どんなに忙しいビジネスマンでも、必ず暇な時間ってありますよね。

ただ、暇な時間と言っても、おそらく、その大半が「何もする仕事がない時間」ではなくて、「仕事する環境に居られない時」だと思います。

つまり、電車に乗っている間、トイレで便座に腰かけている間、何かを待っている間とか、他にもあると思いますが、とにかく「え?そんなスキマ時間が暇な時間?」と驚くほど、皆さん忙しそうです。

しかし、逆にいつも忙しくしている人にとって、そんなスキマ時間も何かしてないとソワソワしちゃうんじゃないでしょうか?

一方で子育ても一段落ついたご家庭なら、家では結構テレビをみる時間、つまり、趣味ではないけど、することがないので取り合えずテレビでもつけようか的な自由な時間が増えてきているのではないでしょうか?

今回は、そんな一瞬とも呼べる短い暇から、長期的に望める長い暇まで、スマートフォンを使ってできる暇な時の過ごし方をご紹介します。

暇な時、どんな過ごし方してますか?

「暇な時」の長さが、「1日」とか、「半日」といった結構長い場合と、「5、6分」とか「1時間」ぐらいまでの短い場合とでは、その時間の過ごし方も変わります。

前者なら、好きなことに十分没頭できる長さですので、だいたい趣味を楽しんで過ごすことが多いでしょうか?

また、後者なら、本を読んだり、スマホをいじったり、仕事中ならちょっとだけ仮眠して頭を休ませたり。

とにかく、暇を潰そうと思えば、方法はなんでもありそうです。

趣味に費やすのも良いけれど

趣味って、どんなものでも結構お金がかかったりしませんか?

車や、骨董品コレクションなど、ある程度お金がかかるとわかって始めたものだし、まず何よりも、好きでハマっていることだから、お金が多少かかっても、どうってことはありません。

気になりません。

しかし、そのために、気がつけば莫大なお金を費やしてきており、趣味以外のことで失ったものも大きかったりします。

スマホ1つでも暇を潰せる


スマートフォンの出現により、それまでは通話とメールという通信機能が主だったポータブル電話機が、今やインターネット、読書、音楽鑑賞、動画・カメラ撮影及び鑑賞、編集、そしてゲーム、エトセトラ、といったものが、すべてできるようになりました。

もちろん、これだけではありません。

スマホアプリの数だけスマホには機能があると言えます。

体を動かして汗をかくことはできないものの、スマホなら、頭の体操からちょっとしたこづかい稼ぎまで、なんでもできちゃうので、暇潰しにはもってこいのアイテムなんです。

スマホだけでサクッとできる7個の時間の潰し方・楽しみ方

「スマホがあればなんでもできる!」ということなんですが、できる時間の潰し方をすべて列挙していたらキリがありませんので、ここではグッと絞って、みんながやってるスマホでの時間の潰し方、楽しみ方を7つご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

そして、試してみてください。

1、SNS

ソーシャルネットワーキングサービス、通称「SNS(エスエヌエス)」。

ご存知の通り、Facebookをはじめ、mixi(ミクシィ)やTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)に代表される、インターネット上で他人との社会的交流を可能にするサービスです。

何かしらSNSのアカウントを持っていると、その内容を充実させるために、毎日なんだかんだアップしたいことを探すことにいとまがなくなります。

仕事であったちょっと面白い出来事、カフェでのランチ、ネットニュースを読んで感じたこと、そんな事や写真を暇なときに集めて、また暇なときにささっととアップする。

すると、そのSNSで繋がっている友達からリアクションがあります。

逆に友達のアカウントも気になります。

それを覗きに行くだけでも十分な時間潰しができます。

これにハマってしまうとホントに暇も潰れますし、寝る間も惜しくなってきます。

新しく初めて見るのも◎

SNSの良さは、インターネット上ではあるけれど、仲の良い友達と好きなときに遊べることにあります。

現実の世界では友達に会いに行くには距離も時間も問題があります。

ですが、SNSを開けば、友達の最近の様子を覗くことができ、自分のアカウントも友達に訪れてもらうことができます。

それはお互いの暇な時が同じ時間でなくともよく、自分に時間がある時、相手の投稿や、自分の投稿をチェックすれば、お互いはいつも繋がってる感覚になります。

SNSには、自分の投稿に対して友達のリアクションが遅くてもお互い様という暗黙のルールがあり、逆にそれはいつでも友達に(ネット上ではありますが)会いに行けるということになります。

