あの人は人格者だから見ならいなさい!みんなも●●君みたいになろうね。

など小さい時から人格者を讃えられてきたことを見てきた人は多いと思います。

しかし、実際に人格者とはどのような人のことを言うのだろうか?もしくは、自分は人格者になれるのだろうかと疑ったことは多いと思います。

これは仕方ありません。

そもそも人格者というものに対して絶対的な定義がないのです。

つまり、こう言う人を人格者というのだと言うことがないのです。

ほとんどは、他人によって人格者と言うものが形成されます。

特に学校のような場所では先生など立場が上の人に認められた人のことを人格者という感じに見られるケースが多いです。

また、会社などでは重要な役職についている人を人格者とみなすケースが多いです。

しかし、同時にこのことが大きな勘違いになってしまうこともあります。

役職はよくても中身がちょっとと言う方は意外と多く、特に日本人では相手のことを良く見ることなく、肩書きや経歴などで相手を判断してしまうことがあります。

肩書きや経歴だけで相手が人格者どうかはわかりません。

上辺だけで判断するのは凄く危険なことなのです。

そこで今回こちらの記事では、人格者について特徴などの情報をまとめた記事を作成しました。

ぜひ、記事を参考にしていただきまして、人格者について詳しくしって、あなたも人格者になりましょう。

人格者になろう!

人格者になるためにはどうしたらいいのかと悩む方は多いと思います。

そのため、難しく考えてしまい、人格者になることを諦めてしまう方も結構いらっしゃいます。

しかし、そんな簡単にあきらめて良いのでしょうか。

なれないのではなく、なろうとしないだけです。

実は人格者を目指すこと、なろうとすることはそんなに難しくありません。

憧れのような感じで捉えられるので、存在が遠くにあるように思えてしまうだけです。

実はあなたの身近に人格者はいます。

しかも、一人や二人ではなく、いっぱい!いつも人格者を意識していないので、見つけられないだけです。

しかし、これは仕方ありません。

人格者に絶対的な定義はないので、探すのも大変だし、見つけるのも大変なのです。

よって、まずは人格者について改めて知っていきたいと思いますので、ここからは人格者について説明します。

じっくり読んで人格者について良く理解しましょう。

人格者とは?

人格者とは?と聞かれてもはっきり答えられる人は少ないと思います。

何度もいいますように、絶対的な定義がないのです。

人それぞれで答えが違っていたりします。

一応、辞書では人格に優れている人と記載されています。

となると、人格とは何かから解いて行かないとわからないのです。

ちなみに人格は人柄であって、性格に近いような意味を表します。

つまりは、性格が良いと言われている人は人格者として周囲から見られる可能性が高いのです。

しかし、性格は変わることもあれば、演じることもできるので、性格だけで判断できません。

行動や言動などからこの人にはついて行こう。

この人と一緒にいたいと思える人が人格者なのであります。

簡単に言えば、あなたが目指したい人が人格者に近いのです。

尊敬する人などもそれに当たります。

人格者は周囲からどう見られている?

絶対的な定義がないのが人格者なので、人格者を見つけるのには苦労しますし、自分が人格者なのかどうかもわかりません。

しかし、人格者と呼ばれる人が周囲からどのように見られているのかなどを知ると、人格者を見つけやすくなるし、ご自身が人格者かどうかわかります。

一見すると他人の目を気にしているような感じでもありますが、そうではありません。

相手がどう思うかは相手の自由ですので、そこをコントロールするのではなく、自分の行動や考え方をしっかり見せていくのが大切です。

10人のうち1人でもあなたを人格者と認めれば人格者なのです。

割合は関係ありません。

また、そのように周囲から人格者と見られている人を見つけて交流を増やしていけば、人格者の行動や言動、考え方が刷り込ませることができるので、人格者に一歩近づくことができますよ。

では、まずは人格者がどのように見られているか説明していきたいと思います。

尊敬されている

人格者と言われている人のほとんどは尊敬されています。

あの人のようになりたいなどの想いを抱くのです。

誰を尊敬するか、どう尊敬するかは、人の自由ですが、最近ではこの尊敬に関して、間違った感じで教えている人が多いです。

自分があれやこれやできると言うことから部下に尊敬を強制させたり、家族間では無理やり親を尊敬させたりなど、尊敬させることをコントロールしている人が多すぎます。

これは意味がありません。

尊敬するかどうかその人が決めることです。

会って話して見て、考え方などに共感を得た、賛同したなどと言う時に相手を尊敬するものです。

こちら側から無理やり尊敬させるなどもってのほか!

