ありのままの自分というのはどの様なことを言うのでしょうか?

よく考えたことはありますか?

自分を表に出せないままで終わってしまうというような人もいるのではないでしょうか?

例えば会社でこの様な仕事をしたいのに上司に言えなかったり、嫌なことを無理してやっていてストレスを抱え込んでしまったりと様々あるのではないかと思います。

その様な悪循環というのはとても嫌ですよね。

誰でも経験はあると思いますが、ずっとその事を考えてしまうというような人もいると思います。

その事を考えなければありのままでいられるのに何かが邪魔をしてしまって上手く表に出せないという人もいるのではないでしょうか?

時には人というのはその様なものと向き合わなくてはいけませんが、吹っ切れなければ乗り切るという事は難しいように思えます。

それほど人というのはよく考えて行動をして、時には感情的にもなったりするのです。

ありのままというのは素の自分であるという事です。

本来この様にしたいと思っていても無理にしないでいたり、こうなると思っていたのに逆効果になってしまったりとその時の自分を悔やんだりするような人もいますよね。

ストレスになってしまったり、時にはうつ病にも関わってくることです。

ですがそれを吹っ切ることでありのままの自分を出すことができ、偽りなどない状態で接することができたり、行動をする事ができたら素晴らしいと思いませんか?

人にはそれぞれその人に対しての印象というものが違います。

例えば良い人だなと思えば悪い人だなと思う人もいるという事です。

ですが周りの目を気にして動いてしまうと取り返しのつかないことにもなってしまいます。

なのでその様なことを気にしないように行動をする事も必要になるのです。

吹っ切るという事は難しいことかもしれません。

ですが吹っ切ることでありのままの自分を出せるのであれば、そのきっかけを行動にして表すことが重要になります。

これは今直ぐにでも行動できるような事ばかりです。

気にしすぎたり、相手にありのままの自分を見せないという人は吹っ切るべき10個のことを見てありのままの自分を見せてみてはどうでしょうか?

周りがどう思うと自分は自分だからと割り切ることが必要です。

他の人の意見は参考程度に、最後に決めるのは自分自身であったり、周りが何と言っても気にしない、直ぐに吹っ切れるような考え方を持つようにして、ありのままの自分を見せるようにしましょう!

ありのままとは?

ではありのままというのはどの様なことを言うのでしょうか?ありのままというのは実際の通りという事です。

よくSNSなどでは嘘を書いたりしているという人も少なくないです。

イケメンな人がいた、キレイな人がこんな事をしていたという事や、この人はこうだという様な陰口まで、最近のSNSでは昔と違った環境を見ることができます。

今のSNSというのは繋がりなどを重要視するのではなく、愚痴や陰口、嘘の情報を流すために使っているような人も多いです。

その様な環境であるという事を忘れないようにしましょう。

その中ではありのままの自分を出しているとは言えないですよね。

嘘を言ったりしている、誹謗中傷をするというのは本人が見ていないところでしている事ですし、本心でもないですよね。

これは事件にもなったりする事があります。

ですが身元などが解りそうになるとその様な人達は皆アカウントというものを削除しています。

身元などが解らないからと言って何でも言っていいなんていう事もないのです。

非難などもその様なことから来ることが多いです。

少し話しがそれてしまいましたが、ではありのままというのはこの様なことではなく、実際にはどの様なことを言うのでしょうか。

実際にある通りであったり、偽りのない姿のことをありのままと言います。

その2つのことについて詳しく見てみたいと思います。

実際にある通り

ありのままというのは実際にある通りのことを言います。

どの様なことを言うのかというと、例えばどんな事でもそのままの姿でいるという事です。

好きな人の前では変に可愛くしたりかっこよくしたりとしてしまう事ってありませんか?

それは実は見栄を張っているという事になるのです。

ですがその様なことではなく、ありのままの姿でいるという事がとても大事になります。

実際にある通りなので、素の自分を相手に見せるという事がとても大事になるでしょう。

偽りのない姿

偽りのない姿という意味あいもあります。

偽りのない姿というのはどの様なことを言うのでしょうか?

最近ではよく裏表という風に表すことが多いですが、苦手な人の前でも無理して振る舞っているというような人も多いのではないでしょうか?

また、本当はこの様にしたいけれどその様なことができず、ただ聞いているだけで行動ができないという人も多いはずです。

この様に裏で思っていることを表に出すという事ではなく、その様なことがなく常に素の状態、偽りのない姿でいるというのもありのままという意味になるのです。

ありのままの姿というのはまさにその様なことが言えるのではないかと思います!

よく聞くフレーズですよね。

歌詞にも入っていると思いますが、偽りのない姿というのは難しいことですが、素の状態で接するという人も少なくないのです。

無理していませんか?

ありのままに行動をしたい、言いたいというように思っていても無理をして行動ができないなんていう事はありませんか?仕事ではその様な場面が多いですよね。

例えば上司に「この様にしなさい」と言われても「こうした方が良いのではないでしょうか?」という様な意見は言い辛いものがあると思います。

無理をして行動をするのには必ず原因というものがあり、その原因が大きなプレッシャーへと変わっているのです。

仮にその原因というものが無ければありのままの自分を見せることができるはずです。

その原因は解っていても解決方法が解らないという人もいるでしょう。

ですがその解決方法も1つや2つだけでなく多く実はあるのです。

気持ちの問題にも繋がりますが、無理して行動をするという事だけをやめるようにしてみてはどうでしょうか?

