某CMで、「現代人は忙しい。お風呂の時間さえも短くなっている」という言葉がありました。

それほど、現代人は忙しくなっています。

内閣府経済社会総合研究所のレポートは、総労働時間は1968年から1992年まで上昇し続け、バブル崩壊とともに減少してきてはいるものの、1968年が週38時間程度だったのと比べるとまだまだ長時間ということを示しています。

2016年の海外のニュースサイトの調査によれば、日本は平均で週44.5時間も働いているそうです。

そもそも厚生労働省では「原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。」と記載しているのですから妙な話です。

しかし、現状はそう簡単には変わりませんから、暇はないけどどうやって毎日を楽しむかを考えていきましょう。

毎日毎日忙しすぎるあなたへ

プライベートの予定がみっちりで忙しいなら十分楽しめていると思うのですが、問題は残業で時間がない人です。

毎日毎日会社から帰って寝るだけの生活では楽しむなんてできるのかと思うかもしれませんね。

でも、やり方さえ考えれば出来る限り楽しみきることはできます。

暇はなくても毎日は楽しめる

スキマ時間の有効活用が注目されるようになってから久しく、忙しい現代人は忙しいなりにプライベートを楽しもうとしています。

仕事が増える要因にもなっているインターネットや端末の進化ですが、その一方でスキマ時間にも楽しませてくれるコンテンツを入手しやすくもなりました。

現代の良い部分を駆使していかに自分を楽しませるかというのは現代人にとって大切な要素です。

ここを怠けてしまうと、「人生=仕事」のようになって追い込まれていくので、最初は自分を騙しながらでも楽しいことを見つけてみることをおすすめします。

全ては自分の考え方や行動次第

たとえば残業が22時まであって、23時に帰宅したとすると朝10時始まりの会社だとしても9時には家を出るなら8時には起きなければなりませんから、日本人の平均睡眠時間7時間43分で逆算すると0時就寝です。

1時間しかないことになります。

しかし、丸一日予定がなくても暇がないと思う人もいれば、1時間空いているだけで楽しめる人もいます。

どれだけ忙しくても空いている時間をどう捉えるかは自分次第です。

ためしに1時間でできることを色々と想像してみましょう。

毎日を楽しむための9個の方法

毎日を楽しむための9個の方法をご紹介します。

記事の後半では具体的なツールやコンテンツなどをご紹介しますが、まずは意識的な部分からご紹介します。

ちょっと意識や着眼点を変えるだけで意外と楽しめることがあると気付けるはずです。

頑張りすぎはやめる

毎日忙しすぎて人生を楽しめていないと考えている人は頑張りすぎかもしれません。

まず仕事に対して人よりも責任感や義務感の強い人は、明日やってもいいことを今日やってしまうことがあり、これを退職まで続けるので一向に明日が楽になるということがないのです。

常に明日の仕事を今日に持ってきていると、いつしか周囲までそれが「通常」になってしまい、仕事を放りこんでくるようになるのです。

これでは帰れなくなるので暇がなくなるどころか睡眠時間まで減り心のみならず体にもダメージを負ってしまいます。

日本は世界29か国の中で平均睡眠時間の長さが7.7時間でワースト2位です。

その分労働時間は7.2時間で高めなのに5.7時間だけ働くドイツなどと比べると労働生産性は突出して低いのです。

睡眠不足やプライベートの時間の有意義さは労働生産性にも関わるといわれているので、残業を繰り返して時間的に頑張るよりもライフスタイルを見直して生産性を向上する方が自他ともに楽になります。

時間の使い方を見直す

仕事や家事、移動時間などのいわゆるスキマ時間は、日本人平均1時間9分あるという調査結果があります。

その過ごし方の多くがネットサーフィン、次いで読書、テレビ視聴となっています。

これらの過ごし方で満足が得られる人はそのままで大丈夫ですが、もし惰性で興味もないコンテンツやテレビをぼんやり眺めていて「何もせずに時間終わった…」と思う日々が続いているなら最初にスキマ時間の使い方を見直してみましょう。

