あなたは、今「本当の自分」で生きていますか?「本当の自分」なんて言われて、とても違和感を覚える方もいることでしょう。

そりゃあ、今こうやって記事を読んでくれているあなたは、他の誰でもない本当のあなたですものね。

でも、中には「本当の自分で生きることが出来ていない」なんて言う方もいるのではないでしょうか。

インターネットが普及し、SNSを多くの人が利用するようになりましたね。

しかし、そのSNSでは、本当の自分ではなくあたかも”幸せに生きている自分”を演じている方が多いですよね。

友人に見られているからです。

そうやって、誰かの目を気にして生きていませんか?

あなたは本当は別のことがしたいのに、社会の常識や周りの目を気にして行動できていないということはありませんか?

そうなると、少なからずアナタの心には”もやもやしたなにか”が出てくるはずです。

そのように違和感やモヤモヤしたものを感じることがあるというのは、本当の自分として生きていられていないということなのです。

そもそも”本当の自分”を理解できていなければ、本当の自分は何がしたいのか、どのように生きていたいのか、

どのような周りの目を気にして周りによく思われるように振舞っていたりしませんか?

それって、本当にあなたの姿なのでしょうか。

この記事では、”本当の自分”を見つめなおす方法を18個ご紹介します!

この18個であなたの今の思考を振り返ることで、今は眠ってしまっている本当のあなたに出会えるはずですよ!

本当の自分でいられていますか?

率直にお聞きします。

あなたは、今現在”本当の自分”で生きることが出来ていますか?

私たちは、子どもの頃はあまり何かに規制されることなく、悠々と生きていました。

しかし、家庭によっては親の価値観を押し付けられ、その価値観が当たり前と思い育った子どももれば、

成長していく中で「これが正しい」「コレは間違っている」といった社会の常識に触れ合いながら、それを取得しながら大人になっていきます。

たとえ話ですが、あなたは太陽を何色だと思っていますか?多くの方は「赤色」と答えるのではないでしょうか。

しかし、その赤色というのは誰が決めたのでしょう?たしかに、太陽を衛星写真で見ると燃えていることから火を連想し、赤色だと感じます。

しかし、黄色やオレンジ色に見えることもありますよね。

でも、一般常識では太陽は赤色というのが普通になっているので、多くの方が大要の絵を描くときに赤色で描きます。

ですから、そのような太陽は赤色であるという常識を知らない子ども達は、太陽のイラストを描くときには赤色ではなく、黄色やオレンジ色で描く子どももいますし、

もしかしたら自由な発想で緑色だとか黒色で描くような子どももいるかもしれません。

それは、その子ども自身が自分の目で見た世界、感じた世界をそのまま表現できているということですね。

しかし、私たちは大人になるにつれて、子ども達のように自分の考えている意見をそのまま伝えることが難しいように感じてきます。

相手に嫌われるかもしれないから、これは社会一般的に見たらおかしいことだから・・なんてこともありますね。

自分の物差し、自分の見方で世界を自由に見ることが出来るはずなのに、

周囲の目線を気にしてしまうことからそのような周囲の人々のモノサシ、見方で物事を見るクセがついてしまうのです。

しかも、ひどい場合にはそのような見方に違和感も感じることなく、本来の自分の考え方だと思うようにマインドコントロールされている方もいるくらいです。

とっても恐ろしいですね。

あなたが心の奥底で本当に抱いている気持ちは、今の行動に見合っているのでしょうか?

