女性、男性を問わず、人の性格は育った家庭環境から大きな影響を受けるものです。

また、姉妹や兄弟関係も影響を及ぼします。

長女か次女か、長男か次男かによっても、性格形成に影響を及ぼすと言われています。

長女にとっては上に兄がいるケースと自分が両親にとって初めての子供になるときも性格形成に影響を及ぼすことがあります。

長女は親にとっては初めての女の子のため、『可愛く育てたい』という親の意気込みは大きいと言えます。

また、親にとって初めての子供が長女なら、かける期待も大きくなります。

親にとって、初めての長子を育てることは『未知の世界に船出する心境』になり心の余裕もなく、一生懸命に子供と日々向き合う生活を送ることになります。

特に長女には、『可愛くなってほしい』という長男には抱かない、見た目の容姿までも長女に期待を寄せるのです。

あなたが長女なら、親からの大きな期待を一身に浴びながら育てられてきたことでしょう。

あなたは親の大きな期待感を自覚するかしないかに関わらず、無意識のうちに親からの期待に『応える』ための考え方や振る舞いが自然に身についていることでしょう。

親からの期待に応えることは、『よいい子』になることと子供ながらに考えて育ってきたことでしょう。

長女は子供ながらに『いい子』になるように心掛けることを無意識のうちに身につけるのです。

最も身近な存在である親の心を読みながら、期待に応える言動を心掛けながら育っていくのです。

妹や弟がいる長女は、妹や弟のお手本になることを親から求められる家庭環境で育っていくのです。

親にとって、生まれた子供には、元気で頭の良い子に育つことを期待しますし、女の子には更に『可愛くなるように』という期待感が加わるところが男の子とは異なる面です。

また、長女の中には、親の『写し鏡』の人生を歩み出すこともあります。

しかし、自我が育ってきて思春期を境に親からの期待を窮屈に感じ始め、期待感から『解放されたい』心境になり、反抗期に突入します。

長女は子供時期には親の期待を担って親の思い通りの言動をしてきても思春期を境にして、親の価値観から外れる言動を露わにすることがあります。

長女にとっては、親からの期待という『鎖』を解き放ち自由に自分自身を謳歌し始めるときが思春期なのです。

思春期を過ぎると自立した独りの女の子として船出をしていきます。

その後、大人の女性として成長していく過程で再び、親からの『いつ結婚するの?』という期待に直面することになります。

あなたが長女なら、親からの期待を乗せたコトバに振り回されないようにシッカリとした自立心を養うことで、長女という『鎧』から自らを解放することができます。

長女の10個の特徴

長女は、妹や弟にとって、お手本となる振る舞いをするように求められることが多々あります。

長女にとっての子供時代は、親からの期待に応えることで『いい子』になれると思うことが少なくなかったことでしょう。

長女は、親からの期待に応えるために、妹や弟のお手本になる振る舞いをしなければならないという『自制心』で自分の心を『縛る』傾向があります。

自由な振る舞いにより『羽目を外す』ことをしないように、自分の心を自制しながらの生活が染み付いてしまうところが長女としての『さだめ』を感じるところと言えます。

長女には、親の心を読み取りながら日々を送る『癖』がついてしまうのです。

1.しっかり者が多い


長女は心の奥で自制心を働かせながら振る舞うため、周りの人の目には『しっかり者』として映ることがあります。

妹や弟がいる長女は、親からお手本的な言動を求められることが多々あります。

弟や妹のお手本になる言動を求められるため、羽目を外す行為を抑える習慣が染み付いてしまいます。

長女は親の期待感を読み取りながら行動する癖が身についているため、『しっかり者』として観られることが少なくありません。

『しっかり者』というコトバは大人が子供を評するときに使いますが、子供の立場からみると快いコトバには思えません。

特に周りの人から『しっかり者』と言われる長女にとっては『窮屈さ』を象徴するコトバにしか思えません。

貴女が長女なら『しっかり者』というコトバからは、快い思い出は浮かばないことでしょう。

『しっかり者』というコトバは長女にとっては、自分の心を『縛る』コトバでしかありません。

大人の価値観を象徴する『しっかり者』というコトバは、子供の心を縛り自由な伸び伸びとした感性や感情表現を抑える響きを持っています。

頼られることが多いから

長女は親の『写し鏡』のように親の期待に沿った振る舞いをして、親の気持ちを満足させようと気遣う面があります。

親への気遣いから、『疑似大人』のような言動をするため、周りの同世代の友達からは『頼れる存在』として映るのです。

妹や弟がいる長女にとっては、親の代わりになって、妹や弟から頼られる事が多々あるため、周りの人から頼られることがあっても、抵抗感なく自然な振る舞いとして出来るのです。