あるいは、夜帰宅してもダラダラとネットサーフィンを続けてしまい、気づくと睡眠時間が削られて朝もギリギリで起きているなら夜は早めに寝て朝余裕を持って起きることで出来ることも増えるかもしれません。

平日1日のうちで自分で自由に調整できる時間に無駄がないかどうかを検討してみると、思ったより暇があることもあります。

趣味を見つける

自堕落な時間の過ごし方をしてしまう人の多くは、いざ暇ができると何をしていいかがわからなくなってしまい、何をしようかと考えている内に時間が過ぎています。

そこで、暇ができたらすると決められる趣味を持つだけで満足度は一変します。

スキマ時間で直接的にはできない趣味でも構いません。

キャンプなどのアウトドアが好きならさすがに1時間でキャンプ自体は無理ですが、週末の予定に合わせて道具や食材のリサーチをするだけでも楽しい気分になれるでしょう。

帰宅後が楽しみになるお取り寄せなどもアリです。

小さな幸せを感じる

仕事に精神が摩耗されているとたくさん転がっている小さな幸せを見落としてしまいます。

あえてそこに目を向けて拾わないと心が疲れ切ってしまいます。

そうなれば時間ができても何もやる気が起きなくなるので自分の周りにある小さな幸せを感じる意識を持ちましょう。

些細なことで感謝の心や敬意を持つというのも幸せを感じるのには効果的です。

いつもいくランチの店で「今日も美味しくてありがたいな」と思ったり、野菜が少し安くなれば喜んだり、周囲の人のちょっとした気遣いに反応するだけで一日はグッと変わります。

大切な人の笑顔を思い出す


友達、恋人、家族など大切な人の笑顔と一緒にいた時間を思い出せば、またあの時間を過ごしたいと思えて時間のやりくりを考えることにつながります。

そして、その笑顔が自分と一緒にいることで生まれたものだとわかれば、自分の存在意義がプライベートにあることを改めて実感できるでしょう。

仕事を頑張ることは素晴らしいことですが、多くの日本人はプライベートを犠牲にしがちです。

でも、自分が幸せを感じられるのは仕事よりもプライベートの充実度の方が基本的には高いもの。

笑顔を思い出すことでそのことに気づくことが大切です。

仕事の中の楽しみを見つける

プライベートがとても大事だというのは上記の通りですが、日本の平均労働時間が7.2時間なことを考えると、休憩1時間と通勤2時間を考慮すれば拘束時間は10.2時間に及びます。

8時間睡眠とした場合起きている時間は16時間なので三分の二くらいの時間を仕事関係で消費しているわけです。

一日の三分の二がめちゃくちゃつまらなくて苦行なら当然精神がすり減ります。

そのため、仕事の中の楽しみを見つけることも大切です。

仕事なんてものは稼ぐための手段にすぎませんが、少なくとも絶対にやりたくないことならやっていないはずなので、その仕事に決めたときに何かしらの判断基準があったはずです。

