人は生きていると、さまざまな経験をします。

その中でも、突然頭が真っ白になってしまって、何をするのか忘れたり、何を言おうとしていたか忘れたりすることが日常生活の中でよくあります。

年齢によるものや、緊張によるもの、他のことを考えてしまい注意がそれてしまったなど理由は様々ですが、今回はそんな思考停止について、思考停止しがちな人の10個の特徴と対処法をお話しします。

思考停止してしまった経験、ありませんか?

今まで考えていたのに、突然忘れてしまい、何を考えていたのかわからなくなることが多くあります。

いわば、思考停止してしまったのです。

思考停止してしまった経験がある人は、多くいます。

人前にたった瞬間に、台本全てを忘れてしまったり、友達との話が楽しすぎて、次から次に話題が移動するため、話したかった話を、話題が変わった瞬間に忘れてしまったり、さまざまな場面で思考停止は起こります。

考え過ぎて頭が真っ白!


大事な発表会や、プレゼンなど、一大イベントの際に、一生懸命何回も練習したり見直したりします。

また、一大イベントのことを考えすぎてしまう場合も多くあります。

そのため、当日。

考え過ぎてしまって頭が真っ白になってしまった人も多くいると思います。

考えすぎてしまうと、全てが暗記できる場合と、突然全て忘れてしまう思考停止状態になる場合があります。

考えすぎてしまい、あまり眠れなかったり、自分では気付かないうちに、疲れが相当溜まってしまっていた場合などの、身体的な理由もありますが、考えすぎてしまったことによって、頭が混乱してしまい思い出したくても思い出せない思考停止状態になってしまうような、精神的な理由もあります。

思考停止しがちな人の10個の特徴

一度は経験したことがある思考停止状態ですが、思考停止してしまう頻度は人によって様々です。

年配者の場合もありますが、物忘れが激しくなってしまったり、直前のことを忘れてしまうことなどもあると思います。

ここからは、年齢に関係なく、思考停止しがちな人の10個の特徴についてくわしくお話ししていきます。

思考停止しがちな人の特徴1:他人の意見ばかり尊重する

思考停止しがちな人は、他人の意見ばかり尊重する傾向があります。

思考が常に頭にある人は、さまざまなアイデアが即座に浮かんだり、たくさんのことを知っているために、色々提案も出来ます。

しかし、思考が停止しがちな人の場合は、なかなかアイデアが浮かばす、いい案を提案したい気持ちがあったとしても、なかなか伝えることが出来ないため、人が提案した意見に賛同してしまうのです。

中でも、人の意見を聞いて、自分がいいと思った場合は、その人の意見を強く尊重することもあります。

中には、「自分も同じように考えていた」などと言って、自分もどう意見のように言うような人もいます。

思考停止しがちな人の特徴2:運動が嫌い

思考停止しがちな人は、運動が嫌いな人が多い傾向にあります。

もちろん、運動が大好きで、運動部に所属していたり、趣味で運動をしている人もいます。

そのため、一概には言い切れませんが、思考停止しがちな人は、勝負事や賭け事に不向きな人が多い傾向にあります。

なぜならば、一歩先を読むことが難しく、予測して動くことが苦手な場合が多いからです。

サッカーや野球などのチーム戦などの場合は、次にどのような状況になるのかをいくつか予測して、頭のなかでシミュレーションして、どんな状況に対しても即座に対応することが必要になります。

しかし、思考停止しがちな人の場合、次を予測してシミュレーションすること自体、頭が回らなく、いざというときに焦ってしまったり、慌ててしまう場合が多くあります。

マラソンなどの個人種目などの場合は、淡々と走ればいいだけなので、体力さえあれば問題なく行える人もいます。

しかし、基本的には、頭で考えて行動することが苦手なために、運動嫌いな人が多いようです。

思考停止しがちな人の特徴3:ネガティブ思考

思考停止しがちな人は、自分の考えがなかなか浮かばなかったり、頭ではわかっていてもなかなかうまく伝えることができなかったりしてしまうため、周囲に自分をアピールすることが全く出来ず、ネガティブ思考になりやすい場合が多くあります。

