現在の世の中、大多数の方が会社に属し、仕事とほぼ毎日向き合っている生活をしているかと思います。

中には自分で仕事をしていたりしている方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的には会社に属して仕事を行っている方が多いかと思います。

生きていく為には、仕事を行う必要があるとは言いませんが、お金は必要です。

お金を稼ぐ手段として、大多数の方が会社員として仕事を普段頑張っているわけなのですが、仕事を行う事は、ストレスを感じる事が多いですよね。

人間、どんな状況であろうと少なからずのストレスを受けている事が多いとされています。

仕事の関係でストレスに感じた経験って恐らくだれしもがあるのではないでしょうか?

今回はそんなストレスについてご紹介していきたいと思います。

ストレスもたくさんの種類がありますし、解消法もたくさんあります。

気が付かないうちにストレスでやられてしまわないように、ストレスを感じている事を確かめながら、貯めないようにうまく発散していく事が大事です。

もしもあなたが今ストレスに敏感になっているのなら、是非ご紹介する内容でひとつでも気になった事があれば活かしてみてくださいね。

日々、仕事でストレスが溜まる

仕事をしているとストレスに感じる事はたくさんあります。

むしろ、仕事でストレスを感じた事がないという方はいらっしゃらないのでしょうか?

ストレスって実は普段何気ない所からも感じているケースが多く、実感していないだけで普段生きているだけでもストレスって感じているんです。

例えば、仕事ではなくても、電車に乗っただけで、周りの人と同じ空間を共有するというだけでも少なからずストレスって感じているんです。

もちろん、満員電車でなくても、です。

普段の何気ない事でもストレスを感じているのに、仕事のように責任ある行動を求められる場ではストレスを感じない人の方が珍しいかと思います。

まずは、気が付かないだけでストレスを自分の体に貯めているという事は自覚しておいてください。

仕事ストレスの4パターン、18種類

さて、普段の生活の些細な事でもストレスを人間は感じる生き物だという事をご紹介していきましたが、

今回は仕事場に関してのストレスのご紹介をしていきたいと思います。

仕事場のストレスと一口に言ってもたくさんの種類がありますので、一言では片づけられないかと思います。

ご紹介する中で、共感していただける事がたくさんあるかと思いますので、一緒に納得しながら見て頂ければ幸いです。

①疲れから来るストレス


まずご紹介するのが仕事の疲れからくるストレスです。

ストレスも精神的に来るときもあれば、肉体的に感じる時もありますよね。

様々な場面からくるストレスですが、一番直観的に感じるストレスとして肉体的に感じる疲れからのストレスでしょう。

では、どんな時にストレスを感じるのか?様々な場面ごとに見ていきましょう。

1.休む時間がない

仕事が忙しすぎて、休める時間がないという所からくるストレスですね。

仕事を始めたばかりの人は仕事を覚えるまではなかなか抜ける所がわからないので、常にあたふたしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

また、ある程度の経験をしてくると責任ある立場を任される事もあり、そうなった方は仕事量が膨大になったりしてこちらもなかなか休める時間がなくなってしまうかもしれません。

おのずと残業もせざるをえない状況になってしまったりと、ますます時間がないと感じる事になるかもしれません。

休む時間がないと、自分の時間も当然なくなりますし、ストレスが溜まってしまうかもしれませんね。

2.仕事が頭から離れない

仕事が頭から離れないという経験をした事がある方はけっこう多いのではないでしょうか?

