CoCoSiA(ココシア)

ご自愛くださいの正しい使い方は?用法や例文、どういう場合に使うかや似た言葉を紹介!


私たちが普段使っている日本語の中には、意味が分かりづらい言葉であったり、一般的にあまり理解されていないような言葉が存在しているのが事実です。

私たち日本人は日本語を使用して、周りの人間とコミュニケーションを取っていますが、だからといって日本語のすべての意味を正しく理解して、正しい日本語を使っているとは限らないからです。

なぜならば、実際に普段相手とコミュニケーションを取ったりするときに小難しい言葉を使ってコミュニケーションを取ったりするようなことは基本的にあまり多くはありませんよね。

どちらかといえば簡単な言葉であったり、言いやすいような言葉などがメインで使われていることが多いはずです。

実際に、たくさんの言いやすいニュアンスの言葉、そして略称された言葉などが生まれていますので、考えてみれば、それも難しい日本語を理解しないようになってしまう原因のひとつかもしれません。

相手と実際に言葉を交わしてコミュニケーションを取る時に関しては、小難しい言い方よりも、簡単に理解ができて簡単にテンポよく発することができるような言葉の方が、好まれますし、その場の目的としては適しているかもしれません。

ただ、難しい日本語理解していないと、様々な場面で困ってしまうようなデメリットに繋がる可能性も生まれてしまいます。

そこで、今回は普段は言葉として発することは少ない、難しい日本語のひとつとして、ご自愛くださいという言葉をテーマにして、ご自愛くださいという言葉の正しい使い方や、用法、例文、そしてどのような場合に使うのかということをご紹介していきたいと思います。

手紙を書く機会が減った現代

昔の時代と今の時代を比べてみれば、絶対的に難しい言葉に関する知識は今の時代の方が少なくなっていると考えることができます。

それは、そもそも時代が変化しており、新しい言葉やもっと言いやすい表現の言葉、もしくは略称された言葉などが数多く生まれており、そもそも難しい言葉を発したり、理解したりする場面が少なくなっていることが大きな原因であると考えることができます。

しかし、理由はそれだけではなく、今回ご紹介するご自愛くださいという言葉に関しての理由を考えてみれば、圧倒的に手紙を書く機会が少なくなってしまったということも一つの大きな理由に繋がると思います。

なぜならば、ご自愛くださいという言葉はなかなか日常生活の中で相手に口に出して伝えたりするような言葉ではなく、どちらかといえば手紙などに書いたりする時に用いられるような言葉として知られているからです。

なので、手紙を書く機会が減るということはご自愛くださいという言葉を使う機会が少なくなるということになり、結果的に難しい言葉を知る機会がなくなってしまっていると考えることができます。

今の時代はインターネットが発達して、情報の伝達が以前よりも簡易的になりさらにスムーズに行うことができるようになっています。

昔は離れた場所にいる人間とコミュニケーションを取ったりする時には手紙を書いて手紙を送ったりすることで相手に自分の意思を伝えることが一般的でしたが、今の時代は様々な便利なサービスが生まれてそのようなことは少なくなりました。

メールやLINEなどの連絡ツールが発達したことにより、簡単に連絡ができ、誰もが手紙ではなく別の手段を用いるようになっているからです。

しかし、手紙を今後も一切書かないかどうかと問われると、それは分かりませんし、基本的なマナーとしての言葉くらいは知っておかなければ、一人の人間として恥じを描く可能性もありますので、この機会に知らない言葉を知り、恥ずかしい思いをしないように注意してください。

正しい言葉使いが出来ていない人も


難しい言葉を使ったりする機会が少なくなってしまっていることで、残念ながら今の世の中には間違った言葉遣いをしているような方がかなり多く存在している状態になっています。

それとなく相手に伝わるような言葉遣いなどもあったりするのですが、よくよく考えてみれば意味が違っていたり、ちょっと違ったニュアンスの言葉に変化してしまっているというようなことはよくあります。

