「誰とでも気さくに付き合える人が羨ましい。」「もっと、社交的で明るく見られたい。」

いつも、自分の性格で悩んだり、落ち込んだりしていませんか?

今回は、「人見知り」さんの特徴や克服方法など、「自分でも知らなかった」一面を取り上げていきます。

実は、気さくに話をしている方や明るく社交的な方ですら、自分のことを「人見知りだ」と、思っている事も少なくありません。

本音を聞いてみると、昔は人見知りだったなんて方もたくさんいます。

皆さん、それぞれに努力して、それぞれに合ったやり方で克服されている事がよく分かります。

まずは、他人と自分を比べてしまう前に、自分の人見知りなポイントと行動とを照らし合わせてみて、まずは自分が出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。

人見知りはどういう人を言うの?

人に会話などを合わせる事が苦手、初対面の人とは緊張して話すことすらできない、人前が苦手、人と目を合わせて会話できない。

などなど、人それぞれ「人見知り」も様々です。

もともと言葉の由来は、子どもが知らない人を見て恥ずかしがったり、照れたりしている様子を指すものでした。

今では、大人に対しても使うようになり、恥ずかしがり屋な人や、内気な人、人前で緊張してしまい、上手く自分の感情を表現できない人を表す言葉などとして用いられるようになりました。

自分が「人見知り」かどうか、診断してみたい人はこちら →

人見知りになってしまう理由

人見知りになってしまう人は、自己評価が低いことで、他人からの評価も低いのではないかと思ってしまうことが原因となる場合が多いと言われています。

また、もともと動物が持っている「警戒心」や「防衛反応」などから、自分の身を守るために備わっているものだという見解もあります。

そのため、警戒心が強い人や防衛反応をしてしまうタイプの人に、多く人見知りが見られる傾向にあるようです。

また、感情を上手く言葉で表現出来ない事が重なってしまい、そんな過去がトラウマのようになってしまっているのかもしれません。

そして、もう一つ大きな理由として考えられる事は、「人の目を気にしてしまう」ところにあるのかもしれません。

そんな事、皆んな気にするでしょ?と、思いましたよね。

確かに人の目は誰しも社会性が育てば自然と意識する事なのです。

でもそれが極度に出てきてしまうと、緊張感や焦りなどのストレスに変わってきます。

人にどう思われているのかを気にし過ぎるあまり、人見知りになってしまう人も少なくないようです。

人見知りの人の11個の特徴

さて、ここからは「人見知り」の人に対する主な特徴を11個挙げていきます。

我こそは人見知りだ!と、言う方には是非チェックしてもらいたい項目になっています。

普段の自分の気持ちや様子、または人からどのように映っているかなども踏まえながから、一つずつ項目を確認していきましょう。

自分が「人見知り」かどうか、診断してみたい人はこちら →

1. コミュニケーション能力に自信がない


人見知りの人は、人と話すのが苦手だったり、もともとコミュニケーション能力に自信がないという人が多いです。

何を話していいのか分からずに無言になってしまったり、自分から話しかけることが苦手で、相手とどう接していいのかわかりません。

また、自分には営業などの仕事は絶対に無理などと、否定までしてしまったり、決めつけたりしていませんか?

