CoCoSiA(ココシア)

落ち着く方法にはどんなのがある?1...(続き5)

美味しいものを食べる

会社が終わったら、女子同士で「美味しい物食べに行こうよ」となるのは、単にお腹が空いて美味しいものが食べたいというのもありますが、それが気分転換の一つでもあるからです。

美味しいものは人を幸せにしますし、気持ちが落ち着いてきます。

気持が落ち着く食べ物の代表格といえば、「お鍋」です。

出汁がしっかり具にしみたアツアツの鍋を囲んで食べれば心もお腹もあったかくなりますよ。

「ストレス発散」という意味で食べるなら、辛い物もいいですね。

普段家ではワザワザ辛い物を作らないでしょうし、外で食べる辛い物はイベントととしてぴったりと言えるでしょう。

きっと落ち着かなかった心をガツンと叩き直してくれますよ。

誰かと食べるのももちろんいいですが、一人でデパ地下などで美味しいお惣菜を買って高いワインを飲む。

これも気分転換になります。

また、ダイエットで食事制限をしている人なら、たまに甘いものを口に入れてみるのも良いでしょう。

もしかしたら過度なダイエットで心がイライラしているかもしれません。

たまには自分を甘やかしてあげましょう。

ゆったりと散歩してみよう

最期に散歩をしたのはいつですか?ただ歩くだけのように感じられますが、散歩にはたくさんのいい効果があります。

体力づくり、ダイエット、ストレス解消、うつの改善にも良いとされています。

ここでもっともお伝えしたいのは「歩行禅」です。

歩きながら禅を組むという事なのですが、これは脳科学者の茂木健一郎さんが提案しているものです。

スマホなどで音楽やラジオなどを聞いたりしないで、木々の揺れる音や小鳥のさえずりを聞きながら心を無にして歩くのが良いです。

そうすることにより頭がリセットされてスッキリするそうです。

歩く時間も10分~20分程度でいいですし、この歩行禅は脳がスッキリするだけじゃなくて、身体も健康になりますから一石二鳥ですよね。

好きな音楽を聴く

心が落ち着くクラシックもいいですが、でもやっぱり自分が好きな音楽を聴くのがイライラした時や、落ち込んだ時にはいいでしょう。

普段からスマホに好きな音楽を入れて置いて、落ち着かない時にちょっと陰に隠れて聴いてみると心が盛り上がってきます。

ジャンルは何でもいいのですが、落ち着く効果があるのは、子供の頃に聞いていたアイドルの曲や、運動会の時に流れていた曲なども心の気分転換にもなります。

イライラした時、自己嫌悪に陥った時などは自分を慰めてくれる局がいいです。

ベタではありますが、”心配ないよ”、”明日はきっと大丈夫”みたいな感じのものが心を和ませてくれます。

好きな音楽を聴くというのも心を落ち着かせますが、好きな曲を自分で歌うのも良いです。

カラオケじゃなくっても、元気のでる言葉を口から出すのですからそれが自分自身を励ましているし、決意表明にもなりますからね。

アロマを焚いてみる

女性ならアロマが落ち着きの効果を持っているのはご存知ですよね。

エステのマッサージのオイルに含まれていたりしますし、アロマキャンドルにアロマディフィーザーなどなど。

アロマは心を落ち着かせ、豊かにしてくれます。

アロマの歴史は紀元前3000年頃まで遡ります。

それが現代まで続いているのですから、その効果は誰が証明しなくても確かなものと言えます。

アロマを楽しむ方法はたくさんありますが、「火」を使いたくないという方は、アロマキャンドルではな
く精油をグッズに数滴入れると香りを出してくれる商品があります。

スイッチを入れると7つの色が順番にオーロラのように優しく光るものもあり、アロマの効果と見た目の美しさでウットリしますよ。

アロマの効果がすごい!

アロマの効果は香りの種類によって違ってきます。

ローズマリーは気分スッキリ、目覚まし効果。

ゼラニウムは落ち込んだ気分を盛り上げてくれます。

ユーカリは頭の中をスッキリさせてくれます。

ラベンダーは自律神経のバランスを整えます。

ぺパーミントは不安感を和らげてくれます。

アロマの効果はこのように香りの分だけ効果が違ってきます。

アロマは心に働きかけてくれるだけでなく、アロマオイルでリンパをマッサージすれば老廃物も流せるし、足なども浮腫みがなくなりますよ。

️落ち着く方法の秘訣は自律神経

落ち着く方法はいろいろお伝えしましたが、やはり根本的な物を整えないと「落ち着きは」手に入りません。

その根本的な物とは「自律神経」です。