CoCoSiA(ココシア)

海が怖いと感じる人の10個の理由。恐怖症の種類なども併せて解説!

海と言えば海水浴にバーベキューにサーフィンに…と楽しいことがたくさん思い浮かびますよね。

しかしその一方で、海が怖いと感じる人も多く存在します。

確かに海というのは楽しいことが多い反面、波が高い日や悪天候な日に行くと思わぬ事故に繋がってしまうことも。

ニュースなどで海に関する事故の情報を見聞きし、恐怖心を抱いてしまっている場合もあるのかもしれません。

またそもそも水や泳ぎが苦手だったり、小さい頃のトラウマが原因だったりと、人によって海が怖いと思う理由は様々だと思いますが、なぜ海が怖いと感じてしまうのでしょうか。

今回は、海が怖いと感じる人の10個の理由について解説していきます。

海が怖いと感じる10の理由

海が怖いと思っている人が感じている理由というのは多くありますが、例えば足がつかないというのもあるでしょう。

浜辺付近では足がつきますが、泳いだりするとなればもっと深いところで行ってしまいますよね。

その不安があるからこそ、海が怖いと感じる人もいるのです。

また流されてしまうかもしれないという恐怖から怖いと感じる人もいるのです。

波などは時には大きく荒くなりますよね。

それを見て怖いと思い海に入ることができないという人もいるのです。

そして一番多い理由というのは過去のトラウマからくるものです。

例えば溺れてしまったという事であれば海に入るだけでも怖いですよね。

泳ぐことが無理だという人は余計に近づかないのではないでしょうか?他にも様々な理由があって海が怖いと感じる人が多いです。

ではどの様な理由が他にもあるのか具体的に見てみたいと思います。

皆さんも共感ができる様なことがあるかもしれません。

また、近くにその様な人がいるとなった際には無理して誘ったりしないようにする事も大事です。

本人が入りたいというのであれば誘うようにしましょう!気遣いというのも大事になりますよ!では怖い理由について詳しく見てみましょう。

海が怖いと思っている人が感じている理由1:足がつかない

足がつかなくて海怖いと思っている
海に入ると浜辺付近では足はつきますが、泳いで奥に行くと足がつかなくなってしまいますよね。

それが原因で足がつかない事が怖いと感じる人も多くいるのです。

例えばプールなどでは足がつくと思います。

深いプールもありますが、自分の身長より比較的に低いですよね。

ですが海は別です。

奥まで行ってしまうとどんどんその距離が大きくなり、最終的には2m以上の深さであったりそれ以上の深さにもなってしまいます。

足がつくというのはとても安心ができますよね。

泳ぐ時でも足がつく位置であれば良いですが、足がつかないところで泳いで疲れたとしてもずっと浮いていなくてはいけません。

そうなると足がつかないというのはとても怖くなるものなのではないかと思います。

普段は足がついているので大丈夫ですが、足がつかないことで不安になるというのはとても恐怖にさえもなってしまうのです。

足がつかないことで不安になる

普段の生活というのは地に足がついている生活です。

人というのは重力がある中で生きているので、必ず地に足がついていますよね。

足がつかない生活というのは基本的に無いはずです。

アニメやマンガなどでは空を飛べるような事もありますが、現実ではそうはいきません。

無重力の様な感覚というのも最初は怖いものだと思います。