もちろん、普段はそうでもないかもしれませんが、例えば失敗を繰り返してしまった日だったりとか、大事なプレゼンや商談が控えた前の休みとか。

何か自分の心の中に潜んでしまうような場面ってありますよね。

何気ない日常でも、大きいストレスを感じると途端に仕事がいやだという感情だったり、

失敗したくないという怖い感情が出てしまったりと、仕事が頭から離れなくなってしまう事はあるかもしれません。

そうなってしまうと、休める時も休めない状態になってしまい、常にストレスを抱えてしまうような状態になってしまいます。

休みが毎日ない状態と同じで、常にストレスを抱えた辛い毎日に感じてしまうかもしれません。

3.ぐっすり熟睡できない

ストレスを感じていると、なかなか熟睡できなくなってしまう事があるかもしれません。

睡眠を得る時には基本的にはリラックスしている状態にならないと睡眠できません。

もちろん、リラックスできない状態のままですと、当然ながら睡眠につけたとしても良い睡眠を得ているとはいえないでしょう。

結果的に、熟睡できずに体の疲れがたまったままの状態だと感じる事も多々あるのではないでしょうか。

ストレスを感じると、睡眠にまで負担がかかってしまいます。

4.肩や腰がこるなど、体の不調

ストレスが体の不調に繋がるケースもあります。

ストレスを感じた体が、固くなって血行は悪くなり、筋肉も収縮してしまって…結果的に体に負担がかかってしまい、何かしらの不調を引き起こしてしまうというものです。

病は気からというように、精神的な事も結果的に肉体的な問題を引き起こしてしまい事も大いに考えられます。

日ごろからストレスを感じたら、発散しておかないと、あまり貯めすぎてしまうと何かしらの病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

5.精神的にやられる


精神的に多大なストレスを感じすぎてしまうと、何事も手につかない状態になってしまいます。

常に嫌な事だったり、恐怖を感じてしまい、体や気持ちが常に負荷がかかってしまいます。

仕事に関して、嫌な事やストレスを感じてしまうと、結果的に自分を責めてしまい、自信を無くしてしまいます。

結果的に、うつ病だったり、無断欠勤、最終的に仕事をやめてしまう…というような事にも繋がってしまったりします。

多大なストレスは精神的に負担が大きくかかります。

なので、適度に発散する、今自分にはストレスがかかっているのかという事を自己確認する事が大切です。

6.PCの見過ぎ、目が疲れる

昔と比べ、今の時代は仕事においてもパソコンを使う事がかなり多いですよね。

パソコンの無い職場というものはあまりないのではないでしょうか?

それくらいスタンダードな存在になっていますが、仕事においてパソコンとずっとにらめっこしていると目からくる疲れが発生してしまいます。

目を休めるために休息は必要ですが、休みたくても休めない時ってありますよね。

多大な疲れがたまってしまい、そこからくるストレス、疲れが体を襲ってしまう事もありますよね。

②通勤の大変さから来るストレス

これは場所にもよるかもしれませんが、都心部や人は多い地域になるとかなり精神的なストレスがかかるかもしれません。

仕事にいくまでに疲れてしまうってとっても負担がかかる事ですよね。

仕事で疲れるならまだしも、仕事が始まる前の段階で精神的な負担がかかってしまう一日のスタートがかかりませんよね。

通勤においてストレスに感じる事をまとめてみましたので、是非見てみてくださいね。

7.満員電車に押し潰される

通勤とストレスと聞けば真っ先に考えてしまうのはこれですよね。

満員電車って本当にストレスが溜まります。

そもそも、人間には自分の範囲に入ってこられるとストレスに感じる境界線があるのですが、満員電車の場合はもうそんな事を言っていられないので、ストレスがかかりっぱなしです。

特に、夏の暑い時期などはもう最悪だと感じる方も多いのではないでしょうか?

朝早い時間帯に家を出るとか、出来る限り自転車やウォーキングで通勤するなどの工夫が必要であるといえるでしょう。

8.立ちっぱなし

通勤電車やバスにおいて、長距離である場合に立ちっぱなしになってしまうとかなり身体的に負担が大きいですよね。

ずっと立っていると足にきますし、バスの揺れがひどい場合は支えている腕もだんだんと痛くなってきてしまいます。

運よく座れれば良いですが、座れない時には本当につらいですよね。

こちらも満員電車対策と同じように、人がいない時間帯を狙ってラッシュを避ける等、工夫が必要であるといえるでしょう。

9.移動時間が長い

距離が長ければ長いほど、目的地までの時間が長くなりますし、ストレスも長い時間かかってきます。

ちょっとの距離なら満員電車も我慢出来るかもしれませんが、長い距離満員電車に揺られてるとストレスも爆発してしまいますよね。

長い移動時間によるストレスは、可能であれば本を読むとか、何か別の集中できる事につなげる事で解消する事がお勧めです。

10.会社に着く前に疲れる

なるべく、仕事が始める時点は調子よくさわやかにスタートを切りたいですよね。

朝スタートを切る前から突かれていると良いスタートは切れません。

気持ちの部分ってとても大事なので、良いスタートを切れるのと切れないのとではまったく仕事の質も変わってくるかと思います。

良いスタートを切る為にも、それなりの工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか?

