫顔の場合、目力が強い場合が多くあります。

その為、眉毛まで鋭角にしてしまうと近寄りがたい印象を与えてしまう事でしょう。

ですが、眉毛を整え三日月型にする事によって、より優しく柔らかな印象に変える事が出来るのです。

自分の眉ではなかなか上手く作る事が出来ないと言う方も、はなから作る事をイメージしておけば苦手意識も少なく作り出す事が出来るのでは無いでしょうか。

最近では、眉毛を書くためのグッズなども多数販売されております。

その為、あまりじぶんで書いた事がない方も比較的簡単に書く事が出来るようになるのでは無いでしょうか。

三日月型の眉をマスターして、是非猫顔に近づいてみてはいかがでしょうか。

鼻が小さい

猫の顔をイメージしてください。

猫の鼻は小さく、こじんまりとした印象を与えます。

だからこそ、猫顏と呼ばれる人達の多くは鼻が小さく上を向きがちな人が大勢居ます。

子鼻が小さい事によって、顏の印象がシャープになりよりクールな印象を与える事が出来るでしょう。

口が小さい

鼻と同様に、猫の顏の中で口はあまい印象に残るものではありません。

それだけ小さいパーツと言えるでしょう。

だからこそ、猫顏をイメージしているのであれば口は小さい方がより猫らしい印象を与える事が出来ます。

最近の流行として、真っ赤な口紅を付ける傾向があります。

そうする事によって、よりセクシーな印象を相手に与える事が出来るのかもしれません。

どんなお化粧をしようと、それは本人の自由です。

他人にとやかくいわれる筋合いはありません。

ですが、もし猫顏をメージしているのであれば、話は別です。

唇をアピールする事があまり良い事とは言えないからです。

猫顏にとって大切な事は、目です。

いかに目を印象的に見せる事が出来るかが大事なポイントとなる事でしょう。

だからこそ、唇に目を向けてしまう真っ赤な唇は決して良い事だとは言えないのです。

もし猫を目指すのであれば、主張が強くないカラーを選ぶ事をおすすめ致します。

耳の幅が広くて大きい

これは、耳が大きいと言うよりは顔が小さいからこそのイメーなのかもしれません。

顔が小さい事によって、他の人と同じような耳の大きさだったとしても、より大きく見える事があるのでしょう。

また、猫にとって耳はとても大切なパーツの1つです。

『猫耳』と言われるくらいイメージが強いものなのです。

だからこそ、猫顔をイメージするのであれば顔のパーツだけでは無く耳にも意識を向ける事が大切です。

ですが、耳の形は自分ではどうする事も出来ない部分も多々ある事でしょう。

そんな時は、あえて出さずに髪の毛で隠してしまうのも良いかもしれません。

そうする事によって、耳の印象を他人から消す事が出来るのです。

何でもかんでも素直に相手にアピールする必要はありません。

必要な時に必要な分だけ相手に出す事が出来れば良いのです。

猫顔な人の5個の性格の特徴

それではここからは、内面についてご紹介させて頂きます。

顏は猫顏では無いのにも関わらず何故か猫のように感じる人が、世の中には居ます。

それは、それだけその人の性格が猫に近いと言えるからでは無いでしょうか。

猫というと、自分勝手で気分屋なイメージが常にあります。

だからこそ、性格が猫に似ているというと、人付き合いが苦手な事をイメージする方も居るかもしれません。

ですが、それは大きな誤解です。

猫の中にも人間のようにコミュニケーション能力が高い性格の猫だって居るのです。

あなたの周りにも、何故だか猫に見える人が居るでしょう。

それは、それだけ猫のような性格をしていると言う事になります。

それはあなたも同じ事です。

もしかしたら、自分でも気が付かない間に周りの人に猫だと思われている事があるかもしれません。

これからご紹介する性格は、そんな猫らしい性格を表して居ます。

思い当たることはありませんか?是非確かめてみて下さい。

1.コミュニケーション能力が高い