本当の自分を見つける!思考の振り返り18個

でも本当の自分がどの自分なのか分からないことがありますね。

そのまま諦めるのはもったいないです。

答えはあなたの中にあるのです。

あなたは、気づいていないだけで社会や一般常識のモノサシに捕われているのかもしれません。

そんな時こそ、自分自身のことを振り返ってみましょう。

今いるあなたの考え方や思考回路というのは、今まで生きてきた経験などの集大成でもあります。

あの時ああしていればよかったと後悔したのなら多くの場合は、次同じような場面に出くわしたらもうしないように心がけますよね。

そのような行動が出来るのは、過去の経験がそうさせているのです。

でも、その中には本当のあなたを眠らせてしまった原因があるかもしれません。

今のあなたの思考を振り返って、本当の自分を見つけてみましょう。

答えは外にあるのではなく、あなたの中にあるのです。

就活生の自己分析のように

就職活動を経験されたことがある方は、行なったことがあると思います。

自己分析を行ないますよね。

自分はどのような性格の傾向があって、どのような思考のクセがあるのか。

この自分で挑める企業はどこなのかを知るために。

また、就職活動における自己分析は、ものすごい深いところまで掘り下げるものです。

そうすると自分自身が自分に抱いていた”自分とはこういうものだ”というものが一切取り払われ、本来の自分に出会うこともできます。

それに、本当の自分の気持ちに出会い、それに従えるようになることで生きることがより楽しく、心が身軽になっていくものです。

これから、そのような自己分析方法を18個お伝えします。

全て一つずつ行なってください。

頭で想像するだけでも構いませんが、ぜひメモに残していただくとその後の分析に役立てますし、あなたの心の傾向を文字で読み取ることが出来ます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

18個の質問を答えている時に、浮かんだ答えを記入しているとたまに心のどこかに違和感だとか、もやもやした気持ちが浮かぶことがあります。

それは、その答えが本当の自分に反している、本当の自分の気持ちでない時に起こる心からのサインです。

ですから、そのような設問には更に奥深く分析していくと良いでしょう。

1.これまでどんな生き方をしてきた?

あなたは、今日のこの瞬間までどのように生きてきたでしょうか?

とても明るくて楽しい人生を送ってきた方もいるでしょうし、誰かに教えることも出来ない暗黒な人生を送ってきた方もいると思います。

色々な人生があって当然ですよね。

十人十色という四字熟語を知っていますか?これは十人いれば、その十人とも性格が異なっている、色々な人がいるという意味です。

ですから、もしもあなたが暗黒な人生を送ってきたとしてもそれを完全否定することもないのです。

きっと何かしらの事情があってそのようなことになってしまったのでしょう。

反省することは大切ですが、今までの生き方を完全否定してしまうと今現在のあなた自身を完全否定することになってしまうかもしれません。

また、楽しく生きていたとしても暗黒な人生を生きていたとしても、それらの生き方の選択はどのように決めていましたか?

私たちは生きていると、常に色々なことで選択をしますよね。

これからこの記事を読み進めるかどうかを決めるのはあなたの選択次第なのです。

もしもその選択が、誰かの目線を気にしていることで選んでいるのであればそれは本当のアナタだとはいえません。

あなたの本当の気持ちに沿って行動する人生だったかどうかも考えてみてください。

2.自分の好きなことはなに?

あなたの好きなことはなんですか?それは趣味にしているものでも構いませんし、好きな食事のメニューでもかまいません。

あなたが心から本当に「好き」と思えることを思いつく限り、書き出してみましょう。

そのメモは誰にも見せる必要はないので、あなたが好きなことをなんでも書いてみましょう。

他の人に見せるのなら書けないようなことも、このメモになら書くことが出来ますね。

もしも、他の人に見せるのであれば書きたくないようなコトがあれば、それは他人に隠している自分がいるということですよね。

他人の目線で生きている自分を実感することができるはずです。

3.なにをしてるときが1番幸せ?

あなたは、何をしているときに心の奥底から”一番幸せ!”と感じることが出来ますか?

夜に布団に入る瞬間かもしれませんし、おいしい食事をしている時、ショッピングをしている時、趣味をやっているとき、旅行をしている時・・・など色々あるでしょう。

あなたが幸せだと思うことを、思いつく限りメモに書いてみましょう!このときに、周りから見たら幸せに見えるから幸せってことにしてるというようなことは書かないようにしてください。

それってまさに他人の目線で生きていることになるんです。

要するに、あなたは幸せに感じていないけれど他に韻からは幸せに見えるからあたかも幸せでいるフリをしてるんですね。

ですから、あなたが幸せだなあって感じることを書き出した後にもそれらのリストを見つめてみてください。

その中には、もしかしたら他人目線の幸せが入る込んでいるかもしれないのです。

4.人生で嬉しかったことTOP3は?

