帰属意識をもって仕事に取り組むことで仕事の効率や責任かが持て仕事のクオリティーが上がります。

今回はこの帰属意識を高める方法と帰属意識が高まりすぎることへの注意点などを詳しくご紹介させていただきます。

帰属意識を高めて組織を強くしよう!

帰属意識を高めることによって集団意識が高くなります。

みんなで協力して様々な難題にも立ち向かえる組織力も高まります。

エンゲージメントの高い社員が多くなれば会社そのものも大きく盤石なものとなります。

帰属意識とは


帰属意識とはいったいどういったことなのか分かりますか?

なんとなくはわかるのかとは思いますが、簡単に言ってしまうとコミュニティーの一員という自覚がある状態のことです。

コミュニティーとは小団体のことですね。

身近なところですと友達としての団体ですね。

この友達関係は一種のコミュニティーの一つとなります。

もっともっと大きなコミュニティーと言ったら私たちはこの地球上では人間というコミュニティーの一員ですね。

その為自分達が食べるためならば人間以外の動物を食べることも容易にできます。

しかしコミュニティーの一員である同じ人間を食べることはしないですよね。

基本的には傷つけないで守ろうとします。

知らない場所でも人間と他の動物が戦っていた場合には人間を応援して加勢をします。

人間というコミュニティーに帰属しているからこその行動なのです。

この帰属意識に属するコミュニティーが小さくなればなるほど帰属意識も強く強固なものとなります。

同じ人間のコミュニティーより日本人と外国人のコミュニティーでは私たちは日本人として帰属意識があります。

その為全く知らない人でもオリンピックなどに出ている日本人を応援するのです。

帰属意識がある(帰属意識が高い)コミュニティーは小さくなればなるほど小さいコミュニティーを優先するのです。

同じ日本人のコミュニティーよりも同じ都道県人、さらには同じ学校、学校でも同じ学年、同じクラス、友達などドンドン小さくなりますよね。

小さくなればなるほど関係が親密になっていることにも気が付くかと思います。

この親密な関係性が帰属意識を大きく高めます。

中でも自分がそのコミュニティーにとってなくてはならないぞんざいとなった時には帰属意識は強固なものとなります。

最終的には個ですね。

この様々なコミュニティーの間に働いている人には働いている会社などの勤め先のコミュニティーがあるのです。

今回はこの会社の帰属意識についてピックアップしていきます。

意味

団体に所属しているという意識。

集団に所属しているという自覚。

集団が大きい時よりも小さくなればなるほど帰属意識は強く強固なものになります。

使い方

彼は会社への帰属意識がとても強いから今抱えている仕事が終わるまで誘いにはついてこないよ。

会社への帰属意識が強いのでこの会社にいたら安全だと思っているんだろうね。

など積極的な使い方や消極的な使い方の両方で帰属意識は使われます。

類義語

集団心理、反骨精神、依存

帰属意識を高める方法


帰属意識を高めるためにはいったいどうしたら良いと思いますか?

規則意識を高めるためにはエンゲージメントやインターナルブランディング(インナーブランディング)が重要です。

自分のしているお仕事の理解が帰属意識を高めるための効率的な方法です。

インナーブランディングを取り入れる

インナーブランディングを取り入れることで働いている人はもとよりそのお仕事に携わっている人たち全員に会社のブランド力、ブランド価値とはいったい何なのかを理解させることができます。

会社が目指すべき目標やブランドイメージの共有が会社の成長につながります。

インナーブランディングってなに?