では無理をしている状態で行動をするとどの様な部分が見られるのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

偽りの姿

偽りの姿を見せてしまうなんていう事もあるでしょう。

偽りの姿というのは簡単に言うのであれば裏の姿を出してしまっているという事です。

表が素の姿で裏が嘘の姿という言い方の方が解りやすいかもしれませんね。

偽りの姿というのは相手に対して素で接していないという状態です。

よく人の前で態度が変わってしまうという人はいるのではないでしょうか?

いつもはこの様に思っていても、この人の前だと素が出せないなんていうような事が多いのではないかと思います。

無理して着飾る

無理して着飾るという事もあるでしょう。

オシャレなどをして可愛く見られたい、かっこよく見られたいという風に思い、化粧などをしたり香水をつけたりとして、周りからの視線を気にしてしまうとこの様なことを起こしてしまいます。

基本的に自分のことをどの様に思うかにもよりますが、無理して着飾るというのは素の自分を隠しているという事に繋がります。

無理して着飾ったりしていませんか?

SNSにとらわれていない?


最近の人達はSNSを多く使用している事が多いです。

FacebookやTwitterなどもあるでしょう。

そのSNSにとらわれていませんか?無理してSNSなどをしていたり、周りがしているから自分もその様なことをするというような事はないでしょうか?

SNSというのは確かに便利であり情報など様々なものを見たりすることができます。

ですがそのSNSにとらわれていたりするとどの様なことが起こるのでしょうか?常に周りの目を気にし始めてしまうのです。

自分はこうだというような主張から、嘘の情報までも流せてしまうのがSNSの怖いところです。

見栄をはったり、愚痴を言ったりとするのも最近では多く、昔より荒れているというような印象をも与えます。

そんな中で身内だけに見せていたりする時にでも、写真などに拘ったり、可愛く自撮りをしたりなんていうような事になっていませんか?

素の状態を投稿をすることが大事です。

思ったことをそのまま呟くのも良いですが、嘘やその様な状態だとありのままの姿とは言えないですよね。

よくネット内では色々なことを言っているけれど、ネット外では何もいえないなんていう人もいますよね。

その様な状況になってしまっているのも現状です。

SNSにはとらわれすぎないようにすることが大切になるでしょう。

インスタ映え

その中でも最近ではインスタ映えというような表現をする人が多いですよね。

インスタ映えというのはどの様なことを言うのかというと、SNSのInstgramという写真などをメインに投稿をするサイトがあるのですが、その写真を投稿する見栄えの良い写真などの事をインスタ映えと言います。

可愛く写りたい、かっこよく写りたいというような事で、様々な場所で写真を可愛く撮ったりする人達も多いのではないでしょうか。

最近の若者はより多くの自撮りをしていますが、インスタに投稿をするための写真という事でそのSNSにとらわれられているという様なことになっています。

昔はその様な流行というものがなかったようにも思えます。

プリクラや写真を撮っても投稿をするというような事はなかったですよね。

個人情報などにも関わりますが、多くの情報をあまり言わないようにすることも大切になるでしょう。

ありのままでいるために吹っ切るべき10個のこと

そんなありのままでいられないという人のためにありのままでいるために吹っ切るべき10個のことというものがあります。

例えば自分を大きく見せようとしないという事であったり、相手の期待に応えすぎないというような事もあがるでしょう。

不意にやっているつもりな行動というのはありませんか?

イヤなことを無理やりするというのも、ストレスを抱え込んでしまってありのままで行動をするという事はないですよね。

ですがその様な状況を吹っ切らなくてはいけない時というのは必ず来ると思います。

ではどの様なことをすれば良いのか、吹っ切るべき10個のことについて詳しく見てみたいと思います。

普段の状態、ありのままが出せないという状況であったりする場合は皆さんはどの様にして吹っ切っているのでしょうか?

解らないという人はこの10個のことを見て、是非ありのままでいるように心がけてみてはいかがでしょうか!

1.自分を大きく見せようとしない


自分を大きく見せようとしないという事が吹っ切れる1つです。

自分を大きく見せようとすればするほどそれほどより良くしようと思います。

なので行動を大きくしてしまいがちになってしまいます。

ありのままというのはその様なことはせずに、素の状態の自分で行動をすることが大切です。

よく思われようとしている行動であったり、見栄をはってしまうという人はこの様なことがないようにする事で、吹っ切れることができるようになるのです。

等身大の自分でいること

等身大の自分でいることが大事になるでしょう。

見栄をはってしてしまう行動というのは返って空回りをしてしまったりする事が多いです。

自分はこうだ!というような主張というのは良いのですが、よく見せようと思う主張というのは逆効果になってしまうのです。

周りから見てその様なあなたを見てどのように思うのかという事が解れば、自然と行動をする際にも等身大の自分でいることができるのではないかと思います。

大きく見せようとして張り切ってしまったりするのは良いですが、見栄だけは張らないように気をつけましょう!

2.周りの期待に応えすぎない

周りの期待に応えすぎないという事も大事になるでしょう。

よく周りから言われて嫌とは言われずについやってしまうなんていうような事があると思います。

ですがこの事は周りからの期待を裏切るというような考えになってしまい、プレッシャーへと変わってしまうのです。

仮に自信があるものであれば応えても大丈夫でしょうが、嫌と言えないような応え方というのもありますよね。

会社で働いている時に上司や社長から言われて、そのまま返事をしてしまったなんていうような事もあるのではないかと思います。

周りの期待に応えようとしてその様な行動をするのも良いですが、同時にそれは自分を苦しめてしまうのです。

なので応えすぎないというような事をすれば良いでしょう。

仮に承諾をしたとしても後々で、やはり無理だという事を伝えることも大事になります。