私たちが普段使っている日本語の中には、意味が分かりづらい言葉であったり、一般的にあまり理解されていないような言葉が存在しているのが事実です。

私たち日本人は日本語を使用して、周りの人間とコミュニケーションを取っていますが、だからといって日本語のすべての意味を正しく理解して、正しい日本語を使っているとは限らないからです。

なぜならば、実際に普段相手とコミュニケーションを取ったりするときに小難しい言葉を使ってコミュニケーションを取ったりするようなことは基本的にあまり多くはありませんよね。

どちらかといえば簡単な言葉であったり、言いやすいような言葉などがメインで使われていることが多いはずです。

実際に、たくさんの言いやすいニュアンスの言葉、そして略称された言葉などが生まれていますので、考えてみれば、それも難しい日本語を理解しないようになってしまう原因のひとつかもしれません。

相手と実際に言葉を交わしてコミュニケーションを取る時に関しては、小難しい言い方よりも、簡単に理解ができて簡単にテンポよく発することができるような言葉の方が、好まれますし、その場の目的としては適しているかもしれません。

ただ、難しい日本語理解していないと、様々な場面で困ってしまうようなデメリットに繋がる可能性も生まれてしまいます。

そこで、今回は普段は言葉として発することは少ない、難しい日本語のひとつとして、ご自愛くださいという言葉をテーマにして、ご自愛くださいという言葉の正しい使い方や、用法、例文、そしてどのような場合に使うのかということをご紹介していきたいと思います。

手紙を書く機会が減った現代

昔の時代と今の時代を比べてみれば、絶対的に難しい言葉に関する知識は今の時代の方が少なくなっていると考えることができます。

それは、そもそも時代が変化しており、新しい言葉やもっと言いやすい表現の言葉、もしくは略称された言葉などが数多く生まれており、そもそも難しい言葉を発したり、理解したりする場面が少なくなっていることが大きな原因であると考えることができます。

しかし、理由はそれだけではなく、今回ご紹介するご自愛くださいという言葉に関しての理由を考えてみれば、圧倒的に手紙を書く機会が少なくなってしまったということも一つの大きな理由に繋がると思います。

なぜならば、ご自愛くださいという言葉はなかなか日常生活の中で相手に口に出して伝えたりするような言葉ではなく、どちらかといえば手紙などに書いたりする時に用いられるような言葉として知られているからです。

なので、手紙を書く機会が減るということはご自愛くださいという言葉を使う機会が少なくなるということになり、結果的に難しい言葉を知る機会がなくなってしまっていると考えることができます。

今の時代はインターネットが発達して、情報の伝達が以前よりも簡易的になりさらにスムーズに行うことができるようになっています。

昔は離れた場所にいる人間とコミュニケーションを取ったりする時には手紙を書いて手紙を送ったりすることで相手に自分の意思を伝えることが一般的でしたが、今の時代は様々な便利なサービスが生まれてそのようなことは少なくなりました。

メールやLINEなどの連絡ツールが発達したことにより、簡単に連絡ができ、誰もが手紙ではなく別の手段を用いるようになっているからです。

しかし、手紙を今後も一切書かないかどうかと問われると、それは分かりませんし、基本的なマナーとしての言葉くらいは知っておかなければ、一人の人間として恥じを描く可能性もありますので、この機会に知らない言葉を知り、恥ずかしい思いをしないように注意してください。

正しい言葉使いが出来ていない人も


難しい言葉を使ったりする機会が少なくなってしまっていることで、残念ながら今の世の中には間違った言葉遣いをしているような方がかなり多く存在している状態になっています。

それとなく相手に伝わるような言葉遣いなどもあったりするのですが、よくよく考えてみれば意味が違っていたり、ちょっと違ったニュアンスの言葉に変化してしまっているというようなことはよくあります。

大抵の場合は相手から見過ごされたりするような場合が多かったりするので、なかなか言葉遣いに関して指摘を受けたりするようなことはあまり多くないと思うのですが、それでもきちんとした場面などでは間違った言葉遣いをしてしまうと恥をかいてしまったり、ビジネスの場面においては相手から信頼が無くなってしまう可能性もあります。

なので、絶対に覚えなければいけないのかと聞かれれば絶対とは言えませんが、少なくともを覚えておいて損に繋がるようなことは一切ありません。

むしろ、今の世の中今の時代で、正しい言葉を使うことができている人間だと良い評価を受ける可能性もありますので、日頃から正しい言葉遣いを今まで以上に意識してみてください。

そうすることで自分自身を成長させることにも繋がります。

そこで、まずはその第一歩としてご自愛くださいという言葉の意味から正しく理解することを始めてみましょう。

ご自愛くださいの意味は?