もちろん、決めつけたりしてしまう事はよくありませんが、認識している事は大切です。

2. 初対面の人と話すのが苦手

初対面の人は、相手がどのような人か分からないので、どんな接し方をすればいいのか戸惑います。

それでも、何とか自分と接点などを見つけようと質問したりして、相手との距離を縮めていく人も多いでしょう。

しかし、人見知りさんは、初対面の相手に積極的に話しかけたり、質問する事がなかなかできません。

質問する事で、「相手に不快な思いをさせないかな?」とか、「そもそも何を質問したらいいの?」など、頭で考えすぎてしまうのかもしれません。

結局沈黙のまま時は流れるか、相手から話しかけてもらうかのどちらかでしょう。

そして、相手が話しかけてくれても、どこかたどたどしく、会話も長くは続かないことが多いようです。

人見知り同士の初対面だと、沈黙が続きなかなか距離が縮まらないままかもしれません。

【初対面の人と打ち解ける方法については、こちらの記事もチェック!】

3. シャイな性格


人見知りな人の中には、シャイな性格の人が多いようです。

シャイとは、内気で恥ずかしがり屋な人のことを言います。

恥ずかしがり屋であるため、初対面の人の前ではおとなしくなってしまったり、なかなか打ち解けることができなかったりするのかもしれません。

4. 警戒心が強い

人見知りな人は、警戒心が強いのも特徴の一つです。

過去に何かトラウマなどがあったの?と聞きたくなるくらい、ちょっとやそっとでは人を信用しない人もいるかもしれません。

逆に、警戒心を強くする事で、自分を守っているのかもしれません。

なかなか人に打ち解けられないのは、警戒心が強いせいということも考えられます。

長く付き合える友達ですら、時々疑ってしまうくらい警戒心が強いという人もいるようです。

5. 傷付きやすい

人見知りな人の心の奥深くを探っていくと、「傷つきたくない」という気持ちがあるのかもしれません。

そのために、警戒心や自己防衛反応など、様々な鎧を幾重にも重ねて頑丈にしているのかもしれません。

もしかしたら、過去にトラウマがあるという人もいるでしょう。

もともと感受性が強く、少しの事でも傷付いてしまうのかもしれません。

いつも人の顔色を伺い、ビクビクして接しているようにも思います。

とにかく人見知りな人は、傷つきやすい性格なのかもしれません。

6. 自己主張ができない

人に反論出来なかったり、自分の意見などをなかなか伝えられない、どのように伝えたらいいのか分からないという、自己主張ができない人見知りさんも多いです。

自分の意見や自分の気持ちを話すのは苦手なようです。

もし自己主張をしたところで、更に反論などされれば傷付いてしまうと考えてしまうのかもしれません。

それなら初めから自己主張をせずに殻に閉じこもる方を選んでしまうのでしょう。

他人から見れば、もっと自分の意見を言った方がいいなど、見ていて歯がゆい思いをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

7. 他人からの評価が気になるしまう

他人からの評価が気になることは普通のことです。

しかし、他人にどう思われているのかを必要以上に気にしてしまうのが、人見知りな人の特徴なのかもしれません。

相手にどう見られているのかを気にするあまり、初対面の人と上手く話せなかったり、「こんなことを言ったら嫌われるんじゃないか」と思い必要以上に気をつかってしまったりします。

8. 友人関係は狭く深く

人見知りな人の友人関係は、狭く深い付き合いをする人が多いです。

人間関係を広げることが苦手なので、特定の人が誘ってくれるのを待つだけのサイクルなのかもしれません。

人見知りさんは、一人が楽で、人混みや大勢人がいるのも苦手な上、自分から誘うこともなかなかないので、自然と人間関係も狭いものになっていくでしょう。

しかし、人間関係が狭い事が苦痛なのか?と、言われてもそれは「NO」です。

がぜん人間関係は狭い方が人見知りさんにとっては心地よいスペースなのかもしれません。

9 マイナス思考

自分に自信がなく、更にマイナス思考ですので、失敗した事をいつまでもくよくよ考えすぎてしまうという人が多いのかもしれません。

そのせいか、自分のことが嫌いな人見知りさんもたくさんいるみたいです。

「プラス思考になれたら、どれだけ楽か・・・。」なんて何度も考えても、結局マイナス思考になってしまうのは、やはり警戒心が強いから。

自分に自信も無いため、人見知りさんがマイナス思考になってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

また、マイナス思考に陥りやすい思考回路が出来上がってしまっていますので、まずはその思考回路を変える必要があるでしょう。

10. 人を信用しない

人見知りさんは、警戒心が強いのですぐに人を信用したり、心を許したりする事は滅多にありません。

初対面の人を信用して、「心を許して、傷つきたくない」と考えてしまうのかもしれません。

人見知りさんの過去に、人を信用し裏切られたり、傷ついたりした過去もありそうですね。

人見知りさんは人を信用しないのではなく、人を信用出来ない、信用する事が怖いのかもしれません。

「もう少し、心を上手く開くことが出来ればもっと、楽に生きられるのに」なんて、感じる事も多いのではないでしょうか?

