誰だって自分のやりたいと思う仕事に就きたいと願うものですよね。

しかしながら、世の中にはこれから就職を考えている人で「やりたい仕事がない」と悩んでいる人が少なくないようです。

今回はそんなやりたい仕事がない人でも良い仕事の見つけ方についてまとめてみました。

️ヤりたい仕事が見つからない…

昔と比べて、最近では求人広告やハローワークなどで仕事探しをしなくても、インターネットで求人サイトや、企業からのスカウト、セミナーなどに参加するなど様々な方法で仕事を探せる時代となりましたよね。

しかしながら、そのようなサービスを利用していても、自分のやりたい仕事が見つからない人も多いのではないでしょうか。

また、そんな状況が長引けば長引くほど、気持ちが焦ってしまってしまいますし、本当に自分のやりたい仕事が見つかるのかどうかと不安にもなってしまいます。

️こんなあなたに読んでほしい

現在、やりたい仕事が見つからないという人の中にも、色々な理由があるかと思いますが、今回の記事ではそのような人たちでも役に立つ方法についてご紹介します。

具体的にどのような人に読んで欲しいのか以下を参考に見ていきましょう。

就職活動中の大学生


現在就職活動中の大学生という人といえば、学生時代を終えてこれからまさに晴れて社会人を目前としているところですよね。

これまで、自分の将来の為に長年勉強をしてきた成果も、この就職活動で活かせれば良いのですが、いざ仕事探しをしてみると、自分のやりたい仕事が無い・・・という大きな壁が立ち塞がってしまう人も少なくないようです。

また、そもそもやりたい仕事が見つからない為に、就職活動中が進めらずに悩んでいる人も是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

進路に悩んでいる中高生

やりたい仕事を見つける為にも、まずは自分がどの分野を勉強していきたいと思うのかについて進路に悩んでいる中高生にとっては重大な事ですよね。

とは言え、まだ中高生である内は、それほど焦る必要はありません。

今はやりたい仕事が見つからないとしても、大学や専門学校に進学をするのであれば、在学中に自分のやりたい仕事が見つかるかも知れません。

とは言え、周りの同級生がハッキリとした進路を決めているのに、自分だけが決まらずに取り残された気分になってしまうというのも仕方がありませんよね。

そのような進路に悩んでいる人でも決して焦る必要はありませんので、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

転職を考えている社会人

就職をしたけれど自分に合わない仕事だったり、長年同じ会社に勤めてから次のステップアップを考えている人は、もしかしたら現在転職活動中なのかも知れませんね。

しかしながら、そのような人の中にも次に進む道について悩んだり、中々良い条件の転職先が見つからないという人も多数存在しているようです。

せっかく自分のやりたい仕事をしようと決めて転職を考えたのですから、自分の納得のいくところに就職を決めたいと思いますよね。

そんな人でも、今回の記事を是非参考にしてみて下さい。

パートを始めたい主婦

昨今では主婦の方もパートに出て、共働きをしているという家庭も珍しくありませんよね。

特に、結婚してまだ子供が幼い時期となると、何かとお金がかかってしまいますし、今後の為にも今の内から少しずつでも貯金をしておきたいと考える主婦も多いのではないでしょうか。

そして、できる事ならパートでも自分のやりたい仕事を見つけたいところですよね。

今まで、パートを経験した事が無く、自分のやりたい仕事を見つけられないという主婦の方にも今回の記事を参考にしてみて下さいね。

️自分のヤりたい仕事ってなんだろう?


そもそもやりたい仕事とは一体何なのでしょうか。

ただ漠然と考えているだけでは、具体的にどんな仕事なのかは分からないものですよね。

何度も自問自答を繰り返していても、結局のところ、自分のやりたい仕事の答えとは中々見つける事はできないのでしょうか。

そんな事で、いつも悩んでいるという人も、これを機に一度自分の気持ちを整理してみましょう。

例えば、現在転職活動中の人は、自分の適職ばかり気にしてはいませんか。

まだ一度も経験した事が無い仕事なのですから、適職診断の結果が全てとは限りません。

また、既に就職をしている人で転職を考えている人は、現在の自分の仕事についてどんな感情を持っているでしょうか。

勿論、仕事内容の中には自分がやっていてやりがいを感じるものもあれば、あまり乗り気がしない仕事もあるのではないかと思います。

得意な作業と苦手な作業なども少なからずありますよね。

仕事探しに目を向けるよりも、まずは今の自分と向き合って、今後はどんな自分になりたいかをイメージしてみてはいかがでしょうか。

ここでヤりたい仕事を見つけよう!