長女には、落ち着いたシッカリ者の雰囲気がありますので、『頼りになる』と観られることが少なくありません。

このため、周りの同年代の友達から頼られることが多くなります。

同年代の友達からは『何でも知っている大人』のように観られることがありますので、自然と周りから頼られることが多くなります。

長女は、落ち着いていて物事を冷静に観て判断する大人っぽさを持っているという印象を周りの人に与えます。

落ち着いた雰囲気が『頼りになる』印象を醸し出しています。

同世代の友達から頼られて、難なくコナス姿は、より一層、頼られる存在を印象付けます。

2.甘えるのが下手である


長女にとって妹や弟が居ると、親からは『お姉ちゃんだから我慢しなさい』と言われて育ってきた経験をもつことは多々あります。

両親は、長女には早く大人になって欲しいという期待感を抱いているため、『お姉ちゃんだから』というコトバが口から出てしまいます。

親にとって長女が初めての子供であるときは、多くの『夢を託す』気持ちで初体験の育児に専念します。

長女にとっては、親からの期待のコトバを何度も聞かされて子供時代を過ごしてきたため、親は『甘える』存在としては映らないのです。

親は自由に甘えることのできる存在ではなくて、自分に期待を『浴びせてくる』存在として映っているのです。

幼少時に甘えることをしてこなかったので、甘え方が分からないのです。

特に、妹や弟のいる長女にとっては、親に甘えることができるのは『弟や妹だけ』と思い込んでいて、自分には親に甘える順番は回って来ないと思っているのです。

幼少時に育ってきた家庭環境のため、甘えるのが下手なのです。

小さい頃から「お姉ちゃんだから」と言われていた

長女は、弟や妹の『お手本』になることを求められます。

兄弟妹とのケンカのときも「お姉ちゃんだから」というコトバを親から向けられて我慢してしまうことが少なくありません。

長女にとっては、「お姉ちゃんだから」というコトバを向けられることは、『我慢しなさい』という響きをもって心に重く圧し掛かってくるのです。

「お姉ちゃんだから」というコトバを向けられることは、長女にとっては、気持ちを素直に発散することを許されない、という意味として受け止めます。

長女にとっては、『羽目を外す』ことは、親からの期待に沿わないことになると考えて、出来ないのです。

長女は、小さい頃から「お姉ちゃんだから」と言われ、言葉遣いやお行儀などで、弟や妹の『お手本』になるような振る舞いを求められて育ってくることが少なくありません。

ですから、自分の気持ちを優先させた自由な振る舞いをしたくても出来ずに自制心が働き、自分の気持ちや感情を抑えることが身に付いてしまうのです。

長女は、日々の生活の中で親の気持ちや感情に常に『アンテナ』を高く向けています。

親の考えを漏らさずキャッチして、親の期待に応えようとします。

自分の感情よりも親の感情を優先させることがあります。

しかし、思春期を境にして自我の目覚めから親の感情よりも自分の感情を優先させる行動へと変化していくことがあります。

長女にとって、自分の感情を素直に表現した言動ができないことからくるストレスを抱えることがあります。