11. 笑顔が少ない

人見知りな人は、初対面の人やあまり親しくない人の前だと緊張したり気をつかってしまうため、笑顔になることが少なくなってしまうのかもしれません。

緊張からか顔がこわばり、自然と笑顔も少なくなってしまうのでしょう。

打ち解けた人や家族の前では笑顔を見せますが、笑顔が見られるまでには、かなり時間がかかってしまいそうです。

自分が「人見知り」かどうか、診断してみたい人はこちら →

人見知りを克服するための12個の方法

人見知りなんか、一日も早く卒業したいというのが、人見知りさんの本音なのかもしれません。

先ほどの人見知りさんの11個の特徴に引き続き、人見知りを克服するために、どのような事を実践していけばいいのか、具体的な行動を記していきます。

自分が実践しやすい項目から取り組むようにしてみてはいかがでしょうか。

1. 自分から話しかける練習をする

「人見知り」を長年愛用してきてしまった方には、いよいよその殻を破く時なのかもしれません。

「自分から」という、キーワードにも非常に弱いため、まずは一日一言でも誰かに話しかける事が出来れば、それで「OK」にしておきましょう。

そして、それが徐々に出来るようになれば、「一日おきに2人に一言話しかけてみる。」など、自分のペースでいいので人数を増やしたり、一言を二言に増やしてみたり・・・。

とにかく、あなたから行動を起こさないと「人見知り」の殻を破く事は難しいのです。

今年、まだ新たな目標の無い方は、ぜひコツコツ自分から話しかける練習を目標にしてみてはいかがでしょうか。

諦めずに繰り返し行えば、今年中に人見知りを克服出来るようになるかもしれません。

トライしてみる価値はありそうです。

2. 得意な話題をいくつか用意しておく

少しずつ、人との一言会話も慣れてきた頃、そろそろ「あなたの引き出しを活用する時期」がやって来ました。

あなたの得意な事や趣味など、普段している事を話せるように、頭の中で会話している姿を想像しておきましょう。

あの人にはこの話題、この人にはこの話題・・・と、あれこれ考えるだけで疲れてしまわないよう、普段から万人に話せるような話のネタを用意しておきましょう。

また、得意な話題を話せるようになってきたら、「天気」の話題も一言会話にはオススメです。

夏の暑い日以外、毎日天気予報も違いますよね。

通勤やレジャーなどで天気予報を活用する人も多いのではないでしょうか。

そこで、ぱっと「今日、晴れのち雨らしいですよ。」など、会話が出来れば「そうなの、傘を忘れちゃって・・・。」

「たまたま傘を2本持ってますので、良かったら借りてってください。」と、話も少しずつ増やしていけるかもしれません。

一言だけの会話では物足りない方もいるので、最低2〜3会話を往復出来たらいいのではないでしょうか。

3. 人間不信の原因となったトラウマを克服する

誰でも過去を振り返って、あの頃の傷ついた事を思い出すって勇気のいる事です。

繊細な部分も持ち合わせている人見知りさんにとっても、非常に苦しい事なのかもしれません。

気の許せる友達や家族に当時の話を聞いてもらい、全て嫌な気持ちを吐き出してみましょう。

そこで、泣いてしまったりしても構いません。

とにかく、その当時の出来事とあなたの気持ち、助けがほしかったなど、存在していた気持ちを誰かに聞いてもらう事が大切です。

人は誰でも、過去に苦しい思いをした事は一度や二度、必ずありますよね。

そこで、過去にあった苦しい思い出を「どのように乗り越えてきたのか」がポイントです。

過去にあった苦しい事を、早く忘れる為に封印してしまえば、そこから傷をかかえたままになります。

何かが起きてもその傷をかばうために、起きた事から目をそらしてしまいたくなります。

しかし、上手く乗り越えてきた人は、自分なりに心の整理をして、問題にも自分なりに納得して解決している事が多いのです。

やり方は人それぞれですが、嫌なことや傷ついたことがあれば、気を許せる仲間と愚痴を言い笑い話にしてしまうのも良いでしょう。

また、ショックな出来事は、立ち直るまでに時間がかかります。

紙やノートに当時の状況や気持ちを書き連ね気持ちを整理していくやり方など、人それぞれ克服方法は異なります。

あなたのやり方で、一度「人見知り」を作り上げてしまった過去を浄化してみましょう。

4. 人見知りは悪いことではないと認識する

人見知りも個性です。

人見知りをするからといって、ご近所さんに迷惑をかけているわけではありません。

人見知りをしてしまう事で他人の迷惑なら、一刻も早く治したいところです。

ですが、特に他人に迷惑をかける事もありませんよね。

いっそのこと人見知りの自分をそのまま受け入れてはいかがでしょうか。

