CoCoSiA(ココシア)

本当の自分を見つめ直すための18個の思考の振り返り

あなたは、今「本当の自分」で生きていますか?「本当の自分」なんて言われて、とても違和感を覚える方もいることでしょう。

そりゃあ、今こうやって記事を読んでくれているあなたは、他の誰でもない本当のあなたですものね。

でも、中には「本当の自分で生きることが出来ていない」なんて言う方もいるのではないでしょうか。

インターネットが普及し、SNSを多くの人が利用するようになりましたね。

しかし、そのSNSでは、本当の自分ではなくあたかも”幸せに生きている自分”を演じている方が多いですよね。

友人に見られているからです。

そうやって、誰かの目を気にして生きていませんか?

あなたは本当は別のことがしたいのに、社会の常識や周りの目を気にして行動できていないということはありませんか?

そうなると、少なからずアナタの心には”もやもやしたなにか”が出てくるはずです。

そのように違和感やモヤモヤしたものを感じることがあるというのは、本当の自分として生きていられていないということなのです。

そもそも”本当の自分”を理解できていなければ、本当の自分は何がしたいのか、どのように生きていたいのか、

どのような周りの目を気にして周りによく思われるように振舞っていたりしませんか?

それって、本当にあなたの姿なのでしょうか。

この記事では、”本当の自分”を見つめなおす方法を18個ご紹介します!

この18個であなたの今の思考を振り返ることで、今は眠ってしまっている本当のあなたに出会えるはずですよ!

本当の自分でいられていますか?

率直にお聞きします。

あなたは、今現在”本当の自分”で生きることが出来ていますか?

私たちは、子どもの頃はあまり何かに規制されることなく、悠々と生きていました。

しかし、家庭によっては親の価値観を押し付けられ、その価値観が当たり前と思い育った子どももれば、

成長していく中で「これが正しい」「コレは間違っている」といった社会の常識に触れ合いながら、それを取得しながら大人になっていきます。

たとえ話ですが、あなたは太陽を何色だと思っていますか?多くの方は「赤色」と答えるのではないでしょうか。

しかし、その赤色というのは誰が決めたのでしょう?たしかに、太陽を衛星写真で見ると燃えていることから火を連想し、赤色だと感じます。

しかし、黄色やオレンジ色に見えることもありますよね。

でも、一般常識では太陽は赤色というのが普通になっているので、多くの方が大要の絵を描くときに赤色で描きます。

ですから、そのような太陽は赤色であるという常識を知らない子ども達は、太陽のイラストを描くときには赤色ではなく、黄色やオレンジ色で描く子どももいますし、

もしかしたら自由な発想で緑色だとか黒色で描くような子どももいるかもしれません。

それは、その子ども自身が自分の目で見た世界、感じた世界をそのまま表現できているということですね。

しかし、私たちは大人になるにつれて、子ども達のように自分の考えている意見をそのまま伝えることが難しいように感じてきます。

相手に嫌われるかもしれないから、これは社会一般的に見たらおかしいことだから・・なんてこともありますね。

自分の物差し、自分の見方で世界を自由に見ることが出来るはずなのに、

周囲の目線を気にしてしまうことからそのような周囲の人々のモノサシ、見方で物事を見るクセがついてしまうのです。

しかも、ひどい場合にはそのような見方に違和感も感じることなく、本来の自分の考え方だと思うようにマインドコントロールされている方もいるくらいです。

とっても恐ろしいですね。

あなたが心の奥底で本当に抱いている気持ちは、今の行動に見合っているのでしょうか?

本当の自分を見つける!思考の振り返り18個

でも本当の自分がどの自分なのか分からないことがありますね。

そのまま諦めるのはもったいないです。

答えはあなたの中にあるのです。

あなたは、気づいていないだけで社会や一般常識のモノサシに捕われているのかもしれません。

そんな時こそ、自分自身のことを振り返ってみましょう。

今いるあなたの考え方や思考回路というのは、今まで生きてきた経験などの集大成でもあります。

あの時ああしていればよかったと後悔したのなら多くの場合は、次同じような場面に出くわしたらもうしないように心がけますよね。

そのような行動が出来るのは、過去の経験がそうさせているのです。

でも、その中には本当のあなたを眠らせてしまった原因があるかもしれません。

今のあなたの思考を振り返って、本当の自分を見つけてみましょう。

答えは外にあるのではなく、あなたの中にあるのです。

就活生の自己分析のように