ある程度年齢を重ねて社会人として仕事に携わるようになると、これまで経験することがなかった様々な経験をするようになると思います。

学生と社会人では全く立場が変わり、想像以上に様々な知識やルールなどを身につけておかなければいけません。

なので、なるべく早い段階で社会人として身につけておかなければいけない知識やルールなどに目を向けておくことが大切だということです。

それらの知識やルールなどを身につけておかなければ、人によっては痛い目を見てしまったり、恥ずかしい状況になってしまったりする可能性があるからです。

つまり、知識やルールは結果的に自分自身を守ってくれるような存在になってくれるということです。

そこで、今回は社会人として仕事に携わるようになると必ず上にしたりする言葉である敬称略という言葉をテーマにして、敬称略の使い方などについてご紹介していきます。

敬称略の使い方だけではなく、よおくある間違いや疑問点などについても触れていきますので、普段敬称略という言葉を耳にしたことがある人でも改めて確認してみてください。

社会人になって意味さえ知らない場合は、場合によっては困った状況になりえる可能性もありますので、この機会に敬称略という言葉を具体的に知るきっかけにしてみてください。

️「敬称略」ってなに?

そもそも敬称略という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

敬称略という言葉はなかなか日常生活の中では耳にしたりすることが少ない言葉の一つでもあります。

確かにビジネスの場面においては用いられることはあるのですが、それでも毎日目にしたりするような言葉ではありませんので、社会人の中にも意味を知らないでいる方もいます。

