女性、男性を問わず、人の性格は育った家庭環境から大きな影響を受けるものです。

また、姉妹や兄弟関係も影響を及ぼします。

長女か次女か、長男か次男かによっても、性格形成に影響を及ぼすと言われています。

長女にとっては上に兄がいるケースと自分が両親にとって初めての子供になるときも性格形成に影響を及ぼすことがあります。

長女は親にとっては初めての女の子のため、『可愛く育てたい』という親の意気込みは大きいと言えます。

また、親にとって初めての子供が長女なら、かける期待も大きくなります。

親にとって、初めての長子を育てることは『未知の世界に船出する心境』になり心の余裕もなく、一生懸命に子供と日々向き合う生活を送ることになります。

特に長女には、『可愛くなってほしい』という長男には抱かない、見た目の容姿までも長女に期待を寄せるのです。

あなたが長女なら、親からの大きな期待を一身に浴びながら育てられてきたことでしょう。

あなたは親の大きな期待感を自覚するかしないかに関わらず、無意識のうちに親からの期待に『応える』ための考え方や振る舞いが自然に身についていることでしょう。

親からの期待に応えることは、『よいい子』になることと子供ながらに考えて育ってきたことでしょう。

長女は子供ながらに『いい子』になるように心掛けることを無意識のうちに身につけるのです。

最も身近な存在である親の心を読みながら、期待に応える言動を心掛けながら育っていくのです。

妹や弟がいる長女は、妹や弟のお手本になることを親から求められる家庭環境で育っていくのです。

親にとって、生まれた子供には、元気で頭の良い子に育つことを期待しますし、女の子には更に『可愛くなるように』という期待感が加わるところが男の子とは異なる面です。

また、長女の中には、親の『写し鏡』の人生を歩み出すこともあります。

しかし、自我が育ってきて思春期を境に親からの期待を窮屈に感じ始め、期待感から『解放されたい』心境になり、反抗期に突入します。

長女は子供時期には親の期待を担って親の思い通りの言動をしてきても思春期を境にして、親の価値観から外れる言動を露わにすることがあります。

長女にとっては、親からの期待という『鎖』を解き放ち自由に自分自身を謳歌し始めるときが思春期なのです。

思春期を過ぎると自立した独りの女の子として船出をしていきます。

その後、大人の女性として成長していく過程で再び、親からの『いつ結婚するの?』という期待に直面することになります。

あなたが長女なら、親からの期待を乗せたコトバに振り回されないようにシッカリとした自立心を養うことで、長女という『鎧』から自らを解放することができます。

長女の10個の特徴

長女は、妹や弟にとって、お手本となる振る舞いをするように求められることが多々あります。

長女にとっての子供時代は、親からの期待に応えることで『いい子』になれると思うことが少なくなかったことでしょう。

長女は、親からの期待に応えるために、妹や弟のお手本になる振る舞いをしなければならないという『自制心』で自分の心を『縛る』傾向があります。

自由な振る舞いにより『羽目を外す』ことをしないように、自分の心を自制しながらの生活が染み付いてしまうところが長女としての『さだめ』を感じるところと言えます。

長女には、親の心を読み取りながら日々を送る『癖』がついてしまうのです。

1.しっかり者が多い


長女は心の奥で自制心を働かせながら振る舞うため、周りの人の目には『しっかり者』として映ることがあります。

妹や弟がいる長女は、親からお手本的な言動を求められることが多々あります。

弟や妹のお手本になる言動を求められるため、羽目を外す行為を抑える習慣が染み付いてしまいます。

長女は親の期待感を読み取りながら行動する癖が身についているため、『しっかり者』として観られることが少なくありません。

『しっかり者』というコトバは大人が子供を評するときに使いますが、子供の立場からみると快いコトバには思えません。

特に周りの人から『しっかり者』と言われる長女にとっては『窮屈さ』を象徴するコトバにしか思えません。

貴女が長女なら『しっかり者』というコトバからは、快い思い出は浮かばないことでしょう。

『しっかり者』というコトバは長女にとっては、自分の心を『縛る』コトバでしかありません。

大人の価値観を象徴する『しっかり者』というコトバは、子供の心を縛り自由な伸び伸びとした感性や感情表現を抑える響きを持っています。

頼られることが多いから

長女は親の『写し鏡』のように親の期待に沿った振る舞いをして、親の気持ちを満足させようと気遣う面があります。

親への気遣いから、『疑似大人』のような言動をするため、周りの同世代の友達からは『頼れる存在』として映るのです。

妹や弟がいる長女にとっては、親の代わりになって、妹や弟から頼られる事が多々あるため、周りの人から頼られることがあっても、抵抗感なく自然な振る舞いとして出来るのです。

