社会人として仕事に携わるようになると必ず誰しもが頭を悩ませられてしまう要因の一つとして言葉遣いが存在しています。

比較的若い年齢から適切な言葉遣いなどを知識として身につけている人であれば、あまり悩むことはないかもしれませんが、大体の方はまず言葉遣いに苦戦することになるはずです。

なぜならば、そもそも学生の立場できちんとした敬語を話す必要性はそこまで求められないからです。

もちろん、アルバイトなどをしている人は他の人に比べてしっかりとした言葉遣いができている人も多いと思います。

しかし、学生のアルバイトに関しては大抵の場合きちんとした敬語ではなくても見過ごされてしまう可能性もありますので、一概にアルバイトをしているからOKだとは言えません。

なので、社会人になった時に高度な言葉遣いを求められるというギャップにたくさんの方が頭を悩ませているという現実があるのです。

しかしながら、安心していただきたいのは誰しもが同じような道を通っているということです。

たとえ今は仕事をしっかりできるような人だったとしても、過去にたくさんの失敗を乗り越えてきたからこそ今が存在しているとも言えます。

なので、焦る必要性はなくわからないことを着実に早い段階で習得していくことを繰り返していけばいずれ適切な言葉遣いを話すことができるようになれるはずです。

そこで、今回はビジネスの場面においてよく使われる難しい言葉使いの一つとして「恐縮です」という言葉をテーマにして意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

意味や使い方を理解していく中で、どのような場面で使うべきなのかというシチュエーションなどについても詳しく解説しますので、参考にしてください。

「恐縮です」を解説します!

おそらくそれなりに人生経験がある方に関しては恐縮ですという言葉を日常的に聞いたことがあると思います。

プライベートの場面においてもそうですが、とにかくビジネスの場面において用いられたり聞いたりすることが多い言葉としても知られています。

ビジネスの場面においてよく用いられる言葉に関しては早い段階で正しい意味や使い方などを認識しておく必要性があります。

なぜならば、ビジネスの場面においては適切な言葉遣いを使うことができなければ相手とうまく意思疎通を行うことができないからです。

また、言葉遣いを誤ってしまうと相手との信頼関係に傷がついてしまったり、場合によっては大きな事態に発展してしまう可能性もありますので注意することが必要です。

ちょっとした言葉の掛け違いで大きな損害を出してしまうと自分自身の立場も危うくなってしまうということは考えるまでもありませんよね。

特に恐縮ですという言葉に関してはなんとなくの意味を理解した状態で言葉を使っている方が圧倒的に多い言葉としても知られています。

しっかりと正しい言葉の意味を理解していないと場合によっては間違った使い方になる可能性がありますので、なんとなくの認識のままではとにかく危険な状態になってしまいます。

なので、もしもあなたが恐縮ですという言葉について具体的に意味や使い方などを説明することができないのであれば、この機会にマスターできるようにしてみてください。

「恐縮です」の意味

一般的に考えて恐縮ですという言葉に関してはビジネスの場面において頻繁に用いられる言葉です。

社会人として仕事に携わっている方であればおそらく一度くらいは発したことがある言葉だと思います。

過去に一度でも使ったことがある人は自分がどのような状況で恐縮ですという言葉を使ったのかよく思い出してみてください。

そして、それと同時に恐縮ですという言葉が持っている意味合いについてもよく考えてみてください。

この部分を具体的に説明することができないのであれば、恐縮ですという言葉を完全に理解して使っていない可能性が高いです。

おそらく全くもって意味がわからないと感じてる方は少ないと思います。

つまり、なんとなくこんな状況で使うんだろうな、こういう意味を持っているんだろうな、という認識のままで使ってしまっていることが多いということです。

なので、まず恐縮ですという言葉の正しい意味をご紹介していきますので、もしも自分自身の認識と違っている部分があるならば正しい認識に変化させるようにしてください。

恐縮の意味

恐縮という言葉が持っている意味としては「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」という意味が存在しています。

おそらく日常的に恐縮ですという言葉を用いている人はこのような意味や場面で恐縮ですという言葉を使っていると思います。

例えば、相手に対して自分自身が迷惑をかけてしまったと感じた時に相手に対して自分の非礼を詫びたるときに用いたりする場合が一般的だと思います。

もしくは、相手から厚意を受けて、それに対して感謝の気持ち、つまりお礼を言ったりするときに用いたりするということです。

大体の方がこのような場面で恐縮ですという言葉を使ったりすることが多く、一般的な使い方として浸透しているはずです。

とにかく私たち日本人に関しては相手の立場を立てたりすることを重要視して考えていますので、このような言葉に関してもビジネスのシーンではよく用いることができるのです。