そもそもご自愛くださいという言葉の意味をあなたは正しく理解していますか?

人によってはご自愛くださいという言葉を初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。

ある程度社会人としての経験が長い方であったり、年齢的にもある程度召されている方に関しては理解している言葉だと思うのですが、年齢がまだ幼い方であったり、学生の方に関してはこの言葉を理解していないという方がいても不思議ではありません。

ご自愛くださいという言葉の正しい使い方や、用法や例文などをご紹介する前に、まずはご自愛くださいという言葉の正しい意味を理解するところから始めなければいけません。

なので、基本的な意味を理解するところから始めて、そこからご自愛くださいという言葉のさらに細かい使い方などについてご紹介していきます。

健康に気を付けて


ご自愛くださいという言葉の意味としては「健康に気を付けて」という意味が存在しています。

細かく言えば「ご自身の体を大切にしてください」という意味になります。

なので、ご自愛くださいという言葉が先ほど手紙などでよく用いられたりするとお伝えしたと思いますが、一般的には手紙の最後の部分でご自愛くださいという言葉を用いて、自分の体を大切にしてくださいねという気持ちを伝えるのが一般的な方法になります。

考えてみればこの意味については、ご自愛くださいという言葉の漢字からそのヒントが確認できており、ご自愛くださいという漢字に着目してみると、自分を表す自という漢字に、愛するという漢字の愛が組み合わさっていますので、結果的に考えると「自分のことを愛してください」という意味につながります。

つまり、自分のことは愛するということは自分の体に気をつけてくださいという意味に変化すると捉えることができます。

こうして漢字から推測してみると、簡単に言葉の意味が理解できる場合があり、考えてみると素敵な言葉ということが理解いただけるはずです。

もしもご自愛くださいという言葉の意味を理解していなかった場合は、使用されている感じなどをセットにして意味も併せて理解してみるようにしてください。

ご自愛の正しい使い方は?

ご自愛くださいという言葉の基本的な意味を理解いただいたところで、ここからはご自愛くださいという言葉の正しい使い方について詳しくご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を正しく理解したところで、正しい使い方を教えなければ完全に言葉を扱いきれるとは言えません。

特にご自愛くださいという少し難しい言葉に関しては、きちんとどのような場面で使うことが正しい使い方になるのかということを理解しておかなければ、まるっきり意味の通じない場面で使用してしまったりする可能性もあります。

そうなってしまうとせっかく意味を理解していても正しい使い方ができずに、結果的に意味を理解していないと判断されてしまう可能性もありますし、自分自身が恥をかく可能性もあります。

なので、ご自愛くださいという言葉の正しい使い方もしっかりと理解していきましょう。

結びの言葉として使う

ご自愛くださいという言葉はどのように使う事が正しい使い方などかと考えてみると、先ほどお伝えしたように手紙の一番最後の部分で使用されたりすることが一般的な使い方とされています。

つまり、言い換えてみれば、結びの言葉として使用されることが一般的な正しい使い方になるのです。

ちなみに、手紙の最後で使用されたりすることが一般的などお伝えしましたが、それはあくまでよくある使い方の一つの例であり、実際には手紙以外にも様々な場面で使用されることがあります。

>様々な面で使える
ご自愛くださいという言葉は手紙以外にも様々な場面で使用することができるとお伝えしましたが、具体的にどのような場面で使用することができるのかと考えてみた時に、使い方としては結びの言葉として使うことは変化していません。

なので、考えられる場面としては私たちが普段利用しているメールの末尾の文章として使用されたりすることも考えられるのです。

例えば、目上の方と連絡を取ったりした時に、相手のことを思いやる時に使ったりするような場面などが該当する使用状況だと考えることができます。

そう考えてみれば、このような言葉を知っているのと知らないのとでは、メールの文章なども当然変化するようになりますので、難しい言葉ではありますがこのような言葉を知っておくことによって相手からの印象を良くすることができるようになります。

これも、難しい言葉の意味を知る上での大きなメリットに繋がると考えることができます。

なぜならば、自分の印象が良くなることによって、相手に気に入ってもらえる可能性もありますし、目にかけてもらえる可能性もあります。

一般的に難しい言葉を知っている人が少なくなっている現代だからこそ、そのメリットは総体的に大きなメリットに変化する可能性がありますので、ご自愛くださいという言葉だけにとらわれず、その他の難しい言葉についても知ってみる良いきっかけとして活用してみてください。