これまで様々な理由で、自分でやりたい仕事と思えるような仕事を見つけられなかった人も居るのではないでしょうか。

また、一度は探す事が出来たけれど、実際に仕事を始めてみると思っていた仕事と違っていたり、やりがいを感じられなかったという事もあるかと思います。

しかしながら、そのような人も決して諦める必要はありません。

ここでやりたい仕事を見つけられるよう、是非参考にしてみて下さいね。

️ヤりたい仕事がない人の仕事の見つけ方7選

ここからはやりたい仕事が見つからない人の為に、仕事の見つけ方について具体的にご紹介します。

どれも大切な事ばかりなので、一つずつチェックしてみて下さいね。

とことんじっくり自己分析をする

手始めに、まずはとことんじっくり自己分析をしてみましょう。

そんな事はしなくても自分の事はよく分かっているという人も、案外自分の事って時間を掛けて考えた経験が無かったりするものです。

早く自分のやりたい仕事を見つけたいという気持ちは分かりますが、それを実現させる為には、今はじっくりと時間を掛けてでも自己分析をするのはとても大切な事です。

また、どうせ自分のやりたい仕事など見つかるはずが無いと諦めてしまっている人も、投げやりにならずに自己分析をしてみてはいかがでしょうか。

仕事に対するイメージや、その仕事で自分がどんな事を成し遂げたいかなどを考えるのはどんな仕事を始めるにしても必要な事です。

ただ、がむしゃらに仕事を探しているという人も、頭の中と気持ちを一旦整理する事にもなります。

例えば、気が付けば勤務時間や給与などの条件ばかりに目がいってしまってはいませんか。

せっかく自分の将来の事なのですから、もっと自分の事を大切に考えてあげて下さいね。

自分の好きなことは何か?

自分のやりたい仕事を見つける前に、自分が好きな事について考えてみましょう。

それは何も仕事内容だったり、職種に限った事ではありません。

例えば趣味がスポーツという人であれば、体を動かしている時は、気持ちが良いと感じますよね。

パソコンを操作するのが好きという人は、インターネットを閲覧していたり、資料を作成するのも苦に感じないのではないでしょうか。

仕事を始めるようになれば、一日8時間という長い間仕事をする事になります。

どうせ同じ時間仕事をするのであれば、できれば自分の好きと思える仕事をしたいものですよね。

自分の好きな事を自分自身がしっかりと理解しているのとそうでないとでは、後々仕事選びに大きく左右してくるものなのです。

条件が良いというだけで、選んだ仕事をいざ始めてみたら「全然自分の考えていたものと違っていた」という事にもなりかねません。

自分が楽しいと感じることは何か?

自分が楽しいと感じる事についても考えてみましょう。

それは好きな事と同様に、仕事内容や職種についてという訳ではありません。

普段、自分がプライベートで楽しいと感じる事を挙げていけば良いのです。

「仕事なんて楽しいと感じながら続けられるものではない」と、始める前から決めつけてはいませんか。

これから自分がやりたい仕事を見つける為にも、自分が楽しいと感じる事を探す事はとても大切な事です。

楽しいと感じるのはその人が夢中になれたり、テンションが上がるというプラスの要素があるはずですよね。

そうしたプラスの感情を持っていられるからこそ、仕事に対しても前向きになれますし、もっと良い仕事をしたいというモチベーションにも繋がるのではないでしょうか。

いつもせわしなく、働いている人の中には、仕事が辛いと愚痴をこぼしている人もいるかと思いますが、そんな人でも仕事の中に何か自分が楽しいと感じるものを一つくらい持っているからこそ、長く仕事を続けられるのです。

自分がどんな時に心から楽しいと感じるのか、自分自身に問いかけてみましょう。

自分の長所は何か?