つまり、恐縮ですという言葉はかなり利便性が高い言葉としても考えることができ、様々な場面で適切な使い方をすることができれば魅力的な言い回しができる言葉です。

適切な場面で恐縮ですという言葉を使うことによって、しっかりとした礼儀を持っている人間だと相手からも反応してもらえるので、結果的に自分の印象を上げることができます。

このように綺麗な言葉遣いをすることができるということはひとつのスキルとして身につけておくことができ、結果的に自分自身を助けてくれる存在にもなってくれるのです。

なので、恐縮ですという基本的な意味を理解し、様々な場面で恐縮ですという言葉を用いるようにしてみてください。

恐れから身がすくむ状態

次にご紹介する恐縮という言葉が持っている意味としては「恐れから身がすくむ状態」という意味が存在しています。

恐縮ですという言葉が本来持っている意味を考えていただくとどちらかといえ、恐れから身がすくむ状態が一般的な解釈に該当します。

誰しもが人生で一度くらいは身が震え上がるような恐怖を感じたり、恐怖を感じて足がすくんでしまったような経験をしたことがあると思います。

例えば、学生の時に強い先生から激しく怒られたりした経験をしたことがある方は多いと思いますが、その時の状況こそまさに恐縮した状況だと言えます。

社会人であれば、自分の上司から叱責された状況なども同じように該当すると思います。

一般的に日常会話の中で恐縮ですという言葉を使ったりする場合は先ほどご紹介した意味合いで用いられることが多いと思います。

しかし、元々恐縮ですという言葉の意味としては「恐れから身がすくむ状態」という意味が存在しているということを覚えておいてください。

転じて「恐縮です」のような使われ方になる

元々恐縮ですという言葉が持っている意味として恐れから身がすくむという意味が存在しますが、最終的にこれが転じて日常会話の恐縮ですという意味に変化しています。

日常会話の中で用いられる意味合いとしては「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」が一般的ですが、この意味には先ほどの意味も関わっています。

例えば、相手に迷惑をかけたりすることに対して恐れから身がすくむという意味だったり、厚意を受けることが恐れ多いという意味に転じています。

なので、恐縮ですという言葉の根底にある意味としては恐れから身がすくむという意味が隠れているということを覚えておいてください。

これを理解しておけば、恐縮ですという言葉の意味を完全に把握することができるようになるはずです。

元々恐縮という言葉の漢字に着目して考えていただければ、そこまで理解することが難しいような言葉の意味にはなりません。

「恐縮です」の意味

恐縮ですという言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについてご紹介していきましたが、ここからは恐縮という言葉の気持ちの意味についてご紹介します。

恐縮ですという言葉に関しては様々な気持ちを表現することができる言葉としても知られています。

先ほどいくつか意味をご紹介していきましたが、その意味から考えてみても様々な気持ちを表現することができるということはわかると思います。

そこで、ここからは恐縮ですという言葉で表現できる気持ちをいくつかご紹介していきますので、気持ちの表現の部分に着目してどのような場面で使うのか考えてみてください。

感謝の気持ちの表現

まずはじめにご紹介する恐縮ですという言葉で表現することができる気持ちは「感謝の気持ちの表現」ができるということです。

これはどういうことかと言いますと、恐縮ですという言葉を用いることで相手に対して感謝していますということを伝えられるということです。

なぜかと言いますと恐縮ですという言葉の意味には「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」という意味があります。