また、最近では尊敬と言う言葉を侮辱用語で使用するなどしている人もいるなど意味が遠くなっているという悲しい現実もあります。

尊敬はされるものであって、させるものではありません。

また、相手を称える言葉であって、侮辱する言葉ではありません。

頼りにされている

人格者と言われている人のほとんどは頼りにされています。

何かあっても相談できるなど、職場や学校などの集団生活の中で一人でもそういう人がいると嬉しいですね。

しかし、最近この頼りにするということが、間違った感じにも成っています。

頼りにすると言いながら利用している人は結構多くいます。

日本語は言葉多く、定義も曖昧なために、口では頼りにしているという言葉を使っていても、外から見れば利用しているように見えてしまうことが多々あります。

よく、上司が部下に頼りにしていると言いながら、利用している会社は結構多くあります。

本当は頼りにされないといけないのは上司のはずなのに!真に頼りにされる人は、柔軟な人が多いです。

相手を頼っているふりをして、利用している人は、人格者とは程遠い存在です。

ただ、頼られる人は人間としての活動を全う出来ている人と言えますよ。

お手本にしたいと思われている

行動や言動などをお手本にしたいと思える人は、必ず集団に一人いらっしゃるのではないでしょうか。

所謂、リーダー系の人間ですね。

あの人のまねをしなさいと教えられた人は多くいらっしゃると思います。

小さい時などは素直なので、そのようにして人格者の人の行動などをまねて吸収していくのは良いことです。

大人になるにつれて意志を持ち始めるので、その時にはただまねるのではなく、考えて真似るようにしないと意味がありません。

まねぶと言うことです。

つまりは、学ぶことです。

もともと、学ぶと言う言葉は真似るからきているのです。

故に真似することは学ぶことと一緒です。

お手本にしたいと思える人を見かけたら交流をするようにして真似て、学ぶようにして、人格者としての習慣を刷り込ませるようにしましょう。

安心感がある

人格者と言われる人は見ているだけで安心感があります。

雰囲気が良い会社は上司の人が人格者であるからそのような環境が整っていると言えます。

つまり、会社の雰囲気が悪いのは、上司に責任があるので、安心感が全くない上司ほど、仕事をしていてひやひやすることはありません。

思い切ったことができない環境になってしまっているので、雰囲気は最悪で、仕事をする気にもなれないと思います。

このような会社のほとんどはトップダウン形式の会社になっています。

上司が何かを言って部下をプッシュするような図式です。

しかし、これからの社会はボトムアップが大事とされてくる社会です。

部下が上司に意見を言えるような環境でないと会社は大きくなれません。

下からの情報の吸い上げをスムーズに行うためにも部下が意見を言えるような安心感のある環境を作らないと行けないのです。

もともと日本ではそのような環境を目指すべく、ホウレンソウ運動が始まりましたが、時が経つにつれ、この捉え方が変化していき、部下が行うべき義務のような考え方になってしまい、環境がなくなったように思えます。

憧れられている

あなたにも必ず一人か二人は憧れを持つ人はいるはずです。

その対象になる人のほとんどが人格者であることが多いです。

憧れを持たれる。

つまりは人よりも何か長けているものがある。

もしくは、学ぶべきことがあるということだから、憧れを持つのです。

憧れと言うと漫画などではカッコいい人のことを言いますが、そうではありません。

身につけたいと思うこと、学びたいことなどがあるから憧れになるのです。

誰かに憧れを持たれるようになると、あなたも人格者であると言うことですよ。

人格的に優れていて、学ぶべき点が多い事から憧れを抱かれるのであって、外見だけで憧れると言うことはあっても、学ぶべきことはありません。

要は人間が憧れるかどうかは中身です。

外見はただの参考にしか過ぎません。

人格者の15個の特徴

人格者についておおよそわかったところでここからはお待ちかねの人格者の特徴について説明していきます。

大きくピックアップして15個ありますので、しっかり理解しましょう!

いきなりすべてを理解しようとしても難しいので、まずは身近なことから理解していきましょう。

理解してあなたの近くにそのような特徴を持つ人がいましたら、ラッキーですよ。

その人と交流を増やして人格者の習慣を刷り込ませればいいだけなので、人間は他人から受ける影響が大きいと言われていますので、人格者との交流を増やすことが人格者への近道です。

また、もしかしたら既に特徴が身についていると言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

知らなかっただけで実は人格者だったと言うこともあり得ますので、ぜひ、じっくりご覧になっていただきまして、人格者を目指しましょう。

誰に対しても平等に接する


人格者の人はどんな人に対しても、平等に接します。

所謂、特別扱いとかをしません。

集団生活の中でいると、好意を持たれた人は特別扱いのような感じもあり、不平等を感じることはあるかもしれません。

しかし、人格者の方がいる集団の中では、平等に接する環境になっているので、不平等に感じることはありません。

職場などでどうしても馬が合わないと言う方がいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはもしかしたら試されているのかもしれませんよ。