学生の方や年齢的にまだ幼い方がわからないでは無理がありませんが、社会人として仕事を行っている方に関してはこの言葉の意味を知らないは少し危険です。

知らないならまだしも、一番怖いのは意味を知らないでこの言葉を用いているとするならば、場合によっては相手に対して失礼な言葉を使ってしまう可能性もあります。

だからこそ、社会人として仕事に携わっている方は必ずこの機会に敬称略という言葉の意味や使い方などを知ってください。

社会人になると知らなくてはいけない知識やルールなどはたくさん存在するようになります。

面倒かもしれませんが、ひとつひとつしっかりと自分の頭の中に知識として身につけておくことによって、必ず知っていてよかったと思えるようになるはずです。

知らないことを後悔するよりも、知るきっかけを逃してしまうことを恐れ、早い段階で敬称略をはじめ、ビジネスに関する知識やルールなどを身につけましょう。

そもそも敬称とは


敬称略という言葉を知る前に、まず知っておかなければいけない基礎知識として継承という言葉が存在しています。

敬称という言葉はどのような言葉なのかと考えると、敬称とは「人名や官職名などの下につけて、または単独に用いてその人に対する敬意を表す言葉」という意味が存在します。

難しく聞こえるかもしれませんが、これはそこまで難しい意味ではありません。
例えば、自分自身よりも目上の立場の人を想像してみてください。

学生の方であれば担任の先生、仕事を行っている方であれば自分の上司などを思い浮かべていただければわかりやすいと思います。

自分よりも目上の立場の人に対して呼び捨てにしたりするようなことは基本的にはありませんよね。

例えば学校の先生があれば先生という言葉を名前の下につけたり、仕事の上司に対しては名前の下にさんをつけたりするのが一般的になります。

なぜ名前の下に何かの言葉をつけたりするのかということを考えるとそれは「その人に対する敬意を表している」という意味が込められているからです。

つまり、敬称の意味は、とても簡単に言えば名前の下に何かをつけたりすることと考えていただければ、わかりやすいと思います。

敬称の例

敬称という言葉の意味について簡単に触れていきましたが、具体的に敬称にはどのような種類があるのかということについても触れていきます。

先ほどもお伝えしたように、敬称は想像以上にたくさんの種類が存在しています。
あくまで先ほどご紹介したものに関しては敬称の中のほんの一握りにしか過ぎません。

例えば、先生やさん以外にも、ビジネスの場面において考えると相手の役職などを呼称したりすることがあると思います。

具体的には、◯◯社長、◯◯部長、◯◯課長といったように、様々な役職などを名前の下に用いたりするようなことは珍しくありません。

また、ビジネスの場面において取引先の相手の名前を呼んだりするときや、自分の会社のお客様に対して名前を呼んだりする時には名前の下に様をつけると思います。

これに関しても立派な敬称の種類のひとつであると考えることができますよね。

それを踏まえて考えてみると、私たちが普段用いている敬称に関しては想像以上に様々な言葉の種類が存在しているということがよくお分かりいただけるはずです。

️では敬称略とは

敬称という言葉の意味についてある程度理解いただけたところで、ここからは改めて敬称略という言葉について触れていきたいと思います。

敬称略という言葉に関しては言葉に用いられている漢字に注目して考えてみるとある程度意味を推測したりすることが可能だと思います。

そこまで難しい漢字が用いられているわけではなく、単純に読み進めていくと敬称を略しているという読み方をすることができますよね。

略すとは一般的に考えて省略という言葉の意味を秘めています。

つまり、敬称略とは敬称を略することという意味だと考えることができます。

敬称を省略すること

先ほどお伝えした通り敬称略とは相手に対する敬称を略すことを意味しているとお伝えしていきました。

一般的に考えて目上の人に対しては敬称をつけることがマナーであり、それを怠った場合は失礼に値するという考え方が存在します。

特にビジネスの場面においては相手に対して礼儀のない行動をとったりすることは信用をなくしたり、自社のイメージを下げてしまう行為になりますので注意しなければいけません。

だからこそ、相手の名前を呼んだりするときには必ず敬称をつけるのが一般的なのですが、敬称略とは名前の通り、相手の敬称を略す、つまり記載しないということになります。

人によってはこれが相手に対して非常に失礼な行動に当たるのでは?と感じる方もいるかもしれませんね。

当然ながら敬称をつけないということは簡単に言ってしまえば相手の名前を呼び捨てにしてしまうということになります。

本来であればこれは非常に失礼な行動に該当すると思いますが、敬称略という言葉を使うことによってそのようなイメージをなくすことができるようになります。

それこそが敬称略という言葉を用いたり、表示されていたりすることの大きな目的の一つとなっています。

具体的になぜ敬称略という言葉を使うことによって悪いイメージを払拭することができるのかということについて簡単に触れていきます。

本当は敬称をお付けしたいが略させていただくという意が込められている

なぜ敬称略という言葉を用いることによって相手に失礼な印象をなくすことができるようになるのかと考えると、それは敬称略にある意味が込められているからだと言えます。

敬称略という言葉の意味の中には「本当は敬称をお付けしたいが略させていただく」という意が込められています。

本来であれば相手に対して敬称を用いることは当たり前の行いであり、むしろしなければいけない行為に該当します。

しかし、敬称略を行う場合はそれは理解していても、今回は略しますという意味がしっかりと存在しているのです。

なので、敬称略という言葉を用いることによって相手に対して礼儀を欠かしているわけではありません、という意味がしっかりと伝わっているのです。

なので結果的には相手に対して失礼なイメージを与えることはありませんし、嫌な気分にさせるようなことなどを無くすことができるということになります。

️なぜ敬称略が必要なのか


敬称略という言葉を知ってる方はわかると思いますが、敬称略という言葉を知らないからして見るとなぜ敬称を略す必要性があるのか不思議に感じると思います。

確かに、相手に対して敬称をつけたりするのは一般的なマナーの部類になりますので、なぜこのようなことをしないのが不思議に感じるのは無理はありません。

そこで、ここからはなぜ敬称略ということが必要があるのかというその必要性について具体的な理由を交えてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味だけを知っていたとしても、なぜそれが必要なのかという根本的な理由などを理解していなければその言葉をマスターしているとは言えません。

