物覚えの良し悪しは、あらゆる能力の中で最も人生を左右するものといえます。

学校のテスト、受験に始まり、人の顔や業務の流れ、ツールの使い方など大人になっても覚えることはたくさんあるからです。

覚えるのが得意だと「IQが高いから」などと言われますが、IQ自体はあまり関係がありません。

重要なのは覚え方。

そして、記憶の仕方や覚えやすいものは人によって違います。

自分の特性に合った覚え方を見つけることで改善できるので、その方法を見ていきましょう。

モチベーションを上げるためにも、覚える力をアップすることで得られる利点も合わせてご紹介します。

覚えるのが得意になると、様々な可能性が広がる

ではまずモチベーションを上げていきましょう。

覚えるのが得意になることの利点を一言でまとめると「様々な可能性を広げることにつながる」です。

仕事に就いたばかりでも、覚えるのが得意ならすぐに基礎マニュアルを把握でき活用に向かう時間を人より長く取れるようになります。

転職したい場合でも強みを増やすための技能や資格の取得もしやすくなるでしょう。

プライベートにおいても、紹介された人の顔と名前をすぐに一致させて覚えられたり、相手の興味があることを覚えられれば的確な話題を振ることもできます。

このように覚えたことの活用が大事で、単に覚えるのが得意なだけでは利点を発揮することはできませんが、インプットができていなければアウトプットなど夢の話。

アウトプットの可能性を広げる前段階として記憶することは重要です。

デジタル化が進んでもやっぱり自分の頭の中に入れたい!


現代はスマホなどですぐ、わからないことを調べられます。

そのため、自分の頭の中にはそれほど知識を入れず、その場で検索して自分の知識のように話す人もいるでしょう。

しかし、それは単なる「情報」であり「知識」ではありません。

情報と知識の間には大きな違いがあります。

情報は単なる事実、説明であり、知識は、情報を知り、理解した内容を指します。

「理解した」ということが重要です。

そして、理解するためにはまず様々な情報を覚えることに始まり、それらを経験や他の情報と関連付けて考えることで知識に変わっていくのです。

つまり、自分の脳内で覚えずに情報をスマホなどの外部ストレージから逐一得ている場合は、異なる物事や情報を関連付けて考えることに到達できず、知識は得られません。

会話の幅が広がるから

たとえば、とある人と好きな食べ物の話になり、お互いの好物が一緒だったとしましょう。

相手はその食べ物について、美味しいお店や作り方・食材についてなど詳しく知っているのに、こちらはただ美味しいと思うだけで何の知識も無いような場合、二人の会話がはずむ様子が想像できるでしょうか。