親に甘えたいけど、甘えられない。

親にしてもらいたい事があるけど我慢をしている。

親は自分の気持ちを解かってくれないので寂しい。

自分の気持ちを解かってほしい。

弱い面があるけど表に出せない。

「お姉ちゃんだから」というコトバは、長女の自由な感情表現を抑えてしまうことになります。

自分で自分の気持ちを抑圧してしまう習慣が染み付き、長女の素直な感情の成長を歪める状況を招くことがあります。

3.真面目である

親の持つ価値観が長女のもつ価値観に大きく影響することがあります。

長女は、自分の考えを親の考えに合わせようとしますので、親の目から見ると『真面目』に映るのです。

長女は、親の価値観で作られる『真面目』という『鋳型』を敏感に感じ取り、合わせようとすることがあります。

長女は親からの期待感を察知して、自ら真面目という『鋳型』から外れないような振る舞いをするようになるのです。

真面目という『鋳型』は、長女の心から自由な感性を奪うことになります。

1人目は両親が丁寧に育てるから

両親にとって、1人目の子供を育てることは、何もかも初体験の連続なので、間違いのないように慎重に丁寧に育てることに一生懸命になります。

親の間違いやウッカリ油断のために子供の健康やケガで容姿を損なうことの無いようにと慎重な心構えで子育てに専念します。

子供に怪我などがあると責任は両親に集中します。

特に母親の立場にある女性にとっては、育児ノイローゼに罹るほどのプレッシャーに包まれることがあります。

特に、初めての子供が女の子の時は、『可愛く育てたい』という親の欲も重なり、特に母親の立場にある女性にとっては精神的に大きな負担になります。

女の子をもつと、『うちの娘のほうが可愛い』という母親同士の密かな競争心の火花を散らすこともあります。

1人目の女の子の育児は、母親にとって『可愛い娘』に育てたい、『良い娘』に育てたいという欲と他の母親との競争心も重なり、育児初体験のプレッシャーに包まれた日々を送ることになります。

両親にとって1人目の子は、子育て初体験なので、『何かあってはならない』という気持ちから、育児が丁寧になります。

親の子育てへの丁寧さや慎重さが子供の性格形成に良い影響を与えます。

4.責任感がある

長女がもつ責任感は自らの気づきから身に付いたものとは限りません。

両親からの期待が長女に責任感を植え付けることもあります。

長女は幼い頃から、『可愛い娘』、『良い娘』という両親からの期待感を象徴するコトバを浴びながら育ってきています。

このため、長女にとっては、親からの期待を裏切らないようにするために、自分の言動を自制することが少なくありません。

長女が抱く自制心が責任感を育んでいくのです。

両親からの期待感は長女にとって、期待を裏切らないための責任感にスリ替わってしまうのです。

長女がもつ責任感は自ら身につけたものではなく、親からの期待感がキッカケになっていることがあります。

ですから、長女が抱く責任感には、弟や妹のお手本になるように、また、親からの期待に応える良い子になるように、可愛い娘になるようにという幾つかの義務感が重なり合っていますので、心に余裕を持てない心理状態に追い込まれることがあります。