逆に考えると、根本的な理由さえ知っていればその言葉を深く知ることができるようになるとも言えます。

表面上の意味だけではなく、根本的に必要とされている理由についても目を向けることがとても大切なのでこの機会に必要な理由などについても知ってみてください。

文章などを見やすくするため

なぜ敬称略が必要とされているのかと考えた場合に、挙げられる理由としては「文章などを見やすくするため」という意味が存在します。

なぜ敬称略をすると文章が見やすくなるのかと言うと、短い文章であれば問題ありませんが、長い文章だとどのような状況になるでしょうか。

例えば、長い文章の中で相手の名前を何度も記載する場合、その都度相手の敬称などを記載すると文章が読みづらくなりませんか?

例えば、相手の名前の下に様やさん、くん、先生、社長、部長、課長といったような敬称が何度も何度も出てくるとどう感じるでしょうか。

おそらく、そのような敬称が文章の中に何度も出てくるとだんだんと硬い文章のように感じてくるようになると思います。

何度も何度も同じようなものが出てきてしまうと読みにくくなってしまったり、場合によっては文字数なのが決まっていたりするとその文字数をオーバーする可能性もあります。

また、同じような敬称などが何度も何度も出てきてしまうと冗長感を読み手に与える要因になってしまいます。

なので、敬称などについてはあえて略することによって結果的に文章を読みやすくしたりすることができるようになるのです。

これが敬称略が必要とされているひとつの理由として判断することができますので覚えておいてください。

人名の羅列を読みやすくするため

なぜ敬称略が必要とされているのかと考えた場合に、挙げられる理由としては「人名の羅列を読みやすくするため」という意味が存在します。

これはどういうことかと言いますと、名前を書いたりする状況の中では、文章以外にもたくさんの人の名前などを書き連ねるたりする名簿などが存在しますよね。

そのような名簿などに関してわざわざ敬称をつけたりするのは読みにくくなってしまう原因になります。

なので、名簿などに関してはあえて敬称をつけないようにすればさらに読みやすくなりますので、それが目的で敬称略をされている場合がほとんどです。

例えば、あなたがこれまでの人生で見かけたことがある名簿などを思い出してみてください。

名簿というものに関しては自分以外にも様々な人間の名前が一気に記載されていると思います。

その名簿の中にそれぞれの名前の下にわざわざ敬称などがつけてあったと想定して考えてみるとどうでしょうか。

もしもそのまま相手の敬称を書いてしまうと、一気に名簿などの人名が分かりづらくなってしまうことが予想できますよね。

それを踏まえて考えてみると、敬称略が用いられるのは人名の羅列を読みやすくするための理由が存在していると言えます。

なので、実際に名簿などに名前を記載する場合、敬称などが略されている場合がほとんどなのです。

️敬称略は失礼にあたるのか

敬称を略するということは、先ほどの伝えた通りきちんとその言葉の裏には意味が存在している言葉です。

ただ単に相手の敬称をつけるのが面倒などといった理由ではありませんので、一般的には相手に対して失礼な言葉にはなりません。

しかしながら、それでもそれなりの立場に身を置いている人の名前を呼び捨てにするのはどうしても心が痛んでしまうという方もいると思います。

やはり敬称を略するのは失礼だと感じる人もいるし、社会的にまずいと感じてしまう人が一定数は存在するのも確かに現実です。

そこで、改めて敬称を略するのは失礼にあたるのかどうなのかということについて触れていきたいと思います。

表記や宣言があれば失礼ではない

敬称を略することによって、場合によっては様々なメリットがあるため、敬称略を用いている場面は想像以上に多いです。

そして、敬称を略するのに不安を感じる人もいますが、改めて宣言しますと、敬称を略することは相手に対して失礼を与えたりするようなものにはなりませんの安心してください。

細かいことをよく注意するような性格の方に関しては問題ないと言われても不安に感じるかもしれませんか、先ほどもお伝えした通り敬称略にはきちんと自覚してる意味があります。