インナーブランディングって知っていますか?聞いたことはあってもいまいちよくわからないっている人も多いはずですので少し説明をさせていただきます。

インターナルブランディングと当社は呼ばれていましたが現在日本ではインナーブランディングという言い方のほうが主流となります。

意味としては社員に対して自分の働いている企業のブランド価値を理解させるための作業ですね。

当初は意識改革だけで使われていましたが現在の使用方法としては意識改革だけではなくそれに伴う行動や活動することまでを含めた意味となります。

また、範囲も当初は自社の社員のみの意識改革でありましたが現在ではそのお仕事にかかわるすべての人が対象となっています。

例えば働いている社員はもとよりバイトやパートタイマーで働いている人や派遣社員に物流関係者、さらには小売店などまでが対象となっています。

自社のブランド価値を携わっている人すべてに理解されることにより最終的な消費者にも明確に自社の価値を理解してもらうことができます。

ブランド価値が理解できたらおのずと自分自身が今やるべき役割が分かってくると同時に行動にうつすことができます。

この自分の働いている会社の価値を把握して行動を伴った意識改革こそがインナーブランディングなのです。

役割の明確化

帰属意識を高めるためには自分自身がやらなければならないこと、やるべきことの役割を明確化して行動に移せるようにする必要があります。

なんとなくのお仕事では責任を持つ事はありません。

言われたからやっている単なる作業でしかありません。

責任をもってお仕事をしていないためどんなに価値のあるものでも魅力的に感じることはありません。

その為他の人がどれだけ魅力があるといってもそうかなぁ?と思うだけになってしまうのです。

これでは帰属意識はありません。

帰属意識を高めるためにはインナーブランディングが必要なのはこのためです。

最初からあれこれ自社の魅力やブランド価値は~などとたくさんの情報を与えてもそもそも魅力を感じていないため頭に素直に入ってきません。

右から左に聞き流して今日何食べようかな、帰りに買い物でもして帰ろうかな…なんて考えているだけです。

一所懸命自社ブランド力の魅力を伝えたとしても聞く耳がない人には当然伝わるはずはありません。

この方法を多くの企業は行ってしまっているのです。

企業からの一方的な話だけでは机上の空論として扱われて当然です。

自社企業のブランド価値を押し付けるのはもう少し後にして、まずはこれを実践して下さい。

自分がたずさわっているものの価値を理解させて責任ある行動ができるようやるべき役割を明確にさせることです。

自分のやるべきことを明確にすることで自分がやらなければいけないと責任もってお仕事をすることができます。

自分がやらなければいけないことができるとこれっていったいどんな製品になるのかな?などの興味がわきます。

興味がわくことによって自分の会社の価値を塁買いすることができるようになるんですね。

自分が責任もってお仕事をしているため自信をもって自分の会社のブランド価値を説明することもできます。

役割を明確にしてブランド価値と自覚を持たせることが必要なのです。

社内報を作成する

社内報を作成することで帰属意識を高めることができます。

社内報で様々な情報を発信して会社全体で共有することが帰属意識を高めるのです。

社内報を見ている人は全員知っていることでも社内報を知らない人にはわからないことがあるということが重要なのです。

同じ情報を共有している人同士で帰属意識がグングン高まっていくのです。

いわゆる秘密の共有による帰属意識ですね。

他の人の知らない同じ秘密(情報)を共有することにより強固な仲間意識が生まれて帰属意識も強固なものになります。

帰属意識が低いなと感じている会社の場合は社内報を作成して情報の共有をしてまずは社内全体の帰属意識を高めて下さい。

充実した福利厚生

福利厚生が充実していると会社への帰属意識は高くなります。

働いている人を大切にしてくれている会社に守られていると思い会社に対しての帰属意識は高くなります。

会社が大切に思ってくれているのなら自分も会社のために頑張ろうと思えるのです。

社員の意識が低いと思っているのなら福利厚生の見直しを考えてみてはいかがでしょうか?

共通意識と目標

共通の目標を持っている場合には同じ目的を一緒に達成しようという仲間意識が芽生えます。

集団的心理も働きどのようにしたら効率的になるのかやどうしたらより良いものになるのか?

