ビジネスを成功させるためには、たゆまぬ努力を必要とします。

サラリーマンは身分保障され、まだ恵まれていますが、独立起業するとなると、これは本当に大変です。

365日、休まずに働いたとしても、軌道に乗るかどうかまったくわかりません。

それほど頑張ったとしても、ほとんどの試みは失敗に終わります。

時間に縛られず、楽ができそうだから起業でもしよう、などという人が、入り込む余地はまったくありません。

成功する人は、運をも味方に付けた、ほんの一握りの人たちだけです。

一方で親から継承した資産を使って、何の仕事もせずに、生活を回している人もいます。

しかし、この人たちはお金を使い果たす可能性が強い上に、生きる喜びを見失っています。

どちらにしても、うまくいく人は、ごくごく少数にすぎません。

大部分の人はこの中間に位置しています。

どちらサイドに引っ張られるかによって、その人の人生が変わっていきます。

確かなことは、怠けてばかりいては、成功も幸運もやってこない、ということだけなのです。

この記事では、怠ることが癖になってしまっている人の特徴と治し方を紹介したいと思います。

怠るのが癖になってしまっている人の10個の特徴と治し方

何事にも怠ることが癖になってしまったのに、破たんなく生活できているとすれば、あなたは極めて恵まれた、特別な人物といえるでしょう。

そうした人には、必ず何かに、または誰かに依存している部分があります。

そのような他力本願の部分は、今回の大きな検討課題でもあります。

そうした部分を含め、怠るのが癖になってしまっているのに、どうにか生きているという人たちに、診断を加えてみることにしましょう。

そして一度ついてしまった怠け癖とは、一体どのようにして立て直せばよいのでしょうか。

1.意志が弱い


昨今の日本社会では、意志が弱い、と感じざるを得ない人が増えました。

徹底的に意思決定を避け続けることで、サラリーマン社会を渡っている人たちというのは、はるかな昔から存在していました。

彼らは、絶対に責任を問われないよう慎重に振舞っています。

もちろん、これはと決めた上司の影にかくれ、保護者となってもらっています。

それだからこそ成立する生き方です。

自分に能力がないものと見極めたのなら、自らの意志を封じて、徹底してゴマすりで行く、これはこれで正しいやり方なのかも知れません。

世渡りの方法としては、クラシックな形態です。

しかしこのやり方を続けている限り、いつまでたっても、意志の強さは育ちません。

しぶとさが取り柄というだけでは、人生のステージを上っていくことはなさそうです。

何かを変えていく必要があります。

小さな目標を立てて必ず達成するようにする

ゴマすりを貫き、意思決定を他人任せにしている人が、イメチェンを図るには、まず小さな目標を設定することから始めてみましょう。

そしてそれを必ず達成するような形へ持っていきます。

そうすることによって、まず達成感を味わってみることが大切です。

何か心の中に、沸き立つものを生じさせることができるかも知れません。

心の中で火が付いた感覚です。

それが何回か繰り返されれば、次の目標は、すんなり出てくるようになるはずです。

2.自己中心的


怠け者は、自己をいたわる過ぎる傾向が強く出ています。

その意味において、わがまま放題という意味ではないとしても、自己中心的な人間であるといえるでしょう。

自己中心的な振舞いで暮らしているうちに、人は次第に寄り付かなくなっていきます。

そうなると人間関係の健全な発展は、もう望めなくなっています。

希薄な人間関係は、心理的負担を避けるためには、いいのかも知れません。

しかし、ただそれだけのことに過ぎず、面倒なことから逃げているだけです。

何も新しい価値を生じることはありません。

相手の視点に立って物事を考えるようにする

自己中心的な人は、もっと他人に注意をはらう必要があります。

動向を気にかけるということだけに留まらず、相手のことを知りたい、と思うようになることが大切です。

そこまでいくためには、まず相手の視点にたって、物事を考える訓練から始めます。

まずは家族など、身近なところからやってみましょう。

思いがけない発見をすることは、必ずあるはずです。

それは人間関係にプラスの要素を運んできてくれます。

3.自分に甘い

ほとんどの怠け者たちは、自分に対しては、高い評価を下しています。

逆に他人のそれは、かなり低く見積もります。

こうした感覚の中にいては、おそらく自分が怠けているという自覚は、育たないのだと思います。

人生なんてこんなものさ、という諦観でも持っているのかも知れません。

これは育った家庭環境にも、問題がありそうです。

したがって、自ら夢を語るようなことはありません。

深い考えはなく、何となく過ごしているだけ、というのが当たっていそうです。

あらゆる意味において甘いのです。

周りの協力が必要

怠け癖を直すには、どうしても周囲の協力が必要です。

