CoCoSiA(ココシア)

異動挨拶をきっちり決めるための7個の注意点

異動挨拶をきっちり決めるための7個の注意点のイメージ写真
私たちはある程度の年齢になるとお金を稼がなければいけませんので、会社に就職したり自らがビジネスを始めたりするなど、様々な形で仕事に携わるようになると思います。

社会人として過ごしていくようになると、様々な経験や体験をしていくと思うのですが、その中には人事異動というものが存在しています。

比較的若年層の方でも人事異動という言葉は聞いたことがあると思いますが、文字通り人事異動とは「会社または組織の中において担当する職務もしくは役職、勤務地などが変わること」を意味しています。

会社がうまく機能していくためには様々な細かい点に配慮を行わなければいけません。

人事異動もそのために必要な要因のひとつであり、適材適所という言葉があるように適した人材を定義した場所に配置しておかなければいけません。

そうすることによって大きな成果を期待することができるので、結果的に会社が伸びていくということにつながるのです。

その人事異動に関して着目して考えてみると、当然ながら自分が在籍していた職場を離れたり、違う部署に異動になることなどがありますので、関係各位に対してしっかりと挨拶などを行わなければいけません。

ただ、社会人としての経験が乏しいからは人事異動を受けたことがない方もいたり、具体的なあいさつの行い方などを理解していない方なども多いと思います。

そこで、今回は社会人としてのルールの一つでもある人事異動の挨拶をテーマにして、異動挨拶をきっちり決めるための注意点についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

異動挨拶は大事なこと

異動挨拶は社会人としてのマナーでもあり、人として非常に大事なことでもあります。

社会人としての経験を持っている方に関しては、わざわざ挨拶の重要性を伝える必要性もないくらいに理解しているかとは思うのですが、人として様々な人間と関わり合いながら生きていくということを踏まえて考えてみれば、挨拶の重要性は社会人として経験している方ではなくても、大切なことであるということはすぐに気づけるはずです。

特に、仕事の面に関してはルールやマナーといったことは非常に重要視される部分にもなりますし、社外の人間との関わりなどがある場合に関してはさらに様々な意味で重要性が高まります。

もしもこの挨拶などの基本が理解できていない場合、場合によっては薄情な人間だと周りから思われたり、あまり良い印象を与えることができなくなってしまう可能性もありますので、理解していない方はこの機会に正しくルールやマナーを身につけるという意味でも理解をするようにしてください。

今までのお礼など

なぜ異動挨拶がこれほどまでに大切な存在なのかと考えられるのには理由が存在しています。

わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、異動挨拶はただ相手に対して挨拶をするという意味ではなく、様々な意味が込められた行動になっているからです。

例えば、異動挨拶には今までのお礼という意味が含まれている行動にもなっています。

なぜならば、慣れ親しんだ部署から別の部署に異動する場合、当然ながらこれまで同じ職場で仕事をしてきた仲間に対してお礼を伝えなければいけませんよね。

同僚に対してもそうですし、自分のことをお世話してくれた上司に対してもしっかりと礼儀を尽くさなければいけません。

逆に考えてもしもあなたがこれまで目にかけてきた部下が何の挨拶もなく別の部署に行ってしまったという経験をしてしまったらどう思うでしょうか?

おそらくあまり良い気持ちになったりすることはないですよね。

それと同じように、自分自身が別の部署に行くのであれば必ずいやな思いをさせないためにお世話になった周りの方々へは挨拶をしっかりと行わなくてはいけないのです。

また、当然ながら社外の人間との関わりなどが存在している場合は絶対に行わなくてはいけません。

たとえば自分が担当していた取引先の人間が存在しているのであれば、自分が別の場所に異動になったことと、お礼を伝えるだけではなく、ビジネスの関係上として別の担当者に引継ぎなどをする旨などを伝えておかなければいけません。

これまで関わりを持ってきた人間が突然いなくなって別の人間が担当になりましたいきなり伝えられても、取引先の人間からしてみると礼儀やマナーを怠ったと捉えられても仕方がないからです。

なので、これらのことを踏まえで考えてみれば異動挨拶がどれほど大切な存在なのかということがよくお分かりいただけると思います。

新しい場所での挨拶など

異動の挨拶に関しては自分がその場所を去る時だけではなく、新しく着任する時に関しても行わなければいけない行動になります。

これに関してもわざわざ考えるまでもないかもしれませんが、自分が新しい環境に立たされた時には必ずその周りに初めて関わるような人間がたくさん存在しているはずです。

なので、その方たちに対してこれからよろしくお願いしますという気持ちを伝えるためにしっかりが挨拶を行わなければいけないので、新しい場所で着任する場合に関しても異動の挨拶は絶対に行わなければいけないことになるのです。

この挨拶に関しては非常に重要な行いであり、なぜならば円滑なコミュニケーションを築いていくでの第一歩となり、これを怠ってしまうと嫌なイメージを持たれてしまいますので、よいコミュニケーションが取れなくなってしまう可能性があるからです。

同じ会社の仲間として同じ目的に向かって行動していくためには、必ず同じ会社の人間としっかりとした信頼関係やコミュニケーション築いておかなければいけません。

これができていないと仕事がしにくい環境になってしまったり、業務に支障が出てしまう可能性もあります。

だからこそ、移動の挨拶に関しては去る時だけではなく、着任する場合にも重要視しておかなければいけない大事な行動になるといえます。

異動挨拶の方法は?

異動の挨拶の重要性を簡単にご紹介していきましたが、異動の挨拶の具体的な方法などあなたはご存知ですか?

社会人としての経験が長い方ならば心得ているかもしれませんが、まだ社会人としての経験が乏しい方であったり、そもそも人事異動を受けたことがないという方に関してはわからないのも無理はありません。

ただ、将来的なことを考えてみると、いつか人事異動を受けてしまう可能性は十分考えられますし、必ず知っておかなくてはいけないことにもなります。

先ほどお伝えしたように、理解していないと周りから悪い印象を盛られてしまう可能性などもありますので、十分注意が必要です。

なので、ここからは簡単に異動の挨拶の方法について触れていきたいと思います。

もしも異動の挨拶の方法を知らないのであれば、これからご紹介する一般的な方法を理解しておき、自分自身が異動の命令を受けた場合に対応できるように準備しておきましょう。

挨拶状やメール

異動の挨拶の方法の一つとしては「挨拶状やメール」での挨拶が主な方法として挙げられます。

この方法が用いられる場合としては、もちろん挨拶をする場合直接相手の目を見て挨拶をするのが一番ではありますので、極力直接挨拶をすることが求められますが、場合によっては直接挨拶をしたりすることが難しいような状況もあると思います。

例えば、自分が所属している会社があまりにも多くの従業員を雇っている場合、直接一人一人に挨拶をしたりすると膨大な時間がかかってしまう可能性がありますよね。

そのような場合に関しては直接一人一人に対して挨拶をすることは難しい場合がありますので、メールで一括送信を送ったりするような方法が用いられたりする場合もあります。

また、取引先などの企業が存在していた場合、比較的近い場所、もしくは直近で伺う都合があるならば直接挨拶ができますが、距離が離れていたり、伺う機会が全くなさそうな場合に関しては挨拶状などを用いて連絡をしたりするような方法などが取られます。

挨拶状やメールなどで連絡をする場合は基本的に決まった定型文などが存在しており、できれば一つ一つ個別で自分自身の言葉で挨拶を述べたりするのが礼儀正しい連絡方法になります。