融通がきかない

長女の心には、両親からの期待感に『応えなければならない』という義務感が圧し掛かっていますので、余裕のもてない心理状態に陥っています。

このため、周りの人から観ると『融通がきかない』人に観えてしまいます。

長女の心は、義務感で一杯になっていますので、融通を利かせるための心の余裕が持てない心境に追い込まれています。

融通のきく長女になるように育てるためには、両親が子供に過度な期待感を抱かないことが大切です。

親からの過度な期待感は子供の心に重く圧し掛かり、長女の心から余裕を奪ってしまいます。

余裕を失った心のために融通のきかない女の子になってしまいます。

両親からの期待感が長女の心を縛ることになるため、融通のきかない子供になっても長女を責めることはできません。

長女にとっては、親からの期待感から解放されることで、心に余裕が生まれて融通が利く心の持ち主に変わっていくことがあります。

5.我慢強い

弟や妹のいる長女にとっては、両親が弟や妹の世話を優先させるため、親からの世話が自分の順番に回って来ないことが多々あります。

このため、親から手を掛けてもらえないことが多くなり、次第に我慢をすることが増えてきます。

日々の生活の中で我慢をすることが増えることで、『我慢強い』長女になっていくのです。

長女がもつ我慢強さは、本人が望んでなったものではなく、やむを得ず我慢をする立場に追い込まれた結果と言えます。

長女にとっては、親に手を掛けてもらえる順番が妹や弟の後になるため、我慢をすることが日常的になり、我慢強さが身に付いていくのです。

長女が我慢を強いられることによるストレスを抱えて思春期を迎える年齢になったとき、我慢強さを払拭したい不満を親にぶつけることがあります。

長女から本音をぶつけられた親は、素直に長女の感情を受け入れてあげることが必要と言えます。

長女が今まで我慢をしてきた生活を払拭したい感情を両親が真摯に受けとめてあげることで、長女が永い間抱えていたストレスを解消することが出来るのです。

長女は、自分の本音を受け入れてくれた親の理解に安心して、心が和らいできます。

長女の心が和らぐことで、我慢をすることを素直に受け止めることが出来る余裕が生まれます。

こうして、長女自身が納得をした上での我慢強さが身についていくのです。

ストレスを溜めやすい

長女に妹や弟がいるなら、親が手を掛けるのは妹や弟が先になるため、長女が後回しになることがあります。

長女にとっては、日々の生活の中で我慢を強いられることが繰り返されることで、ストレスがうっ積してきます。

また、親から向けられる期待を義務として受けとめるため、自分の素直な気持ちの表現を抑える癖が付いてしまいます。

自分の素直な気持ちを表現することよりも親の期待に応えることを優先させるため、長女の心の中には次第に不満が積もってきます。

心の中に積もった不満は、ストレスとなり長女の心を圧迫します。

親が向ける期待感は、長女の心をストレスうっ積状態に追い込んでしまうのです。

長女がストレスを溜めやすい状態に陥るのは、親が抱える初体験の育児による不安な心理状態が大きな影響を及ぼしていることがあります。

長女がストレスを溜めやすい状態に陥っていることを親が感じ取った時は、親自身が長女に向けている心理状態を振り返ることが大切です。

長女の心をストレスから解放してあげるためには、親自身が長女に向けている不安と期待を払拭することが必要です。

親自身が長女に向けている不安と期待感を払拭することで、長女が抱えているストレスを溜めやすい心理状態を払拭することができます。

6.現実的である

長女は、幼少時からの生活習慣により、親の考えを感じ取る癖が身についていますので、大人の気持や感情を読み取ることが得意です。

このため、大人の持つ現実的な考えの影響を受けて育つことから、物事を現実的に捉える傾向になっています。

また、妹や弟をもつ長女は、家庭生活の中で頼られる経験を多く持っていることから、現実は甘くない事を実感として感じ取っています。