自分の長所って案外良く分からないものですよね。

分かっていても、人前でそれを堂々と口にするのは、よっぽど自信が無い限り難しいものです。

でも、今は自己分析なので、周りの事は気にせずに自分の長所と思う事について挙げてみましょう。

誰にでも長所の一つや二つくらいはあるはずですよ。

「急に考えろと言われても自分の長所なんてすぐに出てこない」という人も、それほど難しく考えなくても構いません。

例えば、細かい所に気がつく方だったり、集中力に自信があるや、色々な人と会話をするのが得意というような事でも大丈夫です。

実際に、そのような長所が仕事に直接関わる事も少なくありません。

これから自分がやりたい仕事のイメージも、そのような長所から浮かんでくるかも知れませんよ。

尚、入社の面接の際には必ずと言ってよい程、問われる質問となります。

その為、これから就職活動を始めようとしている人にとっては良い訓練となるでしょう。

自分が持っているスキルは何か?

これまでに自分が得たスキルについても振り返ってみましょう。

ひょっとしてせっかく以前に得たスキルを何年も眠らせてしまってはいませんか。

もし、それが仕事に活かせるスキルなら自分にとって適職となる可能性がありますよ。

パソコンでの作業に役立つ資格や、運転免許、専門職に必要な資格などはどれも自分が持っているスキルになります。

企業側も、そのようなスキルと経験を持っている人ならば、戦力として考慮してくれるはずです。

それに、そのようなスキルが活かせる仕事なのであれば、こちらとしてもありがたいですよね。

資格を持っていないという人も、一定期間の経験があるものがあるかも知れないので、これを機に振り返ってみてはいかがでしょうか。

自分の個性とは何か?

企業との面接では自分の長所やスキルと同様に個性についても問われる事もあるかと思います。

そんな時でも、すんなりと自分の個性を相手に伝える準備はできていますか。

自分の長所や個性について突然質問されても、案外すぐに答えられないものだったりするものですよね。

そもそも個性とは一体どのようなものなのでしょうか。

個性とはまさにその人だけが持っている特徴の事です。

よく性格と個性を一緒に考えられてしまう事がありますが、厳密には性格と個性とは異なるものです。

自己分析をする際に、個性について悩んでしまうようであれば、過去の自分を振り返ってみましょう。

例えば、過去に合唱コンクールの一員に選ばれた事があったとしましょう。

勿論、自分以外にも選ばれた人が居たはずですし、それだけでは個性とは呼べません。

しかしながら、その時に自分が体験した出来事や感じた事というものは、他人とはいずれも違ったものになるはずです。

そして、それはあなただけの特別な個性となりますし、他人に対してもアピールできる事です。

性格は今後直していけるものもありますが、個性はそうではありません。

あくまで個性とは、その人にしか無いものであり、自分の個性をしっかりと理解しておく事は、今後やりたい仕事を見つける時に欠かせないアピールポイントとなるでしょう。

幾ら、自分が条件の良い見つけたとしても、相手側も面接に来ている人の個性や人柄を観察しています。

自己分析が甘いと、咄嗟に出てくる言葉に説得力が無く、「あまり自分の事を理解していない人」という印象を与えかねません。

この人は他の人とは違うと思わせるのも、自分の個性をいかにアピールできるかという点にかかっているのも過言では無いのです。

自分の苦手なことは何か?