長女には、落ち着いたシッカリ者の雰囲気がありますので、『頼りになる』と観られることが少なくありません。

このため、周りの同年代の友達から頼られることが多くなります。

同年代の友達からは『何でも知っている大人』のように観られることがありますので、自然と周りから頼られることが多くなります。

長女は、落ち着いていて物事を冷静に観て判断する大人っぽさを持っているという印象を周りの人に与えます。

落ち着いた雰囲気が『頼りになる』印象を醸し出しています。

同世代の友達から頼られて、難なくコナス姿は、より一層、頼られる存在を印象付けます。

2.甘えるのが下手である


長女にとって妹や弟が居ると、親からは『お姉ちゃんだから我慢しなさい』と言われて育ってきた経験をもつことは多々あります。

両親は、長女には早く大人になって欲しいという期待感を抱いているため、『お姉ちゃんだから』というコトバが口から出てしまいます。

親にとって長女が初めての子供であるときは、多くの『夢を託す』気持ちで初体験の育児に専念します。

長女にとっては、親からの期待のコトバを何度も聞かされて子供時代を過ごしてきたため、親は『甘える』存在としては映らないのです。

親は自由に甘えることのできる存在ではなくて、自分に期待を『浴びせてくる』存在として映っているのです。

幼少時に甘えることをしてこなかったので、甘え方が分からないのです。

特に、妹や弟のいる長女にとっては、親に甘えることができるのは『弟や妹だけ』と思い込んでいて、自分には親に甘える順番は回って来ないと思っているのです。

幼少時に育ってきた家庭環境のため、甘えるのが下手なのです。

小さい頃から「お姉ちゃんだから」と言われていた

長女は、弟や妹の『お手本』になることを求められます。

兄弟妹とのケンカのときも「お姉ちゃんだから」というコトバを親から向けられて我慢してしまうことが少なくありません。

長女にとっては、「お姉ちゃんだから」というコトバを向けられることは、『我慢しなさい』という響きをもって心に重く圧し掛かってくるのです。

「お姉ちゃんだから」というコトバを向けられることは、長女にとっては、気持ちを素直に発散することを許されない、という意味として受け止めます。

長女にとっては、『羽目を外す』ことは、親からの期待に沿わないことになると考えて、出来ないのです。

長女は、小さい頃から「お姉ちゃんだから」と言われ、言葉遣いやお行儀などで、弟や妹の『お手本』になるような振る舞いを求められて育ってくることが少なくありません。

ですから、自分の気持ちを優先させた自由な振る舞いをしたくても出来ずに自制心が働き、自分の気持ちや感情を抑えることが身に付いてしまうのです。

長女は、日々の生活の中で親の気持ちや感情に常に『アンテナ』を高く向けています。

親の考えを漏らさずキャッチして、親の期待に応えようとします。

自分の感情よりも親の感情を優先させることがあります。

しかし、思春期を境にして自我の目覚めから親の感情よりも自分の感情を優先させる行動へと変化していくことがあります。

長女にとって、自分の感情を素直に表現した言動ができないことからくるストレスを抱えることがあります。

親に甘えたいけど、甘えられない。

親にしてもらいたい事があるけど我慢をしている。

親は自分の気持ちを解かってくれないので寂しい。

自分の気持ちを解かってほしい。

弱い面があるけど表に出せない。

「お姉ちゃんだから」というコトバは、長女の自由な感情表現を抑えてしまうことになります。

自分で自分の気持ちを抑圧してしまう習慣が染み付き、長女の素直な感情の成長を歪める状況を招くことがあります。

3.真面目である

