CoCoSiA(ココシア)

「恐縮です」とはどういう意味?正しい使い方や使うべきシチュエーションを解説


社会人として仕事に携わるようになると必ず誰しもが頭を悩ませられてしまう要因の一つとして言葉遣いが存在しています。

比較的若い年齢から適切な言葉遣いなどを知識として身につけている人であれば、あまり悩むことはないかもしれませんが、大体の方はまず言葉遣いに苦戦することになるはずです。

なぜならば、そもそも学生の立場できちんとした敬語を話す必要性はそこまで求められないからです。

もちろん、アルバイトなどをしている人は他の人に比べてしっかりとした言葉遣いができている人も多いと思います。

しかし、学生のアルバイトに関しては大抵の場合きちんとした敬語ではなくても見過ごされてしまう可能性もありますので、一概にアルバイトをしているからOKだとは言えません。

なので、社会人になった時に高度な言葉遣いを求められるというギャップにたくさんの方が頭を悩ませているという現実があるのです。

しかしながら、安心していただきたいのは誰しもが同じような道を通っているということです。

たとえ今は仕事をしっかりできるような人だったとしても、過去にたくさんの失敗を乗り越えてきたからこそ今が存在しているとも言えます。

なので、焦る必要性はなくわからないことを着実に早い段階で習得していくことを繰り返していけばいずれ適切な言葉遣いを話すことができるようになれるはずです。

そこで、今回はビジネスの場面においてよく使われる難しい言葉使いの一つとして「恐縮です」という言葉をテーマにして意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

意味や使い方を理解していく中で、どのような場面で使うべきなのかというシチュエーションなどについても詳しく解説しますので、参考にしてください。

この記事の目次

「恐縮です」を解説します!

おそらくそれなりに人生経験がある方に関しては恐縮ですという言葉を日常的に聞いたことがあると思います。

プライベートの場面においてもそうですが、とにかくビジネスの場面において用いられたり聞いたりすることが多い言葉としても知られています。

ビジネスの場面においてよく用いられる言葉に関しては早い段階で正しい意味や使い方などを認識しておく必要性があります。

なぜならば、ビジネスの場面においては適切な言葉遣いを使うことができなければ相手とうまく意思疎通を行うことができないからです。

また、言葉遣いを誤ってしまうと相手との信頼関係に傷がついてしまったり、場合によっては大きな事態に発展してしまう可能性もありますので注意することが必要です。

ちょっとした言葉の掛け違いで大きな損害を出してしまうと自分自身の立場も危うくなってしまうということは考えるまでもありませんよね。

特に恐縮ですという言葉に関してはなんとなくの意味を理解した状態で言葉を使っている方が圧倒的に多い言葉としても知られています。

しっかりと正しい言葉の意味を理解していないと場合によっては間違った使い方になる可能性がありますので、なんとなくの認識のままではとにかく危険な状態になってしまいます。

なので、もしもあなたが恐縮ですという言葉について具体的に意味や使い方などを説明することができないのであれば、この機会にマスターできるようにしてみてください。

「恐縮です」の意味

一般的に考えて恐縮ですという言葉に関してはビジネスの場面において頻繁に用いられる言葉です。

社会人として仕事に携わっている方であればおそらく一度くらいは発したことがある言葉だと思います。

過去に一度でも使ったことがある人は自分がどのような状況で恐縮ですという言葉を使ったのかよく思い出してみてください。

そして、それと同時に恐縮ですという言葉が持っている意味合いについてもよく考えてみてください。

この部分を具体的に説明することができないのであれば、恐縮ですという言葉を完全に理解して使っていない可能性が高いです。

おそらく全くもって意味がわからないと感じてる方は少ないと思います。

つまり、なんとなくこんな状況で使うんだろうな、こういう意味を持っているんだろうな、という認識のままで使ってしまっていることが多いということです。

なので、まず恐縮ですという言葉の正しい意味をご紹介していきますので、もしも自分自身の認識と違っている部分があるならば正しい認識に変化させるようにしてください。

恐縮の意味

恐縮という言葉が持っている意味としては「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」という意味が存在しています。

おそらく日常的に恐縮ですという言葉を用いている人はこのような意味や場面で恐縮ですという言葉を使っていると思います。

例えば、相手に対して自分自身が迷惑をかけてしまったと感じた時に相手に対して自分の非礼を詫びたるときに用いたりする場合が一般的だと思います。

もしくは、相手から厚意を受けて、それに対して感謝の気持ち、つまりお礼を言ったりするときに用いたりするということです。

大体の方がこのような場面で恐縮ですという言葉を使ったりすることが多く、一般的な使い方として浸透しているはずです。

とにかく私たち日本人に関しては相手の立場を立てたりすることを重要視して考えていますので、このような言葉に関してもビジネスのシーンではよく用いることができるのです。

つまり、恐縮ですという言葉はかなり利便性が高い言葉としても考えることができ、様々な場面で適切な使い方をすることができれば魅力的な言い回しができる言葉です。

適切な場面で恐縮ですという言葉を使うことによって、しっかりとした礼儀を持っている人間だと相手からも反応してもらえるので、結果的に自分の印象を上げることができます。

このように綺麗な言葉遣いをすることができるということはひとつのスキルとして身につけておくことができ、結果的に自分自身を助けてくれる存在にもなってくれるのです。

なので、恐縮ですという基本的な意味を理解し、様々な場面で恐縮ですという言葉を用いるようにしてみてください。

恐れから身がすくむ状態

次にご紹介する恐縮という言葉が持っている意味としては「恐れから身がすくむ状態」という意味が存在しています。

恐縮ですという言葉が本来持っている意味を考えていただくとどちらかといえ、恐れから身がすくむ状態が一般的な解釈に該当します。

誰しもが人生で一度くらいは身が震え上がるような恐怖を感じたり、恐怖を感じて足がすくんでしまったような経験をしたことがあると思います。

例えば、学生の時に強い先生から激しく怒られたりした経験をしたことがある方は多いと思いますが、その時の状況こそまさに恐縮した状況だと言えます。

社会人であれば、自分の上司から叱責された状況なども同じように該当すると思います。

一般的に日常会話の中で恐縮ですという言葉を使ったりする場合は先ほどご紹介した意味合いで用いられることが多いと思います。

しかし、元々恐縮ですという言葉の意味としては「恐れから身がすくむ状態」という意味が存在しているということを覚えておいてください。