それだけではなく「コイツをなんとかしてやろう。」という情熱を持った人も必要です。

他人のために、見返りを求めず助力を惜しまない人というのは、今の時代では、存在自体が大変なレアケースです。

しかし怠け者の方から、熱血指導者を探すというわけにもいきません。

コミュニティの中に適当な方がいれば、話は早いのですが、これも簡単なことではありません。

ある程度、運不運に作用されるのは仕方のないことなのでしょう。

4.マイナス思考

怠け癖のある人は、自分にも他人に対してもマイナス思考になりやすいものです。

自分を基準にして、相手もどうせこんなものだろう、と決めつけがちになるからです。

停滞している組織の中では、こうした人たちが、幅を効かせているものです。

一度周囲を見回してみましょう。

さらにマイナス思考を持ったままでは、物事に対して、公平な評価を下すことができなくなることが問題です。

どうしても自分に甘く、他人に厳しくなるものだからです。

度の合わないメガネをかけている状態と変わりません。

早急に調節し、ピントを合わせる必要があります。

まず公平な見方を身につけるのことが、マイナス思考から脱する前提です。

最後までやりとげること。達成感を見いだすこと

さらにもう一段はっきりと、マイナス思考から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか。

それは成功体験を持つことです。

これこそ最も手っ取り早い、脱出方法に違いありません。

それ以外の方法は、ほとんど浮かばないほどです。

これは繰り返しになりますが、達成感を見出すことこそ、一番重要なのです。

目標を設定し、それを最後までやり遂げることが、何にも増して有効です。

無理のない目標から始め、次第に目標のハードルを上げていきましょう。

【マイナス思考を直すには、こちらの記事もチェック!】

5.いつまでも行動に出ない

怠け癖のある人は、行動を起こすまでに、ひどく時間がかかるものです。

やらされるケースはもちろんですが、たとえ自分の企図したものであっても、それは、あまり変わりません。

アイドリングが長く、何をやるにもタイム・ラグが発生します。

そのため周囲からは、何事につけても、あてにされなくなっていきます。

当人はそれが自分らしさである、と考えているフシさえあります。

それは個性というにはあたりません。

大変な思い違いというべきです。

すぐに行動する意識を持つこと

たとえどのような行動であれ、行動とは素早く起こすのが原則です。

怠ってばかりいる人は、このことを忘れています。

敢えて考えないようにしているのかも知れません。

もう一度それを身に付けるのは、苦痛を伴うものとなりそうです。

手っ取り早く矯正するには、忙しい職場で鍛えられるのが一番でしょう。

もしあなたが怠惰な会社員だったのなら、忙しい部署を希望してみてはどうでしょう。

やりがいとか自分らしさを考えるのは、このさい後回しにします。

自分の中で、何かが変わるのは確実です。

6.向上心がない

怠ることが日常となってしまった人は、何事に対しても問題意識を欠き、目をつぶってと過ごしているように見えます。

周囲からは向上心を欠く人物として捉えられていますが、当人は気付いていません。

こういう状態を続けていると、公私ともに、お声がかかることや、推薦され白羽の矢が立つケースは、少なくなっていきます。

人間は、このままでよい、と思ってしまうと、その水準さえ維持できなくなるものです。

向上心を持っていたころのことを、思い出さなければなりません。

それでは、再び向上心を奮い立たせるにはどうすればよいのでしょうか。

なりたい自分を作る

そのためにはまず、近未来の自分のイメージを描いてみることから始めましょう。

なりたい自分の姿を想像し、それを確固としたものにしておくのです。

まずやりたいこと、好きなことをピックアップしてみましょう。

一番まずいのは、怠惰な生活が長く、これらがすぐには思い浮かばないという状況です。

そういうときは、別の視点に変えてみます。

単に今よりもぜいたくな暮らしをしたい、というところから始めても十分なのです。

これならできないはずはないと思います。

7.視野が狭い

人は、高いところに登れば、遠くまで見渡すことができます。

同じところに滞っていれば、景色はいつまでたっても変わりません。

高いところにいる人にしか見えない景色というものは、確かにあります。

会社に例えれば、社長や取締役は、一般社員より高いところから遠くを見渡し、決断を下すことが使命です。

それに対して、結果責任を負っています。

そのための生活保証として高給を与えられているのですが、最近はそのことを忘却し、つとめを果たさない人も増えているように見えます。

300人に上る死者・行方不明者を出した、2014年の韓国・セウォル号の沈没事故では、最も高いところにいて情報を握っていた船長が、その立場を活かして真っ先に逃げ出しました。