つまり、「無理に治そうとしない。」という事です。

一時期流行りました「ありのままの、自分になるの。」ですね。

治したいという気持ちになった時が、治す時です。

無理はしない。

そこが一番大切なのです。

5. 家にこもらず、出来るだけ外出する

家にこもっていると、安心感からかダラダラしてしまいますよね。

特に休みの日なんか「一日中、寝てました。」なんて、事もあるかもしれません。

それはそれで、非常に楽ですが何の刺激も無く、進展もありません。

日常のストレスも溜まりっ放しでは、身体にも良くありません。

外出する事で、新たな刺激になったり新鮮な物に触れてワクワクしたり。

素敵なアクセサリーを見つけたら、購入してみてもいいですね。

また、お金がかかるから外出はしたくない!と、いう方は近所への散歩でもかまいません。

とにかく家にこもることから、脱出して欲しいのです。

身体を動かす事は、適度な運動にもなります。

店員さんや近所の人と話す機会があったり、思いもよらない出会いもあるかもしれません。

身体と心がスッキリする事もありますし、実践しやすい内容ですのでトライしてみる価値はありそうです。

6. 自意識過剰を治す

「自意識過剰」って、自分に自信たっぷりの人の事じゃないの?などと、思ってしまいます。

確かに自信たっぷりの人に使う場合もあります。

しかし、「自分は何をやってもダメだ。」「きっと、人からはアテにもされない」などの気持ちも、実は自意識過剰なのです。

「自分は可愛い!」や「かっこいい!」と、思いは正反対ですが「自分は惨めだ!」「誰からも相手にされない!」と、いうマインドを何処かでかけてしまっている可能性があります。

いいマインドなら、どんどんして欲しいのですが、マイナス思考になりがちな人はそこから、自意識過剰にまで成長してしまいます。

まずは、「自分は普通である」のマインドから始めてみてはいかがでしょうか?

7. 相手について事前に情報を仕入れる

もし、どうしても仕事などのやり取りで、相手に接しないといけない時がありますよね。

そんなときは、相手について事前に情報を仕入れておきましょう。

職場でも、特に気を許せる人に「あの人は、どんな方ですか?」など、事前に情報を仕入れておけば、その人の事を知っている分、とりわけ慌てる事もなく、スムーズに会話ができるのかもしれません。

こちらも、一度試してみる価値はありそうです。

8. 相手に多く話してもらい、聞き手にまわる

もし、どうしても「会話のキャッチボールが苦手」という方には、聞き手に回ることをオススメします。

ただし、聞き手に回る時の注意点があります。

それは、しっかり相手に共感してあげる事です。

「あなたは、大丈夫。間違ってない」など、自分に言い聞かせるように、相手に伝えてあげましょう。

そうする事で、相手も「あなたなら話がわかる!」とどんどん話をしてくることでしょう。

もし、相手の話に疲れたら「今日は、ちょっと予定があるの。ゴメンね、また次回。」など、適当に切り上げましょう。

いつまでも相手にダラダラと付き合ってしまえば、時間も体力も消耗してしまいます。

ある程度話を聞いたら、「また、明日ね。」で、切り上げてもいいでしょう。

9. 他人の目を気にしない

他人の目をきにしすぎるあまり、上手く行動が出来なかったり、集中したいのに他の目線が気になり活動できない。

繊細な人見知りさんは、目立つ事や他人からの評価も凄く気にしてしまう傾向にあります。

それが、いい方に伸びてくれたら嬉しいのですが、マイナスな評価や他人からの評価を気にしすぎるあまり、行動的にもなれないのでしょう。

まずは、思い切って「他人の評価や目線は気にしない」事を考えましょう。

もし、少しでも「今他人の目を気にした」と、感じたらすぐに「他人の目は気にしない」と、思いを書き換えるようにして下さい。

それを繰り返し行う事で、他人の目を気にしないマインドをかけていきましょう。

10. 自分のことを好きになる

「何をするにもダメな自分」と思い込んでいる人は、そのマインドも手放せるように、努力していく事が大切です。

それを手っ取り早く手放せる方法は、「自分を好きになる」ことです。

人見知りさんは、自分は何もできない、何かしても誰も評価してくれないと思い込んでいるかもしれません。

まずは自分を好きになり、自信をつける事が人見知りを克服する近道にも繋がります。

メモ帳やノートなどに、自分の好きなところを書き出してみて下さい。

目と頭で、何度も自分の好きなところを確認する事で、マインドをかけていきましょう。

11. グループ活動に加入する

思い切って、新しい自分を開拓すべくグループ活動などに加入してみてはいかがでしょうか?