自分の意見もまともに伝えることが出来なかったり、頭ではわかっていてもなかなか行動に移せなかったり、次から次にやることが多過ぎて、頭がパンクしてしまい、思考が停止してしまうこともあり、自分自身に嫌けがさしたり、自信がなかなか持てない人も多くいます。

自分自身を信じて、好きにならなければ人はなかなかプラス思考にはなりにくく、ネガティブ思考になりがちです。

思考停止しがちな人は、まさしくその通りで、考える力や、想像する力はあるのに、うまく周囲に伝えてられず、自分の中でパンクしてしまうため、ネガティブ思考になりやすいのです。

思考停止しがちな人の特徴4:疑問を感じない事が多い


思考停止しがちな人は、深く物事を考えることをしないため、疑問を感じないことが多くあります。

人を疑わない人もいますが、一度決まったことに対して、疑問を感じずにすぐに受け入れてしまいがちです。

「なぜそうなんだろう」「なぜ違うのだろう」とは考えないため、疑問を感じないどころか、解決策なども浮かびにくくなります。

周囲が疑問に感じていることですら、自分は疑問には感じずに淡々と過ごしたり、深く考えることもしないため、人の相談に乗ることも苦手な人が多いです。

たとえ、人から相談されても、解決策なども浮かびにくく、ただ単に愚痴を聞いただけになってしまうような人が多いようです。

思考停止しがちな人の特徴5:チャレンジする事が苦手

人は、何事にもチャレンジして努力することが大切であり、その結果、さまざまな経験を得て、成長していきます。

しかし、思考停止しがちな人は、チャレンジすることが苦手なために、成長する過程の経験が周囲の人よりも少なくなってしまう場合があります。

自分の今までの経験でのみ物事を捉えたり、考えたりすることが多く、そのために経験値不足となり、思考の幅も狭まってしまいます。

そのために、思考が停止しがちになり、頭がすぐに混乱してしまい、真っ白になりやすい場合が多いようです。

思考停止しがちな人の特徴6:常に情報を取り込んでいる

自ら進んでチャレンジしたり、努力することをあまりしない代わりに、人からの情報には敏感で、人の経験や意見などをよく聞き入れ、常にその情報を自分の経験や意見のように常に取り込んでいる人もいます。

しかし、自分で経験した訳ではないため、記憶が曖昧になりやすく、人に話す際に、突然忘れたり、話の流れがおかしくなってしまい、相手に不信感を与えてしまう場合も多くあります。

人は自分が経験した場合は、鮮明に記憶されていますが、聞いたことだけの情報は記憶が薄く、なかなか覚えていないものです。

思考停止しがちな人は、多くの事を知ってはいますが、その中には人の経験を聞いて取り入れた情報が多いため、内容の薄い話をしている場合も多くあるのです。

思考停止しがちな人の特徴7:自分で決める事が苦手

自分に自信がなく、自分の意見や意志も弱いため、人の意見に流されやすく、人任せな一面も持っています。

そのため、自分で何かを決めることが苦手で、人に任せたり、人の意見に同調したりする傾向があります。

自分の弱さをあまり人には見せたくないため、相手に合わせて、自分も同じように考えていたように自然に装います。

多数決などの場合は、多い方に合わせたり、目立つことを極力避けたり、意見を求められても、自分の頭で考えた内容ではなく、周りの人の意見に似たような発言をしたりします。

プライベートでも、自分で決めることが苦手なために、誰かと一緒に行動しているような場合は、基本的には相手に合わせて、同じようなものを選びます。

自分らしさをあまり持っていないような人が多いようです。

思考停止しがちな人の特徴8:悩み癖がある

思考停止しがちな人は、自分で物事を決めることが苦手なために、悩む癖があります。

二択で悩むこともあれば多種多様のものでも悩みます。

中には、最終的には自分では決めることが出来ず、誰かに決めてもらうような場合もあります。

また、仕事面でも、なかなかいいアイデアが浮かばず、一つの仕事の構成を考えるのに長時間かかったり、何日もかかる場合もあります。

思考停止しがちな人の特徴9:過去に縛られている

思考停止しがちな人は、過去の出来事や、過去に経験したことに縛られている場合もあります。

誰でも過去に辛い経験をしたり、悲しい出来事を乗り越えて毎日生きています。

時に思い出して、泣いてしまうこともありますが、しっかりと受け止めて、気持ちを入れ換え前を向いて生きています。

しかし、思考停止しがちな人は、その過去の出来事に縛られ続け、トラウマにもなってしまっている人もいます。

中には、そのトラウマが原因で思考停止しやすくなってしまった人もいます。

トラウマから抜け出すことは、普通の人でも難しいですが、まずは、しっかりとその過去の出来事やトラウマと向き合って、人に相談できる人は相談して、過去の出来事の縛りから解放されることが大切です。

