CoCoSiA(ココシア)

仕事のストレス4パターン18種類と、その解消方法

現在の世の中、大多数の方が会社に属し、仕事とほぼ毎日向き合っている生活をしているかと思います。

中には自分で仕事をしている人のいるかもしれません。

しかし、一般的には会社に属して仕事をしている人の方が多いと思います。

生きていく為には、仕事をする必要があるとは言いきれませんが、お金は必要です。

お金を稼ぐ手段として、大多数の方が会社員として仕事を普段頑張っているわけなのです。

人間、どんな状況であろうと少なからずのストレスを受けている事が多いとされています。

仕事の関係でストレスに感じた経験って恐らく誰しもがあるのではないでしょうか?

今回はそんな、仕事のストレスについてご紹介していきたいと思います。

ストレスもたくさんの種類がありますし、解消法もたくさんあります。

気が付かないうちにストレスでやられてしまわないように、ストレスを感じている事を確かめながら、溜めないようにうまく発散していく事が大事です。

もしもあなたが今ストレスに敏感になっているのなら、ご紹介する内容でひとつでも気になった事があれば活かしてみてくださいね。

日々、仕事でストレスが溜まる

仕事のストレスが溜まっている

仕事をしているとストレスに感じる事はたくさんあります。

むしろ、仕事でストレスを感じた事がないという方はいらっしゃらないのでしょうか?

ストレスって実は普段何気ない所からも感じているケースが多く、実感していないだけで普段生きているだけでもストレスって感じているんです。

例えば、仕事ではなくても、電車に乗っただけで、周りの人と同じ空間を共有するというだけでも少なからずストレスって感じているんです。

もちろん、満員電車でなくても、です。

普段の何気ない事でもストレスを感じているのに、仕事のように責任ある行動を求められる場ではストレスを感じない人の方が珍しいかと思います。

まずは、気が付かないだけでストレスを自分の体に貯めているという事は自覚しておいてください。

仕事ストレスの4パターン、18種類

さて、普段の生活の些細な事でもストレスを人間は感じる生き物だという事をご紹介していきましたが、

今回は仕事場に関してのストレスのご紹介をしていきたいと思います。

仕事場のストレスと一口に言ってもたくさんの種類がありますので、一言では片づけられないかと思います。

ご紹介する中で、共感していただける事がたくさんあるかと思いますので、一緒に納得しながら見て頂ければ幸いです。

①疲れから来るストレス

仕事のストレスが疲れからきている
まずご紹介するのが仕事の疲れからくるストレスです。

ストレスも精神的に来るときもあれば、肉体的に感じる時もありますよね。

様々な場面からくるストレスですが、一番直観的に感じるストレスとして肉体的に感じる疲れからのストレスでしょう。

では、どんな時にストレスを感じるのか?様々な場面ごとに見ていきましょう。

1.休む時間がない

仕事が忙しすぎて、休める時間がないという所からくるストレスですね。

仕事を始めたばかりの人は仕事を覚えるまではなかなか抜ける所がわからないので、常にあたふたしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

また、ある程度の経験をしてくると責任ある立場を任される事もあり、そうなった方は仕事量が膨大になったりしてこちらもなかなか休める時間がなくなってしまうかもしれません。

おのずと残業もせざるをえない状況になってしまったりと、ますます時間がないと感じる事になるかもしれません。

休む時間がないと、自分の時間も当然なくなりますし、ストレスが溜まってしまうかもしれませんね。

2.仕事が頭から離れない

仕事が頭から離れないという経験をした事がある方はけっこう多いのではないでしょうか?

もちろん、普段はそうでもないかもしれませんが、例えば失敗を繰り返してしまった日だったりとか、大事なプレゼンや商談が控えた前の休みとか。

何か自分の心の中に潜んでしまうような場面ってありますよね。

何気ない日常でも、大きいストレスを感じると途端に仕事がいやだという感情だったり、

失敗したくないという怖い感情が出てしまったりと、仕事が頭から離れなくなってしまう事はあるかもしれません。

そうなってしまうと、休める時も休めない状態になってしまい、常にストレスを抱えてしまうような状態になってしまいます。

休みが毎日ない状態と同じで、常にストレスを抱えた辛い毎日に感じてしまうかもしれません。

3.ぐっすり熟睡できない

ストレスを感じていると、なかなか熟睡できなくなってしまう事があるかもしれません。

睡眠を得る時には基本的にはリラックスしている状態にならないと睡眠できません。

もちろん、リラックスできない状態のままですと、当然ながら睡眠につけたとしても良い睡眠を得ているとはいえないでしょう。

結果的に、熟睡できずに体の疲れがたまったままの状態だと感じる事も多々あるのではないでしょうか。