毎日同じような仕事を続けていると、入社当時の期待感や楽しみを見失うことはよくありますが、初心に返って楽しさを見つけてみましょう。

当時とくらべて今だからこそ任されていることや、できるようになったことを見つけるだけでも自分の成長を実感できます。

ちょっとした贅沢をする

忙しくて時間が無いと思い込んでいる人は毎日が単なる地続きでメリハリのない生活を送っていることが多いです。

主体的に自分に喜びを与えられていないというか「何か良いことないかなー」と思いながら時間が過ぎているのです。

定期的にちょっとした贅沢を投下して地続きの時間の流れを区切ってみましょう。

給料日は趣味や好きなグッズを1つ買っても良いことにするとか、月末の納品業務を乗り切ったらパーッと飲みに行くとか、フェスに出かけるとか色々と贅沢の手段はあります。

あるいは毎晩お気に入りの入浴剤でリラックスタイムを満喫するなども手です。

週末だけ各地の温泉の素に切り替えるなどもおすすめ。

金銭負荷がそれほどなく定期的にできる贅沢を探してみましょう。

人との会話を楽しむ

仕事の会話以外の人との会話ができているかをここ数か月の間で思い出してみてください。

もし片手におさまるくらいだったら即刻改善しましょう。

人は働くために生きているのではなく生きるために働いているのに、プライベートの会話がないとそれが逆転してしまうからです。

友達や恋人、家族がいなくても人との会話は楽しめます。

地元民が集うバーなどで居合わせた人と話すだけでもだいぶ違います。

全く業種や年齢の異なる人と話していると自分の視野がいかに狭くなっていたかを認識できるでしょう。

それによって今の生活に疑問をもったり改善意欲がわいてくることもあります。

もちろん友達や恋人、家族がいるならその大切な人たちとの会話を楽しめば大丈夫です。

スキマ時間を活用する

先ほど提示したように日本人にはスキマ時間が平均1時間9分あります。

テレビだけでもドラマ1話分見れますから、過去に放送された作品のデータを持ち歩けば2週間あれば1クール分見れます。

もし毎日1時間勉強したとすれば365時間勉強できるわけで、必要学習時間250時間の日商簿記2級や300~500時間のCAD資格、200時間のキャリアコンサルタント、その他販売士や漢字検定準1級などたくさんの資格や検定が狙えます。

平日5時間もあれば小説1冊くらいは読めますし、毎日スキマ時間でリスニングを続ければ語学能力の向上なども期待できます。

ストレッチで柔軟性を得たり、趣味の知識を仕入れたりなど1時間でできることは山のようにあります。

活用しない手はありません。

忙しくても楽しめるおすすめのこと

ここからは具体的に何をして楽しもうか考えてみましょう。

上記までの項目で何か思いついたら実践してみてください。

もし今のところ何をしたらいいか悩んでいるなら、下記の具体例を参考にしてはいかがでしょうか。

例示するものはどれも安価で時間もそれほど必要としないのに一日の満足度を高めてくれるものばかりです。

どれか1つだけ取り入れてみても良いですし、全部やってみても良いです。

帰りにコンビニスイーツを買う

最近のコンビニスイーツはクオリティがとても高いので夜に食べるだけで満足度を急上昇させてくれます。

シュークリーム、ケーキ、ティラミス、ガトーショコラ、プリン、ゼリー、たい焼きに大福、アイス、あんまんや桜餅などの季節商品も含めて選び放題です。

300円もあれば大体購入できるので毎日食べ続けても1万円いきません。

コンビニこだわりスイーツの先駆け、ローソンのプレミアムロールケーキは毎月22日に苺が入るという楽しみもあります。

これはカレンダーの22日の上が必ず15日なので「1(イチ)5(ゴ)」で苺がのっている日だからとのこと。

しかも価格はいつもと同じという太っ腹ぶりで嬉しいかぎりです。

甘い物が苦手な人はスイーツのみならずコンビニ限定カップ麺やオリジナルブランドのお惣菜、またコンビニでも買える缶つまシリーズがおすすめ。

最近のコンビニ飯はどれも美味しいのでおかずのグレードアップやお酒のおともにぴったりです。

次の休日の予定を立てる

妄想だけでも結構楽しいですが、手帳や計画表に記載して後から目を通せるようにすると満足度はより高まります。

休日が楽しみになるので、そこに向かって仕事もやる気が出たりするので仕事効率との相乗効果も期待できます。

しっかり予定を立てることで休日の朝も起きれたり、ダラダラせずに思い切り時間を有効活用することにつながります。

好きな音楽でもかけて朝日の下で洗濯物を干すだけでも結構気分が良いものです。

近所を散歩してみるだけでもお買い得なスーパーや商店街や季節の花が綺麗な公園が見つかったりもするので、大層な予定でなくても計画してみると楽しいことが待っています。

朝ごはんを美味しいものにする


朝からおしゃれな料理が作れる人は既に充実した一日を過ごせていそうなのでそのままで良いとして、朝ギリギリで起きてなんとか飲み物やパンを口に押し込んでダッシュで駅に向かうという人におすすめなのは炊飯器作戦です。