相手をどう受け止めるかは自由ですが、不平等に扱っていては意味がありません。

では、どうすればこのようになれるのかと言いますと、相手を気にしないことです。

気にすると言うことは、どこかで相手を支配したいという思いがあるからです。

そうではなく、相手を尊重すれば、相手のことなど気にしなくなります。

つまり、平等に接することができるのです。

偏見がない

所謂、色眼鏡を持っていないのが人格者です。

相手をこうだあーだと言った感じに決めつけて見ていないのです。

相手を決めつけてしまう人は感性が乏しい人が多いです。

もともと相手が何を考えているのかや、どんな人なのかは他人が測れるところではないのです。

それが少しばかり、仕事が上手くいったなどを理由に悟ってしまって、相手を見下すように見てしまうから色眼鏡を持ってしまうのです。

ほとんど、色眼鏡を持っている人は相手を見下すように見ている人が多いです。

では、色眼鏡を外すにはどうしたらいいかと言いますと、これも相手を気にしないことです。

相手を気にするから色眼鏡を持ってしまうのです。

また、変に相手に期待を持ってしまっても色眼鏡を発生してしまいます。

相手に期待を持ってはいけないのです。

なぜなら、相手は道具ではないのです。

偏見を持っても意味がありません。

色眼鏡は今すぐ外しましょう。

いつも穏やか


人格者の人はいつも穏やかなので、自然と人が集まってきます。

変にストレスを溜めこまないのでイライラしていることもなく、一緒にいて楽しい雰囲気が生まれます。

所謂、感じの良い人やオーラがある人などです。

では、なぜ、ストレスを溜めこまないのかと言いますと、相手や物を気にしていないからです。

相手や物を気にしていると、思い通りにならない時にストレスを感じイライラしてしまいます。

イライラした人は近くにいてもいいことはありません。

相手を気にしないことがストレスを溜めない方法であり、穏やかに過ごすことができる方法でもあります。

そうは言っても、部下などが失敗した時はイライラしてしまうと言う人はいますが、部下の失敗をいかにフォローするかが、先輩の腕の見せどころではないでしょうか?

部下の失敗でイライラしているようでは、まだまだですよ。

人のために努力をする

人格者の人のほとんどは「YouFirstMeSecond」のような考えを持っている人が多いです。

これは相手のために尽くすことが自分のためにも繋がるとわかっているからです。

よく、使用される「情けは人のためにならず」という言葉がありますが、情けをかけると人が甘えてしまうから良くないと言った感じに理解されていますが、実はそうではなく、情けをかけても自分に返ってくるから人のためにならないのです。

つまり、相手に尽くせば尽くすほど、自分に返ってきてしまうので、人のために努力するのです。

一見すると、見返りを求めているようにも見えますが、そんなことを意識せずにしているのです。

自然の摂理にのっとれば、見返りを求めなくても、あなたには返ってくるのです。

人のために尽くしてみませんか?

知識が豊か

とにかく知識が豊富で、何を聞いても的確な答えが返ってきます。

何でも知っている物知りのように思えますが、裏を返せば、それだけ経験が豊富だと言うことです。

知識の数は経験の数と言われています。

経験が多い人とほど知識が豊富です。

つまり、経験しても知識として吸収していなければ、経験にはならないのです。

人格者の人は経験をすることで、知識を吸収することが得意な人が多いです。

仮に答えられないことがあれば、知らないと言うことを知れたというふうに考えるので、ポジティブな発想を持っています。

歴史上最大の哲学者でもあるソクラテスは「無知の知」という言葉を残しているように、知らないことを知ることが大切だというように説いています。

非常に努力家

人格者は努力家の人が多いです。

これでもかと言うほど努力に惜しみません。

しかし、本人には努力をしていると言った感じはありません。

むしろ普通のことだと考えています。

このように人格者にとって努力することは普通のことなので、苦に感じないのです。

近年は何かと努力と騒がれますが、これは裏を返せば、努力をしない人が多いからそうなっているのです。

昔に比べれば何でも手に入りやすいし、何でも簡単にできてしまう状態になっているので、その分、努力する機会が減ってきているために、努力と言う言葉が目立ち始めたのではないでしょうか?