ご自愛の前に時候を伝える言葉を使う

ちなみに、ご自愛くださいという言葉を使う時には注意しなければいけない点が存在しています。

それは、ご自愛くださいという言葉の前に、時候を伝える言葉を使わなければいけないという点です。

人によっては時候という言葉の意味が分からない方もいると思いますが、時候とは「四季折々の気候、季節、気候」という意味の言葉です。

つまり、時候のあいさつとは「季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉」なのです。

なので、ご自愛くださいという言葉を単体で使うのではなく、「季節の変わり目ですから、ご自愛ください」というような使い方であったり「寒くなりますので、ご自愛ください」というような使い方などが一般的に正しい使い方なのです。

なので、手紙やメールでご自愛くださいという言葉を使用する際には、今の季節をその点した上で、時候の挨拶を述べた後にご自愛くださいという言葉を付け加えるようにして、結びの言葉として添えるようにしてみてください。

元気な人に使う表現

ご自愛くださいという言葉を人によっては病人相手に使ったりするような言葉だと考えてるような方が時々存在していますが、これは間違っています。

なぜ病人相手に使うと間違っている言葉になってしまうのかと考えると、まずご自愛くださいという言葉の意味を思い出してみてください。

ご自愛くださいという言葉は「健康に気を付けて」、「ご自身の体を大切にしてください」という意味の言葉です。

つまり、相手の体調について気遣う言葉として用いられているので、すでに体調崩している方や、病気になってしまっている方に対して使うような言葉ではないのです。

なので、ご自愛くださいという言葉を使う場面としては相手が元気な状態であるということが前提で使われます。

時々間違って病人を相手に使うような言葉であると解釈しているか違いますが、そのような状況で相手にご注意くださいという言葉を使ったりするということは失礼な言葉遣いになったり、言葉の意味を理解していない人間だということを伝えてしまうようなものになります。

なので、ご自愛くださいという言葉はあくまで元気な人に対して使う表現の言葉と覚えておいてください。

ちなみに、体調が優れていない方、病気を患っている方に対して使うべき言葉は「1日も早く回復を心よりお祈り申し上げます」という言葉を使用するのが適していますので、
意味を混同しないように注意してください。

目上の人に使っても良い

また、ご自愛くださいという言葉を勘違いしている方の中には、目下の人間に対して使用するような言葉だと勘違いしているような人も多いです。

しかし、ご自愛くださいという言葉は目下の人間に対してのみ使うような言葉ではなく、目上の人間に対しても使うことができる言葉です。

そもそも、目上の人間で目下の人間と言ったことに関係なく、年齢や性別を問わず使うことができるような丁寧な言葉として知られています。

なので、年上の先輩に対しても使うことができますし、年下の後輩相手に対しても丁寧な言葉の一つとして用いることが可能な言葉です。

ただ、相手をいたわる表現になりますので目上に対して積極的に使用することが好ましいと感じられますので、目上の人間に対して積極的に使用することをお勧めいたします。

ご自愛くださいの用法、例文

ここまでは簡単にご自愛くださいという言葉の使い方について触れて行きました。

ある程度ご自愛くださいという言葉の使い方を理解いただけたところで、ここからは具体的な用法や例文についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えした通りご自愛くださいという言葉は結びの言葉で使ったりする以外にも、様々な場面で用いられたりすることのある言葉です。

様々な場面で使用することができるということを頭の中で思い描きながら、それぞれの例文がどのような場面で使われるのかということも踏まえながら、例文の意味などを理解してみてください。

酷暑の折から、くれぐれもご自愛ください

まずはじめにご紹介するご自愛くださいという言葉を使った例文としては「酷暑の折から、くれぐれもご自愛ください」という例文が存在します。

この例文に関しては、相手に対して暑中見舞いを出したりするときに用いたりするような場合に用いることができる例文になります。

私たち日本人の習慣として夏の時期になると暑中見舞いを出したりして、一般的には暑中に知人などの安否を尋ねるために家を訪問したり、手紙を出したりすることが存在しています。

今の時代に関してはわざわざ家を訪ねたりするような言葉になかなか少なくなっているかもしれませんが、それでも手紙を出したりするようなことはよく行われています。

お世話になっている人物に対しても行ったりするようなことが多かったりしますので、その時に相手に対して手紙などを出したりするときに結びの言葉として使うことができます。

この例文を覚えておくことによって、暑中見舞いを出したりするときにどのような言葉を使えば良いのかといちいち困ったりするのことは少なくなりますので、この機会に暑中見舞いの例文として頭の中にインプットしておいてください。