大抵の場合は相手から見過ごされたりするような場合が多かったりするので、なかなか言葉遣いに関して指摘を受けたりするようなことはあまり多くないと思うのですが、それでもきちんとした場面などでは間違った言葉遣いをしてしまうと恥をかいてしまったり、ビジネスの場面においては相手から信頼が無くなってしまう可能性もあります。

なので、絶対に覚えなければいけないのかと聞かれれば絶対とは言えませんが、少なくともを覚えておいて損に繋がるようなことは一切ありません。

むしろ、今の世の中今の時代で、正しい言葉を使うことができている人間だと良い評価を受ける可能性もありますので、日頃から正しい言葉遣いを今まで以上に意識してみてください。

そうすることで自分自身を成長させることにも繋がります。

そこで、まずはその第一歩としてご自愛くださいという言葉の意味から正しく理解することを始めてみましょう。

ご自愛くださいの意味は?

そもそもご自愛くださいという言葉の意味をあなたは正しく理解していますか?

人によってはご自愛くださいという言葉を初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。

ある程度社会人としての経験が長い方であったり、年齢的にもある程度召されている方に関しては理解している言葉だと思うのですが、年齢がまだ幼い方であったり、学生の方に関してはこの言葉を理解していないという方がいても不思議ではありません。

ご自愛くださいという言葉の正しい使い方や、用法や例文などをご紹介する前に、まずはご自愛くださいという言葉の正しい意味を理解するところから始めなければいけません。

なので、基本的な意味を理解するところから始めて、そこからご自愛くださいという言葉のさらに細かい使い方などについてご紹介していきます。

健康に気を付けて


ご自愛くださいという言葉の意味としては「健康に気を付けて」という意味が存在しています。

細かく言えば「ご自身の体を大切にしてください」という意味になります。

なので、ご自愛くださいという言葉が先ほど手紙などでよく用いられたりするとお伝えしたと思いますが、一般的には手紙の最後の部分でご自愛くださいという言葉を用いて、自分の体を大切にしてくださいねという気持ちを伝えるのが一般的な方法になります。

考えてみればこの意味については、ご自愛くださいという言葉の漢字からそのヒントが確認できており、ご自愛くださいという漢字に着目してみると、自分を表す自という漢字に、愛するという漢字の愛が組み合わさっていますので、結果的に考えると「自分のことを愛してください」という意味につながります。

つまり、自分のことは愛するということは自分の体に気をつけてくださいという意味に変化すると捉えることができます。

こうして漢字から推測してみると、簡単に言葉の意味が理解できる場合があり、考えてみると素敵な言葉ということが理解いただけるはずです。

もしもご自愛くださいという言葉の意味を理解していなかった場合は、使用されている感じなどをセットにして意味も併せて理解してみるようにしてください。

ご自愛の正しい使い方は?

ご自愛くださいという言葉の基本的な意味を理解いただいたところで、ここからはご自愛くださいという言葉の正しい使い方について詳しくご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を正しく理解したところで、正しい使い方を教えなければ完全に言葉を扱いきれるとは言えません。

特にご自愛くださいという少し難しい言葉に関しては、きちんとどのような場面で使うことが正しい使い方になるのかということを理解しておかなければ、まるっきり意味の通じない場面で使用してしまったりする可能性もあります。

そうなってしまうとせっかく意味を理解していても正しい使い方ができずに、結果的に意味を理解していないと判断されてしまう可能性もありますし、自分自身が恥をかく可能性もあります。

なので、ご自愛くださいという言葉の正しい使い方もしっかりと理解していきましょう。

結びの言葉として使う

ご自愛くださいという言葉はどのように使う事が正しい使い方などかと考えてみると、先ほどお伝えしたように手紙の一番最後の部分で使用されたりすることが一般的な使い方とされています。

つまり、言い換えてみれば、結びの言葉として使用されることが一般的な正しい使い方になるのです。