暇な時、ちょっとしたスキマ時間を利用して友達とコンタクトが取れるSNSは暇潰しにはもってこいです。

何かSNSを始めてみるのをオススメしますし、新しく他のSNSにアカウントを持つのもオススメです。

友達の中には単一のSNSしかやっていない人もいたりしますしね。

おそらく、暇潰ししている暇も無くなりますよ。

2、ゲーム


暇潰しの王道です。

これまでも、小型のポータブルゲーム機を持ち歩くことで、移動中や待ち時間をゲームして遊べていましたが、今やスマホ、つまり携帯電話機でかなりクオリティの高いゲームが楽しめる時代になりました。

そして、そのソフト(アプリ)の数ときたら、正確には判りませんが、とにかく星の数ほど。

そしてそのほとんどゲームに「終わり」がありません。

しょっちゅうアップロードされて、新しいイベントやステージが始まり、新しいキャラクターが加わり、とにかく永久に遊べるものばかりです。

ゲームはちょっとした暇な時間を潰すにも便利で、また逆に趣味に近い感覚で長時間やるにも飽きさせません。

是非何か1つゲームアプリをお持ちのスマホにダウンロードされておくことをオススメします。

暇だからこそやり込める

上記のように、インターネットのゲームソフトは、昔のカセットやディスクタイプのものとは違い、ソフトが随時アップデートされていくので、ゲームアプリ1つだけでも一生遊んでいられます。

ですから、暇があればあるほどやり込んでいけます。

ただ、ちょっと注意が必要なのは、ゲームによっては、何らかのタイムサービスみたいなこともやっており、こちらの都合は関係なく「今ログインしないとダメですよ」みたいなことを匂わす通知がスマホに届きます。

その為に本業を中断して、トイレでログインみたいなことをするようになると、暇潰しの業が本末転倒してしまいます。

暇潰しではなく、「中毒」にかかっています。

お気をつけください。

一生遊べるゲームだからこそ、いつでもログインして構わないんですから、暇な時だけにしましょう。

3、画像・イラスト検索

自分が好きなもの、好きなジャンルで画像やイラストを検索するのもオススメです。

例えばガンダム等のロボットアニメが好きなら、アニメに登場してくるロボのオリジナルの画像はもちろん、誰かが自主制作したプラモデルの画像やイラストを見て楽しむことができます。

かなりクオリティーの高いものがネット上には溢れていますので、時間はいくらあっても足りません。

そして、自分が好きなもの、趣味に近いものに関するものを検索するわけですから、他人が描いたイラストなどから結構インスパイアされたりすることがあります。

検索エンジンに単に好きなもの、検索したいいものの名前を入力して検索ボタンを押せば、大概検索したものに関する画像集のページが現れます。

とっても簡単にできる暇潰しで、時には勉強にもなりますので、かなりオススメです。

癒される画像探しがおすすめ

中でもおすすめはやはり癒される画像の検索なのですが、人によって癒されるものは違ったりしますので、「これで検索してみて」という具体的なものはありませんが、とにかく、好きなものを見るのが一番の癒しになると思います。

ガンダムが好きならガンダム、動物が好きなら動物、AKBの◯◯ちゃんのファンなら◯◯ちゃん、といった感じで、自分の好きなものに関する癒し画像を見つけてください。

4、動画

こちらも画像やイラストの検索同様、自分が見たい動画がいつでもどこでも見られますので、暇潰しにはもってこいです。

もちろん、新作映画などではない限り、無料で見られるものがほとんどです。

また、Youtubeなどの動画サイトには、流行りのお笑いリズムネタを素人がマネしたものや、結婚式のお祝い動画、その他、いろんなジャンルでいろんなパターンの個人自作動画が多くアップされており、それらを見ていると自分の仕事や生活にインスピレーションが湧いてきます。