もちろんダラダラと得意気に話してくる人なんて相手にする必要はありませんが、程度というものがあります。

スマホなどで調べてその場で話すとすれば、円滑なコミュニケーションは不可能です。

また、相手が知識を持っている場合、ただの情報で太刀打ちしようとしても敵うわけがありません。

子供のうちなら知識量にそれほどの差がないので、誰とでも楽しく会話することもできるでしょう。

しかし、大人になると知識の差は生き方の差として表れます。

何においても知識が無いとなると、周囲からの認識は「何にも興味を示してこなかった人」です。

そして、人間関係は同じような知識量の者同士で固まってきます。

持っている知識の分野は関係ありません。

物事をどこまで掘り下げて考えるかが基準です。

学校などで目にしたことのある人もいると思いますが、成績上位者は得意な教科が数学であろうと国語であろうと関係なく仲の良さがみられます。

それは、お互いの知識量や物事に対する掘り下げ方が似ているからであり、会話が刺激になるからです。

人間的魅力が増すから

何かを人から教えてもらうとき、説明の上手い人とそうでない人がいます。

その差は話の上手い下手ではなく、そのことを本当に理解しているかどうかが深く関係しています。

誰かに教えてもらいたい時は、その人が単に情報を持っている人なのか、知識として活用できている人なのかを見極めましょう。

本当に知識のある者は、自分が何を知っていて、何を知らないかを理解しています。

彼らは自分が知らない情報に出会ったときはわかったふりをせず、素直に「わからない」ということを認めます。

知らないということがわかっているからこそ知りたいと思えるのです。

この姿勢は他人に対しても誠実に見え、知識欲も感じられるので人間的な魅力が高いといえます。

その域まで行くには、まず様々なことを覚えていくことから始まります。

覚えた情報を他の情報と関連付けたり分析し直していく内に、それを判断するための材料としてもっと情報が必要なことが見えてくるのです。

それらを補完して初めて知識となるため、一朝一夕で人間的な魅力を手に入れることはできません。

日々あらゆることに興味をもって覚えていくことから始めましょう。

努力家だと慕われるから

仕事のマニュアルなどはわかりやすい例です。

新しいことを覚えるのはそれなりに大変だというのは誰でもわかっているからこそ、覚えが早ければそれだけ努力したと思ってもらえます。

実際にはそれほどの努力を必要とせずとも覚えられる人がいますが、それは日々脳を活性化させているからであり、付け焼刃の努力よりも大変なことをこなしているといえるでしょう。

また、努力家だと慕われるためには短期記憶だけでは足りません。

要領が良いと言われる人は短期記憶が優れていて、すぐに覚えて物事をこなせる分、期間が空くと忘れてしまったりします。

テスト勉強を一夜漬けでも乗り切れても、3年分の勉強の成果が試される受験になると急に結果が落ち込むといったタイプです。

それも個性ですし、なにも受験勉強ができることだけが素晴らしいことではありませんが、努力家と呼ばれたいなら、一度覚えたことを忘れないようにしましょう。

覚えるのが得意な人がやっている7個の方法


冒頭でも記載したように、覚えることについてIQの高低を理由にするのはナンセンスです。

極めて高次元の問題を取り扱うならIQの高低も影響があるかもしれませんが、日常生活において役立つ記憶を覚えるために重要なのは記憶の仕方です。

「認知特性」という言葉が注目されています。

物事を覚えるときにどの感覚が優位に働くかによってタイプを分ける考え方です。

視覚優位、言語優位、聴覚優位などがあります。

その中でも細かく分かれています。

このように、人によってどんな覚え方がより効果的であるかは異なりますが、代表的なものをいくつか記載します。

試してみて、自分に合っていれば続行し、合わなければ他の覚え方に取り組んでみましょう。

文字よりもイメージで覚える

視覚優位タイプの中には、教科書の各ページを写真を撮るように記憶してしまう人もいます。

それであれば、脳内の検索機能が発達していれば頭の中でページをめくるだけで文章を思い出すことができるでしょう。

しかし、多くの場合はそうはいきません。

単純に文字だけで記憶すると覚えづらくなります。

学校の勉強、とくに英語でつまづいた人は、この「イメージで覚える」というのができていなかった人が多いです。

たとえば、「book」という単語は見た瞬間に本の絵が思い浮かぶはずです。

しかし、前置詞になると途端にどの単語を使えば良いかがわからなくなってしまったことがあるのではないでしょうか。

それは「at」や「on」「in」などについて抽象的なイメージができず、そこだけ文字として覚えてしまったからです。

「at」は地図の上にピンを指したイメージ、「in」は箱の中、「on」は接地しているなどのイメージをすると覚えやすくなります。

「standby」は「stand」が「立つ」、「by」が「そばにいる」というイメージなので、「近くで立っている」となり、「待機する」「援助する」などの日本語に置き換えられます。

