CoCoSiA(ココシア)

彼氏と旅行に行ってカレのことをもっ...(続き5)

では、世の女性たちは、どのように羞恥心を忘れないようにしているのかと言うと、「おっさんに見えないような行動を気をつける」と言うことや、「浴衣などの着衣をしっかりする」などというところです。

中には、すっぴんを見せないようにすると言うような女性もいるようですね。

また、着替えやメイクの姿を見せないようにする心遣いをしている女性もいるようですね。

やはり、女性は、いろいろなところで羞恥心を忘れないように努力しているようです。

親しき仲にも礼儀あり

やはり、彼氏ともなると非常に関係性が近いのでついついなぁなぁになってしまうところがあります。

上記の羞恥心を忘れないって言う項目で、著者は若い頃、彼氏として付き合っていた旦那にそのように気をつけていたかというとそのようなところはなかったなと反省をしたところです。

やはり、たとえ親しくあっても、そのような礼節を忘れないようにするのは大切ですね。

当時彼氏だった主人の心が広く、よく振られなかったなと思いました^^;。

そんな著者が言えることではありませんが、やはり女性として恥ずかしくない行動する事が、大切ですよね。

彼を待たせすぎないようにする

お風呂や着替えなど、女性の方がついつい時間がかかってしまうこともあります。

中には、メイク時間がかなり長い人もいるかもしれませんね。

そんな時にも彼氏さんを待たせすぎないようにする心遣いをしましょう。

男性の方が、そのようなことを早く終わるところはあるのかもしれないけれど、やはり待つことが多すぎるとなると、旅行も楽しくなくなります。

ですので、服装などもなるべく着替えやすいものを持つようにしましょう。

そして、化粧もなるべく短くできるように日々練習をしていくことも大切かもしれません。

おしゃれをするのは良いことです。

ですが時間がかかり過ぎるのは考えものですので、時間がかからない程度におしゃれなメイクを日々研究してことも大切かもしれませんね。

お風呂など早めに行動する

女性はついついお風呂が長くなってしまうところもあります。

化粧も落とさないといけないし、やはり湯船につかってゆっくりしたいなと思う時もあるかもしれません。

ただ、そのような行動が比較的男性の方が早い傾向にあります。

ですので、女性は心持ち早めに行動することがちょうど良いのかもしれません。

ですので、男性と旅行に来ている時はなるべくお風呂などは早めに行動するように心がけましょう。

旅館やホテルの物を丁寧に使う

もちろん、自分のものだから丁寧に扱うっていうのもあるかもしれないけれど、旅館やホテルの物と言うとついついサービスだからとぞんざいに扱ってしまうところはありませんか?
ホテルって非常にきれいですよね。

それは、ベッドメイクの人などいろいろな人の手のおかげできれいになっているのです。

ですので、そのような人たちを煩わせるようなことをするのは気遣いがないことだと言われても仕方がないところがあります。

ですので、旅館やホテルのものは自分のものと同じように、ともすれば自分のものよりも丁寧に使うようにしましょう。

配慮が必要

例えば、ホテルのベットメイクの人の苦労話などを聞くと、やはりそのようなサービスを受けていると言うことで、自分のものでは無いからこそかなり適当に使う人がおり、その清掃が大変だと言う声もあります。

なぜ自分のものは丁寧に使うのかと言うと、その後の片付けが大変だと言うのを熟知しているからです。

中には自分のものであっても、そのように適切に使うことができないと言う人もいるかもしれません。

ですが、たとえうまくいかなかったとしても、そのように丁寧に使うと心がけるだけでも大分違います。

ですので、そのようなサービスだからといって適当に使うのではなく、配慮する気持ちこそが大切なのです。

いたわりの心を持つ

旅行の計画を立てるのは彼氏さんというケースも多いかもしれないけれど、女性である皆さんであるケースも多いかもしれませんね。

どちらの立場であっても、いたわりの心を持つことを大切にしましょう。

2人で旅行を楽しむものです。

ですので、あまりにもこちらの都合を押し付けすぎるのも考えものです。

例えばですが、エステツアーとなると女性は楽しいかもしれませんが、同じように男性が思うのかというとそうでは無いケースもあります。

ですので、計画を立てるのが自分だとしても計画を立てるのが彼氏さんだとしても、男性も楽しめるということを重視するようにしましょう。

自分の希望ばかりを押し付けない

やはり、せっかく旅行に行くのだから楽しみたいと思う気持ちは大変よくわかります。

ですが、自分の希望ばかりを押し付けると、彼氏さんは楽しくありません。

ですので、自分の希望を1取り入れたら彼氏さんの希望1取り入れると言う位に、ちょうど半々位になるような感じで楽しめるといいですね。

そして、2人で心から楽しめるプランも用意しましょう。

もし、彼氏さんが計画を立て、彼氏さんが自分の希望を一緒に行っているようだったら、自分の希望をさりげなく主張してみるのもいいかもしれません。