目標を達成できるのかを同じ目標に向けてみんなで意見などを共有することが可能です。

無機的意識があるとその目標に目を向けることになり目的に向かっている人すべての向いている方向が同じとなり帰属意識が高まります。

時には反発する場合もありま須賀同じ目標を達成するための良い情報交換のため有意義な反発となります。

目的がない場合の反発は面倒や嫌なだけの反発となってしまいます。

大きな目標でも良いですし部署ごとチームごとの細かい目標でも同じ目標に向かうことが帰属意識を高める方法です。

メリハリをつける

仕事の作業を各項目ごとにメリハリをつけて行うことで自分がやるべきことが明確になって帰属意識は高まります。

だらだらと仕事を続けているだけでは仕事に対して高い意識を持つことはありません。

仕事に対して高い意識を持たせることが帰属意識を高める方法です。

明確な仕事内容と仕事終わりが分かればそこまでは意識が高いまま仕事を続けることができます。

一つの仕事が終わったらお疲れさまと休憩をはさんで再度同じように明確な仕事をすることで仕事に対する意識が高まりクオリティーも高い効率の良いお仕事をすることができます。

帰属意識が高くなっている証拠ですね。

自分の仕事に自信が持てて責任もって取り組める環境を作ることで帰属意識は自然と高まってくるのです。

褒めるところと、叱るところを明確にする

褒めるところ、叱るところのタイミングをしっかりと見極めてなぜ褒められたのか、なぜ叱られたのかが相手に伝わる諸目方叱り方をしないといけません。

感情に任せて褒めたり叱ったりをしているとなぜ褒められたのか叱られたのかの理由が明確にならなくなってしまいます。

感情任せに褒めたり叱ったりですと今日は機嫌が悪いんだね、今日はなんだか機嫌がいいよなどと仕事に対することで褒められた、叱られたと考えなくなります。

褒めたり叱ったりしてくる人その人の感情次第で褒められたり叱られたりしていると思ってしまうのです。

それでは会社としては損失でしかありません。

人の顔色をうかがうことに意識が行ってしまいお仕事に対しての意識が薄れてしまします。

褒める場合や叱る場合にはなぜ褒められたのか?なぜ叱られたのかを明確に分からせて改善させる必要があります。

感情任せに怒られたのではなくこの仕事のここがと明確な具体的な叱り方をすることが必要です。

具体的な指摘をされることによって今後の改善策が明確に分かります。

仕事のクオリティーは当然上がります。

叱るだけでなく褒めることも必要です。

褒める場合にも具体的にここがすごく良かったと明確に何を褒められたのか分からせる必要があります。

明確にさせることで褒められた人は当然ですが褒められた人を見ている人もあの方法が良いのかと最善の方法を共有することができます。

会社全体の意識と技術などが上がりますね。

この悪いところと良いところが明確に分かって全体で共有することで集団心理が働き帰属意識が高くなるのです。

褒める場合も叱る場合にも明確にどこがどう良いのか、ダメなのかを相手にわかるように具体的に行って下さい。

これだけで全体の意識は大きく変わります。

新人を受け入れる体制を作る

新人を受け入れる体制がある企業は向上心が宅成長しやすい企業でもあります。

その反面新人はどこまで戦力になるのかわからず未知数の人材のため育て方によっては企業の損失になってしまうリスクも当然あります。

リスク回避のみで言うと新人の受け入れはリスクを伴うためにしない方が良い場合もあります。

しかし、新人を受け入れない場合には既存の人材のみでの会社運営となります。

新しい刺激が少なく仕事が作業となりなあなあな関係にもなりやすいです。

与えられた仕事さえこなしていればいいかと向上心がなくなってしまうリスクが潜んでいるのです。

常に新しいことに挑戦している企業であれば良いのですがなかなかそのような企業はありませんよね。

新しいことを始めるのにも当然リスクが伴います。

ということは何をするに対しても必ずリスクは伴うことになっているのです。

ここでリスクマネージメントを考えます。

リスクが起きた場合の対処方法としてどのリスクが一番リスクが少なく済むのかや利益を生むためにはどの方法が良いのかを考えます。