今では誰でも持っている携帯電話ですが、昔は固定電話さえ持っていない人もいて、電話をするのに、公衆電話を探した人もいるほどです。

努力は苦ではありません。

むしろ、当然のことなので、まずは小さな努力から積み重ねていきましょう。

大きな目標を必ず達成する

人格者の人は大きな目標を必ずと言うほど達成します。

これは目標を立てるとどうすれば成功するかと考えるので、達成するのです。

いつまでたっても目標を達成しない人は、目標を立てても、失敗したらどうしようと考えてしまうのです。

先に成功を見るか、失敗を見るかで目標が達成できるかどうかに大きく影響します。

また、最近では目標を持たずに作業に取り掛かる方も多くいるので、目標を達成するということの大切さを経験していない人も多くいます。

そのような環境なので、目標を達成する人が憧れられる存在になってしまうのです。

また、このような人たちは小さな目標を達成することも大切にしているので、大きな目標を達成することができるのです。

小さな成功体験の積み重ねが大きな目標達成に繋がるのです。

向上心が人並み外れている

とにかく目指すことや達成することに長けているので、一般人よりも向上心が並はずれているように思えます。

常に目指すものを持っているので向上心は高いです。

最近では。

高学歴の大学を卒業したからと言って大きな顔をする人や、仕事で成果を上げたからといって誇らしげになったりして悟った感じの人が多いですが、このようなタイプからは向上心が感じられません。

保守的な感じで今のままでいいと言わんばかりの顔をしています。

向上心のない上司の下で働くほど厄介なことはありません。

こっちが上を目指したくても、上司がその姿勢になっていないので、馬が合いません。

向上心のある人の下で働いてこそ伸びがありますし、向上心を持つことの大切さを教わることができます。

勇気がある

誰に対しても平等で接するので、上司などに対しても意見を言う勇気を持っています。

そのため、人格者の方は勇気を持っているように思えるのです。

しかし、裏を返せばイエスマンが多いだけであって、上司の言うことにただ「ハイ」と言うしかないのです。

人格者の人は間違ったことを指摘したり、自分の考えをしっかり持っているので、それを周囲に伝えようとしているだけです。

自分の意思などを持っていない人が多くいるので、勇気がある人が珍しいような感じの世の中になってしまっていますが、意志さえ持てば勇気を持ったのと同じようなものです。

まずは自分の考えをしっかり持つようにしましょう!

そうすると、上司の意見もただ受け止めるのではなく、考えて受け止めることができますよ。

正義の味方

人格者は正義の味方のような存在に見えます。

特に正義心が強いので、悪い事にはたとえ上司の命令であっても首を縦に振りません。

故に、周囲のイエスマンからは正義の味方に見えてしまうのです。

自分の意志をしっかり持っているので、悪い事には手を出そうとしません。

最近は、悪さばかりして儲ける人は多くいるという悲しい現実がありますが、そのような人たちは上手く行くことはありません。

しっかり正義の心を持つことで、いろいろと上手く行くのです。

何が正しくて間違いかと言うのをわかるためにも自分の意志を持つことが大切なのです。

そうすれば、相手の言っていることも良く聞こえ内容を理解し、正しいのかどうかわかります。

まずは自分の意志をしっかり持ちましょう。

社会のルールをしっかり守る

規則に厳しいので、一見すると頭が固い人や冗談が通用しない人のように思えますが、そうではありません。

ルールを破ることで起きる先をわかっているからルールをしっかり守るのです。

ルールを破る人は、破った先のことを考えていないケースが多く、破った後に素直になることが多いですね。

最近では車の運転なんかでルールを守らない人は多いですが、しっかりドライブレコーダーに記録されているので、警察が来て取り調べをすると、素直に認めると言う方が多いです。