つまり、相手の好意を受けるということはそれに対して相手にお礼を伝えるということになりますよね。

なので、相手に対してお礼を伝えるということは感謝の気持ちを表現するということと全く同じことであると断定することができます。

相手に対してお礼の気持ちを伝える際には一般的にはありがとうございますという言葉を使っていますよね。

それとほぼ同じ意味合いで用いることができますが、ここで注意していただきたいのはこの言葉の受け取り方の違いです。

ありがとうございますという言葉と恐縮ですという言葉を比較して考えてみると、恐縮ですという言葉の方がより相手に対してかしこまった言い方になっていますよね。

つまり、意味としてはさほど変わりませんが、相手の受け取り方という面に着目して考えてみるとより相手に対して敬意を表しているような言い方であるということです。

なので、相手がかなり高い立場の人間だったり、目上の人間の場合には使い分けるようにすると、より言葉の適切な使い方ができるようになるということです。

これ覚えておけば様々な場面で便利な言い回しができるようになりますので、恐縮ですという言葉の気持ちの表現の一つとして覚えておくようにしてください。

申し訳なさの表現


次にご紹介する恐縮ですという言葉で表現することができる気持ちは「申し訳なさの表現」ができるということです。

これに関しても難しく考える必要性はなく、恐縮という言葉の意味には「相手の好意を受けたりして申し訳なく思うこと」という意味がありますよね。

つまり、申し訳なく思うということは相手に対して申し訳なさを表現することができるということにつながるからです。

一般的に相手に対して謝罪の気持ちを伝えたりする際には申し訳ありませんという言葉を使ったりすると思います。

なので、申し訳ありませんという言葉と恐縮ですという言葉を同じように扱うことができるということになります。

ここでさらに考えていただきたいので先ほどと同じようにこの二つの言葉を比較して考えてみるということです。

この二つの言葉を比較して考えてみると、申し訳ありませんという言葉だけでもかなり丁寧な言い回しですが、恐縮ですという言葉の方がさらに丁寧な言い回しになります。

なので、先ほどと同じように恐縮ですという言葉を使えばより適切な言葉の使い方ができるようになるということです。

目上の立場の人間に対してより丁寧な言葉遣いを使いたいと思うのであれば、場合によっては恐縮ですという言葉に変化させて使ってみるとより気持ちが伝わるようになるはずです。

ちょっとした言葉の違いを理解して使い分けるようにすればより相手に自分の気持ちが伝わるようになります。

これを理解して工夫するように言葉を使ってみると、より相手と信頼関係を結んだり、良い人間関係を形成することができるようになるので覚えておいてください。

照れくささの表現


次にご紹介する恐縮ですという言葉で表現することができる気持ちは「照れくささの表現」ができるということです。

人によっては照れくささの表現を恐縮ですという言葉で言い表せるということが難しく感じる方もいるかもしれませんね。

なので具体的な例を挙げてこの表現方法についてご紹介していきたいと思います。

例えば、自分の誕生日に自分のためを思ってパーティーを開いてくれたり、プレゼントを渡してくれたりするような場面を想像してみてください。

もしもこれが会社などの場で行われたと考えてみると、お礼の気持ちはもちろんですが、ちょっとした気恥ずかしさなどが生まれることもありますよね。

このような場合に恐縮ですという言葉を使ったりすることで、自分自身の照れくささの表現をすることができるということになります。

ある程度距離感が近い人に対して恐縮ですという言葉を使ったりすることはないと思いますが、それなりに上下関係が存在してる場合だとこのような表現をする適切ですよね。

なので、このように恐縮ですという言葉は照れくささの表現をすることができる言葉としても用いることができるということを覚えておいてください。

謙遜をしている表現

次にご紹介する恐縮ですという言葉で表現することができる気持ちは「謙遜をしている表現」ができるということです。

これはどういうことかと言いますと「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」という意味は考えてみると謙遜の気持ちを表現できるということです。

例えば、言い換えてみれば自分などのためにこのようなことをしてもらうということは恐れ多いという意味を表現することができるということです。

例えば、自分よりも上の立場の人間が自分のために行動してくれたという場面を想像してみてください。

おそらく一般的な感覚を持っていれば、自分などのためにこのようなことをしてくれるなんてとても恐れ多いという感情を持ちますよね。

なので、このような場面で恐縮です、という言葉を使うことによって自分自身が相手に謙遜をしているということを伝えることができるようになります。

相手に対して謙遜をするということは、日常生活の中でも様々な場面で起こりうることだと思います。

特にビジネスのシーンに関してはこのようなことが多々あると思いますので、その都度自分が相手に対して謙遜しているという気持ちを表現することはとても大切です。

なぜならば、しっかりと礼儀を尽くして相手に対して謙遜しているという気持ちを表現することで、相手も自分のために行動してよかったと思ってもらえるようになります。

そうすることによって良い人間関係を生み出すことも出来ますし、再び相手が自分のために行動してくれるようになったりすることを招いたりできます。

なので、恐縮ですという言葉には相手に対する謙遜を表現することもできるということを覚えておいてください。

「恐縮です」の使い方

ここまでは恐縮という言葉の意味、そして恐縮という言葉で表現できる気持ちの意味についてご紹介していきました。

ある程度恐縮という言葉の基礎的な意味を理解いただいたところで、ここから恐縮ですという言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を理解したところで、具体的な使い方を理解していなければその言葉をマスターしているとは言えません。

