CoCoSiA(ココシア)

自分に向いてる仕事を見つけ出すための9個のチェックポイント

自分に向いてる仕事を見つけ出すための9個のチェックポイントのイメージ写真
「今の仕事が自分に合っているか分からない」「転職や復帰を考えているけど、今度は自分に向いている仕事に就きたい」と考えている社会人の方も多いのではないでしょうか?

あるいは、現在就職活動中の方や、これから就活を控えている学生さんの中にも、「自分が本当に就きたい仕事が何なのか、実はよく分かっていない」「自分に向いている仕事の見つけ方が分からない」という人は多いかもしれませんね。

誰しも「出来る事なら、自分に向いてる仕事に就いて、充実した日々を送りたい」と考えるものではないでしょうか?

しかし実際には、今の仕事に満足している人の方が少ないと思います。

そこで今回は”自分に向いてる仕事を見つけ出すための9個のチェックポイント”と”自分に向いている仕事を見つけるためにしたいこと”をご紹介します。

今の仕事を続けて良いのか迷っている人や、仕事探しで悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さいね。

️自分に向いてる仕事がわからない

”自分に向いてる仕事が分からない”という事は、「現在就いている仕事が自分に合わない」と感じていたり、「仕事探しをしていてもいまいちピンと来るものがない」と感じる訳ですよね?

そういう時はやみくもに仕事を探しても、”何が自分に向いてるのか”が余計に分からなくなってしまいます。

そこで、まずやらなければいけないのが、”原因の究明”です。

「どうして今の仕事が自分に合わないと感じたのか?」「何故、仕事探しをしていてもピンと来るものがないのか?」その原因をよく考えてみましょう。

仮に考えられる原因の一部を挙げるとするなら、次の様なものがあるのではないでしょうか?
「どうして今の仕事が自分に合わないと感じたのか?」→成果が上がらない・やりがいや達成感を感じられない・仕事での失敗が多い・自分の能力や技術が足りない・やりたくない仕事が多い・仕事が楽しくないetc…

「何故、仕事探しをしていてもピンと来るものがないのか?」→仕事でやりたい事や目標が決まっていない・業界や職種についてのリサーチが足りない・自分の事を理解し切れていない・仕事の探し方が悪い・自分の将来を上手くイメージ出来ていないetc…。

…いかがですが?
もしかしたら、あなたにも当てはまる理由があったかもしれませんね。

後ほど、これらの対策についても詳しく説明するので、チェックしてみて下さい。

どうやって仕事を見つけ出す?

自分に向いてる仕事をどうやって見つけ出すか考えるサラリーマン
世の中は様々な仕事で溢れています。

「これだけ数があるのだから、自分に向いてる仕事も簡単に見つかりそう!」と思いきや、実際はとても大変なのです。

色んな仕事があるからこそ、その中から”自分に向いてる仕事”を見極めなければなりませんし、例え希望する業界や職種が決まっていたとしても、理想の職場を見つけるのも一苦労だと思います。

それだけ、仕事探しには時間と労力が必要という訳ですね。

仕事の探し方と言えば、ハローワーク・企業説明会・就職課(学生の場合)に足を運んだり、新聞・フリーペーパー・就職(転職)サイトに記載されている求人票を見たり、自分の人脈を利用して知り合いから情報を得る、というのが一般的でしょう。

とは言っても、自分の希望を理解していない限りいくら仕事の情報を集めたところで、その仕事が向いているかを判断するのは難しいと思います。

求人を見る前に、まずは自分の考え(希望)を整理していきましょう!

向いてるってどう判断する?

みなさんだったら、どんな時に「この仕事は自分に向いてるな」「この仕事だったら自分に合っていそうだな」と思うでしょうか?

”向いてるor向いていない”の判断基準って、人によって異なりますよね。

例えば、”「好き」「楽しい」と感じる仕事=自分に向いてる仕事”を判断基準とするならば、仕事でのミスや失敗が多かろうと、「この人にこの仕事は向いていないんじゃ…」と周りから思われていようと、本人が「好き」「楽しい」と感じている以上は、その仕事はその人にとって「自分に向いている仕事」となるのではないでしょうか。

ですが、もし判断基準が、”自分の能力を発揮出来て、成果を上げられる仕事=自分に向いてる仕事”だったなら、いくら仕事に対して「好き」「楽しい」という感情を持っていても、ミスや失敗が多く上手く仕事をこなせなければ、その人は「この仕事は自分に向いていない」と感じるかもしれません。

つまり、何を基準に”向いてるか”を判断するかで、答えも変わってくるという事なのです。

それから、業務内容はもちろんですが、職場の雰囲気や勤務形態も、”向いているか”の判断を左右する大きな要素となり得ます。

例えば、仕事自体はその人に合っているはずなのに、仕事をする環境が合わないせいで、「この仕事は自分に向いていないな…」と感じてしまう場合があるのです。

結局、その仕事が本当に向いているかは自分にしか分かりません。

いくら周りが「向いている」「向いていない」と言ったところで、自分が実感していなければ納得する事も出来ないでしょう。

判断基準を明確にする為にも、まずは”自分が仕事に対して何を求めているのか”を考えなければいけませんね。

その仕事、ここでチェックしてみよう

「今の仕事が自分に本当に向いてるのか分からない」「別の業界or職種に転職を希望しているけど、やっていけるかイマイチ自信がない」「将来就きたい仕事があるけど、自分に向いてるかと問われると、上手く答えられない」という人もいるでしょう。

そこで、今の仕事や希望している仕事が自分に向いてるかを、ここで簡単にチェックしてみませんか?

️自分に向いてる仕事を見つけ出す9個のチェックポイント

自分に向いてる仕事を見つけ出すチェックポイントを教えてくれる男性
上で、”向いているor向いていない”の判断基準について色々と話しましたが、「”仕事に求める事”って言われても、具体的に思いつかない…」という人も少なくないのではないでしょうか?

そんな人の為に、”自分に向いてる仕事を見つけ出す9個のチェックポイント”をまとめてみました!
それでは、1つずつ見ていきましょう。

自分の好きなことか

まず、その仕事が「好き」と感じられるかどうかは、仕事を長く続ける為にもかなり重要な要素となります。

みなさんはどうでしょう?

今の仕事が「好き」という実感はありますか?

あるいは、嫌な事や辛い事でも一生懸命取り組めたり、時間を忘れて夢中になれる仕事は、例え本人に「好き」という自覚がなくても、その人にとって”向いてる仕事”と言えるかもしれませんね。

もし仕事に対して「嫌い」「辛い」という感情しかなければ、かなり真面目で責任感が強い人でない限り、そこまで懸命に取り組む事は出来ないでしょう。