妹や弟から頼りにされる長女には、物事を現実的に捉える傾向が『染みついて』いるのです。

コツコツと努力を積み上げる

妹や弟をもつ長女は、親から面倒をみてもらう順番が後回しになることが多々あるため、親を頼らない自立心が幼少の頃から育ってきます。

長女は、親に頼らずに自分のチカラでコツコツと努力を積み上げることが必要であることを実感しながら成長していくことが少なくありません。

コツコツと努力を積み上げていくことで自立心が芽生えてきます。

長女に芽生えた自立心は、自分自身のチカラで物事を達成できる自信を育んでくれます。

自分のチカラでコツコツと努力を積み上げる姿を妹や弟に見せることは、良い『お手本』を見せることになるのです。

コツコツと努力を積み上げる姿を見た妹や弟にとっては貴重な人生勉強の場面になります。

また、親を頼れない気持ちが長女の自立心を育み、コツコツと努力を積み上げていくことで逞しい精神力が備わっていくのです。

7.実は強がっている

長女の中には、物事に積極的に向き合う気の強い性格のタイプと気の弱い消極的な性格のタイプがいます。

消極的な長女は、親から向けられる期待に応えるために、弱音は見せずに強がる姿を通し続けることがあります。

弱音を見せることは期待に沿わないと思い込んでいる長女は、強がる姿を通し続けます。

強がる姿を親に見せることで、親の関心を惹こうとするのです。

親から関心を向けられる順番が妹や弟の後になることが多い長女は、『親の関心を自分に向けさせたい』という欲求に駆られています。

親から関心を向けてほしいと渇望する心理状態が、強がる姿として表われてくるのです。

一見、頼りに見える長女の言動も、実は本心とは裏腹な弱音を隠すために強がっている姿の時もあります。

「大丈夫」というのは嘘

親からの期待を浴びながら育ってきた長女にとっては期待に応えることで、自分の存在を誇示しようとします。

期待に応えるためには弱音を吐くことは『許されない』という義務感が長女の心に強く根付いています。

このため、弱気になりそうな時には「大丈夫」というコトバが弱音を隠す『隠れミノ』になるのです。

長女が周りの人に「大丈夫」というコトバを向けるとき、同時に自分の心に向かって「大丈夫」と言い聞かせているのです。

自分の心に向かって「大丈夫」とイメージすることで、自信が湧いてきて自分の考えで積極的に物事を進めることが出来るようになるのです。

自分に自信が持てるようになると、親から向けられる期待感の呪縛から解放されて、心の開放感を実感できるようになります。

心の開放感を実感できるようになると、「大丈夫」という見栄を張る必要もなくなります。

8.めんどくさがり

親にとって1人目の子供のときは大事に育てるあまり、子供に何でもしてあげて手を貸すことが多くなる傾向があります。

親が何でもしてあげることで、子供自身が親の手助け無しに自分ですることを面倒に思うようになり、めんどくさがりになってしまいます。

親にとって初めての女の子の誕生により、女の子の子育て初体験が始まります。

親にとっては、長女が『可愛くなるように』という大きな期待感と初めての子育てへの不安が入り混じった心境を抱えながら育児に挑むことになります。

大切に育てようとするため、長女に何でもしてあげることが目立つようになります。

長女にとっては親が身の回りのことをしてくれるため、自分で身の回りの事をしない生活習慣になってしまいます。

長女にとっては、『親がしてくれる』ことが当たり前になっているため、自分ですることが面倒になってしまうのです。

長女が『めんどくさがり』になるのは、親の過保護に原因があると言えます。

親にとって、子供を大切に育てているつもりが、実は過保護になっていることがあります。

いつもは真面目でも心ではめんどくさいと思っているかも

日常生活で身の回りのことを自分で行うことを、長女は『めんどくさい』と思ってしまうことがあります。

親にとって長女が初めての育児経験であるとき、子供を大切にするあまり、親が子供の身の回りのことを全て面倒みながら育てることがあります。