はじめは、「絶対に無理!たくさんの人が集まって、定期的に交流するなんて考えられない」と思うかもしれません。

しかし、どこかで考え方を変えていかないと、いつまでも人見知りは治りません。

また、グループ活動に参加していく事で、色んな人とも接していかないといけないので、非常に自分の幅を広げるいい機会です。

少しの勇気と、前向きな気持ちを持続させて、長い人見知り時代から卒業していきましょう。

12. 相手の気持ちをよく考える

例えば、人見知りをされた相手はどのように感じるのか、また普段から接する人は、イヤな気持ちになってないかな?など、普段の行動を振り返りながら、行動していきましょう。

そうする事で、自然と人見知りが治ってしまっている!なんて事もあるかもしれません。

相手の気持ちをよく考える事で、自分自身の行動も客観的見たり、考えたりする事がありますので非常に効果は高いでしょう。

これなら、簡単で続ける事も出来そうな気がしますよね。

人見知りの長所を知ろう

「人見知り」に長所なんかない!と、思い込んでいませんか?

実はそんな事はありません。

人見知りにも、いいところは必ずあります。

人見知りさんの悪いところは、短所でしかないと自意識過剰になってしまうところ。

もっと視野を広く、自分自身を認めてあげましょう。

1. 人を気遣うことが出来る

実は、人一倍気を使っているのが「人見知り」の特徴です。

え?と、思う人も多くいるかと思いますが、人見知りは自分に自信が無いだけでしっかり人に気を遣う事をしているんです。

常に、「相手に話しかけて、つまらない話と思われてしまいそうなので、敢えて話しかけない。」「何時も忙しそうだから、挨拶だけにしている」など、人見知りさんなりに気を遣って色々と相手の事を考えています。

ただ、もう少しプラス思考に考えて、相手に気を遣えるようになれば更に、好印象に映るかもしれません。

2. 繊細な感性を持っている

もともと、感受性が強かったり繊細な面を持ち合わせているのが人見知りな人です。

それが故に、過去のトラウマや警戒心が強くなったりしてしまうこともあります。

もっと気持ちの切り替えが上手く出来たり、過去の出来事も消化できれば「人見知り」にはならなかったのかもしれません。

繊細な感受性を持っているため、過去の傷ついた自分と照らし合わせ、傷ついた人を見てしまうと自分の事のように思ってしまうところもあります。

なので、意外に相談されたり話の聞き役が上手かったりするのも特徴の一つと言えるでしょう。

そこから、人間関係の枠を少しずつ広げていけたら、人見知りはなくなってしまうかもしれませんね。

3. 人をよく観察する力がある

よく人を観察し、どのような人か見抜く人見知りさんも中にはいるかもしれません。

自分が傷付きたくないという気持ちからか、人間観察や洞察力が自然と身についている可能性があります。

それを長所と捉え、相手から相談される際に、人間観察を参考に話をすれば、更にあなたの能力が発揮できる事でしょう。

人間関係の相談から、恋愛の相談まで幅広く相談の内容に答えられ、あなたを頼りにしてくる人が出てくるかもしれません。

その時に、人見知りさんの使命を感じる事でしょう。

4. 自分の気持ちに正直

人見知りをしてしまう人は、自分の気持ちに正直に生きていて、素直なのかもしれません。

他人に嘘をつくのがいけない事と思っていたり、「ちゃんといってあげないと相手がかわいそう」など、心のどこかで考えているのかもしれません。

嘘は人を傷付けてしまうと考えていたり、自分を飾る事なく等身大で相手にも接しているのでしょう。

ただ、もう少し前向きに考える事ができれば、更に気持ちも楽になりそうですね。

5. 人間関係が狭い分、深い

人見知りさんは、人間関係が狭いです。

しかし、狭いからといって、特に不自由はありません。

逆に広げすぎた人間関係には疲れてしまいます。

広く浅くより、狭く深い人間関係の方がより人見知りさんには居心地がいいのかもしれせん。

人見知りさんは意外に情も熱いため、友人な大切な人のために、尽くす場合もあります。

長く深く付き合っていくうちに、周りも人見知りさんの虜になってしまっているかもしれませんね。

最後に

人見知りな人は、繊細で感受性が強く、過去の傷ついたトラウマを抱えていることもあります。

そのせいか、ついついマイナス思考にもなってしまうのかもしれません。

しかし、それも「個性」だと、受け入れることも大切なこと。

それに、人見知りさんにしか出来ないこともあります。

過去の傷ついたトラウマや経験から、傷ついた人達の相談に乗ってあげたり、悩みを深く聞いてあげられるのは、あなたの得意分野になるのかもしれません。

そこから、沢山の方を癒せたり、助けになれる可能性も十分に考えられます。

人見知りさんの引きこもりは、あらゆる可能性まで引きこもらせてしまっているのかもしれません。

もっと、自分の可能性に気づいて欲しいですね。