CoCoSiA(ココシア)

AB型の性格は男女違う?男性の10個の特徴と女性の11個の特徴


世の中、いつの時代も占いは根強い人気ですよね。

何かに迷った時や不安な時に思わず占いに頼りたくなります。

数ある占いの中でも人気な占いは、やはり単純で誰でもわかる血液型占い。

世の中はA型、B型、AB型、O型と4つの血液型しかありません。

血液型占いは、すごく単純ですが、性格や特徴をしっかり捉えていて「思わず、そうそう!」と納得してしまうほど信憑性があるものです。

4つの血液型でも、それぞれ特徴がありますが、特に特徴的な血液型はAB型かもしれません。

日本人はA型、O型の割合が非常に多いです、その次にB型、AB型と続きます。

AB型の男性や女性が職場にいると、なんとなくAB型っぽい雰囲気をかもし出しています。

AB型の男性や女性は独自性が強く、ある意味、存在感があります。

一言でいえば、つかみどころがない?ちょっとミステリアスな血液型かもしれません。

今回は、AB型の性格に注目してみたいと思います。

AB型の性格や特徴を知ることで、より良い関係性を築くことができます。

AB型は希少な存在?!

「血液型は信憑性ないんじゃないの?私は信じないけどね」と思う人も多いでしょう。

たしかに4つしかない血液型で必ずしも全てが当てはまるわけではありません。

性格も特徴も同じAB型でも十人十色と言えば、それまでです。

しかしながらAB型は日本の人口で見ても珍しい血液型です。

例えば日本で最も多いA型は一般的に真面目で几帳面なイメージが強いです。

しかし日本で最も多いA型だけに必ずしも真面目で几帳面な人間ばかりではない、むしろ様々な性格が見え、コレという特徴的な性格と言いきれません。

AB型の日本人でも少ない上に個性的な性格です。

職場でもA型やO型、B型が多い中でAB型と出会う確率は比較的少ない。

「あの人って変わっているタイプだよね」と思ったらAB型だった・・・ということは、よくある話です。

AB型は全人口の約5%しかいない

血液型性格診断は適当に誰かが考えたものではなく、約7000万人程のデータを集計して表した統計占いです。

血液型にはA型、B型、O型、AB型を4つあります。

最も多いのが、A型ですよね。

A型の男女は、どの職場や学校でも必ずいて、すぐに見つかります。

その次にO型やB型です。

AB型の男女は全くいないわけではありませんが、人工としては少ない。

もともと少ないAB型だけにAB型が生まれてくる割合も低くなるのです。

だからこそ、職場や学校など自分の周りにもAB型の男女は少ないのです。

例えば店のスタッフが何故かO型ばかり集まることはあっても、AB型のスタッフばかりが集まる店は、なかなか出会えない。

AB型は貴重な存在なのです。

AB型は変わってるって思われがち…


ちょっと変わっているなぁと思うとAB型ということありますよね。

血液型は4つしかないわりに、それぞれある特徴があります。

例えばA型は真面目で几帳面と言われます。

O型は明るく大雑把、B型は明るくズル賢いイメージがあります。

日本でも1番多いA型は「真面目や几帳面」と言われることを嫌がります。

A型は、どちらかと言えば面白みがないイメージだからです。

A型は日本で最も多い血液型です。

しかも真面目で几帳面という、わりかしザックリとしたイメージ。

正直なところ、コレという特徴的な物がない、一般的な人間なのです。

逆に日本で最も少ないAB型は特徴的です。

めったにいないからこそ、性格がわかりやすいと言えます。

AB型は、正直なところ少し変わり者のイメージがあります。

ミステリアスな部分もあり、一言で決め付けることができない性格です。

A型のように性格が読めないのです。

AB型の性格を分析してみよう