ギリギリで起きるから朝ごはんを食べる余裕がないので、夜のうちにお米を研いで吸水させておき、起きる時間に炊飯器のタイマーをセットしましょう。

お米の優しい香りとタイマーの音で目覚めると食欲もわきます。

おかずを作るのが面倒ならお気に入りのごはんのお供を準備しておけばOK。

明太子、納豆、鮭フレーク、ちょっと良いフリーズドライのお味噌汁、コンビニでも手に入るチルド惣菜をレンジでチンするだけなど、ご飯を美味しく食べるためにそれらを選んでいる時間も楽しいです。

電子コミックを読む

漫画好きならスマホやパソコンで読める電子コミックをスキマ時間や寝る前のリラックスタイムで楽しんでみましょう。

多くの電子コミックサービスは無料話も多いので、お気に入りを見つけるのにも役立ちますし、昔の漫画で本屋さんには置いていないものとの出会いも待っています。

最近の電子コミックは紙をめくるような操作感が極められているものもあるので、書店で購入する実物にこだわる人もそれなりに楽しめます。

面と向かって買うのがちょっと恥ずかしいタイトルや表紙の漫画にチャレンジしやすいのも利点です。

代表的なサービスをいくつかご紹介します。

めちゃコミ

フレンチブルドッグのCMでおなじみの「めちゃコミ」は株式会社アムタスが運営する電子コミックサービスです。

会員登録・ログイン無しでも無料で読める作品が多く、会員登録すれば有料で続きを購入できます。

スマートフォン向けに1コマずつ再生できる「コマ読み」の漫画があるのも特徴のひとつです。

ポイント購入方式で、300ptの金額が324円なので購入ポイント数を消費税別で換算します。

ただ、購入ポイントが多ければボーナスポイントもつくので割安になります。

ポイントの有効期限が6ヶ月なのでそこは注意が必要です。

漫画に紐付されたタグが豊富でテーマだけでなくシチュエーションや人物タイプ、短編・4コマなどの作品様式などで絞り込みができるので便利です。

コミックシーモア

謎のイラスト「ヒマ女(ジョ)」のCMのコミックシーモアはコミックだけでなく小説や実用書も取り扱っており、45万冊を超える品揃えです、無料なものだけでも2300冊以上あり、試し読みも充実しています。

映像化などで話題のものは特集が組まれるので見つけやすく、気になっていた漫画の1巻を無料で読んでみてハマれば続きを購入することができます。

運営会社はエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社で超大手のNTTのグループ会社なので安心度も高いです。

シーモアにはレンタルサービスと読み放題の別サービスもあり、自分に合ったものが選べます。

レンタルも気に入れば購入価格との差額を払えば無期限に変更でき、アプリ不要でブラウザ再生できるのも利点です。

Renta!

1995年設立の株式会社パピレスが運営する電子書籍のサービスRenta!は名前の通りレンタルができるのが特徴です。

無料話も豊富ですが、48時間レンタル100円の作品も多いのでお手頃価格で漫画を楽しめます。

全巻無料サンプルつきなので、表紙の雰囲気で選んだら合わなかったということもありません。

気に入った作品は無期限レンタルでストックすることもできます。

全巻セットだとお得になる作品もあるので、場所をとらないのに大人買いができちゃいます。

一般的な漫画のほか、スマートフォン再生向けの縦スクロールの漫画や演出つきのコミックシアター(TL、BL、大人向けが主)、ノベルなどもあります。

スマホで映画を見る

コミックだけでなく今は映画もスマホで見れます。

多くの動画配信サービスは月額制で見放題なので、ベッドでゴロゴロしながら映画を見て寝落ちしてもまた同じ映画を再生できる上に急いで見て返す必要もないので気楽に楽しめます。

動画配信サービスを利用すれば月額内で色んな映像作品を見ることができるため、趣味に合わないものを選んでしまっても、最後まで見なければというもったいない精神がはたらかずに済みます。