手紙などで使われる「by」だけの誤ったイメージ、曖昧なイメージだとなぜbyになるのか理解し難いです。

歴史なども同じで、教科書の穴埋め問題に取り組むよりもその歴史の登場人物や物の動き、全体的な背景をイメージして頭に入れると記憶に残りやすくなります。

形の感覚は記憶に残りやすい

人間は日常生活の情報の8割を視覚から得ていると言われています。

形を認識するときは、形状、色、質感などたくさんのことを記憶するので脳の広範囲を使って記憶できるため、ちょっとしたきっかけで思い出しやすくなります。

記憶というのは一度見たものは脳自体は覚えているものです。

自分では忘れたと思っていても、取り出せないだけなのです。

夢に出てくる人物が全く知らない人だったので驚いたということもありますが、実は街中ですれ違っただけの人物であるともいわれています。

要は、覚えてはいても的確にその情報を取り出せるかどうかがポイントなので、形やイメージによって脳内の複数の抽斗に入れておけば取り出しやすくなるということです。

目的地への行き方については男女で差があるといわれています。

それは大昔、狩猟をメインとしていた時代に遡ります。

動物を追いかける男性は、進んだ距離や方向を記憶しないと居住している場所に帰れなくなるので、大地を俯瞰するイメージで記憶していました。

そのため、今も地図を理解することに長けているとされます。

一方、女性は基本的には居住地で過ごし、木の実が成る木の形などを覚えて向かっていたため、今も地図より、どの看板を右に曲がるなど視覚情報で覚えやすいという特性があるそうです。

関連付けて覚える

脳の広範囲によって覚えるという意味では、別の情報と関連付けて覚えるのも効果的です。

世界史で出てくる「コロンブス」は大航海時代に出てきて、最初にアメリカ大陸に到達した人物です。

しかしこの時代は登場人物がたくさん出てくるので、誰が先に何をしたのか曖昧に覚えてしまう人も多いです。

そこでその一人一人の物語を関連づけてみます。

まず、商人をしていたマルコ・ポーロが記した『東方見聞録』には日本を「黄金の国」とした記述がありました。

それを読んだコロンブスは黄金に強い憧れを抱き、日本を目指すことを考え始めます。

しかし、船旅には莫大な資金が必要です。

そこでポルトガルの王に資金援助を求めるものの断られてしまい、そのライバルだったスペインに資金援助を求めて成功します。

コロンブスは大西洋から出発すれば日本に着けると思って出発しました。

しかし、別の大陸に到着。

当時はアメリカ大陸が知られていなかったからです。

その後にアメリゴがその大陸が新大陸だと判明させ、自分の名から「アメリカ」と名付けました。

このように、前後の歴史や、その人物が何に興味を持ったか、何故その国にいるのかなど関連させて覚えるとストーリーが出来上がるのでイメージしやすくなります。

人の好物などを覚えるときにも、何故それが好きなのか、いつ好きになったのかなどを合わせて覚えてみましょう。

自分の身近な物と関連させて覚える

さて、歴史の勉強については上記のようなストーリーでの記憶が役立ちます。

しかし、もっと活用する頻度の高い物事は身近な物と関連させて覚えると記憶を取り出しやすくなります。

直接関係のないものと結びつけても構いません。

関連させる物の選び方もいくつかあります。

初対面の人を覚える場合で考えてみます。

まずは会った時に身に着けているものと関連させる方法。

そうすることによって、カジュアルな場なのかフォーマルな場なのかもわかりますし、そのアイテムを選んでいるときの考えも思い出せるので具体的にどこで出会ったのかも引きだせます。

次に、自分が好きなものと合わせて覚える方法があります。

コーヒーが好きか、犬が好きかなど何でも構いません。

そのように、自分が興味のあるカテゴリに応じて該当する人物を仕分けていくと、興味を持っていることは思い出すことが多いのでそれとセットにした人物も記憶から遠ざかりにくくなるはずです。