自分の長所や個性についての自己分析は難しいという人も、自分の苦手な事については沢山思い浮かぶという人も多いのではないでしょうか。

誰でも自分が嫌だったり苦手なものに対しては、不思議と敏感になってしまうのかも知れませんね。

それもその筈、誰だって自分の弱点は他人にはあまり知られたくないと考えるものです。

しかしながら、これから自分がやりたい仕事を見つける為にも、今回はそんな自分の苦手な事についてもしっかりと向き合っていきましょう。

自分の長所とは自然と自分の好きな事に繋がる事が多い為、自ら進んでやろうとするものですが、苦手な事はどうしても避けたり、後回しにしてしまいがちですよね。

例えば、集団の中が苦手で、少人数や一人でいる時の方が落ち着くと感じたり、立ち仕事や体を動かす力仕事よりも、デスクワークなどで黙々と作業をしている時の方が自分に合っているなどと感じる人もいるのではないでしょうか。

このように、自分の苦手な事とは、これから勤務する会社の環境や仕事内容にも大きく影響している場合が殆どです。

企業側からも、無理に苦手な仕事をさせようとは思わないでしょうし、作業効率から見ても他の人にやってもらった方が良いと考えるのが普通でしょう。

また、自分の苦手な事を知っているだけではなく、苦手な事に対してどのような考えを持っているか、そもそも何故苦手な事なのかについて自分自身で理解しておく事が大切です。

こちらも同じように会社面接の際に問われる質問に挙げられますが、ただ「〇〇は苦手です」とだけ話しても、相手には今後その苦手な事に対してどのようにしていきたいと考えているのかまでは伝わりません。

これを機に、自分の苦手な事をメモなどに書き出してみましょう。

どんな人間になりたいのか?

自己分析もいよいよ大詰めとなりますが、自分が今後どんな人間になりたいのか?という事についても考えてみましょう。

とは言え、まるで哲学のようなテーマですし、具体的に考えるとなると、とても難しい自己分析ですよね。

実際に、企業との面接の時にも似たような質問をされる事があるかと思いますが、これはつまりあなたがこの会社でどのような立場になって、どのような事業に携わっていきたいのかという点について見極めようとしているのです。

その為、曖昧な回答をしてしまったり、ただ漠然とこの会社で活躍をしたいと思っていると答えただけでは、相手には具体的にこの会社でどのような人間になりたいと思っているのか上手く伝わりません。

そのような事態にならない為にも、今の内から自分がこれから就職をした後にどのような仕事がしたくて、将来はどのような立場になっていたいのかについて頭の中でイメージをしておきましょう。

仕事に対する条件を考える

これから自分のやりたい仕事を見つけようと思う時に、やっぱり自分の希望する条件に見合っているという点も大切な事ですよね。

そして仕事に対する条件は人によって様々です。

一つの条件ばかりにこだわってしまったり、あまり仕事の条件を気にしていないという人も、入社してから後悔してしまわないよう、今の内から事前に確認しておきましょう。

ここからは具体的に、仕事の条件についてご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

勤務時間

仕事の条件の中ではそれ程こだわらないという人も多いかと思いますが、勤務時間についても事前にしっかりと考えておきましょう。

幾ら仕事の内容や給料、勤務地などが自分の条件に合っていたとしても、残業が多かったり、不規則な時間での勤務が多かったりする可能性もあります。

始めの内は順調に勤務できていたとしても、体に無理な労働が続くと最悪の場合、体調を崩してしまいかねません。

実際に、最近では勤務時間の条件が合わずに、退社をしてしまうケースも少なくありません。

せっかく自分のやりたいと思っていた仕事も、長く続けられなければ意味がありませんよね。

そのような事になってしまわないよう、仕事選びの際は、必ず勤務時間だけでなく、深夜勤務の有無や休日、休憩時間などについても確認しておくようにしましょう。

好きな仕事であっても、体あっての仕事だと言う事を忘れないようにしましょうね。

給料

仕事の条件として、給料をまず第一に考えているという人も多いのではないでしょうか。

誰だって同じ仕事をするのであれば、給料の高い会社を選びたいと思いますよね。

今後、生活をしていく上で最低限の給料は頂きたいですし、一人暮らしをしている人は、家賃なども毎月支払いをしていかなければなりません。

転職を考えている人にとっても、現在の年収を維持できるか、もしくは少しでも年収をアップできたらと考えるでしょうね。

それに、給料が良ければ少々キツイ仕事でも何とか頑張れる!という人もいるのではないでしょうか。

また、今から少しずつ貯金をして将来自分のやりたい事に使いたいという人も、給料はとても大事な条件となるかと思います。

他にも、賞与の有無についても確認しておくと良いでしょう。

このように、人によってお金の使い方や価値観など、給料という条件は様々ですが、少なくとも現在の生活面の事だけでなく、自分の将来についても十分考慮したうえで、仕事を選ぶようにしましょう。