韓国・中国には、立場とは自分のために利用するもの、という思想が強くあります。

それが裏目に出ると、よくこのような現象が起こります。

それはともかく、私たちは現在の立場に関わらず、広い視野を確保するように努めましょう。

次のことを考えるようにする

視点を高いところへ変えたところで、次の段階に進むことをイメージしてみましょう。

それでは、次の段階とは何を意味するのでしょうか?仕事なら仕事、生活なら生活、趣味なら趣味、とりあえず、何か一つのことに絞って、次に起こることを想像してみましょう。

それに自分はどうかかわるか、未来図の中に置いてみます。

一つまとまれば、二つめもまとまりやすくなります。

そのうちに、考え方が前向きに変わっていきます。

8.言い訳をする

怠ってばかりの人は、仕事を投げ出すことが多く、常に言い訳を用意しています。

こういう人からは、日本人の好む、一途なひたむきさは感じられません。

言い訳を放つたびに人望を失っていくばかりとなっていきます。

日本社会は、欧米や中国とは違い、閉鎖的なサークルのような面があります。

一度拡散した悪評は、いつまでもサークルの中に記憶されます。

評判を一掃するのは、並大抵のことではありません。

逆にアメリカや中国など大陸の住人は、他人の前科などほとんど気にしません。

評判ではなく、人物は、自分で見極めようとします。

こういう面では、大陸の方が気楽であるといえます。

怠け者にとって、外国の空気にふれるのは、効果的な治療としておススメです。

自分の否を認める

その一方、アメリカや中国など大陸国家においては、簡単に自分の非を認めるなど、まずあり得ません。

一旦認めてしまうと、一方的に責任を引き受けなければならないからです。

そのため、あらゆる有利に働きそうな手段を駆使し、決着が着くまで、いつまでも自己主張を繰り返します。

そこまでやるか、という感じが強く、ときに見るに堪えません。

日本にそのような風土ないのは、幸いです。

“名こそ惜しけれ”という武士道精神の元となった考え方があり、正直や、潔さを尊びます。

自己主張の強すぎる人は、日本的美意識からは忌避されます。

日本にいるときは、潔く自分の非を認めましょう。

ただし外国では、その限りではありません。

9.同じことを繰り返す

何事も怠ってばかりいる人は、同じことばかり繰り返しています。

はっきり言えば、いつも同じ失敗をくり返しているのす。

周囲からは、学習能力を欠いた、進歩のない人と見られています。

こうしたイメージからは脱出しなければなりません。

学習したことは、周囲の人間に確認するなどして、知識の定着を図るようにしましょう。

失敗したときは原因を探る

失敗したときは、原因を究明して、再発を防止します。

航空機の事故調査委員会と同じです。

彼らは強力な権限を行使して、徹底的に原因を究明していきす。

航空機事故が極めて少ないのは、彼らの貢献によるところも大きいのではないか、と思います。

またビジネスにおける、Pan(計画)Do(実行)See(評価)も同じようにとらえてよいでしょう。

冷静に反省できる人は、もっとも優れたスキルの持ち主といえます。

そして失敗をし続けても、めげない人こそ、最も成功する確率の高い人でもあります。

創業経営者たちは、全員これに当てはまります。

10.失敗を恐れている

失敗を恐れ過ぎる傾向は、日本人全体のものとも言えます。

英語圏以外の人は、ほとんどしゃべれない人でも、実に堂々と,IcanspeakEnglishと申告して、何ら恥じるところはありません。

日本人は、間違えたら恥ずかしいという美意識が強すぎるようです。

ほとんどの日本人は、とてもここまで開き直る度胸は持っていません。

誠実で正直なのは美徳として、素晴らしいことに違いありません。

しかしこのような失敗への恐怖は、それを上回る弱点といえます。

これは、単に怠け者たちだけの問題と捉えるのではなく、日本人全体で考えるべきでしょう。

失敗があるから成功があることを知る

今をときめくスター経営者たちも、失敗をしています。

さんざん失敗を繰り返したあげく、辛うじて生き残っているのに過ぎません。

彼らは失敗を糧にした、というにはあまりにも多くの失敗をしています。

それよりも、単にしぶとかっただけと捉えた方が実態に合っていそうです。

すべての成功は、失敗という屍の上に乗っているものです。

つまり失敗とは、何ら恥ずかしいことではありません。

失敗談をたくさんもっていることは、胸を張ってもよいくらいのことなのです。

怠るのが癖になるといけない理由

怠る癖がついてしまうと、いざというとき身体が反応しません。