ちょっと見てみたいくらいの映像にも手が出しやすいです。

Netflix

世界最大級の動画配信サービスといえばNetflixです。

オリジナル作品の数は他社を圧倒します。

料金プランは3種あり、月額税抜ベーシックが650円、スタンダードが950円、プレミアムが1,450円、いずれも無制限見放題です。

ベーシックの画質はSDで同時試聴可能な画面数(端末数)が一つ、スタンダードはHDで2つ、プレミアムはHDと4Kで同時に4つ視聴できます。

スマホで見るならスタンダードでも十分です。

スマホやタブレットへのダウンロードができるので一度端末に入れておけば地下鉄など通信状況の悪いところでも楽しめます。

Amazonプライム・ビデオ

月額400円あるいは年間3,900円でプライム会員になれば追加購入費用無しでたくさんの映像作品を楽しめ、値段の安さはピカイチです。

30日間の無料トライアルもあるので試してみましょう。

国内外の映画やドラマ、アニメ、CMにもあるダウンタウン松本さんのドキュメンタルなどAmazonオリジナル作品などが豊富に揃っているほか、人気作品や現在放送中のドラマの見逃し分などは追加費用にはなりますがレンタルや購入が可能です。

Amazonプライム・ビデオが他の動画配信サービスと最も異なる部分は、Amazon自体のプライム会員になることで映像が楽しめること。

通販のお急ぎ便や指定日配達が使い放題になり、音楽も100万曲以上が聞き放題、写真の保存サービスや一部の本や漫画、雑誌も読み放題になります。

U‐NEXT

見放題作品65,000本以上、レンタル作品45,000本以上が揃う動画配信サービスです。

価格は月額税抜1,990円で他社と比べると高めですが、その分1,200ポイントが毎月チャージされます。

これは最新映画2本分に相当するポイントなので最新作も早く楽しめるという点でメリットがあります。

さらに、他社と大きく違うところは、貯めたポイントを映画館で使えるという点です。

映画好きにはお得なサービスといえます。

ダウンロード可能でフルHDなのも嬉しいところです。

無料トライアルは31日間となっています。

Hulu

Huluは月額933円(税抜)で追加料金無しで動画を楽しめます。

海外で注目されていて日本初上陸となる作品も含め、映画やドラマ、アニメなど50,000本以上が見放題です。

アメリカのHulu社が大元のため海外ドラマの品ぞろえは群を抜いていますが、日本でHuluを運営するHJホールディングス株式会社2014年から日本テレビグループとなっています。

とはいえ、日テレ以外のチャンネルの作品も網羅していますし、HD画質での配信でスマホでもかなり綺麗に見れます。

ただし、ダウンロード機能がないので通信状況が悪い場所では見ることができないことと、同一アカウントで複数デバイスでの再生はできないので、家族の一人が家のテレビで、もう一人が移動先で、のようには使えません。

帰りにちょい飲みに行く

お酒が好きならこれは持ってこいの楽しみ方です。

美味しいお酒と食事でリラックスしましょう。

会社の近くはもちろんのこと、途中下車したり家の近所を開拓したりなど、世の中の酒場を巡るのは終わりのない楽しみを与えてくれます。

お気に入りの店が見つかって通いの客になれば思わぬサービスがもらえるようになったりもします。

ちょい飲みセットが用意されている酒場もおすすめです。

1,500円くらいでお酒2杯とおつまみがついているのが多く、初めてのお店でも迷わず注文できます。

新規顧客呼び込みの意味もあるセットなのでおつまみにハズレが少ないのが利点です。

ちょっと大人な雰囲気のバーで軽く一杯なんていうのも心を満たしてくれます。

グラスを傾けながらゆったりとした時間を過ごせば、自分のためだけに時間を使ってあげられたことが実感できるでしょう。

朝活をする

近年話題の朝活に取り組んでみるのも素敵です。

意識の高い人は朝4、5時に起きたりするようですが、いつもより1時間早く起きてみるくらいでも構いません。

続けて習慣化することが大事なのでいきなり無理はしないようにしましょう。

漠然と「よし!明日は早く起きるぞ!」と気合いを入れるだけではアラームで目が覚めても「まぁ…いいか…二度寝」となるので、夜の内に朝起きたら何をするか決めておくのをおすすめします。