但し、幾ら給料や待遇が良くても、その他の条件とのバランスが大事だという点をくれぐれも忘れないようにしましょう。

勤務地

仕事の条件の中には勤務地というものもありますが、みなさんはどのような条件を持っているでしょうか。

晴れて就職先が決まれば、日々通勤する事なる為、できればアクセスの良い勤務先を選びたいところですよね。

他にも朝はなるべくゆっくりと出勤したいという人にとっては、自宅から近い方が良いと考える人もいるのではないかと思います。

特に女性の場合、繁華街の近くにある職場では、仕事帰りにショッピングを楽しんだり、食事ができるスポットが多いという魅力もあります。

しかしながら、そのような好条件の勤務先はいずれも人気だったりするものですよね。

その為、自分にとって都合の良い勤務先ばかりを探していても、中々見つからないケースも少なくありません。

交通手段や、生活スタイルに合わせて探せるのがベストですが、場合によっては多少の条件は飲む覚悟もしておきましょう。

通い始めたばかりの頃は不便に感じたとしても、慣れてしまう事もあるかも知れませんよ。

待遇や環境

仕事の条件の中でも、待遇や環境に敏感な人も多いのではないでしょうか。

特に、一度就職を経験をした事があるという人の中には、以前の職場での人間関係が上手くいかなかったり、思っていたよりも待遇が悪かったという事が理由で転職を考えている人もいるかと思います。

せっかく自分の好きな仕事を見つけられたのに、そのような事が理由で職場を去らなければならないのはとても残念ですよね。

当然、実際に入社してみなければ人間関係については分かりませんが、待遇や環境については入社前から事前に知る事ができるので、しっかりと確認をしておくようにしましょう。

特に福利厚生が手厚い会社であれば、それだけ社会保障も充実していたり、社員一人一人を大事にしてくれている証です。

給料が少し低い会社でも、このような待遇や環境が整っている会社の方が安心できますし、仕事のモチベーションも上がるでしょう。

求人情報サイトなどでも掲載されているので、これから応募を考えている会社の待遇や環境は必ずチェックしておくようにしましょう。

社内の雰囲気

仕事の条件として、社内の雰囲気を気にしているという人も多いのではないでしょうか。

今後、自分が働く場所となるかも知れないのですから、社内の雰囲気が良いところに勤めたいとは誰もが思いますよね。

社内の雰囲気や環境などについては、求人情報サイトなどには文面や写真が掲載しているケースが多いですが、それだけでは十分に伝わらないかと思いますので、こればかりは実際に自分の目で確かめる必要があります。

その為、会社面接の際には社内の雰囲気についても、なるべく確認しておくようにしましょう。

他の条件が自分に合っていたとしても社内の雰囲気が暗かったり、不衛生な環境であったりしたら、とても長く勤めたいとは思えないかも知れませんよ。

また、会社によっては面接時ではなくても、就職活動中の人たちを対象にした、会社見学やセミナーを開催しているところもあります。

もし、気になっている会社があり、もっとその会社の事について理解を深めたいという人は是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

面接の前に色々な事を知る事ができますし、就職をする良い判断材料となるでしょう。

会社の規模

これからやりたい仕事を探す時に、その会社がどれくらい知名度や規模であるのかについても知っておくというのも大切な事です。

有名でよく耳にする会社のような会社は大手企業である場合がありますが、このような会社で働く事を夢見ている人もいるのではないでしょうか。

会社の規模も大きい為、その会社で働く従業員の数も必然的に多く、一つの会社の中に様々な部門があるので、組織も複雑に感じるかも知れませんね。

しかしながら、そのような大企業で働く事を目指している人たちは世の中にたくさん存在しています。

実際に勤めるようになるには、狭き門をくぐらなければなりません。

また、大企業でなくとも、中小企業に勤めるのも決して悪い事ではありません。

大企業ではその規模の大きさから、自分一人の活躍できる場があまり感じられないかもしれませんが、中小企業くらいの規模の会社であれば、自分一人に任される仕事や役目も増える可能性もあります。