過去の出来事に縛られ続けていることは、些細なことでも、その事を思い出したり、思考停止してしまう可能性もあるので、早めに解放されるように努めましょう。

思考停止しがちな人の特徴10:主観的な考え

主観的とは、「自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま」という意味です。

自分だけのものさしで物事を考えたり、思ったりしてしまう場合が多くあります。

中には、自分さえ良ければ周りはどうでもよかったり、周りの人のことは考えないような自己中心的な考えを持ってしまっている人もいます。

主観的な考えばかりを持っていると、周りから一線置かれてしまったり、周りの人から距離を置かれてしまって、孤立しがちになってしまいます。

人から慕われなくなったり、印象も悪くなってしまう場合が多くあります。

主観的な考えのため、思考も成長出来ないため、自分の中にある思考のみで物事を決めたり、考えてしまうために思考が停止しがちになってしまうのです。

思考停止した時の対処法

では、思考停止してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

性格や、過去の出来事などが原因の場合もあるため、すぐには克服できませんが、少しのことで、思考停止してしまった時に対処できる方法もあります。

ここからは、一つ一つ説明していきます。

思考停止した時の対処法1:情報をシャットアウトする

思考停止してしまった場合、頭の中にさまざまな情報が錯乱して、混乱してしまい、頭が一時的に停止してしまっている状況なのです。

頭も休養が必要なため、思考停止してしまった場合は、まずは情報を一時的に全てシャットアウトしてみることが大切です。

思考停止した時の対処法2:読書する

思考停止してしまった場合、時間があるようならば、読書をすることもおすすめです。

自分だけの世界に入れるため、頭も気持ちも休まり、落ち着きやすくなります。

思考停止してしまった場合は、落ち着きを取り戻すことが一番早い対処法でもあります。

読書は、感情移入しやすく、現実逃避しやすくなるため、落ち着きやすくなります。

読書以外にも、自分の中で一番落ち着く方法があるような人は、試してみてください。

思考停止した時の対処法3:新しい事を始めてみる

なかなかチャレンジすることは難しく、勇気のいることですが、新しいことを始めてみると、気持ちがリセットされる場合や、気力が生まれる場合もあります。

そして何より、自分の中で、自分自身に自信が持てる場合も多くあります。

チャレンジすることに意味があり、勇気を出せた自分自身を誇りに思う人も多くいます。

普通の人でも、新しく何かにチャレンジすることは緊張しますし、怖いものですし、不安にもなります。

しかし、チャレンジすることは、自分自身の力にもなり、自信も生まれるため、成長する糧になります。

思考停止してしまった場合、気持ちをリセットするために、今までやったことがないようなことを始めてみると頭の中も整理されて思考が戻りやすくなることも多いようです。

思考停止した時の対処法4:目的を持って行動する

常に目標を持って行動することが理想ですが、なかなか常に目標作ったり、目標ばかりを意識して行動すると疲れてしまいますよね。

なので、思考が停止してしまった場合にかぎり、まずは目標を作って、目標だけを考えて行動してみてください。

大きな目標でなくても、小さな目標や、些細な目標、簡単な目標でいいので考えて行動してみてください。

あくまでも簡単な目標を考えて設定してください。

あまりにも目標が高すぎてしまうと、その目標自体に縛られ過ぎて、さらに思考停止してしまう場合もあります。

また、高すぎる目標だと、目標にばかりに気が行ってしまうこともあるので、他のことに手がつかなくなってしまうこともあるのでくれぐれも無理のないような目標を考えて行動してみてください。

思考停止した時の対処法5:嫌な事から逃げない

嫌なことからは誰でも逃げたくもなりますし、出来ることなら避けて通りたいですが、思考が停止しがちな人の場合は、むしろ嫌なことからは逃げないように努力してみてください。