③職場の人間関係

ストレスと聞いて、よくあるのが人間関係のストレスですよね。

人間、生きていれば好きな人間もいれば嫌いな人間もいますよね。

生理的に無理な人は絶対にいると思います。

無理をして好きになる必要もありませんので、仕事場において悪い関係を築くのはマイナスになるので、無難な関係で終わらせておくのが一番です。

ただ、人間関係のストレスって嫌いという理由以外でもたくさんあります。

どんな理由があるのか、見ていきましょう。

11.お客さんのクレームが多い

お客様さんからのクレームを受けた事がある方ならわかるかもしれませんが、クレームを受けた時ってかなり辛いですよね。

誰かから暴言や文句を言われる事ってとっても辛い事です。

職場によるかもしれませんが、クレームを受けやすい職場はかなりストレスが溜まります。

特に、コールセンターなどのお客様の声を直接受ける場所はかなりのストレスが伴いますので、心のケアが必然的に重要になってきます。

12.上司がウザい

人間関係の代表例として、上司との間に溝がある場合はかなりのストレスに感じる事でしょう。

特に、上司と接する事が多い場合はとても大きいストレスがかかるでしょう。

上司の方が立場が上な分、無理な事を言われたりとか、傷つくような事を言われる事も多くあるかもしれません。

うざい人とは距離を開ければいいだけの話ではありますが、上司との距離を開けてしまうと仕事や評価に響いてしまう事もあるので、気を付ける事が必要であるといえるでしょう。

13.キライな同僚

同僚が少ないという方はあまり感じる事はないかもしれませんが、同僚が多いと誰かひとりくらい嫌いな同僚っていませんか?

嫌いな人とは無理にかかわる必要もありませんが、チームワークの必要な職場だったり、狭い職場だとどうしても関わりは出来てしまいます。

極力距離を開ける事をお勧め致しますが、どうしても関わざるを得ない時には割りきって関わった方が、変な距離が出来にくくなりますよ。

14.先輩と合わない

職場の先輩と合わないとストレスってとても溜まりますよね。

基本的に、先輩を立てないといけないですし、自分が嫌な事でも先輩が望んだらしなければいけないような風潮がある所もあります。

先輩との付き合いも大事ですが、無理に付き合ってストレスに感じるような事は極力増やさないようにする工夫も大事です。

かといって、あまりにも付き合いを拒否しすぎると仕事に響いてしまう事もある場合もあるので、上手に立ち回る事が大事だといえるでしょう。

15.ランチや飲み会付き合いがダルい

職場において、面倒くさい付き合いってありますよね。

あまり好きでもないのに、付き合いで飲み会やランチに行かないといけない事もあります。

好きでもない人との共有する時間って本当にに苦痛ですし、時間がもったいないと感じるでしょう。

嫌な時ははっきり断るのも大事ですが、断りすぎると関係にひびが入る場合は、適度に付き合う事が大事です。

ただ、どうしても嫌な時には何か適当な理由を前もってしっかり考えておくなどの相手に嫌われない工夫が大事です。

④待遇の悪さから来るストレス

仕事をしていると感じるのが、待遇ですよね。

待遇と一口にいってもたくさんの種類がありますので、自然と感じるストレスの種類もたくさんあります。

待遇も人間関係と同じでなかなか改善されにくい事ですし、その上毎日といっていいほど感じるストレスにもなるので、

しっかりと対策であったり、考え方を変えるなどの工夫が必要であるといってもいいでしょう。

16.給料が少ない

待遇と聞いて、一番にピンとくるのがやはり給料でしょう。

職場毎によっても違いますし、人によっても違う所なので、噂などで自分よりももらっている存在が出てくると良いなぁと思ったり、つい比べたりなどの考えも出てきてしまいます。