懐かしい動画も見られる

子供の頃よく見たアニメ、学生だった頃はまったドラマ等、探せば必ず見つかります。

5、マンガ

暇な時にマンガを読んで過ごすのも、遥か昔からの暇潰しの王道です。

今やスマホで動画が見られ、小説が読めるのなら、マンガだって当たり前。

これからマンガはスマホで読みましょう。

スマホでマンガを読むには「マンガアプリ」をダウンロードします。

マンガアプリも沢山あり、大手の出版社が運営し、自社で出版しているマンガをネットでダウンロードできるサービスのものから、多方面から色んなマンガを集めて独自のコンテンツを展開するものまであります。

マンガアプリによって、無料で読めるものや、課金して読むもの、レンタルするもの等が違います。

無料アプリも多く存在

動画サイトでも無料で見られるものがあるように、マンガアプリの中にも無料で読めるサービスをしているものがあります。

また、オフィシャルリリースされていないようなオリジナルマンガなどは大体無料で読むことができ、それらばかりを集めたアプリも多くあります。

6、グーグルアースで旅行

これはかなりすごい暇潰しです。

スマホの中だけではあり、見られるのは静止画像ではあるものの、リアルな3D画像で世界の有名な観光地やそこにある有名な建築物などを、あらゆる角度から見ることができます。

まず、見てみたい場所をキーワードで簡単に検索。

バーチャルの地球全体画像からググッとその検索地点まで近づいていきます。

そして、ストリートビューに切り替えます。

とにかく、このストリートビュー機能はすごすぎて、まるで空からそこへ降り立ったかのように、地上の風景がスマホの画面に広がります。

あとは、前へ進んだり戻ったり、地上を移動しながらて風景を見ることができるのです。

このように、実際にそこへ行くには何時間も何万円もかけて行かなくてはならないところを、3D画像で見ることができます。

また、「ツアー」というシステムを使えば、自動的に観光地から観光地へと、飛んで行ってくれます。

そして、ツアーの行程は自分で作ることができるので、海外旅行で初めての国へ行く前に、スマホで風景だけでも予習しておくと気分も盛り上がります。

だから、時間のかかる国際線搭乗の待ち時間など空港のFreeWiFiを利用して暇潰ししましょう。

その他、映画が好きな人は、国内外の映画で使われた撮影地を見に行くのもいいでしょうし、変わったものが好きな変わり者の方は、世界のヘンテコで巨大な建造物などを探しに行くのもいいでしょう。

地球だけではない

なんと、グーグルアースで見られるのは地球だけではないんです。

「地球だけじゃないってことは・・・?」、そう!月や火星の表面の様子が表示できるんです。

あいにく、地球の様に、地上から撮影した画像はないので、月面に立って移動する風景は見られませんが、それぞれ少し上空から見るような感じで表面を見ることができます。

クレーターなど、凹凸もはっきり見え、それぞれの地点につけられた名前なども表示されます。

もしかしたら、宇宙人かそれが存在した痕跡が見つかるかもしれませんね。

グーグルフライトもおすすめ

行きたいところを検索すれば自動的にそこにビューを合わせてくれ、バーチャルトラベルにはとっても便利なグーグルアースですが、どうせなら飛行機に乗って、その飛行機を操縦して、行きたいところを目指すってことを体験してみませんか?

それができるのが「グーグルフライト」という機能です。

グーグルアースで展開するバーチャルのマップを、これまたバーチャル飛行機で飛びまわれる機能です。

行きたいところを目指すのも良し、近所をただぶらぶら散策する感じで世界をプラプラと飛び回ってみるのは暇な時間だけでは足りなくなりますよ。

難点は実際に行きたくなる事

お金を使わず、短時間でできる海外旅行なんですが、画像を見てしまうと、実際に行ってみたくなりますよね。

そんな時は、仕方ありません。

行っちゃえばいいんです。

その日のために、いつもはお金のかからないスマホで我慢して来たと考えましょう。

7、LINEでやりとり

普段はあまり話さない友人ともLINEではよくやりとりすることがあるのではないでしょうか?

