CoCoSiA(ココシア)

ありのままの自分を見せるために、吹...(続き3)

昔はその様な流行というものがなかったようにも思えます。

プリクラや写真を撮っても投稿をするというような事はなかったですよね。

個人情報などにも関わりますが、多くの情報をあまり言わないようにすることも大切になるでしょう。

ありのままでいるために吹っ切るべき10個のこと

そんなありのままでいられないという人のためにありのままでいるために吹っ切るべき10個のことというものがあります。

例えば自分を大きく見せようとしないという事であったり、相手の期待に応えすぎないというような事もあがるでしょう。

不意にやっているつもりな行動というのはありませんか?

イヤなことを無理やりするというのも、ストレスを抱え込んでしまってありのままで行動をするという事はないですよね。

ですがその様な状況を吹っ切らなくてはいけない時というのは必ず来ると思います。

ではどの様なことをすれば良いのか、吹っ切るべき10個のことについて詳しく見てみたいと思います。

普段の状態、ありのままが出せないという状況であったりする場合は皆さんはどの様にして吹っ切っているのでしょうか?

解らないという人はこの10個のことを見て、是非ありのままでいるように心がけてみてはいかがでしょうか!

1.自分を大きく見せようとしない


自分を大きく見せようとしないという事が吹っ切れる1つです。

自分を大きく見せようとすればするほどそれほどより良くしようと思います。

なので行動を大きくしてしまいがちになってしまいます。

ありのままというのはその様なことはせずに、素の状態の自分で行動をすることが大切です。

よく思われようとしている行動であったり、見栄をはってしまうという人はこの様なことがないようにする事で、吹っ切れることができるようになるのです。

等身大の自分でいること

等身大の自分でいることが大事になるでしょう。

見栄をはってしてしまう行動というのは返って空回りをしてしまったりする事が多いです。

自分はこうだ!というような主張というのは良いのですが、よく見せようと思う主張というのは逆効果になってしまうのです。

周りから見てその様なあなたを見てどのように思うのかという事が解れば、自然と行動をする際にも等身大の自分でいることができるのではないかと思います。

大きく見せようとして張り切ってしまったりするのは良いですが、見栄だけは張らないように気をつけましょう!

2.周りの期待に応えすぎない

周りの期待に応えすぎないという事も大事になるでしょう。

よく周りから言われて嫌とは言われずについやってしまうなんていうような事があると思います。

ですがこの事は周りからの期待を裏切るというような考えになってしまい、プレッシャーへと変わってしまうのです。

仮に自信があるものであれば応えても大丈夫でしょうが、嫌と言えないような応え方というのもありますよね。

会社で働いている時に上司や社長から言われて、そのまま返事をしてしまったなんていうような事もあるのではないかと思います。

周りの期待に応えようとしてその様な行動をするのも良いですが、同時にそれは自分を苦しめてしまうのです。

なので応えすぎないというような事をすれば良いでしょう。

仮に承諾をしたとしても後々で、やはり無理だという事を伝えることも大事になります。

プレッシャーとなる

周りから期待をすればするほどプレッシャーへとなってしまうでしょう。

プレッシャーというのはいつの間にか背負ってしまう事が多いです。

最初は大丈夫だと思っていても後々でどんどん追い込まれていくというような事はありませんか?

それがプレッシャーへとなってしまうのです。

プレッシャーが多ければ多いほど、何もしたくなくなったり、偽りの自分を出してしまったりする事があるのではないでしょうか。

嫌と思っていても言えないというような性格からプレッシャーをいつのまにか多くのものを受けてしまっているのです。

プレッシャーというのはどの様な時にでも起こってしまうもので、会社での仕事中もありますが、生活の中であったり人間関係で上手くいかなかったりする事でもプレッシャーへと繋がってしまうのです!

プレッシャーとなる場合の多くは自分を追い込んでしまい、素の自分を出すこともできなくなってしまいます。

なのでプレッシャーにならないように、嫌というものは最初から嫌と言えるようになることが大切になるのです。

例えそれが周りから期待をされていても時には断ることも必要になるという事を覚えておくようにしましょう!

3.イヤなことはしない

イヤなことはしないという事が大事になります。

ありのままの自分でいるために吹っ切る事の中では重要なことです。

イヤなことというのは全てがマイナスな印象になってしまい、自分を時には追い詰めてしまうこともあるのです。

イヤなことというのはストレスにも変わってしまいますよね。

あんな事があったというようにストレスを発散することができれば良いのですが、その様なことができないという人も少なからずいると思います。