何卒、ご自愛のほどお願い申し上げます

次にご紹介するご自愛くださいという言葉を使った例文としては「何卒、ご自愛のほどお願い申し上げます」という例文が存在します。

この例文に関しては、どのような場合でも用いることができるような比較的スタンダードな使い方ができる結びの言葉として使うことができます。

言葉の意味としては単純で、ご自愛くださいという言葉の前に何卒という言葉が付け加えられていますので、何卒という言葉が示している「相手に強く願う気持ち」をご自愛にかけているので、相手に対して体を気遣うことを強くこちらが願っているということを示すことができる言葉になります。

それは結果的に相手のことを強く心配しているということにもつながりますので、とても便利な使い方ができる結びの言葉になりますので覚えてください。

寒くなって参りましたので、ご自愛ください

次にご紹介するご自愛くださいという言葉を使った例文としては「寒くなって参りましたので、ご自愛ください」という例文が存在します。

この例文に関しては、一般的に寒い時期に手紙など送ったりするときに使うことができる言葉であり、年末年始なのに年賀状などを出したりするときに用いたりするような結びの言葉として使うことができます。

意味としては、単純に先ほどご紹介いたし暑中見舞いとほぼ同じような構成になっていますが、寒い時期であることを意味した時候の言葉にご自愛くださいという言葉を組み合わせています。

寒い時期なので、寒くなって参りましたがという言葉を使うだけで、簡単に意味を表現することができます。

これを覚えておけば、年賀状などを出したりする時に間違った使い方などをしないように注意することができますので、覚えておいてください。

ご自愛くださいに対しての返事の仕方

ここまではご自愛くださいという言葉を使った例文についていくつかご紹介していきました。

ご自愛くださいという言葉の使い方や例文などを知ることによって、しっかりと使い方をマスターすることができると思いますが、この機会にさらに知っていただきたいこととしてご自愛くださいという言葉に対する返事の仕方なども理解していただきたいと思います。

ご自愛くださいということを知っていたところで、相手から使われたときにどのように返事をするのが一番良いのかということなどを知っていなければ、せっかくご自愛下さいという言葉の意味を理解していたとしても、意味がありません。

どのような言葉で返答するべきなのか、そして返事の言葉として間違えやすいものにはどのようなものがあるのかということを知ってみてください。

気遣いへの感謝+相手の体調を気遣う文

相手が自分に対してご自愛くださいという言葉を使ってくれた際には、どのようにして返事を伝えるべきなのかということを考えてみると、結論としては相手にまず気遣いをしてくれたことに対する感謝を述べ、その後にさらに今度はこちらが相手の体調を気遣うような言葉を添えてあげるのが一番適切な返事の仕方であると考えることができます。

つまり、例えば相手からご自愛くださいという言葉が届いたときに、逆にこちらが「お気遣い心より感謝いたします」という相手に対する感謝の気持ちを伝え、さらにそこから「(相手の名前)様も健康にはくれぐれもご留意ください」というような相手の体調を気遣う言葉を組み合わせることで、適切な文章になります。

なので、基本的にはこの組み合わせにすることが正解であり、正しい返答の仕方であるということを理解しておいてください。

お体にご自愛ください

相手が自分に対してご自愛くださいという言葉を使ってくれた時に、相手に対して返答したりするときに注意をしなければいけない点としては、ご自愛くださいという言葉を間違って使ってしまうということです。

間違って言葉を使ってしまうことによって、優しい方ならばそこまで気にしたりしないかもしれませんが、言葉遣いに厳しかったり、マナーに対して細い肩に関しては不快な気分になってしまったり、時には自分の信頼を貶めてしまう可能性もありますのでよく注意しておかなければいけません。

そこで、一般的によく間違えやすい例を一つご紹介するとすれば「お体にご自愛ください」という言葉がよく間違えられやすい例文になります。

なぜこの例文がご自愛くださいという言葉を間違って使っている例文になるのかと考えた時に、そもそもご自愛くださいという言葉の意味をもう一度思い出してみてください。

ご自愛くださいという言葉の意味としては「健康に気を付けて」という意味であり、その深い部分には「ご自身の体を大切にしてください」という意味が込められています。

つまり、ご自愛くださいという言葉だけで、常に自分の体を大切にしてくださいという意味を伝えているのに、さらにその言葉に対して「お体」という言葉を付け加えてしまうと、二重で意味を伝えてしまっていることになり、簡単に言えば頭痛が痛いという言葉のような使い方になってしまいます。

このような初歩的なミスをしてしまうことで、自分自身の評価が落ちてしまうのはとてももったいないことでもありますので、必ず言葉の使い方に関しては気をつけるようにしてください。