手帳やメモに手書きするとより効果が高まります。

朝活というと何かを頑張らなきゃいけない気がしますが、頑張らなくてもいいものもあります。

朝から「今日は何時に退社するぞ!」とスケジュールするのも朝活ですし、コーヒーをじっくり入れてのんびりするのも朝活です。

その他3つご紹介します。

【おすすめの朝活は、こちらの記事もチェック!】

早朝ジョギング

朝からジョギングするのは筋肉が鍛えられる以外のメリットがたくさんあります。

ジョギングは有酸素運動なのでそもそも脂肪が燃焼しやすいのですが、朝食前にジョギングするとそれまでに溜まっている脂肪を使ってくれるのでダイエットに効果的です。

また、起きた時は血圧が低くなっているのでジョギングによって血のめぐりをよくすることで朝から機動力が高くなり午前の仕事も効率よくするめられるようになります。

早朝は夜のジョギングと比べて道にあまり人がいないので不審者扱いされる心配もありませんし、車も少ないので安心して走ることができます。

ただし、早朝ジョギングには気を付けるべきことがあります。

まずいきなり全力で走らないこと。

起きたばかりなので筋肉も徐々に目覚めていく状態ですから、そこに無理矢理力を入れようとしても力が入らず危険です。

ゆっくりから始めます。

また、走ると汗をかきますが寝ている間の水分不足を補わないままではダメです。

血糖値も下がりすぎると低血糖で体に悪いので、水分と何かしら軽い物を口に入れて目覚めてから出かけましょう。

朝ヨガ

ヨガは本気でやると何時間もかかりますが、朝の数分だけでも効果がある動きもあります。

ヨガの基本は深呼吸からで、朝起きて深く息をすれば脳に酸素が届いて目覚めます。

大人になると寝ている間はそんなに動き回らなくなるので、寝て癒されたはずなのにむしろ体がガチガチということもありますから、ヨガでほぐしていきましょう。

肩甲骨周りやわき腹、足にきくヨガのポーズをすれば血のめぐりがよくなりコリの改善やむくみ解消が期待できます。

顔の血色もよくなりスッキリするので女性ならメイクの仕上がりもよくなるでしょう。

家でやるのはもちろん、自力だと継続する自信が無い人は朝ヨガだできるスタジオなどもあるので、検討材料にできます。

カフェのモーニング

早く起きた人の特権であるカフェのモーニングに出かけてみるのもおすすめです。

朝から美味しいコーヒーや紅茶とサンドイッチなどをお腹に入れれば体温も上がって元気が出てきます。

モーニングは安いものが多いので毎日続けてもそれほど出費にはなりません。

大手数社のモーニングセットをご紹介しておきます。

まずモーニングの火付け役、名古屋発祥のコメダ珈琲店は400円のコーヒーを頼めばトーストとゆで卵がついてきます。

タリーズは580円でドリンクとサンドイッチ、ドトールはあつあつハムチーズのサンドやジャーマンドックとドリンクのセットで390円です。

スタバはモーニングセットはありませんがフードメニューが充実しています。

カフェなら毎日でも行きやすいですが、たまには朝ブッフェもいいかもしれません。

有名ホテルでは朝のブッフェを宿泊していない人にも開放していて、価格は1,000円台から5,000円超えまで幅広いものの、朝から優雅なひと時を過ごすにはもってこいです。

プロのつくる最高の料理を好きなだけ食べてから出社できたら最高ですよね。

暇がなくても人生楽しめる

人生の楽しみ方は人それぞれです。

誰かの言う楽しい人生と自分が人生を楽しいと感じることは違っていて当たり前ですから、自分が楽しいと思えればそれでOK。

仕事が忙しすぎてプライベートに全然手が回らなくても将来の自分への時間の投資と思えればそれで大丈夫です。

人生を楽しむ上で改善することがあるとしたら「このままじゃいけない」と思っている時です。

その焦燥感や虚無感に飲み込まれる前に、何もできない時間を何でもできる時間に変えてみましょう。

時間の使い方や自分の興味の再発掘をすれば、暇が無いように見えていた毎日でもできることがたくさんあると気付けます。

また、周囲の人たちとのコミュニケーションをとるだけでも活力がわいてくるはずです。

自分が楽しいと思うことは何か、何がしたかったのかを改めて考えてみてはいかがでしょうか。