このように、覚えたいことと、身近なものをセットにすれば脳内から取り出しやすいところに情報を留めておくことができます。

右脳を使って覚えている

ここでいう「右脳」は一般的に「右脳型・左脳型」などと言われるもののことであり、実際にどちらの脳がどのように機能しているかについては言及しません。

なぜなら、脳は複雑なネットワークで構成されているようなものであり、一部を損傷しても訓練によって他の部位を鍛えれば回復できたりするからです。

左右というよりは、前頭葉・側頭葉・頭頂葉・後頭葉などで分類して述べられます。

さて、一般に言う「右脳」の機能としては次のようなものがあります。

五感・直感・空間認識力(絵や映像の理解を含む)・感性・イメージ記憶・創造性などです。

左脳は言語・分析・論理的思考・計算などとされています。

この分類によれば、右脳はイメージや五感からの刺激によって記憶することに長けており、左脳は文字そのものなどが覚えやすいということになるわけです。

速いスピードで繰り返して覚える

記憶は使わないものはどんどん追いやられていきます。

たとえて言うなら、zipファイルにされてしまうようなもの。

パスワードを覚えておかないと永遠に解凍できません。

このパスワードこそが先述したタグなのですが、タグすらも使わなければ思い出せなくなっていきます。

覚えていることを保っておきたいなら、期間をおかずに繰り返して思い出すことが必要です。

同様に、まず覚えたい事柄に取り組むときも、短期間のうちに速いスピードで繰り返し頭に叩き込めば忘れづらくなります。

速読や速聴がおすすめ

五感から覚えるのが右脳だとすると、イメージ記憶と同様に聴覚からの刺激も右脳を使った覚え方には有効であると考えられます。

まずは理解より覚えることが優先なので、覚えたい事柄について録音されたものを速いスピードで繰り返し再生すればとりあえず記憶に刻めるでしょう。

英会話学習などでも効果を発揮している事例があります。

速読はこれとは違った効果があります。

まず知りたいことが書いてある本をザッとななめ読みしてみましょう。

とにかくスピード重視です。

その際に理解できること、目に留まることは、既に自分の中にある知識と結び付けられているものです。

これを繰り返す内に、速いスピードとはいえ一度は目を通している文章を繰り返し読んでいるわけですから、自然と記憶に刻まれていきます。

そのように回数を重ねる内にわかってくる文章が増えていくのです。

語呂合わせで覚える

「1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府」なんて覚え方をした人も多いのではないでしょうか。

最近の発表で「1185(いいはこ)」が鎌倉幕府の本当の成立年になったことは置いておくとして、語呂合わせで覚えるのは効果的です。

なぜなら、「良い国」を作っているイメージが幕府の成立を呼び起こし、語呂による音感の良さの2つで覚えられるからです。

語呂合わせは江戸時代の言葉遊びで、「猫に小判」に似せて「下戸に御飯」などと言ったりしました。

音感が良ければいいので、数字に限らず使えます。

人の名前と顔を一致させるのにも使えます。

ちょっと失礼ですが「熊に似てるよ山田さん」のようにセットで覚えやすい音感をつけて記憶する方法です。

ストーリー性のある語呂合わせがベスト

語呂合わせはイメージしにくい、ストーリー性のないことで覚えてもすぐに忘れてしまいます。

鎌倉幕府の成立は「良い国作ろう」と関係がイメージしやすいのですが、では室町幕府の成立や江戸幕府の成立が何年であるか覚えているでしょうか。

それぞれ「1338(いー耳やね)足利尊氏」「1603(イチローさん)あれが江戸の家康公」などがあるのですが、良い耳とかイチローに室町や江戸とつながるストーリーが全く見えてこないので結びつかないのです。

先ほどの「熊に似てるよ山田さん」は「山」に「熊」がいるイメージがしやすいので覚えやすいでしょう。

他にも、「甘い物好き佐藤さん」「蛙に似ている井上さん」なども有効です。

「さとう」や「井」を呼び起こしやすい関連性をもたせるのがポイントです。

書いて書いて覚える

ひたすら書いて覚えるのは何を覚えるにも効果を発揮しやすい方法です。

仕事の方法も英単語も資格をとるための勉強も、ただマニュアルや教科書を読むだけでは性格に覚えることが難しいことがあります。

読むことで得られることは、その物事の流れや体系的なことであり、細かな用語などについては書いて覚えることをおすすめします。

理由は後述の通りです。

書くと頭に残る

書くという行為は、とても複雑な脳の働きを必要とします。

漢字を書くときには図形の理解、平仮名との使い分け、指先を動かすこと、文章としてまとめる場合は要約する力、文章構造を理解する力など、意識していなくてもかなり複雑なことを同時に行っているわけです。