間違った表現方法や使い方をしてしまうことで、意味を理解していても結果的に相手に伝わらなかったりするようなこともあります。

また、間違った表現方法や使い方をしてしまうことで相手に対して失礼な表現になってしまったりすることも十分考えられます。

なので、意味と同じくらい使い方を知るということが大切であるということを踏まえた上で、これからご紹介する恐縮ですという言葉の使い方を覚えましょう。

まずは例文をチェック

言葉の使い方を理解するためには、その言葉を使っている例文を確認することが理解に近づきます。

言葉の意味を正しく理解しておけば、例文を確認したときに具体的な使い方などに関しても理解することができるようになると思います。

恐縮ですと言う言葉に関しては意味さえ理解しておけば使い方などがそこまで難しくはない言葉でもあります。

なので、これからいくつか例文をご紹介していきますので、それらの例文を踏まえた上で使い方をマスターできるように活用してみてください。

本日はわざわざお忙しい中、足を運んでいただいて恐縮です

まず初めにご紹介する恐縮ですという言葉を使った例文は「本日はわざわざお忙しい中、足を運んでいただいて恐縮です」という例文です。

この例文に関してはビジネスのシーンにおいてよく用いられるような言葉になると思います。

使われる場面としては、社外の人間がわざわざ自社や待ち合わせ場所に足を運んでくださった場面などに対して用いられるような言葉として知られています。

比較的用いる頻度が高い例文でもあり、なおかつ恐縮ですという言葉を使ったりするときの代表的な言葉にもなりますので必ず覚えておくようにしてください。

この例文に関しても恐縮ですという言葉の基本的な意味を理解しておけばそこまで難しくはない言い回しになります。

この例文の意味としては「わざわざ足を運んでいただいて申し訳なく思う、感謝している」というような解釈をすれば問題はありません。

つまり、この例文で用いられる恐縮ですという言葉に関しては、相手に対して感謝の気持ちや申し訳なさを伝えていると言えます。

かなり基本的な使い方になり、ここから派生して様々な場面で用いられますので、使い方をマスターしておきましょう。

私のためにこのようなことをしていただいて本当に恐縮です

次にご紹介する恐縮ですという言葉を使った例文は「私のためにこのようなことをしていただいて本当に恐縮です」という例文です。

この例文に関してもビジネスのシーンなどにおいてよく用いられるような言葉として知られています。

この例文に存在している恐縮という言葉に関しては、相手に対するお礼、照れくささ、謙遜などの意味が含まれています。

ビジネスのシーンなどにおいては礼儀を尽くすことは非常に大切なことです。

この礼儀があるかないかということだけで大きく結果が左右されてしまうことなどもよくあることです。

なので、礼儀がしっかりしており、相手に対してお礼を伝えたり、自分の立場をしっかりとわきまえてるような人は好まれる傾向にあります。

相手から好まれるということは結果的に良い人間関係を形成することができ、仕事が行いやすくなったり、出世しやすくなったりするというメリットにもつながります。

この例文に関しても恐縮ですという言葉の一般的な使い方の一つであり、なおかつ様々な場面で使用することができる例文なので覚えて使ってみてください。

「恐縮です」を使うべきシチュエーション

ここまでは恐縮ですという言葉を使った例文についていくつかご紹介していきました。

ある程度恐縮ですという言葉の具体的な言い回しを理解いただいたところで、ここからは恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションについてご紹介していきます。

恐縮ですという言葉は先ほどからお伝えしているとおり、様々なシーンで用いることができるような利便性の高い言葉として知られています。

しかし、逆に考えていただくと利便性が高いということは使う機会が多く、間違う危険性も高くなるということになります。

正しい認識や解釈をしていればまず間違うことはありませんが、場合によっては間違ってしまう可能性がないとも言えません。

そうなってしまうとせっかく相手のためを思って言葉を発しているのに、全くもって意味がなくなってしまったり、自分が損をしてしまう可能性にも繋がってしまいます。

なので、これからご紹介する恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションについては正しく理解をして、間違った場面で使わないようにしてください。

式典などの挨拶のとき

恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションの一つとして「式典などの挨拶のとき」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、例えば結婚式などで代表で挨拶をしたりするような場面があると思いますが、そのような時に用いたりすることがあるということです。