まあ、ポケベルが普及した時期から「通話では話せないこともメールでなら言える」という人の習性が明らかになってきました。

その習性は大いに利用すべきです。

自分が暇でも相手は暇じゃないかもしれませんが、とりあえずなんかLINE送ってみましょう。

お母さん、お父さん、旧友など、もしくはLINEグループになんか話題を提供してみます。

誰か暇な人がつかまるでしょう。

単なるメールやLINEでも誰かとコンタクト・コミュニケーションをとることはとても大事です。

このご時世、いつでもどこでもだれとでもつながることができる通信環境が整った反面、人は誰かと繋がっていないと不安になる病も持つようになりましたが、でも誰かと繋がれる暇とツールがあるならどんどん利用すべきです。

みんながそう感じているなら、そんな病をもっているならなおさらです。

面白やりとりを考える

ちょっと、真面目な話になってしまいましたが、せっかくのコミュニケーションの機会、楽しいトークをしたいですよね。

文字やスタンプを送れて、吹き出し形式のメッセージで、その送受信の流れが一目で確認できるLINEだからこそできる面白トークが最近流行っています。

後で見返すとまた面白い。

そういった面白やりとりを画像で集めたウェブサイトもありますので参考にしてみてください。

時間つぶしにおすすめなアプリ

スマホでできる時間つぶしの方法はいかがでしたでしょうか。

さて、ここからは、実際に時間つぶしにはもってこいの人気スマホゲームアプリを紹介していきます。

ダウンロードしてしまうと、ドハマりすること間違いなしですので、ぜひお試しください!

クロスワードDX2

完全無料のクロスワード。

カギになる文章やヒントから白マスを埋める言葉を連想してうめていく、パズルの定番です。

1つのパズルをクリアするとポイントが100ポイントもらえ、1000ポイントたまると次のパズルのヒントをもらうことができます。

ヒントというのは答えとなる単語が語順バラバラで表示されるものです。

例えば答えが「えんぴつ」なら「ぴんつえ」といったふうにでてきます。

ヒントがもらえると結構簡単に答えはだせそうです。

無課金制で自動セーブ機能付き。

いつでもどこでも無料で続きから始められます。

タイニールーム

シンプルなドット絵画像の脱出ゲーム。

閉じ込められた部屋の中の謎や仕掛けを解いたり、アイテムを使ってその部屋から脱出します。

非そのドット絵や音楽がファミリーコンピューターを彷彿させてくれますが、たまにアイテムなど小さなものは何かよくわからないという声も・・・

なにはともあれ、非常に簡単なものから徐々にレベルアップしていき飽きさせません。

ブロッククラッシュキング

ブロックが落ちてこないテトリスゲームといったところでしょうか。

次々に手元に出てくる色々なカタチのブロックをどれから使うか選ぶことができ、将棋盤のようなマス目の盤面に置いていきます。

盤面の一列が縦でも横でもブロックで埋まれば消えていきます。

使うブロックも選べ(3択)て、縦も横も消せるテトリスとなると、結構簡単なように思えますが、ゲームを進めていくとどんどん難しくなります。

列を消した後に残る空いたマス目の形と、手元にあるブロックの形をよく把握して、ブロックの使う順番を考えないといけません。

暇な時間に脳を鍛えるにはもってこいのアプリです。

グリムノーツ

ファイナルファンタジーシリーズでおなじみスクウェア・エニックスから配信されたスマートフォン向けロールプレイングゲームです。

タイトルにあるようにグリム童話をはじめとする童話の世界をモチーフとし、それぞれのお話しを新しい視点から読み直し、その物語の中で起きた問題を解決していくもので、登場人物もシンデレラ、赤ずきん、不思議の国のアリスといった、なじみ深いものばかりです。