そのうち、少ない給料に不満を持ったり、怒りを覚えたりする事もあるでしょう。

必要であれば、転職やスキルアップに関する努力を行う事も視野に入れたり、不満の分だけ仕事を頑張るなど、前向きな気持ちに転換する事が非常に大事だといえるでしょう。

17.休日が少ない

仕事ばかりしているとどうしても疲れがたまったり、自分のしたい事が出来ないという状況になってしまいます。

休日って本当に大事で、普段たまったストレスを解放したり、積み重なった疲れをいやしたりなど、非常に大事です。

ただ、休日が少ないとたまるストレスも大きいですし、したい事も出来なかったりして本当に苦痛に感じる事があります。

休日が少ないという事は、そういった様々な不満がたまってしまう事にも繋がるので、

休みの少ない仕事をしても、それ以上のメリットがあるのかどうかという事も含め、総合的に今の仕事でいいのか悪いのかを判断する事が大事であるといえるでしょう。

18.残業が多い

これは人によって考え方が違うかもしれませんが、基本的に残業が多い職場は負担が大きいですよね。

残業があるという事はしなければいけない事がたくさんある証拠ですし、その分疲れは大きいです。

もちろん、残業代という賃金があるのであれば問題ないという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、残業代も出ない、サービス残業という職場もあるようなので、そういった所からくるストレスは尋常ではないかと思います。

しっかりと自分の職場環境がどうなのかという事を第三者の目線で判断する事が大事であるといえるでしょう。

仕事ストレスの解消法


仕事と一口にいってもたくさんのストレスの種類があるという事を紹介していきました。

ストレスを感じる部分は人それぞれですし、感じる度合もまったく違ってきます。

ストレス社会といわれるように、たくさんのストレスと関わって生きていく中で、一番大切なのはストレスとうまく向き合う事が大事です。

ストレスをためすぎてもいけませんので、適度に発散をする必要があります。

では、どういう事をして仕事のストレスを発散しているのか?という事が気になる方も多いかと思います。

なので、今回は人気のストレスの発散方法をご紹介していきたいと思います。

体の疲れのストレス解消法

まずは、肉体的な疲れからくるストレスの解消法についてご紹介していきたいです。

肉体的なストレスを感じる事はかなり多いかと思いますので、適切なストレス解消法が大事です。

なので、肉体的な疲れを感じている方は、是非ご紹介する方法を実践してみて、疲れをふきとばしてみてくださいね。

入浴剤でリラックスのバスタイム

お風呂にお湯をためてお湯につかるだけでもかなりリラックスできますが、簡単に普段と違う気分でリラックスするには、入浴剤を使う事が非常におすすめです。

簡単に実践できますし、手間もお金もあまりかからないので、是非今まで経験した事がない方は一度試してみてはいかがでしょうか?

マッサージに行く

肉体的な疲れを感じた時には、体の筋肉が硬くなっている事がいえます。

体の筋肉が硬くなっている事で、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなる事で、体の不調をきたしてしまう事はかなりありますので、体の筋肉をほぐすマッサージはストレス解消にも非常に有効です。

体の筋肉がほぐされる事で、肉体的な疲れもふっとぶ事が出来ます。

肉体的な疲れには肉体的なケアを行う事がおすすめです。

サプリメントを飲む

手軽に出来る方法としてはサプリメントも非常にお勧めです。

サプリメントの良いところは気軽に、時間をかけずに栄養を取り入れる事が出来る点です。

基本的に、疲れが溜まっている方は普段時間がない方だったり、仕事が忙しい方なので、栄養を摂取出来るような料理を作る時間もなかったりします。

なので、栄養を気軽に摂取できるサプリメントや、疲労回復を持っているサプリメントはとてもお勧めであるといえるでしょう。

好きなことに没頭する時間を意識的に作る

自分が夢中になれるような事を作る事は非常に大切な事です。

何か一つでも自分が胸を張って好きだと言えるような事を行う事で、ストレスも解消されますし、人生においても花が咲く事にも繋がります。

その熱くなれる事が何かしらの出会いであったり、経験を運んでくれる事にもつながるかもしれませんし、日常の嫌な事もそれがある事で頑張れるかもしれません。

何かを頑張れる活力にも繋がりますし、嫌な事ばかりを考えなくさせてくれる要因にもなりますので、非常にストレスに対しても強いという事がわかるでしょう。

ブルーライトカットのメガネを使用する

もしも普段の仕事のストレスにおいて、長時間のパソコン使用に関わる疲れであれば、是非ブルーライトカットメガネを使ってみてはいかがでしょうか?

