CoCoSiA(ココシア)

帰属意識を高めるための7個の方法や...(続き5)

一人に依存してしまわないように各個人が何をするべきか明確な役割を与えることです。

自分がやらなければいけないことが出来たら人に頼ることを考えることなく自分の与えられた仕事を一所懸命にやるようになります。

自分がやらなければいけないことができることで責任感なども生まれて会社に対する帰属意識も高くなっていきます。

一人に依存させないで各個人にお仕事を振り分ける環境づくりをして下さい。

組織の仕組みが整っていない

会社組織の仕組みが整っていないと帰属意識は当然低くなります。

会社の組織として成り立っていない状況では会社に魅力を感じることもありません。

自分かしているお仕事に誇りを持つこともできません。

誇りをもって仕事ができない会社には帰属意識なんて芽生えませんね。

まずは会社自体がどうあるめきなのか、どうしたいのか、どこへ向かっているのか自社のインターナルブランディングをして価値を高めることが必要です。

会社のブランディングに成功したらおのずと社員の意識改革もなされて高いエンゲージメントを得られます。

当然帰属意識も高まります。

組織の仕組みや向かう方向が定まっていなければ帰属意識はあるはずありません。

帰属意識が必要な組織

帰属意識を持つことでメリットの高い組織は数多く存在しています。

帰属意識はその性質からメリットともデメリットともなる意識状態です。

上手に活用することで大きなメリットとなります。

メリットの大きい組織はこちらです。

家庭

家庭での帰属意識はメリットの高い組織ですね。

家族は自分にとっては大切で守るべき守られるべき存在です。

その組織には依存して甘えて甘えられて責任をもっていることはとても有意義なことです。

逆に帰属意識が低くなってしまうと家庭をかえりみない人となってしまうのです。

家族を犠牲にして遊んでしまう仕事をする、趣味を優先するなど家族や家庭を犠牲にしてしまうようになってしまうのです。

まずは家庭の帰属意識を高めて家庭のために何かをするなど家庭を主として考えられることが幸せになる一つの方法なのではないでしょうか?

家庭は帰属意識を高めるには最適な組織ですよ。

会社

会社は当然帰属意識があった方が会社での仕事にも責任を持つことができます。

仕事の効率も上げることが出きます。

他へのアピール力や営業活動にも帰属意識が高くエンゲージメントの高い社員は優秀な社員として育つことができます。

優秀な社員ばかりになれば会社全体の価値もあがり個人だけでなく会社全体も成長することができます。

会社に対する帰属意識は基本的には大きなメリットとなるのですが、帰属意識が高くなりすぎてしまうと会社に依存してしまい逆効果となってしまうこともあります。

高すぎる帰属意識には注意が必要ですが基本的には大きなメリットのある組織となります。

部活動

部活動は帰属意識を高める事で全体の士気も上がりそれぞれの役割に沿った今できる最大の行動をとることができます。

帰属意識を高める事によって同じ目標に向かって全員で取り組むことができます。

部活動では明確な目標を作りやすく帰属意識も高めやすい組織となります。

目の前の試合やコンテストなどで勝つことを目標として1勝1勝で目標設定が簡単にできます。

同じことをしているというだけでも集団心理による帰属意識も高まります。

非常にメリットの大きい組織です。

帰属意識を高めて全体の団結力自分たちの価値を自覚して頑張ることができます。

学校

学校はコミュニティーの塊です。

会社組織や世の中の組織図に似た構造をしています。

まずは先生がいます。

先生の中には保険の先生や担任の先生、体育の先生、各教科の先生がいますよね。

他にも教頭先生や校長先生他にも専門的な先生などがいます。

学校自体は各学年に分かれています。

各学年もクラス単位で分かれています。

そのクラスには男の子と女の子とがいます。