スマホゲームによくある「スタミナ」システムが無く、好きな時に好きなだけ遊ぶことができます。

一方で冒険を共にする仲間は他のスマホゲームと同様に「ガチャ」によって手に入れます。

仲間のキャラはやはり童話の世界の登場人物たちです。

小さい頃から知っている童話の物語を違った角度から楽しむことができ、いつ中断してもいつ初めてもかまわないRPGなので、暇な時間が短くても長くても楽しめるアプリです。

ディバインゲート

こちらは人気のパズドラを配信するガンホーのスマートフォン向け新作ゲームです。

過去は別々の世界だった妖精の「天界セレスティア」、人間の「常界テレスティア」、魔物の「魔界ヘリスティア」が統合され統合世界ユナイティリアとなった世界で、それぞれ「炎」「水」「風」「光」「闇」「無」の属性をもつ少年、少女が冒険する。

リーダーユニット1体とサブユニット3体でパーティーを構成し、各クエストの敵を倒し攻略していきます。

PlagueInc.-伝染病株式会社-

戦略ゲームなのですが、このゲーム、敵となる相手は、なんと人類です。

で、何をプレイして人類を倒すかと言うと「新型ウィルス」という、一風変わった、またそこが面白いゲームです。

4つ難易度を選択でき、1番簡単なものは「手を洗わない世界」で、難しいものは「健康に異常に敏感な世界」になります。

どのウィルスでプレイするか選択し、そのウィルスを潜伏させる国家を決めます。

ウィルスの種類は9つの標準的なものと特殊なものが2つあり、ウィルスごとに感染経路も潜伏方法も違います。

ウィルスが潜伏する国の人の移動の多さや気候、そして国家予算などの情勢によって感染スピードが異なることになります。

ですので、離島などになるとなかなか他の国へ感染できません。

プレイヤー、つまりウィルスは基本的に存在がバレないように潜伏し、感染を繰り返しながら世界中へ移動していきます。

ウィルスは「DNAポイント」を使って感染能力や致死性を高めたりできます。

ポイントは新たに国家を感染させたり、感染人数が増えるごとに増やせます。

このゲームの勝利条件は非常にシンプルで、「人類を絶滅させること」なんですが、敵となる人類ももちろん抗ってきます。

一度ウィルスが発見されてしまうと、抗体の研究が行われ、抗体が作られてしまうとゲームオーバーです。

その他、人類が感染者を隔離して言いますので、他の人への感染が止まってしまえば負けとなります。

なんだか恐ろしいゲームですが、作ったウィルスは自分だけのオリジナルですので、名前がつけられます。

変な名前つけたり、好きな人の名前つけたりして、人類を滅亡に追い込むのは、最高の暇潰しですね。

Threes!