親の持つ価値観が長女のもつ価値観に大きく影響することがあります。

長女は、自分の考えを親の考えに合わせようとしますので、親の目から見ると『真面目』に映るのです。

長女は、親の価値観で作られる『真面目』という『鋳型』を敏感に感じ取り、合わせようとすることがあります。

長女は親からの期待感を察知して、自ら真面目という『鋳型』から外れないような振る舞いをするようになるのです。

真面目という『鋳型』は、長女の心から自由な感性を奪うことになります。

1人目は両親が丁寧に育てるから

両親にとって、1人目の子供を育てることは、何もかも初体験の連続なので、間違いのないように慎重に丁寧に育てることに一生懸命になります。

親の間違いやウッカリ油断のために子供の健康やケガで容姿を損なうことの無いようにと慎重な心構えで子育てに専念します。

子供に怪我などがあると責任は両親に集中します。

特に母親の立場にある女性にとっては、育児ノイローゼに罹るほどのプレッシャーに包まれることがあります。

特に、初めての子供が女の子の時は、『可愛く育てたい』という親の欲も重なり、特に母親の立場にある女性にとっては精神的に大きな負担になります。

女の子をもつと、『うちの娘のほうが可愛い』という母親同士の密かな競争心の火花を散らすこともあります。

1人目の女の子の育児は、母親にとって『可愛い娘』に育てたい、『良い娘』に育てたいという欲と他の母親との競争心も重なり、育児初体験のプレッシャーに包まれた日々を送ることになります。

両親にとって1人目の子は、子育て初体験なので、『何かあってはならない』という気持ちから、育児が丁寧になります。

親の子育てへの丁寧さや慎重さが子供の性格形成に良い影響を与えます。

4.責任感がある

長女がもつ責任感は自らの気づきから身に付いたものとは限りません。

両親からの期待が長女に責任感を植え付けることもあります。

長女は幼い頃から、『可愛い娘』、『良い娘』という両親からの期待感を象徴するコトバを浴びながら育ってきています。

このため、長女にとっては、親からの期待を裏切らないようにするために、自分の言動を自制することが少なくありません。

長女が抱く自制心が責任感を育んでいくのです。

両親からの期待感は長女にとって、期待を裏切らないための責任感にスリ替わってしまうのです。

長女がもつ責任感は自ら身につけたものではなく、親からの期待感がキッカケになっていることがあります。

ですから、長女が抱く責任感には、弟や妹のお手本になるように、また、親からの期待に応える良い子になるように、可愛い娘になるようにという幾つかの義務感が重なり合っていますので、心に余裕を持てない心理状態に追い込まれることがあります。

融通がきかない

長女の心には、両親からの期待感に『応えなければならない』という義務感が圧し掛かっていますので、余裕のもてない心理状態に陥っています。

このため、周りの人から観ると『融通がきかない』人に観えてしまいます。

長女の心は、義務感で一杯になっていますので、融通を利かせるための心の余裕が持てない心境に追い込まれています。

融通のきく長女になるように育てるためには、両親が子供に過度な期待感を抱かないことが大切です。

親からの過度な期待感は子供の心に重く圧し掛かり、長女の心から余裕を奪ってしまいます。

余裕を失った心のために融通のきかない女の子になってしまいます。

両親からの期待感が長女の心を縛ることになるため、融通のきかない子供になっても長女を責めることはできません。

長女にとっては、親からの期待感から解放されることで、心に余裕が生まれて融通が利く心の持ち主に変わっていくことがあります。