長女にとって、身の回りのことを親がしてくれるため、自分で身の回りのことをする機会が少ないまま育っていくことになります。

このため、真面目な長女であっても、日常生活で身の回りのことは、めんどくさいと思ってしまうのです。

9.寂しがりである

弟や妹がいる長女は、親からの愛情を受ける順番が自分に回って来ないことが多々あります。

親からの愛情も『お姉ちゃんだから』との理由で弟や妹の後になり、いつも我慢をすることを強いられて育っていくことがあります。

親から愛情をかけて欲しい年頃のときに掛けてもらえない経験を重ねると、長女の心は愛情を渇望する心理状態に陥ってしまいます。

潜在意識に根付いた愛情への欲求は、寂しさとなって長女の心を包み込んでしまいます。

親からの愛情に満たされない幼少期を過ごした長女は『寂しがり屋』になっていくのです。

あなたが長女であって寂しがり屋なら、寂しい気持ちを分かってくれる友達や恋人を探すために前向きな行動をするように心がけましょう。

寂しさに包まれた日々から抜け出せずにいると自信がもてなくなります。

寂しさから抜け出すために、プラス志向で行動していくことを心掛けましょう。

1人の時間を大切にするが寂しくなる

1人の時間を大切にするのは、長女に限らず次女や長男、次男にも見られます。

しかし、妹や弟がいる長女は、『お姉ちゃんだから』という親からのコトバにより、妹や弟の面倒を見ることが多々あります。

妹や弟の世話をする日々が続くと『ユックリと自分の時間を持ちたい』心境になるものです。

自分の時間を持ちたい願望が1人の時間を大切にする心境にさせていくのです。

妹や弟の世話から解放されて、自分1人の時間を過ごすことでユッタリ感に浸ることができます。

しかし、長女は1人の時間を大切にする一方で、心を素直に打ち明けることのできる身近な人を求めています。

1人でいる時間を大切にしていながら寂しさを感じているのです。

1人の時間を持てても心が満たされることがなく、心を許せて本音の会話を交わせる身近な人の存在を求めるようになります。

長女にとっては、1人の時間を大切にする理由は、親から向けられる期待感を一時的にでも忘れるための時間でもあるのです。

10.他人の評価や視線を気にする

長女は両親からの期待を浴びながら育ってきますので、期待に応えることに一生懸命になり、親からどのように観られているかを常に気にする癖が付いてしまいます。

このため、周りの人からどのように思われているか、どのように観られえているかが最大の関心事になり、他人の評価や視線を気にする傾向が強くなってしまいます。

周りの人の評価や視線が気になり、自分のやりたいことを抑える性格になることがあります。

あなたが長女で、他人の評価や視線を気にする傾向があるなら、将来の生活も息苦しいものになりますので、自由な振る舞いができる生活に変えていくことが必要です。

長女であるあなたの心に重く圧し掛かっている『親からの期待』を払拭することが、あなたを変えるキーポイントになります。

あなたが精神的な面で親から自立するためには、自分の本心を表現する言動を心がけることです。

あなたの本心を遠慮せずに素直に出すように行動することで、他人の評価や視線を気にする『今までの自分』から『脱皮』でき、心の自由を謳歌できる生活を満喫できるようになります。

自分を出すことが苦手

長女は、親からの期待感で心が包み込まれていますので、自分を出すことが出来ない心境になっているのです。

親からの期待感が長女の心を包み込む『殻』になっているのです。

『殻』に包まれた心が、自分を出すことを苦手にしているのです。

心を覆っている『殻』を破ることは親の期待を裏切ることにはならないと自分に言い聞かせて、『殻』を破る勇気を奮い立たせることが大切です。

『殻』を破り、親からの精神的な自立ができると、自分を出すことが無理なく出来るようになり、苦手意識が払拭されていきます。

親からの精神的な自立ができないことが、自分を出すことを苦手にしているのです。

どうして長女らしくなるの?