たくさんの人間の中から代表して挨拶を行ったりするということは、考えてみればとても恐れ多いことであると考えることができます。

なので、恐縮ですという言葉を用いることによって、自分が周りの人に対して恐縮した気持ちを持っているということを明らかにすることでよい印象につながります。

礼儀的な使い方などの観点からしても、よく用いられることが多い言葉でもありますので、マナーとして必ず覚えておくようにしてください。

この部分をしっかりしておけば、しっかりした人だなという印象にもつながり、好印象を持ってもらえますので、必ず式典などの場面では用いるようにしてください。

相手から褒められたとき

次にご紹介する恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションの一つとして「相手から褒められたとき」ということが挙げられます。

このシチュエーションで該当する具体的な場面としては、目上の立場の人間から褒められたりするような場面を想像していただければわかりやすいと思います。

一般的に考えて自分よりも上の立場の人間が自分を褒めてくれた場合、求められる答えとしては相手に対して謙遜の気持ちを伝えることです。

相手から褒められて謙遜の気持ちなどを表現しない場合、人によっては傲慢で自意識過剰な人間だと思われてしまったりする可能性があるからです。

なので、相手から褒められた場合に関しては県その気持ちを伝えるために恐縮ですという言葉を使うようにしてください。

ビジネスの場面においても相手とコミュニケーションを図る上で、相手のことを褒めたりするようなことがよくあることです。

その時に正しい受け答えができるようにこのシチュエーションを頭に入れておけば、適切な対応ができるようになりますので必ず覚えておきましょう。

相手から恩恵を受けたとき

次にご紹介する恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションの一つとして「相手から恩恵を受けたとき」ということが挙げられます。

恩恵という言葉を聞くと少し難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば相手から何かしてもらった時の事を想像していただければわかりやすいと思います。

一般的に考えて自分よりも上の立場の人間が自分に対して何かしてくれたという状況を想像してみると、相手に対して感謝の気持ちを伝えたり、恐れ多い気持ちを伝えるはずです。

なので、そのような場面においてはお礼の気持ちなどを相手に伝えるために恐縮ですという言葉を使ったりすることが一般的になります。

なので、相手から何かしらの恩恵を受けた時は恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションの一つとして認識することができるということです。

相手から何かしらの恩恵を受けた時に何もリアクションを行わなければ、失礼な人間だと思われたり、傲慢な人間だと思われる可能性にもつながります。

そうなってしまいますと、自分が損をするだけになりますので、必ずこのシチュエーションではリアクションを起こすように心がけておいてください。

謝罪をするとき

次にご紹介する恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションの一つとして「謝罪をするとき」ということが挙げられます。

これに関してはわざわざ説明するまでもないと思いますが、相手に対して謝罪の気持ちを伝えたりする時には恐縮ですという言葉を使うのが適切な場面であるということです。

恐縮ですという言葉を使ったりする場面を想像してみると、おそらくたくさんの方がを思い浮かべる場面としては相手に対して謝罪をしたりする時だと思います。

恐縮ですという言葉を使うことによって相手に対して申し訳ないという気持ちを伝えることができますので、謝罪の言葉としては適切な言い回りになります。

また、先ほども伝えた通り恐縮ですという言葉は申し訳ないですという言葉よりもかなり丁寧な言い回しとして認識されています。

なので、適切な言葉遣いを用いることによって相手の気持ちを沈めたりするような効果も得ることとできます。

それくらい言葉の持っている力は大きな存在であり、自分自身を助けてくれる存在にもなり得るということを理解してください。

そして、恐縮ですという言葉を使うべきシチュエーションとしても相手に対して謝罪をする時だということも合わせて覚えておきましょう。

「恐縮です」の使い方を覚えておこう

今回は恐縮ですという言葉をテーマにして、恐縮ですという言葉の意味や使い方、そして使うべきシチュエーションなどについてご紹介していきました。

ビジネスのシーンにおいて恐縮ですという言葉は様々な場面で用いることができる必要性の高い言葉です。

社会人ではない人でも、いずれ必ず必要になる言葉遣いになりますので、もしも恐縮ですという言葉の意味や使い方を知らなかった場合はこの機会にマスターしてください。

また、恐縮ですという言葉以外にも利便性が高い難しい言葉はたくさんありますので、それらの言葉についても理解しようとする考え方を養ってみてください。