嫌なことから逃げずに、立ち向かうと、自信も出ますし、人として成長出来ます。

さらに、嫌なことを克服できる可能性もあります。

もちろん、嫌なことなので、簡単には解決できない場合もあり、頭がパンクしてしまい思考が停止してしまうこともありますが、そのような場合は、一度気持ちを落ち着けて、何も考えずに、頭をリセットして再度チャレンジしてみてください。

途中で逃げ出してしまうと、効果はあまりありませんので、最後まで逃げずに立ち向かうことが大切です。

思考停止した時の対処法6:身体をほぐす

身体が疲れた場合もそうですが、頭を使いすぎて頭が疲れてしまったり、パンクして思考が停止してしまった場合も、身体をほぐすと頭がスッキリして思考が戻る場合も多くあります。

首を回したり、背筋を伸ばしたり、足を伸ばしたり、立ち上がって少し歩いたりすることも効果的です。

また、目を温めたり、冷やしたりすると頭がスッキリしやすくなります。

身体は疲れ以外でも、冷えでもこってしまうことがよくあります。

こまめにストレッチをしたりして、身体をほぐすようにすると、リラックスもできて、頭が柔らかくもなるのでおすすめです。

思考停止した時の対処法7:やる事をリストに書き出す

頭がパンクする原因は、やることが多過ぎて、何から手をつければよいかわからず、時間や日数だけがただ過ぎていき、期限などが迫ると頭がついていかず、パンクしてしまいます。

全てに中途半端に手をつけたままの場合などは、手がつけられない様になってしまっていて、手遅れの場合も多くあります。

頭がパンクしてしまうと、思考が停止しやすくなるため、まずは、頭をパンクさせないように気を付ける必要があります。

その一つとして、やる事をリストにして書き出しておくと、わかりやすく、段取りがたてやすくなります。

日にちを決めたりすると尚、やり易く、段取りがスムーズに立てられ、きれいに仕上げることも出来やすくなります。

また、時間にゆとりも持てて、頭や身体に負担も少なく済む場合も多くあります。

思考停止した時の対処法8:時間が掛からない事から手を付ける

仕事や家事など、やらなくてはいけないことの中で、自分が時間をあまり掛けずに済む事から手をつけると効率よくこなすことも出来ます。

段取りを立てることは、時間に余裕を持てたり、より多くの事を短時間で多くこなせたりもします。

臨機応変に物事を進めていければ、その分、頭の回転も効率よく動けるため、思考が停止しにくくなります。

思考停止した時の対処法9:自分の考えを話す

なるべく、自分の意見や自分の意志を周りに伝えるように努力することが大切です。

人前で自分の考えを話すことは、得意な人もいれば、苦手な人もいますが、大勢の前では難しくても、一対一の場合などでは積極的に自分の考えを伝えられるようにはしましょう。

否定されるかもしれませんし、人によってはバカにするかもしれません。

しかし、自分という一人の人間として、その時思ったことや感じたこと、考えたことなどを素直に伝えて、自分自身の存在意義を相手にしっかりと示しましょう。

捉え方は人それぞれ違うものですし、相手がどう思うかはわかりませんが、伝えなければ何も始まりません。

今までと変わらずに、周りの人の意見に賛同するだけの人間で終わってしまいます。

人に自分の考えを伝えることは、ある意味新しいチャレンジでもあります。

自分の考えを伝えることによって、自分自身の思考の幅も広がり、さらに相手の反応や意見により、さらに深く考えることもできるようにもなるため、自分の中でも感覚が変わり、人として性格も変わる可能性もあるのです。

少しの勇気で、ここまで得ることができる可能性があり、人としても成長出来ることでもあるのです。

思考停止した時の対処法10:客観的に考える

思考停止しがちな人の場合、客観的に考えることは案外得意な場合もあります。

常に主観的な考えのため、逆の事を考えればいいのです。

そもそも、客観的に考えることは、一歩下がって冷静的に現状を把握する事でもあります。

客観的に考えることには2つあり、1つは、自分自身を客観的に見てみることです。

主観的な考えのように、自分主体で考えるのではなく、そんな自分を一歩下がって冷静に見てみると、ある意味その時に思ったことや感じたことが客観的に考えることでもあるのです。