3の倍数の同じ数字同士を足していって、高得点を狙うという、パズルでもなく、数独でもない、新感覚のスライドパズルゲームです。

ルールは1分で覚えられ、見た目もシンプルなのですが、やり始めると止まらなくなる奥が深いゲームアプリです。

まず4×4の盤面に「1」と「2」が出てきますので、それをスライドパズルの要領で重ね合わして「3」を作ります。

その「3」と次から自動的に出てくる他の「3」を重ね合わして「6」を作ることができます。

「1」と「2」以外は、同じ数しか重ねることができません。

なので、よく考えてうまくやらないと、スライドする度に新しい数字が追加され、重ね合わせる相手がいないと盤面が込み合ってきます。

そして、盤面が全て埋まるとゲームオーバーとなります。

このように、頭を使って永遠にやり続けようっていうゲームなので、暇はいくらでも潰れます。

garden

脱出ゲームです。

先ほどご紹介したタイニールームとほうってかわってリアルな見た目で、少し怖い感じもします。

何故かいきなり見知らぬ庭(中庭)にいてゲームが始まります。

目の前には出口と思われるロックされた扉があり、周りには色々なアイテムが…
それらを駆使して、どうやってそこから脱出できるのか挑戦してみましょう。

comico

comico(コミコ)とは、毎日更新されるオリジナルコミック&ノベルが、縦読みでき、スクロールでさくさく読めるスマホアプリです。

一部有料のコンテンツはありますが、毎日何かしらのコンテンツが、毎週決まった曜日に更新され、一週間ごとに続きを読むことができます。

comicoの特徴としては、ただ単に無料のオリジナルマンガや小説が読めるだけでなく、お気に入りの作品や作家に応援のコメントを送れます。

逆に誰でも自分の作品を投稿できるようになっており、自分のオリジナル作品を世界中で読んでもらえるチャンスがあります。

気に入ってくれた人ができれば、応援コメントをくれたり、そのリアクションの多さで、さらにまた他の読者の気を引いたり。

暇潰しに読んでいたら自分も作りたくなって、こんどはスマホでマンガやノベルを描いて暇潰しするようになるかもしれません。

マンガBANG!

累計600万ダウンロードを突破した国内最大級の無料マンガアプリです。

ご存じ、賭博黙示録カイジや将太の寿司、エリアの騎士、ウロボロス、BTOOOM、エンジェルハート、BLOODYMANDAY、といった大人気連載マンガが毎日無料で読めます。

もちろん、オリジナル漫画も掲載しており、連載作家も募集中です。

アプリ内コンテンツ「全巻イッキ読み作品」を読むためにはメダルが必要となります。

メダルは毎日21時に配布されるフリーメダルと、マンガの広告を見たり、ログインポイントを貯めて貰えるSPメダルの2種類あり、1話読むごとに1枚消費されるシステムになっています。

つまり、このメダルをその日の配当分より多く入手したければ課金しなければならないのですが、一日の忙しい合間をぬってマンガを読んでいくなら課金するほどメダルは必要ないでしょうし、一日中マンガを読んで過ごそうと思うなら、レンタルショップで借りてくるよりもお得になっているはずです。

勘違い探し(俺の事…)

あらゆるシチュエーションでの勘違いあるあるをテーマにしたゲーム。

例えば、ある日クラスメートの女子から「どんなタイプの女の子が好きなの?」というメッセージが届いたら、大体男子は「こいつ俺に気がある?」と思ってしまいます。

当の女子は別に好きな人がいて、参考までに一般論として質問してみただけの事だった。

みたいな恥ずかしい勘違いをよくしていませんか?
そんな「ホレてまうやろーーー!」的なシチュエーションで主人公と登場する女の子の変化を楽しんでいくゲームです。

そのステージ毎に、そのシチュエーションでその勘違いはよくする、共感するかどうかのアンケートに答えると、みんなのアンケート結果に反映され、同じように共感した人が男子にも女子にもどれだけいるかわかるようになります。

ゲームの世界で、シチュエーションとしては学生生活が主ですが、そのゲームをしていく中で、主人公と同年代の人は教訓を得るのも良し、すでに学生は卒業して社会人となっている人は、過去の失恋や失敗と重ね合わせて笑い飛ばすのも良しです。

老若男女、なんだか笑ってオトナになれるちょっとした暇潰しゲームです。

通信制限なんか気にせずスマホで楽しもう

スマートフォンって何でもできちゃうスグレものである一方で、ゲームにSNS、そして動画視聴など、インターネットに接続しなければならないアプリを使用する上では、データ通信の量と料がネックになります。

暇がいくらあっても、外でネットに繋ごうと思うと、どうしても手持ちのギガの残量を超えないようにしようと考えます。

暇潰しするのに新たにギガを買い足しするのはもったいなさすぎます。

しかし、上記で紹介したスマホのゲームアプリ以外でも、通信量のいらないゲームもあるのをご存知でしょうか?

もちろんアプリをダウンロードする時は必要ですが、その後はオフラインで遊べるゲームなら、データ通信の必要はありません。

また、オンラインのゲームであっても、ログインするときだけデータ通信が必要なだけで、あとは通信制限がかかっている状況でもサクサクと遊べるゲームもたくさんあります。

そういったゲームアプリを紹介しているサイトもありますので、参考にしましょう。