この世には「強い」と言われる人がたくさんいます。

強いとは辞書で調べると、しんがしっかりしていて力が豊かな人、積極的に働く力が優れている、というような意味になっています。

そう考えると、非常に奥が深い言葉なんだと思います。

あなたが頭で描く強い人とはどのような人でしょうか?

何気なく思い返してみると、強いという言葉は日常の中で何回も使っているのではないでしょうか?

おそらく1日に何回も使っているような気がします。

例えばスポーツの試合、負けた時には相手が強かった、勝った時は我々は強いなど言いますよね。

他にもじゃんけんが強い人がいたり、弱いものに対して強い人がいたり、

誰になんと言われようとも、自分に意見を曲げない人、このような人も一般的に強い人なんかといいますね。

では、具体的に「強い人」というのは、どのような人の事を指すのでしょうか?

今回は「強い人」とはどのような人なのか?強さにはどのような種類があるのか?

とことん「強い人」にこだわって記事を書いていこうと思います。

あなたの周りの強い人はどんな人?

あなたの周りにも強いと言われる人はたくさんいるとは思いますが、どのような人ですか?

もちろん、その状況によっても変わってくるでしょうし、その人それぞれの強さがあると思います。

あなたが一番強いと思う人はどんな人ですか?その時、その人が一番志として持っているものを持っている人が強いと思う人ではないでしょうか。

例えば、「自分はメンタルが弱い、いつもここって時に失敗をしてしまう」なんてメンタルの悩みがある人にとっては、強靭なメンタルの持ち主が一番強い人となるかもしれません。

また「男なのに力がない、この貧弱な身体をどうにかしたい」というのを悩みで持っている人であれば、鋼の身体を持つボディビルダーの人なんかが、一番強い人と感じるかもしれません。

その人が今一番欲しいと感じている強さを持っている人が、その人にとっては一番強と感じている人なのかもしれません。

「強い」と言ってもいろいろな強さがあります

一概に強いといっても色々な強さがあるのは、誰しもが理解していることでしょう。

ただこの強さには、良い強さ悪い強さというものがあります。

人に与える印象が良い強さもあれば、人に与える印象が悪い強さもあるということです。

それは一体どういうことでしょうか。

強いといえば、なんとなくですが正義感が高かったり良いイメージを持ってしまいそうですが、よくよく考えるとそうではないことに気付いてきます。

どうせ持つのであれば、誰からも良いイメージで強いと思われ、頼りにされる強さを持ちたい所です。

しかし、その人の性格にもよりますが、何か自分の中で強いものを持っていても、

その強さの使い方を間違えてしまえば、周囲の人たちには、多大なる迷惑を掛けてしまう事があるんですね。

強いというのは、その人のメリットでもありますが、少し考え方を変えれば諸刃の剣となってしまうことにもなってしまいます。

では、強さにはどのような強さがあるのか、詳しく見て行きましょう。

1. 意志が強い人

まずは意志が強い人がいます。

頑なな精神を持っているようなイメージですね。

このような方は、とにかく自分のたてた目標や目指す道に向かって一直線に行動を貫いていますね。

意志が強いので、周囲に何を言われようがとにかく自分の決めた事はやり抜くという特徴を持っています。

またいくら失敗をしようが、うまくいかないことがあろうとも、自分の意志を変える事はありません。

自分の志をしっかりともっており、自分の方向性がしっかりとしているので自分の中で何が正しいのか、そうではないのかの判断もしっかりできる人が多いですね。

また小さなことでは何事にも動じないという特徴もあります。

何かの誘惑に負ける事もないですし、自制心が非常にしっかりしてるともいえるでしょう。

逆に意志が弱い人としては、自分の決めた事もすぐに周りの環境に流され、やめてしまいます。

意志が弱い人は、何か達成する事は難しく、すぐに自分の楽な道を選んでしまう傾向があります。

意志が強い人は、例えば何か夢をもって上京などをしたとしても、とにかく夢を叶えるまではチャレンジしようという気持ちが強いので、しっかりと自分の夢を叶える事ができる人が多いです。

