CoCoSiA(ココシア)

リュック女子が増加中!その4個の特徴や男ウケ・男萎えするポイントを解説


手軽に荷物を運べる”リュック”は、近年女性を中心にして注目されています。

それをあらわすかのように、街に少し出れば”リュック女子”に何人にも出会うことができますよね。

あなたもそんなリュック女子の一人かもしれません。

リュックは便利でどんなファッションにも合う…なんて思っていませんか?

しかし、男性によってはリュック女子のことを快く思っていないことも…。

大好きなあの人に嫌われないためにも、男子モテするためにもまずは男性の意見をチェックしましょう!

そしてリュックに似合うファッションをしていきましょうね。

この記事では、リュック女子とはどんな人なのか、またどんなファッションであればリュックに似合うのかコーデをご紹介しています♪

ぜひ参考にしてみてくださいね!

渋谷でリュック女子が急増中?!

あなたは、少し街を歩くだけでリュック女子に出会うのではないでしょうか?

街といっても、東京の渋谷や新宿、池袋などにいくとさらに”リュック女子”を見ることができます。

また、渋谷というのはファッショントレンドの最先端の街ともいわれており、そこで流行ったものは全国的に流行るともいわれているんですよね。

そんな渋谷では、全国のリュック大ブームに先駆けて”リュック女子”がぞくぞくと急増しているんです!

そのため、渋谷駅から電車に乗ってくる人、バスに乗ってくる人のほとんどの女性はどんなファッションであれ、リュックを背負っていることも。

どうして女性のもの…のイメージの少ないリュックが女性に人気なのか気になりますよね!

カジュアルが支流!リュック女子の実態

ここ数年のファッショントレンドは、”カジュアル”に移行してきています。

それまではゴージャス系、姫系、ガーリー系にしていた女性たちもこぞってカジュアル系のファッションに変えつつあるんです。

また、カジュアルファッションというのは、誰でも似合うので気負いせずに着こなすことができちゃうので女性に人気なんです!

また、ファッションが変われば、その付随するファッションアイテムも変わっていくもの。

特にカバンは、リュックにする女性たちが増えているんですよね!

どこに行くにもリュックが一番!


リュックは、両手をふさぐことなく荷物を持ち運びできるため、体力がなかったり、力のない女性にはもってこいのカバンになるんです。

そのため、どこに行くにもリュックにささっと荷物をつめこんでお出かけするスタイルが定着しつつあります。

これまでだったら、小さなポーチバッグ、手提げ、ハンドバッグなどを持っていた女性にとって、手の平が使えるということはすばらしく感じるのです。

リュック女子の特徴4個

渋谷を中心にして全国に増えつつあるリュック女子は、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか?

リュック女子の生態に迫ります!

いつも荷物が多い

荷物が多いのにハンドバッグなどにつめこんでいると、カバンの形が崩れるだけではなく見た目としてもあまり美しくないですよね。

その点でリュックは、小さく見えるタイプでも大容量のものが多いので大荷物の人にもってこいなんです。

社会人であれば書類など、学生であれば教科書などを持ち運びするだけではなく、女性はメイクポーチや人によっては髪の毛を巻くコテを持ち歩いていることもあるんですよね。

そのようなメイク道具一式もすっぽり入るのがリュックなのです。

少し面倒くさがり屋

リュックって、ぼんぼん詰め込んでそれを背負うだけで荷物を運ぶことができます。

そのため、リュック女子は少し面倒くさがり屋さんが多いんですよね。

小さなハンドバッグだときれいに入れないと、人に見られる機会が多いのですがリュックはそのような機会が少ないので安心しているんです。

ファッションスタイルはカジュアル派

リュックを愛用している人のほとんどは、カジュアルなファッションをしている人がダントツ多いんです。

さきほどもお伝えしましたが、女性ファッションのほとんどはカジュアルに移行していることも理由のひとつになります。

シンプルも大好き!

とにかくシンプルなファッションが好きな人にとって、ハンドバッグを持つだけでもシンプルではないように感じてしまうんですよね。

しかし、リュックであれば、両手はあきますし、荷物もひとつにまとめることができるのでシンプルなんです!

そのため、動きもシンプルになり、軽やかに行動している人が多いんです。

あなたの周りには、そんな女性いませんか?

意外とサブカル好き?!

また、リュック女子のなかにはサブカル好きな方もちらほら…。

サブカル好きというと、ここ数年ではあまり目立たなくなっているのですがこっそりとリュックを背負うことによって、そのファッションをしている女性もいるんですよね!