このように破った先に何が起きるのかを分かっていないとルールを無視してしまうのです。

人格者の人はルールを破ることで他人に迷惑をかけることをわかっているから社会のルールに厳しいのです。

どんな約束も必ず守る

人格者の人は約束を必ず守ります。

これは約束と言うことに関してしっかり受け止めているからです。

約束を平気で破る人は約束と言う言葉の意味をわかっていない証拠です。

約束は守るべきものです。

仮に期限に間に合わないのならば、事前に連絡を入れて期限を延ばしていただくようにするなどの対策が大切です。

約束守る人に多いのは期限を守れない人で、また、直前になって、無理!的なことを言ってくるので、約束した側として大変な被害になります。

期限に間に合わないのが約束を守らないのではありません。

期限に間に合わないのなら、事前に相談しないことが行けないのです。

これは相手を信用出来ていないことでもあります。

信用できない相手とは約束をしない方が良いです。

人格者の人は相手との信用なども含め考えて約束をしているので、約束を守るのです。

人を惹きつける雰囲気がある

人格者の周囲にはとにかくいろいろな人が集まります。

これはなぜかと言うと相手を気にしないのが人格者であり、相手を尊重するので、柔軟な姿勢が備わっているので、男女年齢問わず近寄ってくるのです。

一緒にいたいと思えるオーラを持っているのが人格者なのです。

最近では、近づきがたい上司がいて、そのうえで仕事の支持しかしてこない人もいますが、まさにこのような感じが働きづらい環境を作っているのです。

人が寄ってこない人の下で働いても意味がありません。

人が寄ってくるということはその分だけ情報がそこに来ると言うことでもあります。

これからはいかに最新情報を早くゲットして自分で見極めるかが大事な世の中になってきています。

つまりは人を引きつける人にはチャンスがその分だけあると言うことです。

人の気持ちを敏感に察する

人格者の人は、相手の気持ちを察するのが上手いです。

要は「YouFirstMeSecond」の考えを持っているので、相手のちょっとした変化にも敏感なので、相手の今の状態を察するのが上手いのです。

このような人は少しの変化も見逃さないので、会社などでも今の状況を察することができるのです。

最近の良い例では、TBSの番組であるモニタリングでロケ現場にモニタリングのメンバーが潜入するという企画がありますが、俳優の綾野剛さんはすぐに周囲の変化に気づくので、モニタリングだと気づくという場面が放送されていますね。

現在の綾野剛さんの活躍を見れば、いかに人格者かがわかりますね。

このように相手の気持ちになることができる人は人格者に値します。

コミュニケーションが上手い

とにかくいろいろな人と話すのが上手なのが人格者です。

多くの人と話す機会が多いので、コミュニケーション能力が高いのです。

そのため、いろいろな人とすぐに仲良くなってしまうので、人脈が広いのです。

知り合いが多いのにもわけがあると言いますが、ほとんどの理由がコミュニケーション能力だと思います。

また、コミュニケーション能力が高い理由は相手を気にしていないことが主な要因です。

相手を気にすると、変に緊張しちゃう人もいますが、緊張と言うのは、普段の自分でないからそうなってしまうのです。

つまりいつでも普段通りでいられるからコミュニケーション能力が高いのです。

人格者の人はいつもいい意味でマイペースです。

故に誰とでも普段通りに話すことができるのです。

人格者になるためには?

人格者の特徴はいかがでしたでしょうか?憧れの存在ではありますよね。

しかし、自分は人格者になれるのだろうかというふうに考えている方はいらっしゃると思います。

安心してください。

なれます。

ただ、難しく考えてしまっているだけです。

ここからは人格者になるための方法を説明しますので、ぜひ、参考にしてください。

簡単に考えましょう。

人格者になろうとしてはいけない

人格者になりたいと言う気持ちは大事ですが、変に人格者になろうと考えを強くしすぎてもよくありません。

人間は義務のような感じになってしまうとやる気が100%を切ってしまうことがあるそうです。

そもそも人格者の絶対的な定義がないので、なろうと強く思っても抽象的すぎて困惑してしまいます。

無意識だからこそ人に慕われる

意識的にしていると相手から何かを企んでいるのではないかと疑われますが、無意識でしていると実は感じが良いのです。

無意識でするというのは、既に習慣化されている証拠です。

人格者の特徴が習慣化されていれば変に意識せずに済むのでストレスなく人格者の行動ができますよ。

人のために常に努力する

「YouFirstMeSecond」の考えのように相手に尽くすことが人間の役目なのです。

ヒトは感じで書くと人とあるように支え合っていくのが使命みたいなものです。

故に相手のために努力する!その心が大切になってきます。

まずは何をすれば相手が喜ぶか考えてみましょう。

心に余裕をもってゆったりと振る舞う

振る舞い方にも種類があり、心に余裕がない人はとにかくスピーディーな感じで相手を慌てさせてしまう振る舞い方をします。

これでは相手も大変です。

心に余裕がないと相手にも負担になってしまうので、心に余裕を持つようにしましょう。

そのためにも準備をしっかり行うことです。

【余裕がある人の特徴を知ろう!こちらの記事もチェック!】

目標や夢を持ち続ける

人格者の人はいつも前向きです。

なぜ、前向きかと言いますと、常に夢や目標を持ち続けているからです。

夢や目標を持ち続けているから、落ち込んでも立ち止まっている暇がないのです。

大きなことでなくてもいいので、夢や目標を持ち続けましょう。

まとめ

人格者についていかがでしたでしょうか?おそらくほとんどの人があっけにとられたのではないでしょうか。

人格者はそんなに遠い存在でないことに気づけたと思います。

ぜひ、人格者を目指しましょう。