正直どの方法を選んでもその方法に適した方法が出来たらどの方法でも良いです。

今回はこの中から新人を受け入れることについてのメリットをご紹介します。

リスクは先ほどの育成などにかかわるリスクが非常に大きいです。

メリットとしては新人を受け入れることによって会社全体の士気が上がります。

既存の社員は新人に負けないように頑張ろうとも思います。

新人も早く仕事を覚えて戦力になろうと努力します。

新しい刺激によって多くのメリットが会社全体に生まれるのです。

みんなで会社を良くしていこうと士気も高まり帰属意識が高まります。

既存の社員だけでは仕事の作業が流れ作業となりだらだらと怠け癖が出てしまいますが新人の受け入れによって怠けることがなくなるのです。

帰属意識のないところの特徴

帰属意識がないところにはそれぞれ特徴があります。

逆にその特徴がなくなれば帰属意識が高くなるのです。

帰属意識がない(低い)特徴はこちらです。

魅力がない

会社自体に魅力がない場合には帰属意識はなくなります。

当然と言えば当然ですね。

会社に魅力が負ければそこの会社の一員だということが恥ずかしく隠したくなります。

その為極力目立たないようにこっそりと仕事をするようになります。

これでは会社の成長は望めませんね。

帰属意識を取り戻すためには会社の魅力を出す必要があります。

魅力ある仕事企業になれば自信をもってその会社で働くことができます。

周りにもアピールできるぐらい魅力的なると最高ですね。

自社ブランドの価値を高めることや様々な魅力を出す方法があります。

帰属意識ない社員がやる気がないと思ったらまずは自社の魅力を高める努力をして下さい。

魅力がないからこそやる気もないのです。

やる気がないから会社が成長しないのではないんですよ。

会社自体の魅力を上げることが出来たら自然と社員も意識が高まり成長していくのです。

目標がバラバラ

社員の目標がバラバラで同じ目標を掲げていない場合には帰属意識は当然ないですね。

帰属意識を高めると同じ目標を持ちますが同じ目標を持たせることで帰属意識も高まるのです。

順番はどちらでも同じなのです。

バラバラな目標を一つに統一してみませんか?
目標を統一させる方法はたくさんあります。

その中でも2つの方法がおすすめです。

一つ目は会社全体で一つの大きな目標を掲げることです。

例えば今期の売上などなんでも大丈夫です。

会社全体で達成するための目標を作ることで会社全体がその目標に向けて頑張ることになります。

目標を達成しようと同じ目標に向かって頑張ります。

このことで集団心理によって帰属意識が高まります。

ただこの方法は自分たちがしなくても他が頑張ったら達成できるでしょなどと最初からあきらめて参加しない人たちも出てしまいます。

簡単な方法ではありますが細部にまで影響が及ばないデメリットがあります。

全体の士気を上げることはできますが細部まで影響が及ばない可能性があることを覚えておいて下さい。

2つ目の方法は会社の中の最小コミュニティーでの目標を作ることです。

会社の中での個人ではなくて例えば部署単位やチーム単位での目標を作ることです。

身近な環境での目標となりますので全体の士気を一気に上げることはできませんが確実に各部署、各チームが同じ目標に向かって士気を高めることができます。

地盤から帰属意識を高めることができる方法です。

大きな目標を立てて漠然と目標に向かわせる方法よりも小さな目標を確実にこなして達成感と充実感を実感させることが帰属意識を確実に高める方法でもあります。

役割が不明確

自分が今何をしたら良いのかの役割が明確でない場合には帰属意識は低くなります。

自分がやるべきことを明確にして仕事での役割を与えられることで与えられた役割を責任もってこなすことができるのです。

この役割が不明確になっていると今何をするべきなのかが分からず流れにそってなんとなくお仕事をしているだけになります。

場合によっては何をして良いのかわからないので出社はしているのですが特に何もしないまま退社時間になりただ会社にいてお茶飲んでいるだけになっている人もいるのかもしれません。