主観的な自分を相手の立場にたって考えてみるて、自分で思っている以上に自分の小ささや、心の狭さがわかるものです。

自分自身を1日ビデオカメラで撮って見てみると、自分という一人の人間の性格やイメージ、雰囲気がわかります。

もちろん、現実的ではありませんが、一番早く自分自身を客観的に見て知る方法でもあります。

2つ目は、客観的に相手の立場に立って考えてみることです。

一般的に「客観的に考える」ことは、2つ目の場合が多くなります。

「もし自分が逆の立場だったら」「もし自分が相手に同じようなことを言われたら」などと考えてみると、今までとは違う考えが浮かんできます。

中には、絶対的に主観的主義の人もいて、たとえ客観点に考えても納得するという人もいます。

しかし、多くの人は、客観的に相手の立場にたって考えてみると、自分の悪かったところや、言い過ぎた点、伝わりずらかった点などがわかる場合が多くあります。

自分の欠点もわかり、次から何を意識して、気を付ければいいのかも明確にわかり、自分自身を大きく成長させることも出来るようになるのです。

相手を思いやることは、人間らしさであり、人として自然なことでもあります。

しかし、視野が狭かったり、主観的な考えばかりをしているような人は、思考が自分自身だけを考えたり、思うことで停止してしまっているのです。

そのために、自分以外の人を考えたり、思うことで頭がパンクしてしまい、混乱し、思考がキャパオーバーしてしまうのです。

同時に自分と相手を思いやることは、思考停止しがちな人の場合は難しく、逆に思考停止させてしまう可能性もあるので、まずは、自分を考えずに相手の立場だけを考えてみてください。

人を思いやる気持ちが持てる以外に、新たな自分自身を発見出来る可能性もあるのです。

【客観的に物事を考えるべき理由は、こちらの記事もチェック!】

思考停止した時の対処法11:視点を変える

視点を変えて、さまざまなことやものを見てみると、今まで気付かなかった感情を見付けることが出来たりします。

どんなものでもいいので、見て第一に感じたこと以外をより深く、集中して見てください。

人は、第一印象をそのものの全てのイメージにしてしまう傾向があります。

人それぞれ印象の感じかたや捉え方が違うため、同じ人や物でも、第一印象は多種多様ですが、視点を変えて、第一印象、第二印象、第三印象などと多くの印象や考えなど、レパートリーを増やしてみてください。

すると、視点を変えて物事を考えることが自然と身に付き、いざ意見や意思を訪ねられても多くの提案や考えが浮かんで来るようにもなります。

視点を変えることで、自分自身の思考も広がり、思考停止しにくくなります。

思考停止した時の対処法12:軽い運動をする

適度に息抜きをしたり、適度に身体や心を休めることにより、頭も休めることが出来ます。

また、軽い運動をすると、身体がほぐれたり、頭がスッキリして軽くなり、考えに行き詰まりを感じていたのが嘘のように、アイデアが浮かんでくることもあります。

もちろん、あまりにハードな運動をしてしまうと、身体に負担がかかり、疲れてしまい、逆効果にもなりますが、軽い運動は頭もほぐれ、リラックス効果もあります。

ストレッチや軽いジョギング、ウォーキング、サイクリングなどがおすすめです。

思考停止した時の対処法13:失敗を恐れない

人は失敗を誰でも恐れていますが、失敗から得たことは、自分の中で、強く印象付き、忘れられない経験になります。

すると、次からは気を付けようと常に意識して行動するようにもなります。

「同じ過ちは繰り返さない」捉え方が強い意思を持つようになります。

そのため、「失敗は成功のもと」とも言われているように、失敗することで人は成長し、強くなることが多いのです。

失敗を無理にしなくていいですが、失敗を恐れる必要は何一つないのです。

失敗を恐れない人は、チャレンジすることに積極的な上、恐れがないため常に全力で挑むことが出来ます。

そのため、成功のチャンスも多くなり、経験も豊富なため、色んなことを知っていたり、思考も広く、自分自身にも自信が持てるようになるのです。

たとえ失敗しても、しっかりと受け止めて、自分の更なる成長の糧になるため、クヨクヨもしませんし、長期間気にしたり、傷ついてはいないのです。

次から次にどんどんチャレンジし、チャンスをものに出来るようになるのです。

思考停止しがちな人の場合は、すぐには気持ちを入れ換えることは難しいかもしれませんが、「失敗は成功のもと」です。

恐れていても何も変わりませんし、何も得ることは出来ません。

ならば、恐れがないで全力投球でチャレンジしてみるほうが、チャンスをつかめる可能性が高くなるので、まずは小さな事からでいいので失敗を恐れないで頑張ってみてください。