長女として生まれても、長女らしく育っていくケースと長女のイメージとは全く異なる雰囲気で育っていくケースがあります。

長女らしくなるか、ならないかは家庭環境に於いて、長女と親との間で率直なコミュニケーションが交わせる関係になっているかによります。

長女との親子関係が和気あいあいの家庭か、またはお互いに本音を交わし合う信頼関係が築かれていないのかによります。

長女らしくなれるのは、長女と親との間に信頼関係が築かれているときです。

親が長女に深い愛情を注ぎ込んで育てると親子の間に自然と信頼関係が築かれていきます。

女の子は親からの心温まる深い愛情に包まれることで、自分が大切にされていることを実感できて、長女としての自覚が芽生えてきます。

親からの深い愛情に応えようとして、長女らしくなる心構えが育っていくのです。

一方、親からの愛情を感じない家庭環境で育った女の子の心には、親に向けた反発心が芽生えていて、長女らしく振る舞うことを拒否する言動をするようになります。

あなたが長女でありながら長女らしくないなら、親との間に快い関係が築かれているか振り返ることが必要です。

小さい頃から頼られていたから

長女として生まれると親からの期待を一身に浴びることになります。

親が抱いている期待感は『お姉ちゃんだから』というコトバに込めて長女に向けられます。

長女は、常日頃から聞かされてきた『お姉ちゃんだから』というコトバにより、弟や妹の世話をすることが当たり前のように習慣付いてきます。

弟や妹の世話のために、長女は親から頼られる存在になっていくのです。

世話をしていく中で、弟や妹からも頼られるのです。

長女は、小さい頃から頼られる立場で育ってきたため、『頼られる』ことには苦にならないのです。

あなたが長女なら、人から頼られることがあっても苦にせずに行動できるのは、小さい頃から頼られていたことが習慣付いているためです。

人から頼られる長女は、周りの人から信頼されていることの表われです。

弟や妹の世話をしていたから

両親が共働きで忙しい家庭では、長女が弟や妹の世話をすることが当たり前になります。

長女は弟や妹の世話を頼まれることにも慣れていますので、周りの人からも頼まれることがあります。

頼まれごとを苦にせずにコナしていく姿は、頼りになる姿として周りの人の目に映るのです。

長女がもつ印象は、頼まれごとの多い立場にあるといえます。

小さい頃から、弟や妹の世話をしていた経験があるため、周りの人から頼まれることがあっても、面倒がらずに引き受けることができるのが長女の特徴の1つです。

甘えにくい環境だったから

弟や妹が下にいる長女は、親に甘えたくても順番が弟や妹の後になるため、思うように甘えられない家庭環境で育ってくることがあります。

甘えたくても甘えられない家庭環境の中で育つと、甘えたい気持ちを自ら抑える習慣が身についてしまいます。

弟や妹がいると甘えにくい環境で育つことになります。

いつも弟や妹と遊んでいたから

弟や妹がいる長女は、一緒に遊びながら面倒をみて『お姉ちゃんらしく』振る舞って育ってきています。

自分よりも年下の子と遊ぶことは得意ですし、可愛がることをします。

小さい頃から、いつも弟や妹の面倒をみてきたので、一緒に過ごし遊ぶ楽しさが分かるのです。

いつも弟や妹と遊んでいた小さい頃の経験から、将来の仕事として保育士の道を目指す長女もいます。

小さい頃から我慢することが多かったから

親にとって初めての子供には大きな期待を寄せるものです。

初めての子供が女の子なら、『可愛い子に育ってほしい』という育児欲を抱きます。

『可愛い子に育ってほしい』という親の愛情は、長女が成長するに伴い、『お姉ちゃんだから』という期待に変わっていきます。

親から向けられる『お姉ちゃんだから』というコトバは長女にとっては『我慢をしなさい』という意味に聞こえてしまいます。

親に甘える順番も弟や妹が先で長女に順番が回ってくるのは後回しになることも少なくありません。

このため、我慢せざるを得ない子供時代を過ごすことになります。

小さい頃から我慢をすることが多い日々を過ごしてきたことで、長女にとっては我慢をすることが当たり前になっているのです。

二番目以下との違い

長女として生まれたときは、両親の関心は全て長女に100%向けられて育っていきます。

しかし、弟や妹が生まれると状況は一変します。

両親の関心は急に弟や妹にシフトし集中するようになります。