あなたが今まで生きてきた中で嬉しかったことはいくつもあるでしょう。

結婚したことかもしれませんし、好きな人に思いが通じてお付き合いおすることができた、憧れの人と会うことが出来た、

宝くじが当たった、世界一の景色を眺めることが出来た・・など嬉しいことはあげたらキリがないですよね。

そのような「嬉しかった!」という出来事の中からトップ3をあげてみてください♪

あなたが「嬉しい」と感じたことは、本当のアナタが求めていることを実感できたから、達成できたからそのように思えていることが多いです。

あなたはそのような嬉しかったことを日常的に自分自身に許すことが出来ているでしょうか?

日常生活では周りの目線を気にする機会が増え、自分の気持ちを優先するよりは相手や社会を優先することも多いかもしれないですね。

あなたが心から本当に嬉しいと思えることをこれからの生活でも実践していって欲しいのです。

5.どんな失敗をしてきた?


あなたは今までの人生の中でどのような失敗をしてきたでしょうか?

もしかしたら、失恋をしたかもしれませんし、仕事上でミスをしたかもしれませんね。

できなかったことや失敗したことに焦点を当てるのは少し気持ちがつらいかもしれません。

でも生きていれば、それなりに失敗はするものです。

それに、自分のいいところだけでなく悪いところも認めることで本当の自分を見ることが出来るようになってきます。

とある心理学の調査によれば、自己肯定ができていない人ほど自分自身を認めることが出来ないという結果が出ています。

要するに、本当の自分の気持ちを無視するような行動をとってしまいがちになるということなのです。

ですから、本当の自分を知るためには失敗したことも列挙する必要があるのです。

失敗をしたら、そのことについてもう手もつけずに諦めてしまうことはありませんか?

その分野について諦めるのではなく、なぜ失敗してしまったのか?どうしたら失敗しなくて済んだのか?何がいけなかったのか?

と分析するのが重要になってきます。

そして分析したことをそれからの人生に役立てていくのです。

失敗を失敗で終わらせないのです。

失敗ではなくて、その方法が違ったということを確かめたことになるのです。

ですから、自分の失敗したことを恥ずかしがらずに(誰にも見せないのですから)ぜひ思いつく限りメモに記してください。

6.どんな挫折をしてきた?

あなたは今までの人生でどのような挫折をしてきたでしょうか?生きていれば、全てが思い通りにいくということではありませんよね。

受験勉強が間に合わず、受験を挫折した方もいるでしょうし、金銭的な面が間に合わなくて何かやりたいことを途中で挫折してしまったこともあるでしょう。

挫折をしたということは、そのことをやり遂げたい気持ちがあったということになりますよね。

それは、社会の刷り込みでやらなければならなかったから仕方なくやっていたのかもしれませんし、本当にやりたかったけれど諦めてしまったのかもしれませんね。

挫折をしてきたことも知ることで、あなたの意外な側面を知ることが出来ます。

まず今話したように「そのことをやり遂げたい意志があったということ」、

そしてその挫折したことにまだモヤモヤした気持ちがあればそのことに関して、完全に本当のあなたは諦めが付いていないということになります。

本当のあなたは、その挫折についてどう感じているのか、心の言葉を聞いてあげてください。

7.どんなときに泣いた?

あなたは、どんな時に涙を流しますか?映画やドラマ、ドキュメンタリー番組で感動したから泣くのでしょうか?

それとも悲しいことがあって泣くのでしょうか?はたまた、悔しいことがあったり、つらいことがあったりしてなく方もいるかもしれません。

涙というのは、気持ちの解放を意味します。

ですから、泣いてしまった対象があなたにとって、心に何かしらの関係があり、そのことへの気持ちがいっぱいになっているから涙が出るのです。

もしもあなたがちょっと嫌なことがあったとします。