思考の幅も広がり、成長することもでき、思考停止しにくくなる可能性が高くなります。

思考停止した時の対処法14:新しい日常パターンを作る

今までの生活パターンを、全て変える必要はありませんが、何か一つプラスしてみたりすると、当たり前の毎日の生活に、新鮮味を感じて、気持ちがリフレッシュする場合もあります。

今まではシャワーのみだった場合、30分半身浴をしてみたり、眠りにつく前に読書の時間を作ったり、朝1時間早く起きて散歩したり、朝食を食べたりするだけで、人によっては気持ちが軽くなり、やる気が出て、毎日が楽しくなり、心に余裕や落ち着きが持てて、思考停止しにくくなる場合もあります。

思考停止した時の対処法15:時間を気にして過ごす

人は、忙しかったり、やることがあるとハキハキする人もいます。

逆に思考がパンクしてしまい、思考停止してしまう人もいますが、共通して言えるのは、時間を気にして過ごすとより効率よく過ごせたり、時間に余裕を持てたりすることがあります。

1日の全てを時間を気にして生活してしまうと、時間に追われて気が滅入る場合があるので、大まかな時間配分にしたり、時間を目標にしてみることがおすすめです。

「何時までに寝る」「何時に帰宅する」「何時に食事をとる」など、生活面で時間を気にして、仕事やプライベートでは、その時間までは集中して取り組むと、ある意味その時間がいい息抜きの時間にもなる場合があります。

思考停止しがちな人の場合は、頭や身体をこまめに休めることが頭のパンクを防ぐ効率的な方法でもあります。

頭や身体を休めるためにも、時間を気にして過ごすと気持ちが楽になりやすくもなります。

意識して直していく事で改善していく

いかがでしたか。

思考停止しがちな人の場合は、今まで全く意識していなかった事を意識して直したり、意識して考えたりすることで、劇的に改善される場合が多くあります。

誰でも、考えが乏しかったりすると、自分が情けなく思ったり、悲しくなったりもします。

その結果、自分の殻にこもり、周りに気付かれないように、他人の意見や考えに同調して、自分の考えを持たない人が多くなるのです。

しかし、自分の考えを持たないということは、説明した通り、チャレンジも出来ませんし、チャンスも訪れない事でもあります。

結果、今までと何も変わらない、考えが乏しい人間で終わってしまうのです。

そのため、思考停止も多くなってしまいます。

少しの努力や、少し意識するだけで、チャンスも多くなり、成長もできるようにもなります。

もし、思考停止しがちな人で、そんな自分自身を変えたいと思っている人は、物事を色々な角度から見て、考えて、今までの倍の意見や意思を持つように心がけてみてください。

繰り返し続けることによって、習慣付けられ、そのうち自然に出来るようになります。

また、ふとした時や、一人で時間があるときなどに、さまざまな出来事を考え直すと、また違った考えや気持ちがわかる場合も多くあります。

時間をおいて、気持ちを落ち着けると、人は反省しやすかったり、自分自身を見直しやすくなります。

そのような時間を作ることが大切であり、自分自身と向き合うことがある意味、成長する近道でもあるのです。

しかし、自分自身を否定しすぎたり、反省ばかりしていると、自信が持てなくもなるので、時には自分自身を甘やかし、褒めることも忘れないでください。

休みの日などは、思いっきり自分自身が好きなことや楽しいことをして、身体と心、頭を労り、生活面でメリハリをつけるようにして、気持ちを柔軟にすることも、生きていく上で大事な事でもあるのです。

思考停止は、思った以上に自分自身に負担が大きくかかる場合も多く、精神的にも疲れてしまっている場合がほとんどです。

ゆっくり休養して、自分なりの最善な解決策を一つずつ見付けて、意識して直していってください。