猫といえば、自由気ままな姿をイメージする人が多いでしょう。

だからこそ、コミュニケーション能力が低いように思われている事もあります。

ですがそれは間違いです。

確かに猫は、他人に合わせる事が嫌いです。

自由気ままな生活が好きだと言えるでしょう。

ですが、だからと言ってコミュニケーション能力が低い訳ではありません。

一人が好きですが、他人とのコミュニケーションもしっかりと取る事が出来るのです。

だからこそ、猫に似ていると言う事はコミュニケーション能力が低いと言う事ではありません。

以外と高いと言う事もあるでしょう。

だからこそ、猫に似ているといわれたからと言ってそれが悪い事だとは言えません。

むしろ褒めてくれているのかもしれません。

また、猫は警戒心が強いのですぐに人に心を開く事は無いかもしれません。

自分が信用出来る人かどうかをしっかりと見極めるのです。

その結果、見極める事が出来た時には最大限に心を開いてくれる事でしょう。

その結果、コミュニケーション能力が高まり素晴らしい友人関係を作る事が出来るようになるかもしれません。

男女問わず話していると楽しい

コミュニケーション能力が高いと言う事は、男女共に仲良くなる事が出来ると言う事です。

異性とだけ仲良くする事が出来ると言う人はそれは『モテ』を意識しての行動でしょう。

そういった人は、大抵同性には嫌われます。

異性に好かれても、同性に嫌われて居るのであれば意味が無いでしょう。

どんな人とでも仲良くする事が出来る人が、本当の意味で素晴らしい人なのです。

猫は、警戒心が高い生き物です。

その為、すぐに他人を信用する事はないかもしれません。

ですが、一度心を許せばどんな相手に対しても仲良くする事が出来るという利点があるのです。

男女共に、多くの人と仲良くなる事が出来ればそれだけ豊かな日々を過ごす事が出来ると言えるでしょう。

日々の可能性が高まり、多くの出会いに恵まれる事でしょう。

自分の可能性を更に高める事が出来るようになる為にも、より多くの人との時間を大切にしていきましょう。

その為にも、猫のようにひょうひょうと他人との距離近づけてみるのも大切な事でしょう。

2.異性の心を掴むのが上手い

猫は、ツンデレの代名詞のような生き物です。

いつもいつも懐かないからこそ、時折見せる甘えた姿に心をわしづかみにされてしまうのでしょう。

それは人間もまた同じ事です。

好き好き言われるよりも、普段は冷たいのにも関わらず時折見せる甘えたしぐさや優しさについつい心を掴まれてしまうものなのです。

冷静に考えて見れば、自分の事を常に大切にしてくれる犬のようなタイプの人と一緒に居る方が幸せになる事が出来るのかもしれません。

ですが、いつの時代もついつい困難な方に興味をそそられてしまうのが人間というものなのかもしれません。

だからこそ、猫タイプの人は異性からモテるのです。

もし、なかなか異性からモテないという悩みを抱えて居る人はもしかしたら全力で向かいすぎなのかもしれません。

もっと駆け引きを考えて行動する事が必要な場合もあるでしょう。

だからこそ、猫を意識してみてはいかがでしょうか。

猫を意識する事によって、恋の駆け引きが上手に出来るようになるかもしれません。

そうする事によって、相手の気持ちを捕まえる事が出来る様になる事もあるでしょう。

3.甘え上手である

甘え上手というと、いつも相手に甘えているような人を持つかもしれません。

ですが、実際は違います。

甘え上手と言う事は、必要なタイミングで他人に対して甘える事が出来る人の事を指します。

つまり、いつもいつも甘えている訳では無いのです。

人はどんな状況でも、それが続くと知らず知らずのうちになれてしまう物です。

それは、甘えられる事もまた同じです。

最初は可愛いと感じていた甘えも、常に甘えてくるようになればそれが面倒に感じる事もあるかもしれません。