そのような経験は、仕事のキャリアとなり、万が一将来的に現在の仕事を続けれなくなってしまうような事があっても、それまでの仕事のキャリアが活きてくるものなのです。

また、その会社の経営者がしっかりと社員一人一人の意見や要望を聞き入れてくれたり、活躍できる場を用意してくれるかによって、入社後の仕事に対してものモチベーションはかなり変わってきます。

会社の知名度や規模だけに縛られないように十分に注意しましょう。

適職診断をする

自分が一体どんな仕事が向いているのかどうか考えた事ってありますよね。

人には誰にも少なからず得手不得手というものがあります。

それは仕事についても同じで、自分のやりたい仕事が必ずしも向いている仕事とは限らないのです。

しかしながら、自分のやりたい仕事が自分に向いていないからと言っても、そこで諦めるのは早いかも知れませんよ。

世の中には自分に向いていないと分かっている人や、そもそも自分に向いている仕事かどうかも分からずに、長年その仕事を続けられている人だって数多く存在しています。

人によってそれぞれ色々な理由があるのかも知れませんが、やっぱり自分の好きな仕事だからこそ、長年続けてこれたのではないでしょうか。

元々、苦手だった仕事も好きな仕事なら地道に続けていればいずれそれが天職となっているというケースも実際あるのです。

まずは、参考程度に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

現在では、インターネットでも手軽にできるサイトもありますし、転職サイトのエージェントに相談をしてみるのも良いでしょう。

もしかしたら今まで自分が知らなかった能力が見つかるかも知れませんよ。

仕事探しのサイトに登録して情報収集する

これからやりたい仕事を探そうと思ったら、手始めに仕事探しのサイトに登録をしてみましょう。

現在では数多くの仕事探しのサイトが存在しているので、一つだけではなく幾つか登録をしておくのもオススメですよ。

仕事探しのサイトに登録をすれば、そのサイトが現在公開している仕事情報が閲覧できますし、自分の希望している仕事の条件から絞って探す事もできますし、自分の希望している仕事の情報をメールマガジンで知らせてくれるところもあります。

まずは、現在どのような仕事があるのかについて自分の目で確認していきましょう。

【仕事探しするならここ!転職サイトまとめ!こちらの記事もチェック!】

親や友達に相談する

幾ら考えても自分のやりたい仕事が見つからない・・・という人は、一人で悩まずに自分の両親や友達に相談をしてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、自分の考え方が少し偏っていたり、自分とは異なった視点でアドバイスを聞けるかもしれませんよ。

しかしながら、結局は自分のやりたい仕事は自分自身で決断をする事です。

色々な人の意見に惑わされる事が無いようにしましょう。

会社で働いたときのビジョンを想像する

自分がもし、その会社で働く事となったらどうなるのかについても考えてみるようにしましょう。

勿論、まだ就職が決まったわけでもないのに、自分がどんな仕事をしているかは分かりませんが、イメージをする事や入社後のビジョンを想像しておく事は、働く気持ちの準備にもなります。

興味のある仕事に関連した職場でインターンやバイトをする

もし、これまで自分が興味を持った事のある仕事があったら、その仕事に関連した職場でインターンやバイトをしてみるのも良いでしょう。

必ずしも最初から就職を目指すだけが正解ではありませんし、事前にそのような体験ができるのはとても貴重な事です。

そのような体験は後に知識となるだけでなく、就職活動時にもきっと有利になるでしょう。

️ヤりたい仕事を見つけるには積極的に行動をする

これまでやりたい仕事がない人の仕事の見つけ方についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

現在、やりたい仕事が見つからないという人も、諦めずにまずは自分で積極的に行動をする事を心掛けましょう。

行動を起こす事で、それまで頭の中で決めつけてしまっていたり、仕事に対しての先入観も無くなるようになるかも知れませんよ。

みなさんがやりたい仕事を見つけられるよう祈っています!