CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

パンティラインを目立たないようにする6個の方法!このシチュエーションで男性の目線に注意!


女性の中には、パンティラインを気にする女性もいます。

タイトなボトムをはくときなどに、ボディラインをよりきれいに見せるために意識したり、人目を気にしてパンティラインが目立たないパンティを選んだりしている女性も多いですよね。

この記事では、パンティラインを目立たないようにする方法をご紹介します。

男性の目線に注意した方がいいシチュエーションもお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

パンティライン、ちゃんと意識してる?

女性の中でも、意外に気にしてない人の多いパンティラインですが、男性からしたら女性のパンティラインは意外にも目につきやすいのです。

白いジーンズや、レギンスなどをはいた場合、パンティラインだけではなく、パンティ自体透けてしまっている女性もいます。

今は、ウエストが苦しくないようなゴムデザインのレギンスパンツが主流でもあり、パンツ自体生地が薄くパンティラインが出やすくなっています。

後ろにポケットがあるため、あまり目立たないだろうと思いがちですが、パンティラインはポケットの下に出やすくなっています。

そのために、屈んだときや、歩く度にパンツがおしりに密着するためにパンティラインがくっきりと出てしまっているのです。

パンティラインをイヤらしい目で見る男性もいますが、ほとんどの場合は、だらしなく見えがちです。

せっかく、スタイルもよく、きれいな服装をしているのにパンティラインが見えてしまっているだけで魅力が半減してしまいます。

中には、女性として見えなくなる男性もいます。

細かいところにまで気を使っている女性こそ、おしゃれであり魅力的と考えている男性が多いようです。

パンティラインとは?

パンティラインとはいったいどのようなことなのでしょうか。

パンティラインとは、下着のラインがパンツやスカートに出てしまうことです。

中には、パンティのラインがパンツやスカートからくっきりと見えてしまい、さらにお尻の肉がはみ出ているように見えてしまう場合もあります。

けして、太っているわけではないのですが、パンティの生地やデザインによっては、お尻の肉の盛り上がりが締め付けられて、体勢によってはみ出して見えるのです。

パンティラインだけではなく、お尻の肉まで見えてしまうのは、女性として恥ずかしいことでもあり、知らず知らずのうちに、女性の価値を下げてしまっている場合もあるのです。

パンティの縫製によって見えてしまう

現在、下着メーカーによっては、パンティラインを見えないようなデザインや、生地のパンティが多く販売されています。

しかし、パンティの縫製によっては見えてしまうのです。

もちろん、スカートやパンツのデザインや素材を意識して変えれば目立たなくなり、パンティラインが見えなくなりますが、スーツなどはなかなか素材を変えるのは難しいです。

そもそもスーツの場合、パンツやスカートは収縮性はあまりなく、パンティラインが目立ちやすい素材になっています。

中には、ストレッチ素材といって、多少収縮性がある生地で作られているスーツも販売されていますが、ストレッチ素材の場合は、逆によりボディラインが出やすく、体にフィットしやすいために、屈んだときにパンティラインがより出やすいのです。

パンティラインを気にしている女性の中には、パンティの上にさらに長めの下着をはいていたり、ストッキングをはいている女性もいます。

冬場の場合は、ロングコートで隠れたり、厚みのある毛糸のパンティを寒さ対策に二重にはいたり、裏起毛素材のストッキングやレギンスをはいている女性も多くいますが、夏場などでは難しく、スーツ自体着心地が悪いためにパンティラインのためだけに、さらに着心地悪くなるのも辛い場合があります。

そのため、夏場によりパンティラインが目立ってしまうのです。

意外と無頓着な女性も多い

たかがパンティラインくらい見えても気にしない女性も多くいます。

パンティが屈んだときに見えてしまったり、パンティが透けて見えてしまう場合は、さすがに意識しますが、柄も見えないし、色も見えないなら気にしない女性がとても多くいます。

しかし、パンティラインが見えることで、見る人が見ればどのようなパンティをはいているのかすぐにわかってしまうのです。

レースのデザインのパンティの場合は、縫い目もないためにパンティラインが出にくく、さらにレースのパンティだと色気を感じやすく、下着にまでこだわっている「おしゃれ女子」や「大人の女性」に思われがちです。

しかし、パンティラインが見えるパンティの場合は、絹製のシンプルな無地のパンティか、色気のない柄のパンティを連想する男性が多く、下着にこだわりがなく、色気もなく、幼いダサい下着をイメージしやすくなります。

たとえセクシーなおしゃれな下着をは身に付けていても、残念な下着をイメージされてしまうのは女性として恥ずかしいことでもあります。

たとえパンティラインを気にしていない女性の場合でも、パンティラインが見えるだけで様々なマイナスイメージがついてしまうことを頭に入れておきましょう。

パンティラインが目立ってしまう原因

パンティラインが目立ってしまい悩んでいるOL
では、パンティラインがなぜ目立ってしまうのでしょうか。

いつくが原因があります。

今までパンティラインを全く気にしていなかった女性も、自分の下着を今一度確認してみてください。

パンティの縫い目がはっきりした縫製のものをはいている

しっかりとした縫い目のパンティの場合は、パンティの周りの生地が厚くなっているためにパンティラインが出やすくなります。

パンティ自体は、ほつれたり、破けたり、擦れてしまって生地が薄くなりにくく、長持ちしていいのですが、おしゃれ度でいうととても低いです。

人により、パンティのデザインによって肌に合わなかったり、はいていて気持ち悪い着心地などがあるため、おしゃれ度が低いけどどうしても縫い目のしっかりとしたパンティじゃなきゃダメな女性もいます。

もしも、そのような事情の女性で、パンティラインを気にしている女性は、重ねてはいたり、サイズがゆったりなタイプを選ぶようにしましょう。

サイズが小さいパンティをはいていて肉に食い込んでしまっている

当たり前ですが、パンティのサイズが小さければその分、お尻の肉が食い込んで、パンティラインだけでなく、お尻の肉が食い込んでいることまでわかってしまうパンティラインが出てしまいます。

とても残念な後ろ姿になり、おしゃれ度どころか、女性の品格や価値までも下がってしまいます。

ページトップ