多少出費はかかりますが、そこまで高い物でもありませんし、長く使っていただけるものなので、費用対効果はかなり高いのではないでしょうか?

少しでも目の疲れからくるストレスがかかっているのであれば、お勧め致します。

満員電車のストレス解消法

通勤のストレスの一番最初に思いつく事象として、満員電車の通勤をご紹介してきました。

満員電車のストレスの解消法についてもご紹介していきたいと思いますので、少しでも活かせる方法があれば試してみてくださいね。

いずれも簡単に実践できる方法となっているので、是非チャレンジしてみてください。

少し早い時間の電車に乗る

いつも乗る電車の時間はラッシュの時間帯になっていませんか?

朝の時間って確かに一分が大きいですし、毎朝ぎりぎりまで寝たいって思うかもしれませんが、早起きしてすいている時間に電車に乗る事が非常にお勧めです。

ストレスも満員電車の時ほどかかりませんし、早起きをする事で、時間という副産物も生まれてきます。

時間に余裕が生まれる事で、普段とプラスアルファなにか違う事が出来るので、時間の有効活用も出来ますので、非常におすすめですよ。

始発から乗る

同じような事を考えている方もいらっしゃるかもしれませんので、ちょっと早い電車だとまだまだ人は多いかもしれません。

なので、始発に乗るという事を自分のルールとして決めておけば、普段の行動もそれを基準として行動出来るので、慣れてくるとまったく辛くなくなります。

行動基準をあらかじめ明確にしておく事で、慣れる事も出来ますし、無駄のない行動を行う事も出来ます。

「みんな大変だな」と思うようにする

ついつい嫌な事があった場合って、なんで俺ばっかり…とかついてないなぁ…と思ってしまいますよね。

ただ、冷静に考えてみると周りだってそれが好きでそうしているわけではありません。

みんな嫌だなぁと思いながら満員電車に揺られているのです。

なので、自分だけと思わずに、みんながそう感じているんだという事をしっかりと理解する事で、

嫌な気持ちを抑えることが出来ますので、考え方を少し変えてみる事も非常にお勧めですよ。

逆にやられたらやり返すくらいの気持ちになる

満員電車といえば乗っていると周りから押されたりとか、足を踏まれたりとか嫌な目にあったりしますよね。

やられたら痛い思いをしますし、怒鳴るわけにもいかないので、ストレスだけがふつふつとたまっていってしまいますが…逆にやられたらやり返すくらいの気持ちでいきましょう。

そうなるとやられても自分もやってやるという一種の開き直り作戦で気持ちを前向きにもてるようになります。

考え方ひとつで楽しくも感じる事が出来るようになるので、普段は相手を押せる経験なんてできないと思いながら満員電車に乗っていると楽しく感じるかもしれませんよ。

見た目から早く降りる人を見極める

見た目からどうやってわかるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、けっこうよくよく考えると理にかなっている方法なんです。