そうならない為にも、甘えるタイミングを間違えないようにしなければなりません。

甘え上手な人は、それだけ他人の心に入り込む事が上手な人の事を指します。

常に甘えるのではなく、大事なタイミングで甘える事が出来るのです。

だからこそ、よりその効果は絶大な物になるのでしょう。

また、普段人に弱みを見せないような人が自分にだけ見せる顏があれば誰でもついつい嬉しい気持ちになってしまう事でしょう。

そんな人間の心理をつく事が、本能的に上手い人も居ます。

そんな人が甘え上手と言えるのでしょう。

甘え上手な人になる事が出来れば、自分が困った時も他人に頼る事が出来るようになります。

他人に頼る事は決して悪い事ではありません。

大いに頼って行きましょう。

ついしてあげたくなる

なんでも感でも、すぐに人に頼る事は良くありません。

そんな事を繰り返して居れば、いつか周りの人が愛想をつかしてしまう事もあるでしょう。

ですが、上手に甘えるタイミングを見極める事が出来れば、それが大きな武器にする事が出来るかもしれません。

いつもは一人で頑張っている人が、いざという時に自分に頼って来たらどうでしょうか。

ついつい助けてあげたいという気持ちになるのでは無いでしょうか。

人間とは不思議な物で、求められるばかりだと心を閉ざしてしまう事も、小出しにされる事によってついつい相手の気持ちに取り込まれてしまう事もあるのです。

だからこそ、多くの人はついついツンデレに夢中になってしまうのかもしれません。

この『ついしてあげたくなる』という心理が大事なのです。

これは無理やりやらせているのではありません。

相手の気持ちをこちらに向ける事に成功しているのです。

だからこそ、より素晴らしい関係を築く事が出来るのでしょう。

4.頑張り屋である

一人の時間を大事にする猫は、他人をむやみに頼りません。

だからこそ、自分で出来る事以上に色々な事を頑張ろうとするものです。

その結果、周りからみると『頑張り屋』として評価して貰える事もあるでしょう。

常に他人に頼る人に比べ、自分の出来る事以上の事を頑張ろうとする姿はどこか健気で可愛らしいと感じる事も少なくありません。

また、一生懸命頑張っているからこそ周りの人も素直にその人を手伝ってあげようと思うのかもしれません。

頑張る事は大変です。

素直に甘えてしまった方が楽な部分もあるでしょう。

ですが、それをあえて頑張ってしまう不器用な所が猫の可愛さでもあるのかもしれません。

そんな不器用な真っすぐさを可愛いと感じ何とか手伝ってあげたいと思うのです。

だからこそ、そこに人間的な魅力を感じる人も少なくありません。

最近では、頑張る事がカッコ悪いと思われるような傾向もあります。

ですが、頑張る人は素晴らしい人です。

その事を忘れずに居てください。

5.1人の時間も好き

一人で何かをしていると、どうしても寂しい人のように感じられてしまう事があります。

ですが、一人を望んで一人でいるのであればそれは寂しい事ではありません。

むしろ、充実した時間を過ごす事ができていると言えるでしょう。

人間の世界は、良くも悪くも必ず人と関わって生きています。

そのおかげで、自分の人生を豊かにする事が出来て居るという部分もあります。

一人では出来ない事も、他人が居てくれるおかげて出来て居る部分もある事でしょう。

ですが、それと同時にわずらわしい部分もあります。

他人との協調性を考えて自分の意見を言えない事もあるかもしれません。

やりたくも無い仕事を、やらなければならなくなってしまう事だってあるでしょう。

その為、時には一人で過ごしたいと考える事だってあるのです。

ですが、人によっては一人で過ごす事が出来ない人も居ます。

一人の時間を楽しむ事が出来ず、ついつい他人を求めてしまうのです。

ですが、猫タイプの人は、自分の時間を大事にする事が出来る傾向があります。

その為、一人の時間を有意義に使う事が出来るのです。