このため、親から世話をしてもらうことも弟や妹の後回しにされることが多くなります。

二番目以下との違いは『お姉ちゃんだから』というコトバに象徴されるように、長女は二番目以下に『お手本』を見せなければなりません。

また、親からの期待に応えなければならないと同時に我慢をすることが日常的に起きることになります。

親が抱く期待の大きさは、弟や妹よりも長女に向けられる期待の方が大きくなります。

両親の手のかけ方が違う

両親にとって、長女が初めての子供のときは、愛情も関心も全て長女に向けて育児に専念します。

初めての育児を体験する両親にとって、初体験の不安を抱えながら長女の育児を試行錯誤しで育てていきます。

長女が育っていくに伴い、両親にとっては、長女に向ける期待感が次第に大きくなっていきます。

両親が抱える不安の大きさに比例するように期待も大きくなっていくのです。

しかし、2番目の子供の育児は、長女の育児経験から、余裕をもてるようになります。

長女のときは、両親はマメに手を掛けますが、弟や妹の育児には余裕の心境でき合います。

両親の反応を気にしているかどうか

長女は親からの『お姉ちゃんだから』というコトバを浴びながら育ってきています。

一方、弟や妹は『弟だから』とか『妹だから』というコトバを親から向けられることは殆どありません。

両親が抱く期待感も長女と弟や妹とでは大きな違いがあります。

長女よりも弟や妹に大きな期待を寄せる両親は少ないと言えます。

両親からの期待を一身に背負っている長女は、両親の反応を常に気にしているのです。

両親の反応を常に気にしながら、期待に応えることが出来ているかを確かめる癖がついています。

しかし一方、弟や妹は両親から期待されることも稀なため、両親の反応を気にすることは少ないと言えます。

責任感の違い

長女は、親から向けられる『お姉ちゃんだから』というコトバに込められた期待と我慢を求められて育ってきています。

このため、親からの期待に応えるための方法を常日頃から考える習慣が身についています。

長女にとっては、親からの期待に応えることは『責任を果たす』こととして受けとめていますので、自ずと責任感が育っていくのです。

こうして、長女は責任感が強い女の子として成長していきます。

一方、弟や妹は、親からの熱い期待を向けられることが少ないため、『責任を果たす』という立場になることが殆んどありません。

このため、弟や妹として育ってきた人には、責任感を抱く場面を経験することが少ないため、長女に比べると責任感は強くないことがあります。

まとめ

長女がもつ特徴は、妹や弟として育ってきた人にはない面があります。

長女の存在は、両親の立場から観ると、初めての育児を乗り越えていかなければならない不安と期待が入り混じった心境になるキッカケになっています。

親にとっては、育児を通して人間的な面で成長する機会を与えられたことになるのです。

また、『可愛く育ってほしい』、『お姉ちゃんらしく育ってほしい』という期待感が両親の心に沸々と沸き上がらせる存在が長女なのです。

世間体を気にする親は特に長女に大きな期待を浴びせます。

親は世間体の面目を保つために、長女に『お姉ちゃんだから』というコトバを向けて、『お利口さん』な女の子像を求めてきます。

親からの期待感は、長女にとっては息苦しいものでしかありません。

しかし、長女は親の立場を考えて『お姉ちゃん』らしく振る舞うことをします。

あなたが長女で、いまだに親から向けられてきた『お姉ちゃんだから』というコトバが心の奥に根付いているなら、払拭することを第一に考えましょう。

あなたが心の底から自由になるためには、親から向けられてきた期待を『脱ぎ捨てて』、あなたの本音で生きる生活に変えることが大切です。

親から向けられてきた期待を払拭することで、本音を素直に表現することができるようになります。

長女であるあなたが本音を素直に表現する生活を送ることが出来るようになることで、快い人間関係を築くことのできる機会が増えていくことでしょう。

自分の心を素直に表現する振る舞いは、男性の心にストレートに響くエネルギーをもっています。

長女として生まれたことを、プラス志向で活かすことで、人生は今までよりも更に明るく切り拓かれていくことでしょう。

長女として生まれたあなたの心の中には、将来の人生を明るくステージアップさせる『宝石』が出番を待っています。