会社の加中で自分がやるべき役割を明確にしてあげることで会社での仕事をスムーズに行うことができて自分の仕事に責任を持つこともできます。

帰属意識を高めるためにはそれぞれに明確な役割を与えることです。

1人に対する負担が大きい

会社での一人に対する負担が大きい場合には会社(仕事)への帰属意識は低くなります。

会社に対してではなく仕事のできるその一人に対して全員で依存してしまうのです。

他にも自分がやらなくてもあの人がやってくれるだろうと自分で仕事をすることをしなくなります。

人間誰しもが楽をしたいと考えます。

お仕事をしてもしなくても会社に出ていさえしていれば同じ給料がもらえるのなら無理に仕事をしません。

むしろどのようにしたら仕事をしないで過ごせるのかを考えるのです。

帰属意識が低いことからこのような考えが強くなってしまうのです。

一人だけが多くの仕事を負担している現場ではこのような考えの人ばかりとなってしまいます。

これではいけませんね。

一人に依存してしまわないように各個人が何をするべきか明確な役割を与えることです。

自分がやらなければいけないことが出来たら人に頼ることを考えることなく自分の与えられた仕事を一所懸命にやるようになります。

自分がやらなければいけないことができることで責任感なども生まれて会社に対する帰属意識も高くなっていきます。

一人に依存させないで各個人にお仕事を振り分ける環境づくりをして下さい。

組織の仕組みが整っていない

会社組織の仕組みが整っていないと帰属意識は当然低くなります。

会社の組織として成り立っていない状況では会社に魅力を感じることもありません。

自分かしているお仕事に誇りを持つこともできません。

誇りをもって仕事ができない会社には帰属意識なんて芽生えませんね。

まずは会社自体がどうあるめきなのか、どうしたいのか、どこへ向かっているのか自社のインターナルブランディングをして価値を高めることが必要です。

会社のブランディングに成功したらおのずと社員の意識改革もなされて高いエンゲージメントを得られます。

当然帰属意識も高まります。

組織の仕組みや向かう方向が定まっていなければ帰属意識はあるはずありません。

帰属意識が必要な組織

帰属意識を持つことでメリットの高い組織は数多く存在しています。

帰属意識はその性質からメリットともデメリットともなる意識状態です。

上手に活用することで大きなメリットとなります。

メリットの大きい組織はこちらです。

家庭

家庭での帰属意識はメリットの高い組織ですね。

家族は自分にとっては大切で守るべき守られるべき存在です。

その組織には依存して甘えて甘えられて責任をもっていることはとても有意義なことです。

逆に帰属意識が低くなってしまうと家庭をかえりみない人となってしまうのです。

家族を犠牲にして遊んでしまう仕事をする、趣味を優先するなど家族や家庭を犠牲にしてしまうようになってしまうのです。

まずは家庭の帰属意識を高めて家庭のために何かをするなど家庭を主として考えられることが幸せになる一つの方法なのではないでしょうか?