特に自分でする勉強など、大抵の人は周りに促されないとできないものですが、

意志が強い人は、自分のやるべきことがわかっており、周りに言われなくても自分から自発的に動くことができます。

2. 精神面が強い人

精神面が強い人、いわゆるメンタルが強い人ですよね。

よくアスリートの人が思い浮かぶのではないでしょうか。

アスリートは生半可な精神力では、本番に力を発揮する事ができません。

技術を磨くよりも精神力を鍛える事に重きを置いているアスリートもいるくらいです。

何せ本気の勝負ですし、勝ち負けが決まるわけですよね、そんな緊張感あふれる戦いを戦い抜くわけですから、精神面が弱いわけがありません。

特に海外の渡って挑戦しているアスリートは尋常では考えられないくらいの精神力の強さを持っています。

海外では自分の言葉が通じないばかしか、食生活も違いますし文化も違うわけです。

精神的な安定がないと、スポーツの世界では安定的な力を発揮する事はできないでしょう。

精神的な安定を得る為には、普段の生活リズムを狂わすことなく安定的に生活することが必要です。

しかし、海外での生活となるとそのようなリズムを整えるのは難しい事です。

相当強い精神力がないと、様々なことに流され海外での挑戦はうまくいかないことが多いですね。

なので、海外に挑戦しているアスリート、特にそこで成功を収めているアスリートというのは、相当強靭な精神力を持っているといえるでしょう。

3. 力が強い人

強い人と言われた時に、一番始めに頭に浮かぶのは力が強い人ではないでしょうか?力が強い人といっても、色々な種類があることでしょう。

腕っぷしが強い人、または権力が強いなど力が強い人は色々います。

腕っぷしが強いとは、ケンカなどが強く筋肉もモリモリで、男からすれば憧れてしまうような人のことですね。

腕っぷしが強いというのは、自分の努力である程度のものが手に入ります。

ケンカに関してはメンタルや精神面の力も必要になってきますが、ただの力持ちだったり物を持つ力であれば、努力次第でいくらでも伸ばしていけるようになるでしょう。

権力の強さに関しては、社会的地位だったり会社で役職をどんどんつけていったりと、実力でどんどんのし上がっていかなくてはいけません。

どちらにせよ、力が強い人は同性から人気が高かったり、異性からもモテやすい傾向にあるでしょう。

運も必要な要素ですが、自分を本当に磨き努力することができれば、つけることの強さだと思います。

4. 健康面が強い人

健康面が強い人というのは、病気をしなかったりケガをしない人のことをいいます。

とにかく健康的で、風邪なども全くひかないような人のことです。

健康面が強い人というのは、普段から健康に気を使っていたり、体の良い食事を定期的にとっていたり、人一倍健康に注意しているようなイメージがありますが、それは間違いです。

このように、自分の体調を普段から気にしている人に限って風邪をひきやすかったり、病気になりやすかったりします。

逆にどうだからこそ、普段からの生活に気をつかっているのではないかともいえます。

健康面が強い人というは、自分が風邪をひいたりけがをしたり、病気になるということを微塵も考えていない人です。

このような健康面が強い人に限って、前向きでとにかく元気な人が多い印象です。

病は気からというように、風邪のことや病気のことばかり「もしかかったらどううしよう」なんて基本考えている人は、風邪や病気にかかりやすいです。

風邪や病気にかかるなんて考えていなかったり、そんなの考える余裕もないくらい充実している人というのは、非常に健康面が強いといえるでしょう。

5. 個性が強い人

個性が強い人というのは、独特で周囲の人から見て変わっている人と思われたり、普通の人とは違うような考え方をしている人を言います。

人によってはクセが強いので、あまり苦手な人だったり、嫌いだと思えるような人も多い事でしょう。

日本ではこのような個性が強い人というのは叩かれやすい風習があります。

日本は小さい頃からの教育で、全員を同じように平等に育てようとする風習があります。

人と違う事をやれば怒られ、みんなと同じような行動をとらないと矯正だれていくという育て方をします。

なので、個性を強くもった人間がなかなか生まれにく国になっているわけです。

しかし、そんな中でも誰しもが個性を持たない人間なのかというと、そうではありません。

日本人の中でも個性を強くもった人は存在します。

私たちは、そのような個性が強い人と今まで会ったことがないですし、慣れていないのでなぜか苦手意識が働いて、叩いてしまうわけですね。

ある意味、妬みにも近い感情なのかもしれません。

しかし、本質を見抜いているのはこの個性が強い人です。

何かにおいて成功を収めるのも個性が強い人が多いですね。

6. 口調が強い人

口調が強い人はみなさんの周りのもたくさんいるのではないでしょうか?