あえて敬称を略させてください、という意味があるので、失礼に値するようなものではなく、むしろそれで怒りを感じる方が一般的に考えて少し難があります。

もちろん絶対に注意しなければいけない点としては敬称略という言葉自体を書き忘れてしまったというのであれば、当然ながら失礼に値するかもしれません。

しかし、きちんと敬称略という言葉を用いていれば絶対に失礼に分かりませんので難しく考えないようにしてください。

きちんと適切な場面で適切な表示をしていれば失礼になることがありませんし、相手から怒られることもありませんので、敬称略は必要な場面では使用するようにしてください。

順不同を用いる場合もある

敬称略という言葉に関しては順不同という言葉とセットで用いられたりすることがとても多いです。

敬称略という言葉と順不同という言葉がセットになって使われている場面を見たりしたことがある方も多いと思いますが、意味を知らない方もいらっしゃると思います。

なぜこの言葉がセットで使われるのかというと、まず順不同という言葉の意味としては「並べ方に一定の基準がないこと」を意味しています。

つまり、ビジネス上での意味としては役職、年齢などは関係なく並んでいるという意味合いで解釈をすることができます。

本来であれば一番地位が高い人間が名簿の一番上の部分に来たりしますし、年齢順なのであれば年齢が一番高い人間が名簿の上にくることが多いです。

それを踏まえると、敬称を略し、なおかつ順番に関しても特に一定の基準なく記載していますという意味だと解釈することができます。

つまり、結果的には敬称略という意味と同じように相手に失礼がないように順不同という言葉も用いられていると考えることができます。

普段何気なく見ている漢字でもありますが、見落としてしまうと相手に対して失礼になりますので、この言葉もしっかりとセットで覚えておくようにしてください。

呼びすてはためらわれるけど大丈夫

敬称略という言葉の概念について学んでいく際に、必ず注意しなければいけないのが呼び捨てと全く同じであるかどうかという考え方です。

まず行っていること自体を考えてみるのであれば呼び捨て行っているということと全く同じ行為にはなります。

しかしながら、決定的に両者に関しては違う部分が存在しており、どの部分が違うのかというと、気持ちの部分が違うと言えます。

どういうことかと言いますと、敬称略という言葉に関しては先ほどもお伝えしたように文章を読みやすくしたりすると言う明確な目的があります。

その目的を踏まえた上で、礼儀は十分に理解しているがここはあえて省略させていただきますという前提が存在しています。

しかしながら、相手の名前を呼び捨てにしたりするという事に関してはただ単に相手に対する礼儀が欠けているという事になってしまいます。

このように、やっていることは同じでも、気持ちの部分や礼儀の部分がまったく違うようになっています。

つまり、呼び捨てと敬称略に関しては似ているようで全く違う行動であるとも言えます。

これをきちんと違いとして理解しておかないと、相手に対して失礼な言動になってしまう可能性などがありますので、十分注意するようにしてください。

️敬称略が使われる場面

敬称略という言葉の豆知識について触れていきましたが、ここからは敬称略が使われる場面についていくつかご紹介していきたいと思います。

それなりにビジネスを経験がある方については敬称略が用いられる場面は把握していると思います。

しかしながら、まだ年齢的に幼い方や、社会人としての経験がない方に関しては敬称略が使われる場面を想像することが難しいかもしれません。

そこで、敬称略という言葉をさらに知識として深めていただくために敬称略が使われる適切な場面をいくつかご紹介していきます。

敬称略が用いられる場面を想像することができない方は、どのような場面で敬称略が用いられるのかということを正しく知識として身につけておきましょう。

式典

まず初めにご紹介する敬称略が使われる場面としては「式典」が挙げられます。

なぜ式典に敬称略という言葉が使われるのかと考えると、式典にはたくさんの出席者が訪れる可能性が高いからです。

たくさんの人が訪れるということは、もしもその式典で出席者の名前が読み上げられたりする際には敬称をつけていると時間が長くなる可能性もあります。