まず、寝ている人で下を向いて寝ている人は駅を気にしていない証拠なので、まだまだ下りない証拠であり、

電車が止まるたびに駅を確認する人はもう少しすると降りる方という事になります。

また、同じ電車で毎回居合わせる人がいれば覚えてしまうという事も一つの手です。

よくよく工夫すると降りるタイミングがわかってくるので、技として習得してみてくださいね。

スマホで音楽を聴いたりラジオを聞いたりする

満員電車だと、自分の空間がなくなってしまいますよね。

なので、自分だけの空間を作るつもりでも、音楽をイヤホンで聞く事は非常におすすめです。

音楽を聴く事で、ストレスの解消にもなりますし、スマホで手軽に聞けるのでとてもお勧めです。

お気に入りの音楽リストを是非作っておけば、テンションもあがりますし、音楽によって雑音が遮られて、自分の空間が出来る事で自分の場所が作れるようになりますよ。

人間関係のストレス解消法

人間関係のストレスの解消方法ってとっても難しいですよね。

なかなか状況を変える事も難しいですし、一番悩みの種になる問題だと思います。

そんな人間関係のストレスも、気が付いたら発生してしまったりと、思わぬタイミングでふりかかってしまう事があります。

なので、しっかりと対策を考えておく事で、いざという時に対応出来るので、是非把握しておいてくださいね。

友達に愚痴る

一番すっきりするのは、誰かに愚痴る事ですよね。

特に、一番適切なのは会社とは関係のない友達などに愚痴る事が大事です。

もし会社の同僚に話してしまった場合、何かの拍子でばれてしまうかもしれませんし、

まったく関係のない友達に話す事でバレル事もないですし、すっきりするので是非友人に愚痴る事をお勧め致します。

同じ人をキライな仲間を見つける

同じ人が嫌いな仲間って絶対にどこか存在しますよね。

そういう仲間を見つけて、こっそり愚痴の話をする事はあまり良い事ではありませんが、けっこう楽しいですよね。

あまりにもひどい悪口大会はあまり良くありませんが、普段たまったストレスをどこかで発散しないとやってられないですよね。

なので、たま~に愚痴のはける場をセッティングする事で、普段のストレスに押しつぶされないようにする事が出来ますので、ちょっとした工夫を凝らしてみてくださいね。

カラオケで文句や悪口を叫ぶ

普段は大きな声で叫ぶ事ってなかなかできないですよね。

でも一度大きい声を出した事がある方ならわかるかと思いますが、大きな声で出す事でストレスの解消にもなりますし、

普段経験できない事なので、その分ストレスが大きく軽減される方法になるでしょう。

なので、カラオケなどで人の迷惑にならない環境で発散するなどの方法をとる事で日常の不満を解消できるかと思います。

最近は一人でカラオケにいく方も非常に多いですし、気軽にカラオケ店にも入れるので、経験した事がない方は一度試してみてはいかがでしょうか?

思い切って誘いを断る

もしもあまり好きではない人からの誘いが頻繁にある場合は、思い切って断ってしまう事も必要です。

あまりにも相手に合わせすぎてしまうという事はあまり良い事ではありません。

相手に合わせすぎてしまうあまりに自分が無理をしてしまうという事は良い事ではないので、しっかりと自分をもって必要な時には断る勇気を持つ事が大事です。

断れない自分という事もストレスの原因になっている場合もあるので、そんな自分を変えるという意味でも勇気を出す事は必要であるといえるでしょう。

待遇の悪さのストレス解消法

待遇が悪い場合のストレス解消法ですが、これは行動力が必要になってくる場合があります。

なかなか簡単に変えられる事でもありませんので、しっかりと努力を行う事が必要になってきます。

継続的な努力が必要な場合もありますし、行動力が必要な場合もありますので、現状を変ええるにはしょうがないという事を理解し、少し努力を行ってみてはいかがですか?

また、簡単に実践できる事もご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

転職をする

総合的な待遇改善を望む場合には、一番手っ取り早いのが転職をする事です。

しっかり考えて、転職する事が今後良い方向にいくのかという事を考えながら行動する事で、後悔しない結果を得る事も出来ますし、

行動する事で成功を味わう事もできるので、後悔しないようにしっかりと判断する事が非常に大事であるといえるでしょう。

副業で稼ぐ

金銭面で不満がある場合には、副業をする事をお勧め致します。

簡単な副業程度なら、月に数万円くらいなら稼ぐ事も出来ますので、自分に合った副業を探してみてがいかがですか?

大きく稼ぎたいと思うのであれば、それなりに何かしっかりと技術や知識を学んで、行動する事が大事なので空いた時間で様々な副業を探してみてはいかがですか?

小さな贅沢を味わう

待遇が悪い中でも、普段頑張っている自分にご褒美を上げる事は非常に大切な事です。

頑張っている自分にご褒美を上げる事で、たまに贅沢する事でたまったストレスを解消する事も出来ます。

上手にストレスと付き合う事で、貯めすぎない生活を送る事が出来るかと思いますので、しっかりとストレスに対して向き合う事を初めてみてくださいね。