友達や両親、親戚や会社の同僚や上司、などなどもしかしたらたくさんいるかもしれません。

もちろんその人が今まで生きてきた人生の中でその人の性格が作られます。

この口調が強いというのは、いままで作られてきた性格というものが関係している事でしょう。

小さい頃両親の口調が強かったから、自分も自然と同じようになった。

自分が憧れていた人の口調が強かったから、自分も真似してそうなった。

また女性でも口調が強い人っています、そんな人は男性になめられたくないから、男勝りの性格をしているから、などなど様々な理由があるでしょう。

あなたは、口調の強い人をどう思いますか。

どちらかというと、口調が強い人というのは周囲から敬遠されやすい傾向にあるといえます。

そりゃそうですよね、人って他人から強くいわれるのをひどく嫌がる傾向がありますからね。

この口調が強い人というのは、普通のことをいっていても、何か威圧をかけられているような気分になり、あまり良い気分はしませんね。

良くいえば元気が良いという風にも捉える事ができるのですが、大抵の人はこのような人を見て威圧的で偉そうな人という印象をもってしまいます。

しかも、このような人は自分でその部分に気づけていない場合も多く、人にいわれてもなかなか直せないようになってしまっています。

>1 気が強くて口調が強くなる人

口調が強い人にも、色々なタイプがいます。

まずが、気が強くて口調が強くなってしまう人です。

気が強いとどうしても自分よりも弱い人に威圧的な態度をとってしまいますし、自分のペースに合わせられない人に関してはイライラしてしまったりしてしまうんですね。

かなり自分本位な性格ともいえ、周りからすればただの我儘な人と思われる事でしょう。

なので、周囲からは嫌われることが多く、敵を作りやすいタイプともいえます。

昔のヤンキーなんかはこのような人が多いのではないでしょうか?

いわゆる、精神的に子供じみた性格をしており、自分が一番正しいと思い込んでしまっている傾向があるんですね。

女性にもこのような気の強い女性は多く、男性だろうが女性だろうが年上だろうが、どんな人にもかみつく気の強い人はいます。

このような人は、間違いなく口調が強く、周囲から煙たがられてしまいます。

このようになってしまうのは、やはり周囲のせいでもあります。

きちんと叱ってくれる人がいない、そのような態度をした場合に注意してくれる人がいない、ある意味可哀そうな人ともいえるでしょう。

しかし、このようなタイプの人間は他人の意見も聞かない人も多いので、他人からすれば扱いにくい人間ともいえるでしょう。

2. 立場上やむを得なく口調を強くしている人

立場上やむを得なく口調を強くしている人もいます。

例えば裁判官などもそうでしょうか。

もちろん元から厳格な人で、普段の話し方も口調が強い可能性がありますが、裁判官は判決を言い渡す時など、強い口調で言わなくては場が引き締まりません。

また、会社のそれなりのポストについている人もそうでしょう。

ある程度強い口調でなくては、部下にも示しはつきませんし、言う事も聞かないでしょう。

私生活での口調が強いというのは、その人の性格というものが出ますし、嫌がられる事も多いです。

しかし、仕事となると話は変わってきます。

別に強い口調で話したくはないのに、仕事上、立場上仕方なしに口調を強くしなければいけないくなるのはしょうがないことです。

嫌がられようが、嫌われようがそれも仕事の一つですし、そんな部分に気を遣って業務が円滑に廻らないのは、もはや仕事とはいえないでしょう。

なので、このような人はしょうがないのではないでしょうか。

また、俳優業などもそうですね。

役柄上、口調を強くしてセリフを言わなくてはいけない、なんてこともそうでしょう。