家庭は帰属意識を高めるには最適な組織ですよ。

会社

会社は当然帰属意識があった方が会社での仕事にも責任を持つことができます。

仕事の効率も上げることが出きます。

他へのアピール力や営業活動にも帰属意識が高くエンゲージメントの高い社員は優秀な社員として育つことができます。

優秀な社員ばかりになれば会社全体の価値もあがり個人だけでなく会社全体も成長することができます。

会社に対する帰属意識は基本的には大きなメリットとなるのですが、帰属意識が高くなりすぎてしまうと会社に依存してしまい逆効果となってしまうこともあります。

高すぎる帰属意識には注意が必要ですが基本的には大きなメリットのある組織となります。

部活動

部活動は帰属意識を高める事で全体の士気も上がりそれぞれの役割に沿った今できる最大の行動をとることができます。

帰属意識を高める事によって同じ目標に向かって全員で取り組むことができます。

部活動では明確な目標を作りやすく帰属意識も高めやすい組織となります。

目の前の試合やコンテストなどで勝つことを目標として1勝1勝で目標設定が簡単にできます。

同じことをしているというだけでも集団心理による帰属意識も高まります。

非常にメリットの大きい組織です。

帰属意識を高めて全体の団結力自分たちの価値を自覚して頑張ることができます。

学校

学校はコミュニティーの塊です。

会社組織や世の中の組織図に似た構造をしています。

まずは先生がいます。

先生の中には保険の先生や担任の先生、体育の先生、各教科の先生がいますよね。

他にも教頭先生や校長先生他にも専門的な先生などがいます。

学校自体は各学年に分かれています。

各学年もクラス単位で分かれています。

そのクラスには男の子と女の子とがいます。

さらにその中には仲の良い友達とそうでない友達もいます。

場合によっては苦手な人や嫌いな人もいます。

この友達はクラス学年を隔てても存在しています。

部活動やクラブ活動、委員会などでも新しいコミュニティーが存在しています。

学校はたくさんのコミュニティーの集合体なのです。

ということは帰属意識を強くすることで大きなメリットを生んでくれる組織でもあります。

誰しもが少なからず学校の中に帰属意識を持っています。

例えば自分の学校と他校が試合をしていた時には当然自分の学校を応援します。

これこそが自分の学校に帰属意識があるからなのです。

学校生活をしているだけで自然と芽生える帰属意識はコントロールすることもできます。

高くも低くもできます。

上手に帰属意識を上下させて自分にとってのメリットになる行動ができると良いですね。

難しい場合はとりあえず学校に通っているうちは楽しいか楽しくないかを基準として行動して新しい経験を多くしてください自分自身の成長につながります。

帰属意識がなくても成り立つ組織

帰属意識がなくても機能する組織も当然あります。

むしろ帰属意識が低い方が良い組織もあるのです。

帰属意識が低くても成り立つ組織はこちらです。

個々の能力が高い

個々の能力が高い人たちが集まっている組織では帰属意識はむしろ邪魔となってしまうこともあります。

個々の考えを帰属意識によって集団意識に変えられるためいくら素晴らしい考えを思いついて実行しようにもできないようになってしまうのです。

個々の能力の高い人の集まった組織では各クリエーターの考えや意見を尊重して各自で一つの組織として扱うことの方がメリットが高いのです。

高い能力を帰属意識によってつぶしてしまうことは会社にとっては大きな損失となってしまいます。

なんでも帰属意識を持たせることが良いことではないということも覚えておいて下さい。

帰属意識がない方が良い場合もあるのです。

経験している人が在籍

経験が豊富で様々なことに対処できる人が在籍している場合にはその経験者まで帰属意識を高めて一緒のことをさせる必要はありません。

多くの経験から推測予想することができ事前にリスク回避や方法を考えることもできます。

組織以外に人によっても帰属意識が必要ない人がいることも覚えておいて下さい。

知らないで帰属意識を押し付けてしまうと回避できたリスクを負うことになる場合など大きな損失となってしまいます。

組織のバランスが取れている

現在の組織がすでにバランスがとれていて組織として十分に機能している場合には無理に帰属意識を高める必要はありません。

無理に帰属意識を高めようと考えて強要してしまうことでせっかくとれていたバランスが崩れてしまいます。

いままでうまくいっていたことも急にうまくいかなくなってしまうこともあります。

なんでも強要することはいけませんね。

帰属意識は強要しないで上手に活用しましょう。

帰属意識はちょっとした工夫で改変できる(まとめ)

いかがでしたか?帰属意識を持つことによって得られるメリットと生じてしまうデメリットまでを紹介させていただきました。

帰属意識を高める方法も多くあります。

その中から有効な手段をいくつかご紹介もさせていただきました。

自分自身や会社に合った方法が必ずあるはずです。

上手に活用をして大きく成長をしていきましょう。