なので、時間短縮という意味も含めて式典などに関しては敬称略などが用いられる可能性が高いのです。

もちろん時と場合によって大きく変化する可能性はあり、読み上げる名前が少ない場合であったり、そもそも出席者が少ない式典などに関してはその必要性もありません。

その時の状況次第で用いられるかどうかということは変化しますが、一般的に用いられるシチュエーションの一つとしては式典で用いられるということを覚えてください。

祝電

次にご紹介する敬称略が使われる場面としては「祝電」が挙げられます。

祝電とは何かと問われると祝電とは「祝いの気持ちを述べた電報」のことです。

例えば結婚祝い出産祝いなどでお祝いのメッセージなどを送ったりするときに用いられるような言葉として知られています。

このような場面に関しても敬称略が用いられたりする可能性があり、敬称略を用いる場合に関しては事前に敬称略を用いるということを述べた上で行っています。

たくさんの祝電などが集まってしまっている場合に関してはあらかじめ経常利益を宣言して敬称をつけないで時間短縮、読みやすさなどを考慮されていると覚えてください。

このような様々な場面で敬称略は用いられている非常に利便性の高い言葉でもあります。

議事録

次にご紹介する敬称略が使われる場面としては「議事録」が挙げられます。

議事録とは「合議体における会議の内容全て正確に記録した文書」のことを意味しており、ビジネスの場面においては作成されることが多い存在です。

どのようなものかと言いますと、社内会議などを行った時の忘備録や記録を残す役割を持っており、報告書や納品物という意味での様々な役割を持っている存在にもなります。

どのような内容話していたのかということなのを忘れないために作成したりするということもあり、ビジネスの芯においては非常に重要性が高い存在です。

議事録に関しては話した内容などを全て事細かく作成するようになりますので、当然ながら敬称などをつけていると相当な長さになってしまいます。

なので敬称略などを用いて作成しやすくしたり、読みやすくしたりするような工夫を用いられる場合が多いので、敬称略を行う場面に該当するということです。

️敬称略を使うときの注意点

敬称略が使われる場面についていくつかご紹介していきましたが、ここからは敬称略を使うときに気をつけなければいけない注意点についてご紹介していきます。

敬称略という言葉に関しては相手に対する礼儀に大きく関わる言葉でもありますので、使い方を間違ってしまうと時と場合によっては大きな事態に発展する危険があります。

そもそもビジネスマナーの一つとして身につけておかなければいけない知識にもなりますので、正しい使い方をできるようにしておかなければいけません。

なので、敬称略という言葉をこれまで知らなかった、もしくは具体的な意味が分からなかった方は注意点などについてもよく確認しておくようにしてください。

社会人になれば様々な場面で敬称略という言葉を用いる場面が生まれますので、正しく扱えるようにし、失礼がないように心がけておきましょう。

社内の人には使わないようにする

敬称略を使う時の注意点として「社内の人には使わないようにする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも敬称略という言葉を使う時の目的について正しく認識をしておけばそれほど難しくはないことだと思います。

敬称略を使う上での主な目的としては「文章などを見やすくする、人名の羅列を読みやすくする」という意味が存在しています。

それを踏まえて考えてみると、一般的に社内文書に関しては内容が短かったり記載する人数が少ない可能性が高いです。

つまり、社内文書なのに関しては大抵の場合敬称略を使う必要性はあまりないと考えることができます。

なので、社内の人間に対しては敬称略などを使ったりすることは極力になくすようにする必要性があります。

きちんと相手に対する敬称、つまり役職名などをしっかりと明示したうえで記載をする必要性があるということになります。

なので、社内文書などを作成したりする時には十分にこの点に注意した上で文章を作成するようにしなければいけません。

ちなみにメールなどを社内で行う場合も敬称略は基本的には行いません。
たとえ同じ会社の人間だったとしても呼び捨てでメールに文章を記載したりするようなことがありません。

