CoCoSiA(ココシア)

短ランとは何?ヤンキーが着ていた不...(続き2)

セミ短+ボンタン

セミ短とは長ランより短く短ランより長いんですがサイズが合ってないだけ?的な印象イメージですね。

標準サイズから着丈少しだけ短く65~70㎝位のものです。

1980年代前半の時代です。

あまり格好がいいとも言えずかといって短ランにするにも勇気がないようないわば不良のパシリが着る印象が強い服装です。

または中学1年生が不良に憧れはするものの先輩のようにはまだ勇気もなく着ているようなイメージです。

ほんの少数派の学生服でした。

極短+ボンタン

極短とは短ランより短い標準より40センチ未満の学生服の事を言います。

ボタンは4個が主流。

3個しかない奴は相当やばい奴なんて言われていたようです^^;すごい時代ですよね。

この頃の少年漫画や映画も流行りました。

1980年代後半から1990年代に見られました。

この時代は学生服の移行期とも言われています。

中ラン+スケーター

着丈が標準より75.5センチから90センチ未満の丈の事です。

1990年代の中盤から見られた学生服です。

今から一番近い年代になるでしょうか。

この辺りで変形制服も終盤を迎えたのではないでしょうか。

学生服もブレザーなどに変わっていきましたね。

不良文化と呼ばれた
時代も終わり流行や中高生のファッションに対する考え方や思考にも変化が出てきた年代といえるでしょうか。

長ラン+ボンタン

着丈の長さが90㎝超えの学ランのことです。

ボンタンという裾の広いズボンと組み合わせて履くのが主流です。

このスタイルはオシャレと言うよりも硬派はイメージが強く大学の応援団が来た事が始まりと言われています。

不良=硬派なイメージの時代ですね。

1960年代と時代はさかのぼります。

昭和30年代以前の学生服には既製服は少なかったようです。

そのためもあり基本的にオーダーメードであり個性によって好きなスタイルを確立していく内に出来上がっていったのかもしれませんね。

変形学ランが流行った背景


そもそも変形学ランが流行った時代背景とはどのような者だったのでしょうか。

1960年代ごろから中高生の学生服の変化が出始めました。

自分の個性や自己主張の現れとして制服を変形するようになったようです。

1970年代、学校が最も荒れ始めた時代と言えるのではないでしょうか。

1970年代中期以降は校内暴力という言葉が社会問題にもなりました。

卒業式には厳戒態勢をとるような学校も多かった時代と言えます。

教師も生徒も本気でぶつかり合っていたような時代ですね。

今の教師だったら体罰とかになるのでしょうか?いえいえ先生も弱音を吐いていたらえらい事になってしまうような。

今では考えにくい時代背景ですね。

不良マンガの影響

1980年代に入ると不良マンガも多く読まれるようになってきました。

そこから映画化もされ漫画の主人公の制服に憧れ学ランも丈が短くなったりとオシャレに変化してきた事だと言えますね。

普通の女子中学生が不良に憧れたりと少し時代の変化が生まれてきた時代と言えると思います。

当時ハヤッた髪型

制服だけでなく髪型にも変化がありましたよ。

時代と共に今では考えられないようなヘアスタイルが流行っていたこともありました。

その時代はそれが流行っていたんですね。

不良と言えば変形学ランにこの髪型とセットのような状態でした。

リーゼント

リーゼントと言えばロックなイメージとして今の若い人でもわかるかもしれないですね。