自分の時間を大事に過ごす事が出来ると言う事は、それだけ充実した日々を過ごす事が出来ると言う事にもなります。

他人に左右される事無く、自分の思ったままに生活する事が出来るのでストレスを感じず、楽しい日々を過ごす事が出来ます。

そうする事により、自分の気持ちを切り替える事にも繋がるのです。

一人での時間を楽しむ事が出来る人は、それだけより多くの経験を自分の中でする事が出来る人の事をさすのでしょう。

それは、今後の長い人生においてとても大切な事だと言えるのです。

猫顔の芸能4人選

それではここからは、猫顏の芸能人の皆さんをご紹介させて頂きます。

猫顏がイマイチイメージしにくいという方も、実際の顔を想像する事によってそのイメージを掴みやすくなるのでは無いでしょうか。

今まで猫顔に興味が無いと思っていた方も、実際の芸能人の方々をイメージする事によって実は自分が猫顏好きだったという事実に気が付く事もあるかもしれません。

是非顔を思い浮かべながらお楽しみください。

1.柴咲コウ

最近では、大河ドラマの主役としても活躍されていました。

その為、幅広い世代の方々から支持を集める猫顏女性です。

大きなくりくりとした瞳と、どこか冷たい印象を与える釣り目が正に猫顏の基本です。

あまり話をしなそうなイメージなのにも関わらず、時折見せるチャーミングな笑顔に心を掴まれる方も多いのでは無いでしょうか。

柴咲コウさんは、ご自身でも猫を飼われて居ます。

真っ白い美しい姿をしているその猫は、柴咲さんのイメージにピッタリです。

ペットは飼い主に似ると言いますが、正にその言葉にピッタリの猫でしょう。

2.小島瑠璃子

最近のバラエティー業界で、最も人気となているタレントさんといえば彼女以外に居ないでしょう。

『こじるり』というあだ名で親しまれており、可愛い笑顔だけではなくその俊敏な反応は、芸人さんからも指示が高いと言われて居ます。

大きな瞳は、猫顏の基本にピッタリです。

誰からも愛される笑顔が、彼女の魅力でしょう。

可愛いだけでは生き残れないのが芸能界です。

天真爛漫に見える彼女も、実は陰では大きな努力を重ねて居るのかもしれません。

3.北川景子

美し見た目なのにも関わらず、その男勝りなサバサバとした性格が魅力的です。

綺麗な女性は大勢居ますが、彼女のように全く気取らず過ごす自然体な姿が女性からの支持を集めて居ます。

なりたい顏ランキングにもランクインしており、女性からの指示が多い方だと言えるでしょう。

最近出はご結婚された事もあり、柔らかい笑顔を見せてくれるタイミングも増えつつあります。

4.中川翔子

引っ込み事案で独特な感性をもっていながらも、オタク界で絶大な人気を誇る彼女。

実生活でも沢山の猫と一緒に生活しています。

人間よりも猫に心を開いており、そんな姿も今の時代の若者から支持されているポイントの一つなのでしょう。

モテない事を自分でも公言している彼女ですが、顏は大変可愛らしく大きな瞳が特徴的出る。

年齢以上に若く見え、正に不思議な世界で生きていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

猫顏の定義が分かった頂けたのでは無いでしょうか。

もし、猫顏を目指しているのであれば、今回ご紹介させて頂いた基準を参考に自分なりにアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

また、『猫』のイメージを持たせるのは顏だけとは限りません。

勿論性格も大きなポイントの一つとなります。

その為、猫顏では無いのに猫っぽいと言われる人は性格が猫に近いのかもしれません。

猫は、どうしても冷たいイメージを持つ生き物ですが、実は愛情深く可愛らしい性格をしています。

その為、一度猫の魅力にはまってしまうとそのツンデレの性格の虜になってしまう事もあるでしょう。

犬よりも、実は人間らしく魅力たっぷりの『猫』の世界を是非お楽しみください。