ご自愛くださいに似た言葉

ご自愛くださいという言葉に関しては、一般的には手紙などで用いられたりすることが多く、なかなか現実で相手に対して言葉で伝えたりするようなことは少ないはずです。

しかし、相手の体や体調を気遣ったりするようなことは日常的にはよく口に出したりすることが多いはずです。

では、なんでご自愛くださいという言葉を直接相手に伝えたりする機会は少ないのかと考えてみると、それはご自愛くださいという言葉に似た言葉を一般的には使ったりしていることが多いからなど考えることができます。

なので、ここからはご自愛くださいという言葉に似ている言葉についていくつかご紹介していきたいと思います。

現実的に相手に直接言葉として伝えたりする場合は、これからご紹介する言葉を用いていただければ間違いない使い方ができると思いますし、場合によっては手紙なのに書いたりする時も代用することができる言葉もありますので、知識として蓄えておいてください。

お体をお大事にしてください

ご自愛くださいという言葉に似ている言葉として「お体をお大事にしてください」という言葉が挙げられます。

なぜ「お体をお大事にしてください」という言葉がご自愛くださいという言葉と似ていると考えることができるのかというと、ご自愛くださいという言葉は相手の体調などを気遣ったりする意味を持っている言葉です。

なので、相手の体を心配する言葉であり、お体をお大事にしてくださいという言葉に言い換えてみても意味としては全くおかしくなく、しっかりと言葉の意味が成り立つようになります。

なので、結果的にご自愛くださいという言葉とお体をお大事にしてくださいという言葉は同じ意味を持っている言葉だと判断することができます。

ご健勝をお祈り申し上げます

次にご紹介するご自愛くださいという言葉に似ている言葉として「ご健勝をお祈り申し上げます」という言葉が挙げられます。

なぜ「ご健勝をお祈り申し上げます」という言葉とご自愛くださいという言葉が似ている言葉の意味になるのかと考えたときに、そもそもご健勝をお祈り申し上げますという言葉の意味としては「健康で体が丈夫なことをお祈り申し上げる」という意味で解釈することができます。

なので、ご健勝をお祈り申し上げますという言葉は相手の体のことを心配している言葉であり、相手の体のことを気遣ってあげている言葉として考えることができます。

なので、ご自愛くださいという言葉の意味と同じような意味であると解釈をすることができるため、結果的にご自愛くださいという言葉とご健勝をお祈り申し上げますという言葉は同じ意味を持っている言葉だと判断することができるのです。

お労りください

次にご紹介するご自愛くださいという言葉に似ている言葉として「お労りください」という言葉が挙げられます。

なぜお労りくださいという言葉とご自愛くださいという言葉が似ている言葉の意味になるのかと考えたときに、お労りくださいという言葉の意味としては「いたわること」という意味が存在しています。

つまり、いたわるという言葉思いやりをもって扱うという言葉の意味が存在しており、これに体を付け加えることによって、自分の体を思いやりをもって扱ってくださいねという言葉の意味として変換することができるようになります。

つまり、お労りくださいという言葉は相手のことを気遣った意味の言葉だということがわかりますので、結果的にご自愛くださいという言葉と似た意味を持っている言葉であると考えることができます。

お体にお気を付けください

次にご紹介するご自愛くださいという言葉に似ている言葉として「お体にお気を付けください」という言葉が挙げられます。

なぜお体にお気を付けくださいという言葉とご自愛くださいという言葉が似ている言葉の意味になるのかと考えたときに、これに関してはわざわざ考える必要もないかもしれませんが、ご自愛くださいと言う言葉に関しては相手の体調を気遣った言葉なので、お体にお気をつけ下さいという言葉にそのまま変換しても、十分意味として伝わるからです。

なので、結果的にご自愛くださいという言葉とお体にお気を付け下さいという言葉は全く同じような意味として解釈することができますので、結果的に同じような意味を持っている言葉だと判断できるのです。

意味や使い方をマスターし使い分けよう

今回はご自愛くださいという言葉の正しい使い方や用法、そして例文や似た言葉についてご紹介していきました。

こうして考えてみると、ご自愛くださいというたったひとつの言葉に関しても、色々と気使わなければいけないことであったり、自分が知らなかったことなどがたくさんあったということがおわかりいただけたと思います。

日本語はとても難しく、様々な難しい言葉もあったりしますので、全ての言葉を正しく使うということはとても難しいことですが、言葉を正しく使うことができることによって、相手に信頼を与え、自分自身の魅力を増してくれる要因にも繋がるようになりますので、この機会に様々な難しい言葉の正しい使い方をマスターして、言葉に強い人間に変化できるように努力をしてみてください。