脳は現象の意味をすぐにはつかめず、筋肉には血流が行き届かず、ここぞというとき機敏な行動を起こすことができなくなります。

少なくとも神経だけは目を覚まさせておきましょう。

世の中には、五感を研ぎ澄ませて、チャンスを狙っている人たちもたくさんいます。

何もかも眠らせていては、そういう人たちにまったく太刀打ちできません。

たまには、そういうことにも思いを馳せてみましょう。

他人に頼るようになってしまう

何事も怠ってばかりいると、身体はカチカチに固まってしまい、自分から率先して動くことがなくなってしまいます。

常に他人の後ろについて回る、その他大勢の一人に紛れ込んでいるしかありません。

主体性らしきものは、ほとんど感じません。

むしろ人を避ける、立ち入り禁止のオーラすら出す人もいます。

これが出るようになると、人間世界から遠ざかって行くだけになってしまいます。

ここら辺りで、しっかりと踏みとどまりましょう。

自分の能力が下がる

怠っている人は、身に付いた能力が低下していきます。

ここで少し、後天的に獲得した能力について考えてみましょう。

一流のスポーツマンは、やらされる練習では実力は付かない、と口を揃えます。

力が付かないどころが、試合中にも、練習のときの「こんなのいやだ。」が顔をのぞかせ身体がいうことを効かなくなる、ということすらあるそうです。

自分で率先して行う練習とは、やらされるそれとでは、途方もない大差がつくといいます。

これは、スポーツに限らずすべてにあてはまります。

自発的な活動とは、それほど人体を活性化させ、大きな影響を及ぼすものなのです。

考える力が衰退する

スポーツに限らず、プロジェクトがあってその目的を達成するためには、頭を働かせなければなりません。

何よりも相手の考えや気持ちを読むこと、そしてそれに働きかけることが必要とされます。

人間社会で生きていくためには、最も大切な能力です。

これはつねに他人と交流し、観察を続けていなければ、減退していくものです。

人の気持ちがわからない人間とされ、周囲から避けられるようにもなりかねません。

頭の活動をマヒさせないようにしましょう。

融通が効かなくなる

怠ってばかりいいると、考える力は衰退してしまいます。

そして、だんだん物事の機微がわからなくなっていきます。

実際に起きた出来事に対して、何がどう作用してこのような結果を招いたのか、想像力が働きません。

相手の立場に立って考えることが、できなくなっているからです。

その結果、一方的に、世の中は自分の意に沿わないことばかり起こる、と思い込むようになります。

それに対して、すぐに怒り出すなど、感情を露わにするようになります。

こうして、何もかも相手や世の中のせいにする人間が出来上がります。

そしてこれは、融通の効かない人間の典型でもあります。

頭の柔軟性は、絶対に失わないようにしましょう。

成長しない

怠ったまま、日々を過ごしていれば、チャンスは逃げて行くに決まっています。

成長するための経験を、得ることができなくなるからです。

この状態は、例えて言えば、階段の踊り場でたたずんでいるようなものです。

上の階へ上ろうという気迫はなく、むしろ下の階へ転がり落ちる可能性が高い状態なのです。

いつまでもとどまっていることのできる場所ではありません。

どちらへ行こうとするのか、はっきりさせましょう。

信用がなくなる

優秀な人物は、キビキビ感のない、動きの悪い人を忌避します。

これは、有力な人たちから相手にされなくなることを意味します。

ソフトバンクの孫正義社長は、創業して間もない若かりしころ、“爺々殺し”と呼ばれました。

大手電機メーカーの大物幹部など、年寄りたちを魅了し、この層に多くのファンを持っていたからです。

将来性を買われたのはもちろん、人間的にも魅力に富んでいたからに他なりません。

まだ海のものとも山のものともわからなかったソフトバンクにとって、孫正義にはシャープのS副社長の支援がある、などという風評は、大きな力となりました。

それらの蓄積が信用となりっていったのす。

彼はそれを基礎として、その上に現在のソフトバンク王国を築いたわけです。

信用とは何事にもまさる大事であることを、よく理解しておきましょう。

まとめ

結局、何事も怠っていると、その状態から抜け出すのは難しくなる一方です。

長すぎるリフレッシュ休暇は、本来の意味を為さなくなります。

そして怠っているうちに、失うものばかり増えていきます。

人間とは同じ場所にいつまでもとどまっていられるものではないのです。

自分だけの力では心もとない、というときは、周囲に協力を求めましょう。

脱出する方法は必ずあります。