中でも、指先を動かすことが脳への刺激になります。

視覚・運動機能によってペンの位置を定めバランスを取りながら繊細な指の動き、適切な圧力で書かなければならないからです。

これによって脳内の複数の箇所が活性化するために覚えやすくなります。

読んで録音して、それを聞き続ける

音声による学習方法は人気が高いですが、英会話など言語関連は教材が豊富なものの、それ以外の事柄については音源が無いことがほとんどです。

とくに仕事関係のものは書面ばかり。

それなら自分で音読して録音してしまいましょう。

通勤通学など移動時間でも聞き流すだけで頭に入れることができます。

自分の声で読むと覚える

録音して繰り返し聞くことを想定すると、単に読むだけではなく噛まないようにしなければなりません。

噛まないためには文章内容とイントネーションを理解している必要があるので、より詳細に読み込むようになります。

また、音読は目から入れた情報を声というかたちで即座にアウトプットし、その声を自分の耳で聞き取ってインプットするため、インプット⇒アウトプット⇒インプットという3段階を同時に行えます。

複数の器官を使っているため、脳はそれが重要な情報であると認識し、記憶を強化します。

人に教えて覚える

冒頭で、人に教えるのが上手い人は本当に内容を理解しているとお伝えしました。

それを利用して人に教える想定で物事を覚えるという方法です。

実際に人に教えた方が良いですが、教わりたい人がいないと成立しないので架空の相手に教えても構いません。

人形とかでもOK。

先ほどの録音方法と組み合わせて自分に教え直ように話すのも効果的です。

教えるために熟考するので記憶に残る

学生の頃、ただ教科書を読むだけの先生の授業はつまらなかった記憶がある人もいるのではないでしょうか。

上手に教えるためには、内容を理解した上ので自分の言葉に置き換えて話すことが重要です。

関連する情報などと組み合わせて、質問などにも応えられる準備をしましょう。

そして、人に教えるためには的確な要約も必要です。

短い文章でわかりやすく整理することができれば同じ内容を覚えるにしても効率が良くなります。

覚えるのが得意な人の特徴

覚えるのが得意な人にはいくつかの特徴があります。

各特徴は脳の使い方が行動や性格に表れているものばかりです。

その理由に納得できれば自分もそのような行動や意識を続けることで自然と覚える力がつくでしょう。

ただし、単純に覚えることが得意な人の特長なので、アウトプットは伴っていないこともあり得るので教わるべき相手かどうかはわかりません。

両親も頭が良い場合が多い

両親の頭が良いとその子供の頭も良くなることが多いと言われています。

「じゃあ結局IQか」と思うかもしれませんが、そうではありません。

ここで言う頭の良い悪いは、頭が活性化しているかどうかということです。

子供の疑問にわかりやすく答えることができるか、日々の会話の内容が知識を必要とするかどうかなど、子供が育つ環境や時間の中にどれだけ両親が知的な交流を持ってきたかということです。

教育ママなどではなく、普段の何気ない会話のことを指します。

また、両親が物事を覚えることに意欲的だと、子供からすればそれが当然の行いと思えるわけですから、自らも自然とわからないことを調べたり自分の頭で記憶するようになります。

一方、両親がすぐスマホやパソコンで調べる癖がついていて、表面上の情報を吐露するだけだと子供からすればそれが当たり前になってしまうともいえます。

想像力が豊か

想像力は無知からは生まれません。

極端な例ですが、「りんごを想像してください」と言われて、りんごを知らない人が想像できるでしょうか。

さらに、「りんごから連想してください」と言われたときに、りんごだけを想像する人もいれば、アップルパイ、ジュース、はたまたニュートンを連想する人もいるでしょう。

想像力が豊かだということは、何かひとつのきっかけから無限に脳内を探索できるほどの情報がつまっているということです。

また、夢も刺激的な日常であればあるほど複雑なものが見られるといいます。

赤ちゃんが寝ているときに動き回るのも毎日いろんなことを吸収して寝ている間に整理しているからだそうです。

もし大人になって楽しい夢が見られていないのなら、日常に刺激が足りないのかもしれません。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な人はさまざまなことを知ろうとするので、脳内の他分野にわたって活性化していると考えられます。