きちんと相手の役職をつけて連絡をする必要性があります。

しかしながら、社内の雰囲気が相手との距離感などによってはさんなどの簡略化された敬称でも問題はないと思いますので、その点には注意をして作成するようにしてください。

役職順に並べる

敬称略を使う時の注意点として「役職順に並べる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、一般的に考えて名簿などを作成したりする際には当然順番としては役職が高い順番に名前が連なる場合がほとんどです。

つまり、名簿の一番上の部分にその会社の一番地位が高い人間の名前が来て、そこからだんだん役職順に名前が記載されるようになるということです。

敬称略という言葉を使っておけば役職順もバラバラで良いと考えてる方がいますが、それは残念ながら間違いです。

仮に役職など関係なく名簿に名前を記載する際には必ず順不同という言葉を用いる必要性があります。

敬称略という言葉と順不同という言葉がセットで用いられたりすることも多いので、この点が曖昧になってしまいやすくなりますので必ず注意をしておかなければいけません。

また、仮に社外の人間も含めた名簿を作成したりするようなことがあるならば社外の人間が一番上の順番に名前がくるように記載をしなければいけません。

このように名簿を作成する際には細かい決まりや配慮などを行う必要性があります。

様々なことを覚えたりするのは難しいと思いますが、一般的なビジネスマナーの一つに該当しますので、必ず役職順に並べる、しないならば順不同が必要という事を覚えてください。

必ず敬称略を添える

敬称略を使う時の注意点として「必ず敬称略を添える」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、名簿などを作成する際に敬称略という言葉を添え忘れてしまうということを注意しなければいけないということです。

敬称略という言葉に関しては先ほどもお伝えした通り、あえて敬称を略させていただくという気持ちが込められている言葉です。

この言葉があるからこそ、相手に対する敬称をつけなくても問題がないという風に扱われています。

しかし、敬称略という言葉が添えられていない場合、完全に相手に対して失礼な行いをしてしまっているということになります。

なので、書類を作成したりするときに敬称略という言葉を添え忘れてしまったとなると、大変な失礼な行為に該当してしまい、ビジネスにおいて大きな失敗になりえます。

なので、敬称略という言葉を使う際の注意点としては必ず敬称略という言葉を記載し忘れないようにしなければいけないということになります。

使用する場面を考える

敬称略を使う時の注意点として「使用する場面を考える」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、敬称略を用いる場面を間違わないということに注意をするということです。

敬称略を用いる場合は先ほどお伝えした通りですが、人によっては敬称略を相手との会話の中で用いるものだと勘違いしてしまっている人も存在します。

しかしながら、敬称略に関しては相手との通常会話の中で用いたりするような行いではありません。

もしも通常会話の中で敬称略を用いてしまうのであればそれは相手の名前を呼び捨てにしてしまうという行為と全く等しい行動になってしまいます。

結果的にそれは相手に対する礼儀がなっていない行動になりますので、ただ単に相手に対して失礼な言動をしてしまっているだけになります。

なので、敬称略に関してはきちんとどの場面で使用するべき言葉なのかということをよく理解しておく必要性があります。

ちょっとしたボタンの掛け違いで大きな問題に発展してしまう可能性がある存在にもなりますので、十分注意をした上で使用するようにしましょう。

️ビジネスマナーとして敬称略の使い方を覚えておこう

今回は敬称略という言葉をテーマにして、敬称略という言葉の意味や具体的な使い方などについてご紹介していきました。

敬称略という言葉はビジネスマナーにおいて非常に重要な意味があり、社会人にとって重要性の高い存在になります。

もしも敬称略という言葉の意味や使い方などを知らなかった方は、この機会に敬称略という言葉を理解し、知識として身に着けてみてください。

必ず将来的に役に立つ知識になりますし、社会人になると必須の知識なので、適切な使い方なども覚えておきましょう。