右脳と左脳のことを記載しましたが、たしかに計算することと文章を読むことでは使っている機能が違います。

違う機能をバランスよく使うには、偏った興味だけでは足りません。

そこで、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込んでいれば、新に覚えなければいけないことが増えても基礎知識や運動能力が蓄えられている可能性が高いというわけです。

そして、全く関係の無いように思える事柄でも、別の情報と組み合わさることで立体的な理解が得られるようになります。

原油の値段が高くなれば、飛行機やタクシーの料金が高くなることは容易に想像できるでしょう。

しかし、何故小麦が高くなるのかは説明できない人の方が多いのではないでしょうか。

しかし、原油に変わる燃料であるエタノール、それの原料となるトウモロコシ、トウモロコシと小麦の作付面積、輸送コストなど複数の事柄の関連性を理解していれば理由を説明できるはずです。

それが、情報を覚え、活かすことなのです。

飽きっぽくない

好奇心旺盛と飽きっぽさは共存してしまいがちですが、覚えたことは覚えたっきりではすぐ忘れてしまうもの。

飽きてしまえば、せっかく覚えた情報をすぐに一定期間取り出さなくなります。

そして、新たに覚えることを入れていくために以前の記憶は片隅に追いやられ、いつしか思い出せなくなってしまうのです。

好奇心旺盛に、途中で放り出さずにちょくちょく思い出せる機会を持っておくのがポイントです。

素直

わからないことを素直にわからないと自認しない限り、新に物事を覚えることはできません。

また、まだ理屈がわからなくても、いつかわかる日が来るときのために、とりあえず言葉通りに覚えておこうという素直さも大切です。

このことから、覚えるのが得意な人は変なプライドはもたず、情報を受け入れることに対しても非常に素直な人が多いです。

目標が高い

物事を短期間で覚えるためには高い集中力とそれを維持するモチベーションが必要です。

そのため、目標を高く掲げている人も覚えるのが得意といえます。

目標が高いためクリアしなければいけない段階も多いく、段階ごとに覚えるべきことをしっかりおさえています。

そして、目標があるということは覚えたことを実践する機会もあるので、一度覚えたことを忘れないでいられること、段階的なため基礎がしっかりしていることも含めて物事を覚えやすくなります。

人生や世の中が楽しい

人生や世の中が楽しい、という気持ちは日々の中で得られる事がたくさんあるという認識のもとに成り立ちます。

その気持ちは、知らないことがあるのはもったいない、という考え方にもつながるため自然と物事を覚えやすいモチベーションになっている状態です。

周囲に努力家が多い影響を受けている

子供の頃の学びの姿勢が両親の姿勢であるならば、大人になってからは周囲の人たちの姿勢が考え方の基準になってきます。

子供の頃がどんなに努力家であっても、ひとたび楽な方に流れてしまえば、あっという間に楽な世界に染まることでしょう。

しかし、周囲に努力家が多ければ、そうすることがごく自然なことのように感じられますし、くだらない冷やかしを受けることもありません。

覚えるのが得意な人は、得意になれるような環境に身をおいていることも特徴のひとつです。

まとめ

覚えるということは短期間だけ成功しても人生においてはそれほど意味が無く、持続的に覚えておき、活用して初めて効果を発揮します。

その努力は一朝一夕では終われません。

ただ、覚えたことが多いほど、たくさんの人たちと会話することができたり、初めての出来事への対応が早くなったりと、さまざまな利点があります。

自分のモチベーションを上げる環境を整えることも含めて、覚えることの面白さ、活用できたときの喜びを知って豊富な経験を積むための一歩としてみましょう。